現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が亡くなりました。反省と後悔で涙が止まりません。

あおりんご
2018年9月7日 5:34

母が亡くなりました。
割と突然に。

私は一人っ子です。父は介護状態。
亡くなってからお通夜お葬式に至る一連の行事は、
全て私が自分で色々しないと行けませんでした。

お通夜が始まりご近所や親戚が来る頃から既に眠くて眠くて、
濃いコーヒーや濃い緑茶やドリンク剤をがぶ飲みしましたがとてもテキパキとは色々できませんでした。

連日数時間しか睡眠時間がとれず、正直もうどうでも良いから早く寝かせて、
という気分で投げやりな気持ちのまま一連の行事を終えました。

全て終えた今、
とても反省しています。

なにごともキッチリするのが好きだった母のこと、
自分のお葬式をこんなにいい加減にされて、怒ってると思います。

どうしてあそこでうたた寝してしまったのか。
どうしてあそこでつまみ食いしてしまったのか。
なぜケチって安い方を選んでしまったのか。
どうして....
なぜ....

今更どうしようも無いのですが、色々な反省と様々な後悔で、1日何度も涙が出ます。

良い思い出も沢山あるはずなのに、最後がこうだったせいで、
今は遺影すら私に怒っているように見えます。

お葬式の後悔を乗り越えるにはどうしたら良いですか?
母の事を、楽しい気持ちで思い出せるようになりたいのです。

ユーザーID:3276883981  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本


タイトル 投稿者 更新時間
お疲れ様でした
おっちゃん
2018年9月7日 11:19

疲れている時は仕方ないですよ。時間が経てば段々薄まると思います。

ユーザーID:1676986209
お疲れさまでした
ももぞう
2018年9月7日 11:31

お悔み申し上げます。

身も蓋もない言い方かも知れませんが、急な葬儀なんてそんなものです。
ご遺体は何時までも待ってくれないので、葬儀社も急かしますから理想通りのお葬式なんてめったに出来るものではありません。参列者もご遺族の疲労は理解されています。
葬儀は仕方が無くこなさなければならない儀式でしかありません。
本当の意味のお弔いはその後にあると考えます。

今年、義母、義父と立て続けに亡くなりました。不謹慎ながら、義父の葬儀の時は親族みな「2度目だから、慣れてるから」という進行でした。
その後、初めてのお盆。その時に夫がしみじみと「お葬式の時はドタバタだったからね、お盆で本当の意味のお別れが出来る」とお位牌と遺影を眺めながら言っていました。多分、それがどこでも現実なんだと思いますよ。

これから、四十九日、納骨、一周忌、三回忌と続きます。
そこで落ち着いてお弔いできます。

そして、お弔いは遺族の心を癒すための儀式でもあります。
お母さまはお葬式の時の事は怒っていないと思いますよ。
疲れた娘が一生懸命、初めての辛い儀式を行った事、ちゃんとわかってると思います。
疲れていた、お腹が空いていた、突然の事で冷静な判断が出来なかった、それは事実であり、それが身内が亡くなる辛さそのものを表しているのです。
どうぞ、ご自身を責めませんよう、お心とお身体を労ってください。

ユーザーID:5257149256
お疲れ様です
ニャン
2018年9月7日 11:47

あおりんごさんは、頑張りました。
お母さんは、怒っていません。
よくやってくれたと思っていると思います。

誰の死であっても、余命宣告されていても、
死は突然やってきます。

今は、喪失感の方が大きいでしょう。
皆、近親者を亡くしたら同じような気持ちになります。
癒してくれるのは時間だけです。

体調を崩さないようにしてください。

ユーザーID:8434375622
反省するなら
トミ
2018年9月7日 11:53

反省するところがズレてますよね…。
亡くなったあとのお葬式の事より、生前にこうすれば、みたいな反省ですよね、まず。
そんなズレた事でくよくよしてたってお母様は浮かばれませんけど。
お葬式は、今後あなた自身が、親戚にどう思われるか、ってだけで、お母様と関係ないでしょ。
自己中ですね。

ユーザーID:2994395946
お葬式は亡くなった方のためのものではないです
いなちゃん
2018年9月7日 12:00

まずは、お悔やみ申し上げます。
トピ主さん、一人で何もかもやるのは本当に大変でしたね。

お葬式は確かに故人を悼むためのものではありますが、実際のところは、残された人たちのための儀式です。
何をどうやっても、残された人たちの自己満足でしかないのです。
お葬式のやり方で、故人が喜んだり怒ったりなんて、ありません。

お葬式のやり方でお母様を怒らせたのではないかと落ち込んでいると、それこそ、お母様がうかばれませんよ。
お母様のご冥福をお祈りすることが、供養でしょう。

ユーザーID:7033865748
大丈夫ですよ。
ぷー太郎
2018年9月7日 12:54

 お悔み申し上げます。

 私も以前、母を亡くした時この小町に投稿して救われました。

 葬式は、満足にできませんよ。それが当たり前。

 私の場合も寝不足で来客応対だけでもうめちゃくちゃでした。

 今は、気が張っているでしょうが問題は、落ち着いたころです。気持ちが沈んで毎日寝る前に涙が止まりませんでした。

 お父様の面倒をみることで気がまぎれますよ。大丈夫。

 あなたが、幸せになることが一番の親孝行です。お母様も安心して成仏できます。心を込めたお線香をあげることが一番の供養だそうです。

 お父様のこともしつつ、自分のこともしてくださいね。

 

ユーザーID:6127823896
葬式はぐだぐだになるものです
エル
2018年9月7日 13:34

葬式は、突然やってきて疲労の極みにある遺族の肩にのしかかるものなので、きちんとできないのが普通です。何とか形になっただけで充分です。

うちもそうでした。後悔したらきりがないのです。

お母様が怒っていると勝手に思い込んでいたら、お母様が可哀想です。時間はかかるかもしれませんが、お母様の優しい感謝の気持ちを感じ取っていただけだらと思います。

ユーザーID:1788944365
儀式より思う心
おぢさん
2018年9月7日 16:15

通夜葬儀という一連の儀式は
遺族が悲しみに浸る間がないように
わざと面倒くさくなっていると聞いたことがあります。

昔見たドラマなのですが
愛する男性を失った女性が
自宅で数人の知人と葬儀を行うのですが
こんなに悲しいのにお腹が減る
生きるってこういうことなのね、というようなセリフがありました。

トピ主さん、生きていれば眠くなります。集中力も途切れます。お腹もすきます。
だからと言ってそのことがトピ主さんの悲しみがないというものではありません。
故人があの世から怒ってるなんてないと思います。
故人はあなたが生きることを望んでいると思います。
儀式の形などより、
今あなたが亡きお母さんのことを思っている
そのことのほうがお母さんは喜んでいるのではありませんか。

ユーザーID:3712704790
お葬式は完璧にやってはダメ
ちった
2018年9月7日 17:55

って、亡くなったおばあちゃんに教わりました。
ピン札でお香典を用意してはいけないのと同じ。
だってあんまり段取りよかったら、
亡くなるのを以前から待ってて準備してたみたいでしょ。

ユーザーID:8293556430
カタチよりもココロ
チャイブ
2018年9月7日 18:11

我が母は昔ながらの良妻賢母、
いつも自分よりも家族を優先する自己犠牲の塊でした。
要介護中も亡くなる前も自分への見舞いを遠慮し、
葬儀も最低限で良いからというのが口癖でした。

その意思を継いで、葬儀は子供たちの仕事や学業に支障がないよう
土日を選びましたが、急な手配に会場は満足のいくものでは
ありませんでした。

でも、母はそれでも許してくれていると思います。
母への感謝の気持ちは変わらないし、その後の墓参も
大事にしています。

むしろ生前よりも母の心に寄り添っている気持ちです。

ユーザーID:7132781405
亡くなった人のための葬式では無い。
あちゃちゃ
2018年9月7日 19:38

遺された人のための葬式です。
だから母親よりあなたがどうしたいか、が大事。
キッチリやってあなたが体調を崩すのがよかった?
そんな訳ないです。

ユーザーID:6542523162
葬式上手なんていいもんじゃないでしょう?
2018年9月7日 22:46

お母様の冥福をお祈りします。

>通夜葬儀という一連の儀式は
>遺族が悲しみに浸る間がないように
>わざと面倒くさくなっていると聞いたことがあります。

まったく同意です。
葬儀なんて、慣れて上手な人がうらやましくはないでしょう?

喪失感のせいで、後悔する必要のないことに自責の方向が向いてしまっておられるのでしょう。
やがて時間が心を癒してくれます。
親に死なれるのは大多数の人が経験する避けられない出来事ですが、気持ちがまだ完全に受け入れられてないから、いろいろ振り返って考えてしまうだけと思います。

ユーザーID:8254465154
きっちりしていないのが、遺族の在り方です
桜ウサギ
2018年9月9日 4:02

お母様のこと、お悔やみ申し上げます。

私も昨年母を亡くし、喪主を務めました。
末期がんで自宅看取りをしていたため、連日の徹夜の後だったので、
同じようにグダグダの葬儀だったのではないかと思います。

ただ、葬儀における礼儀は「しっかりしない」ということみたいですよ。

例えば、「お悔み申し上げます」という言葉も、消えそうな感じではっきり聞き取れないように言うのが常識だったり、

すべてがきっちりしていると、
「お葬式をすることを準備していた?」と思われるので、
少し慌てた感があったほうがいいとか、


キッチリしていないほうが、常識にはあっているみたいです


なので、眠そうな様子も、大変だったんだな〜、と思われているだろうし、
お父様の介護もあるので、実際大変だったのだと思うし、
お母様も分かってらっしゃるはずです。

こんなことならもう少し見守ってあげなければ、
と思っているかもしれませんね。


お葬式が終わっても、四十九日、一周忌、新盆、三周忌、
と面倒くさい行事がたくさんあります。

行うかどうかはご家庭によって違うと思いますが、
キッチリしないのが常識のお葬式と違って、法事はキッチリ行うものなので、
お葬式の反省と後悔を踏まえて、
しっかりと一周忌をしてあげればいいのではないでしょうか。

ユーザーID:2341483667
そういう時こそフラワーロック
みかん缶大好き
2018年9月9日 4:44

小町の有名な伝説のトピです。
フラワーロックで検索して下さい。

トピ本文では無くてレスです。確か二回か三回に分かれてますので全部読みましょう。

そのトピでも、トピ主さんはお葬式の事で落ち込んでいらしたのですが、フラワーロックのレスが付いた後見る見る元気になられました。
あおりんごさんにも効くと良いですね。

ユーザーID:5539474230
心配しなくても大丈夫携帯からの書き込み
パンダの子
2018年9月9日 13:08

お母さんは貴女のこと、分かってらっしゃると思います。
この子は、疲れたら眠くなっていい加減になってしまう、そして今頃後悔してクヨクヨしてる…
天国から微笑ましく見守ってくれてると思いますよ。
後悔はもうその辺にして、お母さんが心配しなくてもいい人生を貴女が過ごしてくれること。
それが親の願いです。

今はまだ辛いと思いますが、時間が解決してくれますよ。
お父さんの介護、頑張ってください。

ユーザーID:7980156507
ヨコですが携帯からの書き込み
モモ缶も好き
2018年9月9日 15:42

みかん缶大好きさんのレスを読んで、早速「フラワーロック」で検索して…


…読みました。

久々に、涙を流して大爆笑しました。


このところ辛いことが続いてため息ばかりの毎日でしたが、大笑いして明るい気持ちになれて、みかん缶大好きさんに感謝感謝です。


トピ主さん。
優しい気持ちはきっとお母さまにも届いていると思いますよ。

ユーザーID:3551058479
守ってくれたに決まってるじゃないですか
しりぞう
2018年9月9日 18:59

お母さまが
疲れたとぴ主さんを寝かせてあげて
元気になれよと食べさせて
大層な葬式なんていらないと、とぴ主さんに囁いたんですよ。

その時の外面より、疲れたとぴ主さんが心配だったんですよ。

きっと。

お疲れ様です。

ユーザーID:8778231548
お悔み申し上げます
りっちゃん
2018年9月9日 20:00

あおりんごさん、とてもまじめな方なのだろうと思います。多くの方のレスと重なりますが、あまり思いつめずお母さまのご冥福を心から祈り、感謝の気持ちでいることでじゅうぶんではないでしょうか。

お母さまからはすべてわかっておられて、よくがんばってね、と寧ろ褒めて労をねぎらっておられるかもしれません。

お葬式をこんなにいい加減にされて怒ってると思います、とありますが、それはないと思います。誰にとっても親の葬儀は初めてですし、後悔や反省が全くなく終われる人は少ないと思います。

それより、あおりんごさんが日に何度も涙されていることを案じられているかもしれません、お体を労わって少しずつ元気になってください。あおりんごさんにエールを送ります。

ユーザーID:8606685165
怒るはずないですよ
しずか
2018年9月11日 15:35

トピ主さん、おひとりで本当に大変だったと思います。
よくがんばりましたね。
トピックスを読んだら、ギュッとハグしてあげたくなりました(涙)

お母さまは怒るどころか、とても感謝して立派に務めた娘さんのあなたを誇りに思っているでしょう。
そして、必要のない後悔に苦しむあなたをとても心配しておられると思います。

みなさんのレスにもあるように、葬儀はグダグダになるものです。

私の義父は長く患っていたので家族はある程度の覚悟や準備はしていたものの、やはり一連の葬儀は
初めから終わりまでそれはそれはバタバタでしたよ。義母や夫、夫の兄弟、そして私たち嫁がいても、です。
それをトピ主さんひとりでこなされたのですから、心身疲れて倒れそうになるのは当然です。
よくやり通せたと感心します。

お金のことにしても、私の義家族は決めなくてはならないものはすべて「最低価格のもので!」とキッパリ(笑)
義母いわく「いちいち迷っていられないわ、なんだって同じよ。お父さんを悼む暇もありゃしない」
そこそこの社会的地位があった義父の葬儀はかなりの数の参列者がいたにもかかわらず、少々ショボい祭壇がなんともチグハグな感じでした。

後になって、義母が祭壇くらいもうちょっと奮発すればヨカッタかな…と力なく言った際に、家族は口々に
「お父さんは自分の葬儀なんてこだわらない、それよりお母さんに少しでも多くお金が残るほうがいいって言うに決まってるよ」と!
トピ主さんのお母さまもきっと同じ思いだと思いますよ。

介護が必要なお父様を抱えて、おひとりでさぞ心細い思いをされてると思います。
写真のお母さまは絶対に怒っていませんよ。
お母さまとの思い出に優しく浸りながら、今は心をゆっくり休ませてくださいね。

ユーザーID:2474774849
フラワーロック読みました。
ロッカー
2018年11月5日 16:00

ヨコですが、上記のフラワーロックのトピ読みました。
通勤電車内で読んでしまい、口を押さえて笑っていたら、笑いすぎて鼻血が出ました。

トピ主さんにピッタリですね〜。
トピ主さん読んでるかなぁ。
読んで元気になってらっしゃる事を祈ります。

ユーザーID:0954993193
 


現在位置は
です