現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小田急線あるある

ロマンスカー
2018年9月7日 14:22

はじめまして。
お読みいただき、ありがとうございます。
私はアラフィフ主婦で、実家は東京の小田急線沿線でした。
しかし最近はあまり乗る機会もなく、先日十年ぶり位に乗って変貌ぶりに驚きました。

新しいロマンスカーがデビューしたとかで、ときどきTVで小田急線が採り上げられています。
鉄オタの皆さんが番組に出演して、あれこれ発言するのも楽しく視聴しています。
観ていて懐かしい気分にもなり…

小田急線にご縁がある方いらしたら、一緒にお話ししませんか?
小田急線今昔や、思い出話、などなど

 

ユーザーID:3070638428  


お気に入り登録数:81
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:56本

タイトル 投稿者 更新時間
綾瀬違い
傍流
2018年10月13日 4:03

昔,"営団地下鉄"千代田線を介して,小田急線と反対側の常磐線各駅停車の沿線に居たことがあります。時々,クリーム色に青い線の編成が現れて「あっちは小田急線かぁ。ちょっと高級そう…」と思ったものでした。しかし,例えば西日暮里で「綾瀬行」に乗っても,(小田急線が周りを通っているのに)綾瀬市へは行かず,逆方向の東京都足立区の綾瀬駅へ行ってしまうのでした。


なお,折り返し形の「平地なのにスイッチバック」駅は,小田急線では藤沢駅だけですが,他線にも多数あります。また,HOKUOは小田急線以外にもあります。札幌市の北欧と無関係ではありません。

ユーザーID:0307552605
小田急一筋55年
リュリュ
2018年10月13日 0:32

実家が町田、中学〜大学が都内、
勤務先が江ノ島線沿線の、
小田急一筋55年。
今日も出勤しようとすると、
スマホに遅延情報が。

小田急小田原線、新松田駅付近での動物との接触により遅延!!
えっ !?何!?動物って、鹿?イノシシ?狸?
まさかニホンカモシカじゃなよね?
と思っていたら。

どうも、鹿だったようです。
新宿までの通勤電車でも、けっこう山っぽい小田急線あるあるですね。

ユーザーID:8530241114
実家は豪徳寺
茜雲
2018年10月11日 11:04

今、初めてこのトピに気がつきました。私も参加させてください。

子供の頃、豪徳寺から根津山(羽根木公園)へ歩いて行く時、
ロマンスカーが通ると線路に近づいて友人たちと運転手さんに手を振っていました。
するとメロディホーンで返事をしてくれたのが嬉しかった。

私もトピ主さん同様、子供の頃はロマンスカーに乗ったことがなく、
結構憧れて、大人になってからいつもは車で行く箱根旅行を、ロマンスカーにしてようやく乗車できました。笑


ユーザーID:8930738690
サバラン
マグノリア
2018年10月2日 14:28



いとさん、駅名省略形のオダサガを教えてくださってありがとうございました。
そういえば毎月1回、母をオダサガの病院に連れて行っているのでした。
同じ駅名でもJR相模原とはまったく離れた場所なので、ここはしっかり「オダサガ!」と声高に叫ばないといけませんね。

よみうりランドに住む友人は「この辺ではランドって言ってるよ。世間的にはランドと言えばディズニーランドなんだろうけど」と言っていました。

ささにしきさん、ありがとうございます。
江ノ島線の東林間駅も相模原市ですけれど、新宿方面に2,3駅先、相模大野・町田は除外すると同じ結果になりますね。
玉川学園前、調べてみたらとってもおいしそうなケーキ屋さんがありました。自転車飛ばして行ってみます。
「木曜日のサバラン」を読んでから、サバランが脳裏から離れず、とりあえず成城学園前のアルプスで買って来て気持ちを落ち着かせました。

ユーザーID:5867238994
マグノリア様携帯からの書き込み
ささにしき
2018年9月30日 19:00

「鉄道少女漫画」、早速読んで下さったのですね。ありがとうございます!

「木曜日のサバラン」のケーキ屋は作者が具体的に出していないので、想像しかできませんが

・アコちゃんの学校と塾の最寄り駅は町田(ケーキ屋は逆方向に電車で行く。逆がどちら方面かは不明)
・小平が学校友達とフットサルをした場所とケーキ屋は近く

これらより、柴田家の家は、町田付近のS市、相模原市に絞られます。

相模原市住民の小田急最寄り駅は、相模大野、相模原、相武台前と想定。

そこから2、3駅違うのは、新宿方向へは相模大野、町田、玉川学園前の3駅。町田は除外出来るので、相模大野か玉川学園前。
小田原方向へは相武台前、座間、海老名の3駅。

駅付近の雰囲気から、駅ビルのあるような大きな駅ではなさそうなので、相模大野は除外。
(逆に柴田家とアコ&小平が買い物をしていたのは相模大野?と思い込んでます)

ここまでは絞れるのですが…

で、ここからは物凄く独断と偏見で、職場が小田原方面なら相模原市には住まないかなと思うので、職場は新宿方向と決めつけると、玉川学園前が残るので、勝手に玉川学園前と思い込んでます。

ユーザーID:3825895102
40年ちょっと前の思い出
ミンミン
2018年9月26日 22:57

町田に住んでいて、都内の私立中学に通うのに、
新宿まで小田急線を使っていました。
電車の中は貴重な読書タイム。
いつも本を読んでいました。
ところがある日、帰りの電車で読んでいた本を置き忘れてしまいました。
萩原朔太郎の詩集「月に吠える」を。
それも、学校の図書室で借りた本だったので、
ものすごくあせりました。
翌日、最寄り駅の駅員さんに言ったのですが、
そのときは忘れ物として届けられてはいませんでした。

数日後、最寄り駅の伝言板(なつかしい!)に、
「〇月〇日、本の忘れ物をした方、駅事務室まで連絡ください」
と書いてあったので行ってみると、
「お忘れの本、××駅に届いているそうです。」とのこと。
その駅は、私が通っていた中学校の系列の高校がある駅でした。
拾ってくださった方が、
本に記された学校名を見て届けてくださったのでしょう。
感謝しつつ受け取りに行くと、今で言うイケメンの駅員さんが
「良い本読んでますね。三好達治も読むといいですよ。」
と言ってくださったのも忘れられません。

小田急線あるあるではなく、
個人的な思い出話ですみません。

ユーザーID:2659078273
鉄道少女漫画
マグノリア
2018年9月25日 21:04

ささにしき様


「鉄道少女漫画」「君曜日1・2・3」ご紹介ありがとうございました。
ネットで注文して一気に読みました。面白かったです。

一番気になるのは『木曜日のサバラン』のあの駅はどこなのだろうということ。
もちろんフィクションなのでモデルなどないのでしょうが、柴田一家はS市に住んでいて、「ウチの2、3コ前の駅にケーキ屋がある」って、どこだろ?どこだろ?と妄想を巡らしています。
ケーキ屋はどこの駅の近くにもあるだろうけれど。

ユーザーID:5867238994
ありがとうございます−7
ロマンスカー(トピ主)
2018年9月18日 13:11

沢山のレスをいただき、ありがとうございます。
懐かしい話、最近の知らない話などなど、全部楽しく読ませていただいています。

coco様
>>経堂駅のホームから見る冬の富士山は50年経ってももちろん変わっていません。
経堂からは今も富士山が見えるのですね。
実家に住んでいたころは、私の部屋(二階)からでも富士山が良く見えましたが、今ではなかなか見えなくなって寂しい限りです。
>>ユーミンの卒業アルバム思い出しました。
ちょっと話がズレますが、成城の南口にミスタードーナツがあり(今もあるみたいです)、私は時々利用していました。
後年になって、ユーミンの「影になって」の歌詞に登場するドーナツ屋のモデルが、その成城のミスドだと知りました。
夜中に成城までジョギングしてミスドで薄いコーヒー飲んでタクシーで帰宅する、とご本人もラジオで語っておられたのを、印象深く覚えています。

小梅さま
>>新百合ヶ丘のケーキ屋さん「リリエンベルグ」ですね!
>>今も新百合マダムたちで賑わっていますよ〜。
情報をありがとうございます!
ウィーンに旅行してホテルザッハーに泊まっても、なぜか新百合ヶ丘を連想してた自分が可笑しかったです(笑)
そのケーキを毎回お持ちくださった方が既に故人ということもあり、私の中では「新百合ヶ丘→ザッハトルテ」の連想は生涯消えない思い出です。

マグノリア様
>>いっそ小田急で逃げましょうか
オダキューの語源はそこだったんですね!
昔からある東京発の私鉄といえば、京成、東武、西武、京王、東急、京急 etc.
みな漢字2文字で表されるのに対して、小田急はなぜか3文字、しかも「オ」という母音から始まる響きがまろやかで、その辺も特別感を感じる所以かなと思っていました。
…ってのは多分こじつけで、単に地元愛なんでしょうけどね(笑)

ユーザーID:3070638428
小説ではありませんが携帯からの書き込み
ささにしき
2018年9月18日 12:40

中村明日美子さんの「鉄道少女漫画」及びその続編の「君曜日」(全3巻)はお勧めです。
特に巻数表示のない1冊目「君曜日」ではない本は全編小田急線のお話。

・厚木って言ったら本厚木でしょ!
とか
・イリューダ…外国?
など、小田急あるあるなネタ(入生田は本当は小田急ではなかったですが)が詰まってます。

他の巻は小田急線から少しずれますが、コミックスの装丁が小田急線の車両や駅表示になってますので、画像だけでも小田急線ユーザーば楽しいかと思いますよ。

また、最終巻には5000形引退に寄せた作品も収録されてます。

是非!

ユーザーID:3825895102
いっそ小田急で逃げましょか
マグノリア
2018年9月16日 21:50

♪昔恋しい銀座の柳〜『東京行進曲』の4番の歌詞です。
♪シネマ見ましょかお茶のみましょか いっそ小田急で逃げましょうか

小田原急行鉄道の開通が昭和2年、この歌は昭和4年に発表され大ヒットしました。
当時小田原急行鉄道株式会社はレコード会社に「当社はそんな駆け落ちするような鉄道ではない」「勝手にオダキュウなどと変な風に略しおって」と抗議したそうですが、この歌のお蔭で利用客が激増し、風向きが変わって作詞の西条八十氏に永久全線無料パスが贈られたそうです。

いいなあ。いきものがかりはもらえたかなあ?


小田急線が登場する小説で、私のオススメは加納朋子の『月曜日の水玉模様』です。
主人公が代々木上原で千代田線に乗り換える時、座席をゲットするために素早く列を選ぶところなんて身に覚えがあって笑えます。
通勤通学のお供にぜひぜひ読んでみてください。
同じ車両にこの本を読んでいる人を見つけたら、このトピ友かも!

三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』には小田急がハコキューとして登場します。

他に小田急線の登場する小説があったら教えてくださいまし。

ユーザーID:5642264777
毎日通勤で使っています
小梅
2018年9月16日 0:39

小田急線で通勤しているので、トピを見つけて嬉しくなりました♪

新百合ヶ丘のケーキ屋さん「リリエンベルグ」ですね!
今も新百合マダムたちで賑わっていますよ〜。

学生時代は玉川学園〜唐木田まで通っていたのですが、マグノリア様の逆バージョンを
やらかしたことがあります。
新百合ヶ丘から町田行きの急行に乗ろうとしたら、多摩急行で栗平まで逆戻りしました(笑)
最近は新百合ヶ丘で小田原方面の快速急行に乗ろうとすると
多摩線のホームに停まるので更にややこしいです。

朝なんかは各停に乗ると鶴川の急行待ちで長いこと待たされるんですよね。
急行が止まる駅だと、3本くらい見送ることもあるので時間のロスが…。
もっと小田原寄りの路線も複々線化してほしい!と思ってます。

ぶつぶつ文句言ってますが(笑)、でもなんだかんだで小田急が好きなんですよね。
どなたかもおっしゃってましたが、都内に出掛けて帰りに小田急に乗るとほっとします。
疲れているときなんかは、ちょっと奮発してロマンスカーにしてみたり。

最近はセブン&アイHDと業務提携したとかで、構内の売店などがセブンイレブンに変わっていく
との情報を聞きました。あの緑の看板もなくなっていっちゃうんですね。ちょっと寂しい。
そして今更ですが、パン屋の「HOKUO」は小田急の子会社なんですね。
どおりで小田急沿線にしかないわけですね…。

ユーザーID:4947258494
相模大野住民です。
maron
2018年9月15日 21:17

小田急に生まれた時からお世話になっている
相模大野住民です。学生の時も、社会人の今
も小田急沿線の街しか通っていません。

そんな私ですが、ロマンスカー未体験なんです。
新宿に行く時や、新宿からの帰り、すっごく
乗りたくなるんですが、なんか贅沢をしていて
親に申し訳ない気分になってしまい、つい
普通の急行とかに乗ってしまいます。貧乏性なん
でしょうね。新宿〜相模大野間なんて数百円
なんですけどね・・・。

ユーザーID:2737204921
アラフィフ海外小町です
coco
2018年9月15日 20:38

生まれは祖師谷、育ちは経堂です。
今も実家があり、頻繁に帰国しますが小田急に乗ると故郷に帰ってきたー
と一人ゴチます。
経堂駅のホームから見る冬の富士山は50年経ってももちろん変わっていません。
ロマンスカーは、母に手を引かれ遮断機越しに見ていました。
ウルトラマンとダブって見えたのは私だけでしょうか。
メロディーホーンっていうんですね。
初めて知りました。
電車から見る風景も、あまり変わっていません。
ユーミンの卒業アルバム思い出しました。
最近は急行も経堂停車で便利ですが、やっぱり各駅でゆっくり新宿へ行き来します。
そろそろ帰省のチケット買わなきゃ。

ユーザーID:8839524467
マグノリア様
いと
2018年9月15日 15:22

>大和にいくはずだったのに、海老名にいっちやったよ

あるあるですね。
相模大野から電車に飛び乗ったら『次は〜東林間〜』の車内アナウンス。
まさに『伊勢原行くはずだったのに大和方面行っちゃったよ』をやらかしてます。

>「下北沢」は「シモキタ」だったかな?

シモキタ、ですね。
でもお隣の東北沢は略さない。どうしてでしょうね。

省略形は 小田急相模原→オダサガ が思いつきますね。

あるあるではないのですが、小田急でビックリした話。

・藤沢駅は平地なのにスイッチバック
・新松田ー渋沢駅間、一駅しかないのに運賃190円(ちなみに新宿―南新宿間は130円でこれが標準の初乗り運賃)
 →これは新松田ー渋沢駅間が6キロオーバーと距離が長いせいなのですが、それを知らずに乗ったので支払う時にびっくりしました。

ユーザーID:8617871764
うんちくかな?
まも〜ん
2018年9月15日 11:40

先日TVでやってましたが、東海道新幹線の構想前に
高速鉄道の実現のために車両の設計をしており、
その第一弾がロマンスカーだった様です。

弾丸型が空力学的には理想の様ですが、あの流線型
の先頭車両は美しいですね。

しかし、先頭車両の予約は本当に取れません。

ユーザーID:9737787990
ありがとうございます−6
ロマンスカー(トピ主)
2018年9月15日 10:48

沢山のレスをいただき、ありがとうございます。

>江の島に行きたいのに小田原行きにのってしまった友人
あるある〜! と思いました。
知人の息子さんは、小田急線に乗ったことがなかったのですが、スポーツ推薦で東海大学からお誘いをいただき一人で面会に行きました。

それなのに間違って江の島方面に行ってしまい、とうとう約束の時間に間に合わず、推薦入学が消えてしまいました…

まだスマホが普及する前の時代、あらかじめネットの乗換案内でしっかり時間を調べました。
でも早く新宿に着いたので、良かれと思って予定より早い電車に乗ってしまったのが原因でした。
なんて罪作りな小田急線!?
でも結局は別の大学へ入学して希望のスポーツも極めたので、まあご縁がなかったんでしょうね。
いまでは笑い話になってます。

ユーザーID:3070638428
駅名の短縮
マグノリア
2018年9月14日 20:56

>大和にいくはずだったのに、海老名にいっちやったよ

あるある!前4両とか後6両とか気にしていなくてはいけませんでしたね。

私は10年ほど前まで、町田から唐木田まで通勤していたのですが、
『町田から唐木田に行くはずだったのに町田に戻っちゃったよ』を2度やらかしました。
新百合ヶ丘で多摩線に乗り換えるのですが、階段を上り下りして多摩線専用のホームから出る時と、たまにすぐ向かいのホームから出る時とがあったんです。
友達とおしゃべりしながら向かいのホームに入って来た多摩線(と思い込んでいる)に乗って車窓を見ていると、「あれ?向こうに多摩線の線路が遠ざかっていく〜!」。
乗り込んだのは小田原線下りだったのです。
急行なものだから降りるに降りられず、また町田駅に逆戻り。こういう時って長いですね。

ところで「新百合ヶ丘」は「シンユリ」、「相模大野」は「オオノ」と呼びならわしています。
息子は「鵠沼海岸」を「クゲカイ」、「向ヶ丘遊園」を「ユーエン」「千歳船橋」を「チトフナ」と呼んでいました。
他にもそういう省略形ってありましたか?
「下北沢」は「シモキタ」だったかな?

ユーザーID:5642264777
江の島に行きたいのに小田原行きにのってしまった友人
相模大野で
2018年9月13日 12:44

 今はないかな、と思いますが、昔は相模大野で、急行は前6両小田原行きと後ろ4両江の島行きにわかれました。
 他の沿線住民の友達がアナウンスをほとんど聞かないので、よく間違えていました。
 そういう経験はありませんでしたか? 私も大和にいくはずだったのに、海老名にいっちやったよ、遅刻、という経験は一回くらいあります。母は、何度もありました。

ユーザーID:0811261752
昔毎日 今時々 乗車
町田市民
2018年9月13日 9:19

多摩川のほとりの高校、代々木(南新宿から徒歩)の専門学校に通っていました
今から40余年前です そのころから複々線化工事はしていましたので
完成はとても感慨深いですね 月日は流れたというか、やっとかぁというか...

町田在住もほぼ半世紀なので 新原町田の駅名、夏冬のドア1ケ所残しての閉め、
ロマンスカーのホーンやオルゴール音 など皆様のレスに
そうそう あったあった 懐かしいぃ の連発です

通学時は向ヶ丘遊園or登戸で各駅に乗り換えており、私にとっては
急行が発車しない限り、各停はドアが閉まらないものでした
数年前 登戸で降車して乗り換えようとホームを歩いていたら
急行と並走して各停が動き出した時には仰天しました ぶつかるぅぅう
呆然と各停を見送ってようやく気付きました 複々線化されたのだと...
(その時はまだ一部区間でしたが) 各停に裏切られた気分でした(笑)

ユーザーID:0367411493
ロマンスカー
ペンギン婆
2018年9月11日 18:42

まず、ネーミングが素敵。
「ロマンス」の「カー」なんてね・・

箱根には昔から定宿があり、年に一度訪ねていました。
だから結構乗っていますね。
30回以上かも。

展望車の最前列に座れば、運転手さん目線で車窓を愉しめて、90分があっという間です。
でも、ここは小さいお子さんを連れて親御さんが頻繁にやって来るので、実はあまり落ち着きません。
もちろん、お子さんたちは大はしゃぎするし、親御さんも「すごーい!」などと楽しそうですから、ロマンスカー大好き人間としては、それはそれで嬉しいのですが・・・・ちょっと騒々しい(ごめんなさいね)

お薦めは、一番後ろの車両の最後列。
進行方向とは逆に景色が流れて行くので、ずっと眺めていても目が疲れないし、何より、誰も来ないので静かです。

今は座席を希望して、買うことは出来ないのかな。
昔は3か月前から購入出来、空いていれば、一番後ろの座席を選ぶことも出来ました。
体調がイマイチで、旅行しなくなったため、最近の詳しいことが判らないのですが。

新宿から乗って、多摩川を超えると、ワクワク感が高まりましたね。
「さー、都会を離れてのんびりするぞ」と思って。

それなのに、帰り、新宿に近づくに連れて車窓から夕暮れの高層ビル群が見え始めると、なぜかホッとしたり。
無機質なビル群が妙に懐かしくてね。
故郷に帰ってきたような、そんな気分かなあ。

ロマンスカーの思い出は沢山あります。
ロマンスカー語れば一晩中・・というところですかね。

主さん、楽しいトピックをありがとう。

ユーザーID:6842870055
 
現在位置は
です