• ホーム
  • ひと
  • 経管栄養をするか迷っています(長文です)

経管栄養をするか迷っています(長文です)

レス57
(トピ主8
お気に入り145

家族・友人・人間関係

困惑

アルツハイマー型認知症の母(80歳)が
側頭葉変性認知症を併発し、感情抑制ができないため
入院管理下で薬物と環境調整でコントロールすることになりました。
(介助を嫌がったり暴れたりします)
入院当初は「薬で落ち着いたら自宅に帰れますよ」という説明でした。

ところが
入院1週間で食事を受け付けなくなり、口に入れても吐き出してしまうため
点滴で栄養をとっている状態になっています。

医師からは点滴は4週間、それ以上は栄養失調になるため
1.鼻から経管栄養
2.胃瘻
3.カテーテル(中心静脈栄養?)
4.点滴のみで延命しない
のどれかを選択するよう話がありました。

メリット、デメリットを説明されましたが
決めきれずにいます。
医師からは大半の方が4を希望されます、と言われました。

父はできるだけのことをしてあげたいと言います。
胃瘻より経鼻がいい、と言いますが、
会話ができなくなる、という話や、誤嚥性肺炎のリスクを考えると
最善ではない気がします。

兄と私はカテーテルがいいと思っていますが、
ネットで調べると、感染リスクもあり、1年くらいの延命効果と書いてあります。
カテーテル手術の体への負担も心配です。

このまま経口摂取ができなければ、
月末までにはどの方法で栄養を摂るか、決めなけれなりません。

認知症を発症する前、母が50歳くらいのころに
「延命はしないで」と口頭で伝えられました。
父、兄は知りません。
とはいえ4という選択もためらわれます。
(もって数ヶ月と言われました。)

経管栄養を経験された方や、そのご家族のお話をうかがいたいです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7366720747

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数57

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本人の意思を尊重したい

    本来は。ご本人がお決めになる事ですが難しいてすょね。
    であれば。本人の記録か過去の言動から推測することに
    なるのではないでしょうか。

    家族や身内は、自らの心情的な想いから延命を希望しま
    す。しかし。延命措置は本人にとって辛く苦しいものだと
    聞いたことがあります。

    本人に苦しい思い迄させて、行う必要があるのか疑問に
    思う一人です。

    ユーザーID:6046960933

  • 4が親孝行です

    認知症発症前の意思表示もあります
    4以外の選択肢は考えられません。

    1、2、3は、家族の責任回避のための先延ばしです。

    お母さまには、苦痛だけの虐待といえる時間を延ばすうえ、
    直接介護に当たる家族の疲弊もともないます。

    もし、4以外の選択肢が選ばれたら、それに一票を投じた人に、その人の個人的な理由にかかわらず、直接介護(たとえ、病院が完全介護であっても)を、責任をもって担当してもらいましょう。
    その覚悟が無ければ、4に投票です。

    回復の見込みのない医療行為?に、多額の医療費(窓口支払い+公費負担)が費やされるという、社会問題もお忘れなく。

    ユーザーID:4682301189

  • お母様の立場で考えて

    子供の立場でなく、お母様の立場で考えてあげて欲しいです。

    >側頭葉変性認知症を併発し、感情抑制ができない

    この状態って自分が自分でなくなってきていますよね。私だったらこんな状態で生きていたくないです。こんな状態でも子供が小さくて母親が生きているというだけで心の支えになるのであれば生かされても仕方ないと思いますが、そうでなければもう許して死なせてという思いでいっぱいです。
    お母様も延命はしないでと仰っていたのでしょう。その事をもう一度よく考えてあげて下さい。ご家族には辛い選択でもお母様のお気持ちに寄り添った決断をしてあげて欲しいです。

    ユーザーID:6858074359

  • 父親を4で見送りました。

    認知症を患い誤嚥性肺炎を何度かした父親に対して胃瘻にするか?と言う医師の問い掛けが私と義姉にありました。
    実子である私が決断するべきと思いそのまま延命治療せずに点滴をしてもらいそのまま眠るように天寿を全うしてくれました。
    ほどよく肉つきも残したまま優しい穏やかな表情でした。
    その決断はきっと父親は喜んでくれたと思っています。
    なによりも食べる事が大好きだった父親が生かされる為に美味しい思いを出来ないのが嫌でした。
    義姉には「私に決断をさせないでくれてありがとう」と言われました。
    兄にも感謝はされましたが、父親なら必ずこうするだろうと言う勝手な憶測ですが後悔はしていません。
    今年三回忌ですが全く枕元にも立ちませんから納得してるんだと思います。

    ユーザーID:7977530626

  • 子供が経験者です

    私には現在19歳の娘がいます。
    元々は経口栄養でしたが、なかなか体重が増えず食事に時間がかかるため経菅栄養に切り替えました。自分で痰などの排出があまり出来ないため、ゼロゼロすることが多く風邪などに感染すると悪化して肺炎になることが多かったです。

    原因の1つとして、常にチューブが咽頭を刺激し続けてること、チューブ交換が1週間から2週間に1度なので細菌感染してしまうなどがあったらしく、リスクがかなりありました。

    現在は、担当医と話し合いを重ねて胃ろうの手術を受けています。個人差はあると思いますが経菅栄養の時とは違い娘に笑顔が増えて、風邪などに感染しても肺炎になりませんでした。

    主さんのお母さんがどの程度か分からないですが、胃ろうもリスクはありますが選択肢の1つにしてほしいです。腹部を圧迫するような事は出来ないですが、普通にお風呂にも入れるし何より笑顔が増えると思います。

    ユーザーID:2452384106

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 知識も経験もありませんが

    お母様が「延命はしないで」とおっしゃっていたなら、4にしてあげて下さい。

    私も子供に延命拒否を常日頃から伝えています。
    自分のことがわからなくなって、家族に迷惑をかけてまで生きたくないんです。

    延命拒否は辛いでしょうが、それはお母様の願いを最後に叶えてあげることになるんですよ。

    ユーザーID:9698343142

  • 延命しないで、という希望を出しています

    母親は、意識がはっきりしている時に、延命はしないで欲しい、と希望を出していますよね。

    家族にしたら、生きていて欲しいのは理解できます。でも、この場合は当人の意思が優先されます。

    かなり昔の話とか、書面に遺していないとか、そういう迷いもあるでしょうけれど、最後の願いを聞いて欲しいです。

    ユーザーID:2191528079

  • 自分に置き換えて考えてみたら?

    もしトピ主様が認知症のお母さんと同じ状態になったら
    管につながれて不自由でも長生きしたいですか?

    お母さんは暴れるとのことですので、
    点滴は自分で外そうとするので危ないです。
    もし点滴を選んだとしたら、ベッドに拘束されます。
    手には大きな手袋をはめられると思います。

    そこまでさせて長生きをしてもらいたいですか?


    ただ、認知症で食事拒否をされる方は
    子どもの頃に好きだった物(甘いもの)は、意外と食べます。
    栄養は偏るかと思いますが、食べたいものを食べさせるのも1つの手段です。

    私ならどうするかといえば
    何もしてほしくありません。
    私は口から食事がとれなくなったら
    周りに迷惑をかけながら生きたくはありません。

    私はもうしばらくはお迎えが来ないと思っていますが
    家族には鼻ろう、胃ろうはやめてくれてと言っています。
    痛み止めの点滴だけで十分です。

    ユーザーID:3251986691

  • 悩ましいですね

    医療関係者です
    1の経管栄養は、柔らかいストローのような物を鼻から通して胃まで入れるやり方です。私自身、授業の一環で経験しましまが、とても不快感と痛みが強く苦痛でした。また、これは必要時に入れるのではなく、常時入れっぱなしになります。引っこ抜かれる危険があるので何らかの抑制が必要になります。ずっと鼻に管が入っているのは自分がされたら嫌だなぁと思います。
    2の胃ろうの方が経管栄養に比べて不快感や痛みは少ないとは思いますが、これも引っこ抜かれる危険がありますので、何らかの抑制が必要になるかと思います。
    3のカテーテルは入れる時の体の負担よりも、感染症のリスクの方が心配です。しかも定期的に入れ替えが必要になります。また1.2同様に抑制が必要になります。
    アルツハイマー型認知症ということなので、どのやり方を選択されても抑制や監視が必要になると思います。
    「延命はしないで」という本人の意志を尊重するなら4ということになると思います。
    ちなみに外国では口から食べられなくなったら経管栄養も、胃ろうも点滴もやらないそうです。

    ユーザーID:8059610280

  • 後悔しています

    母はピンピンコロリで逝きたいので
    余計な事はしないでと、いつも言っていました。

    いざとなると迷いがあり、点滴を選びました。
    それから半年、骨と皮だけになり褥瘡もできて
    別人のような痩せ細った姿で逝きました。

    母の希望を叶えなかったことを、妹と2人で後悔しています。
    少しでも生きていて貰いたいのは自分たちのエゴで
    母の苦痛を長引かせただけでした。
    親不孝をしました。

    ユーザーID:8725695515

  • 難しい問題ですよね

    食べたくないという意思表示は本人の本能的な訴えか、それとも病気によるものか。
    海外だと口から食べられなくなったらもう延命やらしないのが普通と聞きます。私個人も他人のことであれば全く同意見です。

    経鼻、静脈栄養はご自宅での管理は可能なものでしょうか?とくに静脈栄養は管理が難しく施設入居が困難と聞いたような気がします。
    胃瘻にしてるけど本人の意思表示はほとんどなく施設に入りっぱなしの人もいれば、
    胃瘻にすることで要介護なのは変わらないけど在宅でご家族と話したりコミュニケーションが続いている人もいます。
    なお胃瘻でも誤嚥性肺炎リスクは伴います。
    自力で飲み込む(嚥下)をやめてしまうのですから、嚥下に関わる筋肉が廃用となるからです。

    推測ですが元々の認知の進行具合からして、どの延命を望んでも在宅介護は今後困難になるのではないでしょうか?
    その点もふまえて決定されるといいと思います。

    ユーザーID:0106995353

  • 個人的には

    4をお勧めします。

    私の義母が、胃で食べ物を受け付けなくなり、義母の子供である夫は、鼻からの経管栄養を選択しました。しかし、義母は認知症ではなかったのですが、理解力が落ちてしまっていたようで 義母には、経管栄養を理解できず、自分で取り払ってしまうようになりました。カテーテルでの栄養補給に切り替えられましたが、それも取ろうとするようになり、ついに、ベッドに拘束されました。体も手も、暴れるので足も拘束でした。夫が見舞いに行けば、「この拘束を外してくれ」と泣かれます。嫁の私でさえ、傍から見ていて 辛かったです。結局、医者の指示で 無理やり胃ろうにしてみたところ、大出血をして亡くなりました。

    医者の話では、自分で食べられなくなれば、もう 寿命が来ているのだそうです。一時的に元気になる方もいますが、ほんの数日のことだそうです。

    ベッドに拘束されて 無理やり生かされてるのは、ほんとうに辛いと思います。寝返りも 痒いところをかくことさえできません。主様は、そんなお母様を何か月も見続けられるでしょうか?経管栄養を始めてしまったなら、中止はできません。

    私は、点滴のみにして延命しないほうが 最後まで穏やかに過ごせて お母様にも主様にも 良い結果となるように思いますが いかがでしょうか。 

    ユーザーID:2127932532

  • 母は胃婁しましたが・・・

    母自身は延命治療を拒否していましたが、家族で話し合った末、医者の勧めも有って、回復を願って胃ろうを選択しました。

    結果的に、手術から3週間ほどで亡くなってしまいました。
    痛い手術させてしまったけど、母にとってはどうだったのでしょうか。

    海外の様に、食べられなくなったら自然に・・・・の方が良いのでは?と、個人的には思いました。
    日本の場合、医療現場では言えないのでしょうけどね。

    それに、ボケてはいなかったものの、やはり意識が朦朧としていた為か、最後の方は、抑制が必要になりました。
    苦痛に顔を歪めながら「これ取ってぇ〜」と叫んでいた声が未だに耳に残っています。

    最後の会話がそれだったので、やはり後悔が有ります。

    ユーザーID:8117626892

  • 私の考え

    90才近い父がなぜか突然手足が動かなくなって入院したとき、医師に胃瘻を打診されましたが、家族の協議で延命治療はしないとはっきり伝えました。

    その病院には胃瘻の患者さんがたくさん入院していましたが、みんな話もせず(したくないか、できない?)ベッドに寝ているだけで、単に生きているだけの人の病室に見えました。

    まだまだ頭がしっかりしていて、家族と会話が楽しくでき、テレビなどの娯楽も楽しめるのなら、延命治療も良いと思います。

    でも、会話もロクにできないような状態で、生きる楽しみである美味しい食事もできないのなら、無理に生かしているだけのように思います。(私の父がだんだんそれに近くなった)

    今までお母さんの調子がどうだったのかわかりませんが、(認知症でも)家族の会話や娯楽も楽しめているのなら、すぐに4の選択は難しいと思います。

    もしも、楽しい会話もできず、家族の近況の写真や報告も理解しがたい状態が続くなら、延命治療をして誰が喜ぶのでしょうか?

    >もって数ヶ月
    なら、その数ヶ月間を大切に過ごした方が良いと考えます。病院への見舞いや衣服の洗濯替えに通うだけでも数ヶ月の負担は大変です。自宅介護も大変です。

    父は5ヶ月程度入院して病院で亡くなりましたが、その間に急激に認知症のような症状になったり妄言を言うようになり、会いに行く楽しみがだんだん苦痛に変わってきました。

    その間、週に2〜3回病院に通う負担は大変でした。(フルタイム共働きだったし、母も認知症でアテにならない)

    あれが1年以上続いたらこっちが参ったかもしれません。(家族の人数が多くて交替可能なら大丈夫かもしれません)

    単純に長生きさせるのではなく、本人が楽しんだり喜んだりできる状態を維持してこそ「できるだけのことをしてあげた」と言えるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1974493537

  • 是非、本人の意思を尊重して

    絶対に4をお勧めします。
    昨年、胃ろうにしてから10年で、母が亡くなりました。
    97歳でした。
    脳梗塞を患って、口から食べられなくなり、医師からの告知もなく、転院するときには鼻からの経管栄養になっていました。
    1,2年は目が笑うような意識もありましたが、そのうち手袋をかけられ、拘束もされました。
    回復の見込みもなく10年、母の辛さをわかりながら何もできなかった自分に罪悪感があります。
    あの場合は仕方なかったと思いつつ、無駄に苦しませたことを詫びています。
    経管栄養や胃ろうにしたら長くなるよ、と言っていた知人がいます。
    苦しみも長くなるのではないでしょうか。
    あくまでも、私個人の考えであり感じ方ですからそこはお含み下さい。(

    ユーザーID:8010685654

  • 今父が経鼻をしています

    父の場合脳梗塞で、認知力は衰えていませんが、苦しそうです。(私も入院した時に経鼻チューブを経験しましたがとても嫌でした。)

    私がトピ主さんの立場なら「4」を選びます。経鼻や胃ろうは、一度したら(おいそれとは)はずせませんよ(下手すると犯罪になります)。 特に認知症の方なら、引き抜こうとして手を拘束される可能性もあります。(本人もまわりも悲惨です)。

    本人が「延命はしないで」と言ったのなら、なおさら4を選ぶのが親孝行だと思います。

    ユーザーID:9493915715

  • 経験者です

    母が同じような症状になった時、選んだのは4です。
    本人が、管につながれるのはいやと元気な時に言っていたからです。
    認知症で食事を食べなくなり点滴のみをしていましたが、
    また少し食べるようになり、点滴をはずした時もありました。
    その繰り返しが2年ほど続き、最後は首の少し下から栄養剤を点滴をするようになりました。
    最後は、やせ細ってしまいましたが、苦しむことも無く安らかだったと思います。
    家族みんなが、4でいいと言ってくれたので良かったと思います。
    よく話し合ってみんなが納得する方法を選んでください。

    ユーザーID:8780963087

  • 皆様ありがとうございます(トピ主です。)

    皆様温かなレスありがとうございます。

    母は現在、認知症だけでなく
    血栓ができやすく、その治療もしています。
    先週は血中酸素濃度も低下しました。
    肺に血栓ができた可能性が考えられ
    その苦しさから食事がとれない可能性もあるそうです。
    血栓の治療を進める中で、口から食べてくれ!と祈るばかりです。

    点滴も抜いてしまうため、すでに全身拘束状態です。
    もし回復して退院したとしても、足腰弱って寝たきりでしょう。
    ほんの数週間前まで普通に食べて普通に歩いていたのに…

    心が追いつきません。
    頭では4が最善、分かっています。
    4は完全除外な父を説得することもできません。

    普通に食べて、と書きましたが
    介助なしでは遊び食べになり、
    口に入るのは1/3くらい。
    自分がどこにいるのか、周りの人が誰なのか
    分からない状態です。
    排泄の自立も困難です。
    会話も意味のない内容を話し続けるだけです。

    父も要介護3、母の介護はできません。
    できないけど、「自分でみる」と言い張ります。
    この頑固な父を納得させることが最大の難関です。

    ユーザーID:7366720747

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • レスします。

    ご本人が何を望んでいらっしゃるのか。
    これに尽きると思います。

    ユーザーID:8888550699

  • トピ主です…2

    いただいた皆様お一人お一人に
    返信できずすみません。

    お母さん子さんのレスに
    「点滴を選びました」とありますが、
    カテーテル(中心静脈栄養)ではなく
    普通の点滴ですか?
    半年でも永らえたのであれば
    4の点滴のみを選択してもいいのかな、と思えました。

    むずむずさん、
    施設の件ですが、どれを選択しても受け入れてくださる
    特別老人ホーム(看取りまで居させていただける)を
    ケアマネさんから勧められてています。
    見学したときに入居されている認知症の皆さんが
    とても明るく意思疎通ができていて
    母ではダメと言われそうで不安です。
    (機嫌悪く介助も拒否したり暴れたりするので…)

    「最後の親孝行」の言葉、胸に響きます。
    老爺心さんの医療費に関する記述も頷けます。

    いただいたレスを印刷して父兄に渡します。

    レスいただいている最中に
    母が食事を受け入れて
    心配していたことが杞憂に終わるといいのですが…

    ユーザーID:7366720747

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 全身拘束してまで延命、トピ主さんなら希望しますか?

    以前にお母さんは延命治療はしないと意思表示をされています。
    お母さんが少しでも楽になるように苦痛をとってあげるように考えて上げてください。

    ユーザーID:1083285585

  • 胃瘻でした。

    義母が胃瘻しました。
    食べる楽しみしかないのに
    してよいのだろうかと、託された嫁(私)は悩みました。

    がアルツハイマー型の認知症なのに
    三ヶ月たった頃、私の顔を認識して
    ありがとうと言いました。
    お腹が減ったとも。
    胃瘻でも空腹感があるのかと
    びっくりしました。
    義母は畑をしていたので筋肉があり
    生きる意欲がありました。

    あれで良かったと葬儀の時思えました。

    介護は子育てより難しい、でも
    歳を重ねた者が悩んで悩んで向き合える
    人間らしい苦労、報われる苦労と今では思えます。

    ユーザーID:7238744477

  • ケアマネージャさんに相談しましょう

    >父も要介護3、母の介護はできません。
    >できないけど、「自分でみる」と言い張ります。
    >この頑固な父を納得させることが最大の難関です。

    今はトピ主さんの(頭ではなく)心も揺れている状態ですよね。それだと、説得は不可能でしょう。

    お父様が要介護3ならケアマネージャさんがいると思います。ケアマネージャさんに相談すれば良いのではないでしょうか。

    そういった事例もいろいろ知っていると思います。お父様に過去の事例を説明したり、お父様の説得方法もトピ主さんたちと一緒に考えてくれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1974493537

  • 私の父は

    胃ろうを造設して7年経ちますが、元気に過ごしております。今は、胃ろうを勧めていただいた先生に感謝してます。それぞれの考え方や環境が違うので難しい問題ですが、私は父と一緒に居られる事に、幸せを感じます。

    ユーザーID:3253070587

  • お父様の説得は

    「自分が同じ立場だったらどうしたい?」と訊いてみましょう。そして「お母さんを無駄に苦しませていいの?」と訊いてみたらいいと思います。

    本人の意思を無視して「延命」をあえて選ぶ家族は、結局(本人より)自分の気持ちを優先しているのだと思います。

    ユーザーID:3032044761

  • 北欧の話

    テレビで見たのか新聞で見たのか失念しましたし、別に北欧が素晴らしいと言うつもりもありません。

    日本の介護医療関係者が北欧の状況を視察に行った際一番驚いたのは、認知で寝たきりの患者と言うのを殆ど見ないという事だそうです。
    先方と会話してわかった事は、本人の意思で、つまり経口で栄養摂取出来ない場合はそれ以上の処置はしないそうです。

    私の父も認知で施設で預かり切れず病院に入りました。
    聞かれましたが4を選択しました。私にとっては「生きているだけ」の父に何か意義があるのか、本人にとってそれは意義がある状態かわからなかったからです。

    ユーザーID:7275822583

  • できるだけのこと。

    家族として迷う気持ちは理解できます。

    「できるだけのことをしてあげたい」
    そう思うのであれば、家族にとってではなく、
    本人にとってベストなことをしてあげてほしい、です。

    心臓が動いていれば、生命体として死んではいません。
    でも、心臓さえ動いていれば、「人間として、生きている」のでしょうか?

    1〜4が「元気になるための」一時的ものなら我慢もできるだろうし、意味もある。
    また、本人なりに楽しみや生きがい、生きたい気持ちがあるのなら、
    口から食べれなくても、医療をフルに活用したら良いと思います。

    でも、心臓を一秒でも長く動かすこと、それだけのために、
    24時間、何日間も、何か月間も、管に繋がれて、天井眺めて。
    管だけでも不快。
    だから、本能で管を外そうとしただけなのに、手足を縛られて。
    「生命維持に必要なことだから」とお思いでしょうが、普通に考えてみてください。
    人間が24時間、手足を拘束されるって状況、究極に尋常じゃないです。
    人としてのプライドはズタズタ、身体は栄養されても、精神を殺されます。
    人生の終末で、どうしてそんな拷問を受けないといけないのでしょうか?
    それって、「人として生きている」んですかね。
    本人にとってどれだけの価値のある時間なのでしょうか。

    高齢者が、口から食べれなくなったら、それが寿命。

    自然な死に向かって、体が準備しているのに、
    だんだん苦痛も感じなくなって、自然に着地しようとしているのに、
    そこに、あらゆる手段を投入して栄養を無理やりつぎ込んで、
    不必要な苦痛を与えて、その苦痛の時間を引き延ばして。
    それが、本人のためにしてあげられるベストなことなのでしょうか。

    「できるだけのことをしてあげたい」と思うなら。
    「1秒でも長く」という家族のエゴを捨てることもその一つに含まれるかと思います。

    ユーザーID:0511978355

  • 追記

    おそらく、医師から十分に説明は受けていらっしゃるとは思いますが、
    おせっかいをします。

    経鼻栄養にしたら、チューブの違和感があるので話しにくいとは思いますが、
    それだけで会話ができなくなるわけではありません。
    胃瘻より引っこ抜きやすいので、手を拘束される可能性が高いです。

    胃瘻にしたら、経鼻よりは引っこ抜きにくいですが、
    中にはボタン部分を触ったり引っ張ったりする人もいるので、
    そういう場合は、手を拘束されてしまうでしょう。
    また、胃瘻にしても誤嚥性肺炎のリスクがなくなるわけではなく、
    口腔ケアをしっかりしていないと唾液の誤嚥でなったり、
    胃の入り口が緩くなっている人は、逆流(上がっていく)して発症したりもします。

    経鼻や胃瘻で注入できても、下痢をしたりして体が栄養を吸収しなくなる事もあります。
    カテーテルや末梢から輸液しても、体が栄養を受け付けなくなることもあります。

    体が受け付けていないのに、食べれないから、栄養が取れてないからを理由に輸液して、
    パンパンに体がむくんで、皮膚から液体がにじみ出るようになる人も多いです。
    また、輸液が原因で痰が多くなり、呼吸困難になる人も多いです。
    痰の吸引は非常に苦痛を伴います。
    そのままでも息苦しい、吸引されても苦しい・・・。

    点滴をやめたら、痰が減って、呼吸が楽になるのですが、
    病院だから命ある限り何らかの治療しないといけないし、
    なかなか、点滴中止にはなりません。

    体が受け付けなくなったら、栄養はやめた方が楽に最後を迎えられること、
    医師は知っていても、病院だし、何かはしないと・・・という思いがあるのかな。
    また、家族はそういう事実を知らないことの方が多いのかな。
    と思います。

    ユーザーID:0511978355

  • 本人の意志を一番大切にして下さい

    「口から食べてほしい」「口から食べたいはず」
    これ、ご本人が今の状態で本気で本当に思っていることなのでしょうか?
    元気な頃は食べることが好きな人だったとしてもです。
    今、この状態で、と考えて下さい。
    冒頭の思いはトピ主さんやご家族だけの希望だったりしませんか?

    元看護師です。
    お母様のような方をたくさん見てきました。
    何もせず自然な状態を待つ人もいましたよ。
    すぅっと炎が消えるように亡くなっていきました。
    一方で「延命治療はしたくない」と本人直筆の書面まであるのに、家族の希望で胃ろうを作り、意識のない寝たきりのまま家族はお見舞いにも来ない…
    本人の希望って一体何だろうと思わされます。

    胃ろうや鼻からの経管栄養を選択すると、口や喉を使わなくなるので、そこの筋力が落ちます。
    すると唾液や痰を自力で出せず、からみやすくもなるので、誤って気管に入らないようしょっちゅう痰を出さないといけません。
    鼻や口から細いチューブを気管に通し、吸っていきます。
    本人、すごくつらくて苦しいですよ。
    私たちでも、うっかり水が気管に入ると苦しいですもんね。
    これを1日何度もします。
    ベッドに縛られて、苦しい思いをして、栄養剤だけ通される日々…
    口から飲めないので美味しいとも感じませんよね。
    医療介護職はそんな現場をたくさん見ているので、自分はそんな最期は嫌だと多くの人が言います。

    迷われるお気持ちは分かります。
    ですがそれはご家族の思いです。
    お母様ご本人の元気だったころの思いを置き去りにしないであげて下さい。
    お母様は自身のどんな最期を望まれていたか。
    それを一番に考えて下さい。

    ユーザーID:3741756033

  • トピ主です。…3

    個別にお返事できずすみません。

    今日、仕事帰りに実家に寄り、
    皆様からいただいたレスを印刷したものを
    義姉に渡しながら話をしました。

    義姉の希望も延命でした。
    まだ意識があり話もする状態で
    延命しないなんて選択できないと。
    兄も強く延命を望んでいるそうです。

    皆様のレスの内容を説明して
    自分たちの気持ちより母の気持ちを優先したいこと、
    経鼻が苦しく辛いこと、
    褥瘡や誤嚥性肺炎など、痛い思いをさせること、
    だから私は経管栄養をしたくない、と意思表示できました。
    2人で泣きながら話し合ってきました。

    義姉から兄に話をしてくれるそうです。
    うまく説得できればいいのですが…

    ユーザーID:7366720747

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧