車のライト パッパッ

レス14
お気に入り16

ライト

話題

下らないはなしなんですが、車のライトをパッパッと光らせる人いますよね。

例えば、ライト付けっぱなしだよと教える為だとか、先いって良いよという意思表示なら分かりやすくて良いんですが、時々意味が分からない時があるんです。

例えば今日は私は右折車線にいて、対向車がすれ違いの手前でライトを二回パッパッと光らせたんですが、私は右折だから待つべきだし、別に対向車もスピードを緩めたりはしていなかったです。もしかしたら、私相手にしたのでは無いのかも知れませんが、一瞬なんだろうと戸惑うので、困ります。

みなさん、ライトをパッパッと光らせるの、どう思いますか?

ユーザーID:7618680621

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですね

    多分、そのケースは「道を譲る気はないから動くなよ!』という意味だと思います。
    トピ主さんが少しずつ動いていたとか、ハンドルを切りかけて停止していたという事はないですか?

    パッシングには色々意味があります。
    「お先にどうぞ」という時もあれば「この先で取り締まりをやっているよ」という時もあります。

    右折時の対向車のパッシングは「先に右折していいよ」の場合が多いと思いますが、
    「絶対右折するなよ!」という場合もあります。
    それはもうケースバイケースなので、分からない時は止まっているのが一番です。

    ライトの本来の使い方ではないのでよろしくないという意見もありますが、
    クラクションよりは穏やかな意思表示方法かなと感じます。

    ユーザーID:2653857556

  • 晴れなのにワイパー回したみたいな

    私は、手指がレバーに触れたり引っ掛けて仕舞うことがあります。
    それで時々、雨も降ってなくて、ガラスが汚れている訳でもないのに、ウォッシャー液も出さずにワイパー回してます。自分でもビックラして、すぐに止めようとしますが、逆に早く回してしまうこともあります。ウインカー出す時に限らず、ハンドルの持ち方に問題があるようです。

    意味のないようなパッパッは、ライトレバーに手指が触れたり引っ掛かったのかも知れませんよ。

    ユーザーID:6268381381

  • たぶん

    その人のパッシングは、トピ主さんに「曲がるな」と警告していたのだと思います。「お先にどうぞ」のほうが多いですが、「曲がるな」も珍しくない程度にいる印象です。どちらにしても、相手は停止していませんし、停止に近い状態でもなかったので、そのままトピ主さんが待っていて正解でした。わたしもパッシングだけでなく、相手がほぼ停止するのを見てから曲がるようにしています。

    でも、ときどき、本当に意味のないパッシングもあるようですよ。

    ユーザーID:2354331893

  • そこの貴方・・・

    「車のライトをパッパッ」は「パッシング」と呼ばれます。
    車同士のコミュニケーションで使われる手段の中でも一番手軽な代わりに・・・。
    色々な意味があって状況によっては全く逆の意味にもなります。

    一番簡単な解釈は「そこの貴方!」という呼びかけだと思えば良いと考えます。
    そのうえで、呼びかけの先にある相手の伝えたい意味が読み取れなければ・・・。
    とにかく『固まって』その場に静止が安全だと思います。

    例えば貴方が交差点で右折待ちしている時、対向車の最後尾に駐車場から進入した車が加速中にパッシングしたら・・・。
    もし、右折タイミングを図っていて「すり抜け二輪も居ないし、対向車の加速前に渡り切れそうだ。」と思っていた場合。
    「そこの貴方、先に行っちゃいなよ。」と読み取れたなら先行すれば良い。
    もし「そこの貴方!」の呼びかけの先が明確に読み取れなければ『固まって』静止していれば良い。
    更に重ねて、対向車が加速を緩めてパッシングで呼びかけたら・・・。
    今度は「そこの貴方、先に行っちゃいなよ。」と読み取れるから、先行の意思を伝え右折すれば良い。

    逆の場合もあります。
    右折待ちをするのに、停止線から少し進んで止まり、何気なく交差点の中へもう一度動いて止まる。
    そんな動きをする車も時々見かけますが、丁度通りかかった対向車から見れば恐怖以外の何物でもありません。
    そんな時のパッシングは「そこの貴方、危ないから止まっててよ!」。
    注意喚起の呼びかけです。
    しかし、恐らく右折待ちの運転者は無意識にやっているので「そこの貴方!」の呼びかけの先は理解できないはずです。
    そんな時も、とにかく『固まって』静止していれば意思疎通が成立、です。

    ユーザーID:0472652443

  • 用途が規定されていないので

    本当の呼び名は知りませんが、パッシングと呼んでいます。

    2つの相反する意味(待て/行け)で使われる事があるので要注意です。
    例えば自車が直進しており、右折車が前方にいた場合、
    (1) 自分が先に通過するから、動かず待て。
    (2) 速度を落とすか停止してあげるから、右折せよ。
    の2つです。直進側が(1)の意味で使って、右折側が(2)の意味で
    解釈すると右直事故となります。

    ですから私はこの場合には絶対に使いません。右折待ち中に
    直進車からパッシングされても、止まったまま待ちます。
    相手が停車してくれればゆっくり右折を開始しますが、その車の
    影から自転車やバイクが突っ込んでくる事が多いので十分な
    注意が必要です。

    その他の用法として:
    (前の車が異常な状態を気付かずに走っている時)
    「早く車を止めて状況確認せよ」←パッシングを繰り返します。
    (対向車がハイビームで来るので眩しくて困る時)
    「ハイビームを止めろ」←自車の前に車がいる時は、その車の
    運転者が異常事態と誤解する(上項参照)可能性があります。
    (追い越し車線をのろのろ走っている車に対して)
    「のろのろ走るならば走行車線に戻れ」
    (対向車線の速度違反取り締まりを見て対向車に)
    「この先で速度違反の取締をやっているから注意」
    (対向車がヘッドライトを点けているのを見て)
    「ヘッドライトが点いてるぞ」←最近は意識的に点けている車も
    多いので、よけいなお世話になります。
    (夜間、見通しのきかないカーブや路地で)
    「こちらから車が行くので注意」←薄暗い山道では昼間でも
    意味があります。カーブミラーがあるとより効果的。

    等々。他にもあるかもしれません。

    ユーザーID:4117687451

  • 段差を走行中にパッパッと見える事も

    平日の夜はダンナを車で迎えに行くのですが、対向車が段差を走行しているとライトをパッパッとしている様に見えます。

    ユーザーID:4073059570

  • その場合は

    そのパッシングは注意を促してるのでしょう。

    曲がるなよ!の意味しかありませんよね。

    ユーザーID:1143392838

  • 一つの可能性としては

    道路がでこぼこしていてパッシングしているように見えた、とか。
    でも他の車はそうはならなかったなら違いますしね。

    危ないよ〜ならクラクションでしょうし。
    私もちょこちょこ運転しますけど(運転歴20数年です)
    危ないよの意味でパッシングはあまり、というかほぼないです。
    でも他の方のレスを見るとない事もないようですね。

    私はやはり「どうぞ」の意味でしか使いません。
    昔田舎に住んでた時にハイビームにしっぱなしの人に対して
    「眩しいですよ!」の意味でパッシングする事もありましたが。
    後は警察のネズミ捕りを見かけた時とか…。
    それくらいかなぁ。
    交差点で右折車が出てくるかも?危ないぞと思ったら
    やはり私ならクラクション鳴らすと思いますね。

    ユーザーID:3757628286

  • 最近やるのは

    「ハイビームまぶしいんじゃー!」って意味でパッシングすることがあります。

    「ハイビームが基本」とだけやたらと喧伝されるようになってきたので
    対向車がいようが前走車がいようがお構いなしでハイビームの車が増えてきました。
    まぶしすぎて視界が遮られたりミラーを見られなかったりして迷惑です。

    主様のケースがそれとはいえないだろうとは思いますが。

    ユーザーID:9984368879

  • これだけでは分からない

    パッパのパッシングですけど、たぶん右折しようとしている
    あなたに「それ以上出てくるな」あるいは「そこまで出てきたら
    邪魔だろ」的な意味合いだろうと思います。

    よく交差点で右折待ちの先頭車両が車の鼻先を必要以上に
    右に向けて待機しているのを見ます。それじゃないですか?

    片側2車線以上の大きな道路・交差点なら
    対向直進車の直進に余裕はありますけど、
    狭い交差点・道路でそれやられると、対向直進車も
    とまどうんです。そう思うことは私も時々ありますよ。
    「おい、出過ぎだろ」って。

    もしくは右折待ちしているあなたの右側後方あたりに
    二輪車が右折待機していて、飛び出しそうだったりとか?

    ここで言えることは推定であって本当のところは
    分かりません。あなたに向けてのパッパならあなたに
    なんらかの問題があるのは確かだと思います。

    ユーザーID:5958543658

  • それは

    この先ネズミ捕りやってるよ!と教えてくれたのかもしれません。

    ユーザーID:3934592754

  • 注意喚起

    警笛鳴らせ、のような意味合いだと思います。
    しかしパッシングは、受け手側の勘違いもあるので油断は禁物でしょう。
    ちなみにフットブレーキを5回踏んでテールランプを光らせると、
    「ア・イ・シ・テ・ル」のサインになります。

    ユーザーID:3602237478

  • 前に出過ぎだったのでは?

    右折車線でジリジリ動く車が今にも出て来そうとか、
    出過ぎで危ないとかしゃないんですか?

    自分では出ていないつもりでも、わからないですからね。

    ユーザーID:9098441585

  • 出すぎてたのかな

    右折待ちの交差点でパッシングですか、
    ・車体が斜めになりすぎてて頭が出すぎちゃってた、
    ・歩行者信号が赤になってメインの信号は黄色になりそうだけど
     こっち(相手)は止まらず行くからそのまま待ってろ
     って言いたかったのか。

    どっちかだと思います。

    私は通勤途中のカーブの手前でよくやられますが
    これは
    『この先でネズミ捕りやってるから気をつけろ』の
    サインです。

    ユーザーID:0606078438

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧