東大に受かる子は何歳から才能を発揮しだすの?

レス58
お気に入り315
トピ主のみ0

ゆうくんママ

子供

このトピのレス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あのぉ〜、

    東大って”才能”で入るモノじゃありませんよ。
    まぁ、一部にはそういう人は居るのだと思いますけど、
    多くは子供のころから”努力”して入るモノですよ。

    何か盛大な勘違いしてませんか?

    ユーザーID:4448046006

  • 子供のころから成績は良かった

    夫が東大出身です。
    小学校のときから、ずっと成績は抜群だったそうです。
    中学までは特に塾にも行かなかったそうですが、それでも問題なかったらしいです。

    おかげで姑が鼻高々で面倒くさいです。
    同じく東大出身の夫を持つ友人は、子供の成績が悪ければ妻側のせい、成績が良ければ自分の家系と言うんだよね、と言っていましたが、うちもそうなりそうで、げんなりします。

    ただ、私の経験からいうと(私も進学校出身)、小学校ですごく成績が良かった子でも、失速というか、途中で伸びなかった子も多いですね。
    親が締め付け過ぎちゃったのかも。
    あんまり親がやらせすぎるのも良くないのかもしれませんね。

    ユーザーID:1907269298

  • 就学前から賢いのは事実

    実際に東大に行くか、国立大医学部医学科に行くか(行けるか)かは別として、
    賢い子は小さい頃から違います。
    理解力、記憶力は幼稚園の頃から高いです。

    ただその時期の「賢い子」って結構たくさんいます。

    公立小学校の勉強でつまずくことはないし、先生の話を聞いて問題なく理解する。
    だけど、そんな子はイッパイいます。
    親も自分がそうだったんで、その程度は当たり前だし、
    ネットでも「当たり前」とか言われます。

    でも実際はなかなか100点採れない子どもさんは大勢いるんですけどね。

    100点ばかりの子の全部が東大に行けるわけではなくて、その中から東大レベルに行ける子が現れるという話。

    残念ながら、幼稚園の時点で賢さがないなら東大は無理でしょう。

    ただ誤解なきように。
    その賢さって本を読むとか知育玩具に興味を持つとか、そんな事ではないです。

    IQ テストでも受けさせたらいかがですか。

    ユーザーID:7751780658

  • いたずらっこだった

    東大を卒業した甥がいます。甥が3歳の頃は、知育玩具には興味を示さなかった、というか、知育玩具自体持ってなかったように思います。ウルトラマンが大好きで、いたずらばかりする、手のかかる子供でした。体力が有り余ってましたね。平日の夕方、保育園から帰ってくるといつも、親を相手にウルトラマンごっこをしてたようです。仕事で疲れているのに付き合った兄夫婦もえらいと思いますね。週末は、大きい公園で1日思いっきり遊ばせてもらってました。本なんか全然興味がなかったんじゃないかなあ。勉強で頭角を現したのは、中学受験塾に入って3年目。6年生になって急に伸びたみたいです。それと、とにかく体力があるので、中学受験でも大学受験でも有利だったようです。

    今から大学受験のことなんか心配せず、たくさん遊んであげてください。

    ユーザーID:4038659706

  • 中学までは変わった子供と言われ…

    主人がアメリカのアイビーリーグで大学、法科大学院、博士を修了しています。
    義母によると、中学生まではパッとしない子供というか、目立たないおとなしい子だったそうです。
    友達とわいわい遊ぶことが苦手で、一人で本や映画などに集中することが好きだったそうです。
    主人が難しいことを一気に話すので、同級生とは話が通じずいつも孤独だったと聞きました。
    これは今でも変わらないのですが、相手の学力レベルを計れずに、大量の情報を一気に放出する話し方です。相手のうんざり顔も無視です。
    相手が話に乗ってこないと「分かりやすく話したのになんで?」と思っていたようです。

    高校生になって、義両親が彼にアドバイサーをつけたのが変化のきっかけでした。
    アドバイサーは医師をしている近所のお兄さん的存在の男性だったそうなのですが、この方のおかげでその集中力の使い方が分かったと言っています。
    また、勉強していると同級生からガリ勉と呼ばれることを嫌っていたのですが、勉強はいくらしても良いんだと思えたそうです。
    アドバイサーを通して、年上の同じような学力の人達と知り合い、人と共感し合うという体験を始めてできたことも大きな出来事だったようです。

    今、私と話していても、人とのコミュニケーションはややおかしい時があります。
    そこを否定しないでいると色々なことを話してくれます。

    テストのために徹夜はしたことがないそうです。
    幼少期から大人になった今でも、睡眠時間は最低でも夜9時から朝6時。
    これが少しでも欠けるとものすごく体調を崩します。

    ユーザーID:0224356487

  • 私は幼児期、夫は中3夏

    夫婦とも進学塾や私学はナシです。東大や国立医学部に入る程度でよければ、そんなに難しくないと思います。興味を持って進学したいと思うかどうかではないでしょうか。どちらも初孫で、5歳くらいまで祖父母や親戚などたくさんの大人に囲まれて刺激が多かったのは確かです。

    ユーザーID:0631800552

  • 幼児期のは「今にして思えば」程度

    周囲にそういう人、たくさんいますが・・・

    親御さん目線の話で、ほかの子より優れているかも・・・という幼児期の
    場合は、別の意味で心配だったという方が居るかな・・・やっぱりその後、
    勉強はずば抜けてできたんだけど、性格的にこういう特徴があって心配や
    苦労した・・・といった感じ。

    ほかは親御さんでも・・・まあそういう賢いお子さんの親御さんなので、
    他所での話言葉に気を付けているのでしょう、普通に元気なお子さんだった
    とかのおもしろエピソードくらいしかききません。


    本人の弁・・・ですと、それまで目立って出来るとかはなかったけど、小3
    から他との理解力・学力の差を感じた、という人がいます。
    この「小3」って、落ちこぼれる子もここですよね・・・。私がそうでした。

    そしてうちは田舎なので、皆スポ少です。やってることはその後高卒になった
    子とみな一緒。

    中学では明らかな差がはた目からもわかります。定期テストでばんばん評価
    されますものね。


    皆、○○をやっていたから・・・ではなく、そもそもそういう頭の出来
    なので、興味がそっちに行きやすい、一度見聞きしたことを覚えているなど
    素質が大きいです。

    中学ではがっつり部活動をしていますが、そういう子は囲碁や将棋も、優秀な
    子同士で合間合間で楽しんでいました。
    まあ話してると頭いいなって感じだし、考え方があか抜けてるよね。。


    いや、うちの息子もね、いかにもそういうエピソードってあるんですよ。
    のちに東大でも入ったら「やっぱり!」なんだろうけど、まあ普通に
    成長して「子供って好奇心旺盛よね」になるんでしょうよ。


    まあさ、子どもにとって心身ともに心地よい環境が一番伸びるよね。
    興味ないなら、いいじゃない。

    ママにはゆうくんがいちばんよ!

    ユーザーID:5575642329

  • むしろ・・・て例を2人知ってます

    一人は女性
    まず、言葉がでるのが遅くて、親は非常に心配していました。
    3歳になった頃に、いきなり喋りだしました。
    中学では賢いと言われ、高校では国の特別な選抜プログラムに選ばれてました。
    塾なしで国立医学部。東大医も狙えるのでは?の成績でしたが、
    本人は「自分がいいと思った」という大学で選んでました。

    もう一人は男性
    こちらは小学3年生くらいまで、
    なにかと反応がにぶくて、鼻をたらしたまま喋ったりと
    周りは口には出さないけど「これは・・」と思ってました。
    「お気の毒」と陰でいう近所の人もいました。
    が、小学中学年でまず将棋に夢中になり
    その後は、勉強に興味を持ち成績急上昇。
    東大合格者数トップ3の難関私立男子校に合格→東大でした

    作家の橋本治さん(東大)がエッセイで、
    「自分は小学校で先生に愚鈍と思われていた」と
    当時のエピソード付きで書かれていたので、
    他にもそういう例はあると思います。

    ユーザーID:8955415236

  • 私の弟

    東大の上位3%位にいる天才ではなく、東大の上位10%内にいる秀才の人ですが。

    言動が賢いなー。とは、幼い頃から感じていたが、他の子と比べてどのくらい賢いかは解らなかった。
    小学校以降は、勉強が面白く、与えられた課題やドリルだけでは物足りない様子だった。
    中学高校では運動部で主力となり励んでいて、必死に勉強してる訳でもないのに、高2の時に東大模試のA判定が出ていて、
    その時に「秀才は特別勉強なんかしなくても東大に行けるんだな」と思った。

    でも、その彼に言わせると、
    僕は秀才だが天才ではない。上位数%の天才は、医学書でも六法全書でも、一度サラッと目を通しただけで内容を記憶しているよ。と言う。

    どれも、凡人の私には解らない。
    でも、そういう人間が、東大京大に行くんだな、と思った。

    ユーザーID:3146200229

  • 2歳で感じました

    知人の2歳になりたての子供の頭の良さを感じたことがあります
    一緒に訪問した友人と、あれが天才ってやつかと喋った事があります
    ただ、東大なんて行かなくてもほかの才能があればそっちを伸ばせばいいと思いますよ
    むしろ最近思うのが、頭良くて打たれ弱い人より、勉強出来ない打たれ強い人の方が生き残ります
    前者は最悪一生ニート、後者はつつがなく生活します

    ユーザーID:1343559589

  • 大器晩成型もいる

    ある東大出身の男性は有名私立出身でもなく、中高公立で予備校や塾など、一切行かない環境で現役で東大に合格したそうです。
    本当に頭が良い人っていうのはそういうもんなんだな、って思いました。

    あと、私の従兄弟は幼児期はボーとしたタイプで知能検査も普通。
    小学生時も兄(兄の方は幼児期から覚えがよく、いつも成績が優良だったそうです)に比べて成績は普通に近く親にあまり期待されていない子でした。
    でも、中高になってメキメキ成績が良くなり、高校時代には兄より成績優秀になりました。
    結局はその従兄弟は国立大学の理系の学部に現役合格。
    兄の方は某私立大学に2浪でやっと合格して入学。

    あんまり小さい頃の出来や成績は当てにはならないのかなと思います。

    思えば、私の小学生時代のクラスにも幼児期は覚えがよく、小学生で有名塾に通ってかなり優秀な成績で将来は医者になるだろうと言われていた子がいたけれど、なぜか中学受験にとことん失敗して最終的には某私立のFラン大学付属に行く羽目になり、結局大人になっても医者になれず、
    という例があったので、小さい頃だけの賢さだけであまりお子さんが優秀だと勘違いしない方が良いのかもしれないと思います。

    うちの母親曰く、その子の親御さんは受験前は「うちは小さい頃から出来が良かったので、親としては安心、将来は女性医師になると本人が言っているんです」と、会うたびに挨拶ついでに自慢していたらしいですが、受験以後は顔をそむけて挨拶もせずに、そそくさと家に逃げ帰るような態度になったとか。

    同学年の周囲の親達にもその親御さんの自慢が過ぎてよく思われていなかったらしく、中学受験の失敗を「親馬鹿すぎ」とか裏で言われていたそうです。
    ただ、子供本人はかなりショックを受けていた様子で、教育熱心すぎる親のプレッシャーのせいだったのかな?と可哀想に思いました。

    ユーザーID:7943036410

  • いろんなタイプがいます

    私は、40代女ですが、公立の中高から現役で東大に進学しています。大学院に進み、博士号を取得するまで、どっぷり10年近く東大にいましたので、のべ100人をこえる東大生と知り合いです。私は現在、研究職です。

    結局いろんなタイプがいますので、生育歴についてはプロトタイプは抽出しにくいかも。
    幼少期から「天才」と言われてきた人も確かにいますが、後伸びで高校ぐらいから非凡なところを発揮した人も少なくありません。

    ただ、私含め全員に共通すると思われる特性は、
    「複雑なことほどおもしろいと感じる」
    です。
    簡単に理解できることを好みません。おもしろくないから。
    ファジーで複雑なことが楽しいのです。この点だけは例外がありません。

    親が「複雑なことや難しいことは面倒」というタイプだと、子どものそういう側面をつぶします。
    私は幼少期、祖父や父(ともに東大出)によく遊び相手をしてもらいましたが、当然、市販の玩具などで遊ぶはずもなく、時間つぶしとしか思えない遊びばかりしていました。が、今、思うと思考の鍛錬でした。

    用途の定まった知育玩具に興味がないのは、見込みあると思いますよ?

    ユーザーID:5940244132

  • 割と早くに決まる

     これは某都立高校の校長が言っていたことなのですが、東大合格レベルの子は、入学時点で8割決まってるそうです。某都立高校の東大合格者は当時およそ、定員の10%くらいだった(それでも急増と評価された。その前は一桁だったから。今はもっと多く15から20%かな)、つまり入学時の上位10%だった子が大抵、そのまま行くそうです。

     つまり下からの逆転は2割以下だと。これが中高一貫校だと、最初から・・という割合はもう少し下がると思いますが、要は後からの逆転は思ったより少ない、どの学校も最初に、どれだけ優秀な子を取れるか、にかかっている。これは予備校の先生も同様の意見でした。身も蓋もない話ですが。

     これを個々の小中学校まで落として考えてみると、一般論としてはできる子はかなり幼少期からできる。スタートライン時点ですでにかなり違う、平凡な子がトップレベルまで大逆転起こすケースは非常に稀と思っていいでしょう。かと言って最初から諦めて何もしないのはもっと最悪な選択ですけどね。

    ユーザーID:1990568451

  • 東大の凡人は努力で入る

    我が子が東大生です。
    まあ、中学、高校とある程度できる子でしたが、特に才能を感じたことはありません。
    保育園育ちだし、英才教育もしていません。東大生といっても、普通に勉強して努力で入った凡人だからでしょうか。
    強いていえば、中学くらいから自分で計画を立てて勉強することができる子だったかなぁ。

    トップクラスの東大生は、小学生で高校レベルの数学や物理を使っていたりと、やはり違うみたいですよ。

    凡人東大生でよければ、自己肯定感のある精神的に満たされた子に育てれば、小さいうちは好きなことやっていて良いと思います。

    ユーザーID:1352099550

  • まりもっこりさんとちょっと似ています。

    うちの主人もあまりみんなとワイワイ楽しむ方ではなかったです。
    加えてうちの主人は今でも変人扱いされています。
    中学まで人と遊ぶということをあまり知らなかった(というかできなかった)ようです。

    うちも、東大からアメリカのアイビーの大学院に行き、そこで修士、博士号をとり、
    今それを生かして仕事をしています。
    小さい頃から塾は行かなかったのに、すんなり東大入ったので主人の母はそれを今でも自慢します。

    子供達には主人の頭の良さが遺伝するといいけれど、なにせ私、、、普通の大学を出ているので
    大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    ですが私の父も東大を出ていますので、隔世遺伝してくれればいいのかな、と。

    子供達はまだ小さいのでわかりません。
    どうなるんでしょう。

    ユーザーID:0173153130

  • 後から伸びる子もいるが

    大抵は1歳〜2歳くらいには分かります。

    それと失礼ですが、DNAも大事なので、だいたい親の能力に比例しますよ。ご両親が東大出なら、子どもも東大って多いです。

    ユーザーID:8267569208

  • 本人の興味が無いとね・・・

    学歴に限らずですが,結果に結びつくには『向き不向き』と『興味』と『掛けた時間』が影響しますから。
    東大だと毎年3000人合格するので,勉強に不向きでも入れる人も居るぐらいの数ですね。
    ただ,興味と時間は絶対的に必要かと思います。
    (ごく稀に興味も時間も極端に少ない人も居ますが,特殊なので考えないことにします。)

    この興味が厄介で,本人しかわからないですし,むしろ本人もわからないのです。
    勉強を嫌々やってると,東大どころか目の前の成績も上がりません。

    お子さんにとって,勉強が大事なのかどうかを見守るのが親の一番の役目だと思いますけどね。

    ユーザーID:1751434741

  • 残念だけど

    国立医学部息子がいます。
    それは、残念ながらハイハイしだした頃からなんとなく他の子(兄弟)とは違うとわかりますよ。
    凡人から努力で伸びる子もいるだろうけど、その努力は全てを犠牲にしなければならない程だと思います。
    理由は、地頭が良い子も更に努力するからです。地頭が良い子は努力も出来るから怖い。
    うちは3兄弟中一人だけが優れて頭が良かったのですが、同じ親が育てても生活自体が違います。
    テスト前に勉強する時間が無いと言いながら一時間を生かす能力も違うし、疲れた時のストレス発散方法も違うし、睡眠で得る休息レベルも違う。
    他の2人も決して馬鹿ではありませんが、いくら努力しても医学部の息子の様にはなりませんでした。
    ちなみに、国立医学部に入った子が一番教育費がかかってません。
    それなのに将来稼ぐ賃金がおそらく一番多くなるでしょう。
    そして3人中、一番教育費をかけた息子が一番偏差値低い高校に行ってます・・・
    この子は将来「一生親の金で生きていかせてくださーい」と言う様な馬鹿息子に育ちました。どうしましょう。

    ユーザーID:5107586902

  • 東大ねぇ

    東大に受かるだけでよいなら、才能はなくても、勉強さえすればなんとかなります。

    ユーザーID:6131144062

  • 中学受験でわかります。

    それはもう、残酷なくらいにハッキリと。

    筑駒や御三家、神奈川や千葉、埼玉のトップ校に受かるだけの頭脳があれば、東大合格する可能性は高いでしょう。
    もちろん、それらのトップ校合格を果たした学生たちが、全員東大へ行けるわけではありませんが。
    それでも、そのレベルに達しているという事は、天才でなくとも秀才であり、勉強に向いている頭を持っている、という事がわかります。

    また、難関中学に惜しくも届かないレベルなら、中堅中学で6年間トップをはって東大へ合格する、というお子さんも多いと思います。
    もしも中堅中なのに平均以下の成績しかとれなかったなら、あまり勉強にむいていないタイプなのでしょう。

    子どもの能力は、この時点でわかる!というものではありません。
    長い時間をかけて成長し発達していくので、親も長い目で見ていくことが必要です。

    ただ、向き不向きは幼稚園年中くらいで、もうわかると思いますよ。
    勉強が嫌いでない子は、公文や学研の教室で楽しそうに習っていますから。勉強が苦手な子は退屈そうにしていたり、教室を辞めたがったりしていました。
    その子どもたちは同じ小学校へ行きましたが、中学受験で見事に分かれましたよ。
    ただ、勉強が苦手な子でも、親が上手に関われば違ったのかも?とも思いますが…。まあすべては結果論なので。

    勉強向きか不向きかは、年中〜年長さんくらいでわかり、
    勉強ができるかどうかは、中学受験でわかると思います。

    ユーザーID:8595283789

  • 行かれないのはわかる

    行ける子はわかりませんが、わが子が東大に行けるような子ではないことは、自然とわかります。
    まず、第一に、親がそれほど優秀ではない。
    これは、親の学歴ではなく、基本的に頭がいいかどうかです。
    まあ、頭のいい人は高学歴かもしれませんが、頭が良くても勉強せずにという人もいますので。
    高卒でも、本来賢い人は、確かにいます。
    それから、子供を見ていれば、本能的な理解力みたいなものがあるかどうか、見えてきます。
    頑張らせて頑張ってなんとなく成績が良くても、中学くらいになるともともとできる子とそうでない子は明らかに違ってきちゃうのですよ。
    平凡な子は頑張っても、学年1位にはなれない。せいぜい一けた台に入るくらいかな。
    まあ、あまり期待せずによくお子さんを観察して、勉強に向いてそうだと思ったら親も頑張ってみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:1005356845

  • それもまた才能だったりする

    >才能はなくても、勉強さえすればなんとかなります
    コツコツと勉強するという才能は必要でしょう。
    たいていは欲に負けて遊んでしまい、勉強できないから東大に行けないんですからねぇ

    ただコツコツと勉強する才能は家庭環境で後発的に養うことができるカモってーのがミソかな?

    ユーザーID:4610348138

  • 賢そうに見えない子がずっとそうとは限らない

    私自身を含め、東大卒の多い家系です。

    私は栴檀は〜タイプ。
    幼少期に見知らぬおじさんから「小学校受験しなさい。国立も名門私立もこの子なら余裕だから」と言われたり。
    作文・絵画・工作・スポーツで数々の受賞歴があり、区立小中では優等生、都立トップ高を経ての東大。

    が、妹は小学校入学当時は名前すら書けず、母が必死で教えていました。
    弟は校長室への呼び出され常連組で、悪友が大勢いました。
    二人とも真剣に受験に取り組んだのは高3の夏休み以降ですが、奇跡のような東大合格を果たしました。

    母は小さい頃に賢い子はずっと賢いけど、
    そうでない子がずっとそうではないとは限らないと言っています。

    ちなみに我が子たち。
    上の子は生まれ落ちたその瞬間から賢そうな目をしており、何でも理解している雰囲気が。
    1歳から預けた保育園でも「ここまで賢い子は初めて」と騒然とされ、
    干支や寿限無などを毎日のように教えてもらってきていました。
    中受は塾なしで私立御三家、都立御三家どちらも合格、
    でも本人希望で自宅から徒歩で通える共学私立に進学し、特待生で授業料免除されてます。

    下の子はこんなにも賢さが違うのか!と逆の意味で驚きましたが、
    生活力がバツグンなので何の心配もしていません。
    東大だの医学部だの日本内での学歴にこだわるほどナンセンスなことはないですからね。
    子どもたちの時代は労働力も税金も搾取されるだけなので、さっさと海外に出す予定です。

    ユーザーID:4128873898

  • 客観的な観察かどうか

    東大に進学した当事者です
    自分は両親にとって一番上の子、両親双方の親にとっても初孫で、周囲に比較対象となる子供がいなかったので、どの程度周りと違うか、というのは、親本人にとってもよく分からなかったようであります
    集中力は小さい時からすごかったわよ、とはのちに思い出話として聞きました。
    小学校に入り、先生から、この子は授業中もボーッとしていることが多く、授業についていけてるのか心配だったけれど、テストやると全部正解でした、と報告を受けたり、知能テストの成績が非常に良い、というような話を聞いて、集団にはあまり馴染めておらず体の動きもいまひとつ機敏ではないけれど、脳の回転数は高い方のようだと認識した、というような話を、もう少しオブラートに包んでですが、後年母から聞きました。
    この子は◯◯のようだ、と親が思ったとしても、どうしても比較対象は限られますから、ある程度客観的な目で見ての判断が入らないと、どんなコメントも信ぴょう性は高くないんじゃないかなと思います。
    その後、中学受験を経て大学受験、という経過を経ましたが、もちろん、それなりに勉強はしましたけど、世間一般のイメージする「すごい努力」「ガリ勉」という評は、実感とは違うなと思っています。ちなみに、そこまでお金もかかってないと思います。
    確か本で読んだ気がするのですが、同じ程度の努力を「ものすごく努力した!」と受け止めるか、当たり前に努力した、と受け止めるかは、人によって異なるそうで、学力の高い集団に属すると普通の努力のレベルが高い、そういう点で、学力の高い、あるいは自分にあったレベルの集団に属することは意味があるそうです。
    誰でも得意なことや好きなことに対する努力はあまり辛いと感じないわけで、勉強を苦行とかノルマにしない、ということが大切なのかなと思います

    ユーザーID:3145077962

  • 場合による

    従姉妹が2人とも東大(学部・院)卒です。従姉妹が言うには、東大には小さい頃から塾・塾・塾で家でもフルタイムで自分を管理する教育ママに育てられたタイプもいれば、田舎でのんびり育ち、公立の進学校から予備校も行かず東大に受かるタイプもいるそうです。
    ケースバイケースでしょう。ただ、従姉妹たちの家庭は同居の祖父、父親・母親(研究者と医者)が全員東大卒。ちなみに叔父(従姉妹たちの父親)の兄弟たちも全員東大です。

    お子さんの将来の大学を考えるといっぱいいっぱいになってしまう若いお母様たちは東大(または公立医学部、しかしなぜこの二つを並べて考えるかは不思議です)に入れるかどうかまでしか考えていないでしょうが、東大を卒業してからの人生の方がずーっと長いです。本当に長い目で見て子供が幸せに感じる人生を送れるように、見守ると言うことが必要だと思います。

    ユーザーID:1211235716

  • 天才だとして、親が理解できるか

    例えば天才と呼ばれる人は数学や物理の数式が映像化されているといいます。そうでない凡才はただ公式を覚えるしかなく、せいぜい試験問題を解くくらいしか出来ません。人類の未知の世界を見ることが出来る、未知の問題を解決する力を持つ人間かどうか、が知能の捉え方であると思うのですが、トピ主さんの知りたいことは試験上手かどいった話ですかね?ここがボケると遺伝派と努力派とが違った回答しますよ。

    ユーザーID:5109218131

  • 同級生の話

    幼稚園5歳のころ、お手紙交換が流行りました。

    女子のほとんどが「**ちゃん こんどいっしょにあそぼうね」と書くところ
    賢かった一人の子は「すっかり日がみじかくなったね せめて5じくらいまでは
    こうえんであそびたいよね そのあとうちにおいでよ」
    のような長文を書いてよく話題になりました。

    東大理3ストレート、予備校の車内広告にアップで出たとき誇らしかったです(笑)

    ユーザーID:2893910693

  • うちの夫は普通

    東大出だし、日本で最難関の資格保持者だし、有名どころの顧問してるし、賢いんだろうなーっと思って結婚したら、あんまり賢くなかったです笑

    もっと賢い人いっぱいいるし、なんか東大出て弁護士でえーーって感じ笑 当たり前のことばっかり言ってくるし、普通みんなが知ってること知らなかったりするし。

    でも、すごいなと思うのは粘り強さ。諦めない。努力を努力とも思わないで淡々としている。辛いとか苦しいとかマイナスの感情があまりなく、淡々としている。
    難しそうな本を読んでるのに楽しそう。
    私が楽ばっかりしているのに決して流されない。人は人、自分は自分。
    どんな環境でも仕事ができる。子どもの相手をしながらなど。
    どんな環境でも眠れる。体力がある。元気。
    激務で深夜帰宅なのに家事も丁寧にしてくれる。私は専業主婦です。

    人間としてすごいなと思います。

    幼少期は普通だったらしいです。
    高校は二番手の進学校の中レベルだったそうですが、高校の先生からお前は東大にいけると言われ、勉強したら受かったみたいです。受験勉強は楽しかったらしいです。
    司法試験も楽しかったらしいです。

    私は逆に幼い頃から天才とか賢いと言われ続けて大きくなりましたが、凡人以下です。

    ユーザーID:4171515372

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧