同じ本、最高で何冊買いましたか?

レス27
(トピ主1
お気に入り37

趣味・教育・教養

プー

大好きな本があります。
ですが今は絶版でプレミアがついており、
アマゾンでは定価より2000円近く高くなっている状態です。
なので定価か定価より安い金額で見つけるたびに買ってしまい、
気づけば6冊になってました。
読むのは一冊だけでその他の本はビニール袋に入れて段ボール箱の中に保存しています。

その本以外にも好きな本は2冊3冊と買ってしまうことが多いです。
基本的にプレミアがついていて中古で定価より高い相場のものが、定価より安く売っているのを見つけた場合ですが・・・。

みなさまは気に入った同じ本を最高で何冊買ったことがありますか?
また買った後大切に保存していますか?
それとも周りの方に配ったりしていますか?

同じ本が何冊もあるおかげで一冊を安心して読めるのですが、
自分が死んだ後同じ本が何冊も出てくるのかなって思うと
ちょっと恥ずかしいです。。

みなさま最高何冊買ったか、そしてその後その本たちをどうしているのか教えてください。

ユーザーID:8000920535

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 2冊かな

    しかも、気に入ったから買ったのではなく、紛失したり、間違えて持っているものを買ってしまったから。という理由です。

    重複しているものは多分実家に置いてあります。捨てられてなければ。

    トピ主さんが6冊も買ってしまうほどお気に入りがとても気になります。
    キャンディ・キャンディ?

    最近古本を売っている店でも私にしたら新しいものばかりで、
    私が欲しいくらいの時代の物は古すぎて売っていないようです。
    断捨離は難しいです。

    ユーザーID:8588202218

  • いつも本を読んでいますが

    読書家ですが、本は溜めない主義です。
    読んだらさっさと捨てます。
    引っ越しの際にエライ目にあったからです。
    それらの本は全て処分しました。
    図書館で借りたら?と言われますが、図書館では1ヶ月から3ヶ月待ちとかザラです。

    カミュの異邦人は文庫で5回くらい買ったかな。
    思い出したように読みたくなる。
    流石に5回目には(この本は捨てるのはやめよう)と思いました。
    同様にアラン・シリトーの長距離走者の孤独も3回は買ってる。

    たまに本を購入後(あれ、この本前に読んでる)と思うことが往往にしてあります。

    うちには本箱がありません。
    時々、遊びに来た人が「本読まないの?」って言われます。

    ユーザーID:3664517473

  • 意味不明

    なんのために、何冊も買うんですか?

    本は読むために買うので1冊あれば充分です。
    それを繰り返し読んだりはします。
    読んだことを忘れて、また買ってしまったことはありますが2冊までです。
    それ以上増やす意味がわからない。

    プレミアがつくということは、転売目的ですか?
    だったら、適当な相場を見て売らなければ意味がありませんよね。

    単にコレクションということ?
    でも、ダンボールに入れてしまうんですよね?
    じゃあ、背表紙を眺めて楽しむわけでもない....。

    周りに配る???
    興味のない本をもらっても、うれしくありません。
    というか、読まないですよね。
    もらったことはありますが、読まずに売り払いました。
    本ってそういうものじゃないですか?

    1冊は読むため、もう1冊は保存用にしている人は知ってます。
    まあ、そこまでは理解できなくもないですが。

    ごめんなさい、本当に意味がわかりません。

    ユーザーID:3556243933

  • びっくり!!

    あの〜同じ本何冊もどうやって収納してるの?
    1冊だって、定期的に処分しないと大変なことに
    なってしまうのに!?
    ご質問の答えは、
    間違えて同じ本買ってしまった、最高記録が3冊です。
    敢えて同じ本買ったことは0です。

    ユーザーID:6297939803

  • 2冊かな

    同じ本は一冊しか買いません。
    せいぜい単行本版と文庫版、破損したため買い直す 場合のみ。
    なので買っても二冊。保存用には買わないですねぇ。
    読まない本は無意味って価値観です。
    どちらかというとコレクター気質なのですが、本のコレクションは各一冊で十分です。
    同じ本を買うなら違う本が読みたい。

    でも、保存用に欲しいって気持ちもわかります。
    まっさらな綺麗な状態の本って気持ちいいですよね。
    ただ、それをするお金も場所も私にはない。

    ユーザーID:0366399686

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 間違えて買ったパターンで、

    最高2冊ですね。

    田中芳樹さんの「創竜伝」のみ、新書と文庫を買ってます。
    文庫のイラストがCLAMPさんなので。保存用にしてケース入りですが。

    ユーザーID:1657640155

  • 最高12冊

    友人が商業出版で本を出したので1ダースまとめ買いしました。そのうち1冊は手元に残っていますが、あとは周囲の方々に「良い本なので」とお渡しした記憶がありますが、どなたに渡したかは全く覚えていません。

    意識的に買ったのはそれに加えて旅先で読んだことのある本を見かけ、どうしてもすぐに読みたくなった時くらい。最近は無意識で同じ本を買っていることに何度も気づき、へこんでいます。

    ユーザーID:4767789992

  • ふふふふ面白い

    持っていることを忘れてうっかり買っちゃった系でなく、
    あえて買う系ですね。

    トピ主さんのコレクター気質、私にもあるのでお気持ちよく分かります。
    他の人に買われるくらいなら!とつい買ってしまうんですね。
    それでも私は3冊かな。

    よくあるパターンは

    (1)文庫
    (2)単行本
    (3)洋書(作者の国の言葉のもの、もしくは英語)

    ここに初版が登場してしまうと4冊に、
    海外の作品だと、翻訳者違いで5冊目に、
    装丁違いで6冊目に、
    と、増える要素はいっぱいあるのですが
    今のところ3冊で抑えられています。

    本ではないですが、
    映画ではVHSとDVD、
    音楽ではCDとレコード
    好きなものはメディア違いで同じものを複数持ってしまっています。。。。。

    ユーザーID:9553849989

  • 4冊かな…

    大学生の頃に買って読んで、しばらくして見失ったかなと思い買って、好きな人にプレゼントしたくなって1冊買って、プレゼントした記念にきれいなまま置いておきたくなって1冊、子育てが落ち着いてまた読みたくなってまた買って、あれ?何冊でしたっけ。

    家のいろいろなところにおいてふと思い出したときにめくります。

    ユーザーID:8590425888

  • 4冊

    買ったのは3冊ですが


    松田道雄の「育児の百科」という本。

    今から25年前に息子を出産したとき、うちの母が私を生んだときに買った初版本をくれました。

    とてもよい本でしたが内容が古く、そのとき「新版」が出ていたので買いました。
    そのあと「最新」が出たので買いました。

    著者の松田氏が亡くなり「定本」が最後だと思い、もう幼児の育児からは卒業していましたが、買いました。


    育児書ですが、私は人生哲学の本だと思っています。

    ユーザーID:6579520840

  • 最高で4〜5冊かな

    トピ主さまこんにちは。

    持っていることを忘れていて買うのはしょっちゅう(笑)、今すぐ読みたいのに
    本の山に埋もれて発見できなくて「しかたなく買う」のも時々。

    「あえて買う」系では、ある文筆家さんのご本は「初版単行本」「文庫」を基本として、
    表紙デザインが変わったり新装版が出るごとに買っていて、それが最高で4冊か5冊です。
    初版単行本の誤植がその後のものでは直っていたり、表現が少し変わっている(コンプライアンス
    関連の変更かな)ところなどがあったりして、重箱の隅をつつくように楽しんでおります。
    あと、後から出るものには新たな「あとがき」等が追加されていて、それも楽しんでおります。

    あと、コトリさまと同じく、とても気に入った翻訳物の場合は原書を入手します。
    これは英語限定で、翻訳文を読んで気になった箇所は原文ではどうなっているのかを確かめるという
    楽しみがあります。

    横ですが、コトリさま
    音楽系を複数買ってしまうというのは、私も音楽ファンなのでよくわかります。
    私の場合、あるイギリスのロックバンドのアルバムでアナログ、CD、ボックスや
    ブルーレイオーディオ、ハイレゾ等、10枚以上所有しているものがあります。
    コレクターなもので(笑)。

    ユーザーID:9595988582

  • 少数派だったんですね

    「あるあるだよね〜!」
    と思い、一度レスをした者ですが、皆様のレスで、案外、少数派だったことがわかりました(笑)

    私は、海外文学みたいな本もいろんな訳が読んでみたくなって同じ本の違う出版社や別の訳者の文庫を購入してしまいます。

    村上春樹さんのエッセイに、村上さんが海外の作家さんを訪ねたら書斎に谷崎潤一郎「細雪」か何かが沢山並べてあり、理由を尋ねると
    「お客さんにそうやって質問してもらえるし、それでこの本の素晴らしさを語れるし、それを訊いた人にプレゼントできるから」
    とにっこり応えてくれた…みたいな話があったのを思いだしました。

    また、村上さん自身も「グレート・ギャッツビー」を何冊も持っていて、ふと手にとってどこかのページをめくる、みたいな話があったように思います。

    トピ主様も、そういう「人生の一冊」に出会えた方なのですね。
    素敵だと思います。
    よかったら、こっそり題名を教えてくださいね。

    ユーザーID:8590425888

  • 2冊です。

    絵本作家さんが描かれた料理のイラスト&コミック本で、A4サイズが1冊、文庫本タイプが1冊と合計2冊を買いました。
    A4サイズは台所に置き料理も作ります。
    文庫本は部屋に置いて読み物としても楽しめるので、結構お気に入りですね。

    むかし、勤めていた会社で、気に入った本はすべて普段読み用、保存用、何かのための予備用と3冊ずつ購入していた人がいましたけど、とてもマネする気にはなりませんでした。

    ユーザーID:1481547152

  • 人にあげる目的なら。

    最高3冊買いました。

    出産祝に、松谷みよ子さんの絵本セット。

    自分のも買ったので。

    ユーザーID:1657640155

  • トピ主です

    みなさまレスありがとうございます。

    もっと「いや、自分は10冊持ってるよ!」とか「20冊ある」とか来ると思ってたので、まさか2〜3冊(それも間違えてってことは本来は1冊で十分ということですよね?!汗)が大多数だとは思いもしませんでした。

    自分は一般的なところから大幅にズレていたんだと認識した次第です(苦笑)

    しかしそんな中でも理解を示してくださった方もちらほら。
    同じ思いを共有できて嬉しいです。

    ちなみに私の好きな本は本屋大賞の超発掘本に選ばれた本です。
    2006年に発売された本で一時期中古の相場が8000円〜10000円だったこともあり(数年前に重版されて少し落ち着きました)安い今手に入れておかないとまた高くなるかもという飢餓感からこんな行動に出ているのかもしれません・・・(高値で転売する予定は有りませんが、売るなら近所のブックオフとかに流すかな・・・)

    初版→10年くらい前から古本屋で安い値段で見かけたらぼちぼち購入して3冊(このうち1冊がガッツリ読む用)

    ニ刷→復刊ドットコムに投票して復刊したから記念に1冊購入

    ・・・この時点で4冊。
    しばらくはここで止まっていたのですがちょっと精神的に不安定になり(?)不安感に襲われ

    三刷→読んでいる本がボロボロになってきたからストックしとかなきゃ不安で別々に2冊購入

    という感じで6冊になりました。
    しおぱんださまの仰るようにこれが「人生の一冊」というものなのでしょうか?!

    現在所持している本の総数(漫画含む)は100冊以上200冊以下という感じです。
    出来ればもうちょっと断捨離したいんですが・・・。

    みなさま貴重なご意見ありがとうございました。
    ちょっと自分の収集癖を冷静になって見なおしてみる機会にしようと思います。

    ユーザーID:8000920535

  • 3冊

    漫画を大人買いしたときです
    もう全部揃っているものと思い込んでよく確認せずにレジに持っていき
    そのまま買ったところ

    1,2,3,4,5,『6』,『6』,7,8,『6』,10,11,13,14,15 巻でした。

    6巻を読み終えて、また6巻 あれっ!?
    まいっか、それよりも続きが気になる。
    と7,8巻を読んだらまた6巻。しかも続きの9巻は無い。
    金額が違えば気がついた可能性もあるのに合計冊数だけは揃っていたので気づかず…

    そのまま本棚に並んでます

    ユーザーID:9529001692

  • 3冊

    新書版、文庫版、そして愛蔵版の3冊。
    愛蔵版は香典代わりかな。
    作家が亡くなった事で出版された本なので。

    ユーザーID:9165618617

  • 10冊以上は確実に所持中あり。

    東京在住ですが事情があり、
    東海地方に戸建て2戸、信州に1戸、
    各家に書籍部屋(壁一面本棚)が在ります。
    書籍も複数個所に点々…。

    なかでも「三国志」「三国志演義」「水滸伝」は中国語版(もう手に入らない怖れ)で10冊以上、
    日本語版で2冊、英語版1冊。

    友人には変わった方もいて都心からJRで30分程の駅近くに〇億円の
    戸建て購入で見学に行きましたが、1階がLDKと広い書斎だけ(〇億なのに玄関先は車1台分のスペースしかない)。
    其の書斎にはロッカーがずらり。ロッカーの中身は 本人の趣味(=生きがい)の
    書籍がずらり。日焼けが嫌で洒落た窓も封鎖+ロッカーで保存。

    呆れて2階に上ると また書斎が。本棚(ガラス扉付)には先ほど見た書籍タイトル達???
    え?2冊?

    気に入った書籍は必ず2〜3冊買いして1〜2冊は保管。
    何千冊も2〜3冊買い?
    寝室にも本棚あったしなあ…

    彼は長身細身・有名一流大出身・超有名勤務先・親は堅実公務員(結構偉い人)・投資や株で億単位のもうけ(友人皆で豪勢食事を奢ってもらった)・顔も普通に端正型ですが独身。
    趣味の世界で休暇には海外(それも女性人気ゼロの秘境とか変なところばっかり)。たまにどこかの国の女性と交際する様(彼は数か国語に堪能)ですが逃げられていますね。

    あ、今気が付いたけれど、2週間程前から凝っている「ブッダのことば(岩波文庫)」を
    お手洗い1号と2号(2か所あり)玄関の書棚に、トートバッグの中に、
    書斎の書棚に1冊ずつ 5冊以上(旦那も趣味範囲で購入可能性は高い)は
    家の中にありますね。

    ユーザーID:0225592863

  • プラトンの

    『パイドロス』を二冊。うっかりして。
     でも人類の宝だから得した気になりました。

    ユーザーID:8267813108

  • 私の場合は・・・

    ねこだの場合は・・

    普通は 2冊 ですね・・
    書き込みをするんで、気に入った本の中古があると
    買い増しをしますよ、本棚に必ず並べておきます。
    ・・でないとうっかり3冊目に・・。

    例外は大好きな 新明解国語辞典 ですね。
    3版から始まって、4 5 6 版までそろってますよ。
    それに 大判 もあるんで 合計 5冊 並んでます。

    よめはんは「馬鹿じゃない・・」と、軽蔑の眼で
    ねこだを見てますがね・・。

    新本は定価で買いますが、2冊目以降は 中古本 を
    見てから買います、2冊目を新本で買うことはありません。

    気に入った本は、例えばクルマの中に置いとけば、
    時間つぶしにもってこいなんですね。

    良いトピをありがとうございました。

    ユーザーID:4497805249

  • 3冊です

    基本は単行本(保存用)、と文庫の2冊です

    初版の単行本を購入して、読む用の文庫を購入する場合と
    文庫で読んで、気に入って、単行本を購入
    古本屋で初版を見つけて3冊になるケースがたまにあります

    ユーザーID:3149807787

  • 最高では3冊です

    が、これは無くしたり汚したりでは有りません。

    常時3冊くらいをカバンに入れ持ち歩いていますが、気分転換に

    あの言い回しの素晴らしさを今すぐ再確認したい等で、

    買ってしまいます。

    現役時代には出張で無性に読みたくなる本が有ると、買います。

    こらえ性が無いのか単なる我儘なのか、止められませんでした。

    今?ははは、変わりません、進歩ナシです。

    ユーザーID:7947915186

  • ??

     いくらプレミアが付いていようが、自分が既に所有しているなら、何のために買うのか意味が分からないなぁ。
     タイトルだけ変わった新装で中身が同じなのを知らずに買ったことや、いらないと思って手放したが、後にまた読み直したくなったり、必要になったりして、買い直したことはあるけど、手元にあるのをわざわざもう1冊買ったことはない。

    ユーザーID:0380832141

  • 同じ本を二冊以上買う意義はいまのところ感じてません

    小説を買うなら読み切れば再度買うことは全くないです。
    興味ある分野に関しては、特に先端知識よりも、しっかりした根幹の事柄を知りたいので、良書か悪書かも判らぬ新しい本は買いません。立ち読みはします。その本に記載されてる参考にした書物に目を通しその著者が、多いに勧めてる本(こう言う本は殆ど他著者も勧めてる)を買おうとはしますが、絶版のことが多いです。図書館へ通い詰めになり。古本ですら買いません。

    以上は50歳くらいまでの話。今は、郷土史あたりを適当なページから手当たり次第読むが、それほど執着もなく同じのを二冊以上買うことはまずないです。

    ユーザーID:1083190400

  • 3冊は結構ある

    本棚にあるのを忘れて2冊買ったことがあるのと、同じ本の改訂版(翻訳書で私にもわかる明らかな誤訳があった)を買ったのと、同じ本の別の出版社のもの(訳者違い)を買ったことがあります。

    トピ主さんのようにプレミア目当てでサイン入り初版本を買い、読むために1冊、文庫になった時に持ち運び用に1冊の計3冊買ったことは多々あります。私のサイン入り初版本コレクション(というほどたくさんでもない)の中には著者の物故により、オークションで結構高値取引されているものもあり、私のお宝です。もちろん背表紙が日焼けしてはいけませんので、普段は箱の中、壺の小判を眺める守銭奴のようにときどき眺めてニヤニヤしています。本棚にはサインなしの方が日焼けして鎮座しています。ただし、自分が読まない本をお宝にはしません。その本が好きだから付加価値がお宝なのです。

    私はトピ主の考え方に結構近いものがありますね。実は上記誤訳本もいつかお宝にならないか(絶対ならないだろうけど)と思ったりしてます。

    ユーザーID:0369011791

  • 間違えて買ったのは2冊まで、辞書は何冊でも・・・

     中学だったかの頃、「一度読んだ本は2度読む必要は無い!」と言って、学校の教科書は各一回しか読まなかったです。

    小説類も同様なのですが、遠藤周作の「イエスの生涯」だったかだけは間違えて2回買ってます。学生時代に1冊、50過ぎてから1冊。

    でも英語の辞書は、研究社の英和中辞典が好きで、初版が2冊、2版、3版・・・初版と何処が変わったか捜すのが好きでした。(英語はダメですけど)。

    あと、小説で初出と単行本の内容の違いを捜すのは好きでした。芥川の羅生門の、新聞小説の初出と単行本では、かなり違っていて、推敲修正の痕が興味深いです。

    小説でなくても、ゴルゴ13なんかは漫画では珍しく、初出と単行本が違っているので面白いですよ。

    こんな楽しみ方は、同じ作品を複数回買ってると言っても良いでしょうね。

    ユーザーID:8850489444

  • 3冊です。

    私が買ったのは3冊です。

    とても心温まる優しい作品で、妹や友人にプレゼントするために重複して買いました。手元には1冊だけです。

    同じ本を購入したのは、この本だけですが、たまに、間違って買ったりしたのはありました。(笑)

    ユーザーID:5023962770

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧