現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

他部署の消耗品を使う際の許可について 携帯からの書き込み

技術系総合職
2018年9月25日 21:31

他部署の費用で購入された消耗品を使う際、ひと声かけてと言われるのは何故ですか?

私の会社では、技術系でも部門が細かく分かれており、複数の部門が同じ部屋、同じ設備を共有して働いています。
そのため、共同空間にある消耗品は、共有の備品だと思い、特に告げずに使用していたのですが(特に使用時の注意書きやアナウンスもなく、使用リストも無い)、今日、その消耗品を購入している部署の人に、使う時はひと声かけるよう注意されました。

在庫管理のためなら使用記帳簿を作ったり、『残り△△枚になったら声をかけること』など注意書きすればいいと思います。
『ひと声かける』だけでは、在庫がどれほど残っているのか?など伝わらないことも多いと思いますし、在庫管理をしたいと言うならもっと有効な手段を構築すべきだと思います。(そしてそれをきちんと周知すべきだと思います)

効果の程に疑問がある手段をなぜしなければいけないのか?正直、在庫管理というのは建前で、『他部署の者が自分のテリトリーで勝手をするのが許せない。何かするなら自分の許しを請え』というのが本音のように勘ぐってしまいます。
もしそうなら、会社全体の資産を業務上必要性があり使用しているだけなのに、毎回特定のかたの顔色を窺わないといけないなんて理不尽に感じます。部署間のわだかまりで業務効率が落ちることこそ、会社にとって不利益なのではないでしょうか。

半分愚痴で申し訳ありませんが、何故このかたは一声かけるよう言ったのか?同じような経験をした方や、気持ちが分かる・自分も一声かけてほしいというかたがいましたら、なぜそう思われるのか心理をお教えいただけませんでしょうか。

今後は、一声かけろと言われたので従います。ただ、自分の中で納得がしたく、皆さまのご意見を拝借させていただけますと幸いです。よろしくお願いします。

ユーザーID:2429507680  


お気に入り登録数:222
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:3本
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
ご意見ありがとうございます。携帯からの書き込み
技術系総合職(トピ主)
2018年9月27日 15:11

皆さま、沢山の忌憚なきご意見ありがとうございます。
これほど多くのかたの価値観を知れる機会がなく、見聞を広める大変良い勉強となりました。
まとめての御礼、お許しください。

いくつかご指摘について、言い訳になりますが、別の部屋の消耗品はほぼ全て自分の部署が購入しており、私も1年ほど管理補充を担当していました。
そこでは入社当初から部門部署関係なく皆自由に使っていたため、それが普通なのだと思っていた節もあります。
今回のご指摘で、それはレアケースなのだという事を認知できました。

もう極力他部署管理の消耗品は使わないようにします。
部署の隔たりを意識して、改めて礼節に気をつけて社の皆さまと共に働こうと思いました。


ここからは個人の感想。

今回の件で、部署間の隔たりは大きいと感じました。同じ会社で、社の繁栄という目的を同じくする人同士なのに、何故?同じ部署は仲間で、遠い部署は敵かライバル?予算や評価を奪い合っているのでしょうか?
予算枠だって、別に個人の物ではなく、大元を辿れば会社由来なのだから、それを社のため業務上必要な事に使うのだから、もっと広い範囲で見れば問題無いのではと思っていました。

結局、他部署の人が使った分、自部署で本来使えるはずだった予算・補充担当者の時間が圧迫され、自部署が不利益を被る…それが理由なのですね。
確かに、補充業務は自分の査定に加点されるでもない、ボランティアのような物ですよね。誰かがやってくれないと、皆の業務がたち行かないのに。自部署内だけでも不公平感が募る所に、他部署がのこのこ来て更に負担を増やしていくのはむかつく、そういう事ですね。

いっそ、会社全体の備品補充をする部署を会社が用意してくれればいいのに、なんて思いました。非現実的だとは思いますが。
貴重なお時間お付き合い頂き誠にありがとうございました。

ユーザーID:2429507680
トピ主です(2)携帯からの書き込み
技術系総合職(トピ主)
2018年9月27日 18:27

皆さま、ご意見本当にありがとうございます。


皆さまへの感謝の気持ちは変わりませんが、もう1点、よくご指摘があったので。

ひと声かける理由としての『在庫管理のため』とは、先方から言われた言葉です。
ですが、『ひと声』では記録に残る訳でもないし、管理方法として適切なのか?在庫管理とは先方の優しさから来る建前で、本音は別にあるのでは?何か不快に思われているのでは?、そう思ったのですが、自分の価値観では先に述べた通り、『全員が使う消耗品、会社全体としての資産(自分が補充担当していた消耗品がそのように扱われていたので)』としか理解できず、本当に分からなかったので、より多くのご意見を伺うべく投稿させて頂いた次第でした。(そして、やはり恐らく管理とは先方の優しさで、本当は拝借すべきではなかったのだと理解できました)
言葉足らずでお手間かけましてすみません。

お恥ずかしながら、視野が狭いと言うか、自分の価値観でしか物事を測れず、他人の気持ちに疎い欠点があります。
そのため、今回こうして沢山のかたのストレートなお言葉を聞けたのは、大変有難かったです。
きっと、今まで自分可愛さ・傷つきたくなさから、他者との深い交流を避けてきた報いなのでしょうね。

今回の大きな反省点は、消耗品補充者の時間を奪っているという視点(そこからくる感謝、礼節)がなかったこと・部署毎の消耗品の購入額も監査対象になる可能性について考慮していなかったことの2つです。

できるだけ客観的に自己分析し、成長に繋げたいと考えるため、堅苦しい思考、言葉遣い失礼します。
ご意見伺えて良かったです。重ねてありがとうございました。

ユーザーID:2429507680
トピ主です(3)携帯からの書き込み
技術系総合職(トピ主)
2018年9月27日 18:39

補足です。
愚痴っぽくなったり、会社の利益が云々〜と言ったのは、先述の通り『会社全体の資産』と考えていたため、注意を受けたことでコソドロのように言われた気がして憤っていた状態で書いたからというのがあります。
今では、先方部署の購入担当者の時間と、先方部署の予算枠を盗んだ、まさに泥棒行為であったと理解できます。

会社の仕組みで備品補充の負担不平等がなんとかならんかな〜とは今も思っていますが、
先のレスでも書いた通り、今後は気をつけようと思います。

ユーザーID:2429507680
 
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

現在位置は
です