• ホーム
  • 子供
  • 理解が遅く自分の頭で考えるのが苦手な子ー5年生 

理解が遅く自分の頭で考えるのが苦手な子ー5年生 

レス9
(トピ主0
お気に入り54

妊娠・出産・育児

母さん

皆さんこんにちは。我が子の事でアドバイスを頂きたく、投稿する事にしました。
タイトルのとおりなのですが、さらに深く考えたり、理解するのが苦手です(自分もそうでした。) 例えば、普通の計算問題なら良いのですが、文章問題、応用問題など、問題が何を言っているのか理解出来ない。もしくは、問題にとりかかる前から「難しくて出来ない」と思い込んで自分でやらず、すぐに聞いてくる。勉強以外でもそうです。団体スポーツで、どこに自分がいるべきか、何をすべきか、理解していないようで、とにかく自分の番が来るまで待っています。自分から動きません。性格としては、臆病で自分に自信がないタイプです。ちょっとでも改善出来ればと思って「こうしてみたら?」とか言ってみても、そういうアドバイスも煩いみたいで。想像力、予測力、なんかがつけば、ちょっと改善出来ると思うのですが、何か良いアイデアがあったらシェアしていただけないでしょうか? ちなみに、読書は好きで文庫も漫画もよく読んでいます。

ユーザーID:1124976717

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お子さんは、ゲームは好きですか?

    もしもゲームが好きな場合、ゲームの種類を選んであげれば、戦略的だったり
    ルールをよく理解して進まないと勝てなかったりしますので
    その手のゲームを選んで、一緒にルールを理解したり、ゲームしたりしてみてはどうでしょうか?
    理解力、戦略、というのは、なにも勉強からしか学べないものじゃありません

    ユーザーID:3061669030

  • 読書が好きなら

    小説でも漫画でも読んだ本の内容をお子さんに話してもらってはいかがですか?
    トピ主さんがわからなくなったら、その都度、どうして?何が?とお子さんに確認してください。
    これを繰り返すうちに、目で読んだ情報を記憶にしまい、口にだすことで記憶を整理することができるようになると思います。

    ユーザーID:7465711206

  • いくつかの問題がごっちゃになっている

    ・文章問題が苦手
    →読書が好きで読解力に問題ないなら後は色んなパターンの文章題を繰り返しやることで克服できます

    ・団体スポーツ
    →スポーツ経験がすくないので何をすればいいのかわからないだけ。
    じぶんでやり方を聞いてくるだけマシだと思います

    自分から動かない
    →これは上記ふたつとは別なのでは。臆病は生来の性格なので成功体験を
    積み上げて認識を変えていかなければいけません。

    理解が遅い
    →これらを総じて、理解が遅いというのは大雑把すぎると思います。

    ユーザーID:4092707109

  • 失敗してもいい

    こうしたらいい、ああしたらいいと言われると「そうできない自分はだめ」となります。
    そうできないだろうことがわかるとトライしません。
    小学校高学年ともなれば、自分が出来ることできないことくらいわかります。
    できなくても自分なりにやればOK!
    くらいで見守ってあげてはいかがですか?
    小学校の時の失敗、おとなの今では笑い話でないでしょうか?

    また
    想像力・予測力
    やってみて失敗して、試してみて・・・やっと身につくものです。
    野球をしたことがない少年に「大谷ってすごいよね!!」って実感として通じません。
    おとなのそれとは違います。

    ただ子供のいい時は「失敗しても死にはしない」です。
    見守ってるから一生懸命失敗して学んで来いです。
    マンガ読んで現実逃避している場合ではないのですよ。

    ユーザーID:0277823162

  • 連れてって貰う

    主さんちは普段は車移動が主ですかねえ。ならちょっと難しいかなあ。
    ウチは車無し家庭で地下鉄駅徒歩7−8分なもんで基本地下鉄(+JRや私鉄等)移動なんですが、
    小五頃は、というか、小三頃から、息子に私が連れてって貰ってました。
    「お母さん連れてってーお願いー」って。

    息子は先天性の疾患があって市外の子供病院(地下鉄+JR+タクシー)に月一ペースで通ってるんですが、先生が
    「親がいなきゃここに来られないのは困るでしょ?親が事故にでも遭ったらいきなり困るでしょ?だから自力で来られるように練習しといてくださいね、
    中学生になったら自分だけで来て貰う日を設定しますから。」
    と小二の時に宣言されて、
    それから「自分で行く練習にお母さんはついていくねー」という形式にして一緒に色々確認しながら動くようになって、
    小三頃からはもう完璧に「お母さん分からないー連れてって−」になりました。

    そのうち、病院だけじゃなくどこでも「明日の○○行き、連れてってね」で下調べから本人がするようになり、どこでも連れてって貰うように。
    小五の時、新幹線で上京して東京の大病院にかかる事があって、東京の地下鉄乗り継ぐのなんか、
    本気で私の判断より息子の差配の方が優れてて、息子に頼りました。マジで。
    後でゆりかもめに乗って観光するのも全部息子主導。私ダメダメ。

    まあ本当に親まで分からない状態でいきなり子供に頼っちゃいけません(酷いことになったら後々引きずって余計自信を失いますから)が、
    まずは親は実は分かるんだけどね〜という状態で後ろについて、よく行く簡単なところに、別に急がない用(まずは遊び目的がいいかな)「連れてって」クエストを始めてボチボチゆーっくり目的地を増やすと、
    かなり「自分の立ち位置を意識する、方角を意識する、段取りをつける」
    訓練になりますよー。

    で、目的地に行き着くと自信がつくよー。

    ユーザーID:2639312522

  • 聞いてくるなんて、素晴らしいと思います

    分からないことを質問できるって、すごいことだと思います!

    うちの子供は小学生の時、分からなかったらあきらめる。
    無理に教えようとすると、泣き出す。
    泣き止むのを待っていたら、いつのまにか船をこいでいる(居眠り)

    この繰り返しばっかりでした。

    中学生までずっとそんな感じで、高校生になって「はっ、大学行かなきゃ」と急に焦りだして、どんどん先生に質問に行くようになりました。

    そしたら、ちゃんと成績が伸びてきました。

    だから、「わからない」って聞いてくるのは、すごくやる気がある証拠なので、ちゃんと教えてあげれば伸びます。

    誰だって、最初は何もわかりません。
    大人さえ、仕事を始めたばかりのころは、何でもかんでも質問しないと何もできません。
    お子さんの、勉強の長い道のりは始まったばかりです!

    全く嫌な顔をしないで、手取り足取り、たっぷりと教えてあげてください。
    親が教えてあげられるのは、ほんの一瞬です。
    中学校になったら、教師に質問に行くようになると思います。

    とてもいい子です!

    ユーザーID:5704721998

  • 文章題のことについてのみ。

    こんにちは トピ主さん
    お子さんの文章題の解答ってどんなかんじでした?

    文章題にでてくる数字を、出てくる順どおりに今習っている計算式に当てはめて答えを出す、とかでしょうか。
    または、
    数字が3コ文章の中に散らばっている。
    割り算らしいので文章の中にある一番大きな数を、一番小さな数で割ってしまう。
    その出た数に3つ目の数をかけたり割ったりして解答とする、等でしょうか。

    上の例は身近で見た事だったのでものすごく焦りました。
    文章が読めるのに、妙な答えになるプロセスが理解できなくて、
    読める=かな文字や漢字がよめる、であって、中身を理解している、とは限らないと
    私がわかるまでお互い相当時間を無駄にしました。

    本を読まない子だったので、
    読書好きのトピ主さんのお子さんとは違うと思いますが、
    当時このようなものを読んだので参考になれば。

    ↓小学生向けの簡単な質問で、なにゆえ躓いているのか後半に説明があります。

    「読めないとはこういうこと→勉強できない子をあぶりだす5つの質問」

    読めない、勉強できない子、という文言にはひっかリを覚えるかもしれませんが、「読む力」についての文です。

    検索かければすぐ見つかると思います。

    ユーザーID:9496428063

  • うちは小4男子

    まあ、うちの子も同じようなものです。
    まだ、文庫や漫画を読んでいるだけマシですよ。 

    でも、文章問題ってやはり慣れというか、読解力とはまた別な感じもします。

    うちは文章が長いだけで、ダメだったりします。

    また、算数は聞き方や言い回しが独特なんですよ。

    何人分だとか、一人分だとかだけでも言い回しは変わりますしね。

    式からどの問題が作れるかの逆のパターンをやってみるくらいがいいかもしれませんね。

    基本的な計算は学校でやってもらい、文章だけの問題を家でやるしかないですね。とにかく、文章問題に慣れるほど学校ではやっていないと思います。

    団体スポーツも一緒ですね。ただ、うちは、サッカーなので、自分で相手からボールを奪っていくのはわかるみたいです。ポジションは守りの方が多いです。自分から攻めるのは下手なのもありますが、「俺が俺が」というタイプではないです。まだまだ、皆、ボールがくれば全員で追いかけるような団子サッカーですね。

    想像力や予測力ってある程度、経験がものを言いませんか?(なんとなくやったことあるかも)ことから、成功例や失敗例を思い出し、次に繋げるというか。

    なので、算数もスポーツも経験値が足りないのだと思いますよ。

    まあ、いきなりやらせずまずは、見るのもいいかもしれませんね。お母さんが問題を解くのを見る。スポーツの同じポジションの子を見る。
    見た上でどう理解したのか。どこが理解出来ないのか。聞きたいですね。

    なんて、書いてますがうちも難しい年頃、素直に見ててくれないですね。

    サッカーはコーチが指導してくれているので、算数もそろそろプロにお任せしようかと思います。

    お互いに頑張りましょう。

    ユーザーID:9166101890

  • 参考にしてみてください

    親戚の子供がまったく同じような感じでした。

    トピ主さんのお子さんは、学校の成績はいかがですか?
    また、お友だちとうまくいっている様子ですか?
    それから、手先は器用でしょうか?

    親戚の子供は、トピ主さんがあげた他に、上記の特徴がありました。
    学校の授業はなんとかついていける。文章問題でなく普通の計算なら解けるし、漢字検定もチャレンジして合格した。
    でも、とにかく理解が遅い。考えるのが苦手で、コミュニケーション能力もいまいち。
    習い事の先生に進められて、知能テストを受けたら、軽度知的障害と診断されました。

    参考まで。

    ユーザーID:3221192770

レス求!トピ一覧