• ホーム
  • 働く
  • 働き出してから輝くどころかどんどん醜くなっていく

働き出してから輝くどころかどんどん醜くなっていく

レス38
(トピ主0
お気に入り212

キャリア・職場

キジ

結婚後も働いている女性は見た目も若々しくてイキイキ輝いている人が多い、という話をよく耳にしますが、皆さんはいかがですか?
私は、働きだしてから、常に家事と仕事で時間に追われて心に余裕がなくなり、化粧も手抜き、毎日巻いていた髪も巻かなくなり服もコーディネートを考える時間がなく適当、週末はぐったりして美容院に行く気力もなく、気持ちも常にカリカリしていて、ある日ふと鏡を見たら生活感溢れた姿にショックを受けました。

私は元々オシャレをするのが好きで、結婚前や専業主婦の時は、毎日キチンと綺麗にしていたので、今の自分が嫌になります。

働いたら美しく魅力的になる人と、私のように汚くなっていく人と、何が違うのでしょうか。
気合い?それとも仕事のやりがいの有無?
皆さんはいかがですか。

ユーザーID:1625901628

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 慣れもあるかも

    私は結婚出産を経て、20年以上ずっと働いてます。
    ずっと、働いて家事して育児して、のペースできたので、
    生活のリズムができているというか、
    おしゃれに気を配る余裕もあります。
    お金に余裕もあるので、あまり考えずに買えるというのもあります。
    でも、やっぱり、仕事次第かな。。
    毎日22時に帰って、それから家事して。。
    みたいな職場にいたときは、結構もっさりしてた気が。

    ユーザーID:8459458849

  • みんなそうですよ

    都内、専業主婦です。
    周りの働いている母親みんなそうですよ。

    仕方ないのではないですか?
    みなさん子供自転車に乗せて言い方大げさですがなりふり構わずな感じの人ばかりです。

    ユーザーID:4329741290

  • 心の余裕があるかないか

    私も独身の頃から、子供を産んだ現在までフルの正社員で働いています。
    ちなみに、営業職なので外回りなのですが独身の頃よりも「若く見える」だとか「子供がいるなんてビックリ、嘘でしょ?」なんて言われます。最初はお世辞だと思ったのですが、お客様から高い割合で誉めて頂くので、今では素直に喜んでいます 笑。

    先日、独身の頃にお世話になった上司に「以前と雰囲気が変わって、今の方が輝いてるね」なんて言われて自分でもなんでだろう、と思ったぐらいです。
    私自身、やはり沢山の方の目に触れる職なのでキレイにしておきたい、という意識と、やはりお世辞でも誉めて頂くととても嬉しいので毎日髪型、メイクもきちんとしていきますね。

    朝は、子供の保育園の準備や旦那のお弁当の準備などで忙しいですけどね。
    ちなみに、仕事に関してのやりがいは持ち合わせていません 笑
    私の場合、ただただ誉めて貰えるのが嬉しいからですね。

    ただ仕事の面や、プライベートが上手く行かない時はお客さんに「あれ?今日はいつもと違うね、疲れてるね」なんて言われる事があるので結局はキジさんもおっしゃっているように、自分の心に身なりに構う余裕があるか、無いかだと思います。

    少し余裕ができてくると、そこから少しずつまた、自分磨きに目を向けることができるようになると思いますよ。
    別に、生活感があることが悪い事ではないと思います。一生懸命、家庭と仕事を両立しようと頑張っている姿も素敵ですよ。
    大丈夫です、キレイでいたいという気持ちがあれば少しずつでも、生き生きとした自分を取り戻せますよ。

    ユーザーID:0936995221

  • 加減だと思う

    働く女性は綺麗だと思います。
    身なりも気をつけるしハツラツしてるし会話も弾んでるし。

    でも、時間も心も余裕がない程働くと、話は違うかも。
    若い時なら無理もきくけど、ある程度の年齢になると、ゆっくり寝ないと疲れもとれないし、家事の効率も悪そう。

    なので、程よく働く女性が輝くんじゃないですか。

    ユーザーID:4165718604

  • くたびれはててしまっている。

    仕事が終わって掃除の時間になると、
    その人の人となりがあらわれてしまうなと常に思っています。
    仕事するふりしてサボる人、長い時間をかけてダラダラ掃除する人。
    楽な掃除ばっかりする人。

    そんな中、私は根が真面目なので、みんなのようにすると工場が汚れ放題になる。
    誰かがしなきゃならないから、私頑張ろうと思ってしまう。
    それにサボること、適当にすることがことが、苦手なんですよ。
    家に帰ると今日は仕事を適当にしてしまったと辛くなっちゃう。
    で、つい必死になって掃除にはげんでしまう。

    そして、疲れはてて、くたびれはてています。
    適当に掃除をしても何も思わない心を持ちたい。
    どうすれば持てるのか知りたい。
    そう思いつつ、1人で溝掃除している私。
    私が溝掃除していても、みんな見て見ぬふり。面白いわ(笑)

    で、帰宅するときは、毎日ヨレヨレです。私。
    転職を考えないとこれは持たないなと思う日々です。
    掃除を真面目にするとマラソンぐらいしんどいですね。

    ユーザーID:4471876406

  • 輝くのは外見でなく能力!

    巻き髪?そんなの素敵ですか?
    生き生きとして働く人が輝いているのは、能力や才能や社会性です。
    シンプルにひっつめた髪の毛は、すっきりとした高品質の服に似合います。

    極論すれば、トピ主さんが「キレイにしている」かどうかなんて、
    世間は全く興味がありません。そういう観点で「輝いている」ではない、
    と思います。

    ユーザーID:3471122320

  • やってられるか

    家事に子育てに外で仕事もしてきて
    旦那のお世話?もしているのに

    綺麗で輝かないといけませんか?

    私は勘弁してほしいですわ

    人間誰しもパーフェクトにはできません
    できるひともいるけど、私にはできません

    そんな完璧主義では、潰れるのも当然です

    結局、自分のできることには限りがあるので
    何かをやめないと

    そもそも、美容院に行けなくなるまで
    働くのもどうかと思います

    まあ、とりあえず
    身綺麗にしたければ
    色々工夫のしようはあると思います

    ユーザーID:9212178130

  • 別の美しさがある

    やはりね、独特の緊張感というか鋭さがありますよ。

    わからない人にはわからないでしょうけど。

    会話していて、知性とか視野の広さを感じますよ。

    あ、でもそれは現在専業主婦の、元○○の方でも言えますね…

    訂正します。
    やっぱり人によりますわ。

    ユーザーID:7721819460

  • 夫による

    夫の理解だと思います。
    家事も貴女が全部やる必要はない
    稼ぎが少なかろうとそれは男性は出産による勤務のリスクが少ないためであり、貴女の能力のせいではないから引き合いに出す必要はありません
    共働きなら家事も折半です。子供が生まれたら潰れてしまいますよ、トピ主さん

    考えてもご覧なさい、貴女の夫は結婚して見た目含めて何が変わりましたか?何も変わってないと思います。
    貴女だけではなく夫も変わる。でないと妻側の時間だけが潰れていきます。
    夫にもやらせなさい。給与を持ち出されたらでは最初から男女平等の給与を出している会社を夫に探させなさい。

    ユーザーID:1624836729

  • 恋?

    恋をしてると化粧に力入ります。
    若干若い男性が多いと色々努力します。毎月白髪染めをするとか。

    私はプールが職場で基本入水時メイク落とさなければいけないので素っぴんで出勤します。同僚も同じです

    イベントで写真撮影があるのですが子供達との集合写真が嫌でバッチリメイクしてきました。不評をかいましたが強硬突破。
    送られてきた写真をみたら見事に素っぴん。

    食品関係の仕事だと帽子マスク必須。マスクに口紅つきます。
    ある意味アイメイクだけバッチリやってけばいいかと。

    ちなみにプールで泳がれる会員さんですが自宅に帰るだけなのにしっかりブローしメイクもしてかれます。
    たしなみというか素敵だと思います
    化粧が出来る幸せ。
    女性に生まれて良かった。

    ユーザーID:1502553185

  • どちらも本当の自分

    本当の自分は、見た目も若々しくてイキイキ輝いているのでしょうか、それとも醜くなっていくと感じる自分なのでしょうか、ということが問われているのです。どちらも本当の自分には違いありません。輝く自分も本当であれば、醜くなる自分も本当なのです。

    醜いとは、一般的には雑巾のような在り方です。雑巾は、自ら汚れていけば行くほど、他の何かを綺麗に輝かせるというものです。あなたは、家事や仕事で醜くなればなるほど、何かを綺麗に輝かせているはずなのです。

    それに気づくことがなければ愚痴が出るだけです。自分が輝くことだけに終始すれば、身近にあなたによって輝かされている存在がいることなど気づきません。

    おそらくあなたによって、家族(夫や子供など)が輝いているのでしょう。その輝きこそ、あなたの醜さの裏返しであり、それが大切な人を輝かせているというものです。もっと言えば、あなたの誇りが大切な人を輝かせているのです。

    あなたが輝かせた存在を見つめていくあなたのまなざしが、今のあなたをこれまで以上にイキイキと輝かせるのではないでしょうか?

    ユーザーID:1012161931

  • 気力と体力

    タイトル通りですが両者は連動していますので。

    人はだれでも生活にある程度余裕がないと生き生きできないと思います。
    あまりにも忙しい仕事、荷が重い家事育児を抱えてしまうと疲れてしまって体はどんどん衰えていくしいつも機嫌が悪くて最悪です。

    ただ心身の疲れ方には大きな個人差があります。
    同じ仕事量でも軽々こなしてしまう人と疲労困憊してしまう人がいる。

    気力や体力がそれまでの生活で鍛えられるものなのか、それとも持って生まれたものなのか。
    多分両方だと思いますが。

    ユーザーID:9412732141

  • 私の場合は

    パートですが、自分の都合の良い日に、週に2〜3日で短時間しか入れてないので、化粧もきちんとして髪型も整える時間が十分にありますし、

    仕事も接客業ですので、身なりにも気を付けていますし、いつも笑顔でいるので、長らく専業主婦でしたが、夫からは働いていた方が良いと言われています。

    子供が大きくなったので働きだしました。

    主は毎日フルタイム?
    だとしたら、それは疲れるし大変だと思うので、自分を構う時間が減っても仕方ないと思います。

    あと、仕事は始めたばかりですか?

    こんな、短時間しか働いてない私でも、働いて一年目までくらいはすごく疲れていましたので、

    フルタイムならそれは尚更かと思います。

    それでも疲れていても、私の場合は、時間があるので、きちんと化粧とか身なりは整えられましたが。
    接客業なので、そうしないといけない気持ちもあったし。

    やはり、たくさん働いていると、時間がないのと、疲れが激しいことがあるのでは?

    ユーザーID:9175830522

  • 輝くって何?

    本当に素敵な人って
    化粧や髪型や洋服ではない、内面から滲み出ているものです。

    化粧が剥げて、髪をひっ詰めて、白と黒の地味なスーツでも
    仕事を成し遂げた人の表情は充実していて、周りから見ても輝いて見えます。
    そしてひと段落した時に、きちんと化粧して髪を整えお洒落をしてくると益々素敵に見えます。

    若い頃(20代前半)までの輝きと
    それ以降の輝きでは意味合いが違ってくるので、
    そのあたりの人間観察をしてはいかがでしょう?

    ユーザーID:4097659623

  • 輝きの種類が違うと思います。

    外見の美しさ、魅力は、仕事とは別に年を取れば衰えていきます。
    当然ですね。
    でも、努力したり、経験を得たりすると、内面から輝いて来るのではありませんか?
    家庭に収まっているだけではなく、社会の荒波に揉まれて頑張ることで、人としての厚み、知見が広がると思います。
    働いても外見を維持できる人は、気合いとか元々体力があるとかだと思います。
    イキイキ輝くってのは、外見だけじゃないと思いませんか?
    あと、外に出なくなるとだらしなくなる女性がいるのも事実です。

    若々しくというのは、正直、同じ年なら子供がいない人の方が、更には未婚の人の方が若々しい印象です。
    苦労がないからか、挑戦を続けているからなのかは謎ですけど。
    でも、老年を迎える頃には同程度か既婚、子持ちの方が若々しくなりそうな気がします。
    データがないから、不確定ですけど。

    兼業主婦なら、時間の代わりにお金があるんですから、お金で解決することも必要です。
    家事代行サービスとか利用しましょう。
    ストレスが一番体にも美容にも悪いと思います。

    ユーザーID:7583032857

  • 私も同じことを感じていたよ

    私も、専業主婦を経てパートですが働く既婚女性です。
    一時期、フルタイムでしたが、あまりにも余裕がなくなり
    時間を短くしました。
    専業主婦の時の方が身の回りのことに気を付けていたし
    本や新聞など情報を仕入れて、ボランティアにも参加
    世の中に広く(ごく浅いのでしょうが)触れている気になってた。
    だけど、仕事始めて、余裕がなくなり
    仕事関係のことはともかく
    本も読まなくなったし、新聞も隅々まで読めない。
    よれよれで輝いていない働く人はここにもいます。

    ユーザーID:7804589356

  • 仕事内容によるのかも

    私は厨房で働いてるので、仕事が終わった後は
    髪はぺったんこ、鼻にはマスクの線が残ってます。
    アクセサリーはもちろん禁止で、着飾ることが必要ないんですよね。
    最低限の事しかしなくなりました。
    結婚前は接客業をしていたので綺麗にしてたんですけどね。
    自分にお金を使う必要がなくなりました。
    美容師の友人はいつも身綺麗にしています。そういうお仕事ですしね。
    職種も関係あるんじゃないですかね

    ユーザーID:9199921292

  • 元々人の目を気にしなかった人

    が、働き始めて綺麗になるんだと思います。
    トピ主のように、元々時間をかけてオシャレをするのが好きで、綺麗だった人は、時間的余裕が無くなるので、当然前よりは落ちます。
    なので、仕事のやりがいはともかく、多少は気合が関係するでしょう。

    ユーザーID:8369991419

  • 輝きを裏付ける努力と下積み

    ずっと継続して働く人は、知識と経験を一つずつ積み上げ、人脈も広がり、その道のプロまたは専門家となっていきます。

    そして会社や顧客から信用と信頼を得て、責任ある仕事を任され、自信をもってそれをこなし、対価(金銭・給与)を得るのです。
    もちろん、中にはミスもあり、苦情を受け、謝罪し、責任を取らなければいけない場面もあります。
    でも逃げずに正面から向き合い、戦うのです。


    こうした努力と苦労と積み重ねがあるからこそ、堂々とした輝きを放ちます。


    雑誌やネットでは良いところだけを取り上げて「素敵な女性」観を造り上げていますが、その裏にある苦労は表に出しません。


    今トピ主さんが感じている「疲れた自分」。それこそが下積みです。
    それを何年も続けて、その向こう側に輝ける自分があるのです。

    ユーザーID:5903705527

  • 「輝く」って外見のことですか?

    働いている女性の「輝き」って、やりがいに満ちて、内面から自信が溢れる、みたいなものかと思っていました。
    化粧ばっちりか手抜きか、髪を巻くか巻かないかで「輝き」が測られるものなのですか???

    私は化粧も適当だし、髪も適当だし、服もその辺のものを適当に着ていますが、今の仕事にやりがいもあり、給料も相応にもらえるのでおいしいものも食べたいだけ食べられますし、毎日とっても充実しています。
    こういうのが「輝く」ということなのでは。

    子育て中に仕事から離れた時期もありましたが、その時は一日中家にいるので、おやつも食べすぎてしまうし、化粧はしないし、誰とも話もしない日もあるし、でかなり荒んだ生活でしたよ・・・(まぁ、自律できなかった自分が悪いのですが)

    >働いたら美しく魅力的になる人と、私のように汚くなっていく人と、何が違うのでしょうか。

    うーん、やっぱりやりがいでしょうかね??
    たとえば、仕事で上司に期待されるとか後輩に頼られるとかあれば、「よれよれの格好で行くわけにはいかない!」と気合が入って、朝の支度や週末の美容院にも力を掛けられると思うのです。

    ユーザーID:4267741810

  • うん・・・

    お疲れ様

    そんなもんです、はい

    明日も頑張ろう

     

    ユーザーID:0987173378

  • 全部は無理。

    家事もそこそこちゃんとやってたら美容まで手がまわりません。
    ネイルはしなくなりましたし、洋服も買う時間はありませんね。
    違いは多分家事を外注してるとか、買い物の時間をカットできるように宅配にたよったりしてるとか
    親に丸投げとか・・・そういう事が見えないところにあるのかもと思います。
    私は趣味の時間がなくなって趣味で買ったものが買っただけになってます。

    ユーザーID:9749470390

  • 激しく同意

    仕事ではイライラ続き
    職場の人間関係はムカムカ続き
    通勤電車は腹の立つことばかりの超満員
    家に帰れば洗濯物は雨に濡れて
    朝、家を出たままの散らかり様

    エステ通いからマッサージ院通いに変わり
    美容院も予約なしの、腕もイマイチの店に変わり
    服も通勤服以外どうでもいい

    生きがいだ キャリアアップだ 自分磨きだ
    そんな言葉は現実離れしたタワゴト
    まさしく金のためだけ

    日々 殺伐としていくのを感じます

    ユーザーID:3806385810

  • お金の使える額が変わるから

    トピさんの言う働くと女性は綺麗になる!は、働くとお金が入り自分にかけれるお金が増えるために綺麗になる、そして外見もきにする(洋服とか)から家に居る時より小綺麗に見える!という事だと思います。

    しかし、生活に追われていると疲れが顔に出て余計に老けて見える人も中にはいますよね!それは、キャパオーバーだと言うことだと思います。

    綺麗な人はワークアウトもしっかり出来ていて、体調管理も行き届いてる人が多いですよ!ヨガやジムに通っている人はいつまでも若々しいです。

    ユーザーID:8101502896

  • 抑制と削ぎ落とし。

    毎日毎日社会に出て、仕事相手に失礼でもなく、侮られもしないように外見を武装し続けると、削ぎ落としが必要になってきます。

    髪を巻く
    ネイルする
    化粧ばっちり

    これが足し算の手法ならば、

    髪をキュッとまとめるだけでしっかりみえる
    爪を整えて清潔感に気を配る
    クイックメイクでクレーバーさの強調

    これが引き算の手法。

    世間で輝いていると言われるのは、しっかりみえて・清潔で・賢い、こと。
    「引き算」は多忙な毎日に乗るサイクルですしね。


    オシャレと多忙は同時進行は難しいのですが、抑制と多忙は同時進行可能です。
    で、抑制はやっぱり美しいです。
    そっちの輝きにシフトしてはいかがですかね??

    ユーザーID:8859830789

  • 私もです!

    専業主婦の頃までは好きなオシャレして髪が気になると美容院にも行き若く見られてました。
    子供の学費が必要になると短時間のパートに出掛け、体力仕事だったので短時間でも家に帰るとグッタリしてました。
    この夏から母の介護のため故郷に帰りバスで40分の所へ、これまた体力仕事6時間勤務を週6日、帰って風呂と御飯の支度したらもう8時には眠くなります。
    今までに無いくらい体力消耗しており化粧水さえ使わず髪もゴムでくくるだけ白髪が増えたのも気付かないまま、休日には横になる事が多くなってます。
    今までになく人生で1番忙しい毎日を送ってます。

    ユーザーID:5965491374

  • そんなアホな

    結婚後も働いている女性は見た目も若々しくてイキイキ輝いている???

    だったら結婚後も働いている男性は?
    皆、見た目は若くイキイキして輝いている??

    そんな馬鹿な。

    だったら「くたびれたサラリーマン」なんていないはず。
    休みにダラダラするお父さんはいないはず。

    働いたら、誰だって疲れますって。
    加えて家事育児。
    疲れない、はずはない。

    私のようななまけものは
    専業主婦でいるより、働いているほうが多少はシャッキリするかもしれませんが。

    すべてを完璧に!ってやろうと思えば
    そりゃ専業主婦時代より時間は少ないんだから無理。

    まだ働き出したばかりですよね。
    手抜きのコツとか要領とか、掴めていないんだと思います。

    そのうち色々慣れてくるし、
    巻き髪しなくても、おしゃれもできるし
    メイクも時短のコツも掴めるし
    半日寝たら体力も回復するようになるし、
    家事の手抜きも気にならなくなります(笑)

    それに、おうちの中でダラダラしたっていいじゃありませんか。
    おうちってそういうための場所だと思いますよ。

    外で頑張って、うちでダラダラ、でいいじゃないですか。

    激務の夫、フルタイムパートの私、
    大学生の子供2人は、大学とバイトと遊びで駆けずり回り
    家にいるときはもう、夫は寝室で、私はリビングで
    子供らは自室やリビングで、だらだらだらだら・・・
    トド屋敷と化してます。

    それでいいと、私は思っています。

    ユーザーID:8869756995

  • 男性です

    営業職ですが、女性の職員を見て輝いてるなんて思ったことありません。

    実際、あくせくと働いて余裕ないんだと思います。

    一応、いつも小綺麗にしてるね。とか一生懸命な人は違うね。とかは言います。円滑に進めるために。

    余程、下心とかない限り、同僚の洋服や髪なんて、たいして男は見てないし、働いただけで輝けるなら苦労しません。

    仕事柄、開業される医師の奥様と良く合います。

    初め頃は、やはり着飾っていて、余裕がありそうで、お綺麗な方が多い。

    実際、開業して奥様も職場に入ったりすると、あの余裕はどこへ行ったのか?と言う程、気苦労で疲れ果て、化粧は碌にしてない

    髪の毛ぼさぼさ、よろよろのまま外車に乗って、これから子供に食事あげなくちゃって帰っていく奥様を見て

    変わっちゃったなーと思うこと多いです。

    やはり専業主婦で裕福に余裕があって今日はネイルサロンだ、ヘアサロンだと言っている奥様が一番きれいだと思います。

    極論、内なる美は作られた美に勝てない。

    ユーザーID:8494273333

  • キレイになる人の方が多いと思います

    家にいるときは、余裕のすっぴん。服も買ったことがないに近く、美容院も面倒なので行かないで自分で切っていました。ズボラです。

    職場復帰したので、あわてて久々の美容院。化粧品にジーンズ以外の服を着ました。

    働かないと、これ以上は汚くなりようがないくらいに、サボっていたので、どう見ても私はキレイになりました。メイクしたら洗顔しないといけないしで、肌もキレイになってきています。トピ様のように、元から気合が入っている人は、それ以上キレイになるのは難しいかもしれません。

    働いているので、家事はサボってもいいよねって、精神的にも手抜きできて楽になりました。夫も私がキレイになったし、働いてお金も稼いでいるので、安心したのか、すごく優しいです。私は実家が近くて、母のサポートもあるので、けっこう余裕です。家事はヘタですが、仕事はそこそこできるので、私ってダメな人じゃないって自信も戻ってきて、良いとこばかりです。

    ユーザーID:6571088369

  • 内面だと

    思います。
    おばあさんでも綺麗な人いるもの
    頭を鍛えているからかな。

    ユーザーID:9911927778

レス求!トピ一覧