• ホーム
  • ひと
  • 子供の頃注意散漫だった子、その後成長してどうなりましたか

子供の頃注意散漫だった子、その後成長してどうなりましたか

レス18
(トピ主1
お気に入り83

家族・友人・人間関係

ピノ

子供の頃(小学校低学年まで位)、我が子が注意散漫で指示を聞き漏らす、忘れ物が多いなどで悩んでいた方に質問です
今、その子は何歳で、その後大きくなってどう変わりましたか?
高校生、大学生、社会人位になったケースも知りたいです

我が子は今小1なのですが(男)上記の事がすごく多くて困っています。たとえば
・「石けんで手を洗ってきて」というと、石けんで洗わず水だけで洗って戻ってくる
・「ズボンははかないでシャツと靴下だけ履いて」と言うと普通にズボンも履いてしまう
・「トイレ済ませてきて」と言うとトイレを通り過ぎ洗面所に行ってしまう
・これは能力云々の問題もあるかとは思うのですが、英語で「What's your name?」と聞かれているのに「fine」とか答える。要は、ちゃんと聞けば分かるものなのに聞いてない。他の子が自分の気分を答えていたから何を聞かれているか聞かずに自分も気分を答える
・授業中、先生が「〇〇を出して使ってください」「終わったらまたしまってね」と指示を出したのですが、しまわない。「しまって下さい」は全部で2回言ったんですが、しまわない。結局しまわない子はクラスで3人くらいだったのですが、その一人でした。

このように書くと、発達障害や耳が悪いなど疑われそうですが、どちらも過去に何度も検査をして特に問題はなさそう、と言われています
夏前の個人面談では、先生からは「話をするときによそ見していたり、教室移動の時にいつまでも教室に残っていることがある」とは言われたものの、声をかけると行動に移るので今の所学校生活上特別困っているという訳でもない、と言います

ただの幼少期の注意散漫なだけで、大人になればちゃんとなるのか・・・
それとも性格で、成長しても治らないのか
それとも本当は何かの障害なのか・・・
経験談よろしくお願い致します。

ユーザーID:3255402596

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おっちょこちょいは治らないかも

    小学生の時はよくランドセルを忘れて学校に行きました
    多分困った子供だったと思います

    よく、ぼーっとしているとか、そんな風に言われてました
    クラスの端で窓の外見てたり、本を読んだり

    友達付き合いもうまくできないながらも、
    いつまでも我が道を突き進み
    落ちこぼれない程度に勉強できたので
    普通の社会人になり会社に勤めています

    発達障害も疑ったが、自己診断では普通でした
    大人になってからのほうが、生きやすいなと思います

    どうも、学校というシステムになじまなかったようです
    ぼーっとしてたのも、興味がなかったからに尽きます

    男子ならそういう子は珍しくないかもしれません
    たぶん、人の話を聞いてない(耳には入るけど、りかいしてない)と思います
    文章問題とかも苦手じゃないですか?

    学校には行かなきゃいけないとは思ってたので
    頑張って通いましたが
    下手すりゃ不登校とかになっていたのかな

    私の場合は興味のないことに注意が向かないので
    いまだに忘れ物が多かったりします

    小学生くらいの時は上(先生や親)に言われたことをすることが大事なんでしょうが
    これからは自分で考えて行動することが増えてきます

    そうすると、それなりにまともになっていくんじゃないかなと
    自分の半生を見て思います

    ユーザーID:6674735481

  • 基本的には変わらない

    ADHDなのやら違うのやら?って感じなんですよねえ。
    私がそうだし上の高三娘もそうですが、基本的には変わりませんよ。
    ただ、成長すればそれなりに自分の厄介さが分かってきて、色々対処法は身につけます。
    例えば指示を一々復唱するとかね。
    復唱すればまあ割といけることが多いです。
    指示出した方からも、指示の直後に「で?何をする?」って確認して復唱させてみてればいいかと。
    あと、気がそれる雑音を減らすとかね。
    だからウチ、テレビは月一回くらいしかつけません。なんともない夫と下の息子は巻き込まれて災難ですが。
    あとは、音声指示は通りにくいからとにかく書く。何でも書く。

    それと、
    >「ズボンははかないでシャツと靴下だけ履いて」
    これは通りません。
    こういう指示はやめて。ズボンと聞いたらズボン履くよそれ。
    私は上は勿論下の子にも絶対こういう言い方はしないようにしてました。
    「シャツ着て、靴下だけはいて」でおしまい。
    ズボンに言及するなら、最初の指示からだいぶ間を置いて様子を見ながら「ズボンは置いておいて」かな。
    「Aするな」のネガティブ指示は普通の子でも通りにくいから「A'しろ」のポジティブ指示に変換する。

    教室で先生の指示に従えないのは、まあ気が散るか意識が彼岸に行ってるか何かで聞いてないだけかも知れないけど、
    もしかしたら「一斉指示が通りにくい」特性かもしれない。
    「○○さん」と自分だけに面と向かって出された指示は自分のことだと思うんだけど、
    多数に同時に出される音声指示は自分のことだと思えない、という場合があるんだよね。
    私はそれはないからイマイチ実感として分からないんだけど、
    私の母方の叔母で一人それの人がいる。
    普通の一対一の関係ではとってもいい人なんだけど、学校なんかの集団生活には向かないらしかった(母談)。

    ユーザーID:6771763692

  • おっと大目にみてほしいし、もっと詳しく説明してあげてほしい

    普段、先生がどちらを優先させているかにもよるよ思うよ
    「時間がきたら終わってなくても席につく」のか「多少の遅れはいいから言われたことを全部こなす」

    そのクラス(先生)はどちらを尊ぶの?

    お子さんをよく見てみてください
    注意力散漫ではなくて、集中力があって想像することが好きなのでは?
    ぼーっとしているように見えて、何かを考えていたり、何かを真剣にしていたりしませんか? 
    集中力がありすぎて 周りの動きをみてないことがあるよ

    例えば、
    「○○を出してください」と言われたとき、興味のある「○○」に反応して色々妄想中で、先生の「終わったらしまってください」が耳に入らず、
    2回目の「しまってください」では、なにを「しまう」のかがわからないから動けない。
    その場合は、先生に二回目も「○○」と品物名を入れてほしいと頼めばいいと思う。すぐ直る。
    お子さんが成長するうちに経験が増えて楽しいことも変遷していくから一つのものへの反応も弱くなる。

    例えば、
    「○○を出して使ったらしまいなさい」と指示されても、本人は「自分は○○をまだしまう必要はない」と思っていいるかも。

    理由は色々で、すぐにまた使うから、しまうのが面倒だから、
    しまおうと思ったけどみんなが席についてしまっていて1人で動いていいのかわからない
    机の上にあるのも嫌だけど1人だけ立ち歩くのはもっと嫌で天秤にかけて、そのままにしておこうと考えたのかも
    あとで席を立つときにしまえばいい考える子もいます

    子どもなりに優先順位をきちんと考えているんですよ

    自分のしたいことが最優先なので、好きな事を伸ばしてあげられると、飛躍的に伸びると思います

    なぜそれをするのかを教えてあげてほしい
    「油は石鹸でしかおちないから石鹸で洗ってきて」
    「これから出かける。しばらく歩くからトイレにすぐには行けなくなる。出かける前にいっておいて」とかね

    ユーザーID:4577550484

  • ちゃんとした大人になりましたよ。

    ウチの息子、29歳
    先生の記憶に残る落ち着きの無かった息子
    小学校2年の時の担任の先生に15年ぶりに道でばったりお会いしました。
    先生からは
    「息子さん、今何してますか?(落ち着き無かったあの子はどうなったの?)」
    と聞かれて
    「体力系公務員してます」
    と答えると心底びっくりしてました。
    多分先生の中では就職も出来ずにニートにでもなってると思ってたのかな?
    今でもちゃんと働いて部下も増えて頑張ってますよ。

    ユーザーID:8465980577

  • 我が家の場合

    例そのものではないものの、我が家の息子もやりそうな内容でした、

    例の内容をもし我が家の息子がやらかした場合だと

    「石けんで洗わず水だけで洗う」石けんで洗う必要はないと思っているか、石けんで洗ってイヤな思いをしたことがある(かゆみ等の皮膚の不快感)ので、言われたけれどやりたくないのでやらない(でも、言葉でそれを言うと怒られると思っているので言わない)
    「ズボン履かないで。。」否定の部分は脳に残らず、その前のズボンを履く部分のみが耳に残って脳に届いています。『ズボン脱いで、シャツと靴下を履く』と言うか、伝わりにくければ、更に2つの文に分けます。『ズボンは脱ぐよ』『シャツと靴下は履くよ』等
    「トイレ済ませてきて。。」これは、『済ませる』の意味がわかっていなかったのではないかと。洗面所でおトイレをしてしまった訳ではないですよね? 我が家はトイレに行っといで」と言うので、トイレに行きます。その前に、次にトイレに寄れるタイミング(移動で1〜2時間くらいは行けない等説明)と、今行きたいかどうかを聞きます。

    学校の先生の指示による物の出し入れは、何故出すのか、しまうのかの理由の説明がなかったのでやらなかった。 あるいは、次にまた使うことがわかっていたので、面倒でしまわなかった、とかですね。以上は我が家の息子ならですが。

    一度息子さんにどうしてなのか聞いてみてはいかがですか? 但し問い詰め口調では聞かないこと。本音を言わなくなるので。

    我が家は高校生になりましたが、忘れ物はかなり減りました。なくても本人が自分でなんとかしている部分もあります。未だに人の話をしっかり聞けていないところはありますが、自分が興味があることなら、ヒソヒソ話していても耳に入っているようですよ。

    ユーザーID:4968394443

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 次男がぼんやりさんでした

    多動ではなくいつもぼーっとしていて何も考えてないし人の話を聞いてない感じ。
    話を聞いていても理解できてない感じでした。

    たとえば学校から帰ってくるとランドセルが空っぽなことがよくありました。
    教科書などすべて学校に忘れてきてしまうのです。
    連絡帳の書き忘れなどほとんど毎日。
    いくら叱られても何を叱られてるのかわかってないようでした。

    でも障がいではないと言われてました。

    ひどかったのは小学校3年生くらいまで。
    高学年〜中学生とだんだんマシになってきて、高校のころはなんとか普通の高校生に。
    アルバイトもやってました。

    今大学卒業して社会人です。
    一応仕事はできてるみたいです。
    でも本人に言わせるとぼんやりの気質はまだ残ってるらしいです。

    ユーザーID:7941556901

  • おお そうだ。注意力散漫っていうか

    小1〜2年頃まで、早とちり娘が2人ほどいます。
    真ん中の長男が 幼児から冷静沈着すぎて そう思うのかもなんて
    思っていましたが、トピ文例で思い当たりました。

    小1の算数…
    1つめの船にひとり。2つめの船にふたり。3つめの船にひとり。
    さて何人が船にのっていますか?
    の質問に、小1の娘「3艘(おまけに漢字→大きく膨らみすぎていた)
    担任も何故、艘(そう)大人でも難しい漢字で?
    変な子で寿司屋の魚編の漢字、覚えちゃったり、TVのクイズ番組で覚えちゃって…でも算数の答えとしては間違っている。
    写真記憶っていうのですが、自分のツボに嵌った時だけしかでて来ないらしく…概ね粗忽でオッチョコチョイで根拠もなく自信満々。
    忘れ物も多い〜変に凄い記憶力なのに、普段は「あっ、忘れちゃった」も多く…忘れ物の女王って呼ばれました。
    細い子で気づかなかった私もアレなんですが、なんとパジャマの上から洋服(冬)を着て登校、体操服に着替えのとき気がついたんですって→小学校・高学年。

    粗忽は変わらないのですが、学力は小学校入学時からは
    ずっとトップクラスで現在、国公立大医学部志望の超難関高校生です。

    粗忽なところは 経験(同じ失敗はしない)でカバーする様になった様で
    中学あたりからは 周りからも冷静沈着な評価を受けている様です。
    でも本質は変わらないかな?
    最近 違うスニーカーを片足ずつ履いて「今日なんだか1日中、傾いていた。病気かな?」って。弟に「姉ちゃん、スニーカーのメーカーが片足ずつだよ」って突っ込まれていました。もうビックリ。

    性格は変わらないけれど年齢とともに是正される様です。

    ユーザーID:7730924880

  • 息子さんと同じく注意散漫な子でした。

    ピノさんと同年代の主婦です。
    私自身が幼少期から小学生時代「忘れ物・落し物・聞き漏らし大王」でした。
    親から注意散漫、ケジメがない、と説教されている間すら他の事を考えて右から左。
    中学時代は、夏休みの宿題のドリルもなくし、最後まで提出しませんでした。
    成績は良かったので学校側の内申書はセーフにしてもらいました。
    高校は校則も宿題もない進学校で、楽しい思い出しかありません。

    しかし大学でつまづきました。毎日行くことは行くのですが、興味のない講座はもとより試験すら受けずに結局半年ほど留年しました。
    いつものんびりと我が道を行く私を親は「大陸的な子だ」と見守ってくれ(呆れ?)て、感謝しかありません。

    留年の学費はバイトで稼ぎましたが、それまで家庭教師しかしてなかったので接客業では全く通用しませんでした。
    お客さんからの注文、お釣り、その他色々大間違い。緊張してテンパって間違えてのループ。早々に辞めさせられました。

    大学卒業後の職場で鍛えられました。ふんぞり返って理不尽で怖い陰湿な大先輩がいたのですが、返って良かったです。
    全部メモし、電話は一番にとり、自分のことはおいといて周囲に目を配っての毎日。
    結婚を機に退職しました。

    その後で働いたとことろはクリエイティブな会社ですがミスが許されないところでした。
    風邪で3年に一度、休んだくらいですが、疲れよりもやりがいが勝っていました。

    現在、家庭では相変わらず注意散漫で、夫の話を聞き漏らしたり、全く忘れたりです。

    ですが外に対しては神経質なほど、時間厳守、事前の準備しています。
    7対3で、昔の私と今の神経質な外面の私ですが、メリハリ(ある意味ケジメ?)のあるおばさんになれました。

    もう少し成長するまで見守ってあげてください。
    いつか他者から息子さんがガーン!と「自分、社会では通用しないかも!」と気づけたら大丈夫ですよ。

    ユーザーID:2531517793

  • うちの息子がそうでした

    我が家の二男が小学校中学年までそんな感じでした。

    発達検査については一度も指摘されたことはありませんでした。

    友達はたくさんいてうまくやっていたし、学習の遅れもありません。

    ただ、自分の興味のあることにはすごく集中してやるのに、興味のないことは、宿題などの提出物もギリギリまでやりません。

    ずいぶん心配しましたが、小学校高学年で児童会の仕事をさせてもらい、少し責任感や他者への気遣いなども芽生えました。

    中学校、高校も、やりたいこととやりたくないことの取り組み方の差は大きかったけれど、大学で一人暮らしも経験し、面倒なことでもやらなければ自分が困ることを学びました。

    社会に出てからは上司や同僚ともうまくやっていて、全く普通の生活をしています。

    いまでは2児の父です。

    ユーザーID:5715507510

  • 成長とともに落ち着くと思いますよ

    わが息子も小学1年生の頃、自転車で遊びに行ったはずなのに歩いて帰ってきたり、
    物はとにかく無くすと酷いものでした。
    経験不足という事もありましたが、やはり性格ですね。ですが、年齢と共に成長していくと思います。
    今は6年生になりましたが、やはり忘れ物は多いですが、昔に比べたら、良くなりましたよ!

    ユーザーID:3587485431

  • 弱点を自覚すればカバー可能

    トピ主様は私の母?ってくらい、私は息子さんに そっくり!

    半世紀近く生きてますが、注意力散漫、人の話を聞かないのは治りません。

    親には注意されまくって育ったのかも知れませんが、誰かに矯正された記憶は有りません。

    小学生の高学年で読書が好きになり、図書室の本を棚ごと読む勢いでしたが、

    ほぼ学校から勝手に持ち出して読んでたので、母が学校に何十冊もの本を返しに来てくれ私の代わりに謝罪してたようです。

    授業の忘れ物は多かったものの、中学では違うクラスの仲間から教科書や裁縫セット書道道具など貸し借りする知恵がつき、

    生活面で母の気苦労は絶えなかったと思いますが、勉強は出来たから進学、就職、結婚できました。

    仕事は事務を20年してますが、2つ以上の指示は何かしら忘れたり、ルーティン作業もうっかり抜けたりケアレスミスが多発します。

    大人になったら、自分の傾向を踏まえて再発防止の対策を練れますから、性格を知恵でカバーしている感じです。

    私の場合は苦手克服よりも、得意な事を伸ばす教育してくれた親に感謝しております。

    ユーザーID:4256550576

  • きっと優秀

    御子息の場合、言われたことを自分なりに解釈し、判断実行する優秀なタイプだろうと思われますね。

    手を洗うという要点を抑える。
    靴下をはくならズボンも履くだろう。
    トイレを済ませるをトイレをやり過ごすと捉える。
    名前を聞かれてるけれどちゃんと聞きとっていないからああ、元気?と聞かれたんだなと思ってあたりを付けて答える。
    常に周囲を観て情報収集したい。

    うちの旦那は通知表を見ると毎年「注意散漫」的な表現をかかれていましたが、常にニュースに関心を持ち、周囲の人々の状況や気持ちを読んで的確に動きたいタイプです。ただのサラリーマンですが一応出世してます。
    知能が平均以上であれば、経験値を積むことで「自分で考え行動する」理想的な大人になると思いますよ。
    (ただ、じっとしてるのが何より嫌いなので、交通機関などじっと待つくらいならわざわざ多く乗り換えても先に進むとか、一緒に動く私としては面倒だなーと思う事もあります)

    ユーザーID:2204020291

  • だいじょうぶでしたよ

    私も,息子もそんな子でした。
    でも今はちゃんと,大丈夫ですよ。私も,子供もそれなりに。

    私の場合,低学年までは他のことを考えていて,先生の指示を聞き漏らしてしまうことがたまにありました。でも自分の興味のあることは大丈夫,クラスで他にはだれも覚えていなかった先生の話を覚えていて,テストで一人だけ正解したことがあります。当時から理科が好きだったのでそれに関することです。

    大人になった今でも,興味のない話の時には脳内で別のことを考えてしまいます。今もそれが役に立つことも多々ありますよ。一人がちっとも苦ではありません。

    息子もほぼ一緒ですね。靴下履こう,と靴下を渡しても手に持っただけでなかなか履かない。きっと彼の脳内に届いていない。2回目言ってみる,まだまだ。3回目も撃沈。
    「言葉が〇〇くんの頭蓋骨に跳ね返されちゃって,なかなか脳内まで届かないなあ。どうしたら届くかな」と言って待つと,5秒後くらいにやっと届いたようで,靴下をはきます。本人,にやにやしています。
    ちなみに小6です。
    でも成績はいいです。興味のあることは集中します。

    先生が全体に向けていったことにさっと集中できるようになるのは,子供により差が大きいように感じます。
    聞いておかないと困ることになるから,という危機感で私の場合聞けるようになっていった気がしますが,それは嫌な感覚です。
    そもそも危機感が薄ければなかなかそうはならないでしょう。でもそっちの方が健全な感じがします。そういうお子さんでも成長すれば自然と聞けるようになるので,そんなに心配いらないんじゃないかな,と思います。

    そういう子の方が大物になりますよ,多分。

    ユーザーID:4892101873

  • 私がそうでした。

    アラフィフパート主婦です。
    子供が二人います。

    人の話をまともに聞かず、お返事ばかり百点満点のいい加減な子供でした。
    遅刻や忘れ物、宿題しないは日常茶飯事。
    小学校低学年のとき母は学校に呼び出され「落ちこぼれになりますよ!」と担任の先生に言われたそうです。

    大人になるにつれ仕事の経験などから学び、人様からはしっかり者と勘違い?されています。

    母は仕事や親の介護で激烈に忙しくそんな私にかまけている暇がなく、私はのびのび?と育つことができました。
    母は忙しかったけれどとても愛してくれていたと実感していますので自己肯定感が損なわれたとは全く思っていません。
    どちらかというと昔のおおらかさが私を潰さなかったのかなぁと今では感じています。
    因みに娘が私にそっくりで(汗)母は私の再来だーと笑っています。
    自分の経験があるのでそこまで焦ってはいませんが。

    ご参考までに。

    ユーザーID:2186332985

  • 私も息子も

    家を行ってきます。と出てほぼ毎日何かを取りにすぐ戻ります。

    家の中で確認してから出ればいいんですけど、
    ・ケータイ
    ・財布
    ・家のカギ
    ・ハンカチ
    ・ごみの日のごみ

    と確認したつもりが忘れます。

    今日は電動自転車の電池を忘れたので家を出て3歩で戻りました。

    こどもの部屋にあったゴミを集めるのを忘れました。


    残念ながら天才的要素はなく、他人に大迷惑も(多分)かけることなく日常を過ごしています。
    診断を受けたことはありません。


    こどもも今日は一度出てから何かをとりに帰っていました。
    私よりは勉強ができますが、凡人の範囲内です。

    ユーザーID:9654033817

  • 治りましたよ

    27歳の息子がいます。
    本当に落ち着きのない多動気味の子供で、「そんなにウロつくなら外に行きなさい」と
    言われると本当に園庭に出ていくような子でした。

    忘れ物もなくしものも酷かったですね。

    それが改善したのは、中2,13歳の夏でした。
    要するに思春期で、自分が人間なんだとある日、気がついたそうです笑。
    それまで自分は虫だと思っていたそうです。
    冗談かどうかは、別にして何かフィルターがかかった状態だったと言ってました。
    それからは、勉強も頑張り進学校に進み大学も理系の院まで出ました。
    今はIT企業で頑張ってます。

    ユーザーID:4590229204

  • お礼・・・遅くなりすみません

    皆様、経験談を書いて下さりどうもありがとうございました
    お礼が遅くなってしまい、すみませんでした

    「そのままだよ」「直ったよ」
    大体半分くらいだったでしょうか・・・・
    でも皆さま、大人になる頃には資質は変わらない場合でも世間に対応できるようになっていくのだと思い、少し安心しました

    現時点ではとても困っていますが、指示する時の言い回しなど具体的に書いて下さった方もおられ、とても参考になりました。
    ご自身がそうだったよと書いて下さった方、
    今普通に立派な大人になっておられるようで、安心しました

    色々と、悩みに寄り添いアドバイスや経験談書いて下さり、とても参考になったと共に感謝しております。
    レス下さった皆様、どうもありがとうございました。

    ユーザーID:3255402596

  • ウチの夫と周りの人間

    欧州在住。夫は現地人ですが、彼は小学校1年生への入学間もなく、学校でも授業中でも余りにもボーっとしているので、両親は当時の担任の先生から彼を特別養護学校へ転校させる様に薦められたそうです‥‥‥が、現在医者です。

    結局、両親は「もうしばらく様子を見てから」と抗議したのが幸いしたのか、その後、小中高校では数学、物理は常にクラスでも一番だったらしいし、
    本人は頭の中では子供の頃から常に自然科学の事を考えては、ボーっと自分の世界で遊んでいるらしいです。

    今でも家の中でも買い物などでも「忘れ物」は多いです。
    彼とは彼が医学生の時から同棲していたのですが、国家試験の日には私が前日にアイロンをかけて用意しておいた白衣を、玄関先にしっかり忘れて行きましたよ。

    しかし仕事に関しては完璧主義者。病院では現在、責任あるポジションにて後輩の指導者です。

    娘も医学生ですが、子供の頃から少々夫に似たこの傾向が見られます。
    ひとつの事への集中力がものすごく高い割に、こちらの言うことはまったく耳に入っていない‥‥と感じる事が今でもよくあります。

    友達の家に遊びに行けば、彼女が何か忘れ物したり無くして来るのは有名でした。
    迎えに行った帰りの車の中で「忘れた!」と言うので引き返して取りに行けば、今度はちょっと側に置いたまた他の何かを忘れる‥‥と言う事も幾度かありましたよ。

    また彼女は同じ医学部にスポーツ万能で成優秀な彼氏がいるのですが、
    ある日その彼氏は寝坊して講義にぎりぎり遅れて入って来た‥‥と!!気がついたら彼はジーンズではなく、パジャマのズボンをはいたまま大学に来てたそうですよ。

    まあ、人ってこんなもんですよ。

    トピ主さん、とにかく母親として焦らない!事ですよ。

    ユーザーID:3166996729

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧