• ホーム
  • 話題
  • 人生挫折組。あなたの頑張る根拠は何ですか?

人生挫折組。あなたの頑張る根拠は何ですか?

レス25
(トピ主4
お気に入り78

生活・身近な話題

とび箱

トピを見ていただき有難うございます。

私、既婚40代女性、子供もいます。
これまでの人生失敗だらけ。思い出すだけでも、泣いてしまいます。

それでも、ちょっとでもよくするために頑張っています。

あなたの頑張る根拠は何ですか?

私は、よくわからないけど。天国の母にちょっとでも、この子の母親でよかったなって思ってもらいたいです。

すみません、ひとりごとでした。

ユーザーID:1901703120

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何となくお気持ち分かります。

    私も40代既婚、子供もいます。
    願い通りにならず苦しんだこと沢山ありました。
    それにいくら頑張ってももがいてもどうしても無理な事もある。
    いい意味で諦め流されていく事も大切だと思うようになりました。

    頑張る根拠は生を受けたからにはただ天命を全うする。
    特別なことなんて何もしなくていい、ただ日々穏やかに生きる。
    それだけでとても幸せなことなんだと疑いなく思っています。

    それは亡き父から死期迄に身をもって教えてもらったことです。

    でもね、頑張るっていう表現も少し違和感を覚えます。
    少なくとも私はもう頑張ってないです。
    ただ心のままに生きていくだけ、そんな感じです。

    ユーザーID:7773710645

  • 喜ばせたくない人がいまして

    こんにちは。頑張る根拠はですねえ〜。。。

    わたしがコケた事を知ったら、確実に、ほくそ笑む人々がいます。
    その人達の性格は知り尽くしていますので、単なる想像ではなく。
    どんなことがあっても、彼らを喜ばせるのは嫌なんです。
    逆に、ソレナリに成功したら非常に不愉快と思うでしょう。
    (わたしが個人的に幸せになるというよりも、社会的に成功したら
     不愉快になることを知っています)

    実にくだらない、つまらない理由で、頑張って…踏みとどまっています。

    他人の思惑に捕らわれるのは結局のところ満ち足りていないせい。
    過去は忘れて自分が幸せに。…というのが王道で正論でしょうけど、
    えげつなく酷い目に遭った後に、とにかく自尊心を支える必要があって
    こういう心境に至りました。
    最近は少し薄まりつつありますが。

    健気なとび箱さんの、美しい動機とは正反対で恐縮です。

    ユーザーID:0468328660

  • トピ主さんの思いに近いです

    あることに挫折し、まさに敗者路線まっしぐらです。
    今やっていることは、死んだ親父との約束です。
    仕事自体、逆風の業界です。
    頑張る根拠は、天国に行ったら約束は果たしたと胸を張るためでしょうか。

    ユーザーID:2552131956

  • 義務感

    子どもがいるので…
    この子が無事に成人して、
    望んだ道を歩いていけるまで導くのが
    親としての義務だと思っています。

    ので、それかな。

    子育てが済んだらもういいわ。
    って感じ。

    ユーザーID:0904158489

  • 私も同じことを思ってますよ

    失敗ばかりです。

    過去に戻ることはできません。
    反省しても取り返しのつかないことばかり。

    お互いに少しでも人生が良い方向に向かいますように。

    ユーザーID:1492857242

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私も「人生挫折組」。

    私の頑張る根拠は・・、

    なんだろう、

    なんだろう、

    何もなくて涙が出てきた。

    でもこういうトピ読んで、

    友達が出来たようで嬉しい。

    ユーザーID:4859634478

  • 全く思うようにならなかった人生です。只今40代半ば。

    努力はしましたが、不運が重なりました。
    母の病気、自分自身の不治の病、夫の大病・・・

    確かに、ある時から全く思うようにならなくなった人生で、
    人生挫折組の代表に選ばれても胸が張れるほどですが、
    私自身は挫折する度に人間としてはマシになれてきている
    気がしているのですよね。
    ある時までは私は思うような人生を歩めており、
    どちらかと言えば成功している方でした。
    その、成功していた頃の自分自身と、今の自分自身を比べると、私の中では、
    今の私の方が遥かに人間としてはマシになってきていると思えるのです。

    さて、本題ですが、私の頑張る根拠、それは、
    死ぬまでに、少しでも自分を人間としてマシなものにしてゆきたい、
    という人間として生まれたがゆえの切実なる気持ちでしょうか。

    この間亡くなられた樹木希林さんが、生前、
    人生の中で自分の綻びを繕っているような気がするの・・・、
    というようなことをどこかでおっしゃった時、
    とても共感したことを思い出します。

    最近心に響いた言葉に、フジコ・ヘミングさんの
    「人生は時間をかけて私を愛する旅」という言葉があります。

    この人生の中で、少しでも自分自身を人間としてマシにしてゆき、
    そしてそんな自分自身を十分に愛してゆきたい、そう思っています。

    トピ主さんのお言葉をお借りすれば、
    ご先祖さん達に、苦労の多い中良く頑張った、そう思ってもらいたい、かな。

    ユーザーID:3456824640

  • 私は…

    アラカンです。私の頑張りの元になるのは、相手の人の笑顔です。家族であれ、仕事関係の人であれ、相手の人が笑顔になってくれるのがうれしくて頑張っています。時には落ち込むこともありますが、そういう時は、美味しいものを作って、家族ととりとめのない話をしながら食べたり笑ったりしていると、「人生、上手くいかない時もあるさ」と思えてきます。そう思い始めてから次の対応を考えると、上手くいくことが多かったです。「笑う門には福来る」は、本当だと思います。

    ユーザーID:2685623098

  • わかるような、わからないような

    40代既婚でお子さんもいるというのに、
    「挫折組」とは、何に挫折しているのか、わかりません。
    それなのに、皆さん、わかるとレスしておられる。

    私は50代で、人生いろいろ辛いことがあるけれど、
    挫折という言葉は浮かばないです。
    頑張る根拠、、、「根拠」という言葉もしっくりこない。
    淡々と前向きに生きているだけです。

    ユーザーID:7888764067

  • 特に

    特に頑張りませんよ。

    楽しんではいますが。

    一人言でした。

    ユーザーID:2733073014

  • そうですね・・

    若い時は頑張れば報われると信じて、がむしゃらだったと思います。
    でもある時の無知ゆえの失敗で取り返しのつかないことが起こりました。
    もがき苦しんで泣き叫んだ数年後、諦めと受容に変わりました。
    肩に力を入れ過ぎて生きていたからこんな目に遭ったと悟りました。
    人生って本当はもっと楽しむモノだったんだと気づいてから少しラクになりました。
    大きなモノにきっと見守られている、失敗もたくさんしたけれど人生捨てたものじゃなかった、そう思うことが今の私を支えているように思えます。

    ユーザーID:7519165266

  • 思い描いていたものは手にははいらない

    挫折とまではいかないですが

    子供のころ思い描いていたものって
    かなわなかったです

    いわゆる普通というものになりたくて、
    一時は無理もしたけれど、続かなかったし

    何もないというのもある意味平穏なのだと感じています

    でも、不幸ではないんです
    時々心が痛むことがありますが、
    割合私は幸せなのかもしれないと思える毎日です

    これまで通り、コツコツ頑張って無理しない
    派手なことも、いいこともないけど

    悪いこともそんなに起こらないといいなと思います

    頑張ったからと言って報われるわけではない世の中ですが
    頑張らないと報われるチャンスもない

    でも、どんな所でも生きていける強さは得ることができたと思います
    失敗は財産ですよ
    最後に恥ずかしくない人生だったと思えるようにはしたいと思います

    ユーザーID:9771549867

  • 自分の為

    失敗、挫折は自己責任
    なので自分の仕出かした事は自分で責任を取るのが道理です
    そこから頑張って上を目指すのは自分の為
    人の為でも何でもありません

    治らない病になりました
    現在、充分辛いので、悲観してこれ以上辛くなるのは結構です
    ここから這い上がります

    ユーザーID:8446988448

  • いいトピですね

    考えさせられました。
    いいトピですね。

    私の場合は、子どもに、「人生は結構楽しいもんだよ。」っていうのを教えるためかな〜と思いました。

    ユーザーID:8666725090

  • 結乃様、有難うございます

    何となく気持ち、わかっていただいて有難うございます。

    流されていくことも、大切ですね。

    流れに抗って、逆行するのは、凄まじいエネルギーがいります。

    天命って、なんなんでしょう?

    子供を育てること。周囲の人に優しくすること位しか思いつきません。

    特別な能力があるわけでもないし、ピアニストやスポーツ選手のように幼少のころから
    継続して何かを習わせてもらったわけでもありません。

    正規職員の仕事は主人が転勤族だったため、辞職。その後はパートや専業主婦です。

    あれこれ劣等感とともに考えてしまします。

    日日是穏日。

    穏やかに生きたいですが、逃げられない誰かからいじめられるとか。
    誰かから迷惑をかけられるとか、裏切られるとか、自分の意思では何ともならないことも多いですね。

    頑張る…日々やりたくないことをやらなきゃいけないことだらけで。

    面倒な税金などの手続きや、家の掃除や料理、親せき付き合いなど。

    やりたくないことを無理やりやらなくてはならないことだらけなので、頑張るって気合い入れないとできません。

    ほんと、心のままに生きたいです、好きなことだけして。

    ユーザーID:1901703120

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 全て少しずつ。

     人生で、失敗は多数。成功も少し。総量、総数ではどちらが多かったのだろう。自分が「挫折組」と思わないのは、失敗しても、見方などを変えると、そう悪くないことと思ったりして、楽天的に生きるように努力したからだと思う。ちなみに、ちょっとしたことで、人生が変わったり、変えられたりするんですよ。信じられないでしょうけれど。
     幸せを感じうる神経を磨くこと(お子さんやお孫さんたちは頑張っていますよ)、日々を丁寧に生きること、自分は自分、人は人、そこらへん頑張りましょう。

    ユーザーID:1046447753

  • さら山様、有難うございます

    >喜ばせたくない人がいまして

    反骨精神の事でしょうか?

    気概があって、羨ましいです。

    好きの反対は嫌いではなくて、無関心とはよく言うけど。

    私は、人から哀れまれるタイプのようで、いじめられたり、からかわれたりと、赤子の手をひねるかのような扱いで
    対等にライバル視など多分してもらえません。

    >実にくだらない、つまらない理由で、頑張って…踏みとどまっています。

    いえ、根拠は方法論、通過点に過ぎません。理由はどうであれ、さら山様が成功されることは素晴らしいことです。

    >他人の思惑に捕らわれるのは結局のところ満ち足りていないせい。

    相対的な論理と、絶対的な論理。

    相対的なお考えの人は、常に対象他者との比較位置関係で自分の評価が決まる。
    でも、それもいいですね。

    マラソンでも苦しい時は、絶対的評価のタイムを考えるより、前の人についていこうとか、次の電信柱までとかと
    思った方が楽かも。

    >えげつなく酷い目に遭った後に、とにかく自尊心を支える必要があって

    すごいお言葉を言われるほど、壮絶な思いをされたのかと。
    よく耐えていらっしゃって、理性がお強いのだと感じます。

    健気で美しいなんて言って下さり、感謝です。

    私の動機も、激しい兄弟差別が根底にあるから、母とお別れして何十年も経つのに、いまだに
    (お母さん、見捨てないで、私も、ここにいるよ)って、魂が叫び続けているのかもしれません。

    過酷で暗鬱で、混沌とした迷路のような人生で、汚泥にまみれた中から宝石のかけらを裸足で泣きながら、孤独に探し続けているような気分です。

    ユーザーID:1901703120

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 挫折知らずの人の方が少数派では?

    それに本当の挫折知らずで、いい大人になって初めて挫折した日には
    大人のはしかみたいなもので、免疫なさ過ぎて死んじゃうかも…

    トピ主様40代既婚子持ちになってなお、思い出して泣くほど辛いことが
    多い人生なのですか?更年期障害で情緒不安定かも知れませんから
    根性で乗り切るのは程々にして、婦人科に行ってみるなど現実的に
    対処なさることもおススメしておきます。当方同年代女でそうしています。

    ユーザーID:5671674902

  • 個別にお返事ありがとうございます。

    >天命って、なんなんでしょう?

     トピ主さんがお答えくださったこと、
     それらを全て受け入れて消化していくことでは?

    お返事を読む限りでは、
    劣等感に捕らわれるような人生には思えません。
    私も似たようなものですよ。苦笑
    子育て中心の専業主婦、結婚の為正職退職、
    子供時代には沢山の習い事をしてきましたが、
    どれも趣味の範囲を超えてません。笑
    余程才能がない限り習い事で生計を立てられることは稀です。

    世の中には色々な人がいますので問題はつきものだと思います。
    私だって人なりに苦労して苦しんで辛い想いしてますよ。
    でもそこから学べるもの見えるものもありませんか?
    無理だと思ったら少しだけでも距離を置くの事も大事。
    自分を壊してしまったらお終いですよね。
    私はその辛さ知っています。

    トピ主さんはきっと真面目な方なんでしょうね。
    頑張り過ぎてる、どこか手抜きしてやっていくと少し楽になるかも。
    親戚付き合いだって本当に限界を超えてるなら疎遠にする方法もある。
    色んな可能性、道を考えると頑張り過ぎないで済むこともあるのでは?
    完璧な人はいないんだから、周囲を気にしないことも時には必要だと思います。

    今はきっとマイナスな部分しか見えずお辛いと思いますが、
    それがずっと続くことはありません。
    必ず少しの行動の変化で変わりますよ。
    ご自分を大切になさってくださいね。
    勝手言ってごめんなさい。

    ユーザーID:7773710645

  • いろいろあります

    昨年までに両親の介護・看取りをまあまあに済ませて、この世の義務の一つは果たせたかなと思っています。

    私ががんばっているのは、亡き両親の夢を叶えるため。父は生前、私が仕事をやり続けることを強く望んでいました。なので、今の仕事はできる限り長く続けようと思っています。

    ご先祖さまの供養をすることも私の大切な役目です。私は先祖に守られていると感じているので、彼らの喜ぶように考えて行動しています。

    それから若い世代のこと。これからの世の中を担っていく子供たち、若い人たちに気を配りたい。

    先祖や両親と若い世代をつなぐように生きていければ、今世で私が存在した意味があるのかなと思っています。

    ユーザーID:0816436033

  • 何だかホッとさせられるトピです

    都内在住、既婚、小学生の娘がいます。

    特技もないしキャリアもない専業主婦です。
    でも独身時代のかけがえのない楽しい思い出も沢山ありますよ。

    小町読んでいると年収三千万だ五千万。お子さんも学年トップで人間性も素晴らしいと言う方ばかりで。
    そういう方達からしたら主人は一般のサラリーマン、娘も勉強もスポーツも普通の私は負け組なのかな?と思いますが。

    周りでは何個も習い事させて人より上へ上へとしている母親ばかり。
    私も初めは焦って娘に自分の独断で決めて習い事いくつもさせました。

    ある時、読売新聞の連載で難病のお子さんの記事を読み。
    新薬で一歩だけ歩けるようになった。それが物凄い希望になっている。
    それを読んで何だか全てが馬鹿らしくなったんです。
    自分が物凄く恥ずかしかった。

    学年でトップだとか難関校に行かせたいとか、富裕層とか、それが何なのだろうと。

    他人から見たら負け組でも自分が楽しかったらそれで良いじゃないと思いました。

    娘にもやりたい習い事一つだけにして、二人で「世界に一つだけの花」をいつも歌っています。

    ごめんなさい。トピの答えにはなっていませんかね。

    ユーザーID:9534117278

  • ドンキー様、有難うございます

    >トピ主さんの思いに近いです

    よかった、共感してくださる方がいてくださって。

    >あることに挫折し、まさに敗者路線まっしぐらです。

    それって、リカバリー可能なことなのか気になります。
    もし、努力でリベンジできるなら、うまくいくといいなと願います。

    >今やっていることは、死んだ親父との約束です。

    お父様と約束ができた。それ自体私には素敵なことだと思えます。

    私は母とは、比較的早い時期に、母が旅立ちました。
    結婚も、妊娠も出産も育児も一人ぽっちでした。
    もちろん里帰り出産など、できるわけもありません。

    父とも何十年も冷たく生き別れをしていましたから。
    まるで、私の存在などいないかのように、交流がありませんでした。

    だから両親とも、約束も何もできずじまいでした。

    無理やり、自分が心の中で「おかあさんと指切りげんまん」「お父さんと約束」って言い張ってしても
    そんなの虚しい一方通行の一人相撲ですよね。


    >頑張る根拠は、天国に行ったら約束は果たしたと胸を張るためでしょうか。

    遠いいつかの日、胸張って言えるといいですね、約束を果たしたって。

    その約束が、課程なのか結果なのかは分かりませんが。
    「成功させるために必死で頑張りました」なのか「仕事成功させました」なのか。

    私も、天国の親に捧げる言葉を模索しながら、生きていかなければならないと痛感しました。




    ユーザーID:1901703120

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • こんなにも心待ちに、個別レスを待ってる私がいる。

    2度目です。

    トピ主さんの個別レスが何とも美しく、
    ほかの方へのそのレスも、
    何度も読み返しては、
    心ふるわせています。

    いつかいただける私めのレスも、
    あと何番目と、
    待ち遠しくしています。

    さら山さんへのレス、
    ・・「自分の失脚を待ち望むあの人を喜ばせるわけにいかないという、
    そんな相対的な頑張りでもいいと思う」・・

    ああ、どんなにか心強く心許される優しいレスでしょう。

    強い悪意や憎しみを知っている人の、
    他者を許す包容力です。

    トピ主さんのような人が、
    小町にいることが有難いです。

    ユーザーID:4859634478

  • みかど様、有難うございます

    >義務感

    子供を産んだ以上は育てる義務がある。
    そうですね。

    でも、親の卒業式っていったいいつなんでしょうか?

    成人していなくても、就職した時?

    成人した時?

    20歳になっても、まだ学生だったら卒業して就職する時?

    大学院でずっと研究で、30歳過ぎても学生してたら?

    それとも年齢に関係なく、実家を出た時?

    子供に「自分の事は自分でやる」等と、親離れを宣言された時?

    難しいですね。

    いったいいつになったら、精神的なへその緒が切れるのか。

    一般的には就職をして自活の頃かな?って思いますが。
    それも五月病で、出社できなくなったり。
    就職しても何年かして、うまくいかなくて無職になったら?
    子供の結婚問題は?

    なんて考えると、まるで、終わりのない底なし沼。

    最近では、孫の面倒を見るのが当たり前で。
    自分の子供だけ、里帰り出産できないのもかわいそう。

    保育園の送迎は、やらなきゃ。
    初節句の五月人形、ひな人形はどうしよう。
    七五三のお祝い。
    ランドセル。

    親の心配は、ずっと続きます。

    私も育児が辛すぎて、こんなに、子育てが苦しいのだから、子供が20歳になった日に電話をかけて
    「今日お母さんは、あなたのお母さんを卒業します。もう、何もしません」って宣言するんだって、思い続けていました。
    実際は全然違っていましたが。

    近所の90歳近いおばあちゃんは、まだ「息子がね〜」ってまだまだ、子供の心配してるんですよ。

    親っていったい…。

    お母さん、どうして私をすてたの?
    お父さん、どうして私を無視したの?

    答えのない禅問答は、心の奥深く、深層回廊を終わり知らずに巡ります。










    ユーザーID:1901703120

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 二極化する物の考え方は止めたほうがよろしいかと思います。

    偉そうなタイトルでごめんなさい。

    トピ主さんの他の方々への文章の書き方は丁寧で、優しいお人柄ですね。
    言葉遣いも繊細です。

    しかし、あえて言います。

    何をもって、「人生挫折」「失敗だらけ」でしょう?

    挫折や失敗なんて、程度の差こそあれ、老若男女、生きていれば必ずあると思います。その悲しさ、悔しさ、後悔、懺悔、みじめなことを、自分の人生に必ず「昇華」させると思い込めば、後ろを見続ける時間は減るのではないでしょうか。

    私も40台で、世間の見方では、勝ち組らしいです。
    でも、全く、勝った気はしません。
    というか、何に対して勝ったのか、聞いてみたいです。
    勝つということは、いつか負けが来るのでしょうか?
    職業、ステイタス、住環境は、他人の見方です。
    仕事も家族も人間関係も必死で、毎日が秒速で過ぎていく感じです。
    今を生きなければなりません。

    私の実家も両親の不仲、DV、身も心も遠い親戚です。子供に言うような内容ではないことも言われました。書籍類が私の心の支えで、マンガ、小説を書き、映画ばかり見る10代、20代で、地味な人間で、おしゃれに疎く、人付き合いが苦手でした。

    人生このままでは浮かばれない自分に嫌気がさし、180度違う自分になりたく、今まで生きてきました。利用されたり、とんでもない目にもあいました。泣きたくても、泣けなくなり、面の皮は分厚くなりました。

    うまく言えませんが、人生挫折組と決めなくてもよいではありませんか。
    その時、その時、良かれと思って選択していると思います。
    それを否定してしまうと、苦しい思いが残ってしまうと思います。

    ユーザーID:1003648465

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧