現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家族が怖い 携帯からの書き込み

2018年10月9日 6:48

家族と上手くコミュニケーションが取れず、悩んでいます。
私は20代後半の女性です
兄は30代前半で4つ離れています

小さい頃から(小学生〜高校生)、暴力的な兄に怪我をさせられたり
少しの喧嘩で、殴る蹴る怒鳴るなどを繰り返しされていました
殴られた衝動で倒れた時に、頭を抱えられおでこに膝蹴りされ意識が飛びそうになったことも
母は、口では辞めなさいと言いますが兄の暴力を止めることはできません
父親がおらず、母も私も兄には力では敵いません
そんな母も、更年期で不安定だったのか 幾度となく私へ手をあげられてきました。手をあげる以外では、家から出される、倉庫に閉じ込められる等です
普通の家庭でも、子供が悪さをしたらお仕置きとして罰を与えたりするものなのかもしれませんが
殴られる、真っ暗な倉庫に閉じ込められる恐怖を常に感じてました
兄も母も、怖い存在でした
高校卒業とともに実家を出て、一人暮らしを始めました
兄とは今はもうほとんど会いません。法事などで会うことはありますが相変わらずの性格なので疎遠にしています。兄は母には暴力を振るわないので(暴言はありますが)母とは上手く暮らしているかと思います
もちろん独身。長男なので実家を継ぐようです
母は、兄のことは大好きというか、やはり息子なので可愛いだろうし頼りにしていると思います

続きます

ユーザーID:5421228558  


お気に入り登録数:10
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です携帯からの書き込み
(トピ主)
2018年10月9日 11:59

続きです

母は、更年期の不安定がなくなってからは
とても穏やかで優しい母に戻りました。
私を心配してくれて色々な援助を申し出てくれます(結婚式の費用、引っ越し祝いの家具家電の費用など)
ですが...なぜか未だに怖いと感じたりするのです
電話がかかってきた時など、画面に母の番号が表示されているのを見ると
動悸や冷や汗、ひどく気持ちが沈んでしまったり
テンパって電話がとれなかったりします
電話をとっても、冷たくしてしまったりキツい言い方をしてしまう時もあります
そんな自分が嫌で嫌で 落ち込みます

今の母は本当に優しいです。
もう昔のように手を上げられることなど有り得ません。もう昔の怖い母ではありません
親孝行したいです
それなのに心の中では 母への恨みのような気持ちがあるのです
父がいればどうなってたんだろう?なぜ私ばかり暴力を受けていたんだろう?
幼い頃、お前などいらない、◯んでしまえと言われた記憶が鮮明に残っており
労わりたいのに 親孝行したいのに
出来ない自分がいます
叱られるようなことをした昔の自分が悪かったとも思うし もう昔のことは忘れて楽になりたいです
普通の、笑顔溢れる母と娘の関係になりたいです
まとまりのない乱雑な文章で申し訳ありません

不仲だった家族関係から修復できた方、いらっしゃいますか?
トラウマを乗り越えた方などいらっしゃいましたらお話を聞きたいです

ユーザーID:5421228558
書く、カウンセリング、読む。
遠きにありて思ふもの
2019年1月6日 13:08

腕の良いカウンセラーを探し出して、定期的に通われると良いと思います。

自分と馬が合うカウンセラーにたどり着くまで、何人でも
面接を繰り返しましょう。

最初はご自分の持っている健康保険で行ける「心療内科」に行ってみて
「カウンセリングを受けたいけれどカウンセラーを紹介してほしい」
と相談してみては?


その他は、
1.ジャーナルに記録する。
 自分の気分の落ち込みや、恐怖のありさまを書き続けます。
 それによって、次第に自分を客観的にみる事が着るようになる事を
 期待します。

2.「毒になる親」など本を読んだりして、知識を増やします。

3.体を健康に保ち、ウツ予防のために、軽く汗をかく運動を30分〜1時間
週4〜5回しては?
体力もついてくると、自信もつきやすいです。

日記を書いて、自分を見つめるのも良いですね。

大正・昭和時代の文学者「室生犀星(むろうさいせい)」が
自伝的作品「杏っ子(あんずっこ)」で書いていました。

「自分と同じ境遇に育った10人ぐらいの男女の子供たちの
男児は全部、丁稚奉公にだされ、若くして死んだか、刑務所に行った。
自分だけ、まともに生活できる大人になれたのは、
自分が書いてきたからだと思う」と。

もともと犀星自身が頭の良い才能のある人だったことは確かですが
それに加えて、若い時から生活を立てる意欲・努力をつづけ
「俳句を投稿し、俳句で認められ始めた後、
文学へ転向し、発表するようになった」のが
文学者になる始めだったそうです。

書く、書きながら自分を第三者の目で見る、という作業の積み重ねから
自分を鼓舞しつつ、自分を改革してきたのでしょう。

できますよ、頑張って。
投稿文が書けるぐらいですから。

兄から距離を完全にとり続けた方が良いですよね。
お母さんからは、一時離れた方が良いかも。
怖い感情が消えるまで、自分を見つめつつ。

ユーザーID:3958452475
 
現在位置は
です