学校の授業、役に立ってますか?

レス60
お気に入り54
トピ主のみ0

編集部

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「学校の授業、役に立ってますか?」
中学生、高校生くらいになってくると授業の内容が難しくなってきて「これって本当に実生活で使うの?」と疑問を抱きがちですよね。数学で言えば微分・積分、国語で言えば漢文の読み下し方など……。役に立つのかわからないまま丸暗記した、という人もいるかもしれません。そこで、小学校から大学まで、教室で習ったことのうち、現在役に立っていることをお聞きしたいと思います。「ぶっちゃけ全然役に立っていない!」などという本音も大歓迎です!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:1005835496

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大いに役立っている

    ハッキリ言って、直接的にはあまり役立つことは無い。
    微分積分なんて、今の生活で使う事ないからね。

    でも学生時代、勉強していて良かったと思うことは多々ある。
    教養が身につき、どこに出ても社会人として何とかやっていけるのは
    学生時代に勉強したことがベースにあるからです。
    興味、好奇心を育てる土台は、学校の勉強でした。
    学生時代の勉強は、脳を育てるために必要だと思ってます。

    身内に
    学歴が全くなく、
    それを補うべく読書もしない、
    自己啓発も全くしない人がいますが
    論理的思考能力を幼いころから養ってないため
    説明は分かりづらい、話がとぶ、
    会話が成り立たないです。
    学校で学ぶことの経験は大事です。

    ユーザーID:2186055624

  • その後の職業による

    40代仕事持ちの主婦です。
    中高生新聞は、中学生の子どもが
    購読させていただいております。

    学校の授業で役に立ったことといえば、
    先生の話す雑学のほうが多かったかも知れません。
    なにげにおもしろおかしく話してくださった
    小話が、今も心に残っていることがあります。

    私は職業柄、トピ文にあるような、
    微分・積分までの難しい知識は使いませんが、
    言葉の言い回しや漢字など、
    知っていて知りすぎることはありません。

    他の教科にしても同様です。
    歴史や地理、生物学、副教科の家庭科や保健体育なども
    どこかで役に立っている知識であるといえます。

    ですから大人になった時に、どんな職業に就くかによって
    学生時代の学習が役にも立ち、また、
    立たなかったりすることもあるのかもしれません。

    が、学習をするということは、知識を埋め込むというだけではなく
    思考力を鍛えるということにも繋がってきます。
    何か物を考える時、人は必ず思考します。

    子供時代の「学校の授業」は、
    真面目に取り組んだ分だけ、何かしらの形で
    自分に還元されてくるものだと実感しております。

    ユーザーID:7691399273

  • 役に立つとか立たないでは無い

    正直、全てが役に立っているかと言えばそんな事はありません。
    しかも様々な事が当時習っていた事とは違う場合があるので(特に歴史)混乱することもあります。

    でも役に立っていないからと言って無駄かと言えばそんな事はありません。
    「お金と知識はいくら持っていても困らない」んです。逆を言えば「お金と知識は無いと困る」んですよ。
    お金も知識も無かったら使えませんからね。

    たまたま私はデザインの仕事をしていますが、この仕事って絵が描けたりセンスが良ければいいってものじゃなくて、広範な知識が必要になるんです。数学も使いますし、科学の知識もあるに越した事はありません。コピーなども考えますから古今の文学の知識だって必要です。英語のスペル一つ間違えただけで損害を出しちゃったこともあります。
    一応それなりに成績は悪くはなかった方ですが、中高でもっとちゃんと勉強しておけば良かったと感じることも多いです。

    ただ「学校の授業が役に立ったか?」と言われるとちょっと考えてしまいます。
    役に立っているのは「教科書に書いてある事」で、高校の時は部活に夢中でしたから授業中の事はあまり記憶に残っていません(寝てたのかな?)。
    12年間(小中高)学校へ通って学んだ事は、それから先も勉強する方法だったと今では感じています。
    将来どんな仕事に就くにせよ、勉強って一生続けないといけないんです。
    大人になってからの勉強は、自分の生活や仕事に直結します。その時の勉強の仕方がわからないととても困るんですよ。

    学んだ知識や学識はお金と同様の「財産」です。
    そりゃ財産ですから使わずに持ってるだけじゃお金と同様に役に立ちません。
    「学校の授業が役に立つか?」ではなく、せっかく身につけたのですから役立てられるように将来を考えましょう。
    まぁ結果として「役立ちませんでした」って事になるかもしれませんけど。

    東京 男 50代

    ユーザーID:9463050115

  • ちょっとびっくり...

    微分積分ができないと大学に行って物理とかお手上げだし、物理って実生活に密接に紐付いてるから、結果的に微分積分は役に立ってると思います。

    漢文も旅行先でなんとなく意味がわかることもあるし。

    学校の勉強が即そのまま役立つのではなくて、最悪学校で習うことぐらいわからないと、将来応用に結び付けられないのでは?

    漢字が読めないと新聞を読めないのと同じです。

    ユーザーID:7737032352

  • 役立っています

     私(61・男)も学生時代は、「世界史」「古典」習って役に立つのかな なんて思ったものでしたが、40代後半に自分の仕事 (電気通信) で教官をしていたころ、教えているときに電気・通信が発達してきた歴史の必要性を感じ、その分野で活躍した偉人の伝記を読んでいるうちに、その時代背景が必要になって「世界史」の参考書を活用したことがあります。

    「古典」は仕事では活用したことはありませんけれど、テレビ番組を見ていて、

    「アッ これは高校時代の 古典 の授業で習ったことだ」

    と気が付き、そう考えれば苦手だった「古典」も役立っています。

    そのほかの科目もよく考えれば日常生活で遭遇するいろいろなことに関連していることが意外と多いです。「音楽」「美術」してもテレビ番組を見ているときに、

    「アッ これも中学の時の 美術で習ったよ」

    などと関連しています。

    「役立つ」とは利益を得ることだけ ではありませんから。

    私の場合は仕事柄 (電気通信・無線従事者) 数学・物理学・化学は大変役だっています。周期律表は半導体工学では日常使いますがそれを覚える必要はありません。

    「微分・積分・関数論・・・」これらは仕事で使う技術書を読むときに必要でして学生時代のように数式を解くことばかりではなく、その考え方・なぜ微分するのか・・・という思考が大切になったものでした。

    「因数分解」これも実際には実務では解けないことがほとんどです。学生時代は解ける問題しか習わないんですから。実務では方程式の係数が整数であることはほぼありえないですから因数に分解することは困難になりやすいです。

    解けない問題・数式では授業ならないですし、学生時代は (・・・将来、活用することがあるだろう、論理的思考を養うためにも・・・) ということで基礎を習っているけで、技術系以外の職業に就いても考え方は参考になるでしょう。

    ユーザーID:1699358071

  • 役立っています

    私は現在53歳ですが、今つくづく思うことは、学校で習ったこと、やったことは何一つ無駄になっていないということです。今、自分は化学業界にいるので、理系科目(物理、化学、数学)は直接役に立っています。日常生活でも、洗剤や薬の類も成分表示を見て、どれが有効だとか、これは商品名は違うけど結局同じものだとか、これは混ぜたらまずいとか考えています。知識がないためにやみくもに恐れたり、デマに踊らされたりすることがニュースで報道されているのをみると、知識は力なり、と思います。

    一方、歴史や文学なども、海外の人達と話していて会話が膨らんだり、日本のことを聞かれた際にいかに自分の国について知識が足らないのかを痛感する場面が幾度もありました。

    今まで、自分がやりたくないこと、自分の興味のないことをしなければいけない時が何度もありました。でも振り返ってみると、それらのこともとりあえず一生懸命やったことで、貴重な体験ができ、ひょんなことで後日役に立ったり、人脈が広がったり、意外なチャンスが訪れるという経験もしています。

    やりたいことを貫くのもひとつの美学ですが、やりたくないことの中にも宝が潜んでいるということも若い皆さんには知ってほしいと思います。

    ユーザーID:8973303440

  • はい

    60代。
    東京。
    女性。
    都内私立の高校で共学でした。

    数学や化学などは、あまり役に立ってないかもしりないけれど、国語だけは役に立ちましたね。
    でも普通の板書授業ではなく、読書バトルみたいな授業がね。

    教科書に載っている文学小説を、クラスでよくディスカッションしました。

    ・こころ
    ・舞姫
    ・羅生門
    ・山月記
    などが記憶に残っています。

    本は好きでしたが、一人で読むだけ。
    でも、クラスの他の人の意見を聴いたり、時にはバトルしたり、
    とても愉しかったし、刺激的でした。
    教師はほとんど加わらず、あまりに脱線すると助言する程度。
    だからなおさら面白かった。

    特に、男子の意見が新鮮でしたね。
    「こころ」では、『恋は罪悪』をめぐって意見が真っ二つでね。

    男女共学と言うのは、異性の考えや意見を聴くという、こうした利点もあるんだなと思いました。

    ユーザーID:4056051968

  • 全ての授業に意味を見出すのは自分自身

    当時、取得単位が日本最多だった都立高校出身です。
    大学進学率100%ですが、文系理系国立私立などのコース分けがありませんでした。
    全生徒が微分積分も世界史倫理も全て勉強をしました。

    四十路を超えた今、全ての学校はそうあるべきだと思います。
    社会には、受験に関係なかったから地理に弱い・世界史を知らない・数学ちんぷんかんぷん、
    そのようなことを恥ずかしげもなく言ってしまう大人がいかに多いことか。
    大学に入るために高校の教科を絞るのは、教育の本質を見誤っています。

    一方で、上記のシステムは天才にとっては適さないとも思っています。
    日本はそういった天才を育てることがとても苦手です。
    また、上記のシステムが適する多くの凡庸な人々にとっても、
    今のように横並びでやらねばならない点は非効率的です。
    これは特に公立小中に見受けられますよね。
    小学生で微分積分を理解できる子と、九九すら覚束ない子が
    同じ場で授業を受けねばならないあの状態のことです。

    そこで私は、全ての教科を段階性にすればよいと考えています。
    公文やピアノや水泳など多くの習い事と同様ですが、
    基礎教科だけでなく美術音楽体育まで全て段階性にすべきです。
    能力に応じて授業をどんどん進め、全ての教科で中学や高校卒業の基準を満たしたら卒業。
    年齢は関係ありません。
    一部の教科のみ圧倒的に秀でた場合は、それによって卒業もあり。
    これなら全ての授業に意味が出て、さらに天才型も発見しやすく伸ばすこともできます。

    今私は、様々な課題に対して柔軟な発想でアイデアを生み出す仕事をし、
    そのことによって日本の上位1%に入る収入を得ています。
    今回のようなお代に関しても、考えることが楽しいです。
    その基盤となっているのは、興味のない教科でも勉強せざるを得なかった学生生活です。
    凡庸だった私には、非常に有益でした。

    ユーザーID:0979244097

  • 人生が豊かになる

    知識が直接生活や仕事に役に立つかどうかは本当に人それぞれでしょう。
    ただ学校で習った様々な分野の経験は人生を豊かにすると思ってます。
    身の回りのことしか知らずに育った場合に比べると知識欲や好奇心を刺激する。
    そのきっかけになるのが勉強です。
    それに既レスにあるとおり、脳も身体も心も鍛えれば鍛えるほど発達するものです。

    大人になるとわかるけど、子供のころって本当に吸収力が旺盛です。
    その時代に勉強しないのはもったいないですよ。

    ユーザーID:1669431245

  • 役に立つ

    仕事だけで言うなら、文章書くのに小学生レベルは困ります。
    きちんと「事実」と「自分の意見」を分けるとか、言い回しとか、熟語とか知らなくて困ること沢山あります。
    学校でしか使わないと思ってた「ヨウ素デンプン反応」。先日仕事で役に立ちました(笑)まさかの!
    「デンプン」であることを確かめないといけない事態に突如陥りまして。特殊な話かもしれめせんが、どんな仕事もそこでしか通用しないような特殊なことばかりです。
    今使ってない中高時代の知識も人生いつ何時役に立つか分からないなと思ってます。
    全く知らないことをゼロから理解するのは大変ですが、聞きかじったことを勉強するのは容易かったりします。

    勉強のメリットとしては、色々と勉強してた方が人生楽しい!
    例えば歴史を知らずに旅行しても、遺跡なんてただの「石」です。
    寺も神社も教会もご近所にあるのと何ら変わりはありません。「歴史」があるから面白いんです。
    星をしっていれば、お金がなくても空を見上げるだけで楽しめます。

    あと、不動産にしろ医療にしろ家建てるにしろ、今までトラブルなくこれたのは親という傘があったから。
    大人になれば自分で調べて契約書読んで、自分にとっていい選択をしていかなくてはいけません。失敗すれば、トラブルに巻き込まれることもあります。
    今後あらゆる「選択」をしていくなかで、多くのことを知っていることは大切だとおもいます。
    無知故に泣いた人を仕事柄沢山みてきました。

    大人になれば、今直接的にかかわりのあることしか学ぶ時間はありません。
    多くのことを普遍的に学べる中高時代を大切にしてほしいとおもいます。
    人生一度きり。自分にとって悔いなき選択を!

    ユーザーID:1934313394

  • 直接は役に立っていなくても

    東北地方在住・40代・女性です。

    確かに数学で言えば微分積分等、大人になってあまり使わないですね。でも、数学的な答えの導き方って、結構必要な場面があると思います。直接役に立っていないかもしれませんが。

    暗記にしたって、暗記するためのコツとか、仕事でも使ってると思います。その時に暗記したもの自体の活用は、確かにしていないでしょうが。

    そう思いながら、1つだけ確実に役に立っていることを思い出しました。うちの子、上が中学生ですが、まだ勉強を聞かれても、ある程度答えてあげれてます。もう、自分で全部調べてって言われる子も結構いるらしく、「お母さん、頭良かったんだ。」って子供に思ってもらえていることですね。さすがに高校レベルは無理だと思いますが。(もちろん、調べさせることもしてますけどね)

    ユーザーID:5259620824

  • 仕事で役立つこと、教養として役立つこと

    61才・男性・四国在住です

    ・実際に仕事で役立ったこと
    大学で機械工学に進みましたが、いろんな科目で出てくる微分、積分の計算自体はほとんどできませんでした。

    でも、曲線の式を1階微分すると「速度」が分かる。2階微分すると「加速度」が分かる。という基礎知識はある仕事では必須で、大いに役立ちました。

    仕事で使うプログラムやエクセルで条件式を書いたときは「ド・モルガンの法則」を使わないと、条件式が導けないことも多かったです。

    ・教養として役立ったこと
    歴史小説やドラマを読んだり見たりするとき、神社や寺社仏閣、史跡などを参拝見学するとき、日本史や世界史の知識があるのとないのとでは、面白さが全然異なります。

    漢文の知識が少しでもあれば、石碑などに漢文が書いてあったら、読めなくても「どう読むのだろうか」と思ってしまいます。

    仕事で行き詰まった時にも、人生に行き詰まった時にも、教養があればあるほど、考え方を見直すこともできるし、ひょんなコトから解決策が見つかることもあります。

    学校で習ったことが直接仕事に役立つのはホンの少しですが、教養として仕事の参考になることは多いです。人生を豊かにするための「教養」をつけるには、全教科が役立っていると思います。

    だからといって、全教科で良い点を取れなくても構いません。ほんの少しだけ「そう言えば、あんなことを習ったなぁ」と思い出せれば十分です。大人になってから、それを手がかりに、仕事に必要なことや興味があることを勉強すればよいのです。

    ユーザーID:7949755637

  • 役に立ってますよ。

    埼玉県 50代 女性

    私は「エピソード」が無いとモノが覚えられません。
    なので、何かの知識を引っ張りだすとき「○○先生が○○の授業のときに言ってた○○」といった具合に思い出します。

    知識を覚えるだけなら、教材の勉強をすればいいのでしょうが。
    「学校の授業」を受けることで得られる「臨場感」というか「ライブ感」というか、そういうものは学校に行って、先生の話を聞かないとわからないものです。

    特に印象に残っているのは、小学1年生の最初の授業のとき、先生が黒板にご自分の名前をお書きになって「僕の名前は守(まもる)です。僕は君たちを守る者です。なのでこういう名前なのです」とおっしゃったことです。

    (そうかあ。学校の先生は生徒を守るんだなあ)ととても感心しました。

    そりゃあ、まあ。

    56歳のおばさんになれば、名前は生まれたときに付けるものなんだから、先生はこじつけただけだということはわかりますが。

    生まれて初めて学校に行って、最初の授業のときに伺う内容としては、最高じゃないかと今でも思います。
    その担任の先生のときは本当に安心して学校に通えました。

    こんなカンジでエピソードをまるごと覚えているんです。
    難点は私は固有名詞を覚えるのが苦手なので、そこを突っ込まれると説明できないってところでしょうか。

    ……あれ? 授業が役に立ってない?

    ユーザーID:8712686994

  • 判断材料

    結局自分は何ができて何が苦手なのかを判断する為に
    幅広い知識を身に着けるのはいい事だと思う。
    確かに実生活に数学が必要なのかと言われると疑問だけどね。

    結局何が最終目標かというとお金をいっぱい稼ぐ事。
    それには記憶力も分析力も応用力も人とのコミュニケーションも大切で
    コミュニケーションには幅広い知識があった方がいいという事。

    あと興味がない事でも頭に詰め込める記憶力と忍耐力は
    仕事には必要なんです。

    無駄な事なんて何もないんだよと学生には言ってあげたい。

    ユーザーID:5549118999

  • そりゃねぇ

    大学以降の学問も小・中・高の延長ですから、役に立ってますよ。現在、大学の教員です。

    ユーザーID:4630024122

  • 教養の基礎

    私の教養のほとんどは高校時代の授業で習ったものです。

    雨につけ風につけ、ちょいと万葉や漢詩を口ずさんだりできるのは、いいものですよ。
    日本史・世界史を習っているのといないのとでは、旅行をしても、時代物のドラマや映画を見ても、小説を読んでも、楽しみの深さが全く違います。
    機械的に覚えた年号だって、ああ、このころは日本なら・・・と換算する基礎となります。
    ぶらタモリでもお馴染みの地学の知識は、いわゆる景勝地に行くたびによみがえります。

    入試の試験科目だけを考えて高校の授業科目を選ぶのなんて、本当に人生の大損失です。

    実用でも、特に理系の知識はいろいろ役立ちます。

    潮干狩りの日を決めるのも、カズノコの塩抜きの原理も、もとになるのは物理学の知識。
    塩素漂白した白シャツの襟が赤く染まった時は色を見て、あ、フェノールフタレイン反応とピンときました(落としきれていなかった日焼け止め成分が原因でした)。
    生物で習う血液型の遺伝の法則なんて、ミステリーには必須です(?)。

    微分積分はともかく、たった一度だけですが、条件により変化する税額のシミュレーションに連立方程式の知識が役立ったこともありますよ!

    ユーザーID:0459715992

  • レス(もうすぐ還暦女、神奈川)

    社会や国語は役に経っているけれど、ハッキリ言って、化学や数学など、理数系のものは、受験にも必要なかったし、就活にも全く関係なく、
    主婦になったら、さらに関係なくなった。
    もう中年だけどね。
    私の場合は、英語も受験だけで、仕事で使うことはなかったし、海外旅行も関心ないから(京都奈良が好き)英語も私の人生には役には立ってないな。
    一般教養的な感じかな。

    どなたかも書いてるけど、自分の仕事によって、必要な科目は異なるよね。

    国語の時間の討論会(ディスカッション?)は、確かに社会に出て役に立つかも。
    自分の意見を正しく伝えるというのは、重要なこと。
    私の高校は社会の時間にそうしたものがあって、公害とか薬害問題とか、突っ込んだディスカッションを割と沢山したかな。
    教師が単に話すだけの授業より、自分たちで何かやった、色々話し合ったという人生にはのほうが社会に出ると役に立つかも。

    ユーザーID:4419965562

  • 頭脳明晰な証明

    勉強には最低3つの意味があると思っています。

    一つ目が仕事につくための準備
    何になるか決まっていない学生さんは、逆に言えば何にでもなれるということ。
    学校で、将来付くであろう職業に関係する勉強だけをするのであれば、中1の時には既に何になるか決めなきゃいけない。
    それを十代前半の子供に課すのはいかにも酷というものです。
    何にでもなれるのだから、基礎は何でも学んでおくという事です。

    二つ目が常識という名の怪物と対等に闘うためです。
    子供の世界には残念ながらイジメという問題がありますが、大人の世界でも存在します。
    イジメられる要因は「皆が知っていることを知らない」ということ。
    皆が知っているというのは常識という名で語られ、知らないと「学校で習わなかったのか?」と言われ、馬鹿にされたり蔑まれたりします。
    社会に出て、北海道が関係ない仕事でも、北海道の場所を知らないと大人の世界では馬鹿にされます。
    大人の世界では常識を知らないことでイジメに遭うのは、常識を知らない方が悪いという暗黙のルールがあります。

    三つ目は努力ができ、難しいことも理解できる明晰な頭脳であることの証明です。
    微分積分、確かに仕事で使う人は極めて少ないでしょう。
    しかし、それが理解できるという事は、この人は難しい仕事であっても、努力して理解し完遂してくれるであろうと思わせることができます。
    より難しいことを誰より沢山理解すると難関大学に入れます。
    それが明晰な頭脳と継続して努力できるという証明になるのです。
    そしてあなた自身、仕事で少々複雑な事象に出くわしても、早々に諦めることもないでしょう。

    大人になったら使わない学問は確かにある。
    しかし、理解力を高めるという意味で役に立ちましたよ。

    今は近畿地方在住(昨年は関東、来年は東北地方の予定)60代爺

    ユーザーID:4447233849

  • 役に立ってる

    自分は、事務職です。
    国語(現代文)が役に立ってます。
    上司に敬語の使い方、メール文の作成が上手く漢字変換の誤記が無いと褒められます。
    嬉しいですが、小〜高校まで国語(現代文)の先生に鍛えられたお蔭です。
    また、大学の先生方はレポートやら卒論やら採点や提出期限が厳しかった為、資料作成や提出の方が楽です。

    また、小〜大学生まで、グループ発表やディベートをする機会を沢山得られたので、プレゼンもスムーズにできますし、3分間スピーチとか「うげ〜」って思ってたけど、ある程度の時間経過の感覚が掴めているから、制限時間内に説明するなども苦ではないです。

    板書しない先生のお蔭で、社会人1年生の大半が苦戦する<電話メモ>も楽勝でした。

    何が活きるか分からないですね、

    算数は、四則演算ができ、正しく電卓を叩ければほぼ問題ないかな。

    理科は、職種によりますが、美容師さんは化学の知識も重要(髪染めなど薬品を扱うから)と聞いた事があります。

    何が功を奏すか分からないので、浅くとも幅広い見識は大事ですね。

    また、学生時代にお世話になった先生方、本当にありがとうございます!

    ユーザーID:9648885223

  • 学校の授業がなければスマホは使えない

    一例ですが,スマホやタブレット,テレビなどの情報機器は,数学,国語,英語,社会,美術,…などほとんどすべての学校の授業の素養がないと生まれてこないシステムです。
    スマホを使っている私は,学校でこのような学問の伝承がなされていることに日々感謝しております。
    また,病気になった時に直してくれる医学もほとんどすべての科目が関係しています。
    いま,皆さんが住んでいる住宅もそうです。
    本当に感謝に耐えません。

    あ,他の人が勉強して自分は勉強しなくていいという意見もあるかもしれません。

    その場合,勉強した人にお金を払ってスマホや医療や住宅に住まわせてもらうことになるんですが,そのお金を勉強しないで稼げればいいのですが,なかなかそうはいかないのです。考えてみてください。

    ユーザーID:8812402269

  • 中・高校生なら思う思考ですよね

    38歳・女性です

    当然、全ての科目ではありませんが「役に立ってます」

    役に立つと言うより・・活かせてますが正解でしょうね

    学生なんて、どんな仕事に就くかも分からないし、最近の中高生は「将来の夢」ってのが無い子の方が多いんですよね

    自分にも子供が居ます、高校受験の時に分かりました

    「とりあえず高校に行く」子と「なりたい職業があるから・行きたい高校・大学があるから高校に行く」子とバッサリ分かれました

    中には「自分は高校行って無いけど、生活出来てるからどちらでも」と言う親御さん

    時代は変わるんですよ、、学歴も確かに本人のレベルや理解力などを測る1つの要素なんでしょう。
    良いところに行けば行くほど、本人の頑張りが見えますからね
    けど、「高校なんて社会に出て役に立たない」では無く「活かせる職業についてるかどうか?」ではないですかね?

    何事も基礎は大事です。学ぶ機会を与えて貰っている時代の勿体ない思考ですよ

    私自身学歴上「中学卒業」です高校は1学期で辞めました
    けど、やりたい事見つけて、必死に勉強しました

    高校を卒業してない事を後悔はしていません(辞めなければならない状況だった)
    今は個人事業主ですが、自分で会社しています

    けど、「もっと勉強頑張れたのでは?」とは思います
    なので、子供の勉強は積極的に関わっていって一緒に問題解いたりしてますよ

    ユーザーID:8033941934

  • 役に立たないと言い切る知識がない

    役に立たないと言い切る人は、そんなことが言えるほど大した人間かな?

    とりあえず、学校の勉強に疑問を感じている人には
    Idiocracy(邦題:26世紀青年)という映画を見てほしい。
    社会が維持されていくために必要な勉強ってあるんだな、と思います。

    ユーザーID:4642104240

  • 殆ど使いますよ。

    五教科に関してはばっちり使います。
    無駄になった授業は殆どないと思います。
    特に、数学・生物・化学・国語。これは日常的に使います。
    数学は色んなものを計算するのに使います。
    立方体の面積の求め方だとかは割と使います。微分積分もたまには使いますね。
    知っていると楽です。知らなくてもなんとかなるのでしょうが、時短になり効率的。
    生物も子どもをつくるなら必要だし、病気の理解にも繋がります。
    他にも身体に必要な栄養素についてや臓器など生きる上では欠かせません。
    また、子どもがいれば昆虫の知識も草花の知識も役立ちます。
    化学は必須です。これを知らないと、生活の中で使う薬品(食器洗剤なども含め)の
    正体がまるでわかりませんね。混ぜてはいけないものが大まかにでもわかっているのと
    わかっていないのでは全く違います。壁や服についた汚れ。
    汚れの種類と適切な成分。これらも化学の知識があるのとないのとでは違ってきます。
    あと国語。これは私が職場の若い子と接していて常々思います。
    日本語が通じないのです。逐一漢字を教えてあげないといけなかったり、
    こちらが使ったごく普通の単語(模造品だとか相当品だとか、砲金だとか)が通じない。
    意味も通じなければ、意味すらわかっていないから書けない。
    会話をしていて後戻りがとても多いです。
    学校で習うことで無駄なことなど本当に僅か。
    活かさずなんとか生きることもできるでしょう。でも、知っていた方が生活の質は上がります。
    あと、子どもができれば子どもに説明しなければなりませんし。
    毎回グーグル先生のお世話になるのも親として恥ずかしいものです。
    葉っぱはどうして色づくのか、雨は何故降るのか、
    冬は何故寒いのか、何故温まると身体が痒くなるのか。
    シャボン液はどうしてシャボン玉ができるのか。
    子どもの何故にある程度答えられないと親としてちょっとなぁと思います。

    ユーザーID:1980153038

  • それがいまだにわからないのよ・・・

    だって、そのものが無いんですもの。
    無いものが今、役に立っているかどうかなんて、わからないわ。
    でも、あったらすごくよかったなって、今更思うわ。

    でもそれって、限られた時期にしか得られないのね。
    今から同じことを勉強しても、それは違うの。

    種まきには種まき、刈り入れには刈り入れの時期があるのね。


    中学生の時に「こんなん、将来使わないじゃん!」ってよく言ってました。
    使うかどうかなんて、ほんとうは考えてなかったのですがね。
    嫌なことはやりたくないし、出来ない自分が恥ずかしくって照れ隠しで
    言ってました。
    みんな冷ややかな目で見てたと思います。

    ユーザーID:0985203289

  • 役に立ってないものなんて一つもない

    全て役に立っています。
    直接、仕事等には使いませんが、自分の人生に於いて、豊かさを与えて貰っています。

    でも、一番役に立っているのは、やはり国語。
    読むこと、書くことは学校を離れても自分で努めて訓練していかないといけません。

    ユーザーID:0382012678

  • 人生何が役に立つかは分からない

    努力したこと、学んだことは必ずどこかで役に立ちます。

    その過程が役に立つということと、知識が役に立つということと2通りあります。

    過程が役に立つというのは、論理的に考えたり、暗記のための忍耐や工夫、あきらめずに挑戦するといったことです。

    知識が役に立つというのは様々で、理系職でも文系職でもビジネスで人の前に立つ立場になると、漢文、古典の知識があったほうが良いです。組織を束ねたり会社の経営を語る時に引用として用いられ、取引先などと会話の中で理解できない/インタビュー記事を読んで理解できないと、教養がない=出世しない平社員で終わる人、と思われてしまいます。古典や漢文は学校で習う基礎があるから踏み込める、独学だけではややハードルの高い教養分野です。

    また職業により‥という部分では様々です。営業では、売る商品の内容を取引先や展示会等で説明するために理解しておく必要があるケースがあります。私の場合だと文学部卒ですが、電極や回路の基礎が必要な資格を会社で取らされました。でした。商品により化学、生物(栄養学)など色々あり、基礎から全て勉強するのは大変なことです。

    夫は商品開発で、40歳を超してから微分積分が必要な分野に行きました。会社に言われる訳じゃなく、仕事をしているとその知識がいるなと自分で気付くという感じです。高校数学の基礎を思い出せないと結構な苦労をするようです。

    高校までは、どの分野も基礎なので知って置いて損はないでしょう。

    ユーザーID:2361748990

  • 家庭科が役立ってます

    今そんな科目があるのかも知りませんが、40代の私が中学で習った家庭科、役立っています。

    当時覚えたビタミンとか栄養項目の知識だけで、今話題のサプリメントを買わずに済んでいます。
    その後発見された事実などもありますが、
    ・基本的にこんなもの買って飲むよりも、普通の食事で摂るのが一番(普通に食べていれば問題ない)
    ・摂り過ぎたら病気になるものもある
    ・物によっては、摂ったところで吸収されない
    ・名前が違くて高価だけれど、食べたら分解されて全部安い物質に(普段の食事で嫌というほど摂っている)
    などなど。こういうの買う人って、しっかり授業聞いていなかったのかな…と思います。

    化粧品や頭髪絡みの事については、理科が役立ちます。

    中学校の知識、以外と重要です。

    ユーザーID:8908770152

  • 「教養」は持っていた方が良い

    全ての教科が「教養」として人生の糧になると思います。

    小学校までの学習は日本人として常識の範疇だと思うので、絶対に身につけておく必要があると思います。
    つまずく子が多い分数のわり算や割合の計算は日常の物や金銭のやりとりやローンでは必須ですし、漢字も十分に読めず、文章も読解できないようでは、人生の大事な場面で困ります。悪い人にだまされないためにも大事な生活技術だと思います。

    中学以降の学習で学ぶ内容はグッと深みが増しますね。
    その時の興味関心、得意不得意、先生の好き嫌いで勉強するモチベーションはかなり変わりますが、知っていて損はない知識ばかりだと思います。

    長い人生でどんな人と出会うかわからないのですから、できるだけ幅広い知識を持ち、正しい物事の捉え方や考え方を身につけておいた方が良いと思います。

    私は地理・歴史がとても苦手で中高生の頃は「こんなの人生の役に立たない!」と思っていたのですが、大人になって旅行をしたり、仕事関係で様々な国や地域の人と関わるようになると「ここで地理や歴史の知識がもっとあったら違う世界がみえるのだろうな」「もっと相手とわかり合えるのだろうな」と感じることがよくあります。
    歴史上の人物の考え方や行動を自分の生活と結びつけて学べることも多々あることでしょう。

    大人になってからでも勉強できますけどね。でも、学校のように幅広く様々な知識と触れることは難しい。
    親になって子どもの教科書をみると、よく考えられているな、と感じます。
    大切な知識がまんべんなく網羅されていますから。教科書は人類の英知の結晶ですね。

    やらなければならない課題に自分なりの楽しみを持って取り組むこと、無駄だと思えることでも様々な視点で捉えて自分なりの意味を見出すこと、そういう訓練は絶対に人生の役に立ちます。

    「教養」が増すと、世の中の見え方が変わります。

    ユーザーID:5251854212

  • さすが義務教育

    アラフィフですが、中学で習ったことを応用させれば大抵のことは理解できます。
    冷たいカップにお茶を注げばぬるくなるのは物理、経済問題は社会、英会話文法は中学で十分、円筒形の袋物を縫製する型紙は円周率の求め方で作る、など色々です。
    簡単な電化製品も理科で習った+−と乾電池の法則が分かっていれば修理できます。

    逆に高校の授業は何の役にも立っていません。世界史のこぼれ話を雑談のネタに出来るくらいですかね。数学も英語も寝てました。

    義務教育というだけあって、本当に生活に必要なことを教えてくれていたのだな、としみじみ感謝しています。

    ユーザーID:9894033682

  • 「私は通訳・翻訳家になりたいのに理科や社会が必要ですか?」

    こんな人がいるそうですね。

    プロの通訳・翻訳家で必要とされるのは、誰にでもできる領域だけではなく、ある分野に特化して「その領域では誰にも負けない」という人だ、と聞いたことがあります。

    専門領域でない、単なる英会話や英文の通訳や翻訳なんて、ある意味どうにでもなるのですが、科学なら科学、医学なら医学、経済学なら経済学、歴史学なら歴史学の、それぞれの専門用語で的確に通訳になるには、実は高校以上の知識が不可欠なんです。もちろん、大学院(研究)レベルであれば尚可です。

    高校までの教育は、実社会にでるための、あくまでベースに過ぎません。それすら忌避して専門家通訳や翻訳家になろうなんて、どだい無理な話です。

    もちろん、一定の需要はあります。でも本当に必要とされるのは専門領域の通訳・翻訳が的確に務まる人です。それには不要な知識なんて全然ないと言い切れます。

    ユーザーID:7282967002

  • 社会に出てから必要な思考のベースになっています。

    30代の元会社員の主婦です。

    勉強は好きでしたが、護送船団方式で勉強させられる学校が嫌いでした。
    (わかりきっている漢字や計算を何回もやらされたり、、)
    特に中学受験の勉強をしていた小学校5、6年生の時は塾大好き、学校大嫌いでした。

    結論から言うと、学校で勉強することそれ自体は役に立つけれどもう少し役に立つように教えてほしかった、です。

    ・数学・理科
    論理的な思考ができるかどうかのベースになっていると思います。ド・モルガンの法則なんて少し考えればわかることなので数学で習わなくても、それと意識せずに誰もが使っているものだと思っていたのですが、意外とそうでもないんだな、と社会人になって気がつきました。論理が破綻している人は大体、数学苦手だろうな、という印象です。

    ・国語
    中学受験を経験したおかげで論理的に読み書きできるようになったこと、学生時代に本をたくさん読んだことは大人になってからも役にたっていますが、学校で習った内容が役に立つかどうかは微妙だと思います。(教科書を読んで感想を言い合うだけ、という授業はほんとに無駄だった)

    ・英語
    大人になってから英検1級を取得しました。触れられる情報量が桁違いなので十分、役に立っていると思います。

    ・社会
    役に立つというよりは必要なものではないかと思います。有権者の中にも中高生レベルの社会がわかっておらず(テレビで見たことあるなど)なんとなくで投票している人が多いことは、個人的には恐ろしいことだと感じます。
    また、個人的に歴史は教養としても過去の教訓としても役に立っています。

    ユーザーID:2987973662

  • 付加価値を生み出すのにはなくてはならない

    金融機関勤務ですが、全て役に立っています。
    というか、活用しないと仕事になりません。
    生活も豊かになりません。

    コノ手の議論はよくされますが、

    >習った知識や考え方をどう使うか

    を本人が考えるか、考えないかですよね。

    社会を豊かにするために(自分のためでもいいですけど)、付加価値を生み出そうとすれば、知識や方法論がないとなんともできません。

    >学校で習うことは役に立たない

    と嘯く人は、自分自身が「社会の役に立とうとは思っていない」だけの話です。
    買い物に行って、ご飯食べて、寝るだけの生活なら知識なんか不要ですので。

    法律や経済のような実学だけでなく、音楽や美術などの人文系学問だって、どう活用するか、本人次第。

    まあ、行政のほうも迷走していて、知識を身につけさせる前に、「総合的学習」とか意味のわからないことをやっていますし。

    スマホだって、クルマだって、化粧品だって、農作物だって学校で習ったことの先にあります。
    そう認識することのない大人が多いのが残念です。

    ユーザーID:5272878912

  • 子どもが今学ぶことが楽しいと思えること

    もし、学校の授業が面白く、知的好奇心をくすぐるものであれば、将来役に立つかどうか考えることもなく、子どもは夢中になって勉強をすると思います。

    自分が大人になって思うのは、学校の授業が役に立つか否か以前に、教える側が子どもたちを夢中にするような授業を実施することが必要ではないかということです。

    学校の勉強は分からない、つまらないと言っている子どもが、ネットで公開されている工夫を凝らした無料映像授業を見て、学ぶ意欲を得、その教科を好きになっていく様子を見て、上記のように感じました。

    学校にも素晴らしい授業をする先生がいます。うちの子の話ですが、その先生に習ったところ、英語への興味が生まれ、実力もぐんぐんついていきました。その先生はよい授業をするための努力を続けているそうです。

    子どもたちがオールマイティーに全科目よくできるというより、それぞれができる教科も苦手な教科があった方が寧ろよいと思います。学びの場で、数学が得意だけど歴史はだめという子が、その逆の子から教えてもらうなどという雰囲気が生まれたら、それこそが、本当の教養につながっていくと思います。

    ユーザーID:3391037772

  • 教科も生活指導も全て必要だった

    通っている当時は、義務感ばかりで不機嫌だったけれども
    中年になった今は、どれもこれも役に立ってると思うことばかり。

    一人っ子で超絶マイペースな本性なので、学校に行って授業受けて
    気の合わない同年代に揉まれて…の一連の経験が社会生活上必要だった
    と思っています。とはいえ、どうにも性に合わない人を無理繰り通学さ
    せるのは反対。フリースクール・ホームスクールなども有り!派です。

    ユーザーID:2826003569

  • 化学が〜

    小学〜高校まで 理科の実験が役に立ちました。文系の私でも実験により興味が湧き化学など得意科目になりました。社会に出てからも実証する事で物事の判断基準となりました。 転じて英語は最悪、教師の習熟度で英語力がつくか左右されました(昭和の時代、教師の発音かがデタラメ)酷い中学の英語でした。

    ユーザーID:6022704262

  • 役に立ってるかな。

    田舎の中学、高校で英語は一番。
    翻訳家か通訳の仕事を夢見るも他の科目の
    成績が悪すぎて諦めました。

    子供3人にはしっかりと英語だけは
    手助けしてなんとか3人クラス1番に。
    その後専業主婦だけじゃなくて働けという夫の
    指図で家で英語を教え始めました。

    初めは発音の下手な日本人のおばさんからかと
    住んでいる村からは誰も来ず遠い街からだけ数人来ました。
    20年前は標準の半部くらいの授業料5ユーロ位だけもらいましたので。
    その2,3年後はなんとほとんどの村の生徒が来ました。20人くらい。
    そのころから授業代は2倍にしましたが。

    ハッキリ言って英語力は学生時代よりも
    グッと80%も落ちていますし喋れません。

    今住んでいるのはドイツです。
    ただ文法だけは私の説明のほうが学校のドイツの先生よりも
    理解しやすいそうです。
    文法の説明は本当の日本式です。
    私が昔日本の学校で習ったとおりの説明仕方です。

    とにかく生徒達の成績が良くなっているので
    役に立っていると思います。

    私は20歳のときはペラペラ英語が話せました。
    夫もドイツ人ですが当時英語が得意だったために
    旅先フランスで出会い長年文通しあって結婚したので
    人生の相棒探しにも訳にたったかな?

    ユーザーID:9974381217

  • 25枚で1280円、30枚で1580円の紙おむつ

    どっちが安いかその割合を比べる計算式。人生で一番使ってます。

    御朱印集めにハマったら習った日本史が鮮やかに蘇りました。歴史の事件や人物を知るとドラマも映画も漫画も楽しさが違います。

    本は行間を読み、たった一言のメッセージを探す、これは国語ですね。物事には揺るがない本質が在るというのを理解するための手段として、理科も数学も社会も学んでいたこともわかりました。

    英語とピアノは、もっと学べば良かったと少しだけ後悔してます。
    小中高の12年分の間、なんて吸収しやすく柔らかいフカフカの脳みそだったんだろう。
    教室という箱はとても窮屈ですが、学ぶ意識と習慣づけのために必要なんだと思います。自由な場所で好きなことだけを学んでいいと言われたら、私のような緩い人間は何も学べなかったと思います。

    ユーザーID:6086504550

  • もっと役に立つ授業なら

    授業って役に立つかは先生によるんだと思います

    あえていうならもっと新聞を読ませたりTVを使ってもいいから実社会で実践能力を鍛える授業をしてほしいです
    あと、家事がしっかりできるように家庭科を充実させてほしかった

    要望ばかりですみません(汗)本音です

    ユーザーID:5503956513

  • 役に立ちます

    40代、専門職です。

    役に立たなかった、と思う人は少ないと思いますが、
    今そう思ってる大人は、無理に高校や大学に進学しなくてもよかった人なんだと思います。

    わたしは理数科目が嫌いでしたが、
    最小限でも受けててよかったなと思います。
    理解できればいいなぁといまでも思いますが、苦手なので仕方がないと思ってます。

    国語、英語、社会は問答無用で役に立っています。
    大人になると勉強したくてもなかなかできないですから、
    もっとしておけばよかったと後悔しています。

    実生活に役に立つか立たないかは自分次第です。
    直接的に役に立たなくても、心身の成長に欠かせません。
    勉強はしすぎて無駄になることはほとんどありません。

    ユーザーID:6766544379

  • 人生の基礎になりました

    北海道 20代後半 女
    中学の時、死ぬ事が恐ろしくて、人生の終わりについてばかり考えていました。そんな時古文で平家物語やゆく川の流れを習い、儚い人生を慈しみ、終わりを感じながらも今を生きて行けば良いのだと感じました。今でもその思いが私を強くしてくれています。

    ユーザーID:7761401123

  • 全く役に立ちません

    学校で学んだことなんて無いですね
    それより部活での人間関係や
    自分が興味を持ったものの方が断然役立ちます

    やれといわれただけのものを深く探求しないんですよ

    自分の意思でやった事は役立ってます

    ユーザーID:1396775569

  • 全て役に立つ

    全て考え方の基礎で、必要です。理解できていなくても生きていけるでしょうが、深味が変わりますよ。
    便宜上科目が分かれていても、実は全て繋がっています。
    新しいことが起こったときに、何が起こっているのか、これからどうなるのか、こうしたらどうなるのかをかんがえるための基礎になります。

    役に立たないと思っている方は、習ったことを生かせる力がないだけでしょう。

    ユーザーID:9578880009

  • 11月23日号の「読売中高生新聞」で紹介させていただきました

    ロゴ
    たくさんのレスをお寄せいただき、ありがとうございました!
    みなさまのご意見の一部を、読売中高生新聞の11月23日号で掲載させていただきました。

    「全て役に立っている」といった意見から、「役に立てるかは自分次第」といった意見まで、様々考えさせられる声が寄せられ、10代の読者が「学ぶ意味」について考えるいいきっかけになったかと思います。皆様のご協力に改めて感謝申し上げます。

    たくさんご意見を頂きましたので、読売中高生新聞編集室では引き続き同じテーマで投稿を募集致します!まだまだコメントの書き込みにご協力いただければ幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。

    編集部(トピ主)

    ユーザーID:1522808854

  • 大切なものは目に見えない

    役に立ったか立たなかったか
    教えられる側の問題です。

    役に立たなかったと言う人は役に立たせられなかった人です。
    役に立ったという人は役に立つようにした人です。

    微分積分が世の中に出たとき、何の役に立つんだ登と言う人がいますが
    数学の論理的に考えるという方法を学んでいるのです。

    他の学科も知識などが直接役立つことはないと思いがちですが
    考える訓練や世界を知る契機になるのです。

    役に立たないと決める人のはそれらは本当に役に立たないでしょうね。

    また、学校というところはただ単に勉強をするところではありません。
    成長に応じて人間関係を学ぶところです。
    級友だけでなく教師との関係
    必ずしも良好な関係ばかりでなく、ストレスの原因になる関係もあります。
    それを含めて人と人の繋がりを学ぶ場です。

    損得主義だけで学校の勉強を見ると壮大な無駄をしているように見えますが
    損得だけでない、その場の功利主義でない
    目に見えない財産を学校から得ているはずだと思います。

    ユーザーID:4859795393

  • 商業高校出身

    30年前に商業高校を卒業しました。
    情報処理の授業がありプログラミングを習っていたので今でも役にたっています。
    ええ、とてもとても役立っています。
    マクロもVBAも使いこなせるのは社内で私だけ。
    重宝されました。

    微分・積分なんて習ったっけ?
    漢文なんて当時から理解できていません。
    英語も喋れません。

    それでも就職して30年。
    職は変わっても仕事に困ったことはありません。
    プログラミング習っていて良かった〜

    ユーザーID:9049794950

  • 若い頃よく思ってました

    30代名古屋男性です。若い頃は数学や英語なんか将来使わないのに意味ないな〜っとずーっと思ってましたよ。
    しかし社会人になって歳取ってくると全然考え方が変わります。勉強した事が役に立つのです。

    三角形の面積や微分積分意味あんのか?そんな証明とかする機会ないだろ?
    これが会社でプレゼンや営業する時には非常に役に立つんです。説明したり説得する場合には効果抜群です!
    実際の数式が必要になる事は無いですし、三角形の面積を求める事はありません。ただそれを導き出す為に学んだ考え方思考法が全てにおいて役に立っているのです。いわゆるロジカルシンキングは、普段のコミュニケーション能力にも影響を与えますので大事な大事な勉強だったのです。

    古文においても読み方は確かに必要ないかもしれません。ただ古典とはある種の人間に備わる普遍的な事象や出来事が数多く文章に残されています。だからこそ何世代も紡がれていく訳で、それについて今の時代の自分がどう考えどう思うか思いを馳せ考える事は、いわゆるリベラルアーツ的な人間力育成には非常に役に立つと思います。

    英語は仕事上使いませんが、海外の翻訳されてない動画やゲームに触れた時には基礎知識があるないでは全然違うと思います。

    今の複雑な世界情勢も過去の歴史を知って見るのと知らないで見るのでは、かなり自分の意見に差が出てくると思います。

    結局今になってから思うと無駄な事は何一つなく、何がしかの形で身になって自分の能力というか魅力の一つとして役に立ってくれます。

    今の中学生や昔の自分に言える事は、最終的に無駄な事は全く無いから、嫌々ながらでもブツクサ文句を言いながらでもいいから勉強はしときなさいって事ですね。

    ユーザーID:2301330915

  • 役立ってますよ

    静岡、パン屋に勤め 年齢秘密、女性ですが。

    算数や数学、得意じゃないけどある程度覚えているから

    1袋5つ入り、12袋作るから パンの生地はいくつ必要か?となると
    12×5=60個 生地を60個用意とかに役立ちます。

    1kgの生地を20個取るのに、1つは何グラム?となると
    1000÷20=50 1つ50gの生地を取るとわかります。

    円形を均等に8等分するのに、縦、横、斜め、斜めで4本の線を入れれば8等分。
    更に倍の16等分は8等分を切りさらに1つを半分ずつに切れば16等分。
    さてこれを10等分するにはどうする?というのを考えるのに、5本線を入れる さてどう入れるか?とか考えれるかな。

    算数、数学の成績悪かったけど、職業につき
    意外と役立ってますよ。

    均等にという言葉や、等分にとか授業を受けない限り日常生活では出てこない言葉。学校の授業を受けたかわかると思いますよ。

    数学だけではなく、社会に出れば国語、社会、理科、家庭科も役立ってます。受けてきたからわかる理解する力がついていると思う。
    台風の時どのぐらいきついか?何したらダメかわかります
    理解力がつけば、何をしたらいいのか?何をしたらダメかわかると思いますよ。

    ユーザーID:2786442102

  • 役に立たないって無駄なの?

    江戸時代末期、一艘の千石船が嵐に出会って難破しました。
    乗組員で下働きの17歳の少年がアメリカの船に救助され
    ハワイへ連れていかれました。

    ハワイのアメリカ人たちはこの少年に驚愕します。
    正規の勉強などしたことのないこの少年は
    西洋の学問の微分積分、三角関数にあたる和算の知識があり
    実際に計算でき
    当時のハワイの学校の数学教師より数学ができたそうです。
    千石船の雑用係の少年がです。

    当時の日本国内でも
    農民や庄屋は微分積分の知識を駆使して
    農地の面積を正確に割り出すのが当たり前だったそうです。
    役人の眼を盗み新田開発をして生きるため
    耕地面積=年貢の量ですから、農民たちも命がけだったのです。

    江戸時代を通して最大のベストセラーは「塵劫記」という庶民向けの数学の本だったそうです。
    改訂しても改訂しても海賊版が出たそうです。
    千石船の少年も農民たちも愛読者だったことは間違いないでしょう。

    それに引き換え
    21世紀になってずいぶん経った現代日本
    微分積分なんになる
    学校の勉強なんて役に立たないという
    ボーッと生きてる日本人のなんと多いことか。

    勉強内容は直接に実生活に役に立たないかもしれないけど
    それでも「学歴」が優先されるのは
    その学歴に応じた知の訓練や応用力が期待されるからではないでしょうか。

    ユーザーID:4859795393

  • そりゃもう 役に立っています

     学校に行っていなかったら・・・?と考えるとゾッとします。
     物理、化学など、学校で教えてもらわなかったら、そういうものが世の中に存在することさえ知りませんでした。知らなくても生きていけるって、子供は屁理屈を言いますが、じゃあ生きていくのに必要最低限の知識はここまでだって、いったい誰が決めるんですか。そういう基準があったとして、どこかの誰かさんが決めてくれた最低限の知識以上には絶対に何も学ばず、一生ただ起きて寝て、食べて排泄して、ぶらぶらだらだら生きていきたいんですか。
     学校で学ぶという経験そのものが、私の人生を豊かにしてくれました。私は国語や英語は得意でしたが数学などがダメです。夫は正反対です。毎年、夫のOB会に同行しますが「この人たちは数学や物理が大好きなの?あんなことが面白いの?」と思うと、世間は広いなあと感じます。私には苦痛でしかなかったことを楽しんで学ぶ人がいる、ということに驚きます。自分の世界なんて狭いものなんだなあと思い知ることができるのも、自分はモノを知らないと自覚できるのも、学校で学ぶという経験をしたからです。

    ユーザーID:5016439043

  • 目的は知識ではない

    引き続き募集ということですので今さらですがコメントさせて頂きます。

    そもそも学術というものは学ぶ技術のことです。

    学んだ知識自体は役に立つことも役に立たないこともあるでしょう。

    実際に大切なのは知識とは何かを理解することです。
    歴史であれば、過去の事実をどうやって正しいと認識するべきか。どのような資料を残せば後世に正しく伝わるのかを学びます。
    数学であれば、二つの式から三つ目の式をどうやって導くのか。自分が思いついたことをどうやって説明すれば世間から理解されるのかを学びます。
    国語であれば、自分達の使う言語がどのように成立しているのか(言語が無ければ思考すらできません)を学びます。


    日常会話程度なら体系的な学びが無くても経験だけでなんとかなるかもしれませんが、仕事で専門的なコミュニケーションを行うためには学術的素養が必ず必要になります。

    例えば、相手を説得するにも論理的思考が必要不可欠ですし、納得させる材料も自分の知識の中から探すか、足りないと判断すれば相手に対して効果的な情報を探すことも思考力が問われます。

    知識を学んでいるのように感じるかもしれませんが、本当は学び方を学んでいるのです。

    ユーザーID:6351531903

  • 全ての思考の基礎になっている

    授業内容全てを覚えていませんし、当然すべてが役に立っているなどとは申しません。
    ですがぼんやり覚えているだけでも役に立っているほどの基礎の基礎であるとは思っています。

    何と言っても様々なことを幅広く学ぶことで自分が将来進みたい方向が見えてくるというとても大事な部分を担っているとも思っています。


    プログラミング、Excelの条件などでは数学的思考大事だと感じます。
    世間にあふれる英語、あ〜もっとしっかり学べばよかったと反省です。
    子どもからの「どーしてなんで?」理科、化学、物理の知識必須です。
    政治も時代劇も社会科で習った基礎があればこそです。

    私にとってはもっともっとしっかり覚えていればよかったと思う事ばかりです。

    ユーザーID:7733401099

  • 役立たないと思っていた事が思いがけず役立つ

    微分積分ではないですが。
    中学生の頃、xだのyだの、角度がどうのって、将来何の役に立つの?と思っていましたが、意外にかなり使って生活してます…

    料理のレシピをみて、分量に対しての比率を知りたい時。二人分の時に塩5gなら三人分の時は何g入れればいい?とか。
    ちょっとした日曜大工や大掃除の時、ダンボールを纏める為に、ひもが何メートルあれば足りる?とか。
    仕事でも、ここの数字がわからないな?という場合に、案外、昔習った文字式がその状況にぴたっと収まるときがある。

    国語の漢文の読み下しなどについては実例は思いつきませんが、考え方として読み方を理解していると、他の作業をしている時に、ふと、日常生活の中で出てくる疑問の解き方のヒントになってくれるときがあるかもしれません。

    当時は疑問に思いながらやっていて、今、あの時の授業って役立ってたんだな、と思うことってたくさんありますが、何が役に立つのかは、人それぞれかなと思います。
    なので、疑問に思ったらとりあえずやっておけ!使うかはわからないけど、知ってて損することはない!と私は言いたいです。

    30代 主婦

    ユーザーID:3320868588

  • 役に立ってると思いますよ。

     子どもに教えるのに。

     私は、算数…ひいては数学、英語、体育に、まあ苦手が多かったですね。
    私が「分かった。明日は当てられても答えられる」と思うと次の単元になるので、苦手感はいや増しましたが、小学の担任からすると「クラスの全員が分かった」と、次に行ってたのだと思います。
     苦労して覚えたお陰で、未だに「これは何年生で習った」と、子どもが聞いてきた時に教える事が出来ます。

     好きな、国語(読書好きだった)、理科(生物や地学)、図画工作、美術(絵を描く、物を作るの)、社会(平安時代位までの歴史)も、全部血肉になっていると思います。

    子どもが習っている社会は私らの頃とはかなり違います。それでも、よく聞けば何となく分かりますよ。
    その理解の元になっていると思いますね。
    私が中1で習った、サイン、コサイン、タンジェントなんて中2でまだやって無いので。

    主人も、電気や計測をメインに仕事をしているので、小学校や中学校の算数・数学は必要、と言ってます。

    まあ、一番覚えてるのは、先生の雑談だったりするんですが。

    ユーザーID:0580087664

  • たぶん。

    学校で学ばなければ読み、書き、算できないので、役に立ってると思います。

    高校以降の数学は直接は役に立ってないかもしれませんが、あの程度を突発する努力できないなら、社会でやってけません。

    ユーザーID:7127297094

  • 全て役に立っている

    50代、地方政令指定都市在住、女性

    学校で習った全てが役に立っていると感じています。
    数学は論理的思考の訓練であったし、
    物理、化学はそのまま実生活で応用できることが多い(特に車の運転の時に力学、洗剤や家庭用清掃用品の成分表示見るのに有機化学が役立ちます)
    英語は公立中高でしか習わなかったのですが、その後細々と勉強を続けていたら
    簡単な英語の本やネットのページなら辞書なしで読め大いに役立ってます。
    歴史や古典はお茶席に出た時、お茶道具や掛け軸を見るのに役立つし
    地理や倫理社会は大人同士の会話で教養を求められる時、基礎になる知識です。
    音楽、美術もやはり大人の教養として会話の基礎になっている。

    学校の勉強が無駄だったという人もいるけど
    教養として求められる知識ばかりだったと思います。
    お金儲けの役には立たないけど、人生を豊かに生きるためには知っておいた方が良いことばかりでした。

    この歳になって白居易の長恨歌を読みたくなったのですが、
    勉強不足で現代語訳との対訳がないと読めない。
    もっと勉強しておけばよかった!

    ユーザーID:2149346928

  • 12月28日号の「読売中高生新聞」で再び紹介させていただきました

    ロゴ

    たくさんのレスをお寄せいただき、ありがとうございました!
    みなさまのご意見の一部を、読売中高生新聞の12月28日号で掲載させていただきました。

    「自分も若い時そう思っていたが、実際社会に出て役立っている」、「今は役に立たないと思っても勉強はしておいた方がいい」といった中高生への温かい激励に、10代の読者も大いに励まされたと思います。皆様のご協力に改めて感謝申し上げます。

    読売中高生新聞編集室では現在、「今の仕事の満足度は?」「大人になって分かった親の小言」について、ご意見を募集しております。

    今後ともご協力いただければ幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。

    編集部(トピ主)

    ユーザーID:1522808854

  • 概ね役立っています

    微分 積分、サインコサイン なんかはよくわからないまま卒業しましたが、半世紀近く生きて来て困った事はありません。

    ですが、他の事は概ね役立っています。
    最近は役所の事務パートをしているので、政治経済が苦手だった私は苦戦しています。
    大学の専攻は役に立たないと言われている人文科の歴史系ですが、職場が文系の高学歴な人が多いので、休憩中の会話で大変役立っています。
    国語で習った文学作品や漢文も話題になります。

    地理は旅行が好きなので役立ちます。
    化学も方程式も料理等で役立ちます。

    英語は実際の英会話とは違うけど、基礎が出来ているのと、耳だけで覚えるのとでは全然違うと思います。
    算数の計算だってスマホの計算機使えばいいけど、基礎が出来ているのと出来ていないのでは全然違います。

    そして何よりも、週に5日(6日)眠くても寒くても、ちゃんと朝起きて、退屈でも6時間着席して授業を聞くという行為が、社会性と協調性のある大人に成長させてくれたのだと感謝しています。

    ユーザーID:7733255085

  • 役に立っています

    小中高大の授業、役に立っています。

    特に役に立ったことを二つ書きます。

    1.古典
    古典の文法を学んだことで、謙譲語と尊敬語の深い知識が学べました。
    よって社会に出て使用する敬語は完璧です。

    よく謙譲語を使うべきところで尊敬語を使う人、尊敬語を使うべきところで謙譲語を使う人がいますが、古典で文法を習ったおかげで間違えることはありません。

    2.外国語
    仕事で英語やドイツ語の手紙やメールを書いたり読んだりすることがあるので、大変役に立っています。
    大学でドイツ語をやっている時は、複雑だし、こんな役に立たないことをして何になるの?と思っていましたが、意外なところで役に立つものですね。

    その他一般常識等、勉強はしておいて損はないと感じます。

    ユーザーID:4389825212

  • 役立っています

    40代、女性、現在海外在住です。

    国語、算数から家庭科、図画工作、美術まで、全て役立っています。お掃除から道徳倫理なども本当に、まさか!のタイミングで助けられました。
    小中学校はもちろん、高校の授業も本当にこんなに仕事でも役立つものなんだな、と30代で実感しました。
    大学はより理論など応用の効くものが多かったり、小中学校で学んだことのもっと深い部分を学んだ気がします。(統計学とか)
    でも同じ教育を受けていても人それぞれに使える幅は違います。
    私が受けた基礎教育は、田舎だったため教科書が終わらなかったり、地域性があったりと、多分都会よりも質が落ちていたかもしれません。それでも興味のあることは自分で調べたりしました。当時は好きな事だけしかしませんでしたが、まさに好きこそものの上手なれ、でその後の人生に何かと役立っています。

    日本の基礎教育は素晴らしいです。ゆとり世代でかなり変わった、というのを聞くと残念ですが、多分私は世界でも誇れると思っています。
    こちらで日本で受けた小中学校の教育の話をしたときに、そんなことまで学んだの?とびっくりされることも多いですよ。(特に家庭科とか。)
    画一的と言えども、これだけ広く浅く大事な基礎知識を教えられるのはすごいと思います。昔は記憶ものばかりで反発もありましたが、その素地あっての個性を積み上げられるものだと、歳をとった今更実感しますね。
    ただ唯一、英語教育は国語の授業がある程度できるようになるまで待ったほうがいいと思いました。(私の時代は中学生)まず母国語で構築できないことは多言語でもできません。アイデンティティも母国語で言えて初めて多言語展開できる気がします。現在、3ヶ国語で生活していますが、国語が得意分野だった私にとっては習得時にかなり強みになりました。

    ユーザーID:4386072759

  • 役に立っています

    実際にいまだ実生活で活用しているのは英語だけですが、

    学校の授業は、何より「要点をつかむ」ことを教えてくれたと思います。先生が「いいかー、ここテストに出るぞー」と言ったところは必ず重点的に理解しておかないといけないというクセがついたおかげで、人生においても、また様々な事象を把握するときにも常に「要点をつかめる(=ポイントはどこにあるか特定出来る)」大人になれました。

    ユーザーID:9449898057

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧