現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

流産の悲しみをどう乗り越えたら

くーちゃん
2018年10月10日 18:15

先月流産してしまいました。安定期に入ってからの流産で、原因不明です。悲しくてほとんど毎日泣いて過ごしています。少し前の検診では胎児に全く問題なく、自分が流産するなんて思ってもみませんでした。出血があった時も一応病院に確認しておくかというくらい気楽に考えていました。その日のうちに入院になり、点滴を開始。この先どうなるのかわからないまま、とりあえず仕事の調整はどうしようなどと考えていたところ、陣痛が始まり、あっという間に出産となってしまいました。分娩中、私は何で産んでいるんだろう、この痛みは何のためなんだろうと思いながら産みました。遠くでは別の方のお産の様子、赤ちゃんの泣き声が聞こえてました。何で私たちは・・と、辛かったです。生まれた子はしばらくは心臓が動いており、横に寝かせてあげて最期を迎えました。
火葬まで安置所に何度も通い、千羽鶴やお人形、手作りのお帽子、夫婦の写真などを納めていきました。小さいのに爪や眉毛、唇があり、触ったら皮膚の感覚もあってまるで生きているようでした。今でも触った感じ、抱っこした重みなどその感覚が残っています。火葬の日は夫婦で赤ちゃんに話しかけたり、抱っこしたりして最後の時間を過ごし、今では本当に少ないお骨になりました。
まだ日は浅いので仕方ないのかもしれませんが、赤ちゃんを見たり、ネットで妊娠・出産の報告などを目にすると、どうしてうちの子は生まれてこれなかったのだろうと涙が溢れます。また、この先他の人の妊娠や出産、子どもの成長をどんな想いで聞けばいいのか・・人を羨んだり、妬ましく思いたくないのに、そうしてしまうのではと心配です。自分だって次の子を頑張ろうと思おうとしても、次も同じことになるのではないか、出産までの不安な毎日を耐えられるのかと考えてしまい、子どもはあきらめようかなとも思います。同じような体験をされた方、是非ご意見をください。

ユーザーID:6718693604  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:1本
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
くーちゃん(トピ主)
2018年12月14日 18:57

みなさま温かいお言葉ありがとうございます。
返事が遅くなり申し訳ございません。

あれから少しずつ気持ちを立て直し、毎日を淡々と過ごしていますが、やはり時々思い出しては泣いてしまします。

まだまだ時間がかかりそうですが前を向いて頑張ります。
私も皆様のように誰かに温かい言葉をかけてあげられるようになりたいです。

ユーザーID:6718693604
 
トピ主のみ(1)ほかのレスも表示

現在位置は
です