現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

私の手術日に・・・

りんご
2018年10月11日 14:19
古いレス順
レス数:72本

タイトル 投稿者 更新時間
お体の調子、いかがですか
ははは
2018年10月15日 10:22

普段の夫婦の関係どうですか。
仲がよろしいのであれば、ホッとしたのかもしれませんね。
うちの場合は仮面夫婦なので、飲みに行こうが気になりません、って言うか、関係ない。
逆に夫が入院した時は、普段いけないお店にご飯食べに言ってました。
解放感でいっぱいでした。
もしかしたらご主人も、ちょっぴり解放感あったかも。
でも普段仲が良かったらいいじゃありませんか。
それくらいおおめにみてあげなよ。

ユーザーID:2324109696
友達に支えて欲しかった携帯からの書き込み
ミケ
2018年10月15日 11:13

ご主人は慣れない育児と配偶者の病気で疲れていらっしゃいます。子供と二人きりでいるより、お友達にはげまして貰いたかったし、そのお友達もご主人とお子さんの力になりたいと思ってくれたんじゃないかな。
辛いときに親身になってくれる友達のいるご主人は人としてレベルの高い人。飲んでハンドル握った訳じゃないから。

ユーザーID:5143726376
夫に気持ちをぶつけてみようよ
ハロン
2018年10月15日 12:08

貴女が考える以上に、夫は心配で不安だったのだと思いますよ。

どんな簡単な手術であっても麻酔から目覚めずそのまま永遠のお別れになることもある。手術前にそういう説明を受けて同意書に署名させられませんでした?

生還しても病気が重篤過ぎて手術自体がうまく行かなかった可能性も。

貴女に万一のことがあれば、貴女を失う耐え難さに加え幼子を自分一人で育てて行けるのか。男の人は妻の病気に対し、女性以上に気が小さく臆病で心配症だと聞きます。


それが無事手術も終わったのですよね。おめでとうございました。
夫は最悪の心配からとにかくは解き放さ荒れ心底ほっとしたのではと思います。

子ども相手だと少し甘えて不安を語ったりするわけにも行かないし、気が張ったままです。友人にそばにいてもらって気持ちを落ち着けたかったのでは?

それに、最大の心配から解放された直後、まだ気持ちが波立っている段階で貴女のいない我が家に子どもと2人きりになることが寂しくて不安で耐えられなかったのでは?

これからまたしばらく、貴女が元気になるまで子どもと頑張らないといけないのだし。

夫に今回の不満の気持ちをぶつけてみてはどうですか?
夫は貴女がそんな風に受け止めたことに驚き、自分の気持ちを説明してくれると思います。それを聞けば、貴女も納得して「こんな風に心配してくれてたのか。」「夫はそんなに小心だったのか。」とわかるのでは?

もし貴女がさらに頭に来るような回答しか返って来なかったらそれはそれで、改めて「夫はこんな人だったのか」と腹を立てればいいし。

貴女が自分の思考回路で夫を勝手に悪く思っていたら、夫が気の毒に思います。
多分、貴女の想像以上に貴女のことを心配し不安がっていると思いますよ。

いずれにせよ、早くよくなることを心よりお祈りしています。お大事に。

ユーザーID:3226032243
お気持ちわかります。
はは
2018年10月15日 13:45

お気持ちわかります。
手術が終わったとはいえ術後も大変なのは旦那さんもわかってるはずなのに。

でも、ビール1、2杯程度だったかもしれないし、手術が成功してホっとして誰かと話したかったのかもしれないし。トピ主さんが命に関わる病気で不安を持ったのは旦那さんも同様だったと思うので、緊張の企図がちょっと切れちゃったのかも。
酔っ払うほど飲んだのなら同情の余地なしですが。
あと、居酒屋の種類によるかも。

脱線しますが、よく奥さんの出産時に旦那さんは家や飲み屋で飲みながら待つパターンを聞きますが、あれこそあり得ないです。
良い話みたいに「嬉し涙で祝杯をあげた」なんて言ってるのを見ると馬鹿じゃないかと思いますね。

ユーザーID:6831669745
術後でしょう?
落ち葉からきのこ
2018年10月15日 13:56

手術が無事済んでご主人だってほっとしたんじゃないですか?手術が終わってもトピ主さんはすぐ帰るわけでなくまだお子さんと二人。ちょっと祝杯をあげて一息ついたり、気合入れ直したりしたかったんじゃないですか?

病気して手術を受ける当人が大変なのは勿論ですけど、ご主人だって大変なんだと思いますよ。

ユーザーID:3499965751
私も無理
今回は匿名
2018年10月15日 16:23

命に関わる病気の手術をした当日に、まだ低学年の子がいるのに
お酒飲むって、さすがにそれはないんじゃない?

トピ主さんの容体が急変したらとか、子供になにかあったらとか
危機管理がなってないとしか思えないんですけど。

まあご主人がアルコールに強い体質で飲んだのはビール一杯、
普通に大学入試問題解けるくらい頭はっきりしてます、
家にも八時までに戻りました、なら許せるかもですが。

ユーザーID:7290225382
ありえねー!!携帯からの書き込み
デルタ
2018年10月15日 19:05

わたしも命に関わる病気ではないけど足を切開手術したんだけど、何もすることなくても面会終わりまでいてくれたし、帰りがけにうえうえなっちゃったらどうしようどうしようみたいに先生来るまで待っててくれて、食事もせずにわたしの父が待つ家にまっすぐ帰ったよ?!

あなたの旦那何を考えてるの?まして命に関わる病気なのに呆れた…。そんな暇あるならギリギリまであなたに付き添って帰りファミレス寄るなり弁当買って親子で『ママ早くよくなるといいね』とか語らえよ…。旦那の友達もひどい友達だね〜 普通断るよ こんなときに飲みとか無理って!怒って当然。

でも今は回復に努めてください。
早く元気になりますように。

ユーザーID:9574285528
うちの夫ではありえないわ!
薔薇子
2018年10月16日 8:54

私の場合は命にかかわるような病気ではなかったのですが、
やはり全身麻酔を受けての手術は、リスクがありますよね。
人間は神ではないので、万が一という事は常に考えておくべきだと思います。

医療人である私だからこそそう思い、万が一を考えて遺書をしたためて手術に臨みました。
夫は終日付き添い、術後の痛みで苦しむ私を見て涙目になっていました。
私は逆にそれが申し訳なく、夫に帰宅を促しました。
夫が私のせいで悲しむのを見ているのが辛いのです。
夫はシブシブ帰宅。翌日も早くから来ました。

手術は完全大成功と分かっていたけれど、とにかく苦しむ様子が心配で、
食事もろくに喉を通らず、お酒なんてとんでもない!
手術室から戻って来た時の顔面蒼白の私の顔が浮かび、
「早く元気になって!」と一晩中祈っていたと言っていました。

翌日の私の回復を見て心から安心して
「今日は普通に晩酌するよ。」と笑ってくれて、私も嬉しかったです。
私が望んだのではなく、自発的に毎晩の晩酌をお休みしたのは
「夜中に何か知らせがあった時、車で飛んでいけないだろう。」とのこと。
私も逆の立場ならそうすると思いました。

退院して帰宅した時も、家の中を完璧に整えて
私に少しの負担もかけさせないようにしようと思ってくれていたのが、
ありありとわかりました。
私の苦しみを自分のことのように受け止めてくれる、素晴らしい夫で私は幸せです。

ユーザーID:1446184073
飲酒は習慣?
jun
2018年10月16日 13:43

だとしたら

>「あとは何もすることないから 帰って大丈夫だよ。あの子をよろしくね。食べさせて 早く寝かせてね」と話しました。

ってトピ主が言ったら安心して飲めますわね。
トピ主の手術が成功したと確信出来たんじゃないかな。
飲酒自体何も悪いもんじゃないし、
子どもも一緒だし痛飲するはずもない。
自分で運転せずに代行を使ったということを見ても
(いまだに平気で飲酒運転する人は多いですからね)
理性は保ててます。

子どもが寝るのが遅くなったとか言うなら問題ですけど。
そうじゃなきゃ余計なストレス溜めないほうがいいですよ。

ユーザーID:2409074702
狭量だと思います
ミンククジラ
2018年10月16日 14:48

このようなトピもよくたちますが、そのどれもが必要がなくなったのにいつまでも夫に楽しんでもらいたくない、同じ苦しみを味合わせたいという感情が強く出ています。
じゃあいつまでということもあるし、ほっとできたつかの間に酒も飲むな、お百度参りでもしておくれという感情はまさしく、道連れ根性と言わざるを得ません。
本来であれば病気の私に付き合わせて悪かったというところを、逆に遊びやがってそれは許さんということでしょ。
相手と同等の苦しさをというなら、専業主婦が夫の働いている間に遊ぶなんてもってのほかだけれども、そんな妻はいません。

ユーザーID:6472278798
プレッシャーから解放された
なつめ
2018年10月17日 10:15

トピ主さま、命にかかわる手術がんばりましたね。

でも、ご主人はご主人で

最愛の妻を失うかもしれない
男手ひとつで子どもを育てていかなければいけないかもしれない

そんなプレッシャーと戦っていたのだと思いますよ。

あなたにも、お子さんにも不安な素振りは一切見せずにね。
たった1日、プレッシャーから解放されて飲みに行くぐらい、いいじゃありませんか。

ご主人とお子さんへ、ありがとうの気持ちを忘れずにね。

ユーザーID:7388039017
経験してみないと
ぷ〜にゃんぱん
2018年10月18日 8:13

こればかりはわからないよ。
重度の入院、手術、旦那さん経験した事ある?
無いのでは?命がけの手術、経験ないでしょ?
だから術後も油断出来ないというのはわからないと思うよ。

医師から「手術は成功しました。」と言われたら解放されてしまったのだと思う。
ずっと張りつめていたのが解放って感じでしょう。

その後の注意事項言われてたが、ぽーーとして聞いていたのかもね。
完全看護だから看護師さんからお任せくださいとでも言われたのかな?

だから仲のいい友人と祝杯じゃないけど終わったという報告かねて飲んだのかも。

経験ある人はありえない、許せないと思うかもしれない。なぜ自宅で待機してくれなかったという気持ちはあるかもしれない。
でもね。家族としての気持ちも考えてあげよう。ずっと無事終わりますようにと神に願うしかない状態。ずっと張りつめていたと思うよ。
それが無事終わりホッとしたのですから。

私自身両方経験してみて、本当に家族として待つ身は、ただ待っているだけだけど疲れる。
何もすることがない、何時間もただ待つだけ。
とにかく無事成功してくれるのを待つだけです。
無事終わってホッとしますよ。麻酔が効いているけど反応してくれてホッとして
その後どっと疲れる。私も夕食が作れないほど疲れましたから。その日は外食にしましたよ。

手術の日に来てくれた、術後まで待っていてくれた。だけでも幸せだと思うよ。

ユーザーID:4702230901
 
現在位置は
です