能力不足だけど壁を越えたい

レス11
(トピ主1
お気に入り11

キャリア・職場

momo

31歳女です。この春から、新しい職場に入りました。
職種は研究職です。仕事について悩み落ち込んでいます。
よく上司から、能力不足だと言われます。
例えば、申請書を書いて上司に見てもらう際に、時間がかかりすぎ、言いたいことが反映されていない、文章能力が中高生レベル、集中できていないなどとも言われます。
自分でもよくわかっているつもりなのですが、次こそ、次こそと取り組んでもダメ出ししか受けません。
人よりできないのなら努力をすればいい、というのも頭では理解していますが、仕事に追われ、自分の時間も少なく、毎日睡眠不足です。
子供の頃から勉強の仕方がわからなかったり、計画を立てるのが苦手でした。
自分で頑張ってみてもなかなか成果が現れず、能力が伸びないのが辛いです。
どこまでやれば仕事が楽しくできるのかわからず、最近職場でも隠れて泣いてしまいます。
自分の能力以上のポジションを貰えていて、なかなか再雇用が難しく辞めたら後がないのもわかっているので、逃げたくありません。
どうにか、能力の壁を越えたいです。
このトピも何を言いたいのかわからないかもしれませんが、ご意見をいただけたら嬉しいです。

ユーザーID:5091864157

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 壁なんてないよ〜

    能力って何?能力の壁って何?
    超えなくて良いと思いますよ。
    楽しいばかりじゃない、もちろん職場イコール楽しい場所なら万々歳ですね。

    ちなみに私は計画するのはジックリ、突然の対処は苦手です。

    momoさんは「今」は頑張れる。でも「今」悩んでる。
    先々、疲弊して潰れるかもしれません。
    もっと自分の気持ちを解放しましょう。ニコっと笑ったり、ムッとしたり、そして肩の力抜いて研究してましょう。

    自分に役不足と思いこまないで、泣いて、 笑って、怒って!

    誰も貴女を評価してないなら、今の職場のポジションはないですよー。

    自分で壁と思ってるだけなのでは?

    ユーザーID:4828135909

  • 周囲に相談出来ないかな?

    入社したばかりでは、上司以外は先輩達ですよね。その方々にお話しは出来ませんか?

    「お忙しい所申し訳ございません。申請書がうまく出来ないのですが教えてもらってもいいでしょうか?」と謙虚に行けば教えてくれると思うのです。

    そしてネットでも本でもいいから、ビジネス文章の文例があると思うのです
    そういうのを参考にするのもいいと思いますよ。

    こう言う時はこういう文章で、季語は・・・とかいろいろ自分なりに取り揃えてみるといいと思います。
    文例の本を1冊買うのもいいと思います。会社に置いておき、わからなくなったら見るようにするとか、休憩中目を通すとか、

    文章が出来たら上司に見せる前に、先輩に見てもらえばいいのでは?
    ワンクッションになっていいと思います。

    後がないと思うならとにかくできる事を。

    一応社会人になって働いても常に勉強は付きまといますから。めげずに勉強しましょ。自分の出来る事からね。

    ユーザーID:7838103072

  • 31歳なら、未だ間に合います

    重なる部分がありますので、参考になればと。
    研究職と仰っていますから、少し違うかも知れませんが。

    今更ですが、組織で仕事を進めるうえで必要なスキルは、
    「文章力」です。
    組織内では、企画書や議事録、起案書で提案説得を行う
    ことが基本と思います。

    とは言え、文章力を簡単に身に着けることは難しいです。
    自身も文章が苦手にしていましたが、ある機会に「山本
    周五郎氏」の作品に出遭い、気に入って全集を読破しま
    した。

    気に入った作品については、何度も読み返しました。
    そのお蔭て、文書の作成が苦にならなくなりました。
    役職も上がって行く時期に重なったので、助かりました。

    作家の作品を読み進めて行く内に、作家の物語の進め方
    が理解できるようになります。山本氏は、とても丁寧に
    書き進めて行かれていることに気が付きました。
    要するに、作家の真似をすれば良いのだと理解しました。

    後は、ご自分で味付けを為されば宜しいのです。
    ただ仕事ですから、事実と論理、理性に従い、感情的な
    思考や言動は、排除しなければなりません。

    中学生時代に習った5W2Hは、役に立ちますょ。
    その外の情報としては、「ハウツー書籍」から得られた
    らと思います。

    追伸
    文書作成を積み木のように作成する方法があります。
    文章をバラバラに作って置き、後に並べ替えるのです。
    今は、いろんなツールがありますから、いろいろ工夫
    為さることが可能と思います。

    よく遣る方法は、課題を一人で口演し録音して置き、
    後で文章化する方法です。この方法は、自由な発想が
    出来て良いです。

    締め切りは、決裁者の都合を考えて、早め早めに提出
    することです。

    ユーザーID:1239490139

  • 考え方を変える

    最初に...この文章については問題ないと思います。

    さて、能力不足というのは早合点ではないでしょうか?
    上司の期待レベルが基準になっているため、高いレベルを求める上司だとどうしてもケチをつけられるため落ち込む毎日が予想されます。
    しかし、通常レベルで見たら十分期待レベルに達しているのかもしれません。
    ですから、現段階で能力不足で自信を無くすのは時期尚早ではないかと思います。

    ですから考え方を変えましょう!
    上司は私を鍛えてくれているんだと。
    期待されてさらにレベルアップを求められているものと。

    上司もあと数年、十数年で退職されたり異動されたりすると思います。
    言ってくれる人ってそんなにいませんよ。
    せっかくの伸びるチャンス、自ら手放すのはどうかと思います。
    しがみついて頑張ってみませんか。

    そして能力アップの方法ですが、いろいろあります。
    大前提として数日や数か月で伸びるものではありません。
    それができるなら、皆がとっくにやって結果を出してますよ。

    気長に、地道にやる姿勢が大事です。
    新聞を読む、本を読む(好きなジャンンル、特定の能力に着目した本)、何か1つスペシャリストになる
    継続は力なり。その結果は、1年後、3年後、見る人にははっきり見えますから。

    ユーザーID:4175846975

  • 他の方を参考にできませんか?

    経験上、自分で計画が立てられない、勉強の仕方がわからない方は、そもそもあまり研究職には向かないのでは?と思ってしまうのですが、仕事を辞めたくはないとのことですので、考えられる解決法を。

    簡単なことですが、とにかく人のを真似ることかと思います。申請書の類であれば、他の人も書いているでしょうから、それを見せてもらって真似るところから始められるとよいと思います。

    勉強の仕方がわからない方は、往々にして自分一人でやろうとして、何からやってよいかわからない場合が多く、人のやり方を知らないケースがあります。まずそこから勉強してみて下さい。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:5074651452

  • おすすめの本とサプリと。

    「決定版 成川式 文章の書き方」という本をおすすめします。
    ネットで中古で買えます。
    ささっとすぐに読めますし、文章の書き方がしっかり学べて、
    文章がスラスラ書けるようになりました。
    文章の書き方の辞書としても使えてとても便利です。
    私は、この本を活かして、日記をつづって練習しましたが、
    練習しなくても実践ですぐに活かせる本になっています。
    この本なら言いたいことがしっかり反映できる文章が書けるようになるでしょう。
    そして、電子辞書も買うこともおすすめします。
    言葉が正しいか気になったとき、ささっと調べられるので、
    言葉の書き間違いがなくなります。

    DHAのサプリメントを飲むと、頭の回転は速くなりました。
    ビタミンBと鉄分は集中力アップにおすすめです。
    朝は納豆や豆腐などアミノ酸が取れるものを食べると良いです。
    アミノ酸も集中力がアップします。
    あと、飲み物を飲んでも良いなら、コーヒーを飲むと良いです。
    頭がシャキッとすっきりして、頭の働きが良くなります。
    私は事務をしていたとき、何度計算しても合わなかった合計金額が、
    コーヒーを飲んで少しして計算したら、1回で合計金額が合致した・・
    という経験を何度もしています。

    ユーザーID:5383235476

  • 「能力不足」は事実?根拠は?

    タイトルからトピ主さんが「能力不足」であることが前提に
    なっていると思うのですが、(また、実際に不足しているか
    していないかは相対的なので絶対にそうでないとも言えませんが)
    「上司に言われた」以外に何か根拠があるのでしょうか。

    たとえばAさんとBさんとトピ主さんで競合をして負けたとか、
    Aさんの何らかの成果物は〇円になったけれどトピ主さんの
    成果物は△円だった、とか、そういう具体的に数値可されたもので
    なくてもAさんの〇〇とトピ主さんの〇〇を比べて、Aさんの〇〇の
    方が優れているとトピ主さんが実感した、とか。

    そうでないなら、たとえば私がトピ主さんの投稿を読んで
    「トピ主さんの成果を伸ばせない(トピ主さんは隠れて
    泣いている間仕事はさぼっているのでしょう。
     泣いている時間を実務に当てているならいくらかの成果
     が出るでしょうに)トピ主さんの上司はダメな上司」
    と上司を評価したら、突然上司はダメ上司になってしまうのかと
    いえばそんなことは無いとは思います。

    上司がトピ主さんをよく評価しないのは事実でしょうけれど、
    だからといって本当にトピ主さんがよくないのかは
    関係がないです。ただ、今は仕事に打ち込めていない、
    充分に能力が発揮できない状況であるとは思い、
    それは上司が原因で、とてももったいないことだと思います。
    (上司自体が本心からそう思っているのか、人を育てることは
     厳しくすることが正解だと過去の経験からしているのか、
     今日のお昼ご飯がイマイチでトピ主さんにぶつけているのかは
     よくわかりませんが)

    >ご意見をいただけたら嬉しいです。
    に対し、伝えたいと思ったことは少なくとも文章作成の向上の
    方法等ではありませんでした。
    でもトピ主さんの投稿を見てそういうことを書いてくれた方も
    いらしたと思います。
    そんなものだと思います。

    ユーザーID:3453807912

  • 他の人の申請書とかみてますか?


    主さん
    大丈夫ですよ
    誰だって、最初はそんなもんですから

    主さんはトピの文章は普通にお上手なので、ただ、書き慣れてないだけかなと思います。



    ところで、申請書でも、論文でも、なんでもそうなんですけど
    他の人の書いたものを見せてもらったことありますか?

    普通は研究費の申請の過去に通ったものの記録が研究室にあるはずです。

    秘書さん的な人が整理してるはずなので聞いてみて
    (秘書さんにはちょこちょこお菓子とかあげて、毎日3分世間話とかして、仲良くしとかなきゃダメですよ。
    今回もちょっとお礼をしましょうね)

    その「申請の通っているものの過去の記録」を借りて
    (なければ、教授やその他の先生に直接お願いして、各々の過去の申請書計画書をお手本に貸してもらってね)
    最低でも10枚以上、できたら100枚くらいは読むと
    申請通すために必要とされてるレベルがわかりますよね?


    その中でも特に自分がわかりやすいと感じたものを数枚選び出し
    それを手本にして、自分のオリジナリティの部分だけを入れ替える

    そういうのが、早く上手になる基本です。



    うまく研究費通るといいですね

    ユーザーID:5056283486

  • トピ主です

    皆さま、暖かいお言葉や励ましのお言葉ありがとうございました。
    とりとめのない、レスしづらい内容にも関わらず、たくさんご意見をいただけて本当に嬉しいです。

    上司から厳しい言葉ばかり言われるので、自信を無くしておりました。もちろん、上司は怒りたい厳しくしたいと思ってそうしているわけではないのはわかっています。
    こちらで、具体的にこうしたら良いと教えていただけてとてもありがたかったです。
    本を読め、というのは上司にも言われました。なかなかうまく時間を割けず、読み進められていないので、できる限り五分でも頑張りたいと思います。

    また同僚や先輩についてですが、詳しくはあまり書けないのですが、私のところには同僚がおらず、先輩にあたる人もかなり年上の方ばかりで、また仕事内容も違うため、頼れる人は上司ぐらいしかおりません。
    とにかく文章力をつける必要があると思います。一文でもわかりやすい、子供っぽくない文章を書けるようになりたいです。
    やはり日々の努力ですね。しんどくて休みは何もしたくなくなりますが、自己研鑽しないといけませんね。

    ユーザーID:5091864157

  • 肩の力を抜いて

    トピ主さん、がんばって!

    私は、「理科系の作文技術」という本をおススメします。
    簡潔な表現の書き方がわかりやすいです。
    この中にでてくる上司が、主さんの上司さんに似ているかもしれないので、心の持ち方の参考にもなるかも。

    「壁を越えたい」と、しっかり自分を持っているので、きっと大丈夫です!

    ユーザーID:0126004392

  • 読み手の視点

    研究職ということなので、同業で他人事とは思えずレスします。
    その上司はダメ出しだけで添削はしてくれないのですか? 「申請書」がどんなものかわかりませんが、
    「○○という目的意識に基づき、こんなことを示してみたい。そのためにはまずAから調査し、BC・・と調査を進めて、Dという分析を行う。期待される成果はEで、その反映先はFである」
    みたいな”研究企画書”のようなものでしょうか。
    であれば求められるのは、読み手の視点です。「申請」される側がしなくてはならないのは「許可」であり、必要な予算確保及びそのための社内折衝ですから、企画書の筋立てが理路整然としていないと、上司が社内折衝できません。
    もし、上司が何の添削もしてくれないのなら、31歳とのことなので既に添削が必要な年代ではないと思われているのでしょう。これからでも遅くはないから、「仮にこれが誰か他の人のやりたいことだったとして、自分が予算を割く側や経営層だったとして、この研究の意義を納得できるか」を考えてはどうでしょう。

    ちなみに一見全然関係ないかもしれませんが、優れた読書感想文を書くにはこれに似た能力が求められます。主さん、小学校の頃、読書感想文といえば文字どおり自分の感想を書くものだと思ってませんでしたか。それは違います。
    この筆者はこの本を通じて何を訴えたかったのか。それは(自分ではなく)客観的にとらえるとどういう意義があるのか。それを理路整然と、どんな読み手にもわかるよう述べた読書感想文が全国コンクールで入賞するのです。
    「ブラックキャット」さんのご指摘にも通じるところがありますが、優れた文学作品共々、優れた読書感想文もご参考になるかもしれません。

    ユーザーID:6568593396

レス求!トピ一覧