一生もの

レス20
お気に入り19

かがとし

話題

20代前半社会人の女です。一生ものが欲しいと考えるようになりました。そこで身近なものとして時計を選び色々メーカーを調べたりした結果セイコーの時計を選択しました。一生ものということと今後自立していく覚悟で予算50万の時計です。デザインが気に入ったということもありますが……が、小娘ごときが50万の時計なんて考えるようになりました。そこで身近なものとしてみなさんはどんなものを一生ものになりましたか?また、当時は特に気にしてなかったものが今では一生ものになったものはありますか?ご参考にお聞きしたいです。

ユーザーID:4245087040

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 好みは変わるから

    私も20代のころに「一生もの」だと思って買ったものがあります
    時計やバッグ、靴など
    でもねぇ
    好みも変わるし、見飽きてくるし、
    そのころに買ったものはほぼ残ってません
    時計(50万くらい)は残ってますけど今は使ってないです
    そのうち使うかなぁと思って、
    一応取っておいてありますけど

    意外だったのが、
    知り合いに頂いた1カラットのダイヤ一粒石のネックレスが、
    長期間飽きずに使っています
    まだ不明ですけど、
    もしかしたら一生モノになる。。。かも

    ユーザーID:8859652288

  • 20代で買った時計

    確かに好みは年齢によって変わりますよね。

    でもその時その時で”これは一生モノかも”と考えて買うのも楽しいのでは?
    大切にすると思いますし。

    私の一生モノは、20代の頃自分で買った OMEGAの腕時計(20万くらい)と、20歳のお祝いに母が買ってくれた一粒ダイヤネックレスですね。
    ネックレスはほぼ毎日お守りのように付けています。

    今はもう若くないので(笑)ある程度高価なものも買えるようになりましたが、最近は物欲が無くなった気がします。
    20代はちょうどバブルの時期だったので買いまくりましたから。

    大切な思い出と一緒に素敵な持ち物が増えるといいですね。

    ユーザーID:1532415899

  • トピ様は小娘じゃないよ

    セイコーの腕時計、いいご趣味です。価格も悪くないです。今は少しばかり時計が高めに感じるかも知れないけど、すぐに時計に追いつきます。その時計が肌の一部になるような本物のハイグレードな大人の女性を目指して頑張ってください。

    ユーザーID:3268987349

  • 時計、いいですね

    私も18歳で大学に入学するときにロンジンの時計を買ってもらいました。
    当時は何とも思わず乱暴に扱っていましたが、今でも大切に持っています。
    普段は便利なソーラー電波時計を使っていますが、きちんとした場に出席するときはロンジンを付けることもあります。

    20歳の成人には18金のネックレスを買ってもらいました。
    シンプルながら洗練されたデザインで、20歳でも80歳でも通用します。
    40年以上経っても輝きも失われず愛用しています。

    これらはその時は一生物とは思いませんでした。

    一生モノとして購入したのは黒いカシミアの礼装用ロングコートです。
    オーソドックスなデザインですが、10年も経たずどことなく古い。
    襟の形や幅、アームホールの大きさ、胴や袖の太さやシェイプ、ボタン、すべてが昔の服です。
    服は一生モノにならないと学びました。

    ユーザーID:7825873039

  • 一生モノとは?

    第三者に一生モノは何か?と聞かれておられますけど、
    果たして一生モノとは?という定義が曖昧なので
    何とも言えませんけど、確実に言えることはブランドでも価格でも
    ない、ということです。

    例えば何年も前に死んだお爺さんが腕にしていた、
    どこのブランドかも分からない時計。もう不動で(直す気もないが)
    オブジェとしての価値しかないが、それは「思い出」として
    一生モノ・・だろうと思います。単に「捨てるには忍びない」という気持ち
    だけかもしれませんけど。

    高校入学時に叔父さんから頂いたセイコーのダイバーウオッチ。
    当時の価格で5万円もしないクオーツ時計ですが、
    何回か電池交換をし、ベルトも交換してきて今でも自分のお気に入りの
    一つで現役で使っています。頂いてから数えてみたら30年以上経過
    しています。叔父さんとは疎遠でしたが、十数年ぶりに会う機会があり、
    その時計をしていきました。まだ所持していたことに驚かれ、そして
    嬉しがってくれていました。

    もしくは、京都の老舗の刃物屋で買った包丁。研ぎ直しせば
    何度でも切れ味はよみがえります。2万円もしない包丁です。
    持った感じ、研いだ後の切れ味、材料に刃が入る感触・・
    これが自分に合っていて「ちゃんとメンテナンスすれば」いつでも現役・・
    そういうものが一生モノだろうと思います。

    高額品だから一生モノ・・ではないと個人的には思いますよ。
    時計のことで最初に書きましたけど、モノはいつかは壊れます。
    時計も歯車が欠ける、バネがヘタる。包丁も使っていくうちに表面は汚れるし、
    切れ味も甘くなります。

    どんなものっでもちゃんとメンテナンスして、最高の状態に維持しながら
    使っていくことが、「一生モノ」の定義だろうと私は思います。
    言い換えると「思い」が強くないものは「一生モノ」にはならないです。

    ユーザーID:8098122535

  • 言うだけならいくらでも・・・

    欲しい物を買う理由付けなら何とでも言えますよ。子供の言う「一生のお願い」と同じです。

    「一生モノ」になるかどうかは買う前に決まる事じゃないし、ましてや自分自身の趣味やスタイル、何よりも自我が確立していないであろう20台前半で「一生モノ」にする事を前提に買い物はどうかと思う。こうやって赤の他人に質問している事がそもそも「自我」が確立していない証。

    20代前半なんてまだまだ子供から大人になって数年ですよ。悪い意味でなくまだまだいろいろ感受性で変わる年頃。

    トピ主は自分の持ち物で、3年、5年、あるいはそれ以上、、、流行廃りに流されずに「これが私のスタイル、自分の趣味(好み)」と続けてるモノがあります?メンテナンスをして、直して、、、使い続けている物あります?それ、これからも同じようにずっと使い続けます?

    そういう芯があっての事ならどうぞそれを信じて買えば良い。それでこそ「トピ主は小娘ではない」という事でしょう。

    この質問にちょっとでも迷いや、後ろめたさを感じつつ「ある」と言うくらいならまだ待った方が良いと思う。ま、自分に嘘をついても仕方のないことなので素直にね。

    どうもトピを読むだけなら、ただただ高価な買い物をしたいだけで、その後ろめたさを誤魔化すために「一生モノ」なんて言ってるように感じます。そう言っておけば「覚悟を装える」ってね。

    ま、私の金じゃないんでご自由にどーぞ。

    余談ですが、「高い物が一生モノではない」というレスに私も賛同します。

    ユーザーID:5814223894

  • 知識と経験。

    一生モノなんて、高額の商品を売りつける口実、買う口実に過ぎないと思います。

    20代で買った時計。
    30代40代と年を重ねると、容姿はもちろん、肌の質感も着る服も変わってきます。
    安くないメンテナンス費用を払い続けても一生使いたいと思い続けられる時計って、そうそうないと思いますよ。

    それより、知識や経験こそ一生の宝になります。
    仕事に関連する資格でも、趣味でも。
    人生を豊かにしてくれ、逆境を切り抜ける知恵を与えてくれます。

    20代は、成人して自分の判断で行動でき、気力も体力もあり、自分のためだけに時間を使える貴重な年代です。
    30代40代となっていくと、だんだんと仕事も責任が重くなるし、配偶者や子供、老親などの都合を優先しなければならない場面も増えていきます。自分の気力体力、それと記憶力なんかも衰えてきてしまいます。

    若いうちはモノにこだわるより、資格を取ったり、何か打ち込めそうな趣味を見つけてそちらに投資するのをお勧めします。

    ユーザーID:1044918919

  • 一度えいやっ、と高級品を買ってみて!

    おそらくトピ主さんのお母様と同世代のおばさんです。

    是非一度、背伸びして高級品を買ってみてください。
    それが結果的に一生ものになってもならなくても、きっといい経験になると思います。

    今は安くてかわいいファストファッションなどをうまく着こなす・使いこなす人が多いですね。
    はっきり言って、ファストファッションだけで十分おしゃれでいられると思います。
    でも、高級品を知った上でファストファッションを選んでいるのと、知らないでいるのとはモノの見方がまったく違ってくると思うのです。

    ちなみに、私の一生ものは、傘です。
    一生ものと思って買ったわけではないのですが、ちょうどトピ主さんと同年代頃、当時の私には高価なものだったのですが、ひと目ぼれしてどうしてもこれが欲しい!と思ってしまって某ハイブランドの傘を購入しました。
    使ってみると、今まで使っていた傘とは全然違いました。
    しっかりしていてびくともしない。しかも絶妙な色合いで、どんなに使っても色あせたりくすんだりしないのです。
    30年ほど経った今でも、です。

    たかが傘なので、50万円にははるか遠く及ばない価格でしたが(ゼロをひとつ取ってもまだ安い(笑))、えいやっ!と買ってよかったと思います。

    その後も、えいやっ!で買ったものはいくつかありまして、一生ものになったものもならなかったものもありますが、どれもいい経験と今では笑いとばせます。

    お買い物、楽しんでくださいね。

    ユーザーID:8701308060

  • 一生ものを探すのが大変

    ほとんど、どんな物も劣化します。
    あなたが6〜70代なら、どんな物でも一生物にはなると思います。

    時計は壊れなくても、部品がないというだけで、
    電池交換もしてもらえなくなります。
    おかげで、私は自分で電池交換できるようになりました。
    ソーラーも一生物ではないです。
    どのような時計を選ぶかによるでしょう。

    物であれば、宝石類が無難だと思います。

    50万円もかけるなら、私は自己投資が一番だと思います。
    盗まれないし、落とすこともないから。

    ユーザーID:8832687390

  • いいと思いますよ

     >今後自立していく覚悟で予算50万の時計です

    お若いのにしっかりしていらっしゃいますね。時計はいつも身に着ける物なので、どうせ買うなら自分が本当に気に入った良い時計
    をお勧めします。トピ主さんと同じ年頃に買った時計は、途中お直しに出したりして今でも現役ですよ。

    うーん、一生ものって言うとスパンが長すぎて少し胡散臭い感じがしますが、時計やシンプルな貴金属はそういえますね。
    でも例えば英国製の某トレンチコート。大枚はたいての購入でしたが、丈とか型とかが微妙になってくるのでまた今年も出番待ちでしょう。

    ユーザーID:1493481766

  • ステンレスの洗い桶

    25年近く使ってますけど今でもピカピカ。形もまったく変わらないし
    私は今56歳ですが、もう死ぬまで使えると思いますね。
    これぞまさしく一生ものですよね。
    あれ?何十万円とか何百万円とかするものじゃなきゃダメだった?

    ユーザーID:8828273001

  • 母の形見など

    亡くなった母の形見は、恐らくは一生ものでしょう。20歳の記念に譲られたパールのネックレスやルビー、サファイアの指輪。そしてダイヤモンドの指輪。父からはオパールの指輪とブローチを・・。

    時計は、40歳になった時に買ったロンジン。ほんとうは還暦記念にロレックスが欲しいなと思っていたのですが、ロンジンを大切に使っている方のレスを拝見して、考え直しました。私もロンジンを長く愛用します。

    着物は30代のころ、かなり高価なものを祖母と母が2着作ってくれました。帯もそれは素晴らしいです。でも、今までほとんど着なかった・・。いつかリメイクしてよみがえらせるつもりです。これも一生もの。

    あとはバッグでしょうか。5年前に、仕事と趣味用に買ったバッグを大切に使っています。伯父に買っていただきました。一生使うつもりです。

    逆に、今、手に入れたい一生ものって何だろう?還暦になる前に考えます。←私の宿題

    ユーザーID:2030272337

  • 時計は、一生物に相応しいですね

    一生物の対象は、少ないですょね。
    時計、宝石、自動車、自転車、ゲーム機器、カメラ、楽器、包丁
    、算盤、着物、バイクなどですかね。

    既に古希を過ぎましたが、自分の中で一生物と言われる物は
    殆どありません。
    紹介できる物があるとすれば、腕時計、オセロゲーム機、柱
    時計、算盤、万年筆、ゴルフクラブ位でしょうか。

    腕時計は、50年を超えても現役で動いています。キングセ
    イコーです。2回位オーバーホールしました。当時の給料の
    5倍程度の価額でした。

    ゴルフクラブは、スタンダードな物ですが、25年使用して
    います。オセロゲーム機は、メーカーも今はありませんが、
    元気に動いて睡眠薬の代わりをしてくれています。

    睡眠導入剤代わりなので、難度レベルも丁度具合がいいです。
    ツクダオリジナル社さん、ありがとうございます。
    柱時計は、15年前に、リタイアを記念して買い求めました。
    電波時計なので、誤差がなく助かっています。ゴルフクラブ
    は、今も現役で頑張ってくれています。終生の友にします。

    算盤は活躍の場がなくなりましたが、数字は今も好きなので
    良い思い出となっています。万年筆は、お休み中です。
    トピ主さんにも、何か記念になるような物ができると良いで
    すね。

    ユーザーID:8455106540

  • 気がつけば一生モノになりそう

    20代半ばで買ったオメガのコンステレーションミニ。
    コンビで、ゴールドの割合は少なめ。
    一生モノにするつもりなんかなかったのにもう20年。
    一生モノになりそうな予感です。
    他にもカルティエなど、高級時計はあるのですが、
    仕事と普段はずっとこれ。
    なぜか全然飽きないのです。
    先日、同じ時計を上品な老婦人がつけていました。
    ああいう風になれたらいいな!

    ユーザーID:3450057977

  • 時計、今も使うの?

    ゴメンね、素朴な疑問。自分が今使わないからかな。
    スマホあれば事足りちゃうから。

    と、いいつつ。その昔、時計、私も買いました。
    トピ主さまがお考えの時計はオーバーホール必要ないタイプでしょうか?
    オーバーホールが必要な時計はメンテがね。。。。
    維持費が大変なんて私みたいな者は買ってはダメでしたー。
    ほぼ2年ごとかな、電池交換含めて、諭吉さま達にさようならするたび泣いてます。。

    一生もの、と決めて様々なものを買いました。
    ハイブランドのものも。バブルの名残世代だから。
    残念ながらバッグや服ってやっぱり古さは否めないです。
    大切に手入れはしているけれど。ね。
    ジュエリーはシンプルなものを選んだので、まだ正解だったかな。

    50近くなって、ずっと日々愛用しているものと言えば
    自分で買ったものではないのだけど。

    結婚の時、母から持たされた、シンプルな真珠のセット。
    冠婚葬祭から、お食事会、ネックレスはセーターに合わせて普段使いもで、重宝しています。
    さすがだなと思ったのは、長さと粒の並び。
    ちょっとしたことなんだけど、野暮ったくならない。
    首に綺麗に沿うので、手持ちのロングタイプのネックレスと合わせたり。

    キラキラ頑張っていらっしゃるトピ主様が眩しいです。これから沢山の宝物との出会いをお楽しみに♪

    ユーザーID:0578819758

  • どうでしょう・・・

    私はきれいなものが好きなので、そういったものを扱う会社に就職しました。

    今でも我が家にはゼロがたくさんついていたジュエリーや時計、バッグなどがありますが、一生ものですか、どうですかね?

    確かに一生使えると思います。
    バッグも時計も丁寧なつくりですし、いつでも世界中のお店でメンテナンスできますしね。
    でも飽きたなって物や、もうつけないなって物は、以前まとめて売ってしまいました。
    革小物などは思ったより高額で売れましたし、逆にシルバー製品は値段がつかないなんてこともありました。
    同じブランドでも需要が違うんでしょうね。
    生き残ったのは半分位ですか。

    ジュエリーはいつもキラキラしてますが・・・いずれにしても云百万なんてものは普段は身につけないですね。

    お出かけやお呼ばれという時には高額品も引っ張り出しますが、普段はクローゼットの中です。

    私の一生ものというとSTAUBのお鍋ですかね。
    玄米も白米も炊き込みご飯も、全部STAUBで炊いてます。
    美味しく炊けますし、手入れも楽で一生ものですね。

    あ、食器やクリスタルも好きですが、それこそ割れたら終わりなのでね・・・
    やっぱりSTAUBにしておきます。

    ユーザーID:9104422794

  • 一粒ダイヤのピアス

    20代のころ買った一粒ダイヤのピアス。
    50代でも使ってます。

    欲を言えばもう少しダイヤが大きいと良かったな。
    私のはダイヤ一個につき0.21ctと小さめなので。

    ユーザーID:3722045815

  • セイコー、いいですね。

    時計は大切にすると一生モノになりますね。
    いま愛用しているドレスウォッチは祖母にいただいたOMEGAのデ・ビルでブレスレットタイプの物です。数年に一度オーバーホールに出しましてなかなかのお値段になりますがアンティークならでは渋いゴールドになってきました。かれこれ30年は使っています。
    元々シンプルな時計が好きで、主につけていたのは20代にはロレックスのオイスター(黒dateなし)、30代にカルティエのタンク、40代は介護に明け暮れたので水を気にしないシーマスター。
    そして50歳に夫とお揃いでグランドセイコーをペアで。
    なんとなく、この歳になったら似合うかななんて思っていました。実際にしっくりきましたし。
    トピ主さん、若いのにこの時計に目をつけるとはお目が高い!
    機能美に溢れ気品もあって、ずっと大切にするに値する時計ですよ!
    ただ、メンテナンスはケチらないこと。
    そこさえしっかりすれば一生モノです。

    あとは…
    やはり祖母から母、私に継がれた着物、特に帯かなぁ。
    シンプルな正絹の博多織はこの夏も何度も登場しました。

    着物…これこそメンテナンスがキモで恐ろしく面倒くさい!(笑)ので、やはり時計をお勧めします。

    ユーザーID:7935920587

  • シンプルな道具

    現役
    ・オルファ社のカッターでシルバーという製品。今でも売っていますが,デザインが少々ことなります。
    ・大き目の鉄製の北京鍋と同時に買った中華用のヘラ
    ・ステンレスのヤカン

    久しぶりに復活した物
    ・スピーカーとオーディオアンプ
    ・アイソメトリックの方眼紙

    お休みしている物
    ・趣味の道具
    ・昔,仕事で使用した道具


    宝飾品の類は興味も(それ以上に)お金も無いので,ありません。

    ユーザーID:4836304659

  • いっそ100万円の時計にしたら?

    一生モノなんて人それぞれ。

    あなたは50万円出したからそれを一生モノだと思うんだろうと
    思いますけど、私にとっては1万円の品でも、中古で入手したものであっても、
    一生モノになると思います。

    金額の大小じゃないです。
    つまり「実際に手にしていないのにその金額だけで一生モノ」と
    判断するのは違うと思います。

    タンスの肥やしになっても一生モノ(手元に置いておくという意味では)と
    思うのは勝手ですが、私はそこを一生モノの尺度では考えません。

    一生モノって何だろうね。
    私にとっては、いつも身近にあって、いつも使っていて、
    そしていつまでも大事にする(つまり汚れたら綺麗にする、壊れたら修理する)
    モノが一生モノですね。

    ユーザーID:8098122535

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧