縁談断ると仕送り打ち切り

レス341
(トピ主1
お気に入り1,770

家族・友人・人間関係

カナデ

レス

レス数341

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 訂正します

    nekoさんのレスの意味を取り違えてました。
    失礼しました。

    ユーザーID:9848838718

  • 12月になりました

    カウントダウンに入りましたね。
    現段階で現実的な考えをすれば、楽器を売るか実家に帰るかでしょう。
    もっとも実家に帰るに当たっても、楽器はある程度手放さなければなりませんが。
    自宅では電子楽器にしてヘッドホンすれば、防音設備がなくてもいいでしょう。安いアパートでもいけますよ。

    私の敬愛する音楽家(ポップスですが)は、親の反対を押し切って大学を中退しデビューしましたが、早々にレコード会社は倒産、バンドは解散と八方塞がり。
    父親から「30までものにならなければ音楽は諦めろ」と言われた彼は、『生活するための音楽』という事を真剣に考え、バックコーラス、CMソング、アイドルへの楽曲提供やプロデュース、などこまごまと引き受けたそうです。
    そんな彼を『金の亡者』と言う人もいましたが、音楽で暮らしが成り立たなければ元も子もありません。下品だなどと言ってられません。
    そんな彼の才能と努力に運も味方して、今では多くのファンが彼の音楽を求め、CDを買い、コンサートに通ってます。

    貴方の音楽が人の心を打たず、未だに鳴かず飛ばずなのは、お金がなくて不自由な思いをしても、失うものがあろうとも、それでも音楽を続けていきたいという思いが伝わらないからではないですか。
    nekoさんの言うように、貴方にとっての音楽はその程度でしかなかったのでしょう。
    音楽のみならず第一線で活躍してる芸術家は、ベートーベンやショパンほどまで行かないまでも、人生の苦しみの中でも強い表現への思いを抱いて活動しているのではないでしょうか。
    いい大人になってもお父様のお金でのほほんと暮らし、それに感謝もなく活動する貴方がこうなるのは当然に思えます。結婚相手がタニマチになっても同じ結果になるのでは。
    音楽は趣味にとどめて、お仕事を探し、ご両親のお世話をして慎ましく暮らしてはどうですか。

    ユーザーID:9848838718

  • 音楽なんて

    音楽なんてそんなモンだと思いますけど。トピ主のような人は沢山いると思うけど。
    今時の少子化で皆大変だし、稼いでる方だと思うけど。
    お父様も、まさか音楽で食えるなんて思ってやらせたのでしょうか?
    だとしたら、親もリサーチ不足です。
    とにかく結婚させたいんでしょうけど、条件の合う人とお会いしてダメだった理由は何でしょうか?
    年収とか年齢とかもあるけれど「音楽をやらせてくれる人。理解がある人」
    でないとトピ主が納得しないかもね。
    どこかで何かの妥協も必要かもね。色々なルートで頑張ってみてください。

    ユーザーID:2731267262

  • 驚きました。

    いろんな人がいるんだな、と驚きました。
    私は親兄弟とも縁を切って、誰にも頼らずに月10万少しでやりくりして暮らしてますよ。
    お父さんはいつまでも生きてはいないですよ。
    お父さんや配偶者からお金をもらって生活するんじゃなくて、あなた自身が稼げば問題ないですよ。
    お見合い相手に望む条件分の価値が、はたして自分にあるのか、考えたことありますか?
    お父さんも配偶者も貴方にお金を与えるためにいるのではありませんよ。
    世間知らずのお嬢様と言われても仕方ないと思いますよ。
    誰かに頼らないと生きられない、そんな生き方で本当にいいんですか?
    私は親や兄弟や配偶者に頭を下げて、お金をせびって生きるようなことはごめんですね。
    あなたにはプライドはないんですか?
    あなたに批判的なレスをもっと真剣に読む方が、あなた自身のためだと思いますよ。

    ユーザーID:8222863112

  • トピ主さんが死守したいのは...

    ソリストになるほどの器はなかったとしても、「音大の院まで出て、留学もして、後進の指導にあたる先生」という立場であれば、市井のレッスンプロの世界ではかなり上のポジションですよね。そのうえ、裕福な家庭で育ったお嬢さんという優雅なイメージがあれば、同じ裕福な家庭の保護者たちには非常に通りがいいでしょう。子供を安心して預けられるからです。

    そういう世界では、トピ主さんがまとっているイメージがとても大切なのです。トピ主さんが死守したいのは、そういうご自分の「ブランディングイメージ」なんじゃないでしょうか。だから、髪を振り乱してでも働きましょう、自立しましょう、というアドバイスはトピ主さんには届かないのではないでしょうか。

    その意味で、今後のセルフブランディングとしては「裕福なお嬢さん先生」から「優雅なミセス先生」に移行するべき時ではないかと思います。
    結婚して海外勤務の旦那様に帯同した、なんてストーリーがあれば最高ですが(サロン的なお教室を開けば、そういう経歴はハクが付きますし、必ず需要があるでしょう)、そこまでいかなくても、ミセスであるだけで保護者からの信頼度も上がります。いつまでも未婚のままでいると、今度は「かたくなな老嬢先生」のようなマイナスイメージも立ちのぼってきて、それはそれで不利になってくるのです。ここはイメージ戦略として結婚をめざしましょう。

    私としては、年齢がかなり上でも、バツイチでもいいという条件で、改めて結婚相談所に行くことを強くお勧めします。

    前のトピから拝見していましたが、いままで自立など考えることもなく生きて来られたような人に、今さら泥にまみれて生きろ!というのが不憫なような、不毛なような気持ちになってきています...。

    ユーザーID:0362315318

  • 人生設計が出来ていませんね

    お嬢様育ちで、音大、、院、留学、まで行けたのは
    父親がお金があったからでしょ。

    音大卒業時に自分の実力がどれぐらいかは分っていたはず。
    一生父親から援助してもらえると思っていたのが
    世間知らずの甘さです。

    トピ主さんとお見合いで結婚するとしたら
    30代は財力は無いですから無理です。
    狭いマンションに楽器部屋をもうけるのは無理ですしね。

    40代はバツイチだと養育が必要な子供が居る場合が多いので
    お金のかかる嫁は無理です。

    50代以上になりますね。
    子供がある程度大きくなった人でしょうか。

    婚歴があっても子供が居ない人などと条件をつけると
    相手は居ませんよ。

    トピ主さん。人生と収入を甘く見すぎています。
    音楽で食べていけるのはごくわずかな才能がある人だけって
    知らなかったのですか?

    親の援助には限界があるのもご存じなかった?

    今後、独身なら年金も心配ですね。

    前トピで医学部生に援助するのに音大生にしないと
    騒いでいたのにはびっくりしましたが
    自分の常識を疑った方が良いです。

    自分の稼ぎで食べていけないのは
    世間ではおかしいと思われます。

    父親にお金があるのを前提にして暮らしているなんて
    あり得ませんよ。

    今後も他力本願で暮らすのですか?

    ユーザーID:7724160846

  • トピ主さん

    もう、見ていないんだろうけど。
    結果、どうなりました?
    此処に書き込んだ皆さんの言った通りな結果になったんじゃないですか?
    さっさと自立しましょうね。
    30過ぎた大人なんですから。
    何時迄も有ると思うな親とカネ。

    ユーザーID:5376061384

  • これまで支援はいくら

    音大も支援してもらったんでしょう。卒業してからも支援。
    じゃぁ、トータルいくら支援してもらったの?

    まさか、一般家庭で、一人が一生稼ぐくらい支援してもらったのじゃないよね。
    親が、子を支援するのは、それなりの義務だし、見返りは求めないのが普通だけど、
    トピ主の場合は限度を超えているから、支援分を返して欲しいよね。
    正直、ドブに捨てたと思われているのかなぁ?
    でもそれだけのお金をドブに捨てたと言える家庭もすごいけど。
    いずれにしても、支援して価値があったとは思われていない。
    それだけ。
    音楽の講師をしたとして、生徒が社会ですばらしい実績を残したのだったら、支援のしがいもあるけどねぇ。
    どういう生き方をするかは、トピ主次第。

    ユーザーID:6898581884

  • 視点を変えて

    確か、最初のトピは
    「音大の学費は援助しないのはおかしい」
    ですよね。
    でも、こちらのトピでわかったのじゃないですか?
    医師は自立できるけれど、音大卒では自立できない。
    実際、一人抱えているのに、もう一人抱えるなんて無理。
    だから、トピ主卒の音大をあきらめさせているのですよ。
    いとこさんをかわいそうと思うなら、その原因となっている自分自身をどうにかしないと。
    結婚するにしても、結果を残さない(自立できない)と、親戚からも白い目で見られますよ。

    ユーザーID:2692808367

  • 遅かれ早かれ

    もう見てないのでしょうか?

    遅かれ早かれ、仕送りはなくなります。
    その時どうするつもりですか?
    トピ主が、世間で言う年金受給年齢まで御父様が御存命だったとして、
    その後、不幸にもお亡くなりになった時、どうしますか?
    遺産は相当いただけるでしょうけれど、何年持ちますか?
    使い果たした時、どうされるつもり?
    御兄弟から生活費をもらうの?

    トピ主からは、自立できるようにすると言う言葉が欲しいです。

    ユーザーID:0886020245

  • 知恵と言われても。

    仕送りを続けてもらう知恵がほしいとの事ですが、思い浮かばないのです。
    あるレベルを維持するために工夫することですが、今までの暮らし方が一般的と思えないご家庭の方への知恵とは同じような暮らしをされている方々にお聞きするしかないと思うのです。
    学業を終了(卒業)したら仕事(収入を得る)をして自分自身の生活をして行くのが普通と思っておりますので、トピ主様のような自分の収入以上に支出がある方(赤字は親が補てんする)は特別な存在です。

    高卒からマスターやドクターでも、卒業後は就職や起業して収入得て手取り額の範囲内でなんとか暮らしています。
    もう、援助は考えないで親からの独立独歩しかないとは思いませんか。トピ主さんが親の立場ならおいくつまで援助の必要を思われるのでしょう。親が生きている限り援助しますか。

    親の援助なしで暮らしていけないなら、今していることは全てお辞めになり親元から通勤できる「新たな仕事」をするの一番かなと思ってきました。
    甘すぎる親と父親が皆様からいれていますよね。音楽を趣味にして仕事は別として下さい。
    音楽を趣味とする普通の人になったほうが「しあわせな人生」が近づくような気がします。

    自分自身の働き方より、正社員・契約社員・派遣社員・パートタイマー・アルバイトと多くの収入を得る働き方がありますので、ご自分に合う働き方を模索して下さい。
    裕福だと頼ることばかり考え、能動的に行動するが苦手になっている方に世の中は厳しいです。

    幸運だと思われている方は、チャンスの時にいつでも行動できる体制をしているのです。(ただ待っているだけで幸運の神様は寄り付きません)
    自らの手で自分自身が思う「生き方」を掴んで下さい。

    ユーザーID:0022162260

  • 仕送りって社会人になるまでが普通でしょ

    学生の間は親に養われても仕方ないですが
    学業終了後長きに渡って仕送りして貰う方がおかしいでしょ。

    お金にならない事をして居るから
    仕送りに頼る事になるのです。

    生活費が足りないなら
    他の仕事も掛け持ちするのが普通です。

    トピ主サンは甘えが当然なんですね。

    結婚は親の代わりに自分の音楽経費
    を出させる相手探しということになりますね。

    今は父親がスポンサーになって仕送りという
    援助をしていますが
    スポンサーは才能が無いと引いていきます。
    当然でしょ。

    客観的に自分を見られていませんね。

    トピ主サンはプロの演奏家の実力が無いのです。
    結婚を仕送りの代わりとすべきではありませんね。
    他の仕事をするべきです。

    依存する相手を父親から夫という男性に乗り換えようなんて
    図々しいです。

    ユーザーID:7724160846

  • どこで我慢するか決めて下さい

    今の生活を変えずにいいとこ取りは無理ですよ。終わらない宴はないんです。誰かの負担の上に成り立っていたなら、尚更です。

    演奏を取るなら貧乏暇なし、家族からも見捨てられるのを覚悟する。
    家族に認められ支えてもらうには、それなりの信頼を得る努力をしないといけません。この場合は、結婚ですね。結婚は生活ですから、今のような演奏活動は諦めてください。 大黒柱になれるわけでもないのに我を通したらすぐ離婚されるでしょう。ものすごく理解のある婚家なら、自宅でお教室をやれるかもしれませんが、そのへんがMAXだと思って下さい。
    どちらも、わがままに育ってきた主さんには辛い選択ですね。個人的には、実家に戻って、ご両親の介護を引き受ける代わりに、演奏活動を縮小して講師業を増やしていくのが最良の道なような気がします。

    今が分岐点ですよ。そんな風に思えないだろうけど、何かを失いかけてるときはチャンスなんです。自分はどうしたいのか、絶対に手放したくないものは何なのか、そのために何ができるのか、吐くほど考えてみて下さい。迷ったらこちらにもレスして下さい。意地悪なレスも多いけど、親身になっている人もたくさんいますよ。

    ユーザーID:4444423060

  • 縁談断って仕送り打ち切りが最善

    トピ主だけがお分かりでない様子ですが、とうの昔に父上のご機嫌は
    損なわれていますよ。他の家族にもほのめかされてるじゃない…

    縁談断って仕送り打ち切られて、一度食い詰めてみることを勧めます。

    ユーザーID:2481794716

  • 支援(仕送り)に頼る生活は綱渡り

    パトロンの胸先三寸ですから。
    父上はトピ主さんの自立を促すために仕送り打ち切りを決めた。
    その他にも財政悪化とか(縁起でもないけど)急逝とか仕送り打ち切りの要素は色々。

    仮に婚活に成功しても今度はご主人の胸先三寸に任せる?
    支援打ち切りされたら次回は婚活ってわけにもいかないでしょう?

    援助を当てにしないで自立しましょうよ。
    お望みの「仕送り延長」の方法じゃなくて申し訳ないんですけど。

    ちなみに現在の指導者はどうなんでしょう。
    優秀な指導者には優秀な弟子が集まります。
    指導できる人数には限りがあり、将来性がなければ切られて当然。

    将来的にもパトロンに頼る気満々のトピ主さまが切られないのは指導力の無さでは?
    つまり食いものにされているのでは?って心配してます。

    生活すべて見直してみませんか?

    ユーザーID:1174244311

  • 何で結婚するの?

    要は、自分の収入の大半を趣味に費やしていているということですよね・・ 
    それを親が認めなければ、援助を受け続けられないということだと思うのですが、子供可愛さにどれだけでもお金を出してあげられるという人でないとそれは難しい。
    親はもう娘のスポンサーを降りたがって、誰かに委ねようとしている訳ですし、何か代替案がないと。
    結婚したら演奏活動は近場にすると仰るように、どうせ今のようには出来なくなる訳です。
    ならば今の時点からそうして、例えば実家にも戻るとか、そういった姿勢をみせてはいかがでしょうか。
    思うように出来ない演奏活動をするために、気の染まない結婚をするなんて、謎です。

    トピ主さんの生活状況では、出費が多そうにみえるという点で、大抵の人は警戒すると思います。
    結婚したら・・って言っても、なかなか信用できないと思いますよ。。
    結婚したらお金のかかる趣味をやめるっていう男性、本当にやめると思いますか?今やめられないのに。
    そのことからも、今から生活を変えたほうがよいのではないかと思います。

    ユーザーID:6749805555

  • よかったのでは

    よかったじゃないですか。
    まだ結婚するという方法があって。

    普通は、特に男性だとこうはいかない。


    とことん強運だと思いますよ。

    ユーザーID:0973360492

  • ねぇ、転職したらどう?

    音大のしかも院卒で、しかも留学までして・・・そのような状況であることをどう思われますか?
    恥ずかしくありませんか?

    以前のトピでもレスしましたが、
    トピ主さんは仕事に全然打ち込めていないのではありませんか?
    自分自身がどう生きたいのかを自分の力で体現できていないと思います。

    私、あなたと同業ですがそこまでひどくありません。
    楽器代、これまでかかった学費、すべてペイできています。

    あなたのように親の臑を噛るような人が音楽業界に多すぎるから
    いつまでたっても世間からバカにされるような職業としか認識されないのです。
    30歳を超えても父親になぜ頼るのでしょうか?
    お父様が気の毒だと思います。
    それだけ学費を掛けてもまだ自立できないのですからね。

    トピ主さんがいくら婚活をしても相手が無理だと思います。
    その理由は、『自分が無い』からです。
    家族に頼らずに生きていくことすらできない女性に
    どうすれば家のことを任せられるとでも思いますか?
    30歳も過ぎれば若くなどありません。
    若さを武器にすることもできず、仕事も中途半端な収入しか得られず、
    人に頼ることばかりを描いているような女性などを誰も妻になどしたくはないはずです。

    お父様の言う通り、楽器を売れば良いのです。
    楽器を売る方法はあなた次第です。
    50万円の査定のものが別の店では100万円と査定されることもありますからね。

    婚活など寝言を言う前に
    ご自身がこれまで出してもらった学費や援助金などを払い終えられるくらいにまで
    しっかりと収入を確保できるようになってから結婚なされば良いのでは?

    音楽なんてやらなくたって生きていけますし、
    あなたが講師をしなくても代わりなどいくらでもいるのですよ。

    それと、
    年収600万円ではあなたを養うなど無理すぎます。
    50歳前後で1000万円以上に条件を変えてみたらどうでしょう?

    ユーザーID:9200372904

  • 演奏で食べられるのは一握り

    お父様を感動させられる演奏、とかおっしゃる方もいますが
    それならアマチュアの発表会で充分なわけです。
    私もアマチュア発表会で家族にほめられましたがレッスン代数万も発表会代も自前です(笑)

    この世界で有名音楽事務所で売り出してもらえるのは国際コンクールに優勝したり
    コネでマスコミに出た売れっ子などで両手の人数いるかいないかでしょう。
    あとは正規の大学講師や高校・中学の音楽教師が安定した収入を得てやっている。

    その他大勢は、自主公演で、ホールもスタッフも全部自分で借りてきてチケットは手売り。
    チケットはうれないので仲間で回し合い、自分のチケット買ってくれる以上
    仲間たちのチケットも買わざるを得ないので交際費がやたらにかかる。
    先輩・後輩・師匠もみんな親の援助を受けているので全員が
    「芸術のためなら親は死ぬまで援助して当たり前」の世界なんですよ。

    サラリーマンの子女なら親が高収入でも定年退職・年金暮らしの頃までには
    何とか自立しようと思うものですが
    トピ主さんは親が自営なのでその感覚がなかったようですね。

    結婚をすすめる人が多いですが、配偶者はスポンサーにはなりませんよ。
    スポンサーになるメリットが全くありません。
    生活の保障程度にしかならない。しかも時間はとられますよ。

    トピ主さんも経営者の娘なら収入をえるための活動を考えたらどうでしょうか。
    まともに楽譜が読めないおじさんにも教える、
    演奏の前段階のリズム読みや楽器をもたない子どものリトミックもやってみる。
    「いいですよ、上手〜」とほめちぎっておばさんたちのファンもつくる。
    そういう人たちにチケットを買ってもらうのです。

    そして得た収入の範囲内での演奏活動しかしない。

    お父様に土下座しても無理だと思います。とっくに期限切れです。

    ユーザーID:6334306626

  • 横ですが

    岩伍覚え書の三姉妹は、父が敵の多い著名な人物だった為に、
    表立って働くことが許されず、異国で体を売る仕事に就いたのです。
    父の財政が傾いていると周囲に知られるわけにはいけなかった。

    夜の仕事なら周囲には嫁いだと偽れるから好都合だという、
    父の体裁と見栄の犠牲になったのです。
    そうまでして働いた理由は父の薬代を稼ぐ為ですよ。
    売られるのは一人で十分だろうと思うところを三人まとめてというのも
    姉妹が互いに義理立てしたからで、軽蔑されるのは可哀相に思います。

    トピ主さんのすべきことですが…
    近場などに限定せず演奏業を一切やめて
    講師として独り立ちする道を選ぶのがベストかと思います。
    演奏は趣味として、発表の場もネット上の動画サイトに移しましょう。

    ユーザーID:7820979054

  • そろそろ覚悟の時

    お父様から言われた期限まで もう残り二か月を切ってしまいました。
    このまま何もしないと路頭に迷ってしまいます。そろそろ覚悟の時では?

    トピ主さんのレスの中の ご実家の状況について
    >色々出来事がおこり今整理出来てない状態なので、落ち着いたら記載しようと思います。

    その「色々」結構重要だと思いますが、その後記載がありませんね。
    記載がないので想像でしかありませんが、その色々出来事によって、お父さんは実質的にトピ主さんへの援助は難しくなっているのだと予想されます。

    なので、「引き続き父から仕送りを受け続けられるような知恵を拝借出来れば」
    の知恵は難しいです。なんとか引っ張ってれつとして、、
    1.お見合いの相手の条件を譲歩するから、新たなお相手をまた探して欲しい。その間はできる範囲で援助を継続してほしい。 
    2.講師業を増やして自活できるようにやってみる。しかし、いきなり援助がゼロになるとやっていけないので、しばらくはできる範囲で援助してほしい。

    と平身低頭お願いしてみることぐらいでしょうか。それでも効果はわかりませんし、伸ばせたとしても半年ぐらいでしょうけど。

    他の方も書かれていますが、援助はしてもらって当然ではないのです。まずは、今まで援助していただいた感謝の念を示すのを忘れずに。

    いずれにしても、今までのように演奏業の継続は難しくなったのだということを受け入れなければいけません。
    「年収250万円」ではないのですよ。収入から経費を引いた分が実質の年収なんだということを自覚することから始めましょう。そしてそのお金で生きていくのです。

    ユーザーID:4875229345

  • よくわからない

    >私の収入の大半は演奏活動の経費(楽器・ホール・練習交通費・衣装等)や私もまだ習ってる立場なのでレッスン費、演奏関係のお付き合い費等で消えてしまいます。

    >仕送り額を月15万〜20万から月10万〜15万に圧縮

    この状況で、職業:音楽講師、演奏業っていえるんですか?
    年収250万の大半が演奏で消えるんだったら、仕事とは言えませんよね? 職業:音楽講師 趣味:人前での演奏ではないですか?
    芸術家の方に下積期間があるのはわかりますが、
    みなさんボロアパートに住むとか工夫されてますよね。
    衣装なんて1、2枚で回すとか中古衣装を探すとかでいいんじゃないですか?
    ネットオークションで数千円でドレス売ってますよ。
    お付き合いも大事なんでしょうが、この仕送り額で付き合い費がって言ってる場合じゃないような…。

    どうしても音楽を続けたいなら、演奏経費を削るしかないんじゃないでしょうか?
    お父様からの援助(そもそも可能なのか?)を引き出すためには、感動させられる演奏を聴いてもらう+援助額を減らしてもいいので続けてほしいと頼むしかないのでは。

    その仕送り額に見合うような、血のにじむような努力をしているとお父様に言えますか?

    ユーザーID:2005803236

  • では、仕送りを受け続ける為の知恵を授けましょう

    >引き続き父から仕送りを受け続けられるような知恵を拝借出来ればと思います。

    以前『その縁談にとびつくべき』とアドバイスしましたが、再度(同じような事を)申し上げます。

    お父上の元に参上し、三つ指ついて頭を下げましょう、そしてお願いするんです。

    「わかりました!お父様の勧める方との縁談を進めてください。その方と結婚さえすれば、以前のようにお父様からの仕送りが受けられるのですね!できるだけ、私の好みの男性を選んでいただけるよう、どうかお願いいたします!」

    トピ主さんの容色が衰えないうちに、お願いにあがりましょうかー

    P.S.こうなったら、『父親から仕送りを受け取る為』と割り切って、あなたからの条件はあまり出してはいけませんよ・・・どなたかがレスしていた『岩伍覚え書』の、裕福なお嬢様と同じ立場ですのでね。

    ユーザーID:3350552530

  • そうとう大変な状況では

    「楽器を売れ」

    プロ演奏家ならば楽器が一つしかないとは考えにくいですし、複数ある高価な楽器を切り売りできる状況なんでしょうが、、、

    逆に言えば、それだけ「スポンサー」の懐具合がよろしくないとか、金食い虫のトピ主母親一族と手を切るのに、まずは娘からスタートしたとか、よくない状況が浮かびます。

    自力でも見合いでもいいですから、さっさと結婚相手を見つけ、音楽は自分で稼いで賄える範囲で活動する方が良いですよ。

    今更、CDデビューとかコンクール挑戦って歳でも無いですし、プロ楽団のオーディションに受かるとも思えません。

    まだ「就職としての結婚」の方が現実的です。

    お金持ちの親に養われている「芸術家」「研究者」仲間がおりますが、高齢化や親の財源枯渇などで、だんだんと「ただの無職」に変わっていっています。
    兄弟は会社員なのに援助してくれない!とか、いや〜無理無理無理なたわごとを言っているうちにあっという間に50代ですよ。

    ユーザーID:3000063841

  • 言うことを聞いた方が

    お父様の紹介された縁談受けた方がいいと思います。だって今万事休す、でしょ。

    弟さんの紹介ならともかく、自分で探すなんて言わない方がいいよ。過去の婚約、お父様も弟さんにも反対されたって、その彼氏トピさんと同じ自称演奏家なのではありませんか。よもやトピさんが下品と評するタイプではありますまい。

    あのね、音大もレベルによるけど、多くの男子学生は家で「男のくせに将来音楽で身をたてるなんて許さん」て立場なの。今までレッスンはさせててもね。所詮趣味にとどめてくれって感じ。幼少時から天才の誉れ高いとかなら別だけど。

    で、在学中に同級生や後輩となるべくつながりつくって、裕福で世間知らずのお嬢さまつかまえようと必死なの。要は将来のパトロン探しよ。音楽系の女子は裕福な人多いもんね。
    トピさん「うちは親が理解あって演奏活動支援してくれる」なんて自慢気に言いませんでしたか。親が甘くて音楽に出資してくれる、経営者であればなおラッキー、将来身をもちくずした時に会社の手伝いもできる。…なんてね。

    でも、トピさんのご両親はまともで常識人てことです。夫婦で売れない演奏家2人してスネかじりなんて、そりゃ家族は大反対しますわ。

    トピさんてものすごく世間知らずだから自分で探すとへんなのに引っかかりますよ。お父様のお勧め縁談受けて結婚して、演奏活動は自粛する、何も恥ずかしいことじゃないわ。演奏家(ソリスト)で成功している人なんて日本で10本の指に入るかどうか。99.99…%の人が同じ道を行くから。

    留学経験もあるトピさんはよくご存じだろうけど、海外勢、このところ勢いのある中国勢なんて、もうけた違いですよね。超裕福家庭の姉弟なら働くなんて全く考えてない人もいるし、音楽活動のみに潤沢にお金を使う。ドレスだってけた違い。すごいですね。所詮一億総中流にちょっと毛がはえたレベルからは想像もつかない世界です。

    ユーザーID:2391210817

  • 覚悟はありますか?

    仕送りを受け続けたいのなら、結果を出せばいいんですよ。

    コンクールで優勝するとか、音大の教授になるとか、テレビでレギュラーになるとか。

    主さんが鳴かず飛ばずなのは、才能がないか、方向性が間違っているかのどちらかでしょう。

    和太鼓の彩や鼓童のように、見せることにフォーカスして成功したグループもあります。

    どの方々にも共通しているのが、自分を演出する方法をとことん追求しているってこと。

    主さんはどうですか?

    いくら歌唱力があっても昭和のメロディーじゃあ古くて誰も振り返ってくれないのと同じで、時代が求めるものに乗っからないと需要はありません。

    結果さえ出せばお父様も援助してくれます。

    「来年の10月31日までに結果が残せなければ楽器を壊す」くらいの覚悟を決めて、お父様に土下座してでも猶予をもらってください。

    死に物狂いでなりふり構わず努力するしか方法はないでしょうね。

    ユーザーID:0879555528

  • 条件

    >40代以上で私の生活を支えてくれる財力のある方なら、
    >同居・バツ1子なしまでなら受け入れざる負えないのですね・・・

    「までなら」でなく「から」だと思いますよ。
    40代以上で同居・バツ1子なしでやっと希望が見えるかな、という程度。
    なにしろ妻の金にならない高額の趣味の面倒も見てもらうわけですから。

    婚活なら条件重視になります。
    自分の売りがなんなのかしっかり考えてみては?

    それと、お父様から仕送りをもらい続ける魔法の言葉はありません。

    ユーザーID:6793847068

  • 優しいお父さんですね。

    冷酷な人なら、いつまでと期限切って期限がきたらバッサリ切り捨てますよ。
    縁談という逃げ道を作ってくれるだけ、ありがたいと思わないと。

    自立できるぐらいにもっと稼ぐか
    縁談を受け入れるか
    自力で新たなスポンサーを見つけるか
    音楽活動を諦めるか

    さもなくば、お父さんに頭を下げてみます?
    怒りに火を注いでその場で勘当されるかもですけど。

    ユーザーID:0095164772

  • 甘えること自体はありですが

    私も父に甘えて夢を追いかけた人間なので、トピ主さんを責める気は毛頭ありませんし、皆さんの批判が自身の事のように身に沁みます。

    私自身は、ある程度は夢を叶えられ、これから更に発展する段階ですが、私が夢を諦めて大卒後から稼いでいれば、父の援助分・私の稼ぎ分が家の財産にプラスされたことを考えると申し訳ない気持ちもあります。

    そんな私だからこそ、トピ主さんには、自身を客観的に捉えて、今後の幸せな人生設計を考えていただきたいと切に願います。

    特殊な職業の場合、今後も援助が必要になることもあるでしょうが、普段から援助なしで暮らしていけないレベルなら、その道は向いていないと判断する時期に来ているのではないでしょうか。

    ユーザーID:3007713954

  • 主様はご自分の演奏で、お父様・お兄様を感動させていますか?

    >大学院生の末弟が就職
    >父から度々縁談を薦められる
    そして主様30代前半ならば、お父様は60〜70代位でしょう。引退・代替わりしてもおかしくない年齢です。

    >色々出来事がおこり今整理出来てない状態
    勘の良い方なら何年も前から、遅くとも前トピを立てた時点で気付いてもおかしくなかった事ではないかと予想します。

    私の友人数名は音大合格可の経歴を持ちながら、日本国内で音楽で経済的自立は困難。将来の自立を目指し別の大学・学部進学を決めました。本格的な趣味として
    >音楽講師・演奏業
    を続けていますが、主な生活費は「本業」からです。

    >海外留学経験
    私は日本からの音楽留学生の多い国在住で、この国出身の友人が演奏の傍ら大学等で教えています。友人曰く、多くの日本人生徒は譜面通りに弾くのは非常に上手く、入学時の成績は抜群に良いけれど、演奏を通しての感情表現が得意ではない様で「多くの留学生の演奏を聴いているけど【心を動かされる】事が少ないんだよね…。特に生演奏は、譜面通りに綺麗な演奏すれば良いだけではなく、何か聞く人の心に響くものがある、そこに感動する事を期待して、お金を払って聞きに来てくれていると思う。生演奏に一合一会的な感動が無いなら、来てくれた人に家でCDでも聴いた方が良かったと言われても仕方がないと自分は思っている」と言います。

    >引き続き父から仕送りを受け続けられるような知恵
    主様はご自分の演奏で、お父様やお兄様を感動させていますか?
    この才能を埋もれされるのは惜しい、「支援継続したいと思わせる」演奏をしていますか?

    今まで出来ていないのであれば、支援打ち切りでも仕方がないと私は思います。
    今後X年間、援助が有れば経済的自立可能等の見通しが有り、根拠を提示できるなら期間限定の可能性は残されているかも知れません。
    ただ赤字なら商売継続より、畳んだ方が傷が浅い場合が多いですよ。

    ユーザーID:7014410153

レス求!トピ一覧