縁談断ると仕送り打ち切り

レス341
お気に入り1,770
トピ主のみ1

カナデ

ひと

このトピのレス

レス数341

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 341
次へ 最後尾へ
  • 打ち間違い

    誤 メランギーニ
    正 メネギーニ

    ユーザーID:0560768332

  • 最後です

    より詳しく知りたいなら、弟さんに聞いたらどうですか?結婚の条件について。弟さんなら、男性30代が相手求める条件、より詳しく教えくれると思いますよ。選んで貰えなかった理由もね。そして何故、お父様が40代やバツイチを選んだのかも。これらだけは、問題ないでしょ、弟さんに聞いても。
    後、末弟の事より周りの結婚より、「従姉妹の件」が重要だと思いますよ。

    ユーザーID:2310029756

  • 追加です

    まっ、トピ主さんの音楽人生「始まった"起"、地力の底上げしていた"承"」が終わり、「このまま一人で音楽人生邁進するか、居なくなったパトロンの替わりを探すか、辞めるかの"転"換起が来て、その"結"果を受け入れなければならない」のですよ。
    結婚については、トピ主の自由です。トピ主が結婚したい、トピ主と結婚したいと言ってくれる人とすればいい。親の命令でする事ではないでしょう。ですが、援助は元々年末か年度末で打ち切る予定だったと思いますよ。まっ、お付き合いになってたら少しは金額下げられても延びたかも知れませんが、結婚したら0は間違いないでしょうね。
    条件ですが、トピ主が他に出したかも知れないので、30〜の下りで判断しますが、無いと思いますよ。逆にトピ主の条件が男性で、トピ主は結婚したいと思いますか?二人の家計で相手は一円もお金をいれず、支出ばかりでトピ主が相手の為に出来る事は何ですか?
    続きます

    ユーザーID:2310029756

  • 結婚しましょう

    まあね〜、主さんの気持ちは分かりますよ。

    「援助を打ち切るなんて横暴だわ!結婚を強要するなんて時代錯誤よ!」って言いたいのだと思います。

    これがハタチそこそこの学生さんだったらエールぽちで溢れたんでしょうけど、悲しいかな主さんはアラサーのれっきとしたオバサンなんですよ。

    親のすねかじっていると自分が年をとっていくなんて露ほども考えられないのでしょうが、世間の目には「娘気分のイタい人」と写っていますよ。

    自分の立ち位置をちゃんと確認しましょうね。

    本当は演奏家一本でやっていきたいのでしょうが、鳴かず飛ばずなのが主さんの現実であり才能の限界なんです。

    芸能事務所からスカウトされることもなく、音大の教授に抜擢されるわけでもなく、年収250万円という貧困層に属している現実を受け入れてください。

    お父さまは意地悪をしているのではなくて、主さんの幸せを望んでいるのですよ。

    主婦になれば養ってもらえます。

    結婚の条件として音楽活動を申し入れておけば、道楽として続けられるんです。

    親の援助も夫の支援も人の金で演奏することに変わりありませんけど、きれい事だけでは生きていけませんよ。

    > 40代前半のバツ1や40代後半の人

    で妥協するのと引き換えに音楽活動を手に入れるのもアリだと私は思います。

    あくまでも推測ですが、主さんは赤貧に耐えながらも音楽を追求するタイプではありません。

    「援助を打ち切られる」という非常事態に対しての反応が、「音楽活動」への危機感じゃないもん。

    「生活が成り立たない」これが先に来るってことは、主さんにとって音楽は二の次三の次なんですよ。

    お父さまは見抜いているんでしょうね。

    ユーザーID:0879555528

  • 20万で生活できるよ

    援助がないと無理というなら、20万で生活できるところに引っ越しして工夫して暮らせばよい。親は永遠と思ってないで今から自立に向けて努力しなさい。
    できないなら、お父様が言ってるように結婚が正しい。

    ユーザーID:6628319334

  • 気づかなかったのかなぁ?

    >うちの娘(私のことです)も院行って、留学までさせて、親のすねかじってるような学部だといううちの娘(私のことです)も院行って、留学までさせて、親のすねかじってるような学部だという
    パパさんは、ずっと嘆いていたんでしょう。平気なの?

    ユーザーID:2381752355

  • 提案します。「クラウドファンディング」。

    自分の演奏で聴衆を満足させることができるという自負心が、カナデさんにはあるはずです。
    あなたのハンドルネームは、「奏でる」にちなんでいるくらいなのですから。

    インターネットを利用できる環境があるなら、あなたは「クラウドファンディング」を立ち上げましょう。
    音楽愛好家から幅広く出資を募り、あなたの生演奏を出資者へのお礼として提供すればよろしいのです。

    こういう話をあなたの父や弟さんに持ちかければ、出資はダメかもしれませんけど、助言や知識くらいなら与えてくれるのではありませんか?

    ユーザーID:1435679725

  • トピ主さんの場合は自活できないのは恥

    芸術も研究も「儲からないけど好きだから続けている」人がいるから成り立っている。
    そういう面もあるけどトピ主さんが芸術を貫き通さなかったら芸術が廃れるわけじゃないですよ。
    失礼だけどAnnさんが研究から手を引いても後を繋いでくれる誰かが後々現れるかもしれない。
    あるいは資金と余暇の許す限り細々と続けていくことだってできるかもしれない。

    芸術も研究も必ずしも個人が全財産をつぎ込み、今、結果を出さなきゃならないものでもない。
    少なくともトピ主さんは10年以上音楽を世に奏でました。
    トピ主さんの能力、資産的にここが限界だったって事です。

    そもそも、自分が好きでやっていること。
    他人のためにやっているわけじゃないでしょう。
    そこをすり替えちゃったらトピ主さんがいい気になっちゃう。
    トピ主さんに必要なのは反省なのです。

    好きを貫き通すならそれなりの覚悟を持てばよいのです。
    食うや食わずでレッスンも満足に受けられなくても音楽を捨てない。
    潤沢な資金を得て音楽生活に浸るために己の好みを捨て、お金のために結婚する。
    理想の男性を得るために音楽を捨てる。
    等々です。

    何から何まで与えてもらって当たり前。
    与えてもらった事への感謝も薄い。
    こういうトピ主さんの生き様は恥以外の何物でもないと思う。

    ユーザーID:0772784710

  • 芸術家には資産かパトロンが必要

    ごく一部の人を除いて、芸術家は自身が裕福か、
    裕福でない場合はパトロンが必要ですよね。

    ですから私はトピ主さんが悪いとは思いません。

    ただ、もっと早い段階でお父様ではない別のパトロンを捕まえるべきだったと思います。

    トピ主さんは子供が欲しいですか?
    欲しいなら、相手の年齢関係なく、高年収か不労所得のある資産家と結婚するのが良いです。
    そしてお小遣いを沢山もらい家事も外注してもらって、音楽活動と子育てに時間を費やしましょう。

    これは皮肉ではありません。
    ワーグナーでさえもルードビッヒ大王をパトロンにしていましたから。

    私は音大卒ではないですが、音大出の先生に就いて声楽を習っています。
    習うお金を出せるのは親の遺産のおかげです。
    つくづく芸術はお金が無いと出来ないと思います。
    親の遺産が入らなければ習う経済的余裕はありませんから。

    子供が欲しくないなら、独身のまま資産家のパトロンを捕まえたらどうでしょう。
    この方がもっと簡単だと思いますよ。
    私が資産家の男性で、もう子供も独立していたら、音楽家の女性と仲良くしたい気持ちがあります。

    私がまだ子供がいない男性なら、家事育児は半分は妻に担って欲しいです。
    家事の外注が出来るほど裕福なら、それはそれで申し分ないですが、
    その場合はやはり外見の良い女性音楽家を求めてしまいます。

    声楽で有名になる女性は皆さん綺麗です。
    みんな同じような声だから容姿で選ばれるのだろうと思っていましたが、
    綺麗な女性の方がお金持ちの夫かパトロンを見つけやすいから音楽活動に専念できるということだったのですね。

    ユーザーID:5569804293

  • 高望みでしょ

    あなたのスペックとあなたが望む相手は釣り合ってないよ

    もっと年齢上じゃないと

    あなたの望む条件の相手はあなたより若くてあなたより金がかからない相手を選ぶって
    もっと自分を客観的に見ないと
    もしくは音楽家としての活動を終わりもしくは縮小しないと
    遊びの時間は終わりってことだよ

    ユーザーID:6354037444

  • 経営者としての音楽活動の見直し

    婚活や縁談の話はおいておきます。
    第2のスポンサーが可能な夫が簡単に見つかるわけはなく
    見つかったとしても貴女の演奏活動は絶対いまより停止に近づくからです。
    高収入の男性には義両親がついていますから嫁への援助を黙っているわけがない。

    演奏活動や音楽の仕事を見直しましょう。

    音楽事務所に入っているショパンコンクール入賞のピアニストだって
    大学教授で安定した収入があってやっているわけです。
    貴女ももう母校には営業をかけたり紹介してもらったり
    もう非常勤で教えているのかもしれない。

    でもね、もっと庶民にも営業してチケット売って演奏しないと綺麗事ではすまないです。
    楽譜が読めないおじさんや指が動かないおばさんにもおだてて教えていくんです。
    音程やリズムがバラバラの合唱の伴奏も引き受けていくんです。
    私の音楽教室の伴奏を引き受けてくださる先生も
    超有名エリート音高から留学コースですが低価格で伴奏してくださいます。
    そのかわりにチケット買ってコンサートの応援にいきます。

    そういうファンをたくさんつくってスポンサーになってもらわないとだめです。
    HPもつくって生徒を呼び込むんです。
    教室もってる先生はたいへんな営業努力をしています。
    ピアノを上達させるように教えるだけじゃなく
    実業家&経営者としてイベント企画してみてください。

    ユーザーID:6334306626

  • 前のトピ読んでました。

    正直なところ
    トピ主さんの揚げた条件の男性は好き好んで悪条件のトピ主さんを選びませんよ。
    トピ主さんは典型的な結婚できない女そのものです。

    自活もできず親のすねをかじっているくせに感謝もできない。
    自分がいかに恵まれているのかすら理解できない。
    親のお金を湯水のごとく使い、挙句に将来も知れない良好でもない付き合いの従姉妹にまで出資しろと言い募る。
    多分日常も世間の常識から外れている所が多々あるでしょうね。
    そんな世間知らずで甘ったれた30代のお嬢さんにどんな魅力があるというのでしょう?

    世の中にはトピ主さんより出来の良い若い御嬢さんが沢山いるのよ。
    トピ主さんの揚げた条件の男性なら選びたい放題だもの。
    賢くて家庭と子供を任せて安心できる女性を選ぶよ。

    金を使うことしか知らない世間知らずな我が儘三十路女と生活を共にできるひとって、お金に困っていないか、三十路でも年下で甘やかせるだけの包容力(かなり年上)じゃないと好き好んで選びませんよ。
    余程美人だとか、持参金たっぷりだとか付加価値があればその付加価値が好きな人は寄ってくるかな。
    あるいは離婚歴有で自分の婚活市場での価値が下がったと自覚できている男性も声をかけてくれるでしょう。
    ね?お父さんが紹介する人たちなわけだ。

    条件で相手を選別する見合いならそんなものですって。

    どうしても条件を下げられないのなら恋愛結婚しかありません。
    音楽仲間なら趣味で参加しているような金持ちボンボンいませんか?
    そういう人と趣味で盛り上げて捕まえたらいいよ。

    それでも若くてかわいくて常識を持ち合わせたお嬢さんたちがあなたのライバルだからかなりの努力が必要だけど。

    彼女らに勝てるよう努力し続けるしかないかな。
    でも急がないと益々トピ主の条件が下がるよ。

    ユーザーID:0772784710

  • 結婚相手にどんな人を望んでますか?

    前のトピも含めて読みましたが、おそらく弟たちは父親側の家系の性格が遺伝し、トピ主さんは母親側の性格が遺伝したのでしょう。

    さて、トピ主さんは結婚相手にどのような人を望むべきでしょうか。
    それを考えるうえで良いロールモデルがすぐそばにいるじゃないですか。
    そう、トピ主さんの母親であり父親です。

    トピ主さんが結婚後も今の仕事を続けていきたいと考えるなら、最低でも月に10万円はトピ主さんに小遣いを払ってくれる人でなければいけません。しかも専業主婦と違ってしょっちゅう仕事で演奏旅行に行くだろうし、怪我したら大変ですから家事だってそんなに出来ないのではありませんか?

    そう考えれば年収600万円のサラリーマンではトピ主さんを支えるのは無理です。
    貴方の父や弟のように会社を経営したり投資でお金を増やしたりすることができる男性と結婚をしましょう。
    音楽の才能があるとかは全く関係ありません。年齢も関係ありません。
    父や弟のようにいつもお金や株の話をしている人を探すべきです。

    ユーザーID:0459914034

  • 負け戦にならないよう

    正直に書きますね。

    演奏家として身を立てるのはもう不可能に近いという自覚はありますか。
    音楽で留学までして30歳を超えている。
    それでも独り立ちできてないのに、これからレッスンに励んだところでね。
    演奏業がこれから好転することはないと思います。
    音大卒のお嬢さんなんて、若ければ引く手数多のことも多いのに、実力を
    見誤ったのか運が悪かったのか、、、、

    演奏で身を立てる根性もなさそうですし、ここはもうこれ以上の負け戦に
    ならないように、婚活するなり縁談を受けるなり現実的に考えることを
    お勧めします。

    ユーザーID:0070800498

  • 当面の問題については

    お父さんに「あともう少し時間が欲しい。自分の身の振り方を考える時間がほしい。結婚もあまり焦らないで相手を決めたい。自分も節約したり、仕事を増やすから、もう少しの間、月に今までの半額を送ってくれないか」

    と言ってみましょう。

    芸術をやることはホントにお金がかかるんですね。その割には収入が少ない。けれどその分、貴女は自分のやりたいことをやってこられた。その点についてまずお父さんに感謝の意を表しましょうよ。うん、人間は感謝の気持ちを失わない方が良い。それが自分自身にとって良い事なんだろう。

    そしてあなたもお父さんの事とは別に自分がこれからどうやって生計を立ててゆくかを考えようよ。

    ユーザーID:6120480405

  • その歳で自立していないことにびっくり

    いつまで親のすねかじってるんですか?

    親御さんは甘やかしすぎですね。

    仕送りなんぞ、即打ち切りで正解。

    ユーザーID:7411689016

  • いや

    義理の親との同居が嫌だと
    伴侶の親とべったりなのを嫌う口で
    自分の親の仕送りがどうこうと
    自分の親とべったりくっつこうとしたり

    相手の年収を求める口で
    自身が親から仕送りを受けて自立してなかったり

    流石に厚顔過ぎやしませんか。

    >父の機嫌を損ねずに済みました。
    損ねたままだと思いますよ。
    パトロンの機嫌を損ねりゃどうなるかは
    音楽家なら殊更判ってると思うのですが。

    ユーザーID:8037481725

  • 条件自体は妥当だと思います

    トピ主の年齢と実家の資産を考慮すると、それほど「身の丈をわきまえない条件」とは思えません。

    だとすると、断られるのは「トピ主の金銭感覚の異常さ」が理由であり、トピ主の金銭感覚を容認できる男性だと「40代前半のバツ1や40代後半の男性」になるのでしょう。

    つまり、今回の仕送り停止は、「トピ主にまともな金銭感覚を身につけさせるため」であり、「生活レベルか男性レベルのどちらかを譲歩しろ」との意味でしょうね。

    早く、自分で結論を出した方がいいですよ。

    ユーザーID:3534798675

  • 貴女にとって音楽とは何?

    厳しい事を言いますが、
    30代にもなって自立出来ていない人と結婚する人は居ないと思った方がよいですよ。
    今後も年齢と共に低下する一方です。
    何故未だ自分の収入だけで生活できない状態に甘んじているのでしょうか?
    あなたにとって音楽は、自立するためのスキルではなくただのステータスだったのですか?
    残念ですけど、人生はステータスより経済力が全てですよ。

    お父様は純粋に結婚相手を探しているのではなく、自分の代わりに娘を養ってくれる人を探しているのでしょう?
    あなたの今後の展望は?
    ステップアップしていくための努力は?自分の才能は?
    お父様へ納得のいく説明はできますか?
    出来なければ、
    お父様の縁談を受け入れるか、良い加減見切りをつけて転職するしか無いと思います。

    ユーザーID:1880742420

  • 才能

    年収250万円。
    それがあなたの音楽家としての能力です。
    あなたには才能がないのです。

    選択肢は2つです。

    その1
    「才能がないのはわかっている。それでも自分はこの道しかない!」「周りが自分の才能を認めないのだ。石にかじりついてもやり続ける」と思って、貧乏生活を続けながら頑張る。

    その2
    あきらめる。

    でも素晴らしいお父様は「私が勧める男性と結婚する」という、その3の道をつくろうとしてくれました。ただし、相手の男性がお断りになったら、お父様もどうしようもありません。

    さあ、どうする。
    この選択肢を30代前半で突きつけてくれたお父様は、本当に立派ですね。

    ユーザーID:9589709955

  • 夫の存在

    メランギーニなくして
    マリア-カラスは存在したか

    よく考えましょう。

    でもね、日本では
    演奏活動はともかく、価値のある教師のレッスン代は
    相当な額です。

    自分がその金額を要求できる教師のレベルにないと思うなら、音楽を生活の糧とは切り離した、趣味にする時が来たのでは?

    「志ある三流は四流」

    深い言葉です。

    ユーザーID:0560768332

  • 自力で生きられないなら生活を変えるのみ

     今の生活なら未成年と変わらないですね。ずーっと学生でいるようなもの。

     お父さんはワンマンだけどその傘が無ければ明日の生活にさえ逼迫するのでしょう?

     今のレベルでの生活を続けたいなら初めから貴方に選択権は無いって事では?

     ポリシーを貫いて支援を打ち切られても武士は食わねどの精神を貫くか、音楽という名を捨てても親の庇護から飛び出して活きるかどちらかなんじゃないですか?

     貴方次第でしょう?

    ユーザーID:3998849138

  • スポンサー見つければ?

    家族の援助ありき、で考えておられるから話が感情的になってますけど、実際ものすごく単純な話ではありませんか?

    要はスポンサーがいなければ続けられない。

    ですよね。将来が全く見えないにも関わらず多額の資金を要する生き方、例えばアーチスト、作家、スポーツ選手などなど。どれも運とスポンサーがなくなればそこでおしまいです。それとも電気止められ、水を飲んででも、一生日の目を見なくて道端で死ぬことになってもしがみつくか、それは芸術に対するあなたの“思い”しだいではありませんか?芸術家は古今そんな人生を歩んでいることはご存知でしょう?
    でも、トピ様からはそこまでしてでも続けたいという“思い”が伝わってこない。スポンサーを惹きつけられるわけないじゃないですか。

    不幸にして?親がスポンサー降りたならば、あなたの芸や資質、“思い”にほれ込んで投資してくれる別のスポンサーさがせばいいのではありませんか。スポーツ選手など、自分で動いてスポンサー見つける話見ますよね。

    私は、あなたの言うところの金と投資の品性のない人間のようですが、価値のないものに投資しないのはあたりまえではありませんか?価値とは決して金を生むという意味ばかりでもありません。
    人に感動を与える、喜びを生む、新しい価値観を人々に伝える活動に対する投資だってありです。
    あなたの演奏は、自己満足の趣味、高級楽器いじりではあっても、人を感動させることはできないのではないですか?

    ユーザーID:3247672702

  • いつまで?

    いつまで甘えてるの?

    いつまでもあると思うな親と金!!

    自立しましょうよ!
    自律しましょうよ!

    もう充分じゃない?

    結婚願望もないなら、
    生涯少しでも貯金し自活を目標に計画しなくっちゃ。。
    呆れます。

    ユーザーID:7085682011

  • 単純に疑問なのですが

    将来設計はどのように考えているのでしょう。このまま結婚せずにずっと仕送りを貰う、親が死んだら遺産で同じような生活を続ける、といったビジョンでしょうか。

    ご質問の結婚の話ですが、トピ主のスペックは。

    31〜35歳 (若くはない)
    1人暮らし (だけど、料理は普段していない)
    収入は月20万。支出は月35万。(毎月マイナス)
    大学院卒、海外経験あり (頭もよく経験もあるけどプライドも高い)
    実家が金持ち (お金に苦労したことがなく、「やりくり」の意味もわからない)
    高価な楽器を複数所有しているが全部親から (自分がやりたいことは自分で一生懸命手に入れたこともないその姿勢。楽器のメンテに今後も多額の費用が必要)
    普段からあちこち活動 (家事やご主人の世話等する時間はない)

    このような感じでしょうか。とすると一般的な男性からしてみれば

    1、家のことは一切してくれない
    2、収入どころか支出が多すぎ(15万マイナスは一般家庭ではありえません)
    3、優先順位が「二人でもつ家庭」ではなく「自分の音楽活動」

    つまり心も体もお金も全く結婚する意味がない女性となりますよね。
    となるとトピ主さんでもいいやと言ってくれる男性はよほどご自身が裕福で自分も忙しい方か、ご実家の資産狙いか、どちらかの人しか来ないと思います。

    ユーザーID:2228271160

  • 人生の選択の時です

    人生とか自立とかをきちんと考えてこなかったようですから、今その時が来ただけのことです。

    まずトピ主さんの優先順位はなんですか?
    何が何でも今まで通り音楽活動を続けたいのが第一なら、とにかく活動の全費用を負担してくれて家事育児がおろそかになっても文句を言わない人を、その他の条件は一切不問にして探して結婚しましょう。トピ主さんはぶっちゃけ婚活条件としてはかなり悪いし、50代だろうがバツ2だろうが義両親小姑と同居だろうが、とにかくこれだけ許してくれるなら後は何も言いません、くらいでないと相手は見つかりません。
    あ、お父様はトピ主さんが結婚したら、もう一切あなたにおカネは出さないですよ?結婚したんなら夫に言え、で終わりです。

    そんな結婚はしたくないなら、楽器は1つ残して全部売る、レッスンは辞めて経費削減、副業で稼ぐ等、とにかく自分でやりくりするしかないです。

    お薦めするのは、年齢は40代まで、バツイチでも子ナシならOK、収入は1千万くらいの男性を何とかお父様に見つけてもらって、今後はあくまで「奥様の優雅な趣味」程度で音楽に親しんでいくことですね。家の一部を教室にして、細々と自分の子供や生徒に教えたり、たまに昔の仲間とチャリティで演奏したり、休日に家族と演奏会に聴きに出かける程度の。
    同期の奥様がそんな感じです。音大を出てしばらくは演奏活動してたけど、20代後半で年上と結婚して、裕福な実家に家を建ててもらって、教室にして生徒に教えてます。正直、採算は全く取れていないそうですが、同期は若く音楽家の肩書付きの良家出身の妻に満足してます。子供もいるし。

    きついこと書きまけすが、留学や高価な楽器や日々の多大な援助ももらいながらこの年まで音楽家として自立てきていないなら、もう音楽で身を立てることは無理でしょう。
    音楽の道の見切り時、少なくとも今までとは関わり方を変えていく時期なのでは?

    ユーザーID:3825567519

  • 目を覚ましましょう。 生活できないなら変えるしかない

    前トピからみてました。

    *「トピ主さん 250万円も収入あるのにどうして生活できないの?」と疑問に思っている方々へ。前トピのトピ主さんの書き込みによると、「収入は月20万円あるけれど、会場費やまだ習っているのでレッスン代などで、収入のほとんどは消えてしまう」との事ですので、実質収入はほぼ無いのです。

    前トピでも有用なレスは沢山あったのですが、結局は信頼されている「先輩」の相談で納得されてたような。今回はその「先輩」の方に相談されました?

     お父さんはもう年末で仕送りを打ち切ると宣言されています。おそらくその決断を覆すのは難しいでしょうが、可能性があるとすれば、「30代で年収600万円 初婚」の条件をゆるめて、「お父さんが薦める縁談を受けるから」という事で縁談を受けつつ、その期間援助を伸ばしてもらう事ぐらいでしょうか。

     他の方も書いていらっしゃいますが、仮に縁談がうまくいったとしても、今までのように演奏活動をして家にお金を入れないような音楽活動の継続はあきらめざるをえないでしょう。「私は音楽活動をしていて、家のことはできません。家にお金も入れられません」という条件をのんでくれる人はまずいないでしょうから。

     もういままでさんざん援助してもらったのです。もう年貢の納め時。いいかげん目を覚ましましょう。
     
     お父さんは 自分が亡くなった後のことを考えて、なんとか手遅れにならないうちにあなたに自立してもらおうと思っているのです。

    ユーザーID:4875229345

  • 父なき後はどうする?生活レベルを落としておかないと

     お父様が亡くなったらどうしますか。
    他人だからはっきり言えますが、決してあなたを傷つけたいという意図はまったくありません。あなたはこのまま待てば理想の人と結婚できると信じているでしょうが、同世代の娘を持つ母からしたらそれは無理ですよ。
    友人の子供たちは20代後半で大学時代に知り合った彼や同期の社会人、先輩ととっくに結婚しています。音楽専攻のかたの周囲には女子しかいないからわからないかもしれませんがあなたの女子としての価値は父の評価の通りと思います。リアルのあなたをよく知る方(父)の奨めは絶対だと思います。
    お父様の最後の仕上げですよ。身の丈に合った生活をしろ、音楽のために金のある人との縁談を用意してくれたのに、蹴る、どれだけ自分の価値を高く見てるのですか。客観的に考える目を持ってください。1年、1年と益々卵子も古くなるし、あなたの価値は下がるばかりですよ。
    身内の方のアドバイスが一番適格だと思います。よく話し合いをされたらいかがですか。
    恋愛結婚できなかったのだから、見合いで相手を探し適齢で結婚する。これは鉄則だと思います。そうでないとあなたの老後姪甥に見てもらえませんよ。
    本当に婚活条件は我儘なのだと思います。一番よく知る家族が行ってらっしゃるのだから。それが世間の見方と思います。

    ユーザーID:6306792875

  • 自活できなくても恥ではない。前向きに婚活を。

    このトピを読んでいると、自活出来る収入がないから、トピ主の仕事は道楽だ、音は辞めて自活しろ決めつけるレスが多いですが、自活できない仕事はそんなに悪なのでしょうか?私は芸術には縁がありませんが、大学院を出て、語学関連の仕事をしているので、好きなことを仕事にして一生続けたいと気持には同感します。

    世の中には、専門的で難易度なのに反比例してなかなか稼げない仕事、かかる学費や経費、時間について対価の低い仕事があります。
    音大、美大を出ても、一般的なサラリーマンの年収を稼げる人はまれ。入団倍率数百倍という有名オーケストラ所属でも、その報酬だけでは生活できないといわれてます。俳優さんでも、売れっ子というレベルでなければ、アルバイトをしていたり、配偶者に養ってもらっていたり。

    でも、そういう人すべてが「年収○○円以下しか稼げないのなら道楽。道楽は仕事ではないからあきらめよう」と辞めてしまったら、私たちが芸術や娯楽を楽しむ機会はずっと減ってしまいます

    私は大学院を出て語学関連の仕事をしています。芸術よりはお金になりそうな分野ですが、マイナー分野の研究や、出版翻訳では到底高収入は得られません。例えば学術の専門書著を著すor翻訳して、その分野ではベストセラーといえるくらい売れたところで、本が出るまでに費やした時間を考えたら、最低賃金以下の時給にしかならないのが実情です。しかしそういう仕事を引き受ける人がいなければ、どんな良書も世に出ません。
    「儲からないけど好きだから続けている」人がいるから、成り立っているのです。

    親の脛をかじっても、配偶者に養ってもらっても、相手がそれでいいというならそれでいいと思います。ですがトピ主の父上は支援を卒業したいと言っている。好きな仕事を続けたいなら、新たな支援者=配偶者を探すほかありません。前向きに考え婚活頑張って下さい。

    ユーザーID:9018966608

  • お見合い以前の問題

    同世代として意見を…。

    30歳過ぎて親に毎月10万〜15万の仕送りとは羨ましい限りですが(そんなことしてもらっているのは少数かと)、親御さんだっていつまでも居る訳ではないのですよ。
    そろそろご自身と向き合われた方がいいと思います。そもそも皆さんが書かれて居る様に250万の年収で生活されて居る方はごまんと居るし
    元々生活水準が高くレベルを下げるのが嫌なのでしょうけれど、その歳で自立されていない女性に、希望の男性は現れませんよ。
    年収の高い男性ほど、自立している女性を好まれてるなーと感じます。
    親の意見を聞いてお見合いをし、
    仕送りを貰うのか本当に理想の相手に出会うために自立するか…ですかね。

    ユーザーID:9512797103

先頭へ 前へ
91120 / 341
次へ 最後尾へ

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧