• ホーム
  • 子供
  • 三人目になる予定だった妊娠が流産。次への妊活主人とのずれ

三人目になる予定だった妊娠が流産。次への妊活主人とのずれ

レス11
(トピ主0
お気に入り42

妊娠・出産・育児

らら

先日三人目になる予定だった妊娠が流産に。もう一度チャレンジしたいけど、主人は二人で十分、三人目は作らないと言っています。

もともと主人は子どもは二人でいいと言っていましたが、私は
数年前から欲しい気持ちがあって、今年35才という区切りもあり説得して妊娠することができたのですが、その子が流産してしまいました。

期限を決めてチャレンジしたい、年齢が上がれば妊娠も育児も大変になるので早く次を、と思ってる気持ちを主人に伝えましたが、主人の気持ちも固いようです。

皆さんに質問なのは、
主人を説得できる他の方法と、
やはり主人の意見も尊重しなければなりません、チャレンジを諦めるための私の気持ちの持っていき方、考え気持ちの変え方を
お聞きしたいです。

よろしくお願いします。

ユーザーID:8405050680

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 貴女自身色々覚悟はありますか_

    流産、残念でしたね。
    私も、流産2回と子宮外妊娠の経験があり、今は子どもが一人居ます。
    お子様を2人いて、2人で十分だというご主人を説得しての流産。
    貴女も悪くないけど、これはご主人の心を変えるのはかなり難しいと思います。
    ご主人は今いるお子さん達のお世話に協力的ですか?
    実家が近かったとしても、いつまでもじいちゃんばあちゃんも元気で居てくれる訳ではありません。
    家事を分担してくれたりしていますか?
    すでに、貴女がワンオペ状態なら、いわずもがなです。
    お子様が2人いるのなら、分かっておいでだと思いますが、それぞれ病気します。
    うちは1人だからいいですが、職場の同僚は、お子さんの数が多い人程、遅刻、早退、欠勤多いです。
    一人しか恵まれなかった私からみたら、二人のおこさんに恵まれて、羨ましいです。
    どうしても貴女の決意が堅いのなら、ご主人を再説得するしかないですが、貴女が今の生活を大切にしていくと考え方を変えるのも一つでもあります。
    まだ見ぬ子どもに執着し過ぎて、ご主人との仲をぎくしゃくさせてしまったり、今いるお子様の日々成長して行く可愛らしい姿を見逃してしまう事もないように。

    ユーザーID:6733931494

  • ご主人が

    二人で十分とおっしゃる理由は何でしょう。
    こういう場合、たいてい経済的な理由ですよね。

    トピ主さんはどれくらい収入がありますか。
    数値ベースで話をするべきではないでしょうか。

    ユーザーID:0318315803

  • えっと。

    まずとぴ主の仕事の有無

    パートや専業主婦では旦那さんの稼ぎだけでは厳しいのかも
    これは、とぴ主の判断ではなく旦那さんが
    決めること。
    そして、専業主婦やパート程度なのに旦那さんに
    家事育児を押してつけてないか
    が気になります

    普段、子供の父親だと夫を父親にしているのに
    夜の時だけ男を求め妊娠しようとしていることがいやなのかもしれない

    何か思い当たる節はないでしょうか

    ユーザーID:9435627174

  • ご主人が二人でいいって言ってるのに

    ご主人の意見聞けませんか?
    あなたは欲しくてたまらないかもしれませんが、子供のこれからの教育費や、老後の資金など、経済的な事考えてますか?
    共働きで経済的に心配がないならいいですが
    まさかご主人だけに重荷を背負わせてるんですか?
    だとしたら、能天気すぎますよ

    ユーザーID:2229132208

  • 既に一度チャレンジしたでしょ?

    流産、残念でしたね。お体の具合はどうですか?お大事になさってください。

    さて、
    >今年35才という区切りもあり説得して妊娠することができた
    今回、もともと子どもは二人で、と言っていたご主人がトピさんの説得に応じて妊娠に至りました。結果は流産でしたが、一度、ご主人はトピさんに寄り添っていますね。
    もし、私なら「これは、3人目は諦めろというサインだな」と受け止めます。

    ユーザーID:2459535569

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • トピ主様と全く一緒

    私も、トピ主様と全く同じ状況です(年齢も!)。
    今年の夏に3人目を流産してしまいました。
    主人は私よりも年上でそろそろ50歳になる事もあり、主人は3人目を望んでいません。
    妊娠出来たのは、予想外でした。
    流産をしてから色々考え、仮に今後3人目が出来たとしても、その子が20歳になる時の主人の年齢、障害のリスク諸々を考え、何より主人が3人目を望んでいない為、私も欲しい気持ちにセーブを掛け、3人目を作らない方向に気持ちを持って行っています。
    また、私は子供達にも3人目が欲しいか聞いてみたところ、1番上の子に至ってはこのまま2人だけが良いとの事だったので、ますます産まない方向に気持ちを持って行きやすかったです。
    「実際に自分が3人兄弟で良かったか」という様な内容の質問をネットで探して、実際の3兄弟の人達の回答もすごく参考になりました。
    「経済的に余裕があれば3人兄弟でも良いが、全く余裕がないのに『何とかなる』と思って産んで、経済的な面において我慢を強いられるのは、単に親のエゴでしかない。」という回答をいくつか拝見した時に、ハッとさせられました。
    3人目が出来る事で環境が変わるのは、トピ主様やご主人様だけではありません。
    良くも悪くも、2人のお子様達が1番影響を受ける事になるので、お子様達の年齢が分かりませんが、もし少しそういった事に判断が出来そうであれば、お子様達の意見も聞いてみるのも良いかもしれないですね。
    お子様が「兄弟が欲しい!」と言えば、トピ主様が言うよりも、ご主人様も心が動くかも?!
    因みに、私は諦めたと言っても、気持ちのどこかで、まだ10パーセント位は3人目を望んでいたりもします。
    「子供が欲しい」と思う気持ちは、本能の部分でもあると思うので、完全に諦めるのはなかなか難しいです。

    ユーザーID:3802119509

  • そういう事なんだと思う

    三人目を望んだけど、無理だった。
    そういうことだと思います。

    妊娠したけど流産してしまったと言う事は、もう、神様が「二人いる子供を精一杯育てなさいな。これ以上欲をかくのはおやめなさい」と言ってるのだと思いますよ。

    たぶんご主人も同じ感覚だと思います。
    今回の流産で「これはもう産むなって事なんだな」と、なんとなく思ったでしょう。なので、たぶん協力してくれることは無いと思います。
    どちらかと言えば、「ほら、やっぱり二人で充分じゃん。俺の言ったとおりじゃん」って確信してるかと。

    子供は授かりもの。
    産む人間の希望だけではどうにもならないことも多いです。
    あぁ、そういう運命なのかぁ…と受け入れる姿勢も必要かと。

    ユーザーID:0217877263

  • 授かりもの

    最近この[授かりもの]という言葉の深さを感じます

    うまくたとえたものだと

    我が家は不妊症で子供を作ったらできるというものじゃないと感じています
    医学的な力で子供を授かったからこそ
    生命の誕生というのは、私たちでは計り知れないものだと

    あきらめ方は
    授からなかったという結果だけ

    ご主人のせいでもない
    ましてや、あなたのせいでもない

    一言で表すと運命とかそういう感じでとらえています

    我が家は2人目について悩んでいます
    このことについては
    もっとフラットな気持ちで、運命を受け入れるつもりです

    ご主人の説得方法は、難しいものがありますが
    あなたや家族を愛しているからこその決断です

    北風と太陽ではないですが
    年齢や子育ての大変さなどで攻めるよりも
    特に授かりものについても
    前向きな意見のほうが受け入れやすいと思います

    今だけではなく、もう年単位での説得も考えてください
    リスクはありますが、35歳はまだ若いです

    ユーザーID:8825545526

  • いつかは・・・。

    子供たち2人はもうすぐ成人なので、遠い昔のことになりますが、私も同じ流れで3人目の子供をあきらめざるを得ませんでした。

    当時の私は「3人の子供を持つお母さん」が夢だったので、それまで保管していたベビー用品を処分するときの悲しみに打ちひしがれた感情は今でも覚えています。

    周囲は子だくさんのお母さんが多くて、子供の同級生のお母さんは、まだ3人目の幼い子供と手をつないでいるとき、うちは手をつないでくれる子供がいなくて寂しかったのも覚えています。

    だけど、子育ていよいよ終わりというときになって、私は2人のお母さんで良かったと心底思っています。もちろん、後悔もありません。

    自分でいうのもなんだけど、子供たち1人1人と向き合ってこれたから。

    過保護にならないように気をつけながら、それでも尚且つ、がっつり子供たちの勉強やスポーツにもかかわってきました。

    あと、反抗期などの難しい時期も、子供たちの感情をくみ取りながら、精神的にもサポートしてきたつもりです。

    もちろん、順風満帆といかないときもありましたが、悩み考える時間がたっぷりとありました。

    子供たちも、それぞれもうすぐ20歳。

    子供と共に「親として」成長した実感があります。

    もし3人目が産まれていたら、不器用な私にはここまでそれぞれの子供と向き合い成長できなかっただろうな・・・と。

    私自身3人兄弟で、親はそこまで均等に子供たちそれぞれと向き合ってくれなかったのですが、その理由も分かった気がします。

    私の経験談が、主さんの気持の持っていき方のヒントになればいいのですが・・・。

    まだ三人目を諦めたという決断をされたわけではないと思いますが、どうか、今いらっしゃるお二人のお子さんに、「過保護」という意味ではなく、いろんな意味で手をかけてあげてくださいね。

    ユーザーID:6261760006

  • 辛いですね・・・。

    私も子供3人欲しかった側です。来年主人が50になるのでさすがにもう諦めました。(年の差です)2人目は今年生まれた所です。その子にもしもの事があればもう次は産めないと思ってました。へその緒が首に3重もしており、生まれるまで本当に気が気じゃなかったです。

    私は1人目も2人目も(1人目は入院したぐらい)悪阻が酷かったです。こんな辛いのもう何日も耐えたんだから、絶対にかわいい子供と会ってやると思って日々耐えてました。流産の時期にはまだまだ悪阻もあっただろうし、そんなさなかでの事、本当に辛かっただろうと思います。

    旦那さんもトピ主さんの喪失感をもう少し理解してくれたら良かったんですけど、温度差があって色々難しそうですね…。
    上の子達も妊娠で我慢した事もあったかもしれないし、生まれてくるのを知ってたら楽しみにしていたかもしれないですね。

    うちも上が保育園に通っていたので大きいおなかで出入りしてましたし、悪阻なんだで役員も免除してもらったので、初期の段階から周りに知られてしまいました。人知れずひっそりとというわけにもいかなくなるのが経産婦のつらい所でもありますね。

    私はトピ主さんと年が近いです。「この人がもう50だから仕方ない」とやむなく諦めましたけど(苦笑)夫婦とも35前後で、子供達もまだ兄弟が増えてもおかしくない年頃であるなら、諦めろと言う方が無理ですよね。

    私だったら「自分にとって3人目がどれだけ欲しかったのかその理由(私の場合は2人きりの兄弟だった相手との関係性が大きかったです)それが実現できなくなって自分の心に今どれだけ穴があいているか」という気持ちだけは分かってほしいと言うかなと思います。(私の場合さすがに諦めた理由が理由なのでもうそれ以上は言いませんでしたけどね…)

    ユーザーID:6617707000

  • 同じでした

    二人で十分!と言い張る夫、どうしても三人欲しい私。
    夫が経済面を気にしてのことだったので、三人産んだら働くから!と説得しました。
    が、流産。その後、無事にまた妊娠し、三人の子育て中です。

    旦那様が何故二人希望なのか、そこを詳しく聞いてみては?トピ主さんの努力でどうにかなる問題なら、説得してみては。

    ユーザーID:9876182289

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧