• ホーム
  • 話題
  • “お”を付けることに違和感 みなさんはどうですか?

“お”を付けることに違和感 みなさんはどうですか?

レス135
(トピ主0
お気に入り156

生活・身近な話題

おみおつけ

レス

レス数135

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 135
次へ 最後尾へ
  • 関西と関東

    調べたわけではないのですが。

    「お」を付けるのは、関西が多いと思います。
    私も、ごく普通に小さい頃から、「お酢」は使います。
    「酢」といわれると、何?と思うぐらい。

    >お玄関、お家、おれんらく、おじみ

    私の仕事場は、全国転勤が多いので、スッキリした言葉で話すようにしていますが、
    この中で使うのは、相手のものであれば、「お玄関で、お家で、お待ちしています」とは使います。
    自分の玄関や家のことには、使いません。

    次に、「おれんらく」は、「ご連絡をお待ちしています」と使います。
    「お連絡をします」とは使いません。
    自分が連絡するときは、「連絡させていただきます」かな。

    他人のことを地味とは言わないので、「おじみ」は使いません。
    自分のことなら、「私、地味だから」でしょう?

    ただ、職場で、何となく違和感を覚えるのは、「様」。

    職場では、「○○様」は使うのですが、
    使い方によっては、馬鹿にしているような感じがして、使いにくくはあります。

    どんなものでしょうね。

    ユーザーID:5728092698

  • つづき

    でも、家では、「○○ちゃん、お玄関のお掃除しといて、お内ではちゃんとしょうな」と、言います。

    方言なんでしょうか、どうなんでしょう。

    ユーザーID:5728092698

  • こちらも違和感

    「食べ物に敬意を払うなんておかしい。日本語大丈夫?と疑う」という主旨のレスをみて、「お」を乱用する関西人としてはとても悲しくなりました。
     
    古来から日本人は食べ物は尊い物とし、神が宿ると考えてきました。なので「お」や「御」をつけることが多いのだと思います。
    お米、ご飯、お酒、お餅、お水…これらなら他の地区の方も普通にお使いでしょう。

    おうどん、おそば、お野菜、お魚、お肉、お茶…私たちにとっては「お」も含めてひとつの単語です。「単語におをつけないで」という意見はなんと御無体な!と思いました。
    例えば、神社に供えるお酒を「御神酒(おみき)」と呼びますが、これを「みき」と呼ぶ人はいないように、上品ぶってるとか日本語がおかしいとか陰口を言われようとも「お」ははずせません。

    ユーザーID:7601888146

  • 丁寧な人だな、としか思わない。

    昔々。が行、ざ行、だ行、ば行、から始まる言葉は強く聞こえるので、
    女の子はなるべく濁点を発音しない方が良いと言われました。
    〈お〉を付けて話すと和らぐ気がします。
    子ども相手に話すときは意識して「お」を付けます。

    最近よく耳にする「おブスファッション」
    「ブス」というより「おブス」の方が表現が柔らかく聞こえます。
    同じく「バカ」は相手を罵倒する言葉ですが、「おバカ」といえば、どこか憎めず、可愛がっているようにも聞こえます。

    私はリンゴ、ミカンと言いますが、1個1000円なら「御りんご」「御みかん」が適当と思います。

    酢は「お酢」ですね。
    ただ「す」と言っても通じませんので。

    おご馳走さま。
    私の父親の年代は、なかなか手に入らない珍しいモノ、特別なご馳走を「おおごっつぉ」と言いました。たぶん、漢字では「大ご馳走」
    おおごっつぉさぁん♪が、おご馳走さまになったのかも!?と思いました。

    おお盆。
    大きなお盆では!?
    大盆、中盆、小盆。

    ユーザーID:9952838700

  • 食べ物関係

    関東生まれ育ちです。

    食べ物関係について、暇だったので考えてみました。

    調味料
    使う…お砂糖、お味噌、お醤油、お酢、お塩
    使わないけど違和感少ない…お出汁、おソース

    野菜
    使う…お野菜、お芋、おネギ、お茄子
    おニンジン とか お白菜 とかは言わないので、二文字?と思ったけど おニラ とか おカブ とかも言わない。

    果物
    使わないけど違和感少ない…おミカン、おリンゴ
    果物はこの二つしかつけないかも。たまに頂き物の高級メロンを おメロン と呼んで尊ぶけど

    肉、魚
    使う…お肉、お魚
    おビーフ とか おアジ とか、単品にはつけない。 おタコ おエビ なども、ない。


    穀物関係
    使う…お米、お餅、お粥、お雑炊、お雑煮、お団子、お麩、お蕎麦
    使わないけど違和感少ない…お素麺、おうどん
    穀物関係はつけるものが多い。主食だから尊ばれているのかな。
    でも、 お麦 とは言わない。麦かわいそう

    ユーザーID:5328541669

  • おお、なるほど

    >古来から日本人は食べ物は尊い物とし、神が宿ると考えてきました

    食べ物に敬意を払うの?とレスした者です。この上記のレス見てそうだったんだ!と納得致しました。
    気が付かせてくれて感謝します。

    ユーザーID:2790155169

  • お支度

    関東圏の知人が、
    これからお支度しなくちゃ、お支度してくると言います。
    他にも挙げだしたらきりが無いのですが、
    御主人は注意なさらないのでしょうか。

    不思議でなりません。

    ユーザーID:8782752395

  • お葡萄

    先日通りがかった駅ビル内の青果店で若い男性店員さんが
    「お葡萄」を連呼していました。

    そこでこちらのトピを思い出しました!
    あまりの面白さ(違和感)に、おミカンおリンゴは聞くけれどお葡萄
    は初耳で笑いが止まらないと店員さんに言ってしまいました。
    その人は都心の某百貨店に入ってる店舗から異動して来たのだとか。

    やはり都心のデパートは違うなあと妙な納得をした次第です。
    因みに南半球から来た葡萄は美味しかったです(笑)

    ユーザーID:0032571702

  • 研修を受けて訳が分からなくなって誤用するのかな?

    おいえ、お連絡、、、

    漢字の読み間違いですかね?
    その方のご家族や前の職場でどなたかが間違えて話していた事が
    うつってしまったとかですかね?

    話は変わりますが、
    デパートの化粧品コーナーに行くと、
    店員さんが、やたら、
    単語に「お」を付けているのでおかしく感じます。

    「お化粧水」の「お」は、まだ引っかからなかったのですが、
    「お下地」「お乳液」あたりから違和感がありました。

    最近、「お眉毛」「お口紅」「おコットン」と耳にした際には、
    「え?ちょっと、、、」
    「お眉毛?あーまぁ、お口、お鼻と言うから?」
    「お、おコットン?」
    「何でも「お」を付けすぎでおかしくなってる」
    など、心の中で思いました。

    また、ある日、
    クリニックの会計の際に調剤薬局の場所をお聞きしたら、
    受付の方が「ここを出て、お右に曲がって...お左に...」と仰ったのです。
    もし、前や後ろと話す時には、
    「お前」や「お後ろ」というのでしょうか?と気になりますが。

    文法がわからないまま、
    何らかの研修を受けた結果、
    お客様に対して、お客様に関わる言葉全てに
    何でも単語に「お」を付ければよいと...と
    勘違いしてしまったのでしょうか。

    「おコットン」やら、「お右」と言わない側が
    マナーを間違えていると思われる日も来るような気もして怖いです。

    ユーザーID:4456686304

  • 丁寧語と女言葉(?)が混じってる気がする

    お家(おいえ)については、昔の関西方言でいってる人もいましたよ。
    「おうち」「おいえ」のどちらも二人称の「あなた」という意味で。
    共通語的な表現で行くと「おたく」の丁寧表現みたいなニュアンスかな。
    なくなった祖父(生まれも育ちも大阪市内)が使っていました。
    よそ様につかうので、家族には使いません、家族には名前か「あんた」呼びでした。
    なので、ジジババ育ちの関西人なら「おいえ」っていう人もいるかもです。

    「お玄関」は「お台所」「お風呂」の延長で別に違和感!ってほどの感じはないです。
    「お連絡」、初めて知りました。「ご祝儀」「お祝儀」みたいな違和感はあります。
    「お地味」嫌味で言ってる人はいそうです。対義語は「お派手」で。

    違和感というほどではないですが、洋服や下着を買いにいたときなんかに店員さんが胸のことを
    「お胸」と表現されるようになったのは、いつ頃からなんでしょう。
    あれも、初めて聞いたときには「おむね?むね?」ってなった記憶があります。

    大阪の人間だからか、前に「お」をつけたり後に「さん・ちゃん」をつけたりする単語は多いです。
    この間も自覚なく「お麩さん」と言って、非関西圏出身の友人に「何故そこまで麩を持ち上げる?」と
    突っ込まれました。車麩の料理法について話してたのですが、指摘されるまで本当に気づきませんでした。

    ユーザーID:9524140926

  • カタカナには付けてはいけない

    小学校の時カタカナには付けてはいけないと先生に言われ、その時の事がずっと頭にあるので「おソース」「おコーヒー」は変だと未だに思ってしまうけど、使う人を否定はしません。

    お家、お玄関は普通に使います。
    お地味は嫌味に聞こえますね。

    今日、公園で男の子が叫んでいました。
    「俺がお電話するから待ってろよ!」
    6歳ぐらいの元気な男の子。
    思わず振り向いてしまいました。

    ユーザーID:1934527725

  • おきゅうしょく

    お給食…ご近所の奥様が言ってました。

    普通の公立です。
    オキューショクってなに?!と一瞬頭が真っ白になりました。

    お体育とかお水泳ぐらいの違和感です。

    ユーザーID:6051393656

  • つけるほう?

    いやだ、「お電話おかわりします」ってふつうに使ってる。
    わたしからしたら、「はい、電話かわります」っていうのは、無愛想な高校生男子が電話取り次いでるみたいな感じ?
    まあ「おかわりします」はナシでもいいかな。「お電話かわりますね」とか。
    でも「お電話」の「お」は必須だわ。「お手紙いただきました」と同じ。
    「先日はお電話いただきましたそうで、留守にしておりまして申し訳ありませんでした」とか。
    京都じゃないけど関西人。たぶん女の子はそんな感じでしつけられたような…

    「おいえ」は、住むところとしての家じゃなくて家柄・血統の意味なら会話文なら使うかも。「あそこは昔から変人の多いお家やから」(あえてのちょっとずらした言葉遣いです)

    「お玄関」はきわめてふつう。「ほんとにちょっとだけ、お玄関先でご挨拶させてもらって失礼します、お時間とらせませんので、ほんとに」……「おだいどこ」、「お二階」、「お風呂」、「お便所…」は最近は言いませんね、カタカナにつけるのはどうかという意見もあるけど「おトイレ」(笑)と。
    「ごげんかん」は聞いたことない。

    「お連絡」は書くなら「ご連絡」でしょうと思うけど、口頭でなら、年配のご婦人から「おやすみのおれんらくゆきましたかしら…」なんて言われたら、そんなもんかと流す範囲。

    「お地味」も口頭でなら。これは「お色(お色み)」とかと同じ、呉服屋さん(洋服屋さんとか化粧品やさん)の店員さん用語な感じがします。「こちらだとちょっとお地味になりますから、こちらのお色がよろしいのでは、よくお似合いです」と。文章で書かれたら困っちゃいますけどね。でも小説の描写ならそれもありか。

    思いの外「お」つけすぎな自分に驚きましたが、あくまで口頭のときと書くときでは違うんですよ、そこのとこは誤解しないでほしい!

    ユーザーID:5630318300

  • 使ったことあるかもー

    お玄関、使ったことあるかもしれません。
    ご近所の親しくもないお宅の玄関先に、どぶさらいの参加賞を配って歩いたとき、留守のお宅の方に、「石鹸、お玄関先に置いておきましたので」と使ったことがある気がします。
    なんだか他人様のお宅の玄関にはおを付けないとならない気がして。

    ユーザーID:7083339578

  • お、つけがち

    方言そのものはキツイ部類の地方ですが
    本文、レスでおかしいと言われていること含め
    お玄関、お二階、おりんご、お座布団、お魚、お酢
    あたりは普通に使います。
    改めて考えてみれば、羅列するのも大変なくらい、おをつけてる言葉が多いです。
    祖母や伯母、母、女友達も使うので女の人の言葉遣いとして当たり前だと思っていましたが
    こんなに「上品ぶってる」と嫌味に思われるものだと知ってびっくりです。
    方言というより、地域性?のような気もします。
    逆に、酒、金、風呂、醤油、茶碗、などにおをつけずにしゃべっている人がいたら
    ワルぶってるか本当に育ちが悪いかと思います。
    ちょっとLINEで聞いてみたら、友達みんな同意見でしたので
    やはり地域性ではないでしょうか。

    ユーザーID:5332078875

  • 筆頭となるのは「おなら」でしょ

    >また、みなさんはほかにどのような言葉に“お”を付けているのを聞いて違和感を感じたことがありますか?

    俗に「おなら」と言われている「屁」というものがあります。

    なぜ「お」を付けたのでしょうね。
    「お」を付けても、上品にはならないと思いますけど(笑)

    ユーザーID:9353451322

  • 「大手小町」で取り上げました。

    トピ主「おみおつけ」さま、投稿ありがとうございました。
    「おビール」「お稽古」「おりんご」etc.何でも言葉の上に「お」が付くと、上品と思っているのかなあと疑問を持つケースがありますよね。

    編集部では、発言小町に寄せられた投稿をもとにしたまとめ記事を、ウェブサイト「大手小町」に随時掲載しています。

    こちらの投稿も、新社会人が増えるこの時期、ぴったりした話題と考え、専門家に聞いてみました。何が誤用で、どう考えればいいのか。信州大学の言語学の先生に聞きました。
    レスの一部を含め、次の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

    ◆どんな言葉にも「お」を付けるって、どう?

    言葉は奥が深いですね。身近な丁寧語。適切に使うには、何に気をつけたらいいのか、考えさせられます。

    ユーザーID:9312053472

  • 「おなら」は女房言葉

    タイトル通りです。高校の古典の時間に教わりましたが、「しゃもじ」などと同じく「おなら」は女房言葉です。「屁」が「鳴り物」という事からの隠語だそうです。決して下品な言葉ではありません。宮中の女官達が「屁」というの少しでも上品にという事で、鳴り物に「お」を付けて「おなら」となったのです。

    他に下品な関西弁だと勘違いされているお尻を意味する「おいど」も、元は女房言葉。お尻の場所を「居所(いどころ)」とし、それに「お」を付けたのが「おいど」で、決して下品な言葉ではありませんし、「お」付ける事に違和感はありません。

    「お声をお掛けする」や「お声掛け」は、とても違和感があります。自分が声掛けするのだから「声をお掛けする」で良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:2736033649

  • 女房言葉は「お上品」なのです

    匿名様へ

    >高校の古典の時間に教わりましたが、「しゃもじ」などと同じく「おなら」は女房言葉です。

    貴人に仕える女使用人(文学史に名を遺した人もいるけど)の言葉ですから、必ずしも文法的に丁寧語だとか考えられているわけではないってことですね。

    >お尻の場所を「居所(いどころ)」とし、それに「お」を付けたのが「おいど」で、決して下品な言葉ではありませんし、「お」付ける事に違和感はありません。

    下品な言葉というのではなくて、その種のものに「お」を付けるのが、丁寧語とは言えないし、上品な言葉とも言えないと思います。
    間違った使い方が「業界言葉」として定着していただけですよ。それが広まり長く長く続いて、後世では慣用語として定着したのです。

    ユーザーID:9353451322

  • お連絡とは言わないな

    カタカナ言葉にはおをつけない、と学校で習いました。コーヒーやビールにおをつけたらとても変ですね。

    自分の母は紅茶におをつけて「お紅茶」と言ったことがありました。違和感大ありでした。なんですかね?あれ。缶入りの紅茶ドリンクが発売された時でした。

    反対に耳に心地よかったのは若い人と話していて、彼女「おバカさん」という言葉を使ったんです。ちょっとした世間話ですよ。バカと言わずオブラートに包み「おバカさん」だなんてやさしい言葉づかいだなと思いました。いい言葉選びは見習いたいです。

    ユーザーID:7246173534

  • 丁寧とか上品とか考えたこともなかった

    わたしは東京出身です。関西の方がおをつける事が多いのですか?知らなかったな。

    お酢、お味噌、お砂糖、お塩、お醤油、お酒・・・全部つけてますね。ソースにはつけない。マヨネーズにもつけない。

    お肉、お魚、お野菜。普通に言います。個別だとおナス、お葱・・・だけかな。
    おリンゴ、おミカン・・・果物はこの2つくらいしかつけないです。そして「お果物」とは言わない。

    うちはお味噌汁ではなく御御御付(おみおつけ)といいます。字面は凄い丁寧ですね笑

    お豆腐と言うけどお納豆とはいわない。お麩と言うけどお揚げは言わぬ。
    お皿、お椀、お茶碗、お箸、おしゃもじ、おたま・・・どれも無意識につけてます。丼はつけませんけどねぇ。お鍋は言います。お釜も言います。

    おうどん、お蕎麦は言いますね。お餅、おせんべい、言います、言います!そして、ご飯。お じゃないですね。ご ですね。祝儀はご祝儀と言います。うちはお祝儀じゃないですね。

    お洋服とは云うけど、お着物とは云わない・・・お帽子と言うけれど、お靴とは云わない。何故だろう?
    子供の頃、通っていた幼稚園の制服には帽子がありました。「お帽子冠る」と言います。親がそう云うから。今でもそう言います。大人になってお帽子と言って「お帽子だって!」と笑われたことがあります・・・うぅむ。

    「お」をつけるのは、上品とか丁寧とかより、わたしには幼児語の様に感じるものも多いです。
    お手手、とかの類。足は あんよ ですが。
    お尻はいいますね。お頭(おつむ)も言います。
    おめめ、お耳、お鼻、お口・・・この辺りは幼児相手にしか言いませんねぇ。

    おうち は子供の頃は言いましたよ。今は家です。他人様の家は「御宅」ですね。玄関は玄関です。お を付けた事ありません。御玄関・・・物凄い違和感!!
    お風呂は今でもお風呂。

    まだまだありそうですけど・・・何とも面白いですね!

    ユーザーID:4888266230

  • がびーーーーーーん

    私、わりと何でも「お」を付ける人らしいです。
    お連絡は、初耳です。ご連絡です。
    「ご」のgが落ちて聞こえるような発音なのかな。
    お地味は、デパートの店員さんが言うのを聞いたかもしれません。
    お家(いえ)は、家柄を含む意味で使いますが、あまり使いません。
    おうちですね。

    お玄関、お洋服、お紅茶、おりんご、お羊羹、お出汁、お野菜、お雑巾、お台拭き、お昼間
    この辺り、違和感を持つ方が多いみたいですが、普通に言ってます。

    私が言って引かれたことがあるのは
    お椅子
    です。両親とも小さい子相手の仕事で、家でも幼児語を使う傾向があったみたいです。
    祖父母もそうですね。

    そんな私も
    幼稚園の先生が「お帳面、お給食、お集まり」と言われるのや
    住宅関係の方が「お色、お納戸、お土地、お図面」と言われるのはビックリしました。
    でも幼稚園が変わっても、他の住宅関係の方も使っているので使う業界なんだと
    思いました。

    お通帳、お教室、お粉
    なんかも普通につかう業界があると思います。

    ユーザーID:1433589058

  • お酢

    >また、みなさんはほかにどのような言葉に“お”を付けているのを聞いて違和感を感じたことがありますか?

    酢に「お」付けてどうすんのよと思いました。

    ユーザーID:9353451322

  • それは

    「お」について考えてみましたが、いつでもどこでもつけているのは「お茶」くらいですね。あとは、つけることもあり、つけないこともあり、その場の会話に合わせて使い分けているように思います。

    ユーザーID:9594737818

  • お声掛け

    ちょっとヨコですが…。

    >「お声をお掛けする」や「お声掛け」は、とても違和感があります。自分が声掛けするのだから「声をお掛けする」で良いのではないでしょうか。

    自分が声掛けするとき、という用法は初めて聞きました。
    ですのでネットで検索してみたのですが、「お声掛けさせていただきます」みたいなビジネス敬語を推奨する記事がでてきてビックリしました。
    「お声掛け」は「お声掛けください」というように、相手が声掛けするときだけに使うべきでしょうね。

    ちなみに食品などは「さん」付けときゃいいと思います(笑)。
    (でも「酢さん」は変か…)

    ユーザーID:0827957348

  • 過剰ですよね

    先日あるイベントに出かけたのですが、館内アナウンスが「お」の連続でした。
    「お手元のお荷物をお足もとにお置きくださいませ。お座席をお立ちになるさいはお飲み物を」
    という風に。

    でも、なぜこんなことになっているかを考えると、一概に責められない気がします。
    「こちらのほう、おさげしてもよろしかったでしょうか」を聞いたときも、「おさげしてもよろしいですか」程度だと失礼と感じる人や、「どれを?全部?ちゃんと言いなさいよ」などと因縁をつける人が増えているのではないのか、と考えました。
    言う側ではなく聞く側の問題、日本人全体のモラルや国語力の低下により起こっているのかもしれません。

    ユーザーID:6075139010

  • 「お粉」と「お色」

    化粧品業界とファッション業界の人がよく使うのでは?

    「おしろいはいいけど、お粉は?」とおっしゃるちびすけさんに賛成です。
    パウダーを訳したら「粉」なのに、なぜ「お粉」というのかな?
    女房言葉かな、とも思いますが、TVで男のメーク専門家までこう言っているのを聞いて業界用語か、と思いました。

    服についても「お色違いもございます」とか「こちらのお色はいかがでしょうか?」とか。
    「色違いもございます」「こちらの色はいかがでしょうか」でいいじゃない?

    でも、つられてこっちまで使ってしまって、その直後にぞわーっと気持ち悪くなります。

    ユーザーID:9879331018

  • ああ

    大阪生まれ大阪育ちのため、結構「お」がつくこと多いです。
    お芋さんとか、お茄子とか、食べ物にまで付く場合もあります。

    ですが、例に出されたのは全てナシですね〜。
    ところで、人の言葉遣いに文句をつける前に、まずはご自分が正しい日本語をお使いになってはいかがですか?
    違和感は感じるではなく、覚えるです!

    横レスですが。
    自分が乗り換えるのに、自分に対してお乗り換えは「気取った」日本語ではなく、
    間違った日本語だと教えてあげてください。

    ユーザーID:0323050617

  • お酢、お茶、お菜、お麩・・・日常的に使っています

    押忍♂さんへ

    私は日常的に「お酢」と言っています。
    「お」をつけないとただの「す」だけですから、わかりにくいです。
    「お」をつけないときは「すゥ」と伸ばします。

    同じ理由で、「ちゃ」や「な」や「ふ」は、「お」をつけてはじめて「お茶」「お菜」「お麩」と認識できます。

    ただし、「は」や「ひ」は「お歯」とか「お火」とは言わず、長く伸ばして対処するほうだけですね。
    「はア」「ひィ」というふうに。
    あ、「具」や「蛾」や「荷」もそうだな。ぐゥ、がァ、にィ というけど、「お」をつけたら変ですね。

    やはり、食べ物には「お」をつけても違和感がないのかな。
    (ちなみに、私は、おりんご、おみかんと普通に言います。)
    考え出すとおもしろいですね。

    ユーザーID:9879331018

  • どうしてもシェーをやるあの人物を思い出しますな

    単なる仏国かぶれで「お」づけしているだけだが。

    ところで、同じアニメに登場するキャラクターのある好きな食べ物にも「お」をつけると?本当はその言葉はもともと「お」がなかったはずのものなんだけどね。もう「お」を外すことができなくなった言葉も多い。

    ユーザーID:2960160555

先頭へ 前へ
91120 / 135
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧