• ホーム
  • 話題
  • 貯蓄がまあまあで年金が少ない人のサバイバル

貯蓄がまあまあで年金が少ない人のサバイバル

レス14
(トピ主1
お気に入り61

生活・身近な話題

紫野

自助努力により貯蓄はまずまずなのですが、65歳からの年金が少ない50代半ば独身女性です。

利率が高めの定期預金に預けたり、ゆうちょ銀行から送金したり、銀行の時間内に取引をして、手数料を節約しています。ちまちまと倹約をしていますが、迫りくる老後が不安です。

ひとり親を在宅介護していたので、ずっとパートで働いてきました。今の職場にできるだけ長くいようと思っています。

貯蓄がそこそこあって年金が少ない方、どのような工夫をされていますか。また、どのような心持でお過ごしでしょうか。

ユーザーID:8152269662

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 健康第一ですよ

    同じ世代です。
    年金は減ることがあっても増えないですし、
    貯金もコツコツするしかありません。

    出費を考えると医療費が一番高くつきます。
    衣食住は節約できても、医療費は節約できない。
    だから「健康第一」。
    適度な運動、食事の減塩、睡眠時間と休養は意識して取る等…
    暴飲暴食など不摂生は兎に角しないことです。

    健康寿命を長くしないと、長生きなんて意味ありません。

    ユーザーID:9123100856

  • すぐに思いつくのは

    年金の繰り下げ受給とできるだけ長く働くことでしょうか。

    細々とでもいいから働いて収入を得るとともに年金受給を遅らせることで、仮に70歳まで遅らせることができれば42%増しの年金を受給出来ます。今後はもっと遅らせることが出来るよう制度が変わりそうです。

    ですから、なるべく長く働ける職場、というか高齢者が多く働いているような職場に早めに移ったほうが良さそうです。。

    とはいえ年金の繰り下げ受給は実際はそれほど簡単なことではないのかもしれません。
    厚生年金保険・国民年金事業の概況という厚生労働省が出している年報に繰り下げ受給者の割合が出てますが、28年度の国民年金の数字でたったの1.4%でした。厚生年金の基礎年金は割合は出てませんが人数から計算すると1.3%でした。

    そう考えると、年金の繰り下げ受給にあまり期待をし過ぎないほうが良いのかもしれませんね。

    ユーザーID:8633883927

  • 節税と少額投資

    節税はふるさと納税とideco

    少額投資は月々数千円から始められるという事で検討しています。

    私は三十路ですが、恐らく年金支給が70歳以上になるか、貰えないかの可能性が高いので今からコツコツやってます・・・

    ユーザーID:0463842633

  • 正社員を目指す

    こんにちは。
    堅実に暮らしているようですが、ずっとパートとのこと。
    できれば正社員になった方がいいですよ、現職場で正社員になるように交渉できませんか?
    今は人手不足です、交渉次第では正社員登用もあるかもしれないですし、賃上げもあるかもしれない。

    そこそこ、と言われる貯蓄額が全く不明ですが今ある貯蓄をできるだけ減らさないように、できるだけ長く働くのが望ましいです。
    今のパートは同じ職場で何年働いてますか?
    週に何時間働いていますか?
    会社の従業員数は分かりますか?
    というのも、パートでも厚生年金の適用となる場合があるのです。
    年金が増えるかもしれないですよ。

    ユーザーID:6857398571

  • ありきたりですが

    ・バランスの良い食事と適度な運動をして健康に留意し、病気をしない。

    ・体が動く限り、出来るだけ長く働き続ける。

    ・(詐欺被害などに遭わない様、自分で自分の身を守る為)最新のニュース、新しいサービスや情報を頭に入れておく。

    ・もし庭があるなら、畑を作る。

    ・近所に、信頼できる友達を作っておく。(自宅で倒れた時、気付いて貰える。)


    辺りでしょうか。
    皆さんのレスも、参考にしたいと思います。

    ユーザーID:2601924545

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ひたすら貯金

    同年代で、同じような境遇の独身女性です。
    ただ、家庭環境が違います。
    一緒に暮らしている両親は高齢とはいえ健在で、充分な年金をもらってゆとりのある生活です。
    その恩恵に預かっているので、仕事は非正規ですがお給料の大半を貯蓄に回せていて、そこそこ持ってます。
    実家は土地家屋ともに父名義、私が相続し、住居費は固定資産税だけなので、賃貸に暮らすよりもお金はかからないでしょう。
    父の所有していた株の名義をこの度相続し、その配当金だけで充分固定資産税は払えます。
    受け取れる年金はギリギリ命をつなぐ程度なら何とかなります。
    それ以外の出費は貯金からまかなう事になりそうですが、今のままの生活水準は充分保てます。
    地味な生活ですが、充分幸せですので。
    地震がきて家が壊れるとか、大変な病気にかかるとか、よほどの事がないかぎりおそらく金銭的には困らないでしょう。
    何かあった時の為の備えなど、言い出したらキリがないし、それこそ億単位の貯金があっても不安でしょうし、何かあったらもうそれはそれです。
    独身で生涯を終えるという事は、最後は孤独死覚悟でいなければ。
    でもそれまでの人生が幸せならば、私はそれでいいと思っています。

    ユーザーID:6870080223

  • トンチン年金は?

    うちは自営で、ずっと個人年金をかけ続けてますが、今の利率は非常に魅力の薄いものです。
    独身と言うことで財産を残す意味の少ない立場なら、トンチン年金がいいと思います。
    保険加入者の掛け金を長生きした人がもらうシステムで、早死にするとかけ損になりますが、独身の場合のリスクは長生きすることなので、そのリスクに備えるのにトンチン年金は理にかなったものだと思います。

    ユーザーID:6636731793

  • 本を読む

    私は老後資金の本を読んで、投資の必要性を感じたので投資の本も読んで、本格的に投資を始めました(20代から投資はやってました)。

    投資といっても日本株を短期間に売買するのではなく、インデックスファンドや米国株を長期保有して配当金を貰ったり地味に増やしていくやり方です。節税効果があるiDeCoとつみたてNISAを優先してます。

    節約の知識も足りないと感じたので、お金や家計簿の本も読みました。そして固定費の見直し、格安スマホ、ふるさと納税、極力クレジットカード払いにしてポイントを貯める、ライフプランの作成、FPに相談などを行いました。

    LIFESHIFTやAIの本など「これから世の中どう変わっていく」系の話題本も読みました。

    投資や他の本はともかく、老後資金の本はお勧めです。

    ユーザーID:8280783055

  • 書類や物の整理

    縁起でもありませんが、認知症や突然倒れて脳に後遺症が残ることもありえます。
    そうなると自分では金銭管理ができず、代わりに後見人や親族に世話してもらうことに。
    お金の流れや資産の把握は、第三者には非常にわかりにくいと思います。
    大変すぎると悪感情を持たれたり、預金や保険の存在に気づいてもらえないかもしれません。
    わかりやすすぎると泥棒が心配ですが(苦笑)

    日常的にヘルパーを頼んだり、突然倒れて入院や施設に入ることになり、その準備を他人にお願いすることになるかもしれません。
    物が多いと、自分も危ないし、第三者は探したり処分するのに困ります。
    迷惑をかけて悪感情を持たれると、困るのは自分です。
    第三者から見て自分の家はどう見えるのか?時々考えます。

    書類や物の整理、エンディングノート、遺言書など、「まだ早い(若い)」と思われるかもしれませんが、歳を取ると死を直視するのが怖いのでなかなかできないそうです。しかし準備していないと困るのは自分です。そう考えて若いうちから気軽に取り組んできました。
    ちなみに遺言、断捨離や片づけ、おひとりさまの老後、成年後見制度の本を読みました。

    ユーザーID:8280783055

  • トピ主です

    エールボタンとレスをありがとうございます。

    小さなトピですが、お返事をいただき嬉しく思っております。

    私は大学を卒業してから2年しか正規で働かなかったので、厚生年金はごく僅かで、国民年金と国民年金基金を合わせると、最低限の生活はできそうです。

    私の学生時代は学生が国民年金を払うという認識がなくて、未納期間が27か月ほどあります。なので60歳になってからその27か月分を支払うことによって、少しだけ年金が上乗せされます。

    繰り下げ受給ですが、今のところ現実的ではないと思っています。

    仕事は好きで職場にも恵まれていますが、正規社員の可能性はないでしょうか。今のところ週3日しか働いていませんが、私にはちょうどいいくらいです。いよいよとなれば、もう少し仕事量を増やしていただくことはできます。

    皆さまからのレスを参考にさせていただいて、資産を大切に守っていきたいと思います。ありがとうございます。

    ユーザーID:8152269662

  • 年金は、お小遣い

    年金収入の口座と、支払いに利用する口座の二つで運用しています。

    年金収入の口座にまとまったお金が貯まると、支払い口座に振り込んでます。

    私は、時々50万円を振り込むようにしてます。

    貯金口座の金額は数字でしかない。ゲームのポイントみたい。

    私は、口座の残高を現金で手にしたいので引き出して、現金を手元に置いてます。

    現金を見ると、財産の不安が薄まります。

    何時でも買えるから、今は買わない生活。

    ユーザーID:1402087923

  • 年金繰下げ受給

    年金繰下げ受給+70歳まで働く、を選択します。
    職に就けない場合も考えて、60〜70歳までの10年間の生活費は確保しました。
    年金は月10万円×1.42(繰下げ分)×0.85(保険税金等)で12万700円位いただけるかな。
    賃貸だと足りませんね。

    60歳になる前に失業したり事故や病気で働けなくなる事も十分考えられますので、もう少し貯めたいと思います。
    トンチン年金はいいなと思いましたが、掛け金が高くて払えそうにありません…

    ユーザーID:7593395095

  • 付加年金

    月400円の付加年金をご存じでしょうか?お得ですから手続きされては?

    ユーザーID:0637099025

  • 国民年金基金と付加年金の重複は不可

    付加年金を勧める回答がありましたが、すでにトピ主は国民年金基金に加入していると書いてあるので、付加年金に加入はできません。
    国民年金基金1口目にに付加年金分が含まれているとのことです。

    ユーザーID:6636731793

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧