現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ストレスによるうつ病で退職したのに,体調が良くなりません

ムトーナノカドー
2018年10月26日 1:19

先月末で,大卒から25年間働いた会社を退職しました。

就職した当初から仕事にストレスを感じ,心療内科・精神科にかかっており,断続的に抗うつ剤も何種類か服用していました。
昨年,診断書をいただいて半年ほど休職の後,復職しましたが,強い不安感,過緊張,機能性胃腸症が治らず,退職という決断をしました。

退職後は1年くらい充電して,その間に趣味の大型バイク免許を取ったり,沖縄旅行に行ったりして,ゆっくり過ごそうと思っていたのですが,どうも精神的にも(うつ病),身体的にも(機能性胃腸症)調子が悪いのです。
昼間はお茶を飲みながら,ネットサーフィンをして過ごし,夕方になって粗末な手抜き夕食を作って食べるだけです。今日も,髪を切りに行こうと思っていたのですが,だらだらと部屋着で過ごしてしまいました。お風呂に入るのも億劫です。

既に両親は見送っており,小さいながら築15年の戸建てを持っています。結婚は30代で2回失敗しており,今後結婚する可能性はほぼないと思われます。

金融資産は,預貯金5000万円と株式時価800万円がありますので,当面は生活できます。

私としては,来年秋くらいまで体力を維持しながら,好きなことをやって,その後は仕事のペースを落として働きたいと思っています。しかし,お風呂や食事がやっとといった現在の心身の状態では,やはり不安が残ります。

会社を辞めたことに後悔はありませんが,将来への不安が体調不良の原因かもしれません。
何か開き直る(吹っ切る)きっかけをアドバイスいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7019296087  


お気に入り登録数:34
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
医師に相談
neko
2018年10月26日 12:08

医師に相談なさってはいかがでしょう?
場合に因っては今のお薬が合わないのかもしれませんよ?

金銭的にも余裕がおありなのでゆっくりと考えられたらいかがでしょう。
急がない、急がない。ゆっくり、ゆっくり。

鬱病は寛解まで数年かかると思って無理のない計画を立てられては?

ユーザーID:4147194296
自分を責めない・自分を許す
ゆるこ
2018年10月26日 12:51

今、全然困ってないのに自分を責めすぎていることの積み重ねが不安に繋がっているのだと思います。

本当に気が乗ることだけやっていれば良いのです。髪を切りに行きたくなかったら別にそれで良いではありませんか。お風呂だって入りたくなかったら入らなくても問題ないですよね?

でもなんかこのままだと、だらしなさが究極に達して正真正銘のニートになってしまうのでは?という恐れで自分を「ねばならない」「〜するべきだ」という思考で苦しめているということに気づいてください。

感情を抑圧しすぎて本当に自分がやりたいこと、したいことが見えなくなってしまっている人は多いです。本当に正直に生きるために毎瞬毎瞬自分の心に聞くのです。「〇〇くん、今何がしたい?」「だらだらしたい」それでOK。それがOK。

それをいちいち「ちょっと臭うよ、風呂に入るべきだろう?」とか言って自分を裁いているから苦しくなるのです。本当に食べたいものを食べ、心身が欲することを許してあげる。そういうことを続けていると生命力がアップして、以前より絶対に健康になれます。くれぐれも我慢せず、頑張らず、私がやらねば、と思わないこと。
「焦り」は悪魔のささやきです。他人と自分を比べることで生じる地獄からのコールです。

ユーザーID:9585019907
そうだね
蒼空
2018年10月26日 14:04

やっぱり女かな。

男が生きる力が沸いてくるのは、守る女がいるから。

結婚せずとも、人生のパートナー作りを
積極的にしたほうがよいかも。

ユーザーID:2776479905
逆です、逆逆!
兼業猟師
2018年10月26日 14:06

>大型バイク免許を取ったり,沖縄旅行に行ったり
>好きなことをやって
うつで仕事を辞めたのなら、例え好きなことでも自分に何か行動を課すようなことはしない方がいいと思いますね。

〇〇をしなきゃいけない。
これがストレスの元なんですよ。

私も都会での仕事に疲れ果てて、早期退職募集に応募した口です。
多分、うつ状態だったのだろうと思います。

田舎に帰って、亡き両親が使っていた空き家をなんとか掃除だけはして暮し始めました。
兼業農家だったんですけど荒れ放題でね。
あれもしなきゃこれもしなきゃと思ったら眠れなくなって、会社辞めたのにちっとも心が穏やかにならない。
それでもう思考停止。
なーんにも考えられなくなりました。

でも、それが良かったみたいです。
何かをしようとしない。
自分で自分に何か行動を課さない。
そんな状態で半年を過すと、なんだか心が穏やかになってね。
心が穏やかになると、何かしなきゃいけないと自分に課すのではなくて、退屈だから〇〇でもしてみるか。面白くなかったらやめちゃいばいい。
そう思えるようになりました。

私の場合は〇〇が埃をかぶった農機具を直すこと。
元々機械イジリは得意だったし、古い農機具はエンジンもその他の機構も単純で、自分でやれそうだと見積もったのです。
最初に草刈機を直してみて、わりとアッサリと修理できたことに気を良くして、田植え機や耕運機もコツコツと修理してたら、さらに半年が経過していました。

農機具が直ると使ってみたくなる。
畑からやることにしました。

今は狩猟や農業がメインで林業までやっています。
半自給自足で穏やかに暮せています。

野生動物はケガをすると癒えるまでじっとしています。
人間も野生の一部。
今は何もせず、じっと心が癒えるのを待つ時期でしょう。

ユーザーID:6549421396
仕事じゃなくて
ゆうき
2018年10月26日 16:08

普段の生活がストレスになっていると思いますが。

考え方のクセや頭の中のせわしなさ。

せっかく資産があるならお金の心配は要らないのですから、
あまり自分を責めるのだけでもやめたら。

ユーザーID:4945917466
ゆっくりまったりと
ゆず
2018年10月26日 16:51

まだ退職されてひと月
急にアクティブに動けるわけではありませんよね

免許取得や旅行は年が明けて調子がよくなればいつでも行けるのだから
今は秋の夜長を楽しまれてはいかがですか

一人暮らしをされているのなら
お風呂なんて入りたい時に入ればいいと思います
誰にも迷惑かかりません
昼間のお風呂も優雅な気分になれて気持ちいいですよ

ネットサーフィンついでにネット通販で
食べてみたい物をお取り寄せとかも楽しそう

最近掲示板でおいしかったものを書き込むトピが立っていて
初めて知る食べ物もあったので
私もたまには贅沢して
お取り寄せしてみようかなーなんて考え中です

病気についての専門知識は全くありませんが
25年間の疲れがたまっているでしょうし
焦らずゆっくりでいいと思います
一日に何か一つだけでも
家の中でもできる、楽しいな、気持ちいいなと感じられる小さなことから
始めてみられてはいかがでしょうか

私は不安に押しつぶされそうな時は
寝転んで動画サイトで
ひたすら何時間も動画を見続けています
ネット通販の得点で
アニメや映画などを一部無料で観ることの出来る動画サイトもあるので
無料で観られる物の中からあまり精神的に重くならないような
ほんわか系のアニメを1話から最終話まで一気に観たりもします

動画の内容が頭に入ってこないぐらい重症な時は
ヒーリング曲とかを探して聴いています

トピ主さんはバイクや旅行に興味がおありなら
バイクのソロキャンプとか
旅動画とかも良さそうですね

ストレスと戦いながら25年間も一つの会社で頑張ってこられたトピ主さんなら
たっぷり休んでまた健康を取り戻せば
人生なんとでも出来ると思います
先の不安よりも、明日どんな美味しい物を食べようかと
ワクワクしてみてください
それがきっと将来の不安が解消されていく近道になりそうな気がします

ユーザーID:0515491401
まだまだ病気
匿名
2018年10月26日 16:52

うつ病はストレスを取り除けば治るような病気じゃ
ないです。
一旦発症してしまうと、なかなか治りません。
特に「億劫感」はすごく長引きます。

好きなことはできたりしますが、とにかくだらだらしてしまう、
これを周囲の人が見ると「治っているのに怠けてる病」だと
勘違いしてしまいますが、じつはまだまだ治ってないんです。

本人すら、「怠けてるんじゃないか」と悩んだりしてしまいますが、
実はまだまだ根深く治ってないんですよ。

障害年金を申請する、障害者手帳を取得するなど、福祉を十分に
活用して、生活の不安を少しでも少なくすること、そして
自分が病気だと自覚すること。
自分が病気だと自覚することで、逆に良くなっていくこともありますよ。

ユーザーID:7943816490
お疲れ様です。携帯からの書き込み
ねこのしっぽ
2018年10月26日 20:32

会社を辞めてからまだそんなに経っていませんね。

お疲れ様でした。

まだまだ休む時期だと思いますよ。

焦る気持ちは病気からきているはずです。

戸建てもあるなら大丈夫ですよ。

ひたすらに休んで下さい。

その内に、休むのはもういいかなって時が来ますから。

カーテンを開けて日に当たるのがお勧めです。

ユーザーID:9421264991
大丈夫ですよ!
眠眠
2018年10月28日 22:54

仕事関係でうつ病になり、現在働きながら回復中の者です。

資産が十分あるのですから、生活面では豪奢にしなければ何も心配することはないのでしょうか。
人によって合う合わないがありますが、私は土いじりがお勧めです。
家庭菜園を始めたらいかがでしょうか。ご自宅の敷地に適当な土地があればそれを使ってもよし、借りれる市民農園があればそれを借りるのもよし。
市民農園ならお隣さんと会話も始まると思いますよ。

心が折れた時には、ストレスにならない程度に何でも構いませんが趣味の会に入ったりなどされ、色々な方と話したり一緒に活動したりするのがよさそうに思います。

ユーザーID:1259005101
体調は元に戻るのではなく新たに作りなおす
自分も体調不良中
2018年10月29日 4:59

私事ではありますが、私も仕事によるストレスによってうつ病・不眠症の状態に10年前になりました。
まだ仕事はしておりますが、開発系の仕事から総務系の仕事に担当は変わり、仕事そのものの負担や業務量・勤務時間は格段に改善しました。
もちろん、収入は減りましたがうつ病に関しては回復しました。
しかし、いまだに不眠症については回復せず。だましだまし生活しています。
その時に周りの人から言われた言葉がタイトルです。

一度病気をすると人間の体は何かしら変化して元には戻らない
変なたとえですが、熱を加えてしまうと生肉は色が変わり、中身が変質してしまい、温度を下げたからといって元の生肉には決して戻りません。
病気にかかった人間も同じなのではと今は思うようにしています。
だからストレスの原因をなくすだけでは体調は戻らないと考えて
新たに健康を作り出す方向のアイデアで対応していくのがいいかと思います

とは言うものの私本人自体がなかなかうまく行っていませんので参考にはならないかもですが

ユーザーID:0151174660
うつのスパイラル
はむ
2018年10月30日 17:08

人は何もしない状況で、何の目的もなく家で過ごしていると逆に動けなくなるんですよ。
まず、日光に当たらなくなると体調が悪くなります。日光浴をし、規則正しい生活を送り始めることが重要です。
また、ビタミンDは日光にあたらない生活をしていると欠乏しやすいので、接種したらよいですよ。
毎日、ジョギングしたり目標を立てるとかなり状況が改善します。

毎日風呂に入り、きちんと決まった時間に起きるのは重要なことです。
昼夜逆転している生活は、悪影響です。
簡単なボランティア活動から始めているといいですよ。

規則正しい生活と、目標は大切なことです。
実は人間にとって働くというのは、毎日のメリハリがつくのでとても良いことなんです。
自分でメリハリをつけることです。
上向いてきますよ。

まずは日光浴です。

ユーザーID:1744401588
食生活に問題が
玲子
2018年10月30日 20:59

粗末な手料理よりも、きちんとした定食屋の食事とか、あちこちカフェランチ巡りとか。
同じメニューばかり食べていると、腸内環境が画一的になって消化も気分も悪くなるだけ。
適度に身体を動かす為にも、ウォーキングしながら遠くに食事とりに行ったら?

ユーザーID:8879198206
どういう意図か図りかねますが
今どーみん
2018年11月1日 14:07

うつと引きこもりの対策をごっちゃに考えている人がいるようです。

いろんな人がいろんな経験をしています。
うつを経験した人の話ならまだいいんですけど、それだって表現の問題で解釈がまちまちになるケースもあります。
伝聞に頼ったレスはプロの意見ではないので誤解や勘違いが含まれる場合もありますから注意が必要でしょう。

トピ主さん。
主治医によくよく相談してくださいね。

ユーザーID:3526799890
うつ病のスパイラルを治す療法があるんですよ
はむ
2018年11月2日 20:01

引きこもりと混同として、私のコメントがとられてしまったよう?なので
きちんと医学的見地から、コメントを軽く書きますね。
でも、主治医ときちんと話すことが大切なので、そこは重点的に。

まず、うつ病になると、うつのスパイラルというのが起きるのです。
マイナス思考から、さらに行動も狭くなっていき、どんどんとその自分に自信がなくなっていき
負のスパイラルが起きます。

そうしないために、うつの認知行動療法というものがあります。
患者さんの中でも実践している人は多いはずです。

まず、朝は起きて3食きちんと食べる。
自分で自分をほめる、
少し散策してみる。もしくは適度に体を動かす
お風呂は毎日入るなど、体を機能的動かすことで負のスパイラルから抜け出すことです。

うつ病は動いてはいけない病のように思われがちですが
自分で動ける範囲であるのならば、規則正しい生活を送り、適度に体を動かしたほうがずっと思考が改善されていきます。
大切なのは、自発的に行うことであって、同居人や家族にあれこれ言われてすることではないのです。
ですから、自分ができる範囲で、疲れない程度に日光浴したりジョギングしたり
それからきちんと食事をして夜は眠る。
これは体のリズムにもいい影響があるのです。

自発的に動くことによって、動ける自分に自信がついてきます。
適度にリズムをとらないと、自分に自信がなくなってしまい負のスパイラルに陥るのです。
三食食べて、日光浴をして、ジョギングをする、散歩をする。
少し慣れてきたらボランティアに行ってみるなど
自分と相談しながら活動範囲を増やしていくとよいでしょう。
でも、無理はしないことです。

ユーザーID:1744401588
それから
はむ
2018年11月2日 22:39

うつにはいくつかのタイプがありますが、希死念慮などの状態がなく自力で生活ができるが、気力がない場合は
規則正しい生活に持っていくことが大切になります。
希死念慮がある場合は、入院し難しいことを考えるのをやめ、病院で過ごすのが一番です。

行動は身近なところから始めてみるのが一番です。しかしそんな中で時にアルコールに手を伸ばしてしまう場合があるのですが
アルコールは中毒になってしまい、状態の悪化につながるため、手を出さないことです。

よく眠れない、気分が安定しない場合は
医師と相談し、睡眠導入剤などを処方してもらうことをお勧めします。
アルコールには手を出さないことです。

まずは退職した場合は、今後働くことを今考えるのではなく、
今は三食食べ、日光に当たり、適度な運動をするだけでよいのです。
やりたいことができたときには、それを行い、行ったことを喜び
食事は今まで急いで食べていたものをゆっくりと味わい、日光に当たり、秋のにおいをかいでみる生活に慣れることです。
規則正しい生活は、早寝早起きではなく、8時や9時気象で構いませんが
夜中にはきちんとねむる生活を心がけることで、自分の力が貯められていきます。

うつには精神的な自己否定のスパイラルが伴います。自分が思っていたことをできないと、考えていた自分とは違うため、また自分を否定して自信がなくなっていきます。
そのスパイラルから逃れるために、まずは今を楽しむ習慣を身に着けることです。
小さなことから喜びを見出せるように、ゆっくりとした時間の贅沢を味わうのが癒しです。先のことを今考える必要はありません。

ユーザーID:1744401588
社会と繋がりを
一歩
2018年11月3日 7:13

25年間お疲れ様でした。

家族もなく、会社を辞めたら、トピ主さんの事を気に掛けてくれる人が居なくなってしまった…
という現実が将来を案じうつを悪化させかかっているのかも知れませんね。機能性胃腸症も不安から来る自律神経の失調かも知れません。

的外れなアドバイスかも知れませんが、自分がこの先も一人で生きていくとして、金融資産についてどのようなライフプランにするかファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?金融資産を増やす事が目的ではなく、外で人と会って違った目線の意見に出会うためです。

今のトピ主さんに必要な事は「生活のハリとそのキッカケ」のような気がします。

ユーザーID:0352000212
ついでに
はむ
2018年11月4日 6:26

うつというのは、一つのことを大きく考えるようになる思考傾向になります。
例えば朝起きられなかったことを、普段の休日であれば
「ああ、もう12時かぁ、よくねたなぁ」程度であるのに
「朝起きられないなんて、自分は本当にダメだ。こんなことでは何もできない」などと変に重く考えるようになるのです。
そういった傾向にあるという自覚をすることが大切になります。

自分の考え方がうつ的思考をしていると自覚をし、面倒なのでふろに入らないことを
ああ、ふろの一つも入れないなんてなんて自分は…という思考そのものが
うつからきているのだと自覚することが重要です。

普段の自分であれば、ああ、めんどくさいから入らなかったけれど、
明日はいればいいか。

と思うはずです。

そういったことを一つ一つ減らしていく。そして日常的な生活を維持していくことが
重要です。

うつになるといろいろなことが億劫になり、先延ばしにしたくなります。
それがうつ病の特性なのだと自覚し、何も考えずに機能的に自分を動かしていくことで
日常性を維持しながら自分をほめていくのが最も良いでしょう。

思考が偏りがちになっているので、物事を考えずにただこなせばよいのです。
そして、終わった後に、ちゃんとできる自分をほめればよい。それだけのことです。
一つのことにこだわって考えるのが、うつです。
こだわり始めたら、その思考を中断し、今している事柄に集中すればよいのです。
窓の外を眺めているのならば、今日はいい天気だな、や、雨のにおいがして落ち着くな、など悪い方向の物事を考えないのはとても重要です。
食事をするときも、ひとつひとつを食べて、こういう味なんだな、と噛みしめればよいのです。

とにかく拘らないこと、それが大切です。

ユーザーID:1744401588
レスありがとうございます
ムトーナノカドー(トピ主)
2018年11月4日 14:42

トピ主です。様々な観点からのレスを下さった皆様に御礼申し上げます。

先週,頑張って髪を切りに行き,通院してきました。
主治医からは「教習所や旅行はやる気が出るまで待ってもいいけど,運動はするように」と言われました。

スポーツクラブに入るのはハードルが高いので(手続きやら着替えて出かけるのか億劫。元来,不精者です),本棚の隅から以前ダイエットで使ったボクササイズのDVDを引っ張り出してきて,パソコンの前で身体を動かし始めました。

目標は1週間に120分ですが,目標を達成できなくても自分をあまり責めないようにしたいと思います。

もともと,理想が高いくせに行動が伴わないタイプで,そのギャップに苦しめられている面があるように思います。以前,カウンセリングにも通っていましたが,自己肯定感が低いタイプです。

昨年の休職期間と,ここ1ヶ月で,昼夜逆転とアルコールには十分注意しないといけないと痛感しました。
昼夜逆転防止には薬の適切な服用,アルコール対策は買い置きをしないことで,日々を送っています。

食事に関しては,あまり食べ物に執着がない方なのですが,体調が回復してくれば,一人暮らしも長いので,多少のものは作れる元気が出てくると思います。

幸いなことに希死念慮はありませんので,できることから少しずつやり始めて,焦らずに体調を取り戻せたらと思っています。

目指すことばかり書いてしまいましたが,いいときもあれば悪いときもありますから,だましだまし生活を積み重ねることによって,よい方向に向かえばいいな,と思っています。

ユーザーID:7019296087
坐禅がおすすめですよ
キジクロネコ
2018年11月5日 9:22

私も似たような経験から鬱っぽくなりましたが私の場合病院には行かず本を読みまくりました
その中で禅の考え方を知りかなり心が楽になりました
ひろちさやさんの本やドイツ人僧侶のネルケ無方さんの本とか良いですよ動画サイトとかにネルケさんが
坐禅の仕方をレクチャーした動画もありますしおすすめです
50歳も近くなりますとお釈迦様の教えが身にしみます人間の悩みの解消法は二千五百年前に
お釈迦様が答えを出していたんだなあと
仏教の基本を学び坐禅をして頭を空っぽにすればストレスが無くなって健康になると思いますよ

ユーザーID:8415083541
25年かけて体壊したのですから。
くるみ
2018年11月11日 20:19

仕事やめてすぐに治るわけないですよ。
のんびりしましょう。

ユーザーID:8881190168
 
現在位置は
です