終活

レス4
(トピ主2
お気に入り30

家族・友人・人間関係

アメリカ人

夫婦でアメリカに移民して30年超。「そろそろちゃんとしておくべ」と、10年以上懸案だった終活に手をつけました。

定番セットの、夫婦それぞれの遺言・事前医療指示・永続的委任状と夫婦の生前信託。

メインは生前信託。来月法的成年になる夫婦間の一人娘に全部相続させ、娘が欠けている場合は娘の孫の代までの直系子孫に、ただし年齢・学歴の条件付。娘も直系子孫もいなくて夫が先に死んでいれば妻の甥姪と前婚の子に、妻が先に死んでいれば…、最終的に行き場のない財産は寺、大学、病院などに寄付。子の定義とか夫婦の死の順序の定義とか、ありとあらゆる場合を想定しました。

ネットから雛形ダウンロードで自分で出来ないことはなさそうだったけど、抜けがあると困るし、そう何遍もやることでもないので弁護士を雇ったら、最初に雇った弁護士がまともな英語の文書を作れないのでクビにして新しい弁護士でやり直し。かれこれ10ヶ月かかった。

夫婦没後は信託受託者がいなくなるのでメインの証券会社の個人信託サービスと承継受託者契約。これがなければ信託は作れなかった。

遺言で全財産を信託に遺贈し、金融資産の相続人を信託に、不動産の名義を信託に変更して万事整えました。

現在の課題は所謂「ディジタル終活」。300ぐらいあるアカウントとパスワードの内100ぐらいは生きていて、その内30ぐらいは銀行やオンラインサービスとかの金がらみだから、これをどうやって安全に承継させるか?親のブログなんて要らないだろうけど、半世紀以上に渡る3万枚の写真を捨てられてしまうのは悲しい。

「モノ」の終活はしません。現在の生活が最優先だし、相続人が不要な動産は相続財産から必要な費用を出して廃棄すればよい。「負動産」になりそうなものはないから誰にでもできる。

と言うわけで、終活は本人が生前にしかできないことに絞っています。

皆さんは終活どうしてます?

ユーザーID:4292866611

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 写真の保管はネット上ではなくハードディスクとDVDで

    日本の金融機関の話ですが、死んだ本人の金融機関の資産は一旦凍結され、まったく入出金ができなくなります。(最近の法律改正で、残された人の生活に必要な資金は出金できるようになるそうです)

    そして相続手続書類が整えば、相続人の代表者にお金が手渡されます。普通は代表者の通帳に送金されます。

    銀行のオンラインサービスが必要なら、新しい相続人が改めて自分名義で開設するので親のアカウントは承継されないと思います。

    一般のオンラインサービスも承継ではなく、必要なら相続人がアカウントを新規に取るのが普通ではないでしょうか?

    なお、一部のSNSは死んだ後も勝手に消されず、「代理人」がそのアカウントで発信できる方法もあるようです。


    ブログは(そのブログの契約にも寄りますが)アカウントとパスワードを教えておけば、引き継ぎできると思います。

    ただ、ブログサービスも何十年も続いた実績なんてありません。インターネット開始時点からあったホームページサービスも古いモノはだんだん廃止されています。

    子供が引き継いだとしても、いずれはそのブログサービスも、また、いろんなネット上のサービスもいつかは廃止される運命にあります。(その代わりに新しいサービスが出てきます)

    だから、多数の写真を「一応でも」子供に渡したいのなら、ネット上ではなく、ハードディスクに年代別とかジャンル別にフォルダーを分けて保管する必要があると思います。

    私はホームページもブログも一応作っていますが、それは「発信用」であり、写真などの保管はハードディスクにして別のハーディディスクにバックアップもとります。昔は念のためDVDへの保管もしていました。

    ※最近、ハードディスクの写真データが数十枚破損し、バックアップも破損していたのが判明しました。でも昔に焼いたDVDから復元できました。DVDでの保管も必要だと痛感しました。

    ユーザーID:7703766711

  • 書込みありがとうございます

    銀行には「POD(Payable on Death、死後支払)」で娘を指定してあるので、夫婦の死後は娘が引き出せます。証券会社の口座は「TOD(Transfer on Death、死後移転)」で配偶者、信託の順で名義が移転します。

    「オンラインサービス」で誤解を招いたかもしれません。いわゆる「Gー何とか」は使っていません。私自身がIT屋なので、使っているオンライン…と言うよりネットワークサービスは、IPTVとセキュリティサービスを除くともっぱら自前ITのインフラです。

    写真はVPNで外からもアクセスできる自宅内のサーバに保存し、別の階のバックアップ専用サーバに毎日コピーし、更に日本に置いてある別のサーバに毎週バックアップしています。物理的なサーバ1台に加えレンタルサーバ1台とVPNサービス1軒を日本に持っています。VPNのセキュリティ強化のためのDDNSが3軒とか、我が家のネット接続が普通でも一時的にメイルを保存する自宅のメイルサーバのバックアップとか、いくつもありますね。

    他にも、ドアの施錠や外出時の温便座遮断だとか声で照明制御だとかのいわゆるスマートホームや、自作の12台のセキュリティカメラの監視だとかの「おたくIT」が満載ですが、こんなものやブログを私の死後に遺族が承継するなんてことは考えていません。私が死んだらすべてはゴミで、価値がありそうなのは写真だけでしょう。

    無料のブログとかは数年間書き込みがなければ閉鎖でしょうね。有料のネットワークサービスはクレジットカードを閉鎖すれば数ヶ月〜数年で強制解約かな?

    ちょいと困るのはクレジットカードですね。私が死んだら素早く残高をゼロにしてクローズしないと、色んな定期支払がチャージされて、もう誰も毎月のクレジットカードの処理をしないから未払いになってバッドクレジットになっちゃう。あ、私はもう死んでるから関係ないか…。

    ユーザーID:4292866611

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • すごいサーバー設備ですね

    それだけ自宅サーバーがあるのなら、その管理やデータ取り出しさえも、娘さんには難しいかと思います。

    娘さんもIT技術者なら大丈夫かもしれませんが。

    ブログも自宅サーバーにあるのなら、全データとHTMLをHDDに書き出しておけば、IEなどから参照できるのではないでしょうか?。(CGIのようなサーバーの内部処理を使っていれば無理ですが)

    それか、写真だけHDD1台+バックアップ1台に保管しておいて娘さんに保管してもらうのが一番だと思いますが。今は8TBのUSBハードディスクも安くなってます。

    クレジットカードは死後も銀行口座が(同一口座番号で)娘さん名義になっても自動的に引き落としされるのでしょうか?。口座番号と名義(姓名のスペル)の完全一致が必要ではないでしょうか?。

    引き落とされない場合は、郵便で請求が来るので、ほぼ相続人が気がついて処理できます。アメリカだって負債(未払金)も相続する必要がありますよね。最悪の場合、請求元が相続人を探し出して請求書を送るはずですが。

    基本的には、どの口座やカードから定期支払があるのかを一覧表にして渡しておくのが良いと思います。でないと、請求書がやってくる都度、不定期に対応しなくてはならず、面倒です。

    一覧表があれば、早い期間内に相続人から連絡して支払方法を決めることができ、手間は減ります。

    証券会社は日本では、相続人が一旦証券会社に(自分の口座がなければ)新口座を作成し、その口座に資産を移動。その後に売ったり解約したりするしかありませんでした。(だから手続きが面倒でした)

    ユーザーID:7703766711

  • 金融関係は難しいですね

    写真は自宅のウェブサーバ上ですから、そこのURLだけ教えればそれで十分とします。

    クレジットカードや光熱費などの各種支払いはすべてペーパレスで、「請求書ができたよ!」というメイルが来たらダウンロードです。銀行経由でメイルが来るものもあるし、直接来るのもあるし、しかし娘のところには行かない。

    銀行からの支払送金は自動にしてません。毎回請求書の内容を確認してから請求金額(からキャッシュバックがあればそれを差し引いた金額)を日にち指定で送金するよう一々銀行のオンラインで指示してるので、これがめんどい。毎月10件くらいかな。ま、2か月ほど支払いが滞れば紙で催告が来るでしょうね。多少の延滞金が加算されるかもしれないけど、人が一人死ぬんだからそこそこの余分な支出は仕方がない。クレジットカード以外の、住宅や自動車ローンなどは一切ないので、精々100万円程度の債務です。

    ご高説のように、口座番号などの一覧票を遺言や信託文書と一緒に貸金庫に入れて、私が死んだら早く連絡して清算するように言い含めるぐらいですかね。

    そうだ、貸金庫のこともちゃんと鍵の在処なんかを教えておかないと…。

    オンラインサービスの多くはクレジットカードで自動継続だからクレジットカードを閉じてしまえばそれでおしまい。処理完了までの数ヶ月分は無駄課金が発生するかもしれないけど、それも仕方ない。

    金融資産の半分ぐらいは401(K)、IRA、529のような税制優遇のあるものなのでこれがちょっと面倒です。こちらでも同様に、最終的には資金は相続後に娘の新口座に移転になるんだけど、所得税繰延や所得税免除の特典を承継できるならそうした方が良い。下手すると数千万円の繰延所得税を払うことになる。ま、これは信託の承継受託者が証券会社ですから、うまくやってくれるでしょう。

    と言うわけで、今週末は早速金融関係一覧の作成に励みます。

    ユーザーID:4292866611

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧