現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

担任が犯人でした 携帯からの書き込み

しょんぼり文鳥
2018年10月30日 14:26

小学校卒業の時に、生まれてから学校を卒業するまでの生い立ちを書き綴って本にするというものがありました。
卒業式の時に配られるはずでしたが、製本が間に合わず、後日取りに行きました。
しかし、私の本は無くなっていました。
担任の先生に確認すると「もう渡している。無いんだから」と、取り合って貰えませんでした。
家に帰って、無くなってしまっていたと伝えた時の、母の落胆の顔は今でも忘れられません。
私の家は私がまだ赤ちゃんだった時期に父を病気で亡くしていて、その時の苦労話など聞きながら書き綴ったものでしたので、母は本当に出来上がりを楽しみにしていたのです。

先日クラス会があり、私も久々に参加しました。
先生の隣の席でしたので、何となく生い立ちの本を貰えなかった話をしたら
「それ持ってるわ。」と。
母が落胆していた事を伝えると「生きてるうちに渡せばよかったね。」
母は4年前に病気で亡くなっていて、その日にその話もしていました。
びっくりしました。
話を続けようとしたのですが、先生はさっと別の子の話に加わって談笑を始められたので、これ以上の話は出来ませんでした。

私は今、40代で小学校卒業から30年程が経ちます。
あの時、学校にもっと強く言っていれば、母に本を届けられていたのでしょうかね。
先生とは今でも年賀状の交流があり、過去のクラス会で何回かお会いもしていました。
ですので、一言言ってくだされば、と思ってしまいます。
記憶にも残らない過ぎ行く生徒のひとり。そんな子の思い出の品なんて気にもかけないものなのですかね。
全てが今更ですが、虚しくて。

気持ちの整理がつかなくて、どこかに吐き出したくなってしまいました。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

ユーザーID:0817037721  


お気に入り登録数:705
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:2本
トピ主のみ(2)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
ありがとうございます。トピ主です携帯からの書き込み
しょんぼり文鳥(トピ主)
2018年11月6日 16:58

沢山のエールの数に、こんなに励ましてくれる人がいるんだと、心が温かくなりました。
レスも全て拝見しています。
まとめてですが、心からお礼申し上げます。

生い立ちの本ですが、残念ながらまだ手元には届いておりません。
こちらに送って下さるようにお願いはしてあります。
すぐに直接取りに行ければ良いのですが、私は今は地元を離れておりまして。
それでも今回は諦めずに、都合を付けて受け取りに行こうと思います。

それから、私の拙い文章と説明不足で、とても分かり難い点があり、失礼致しました。
生い立ちの本は、卒業文集とは別のものです。
生徒ひとりの生い立ちの作文を一冊に纏めた本です。
私が学校に本を取りに行くと、段ボールに皆の本が並んでいて、自分の分を探して持って行くようなってたんです。
いくら探しても自分の本が無かったので、先生に確認したんですよね。

皆さまがおっしゃるように、何かしらの控えを作って持っている可能性もあるんですね。
ただ、当時の生徒数は40人以上ですし、全員のコピーを取って保管してたとは考え難いかなと。

クラス会の日、母が亡くなった話をしたので、ふと生い立ちの本の事を思い出したんです。
てっきり先生は忘れてしまっていると思っていたんですけど、「貰っていない」の後にすぐ「それ持ってるわ。」って言われて凄く混乱しました。

もしかしたら、母が今がチャンスと背中を押してくれたのかもしれませんね。

ユーザーID:0817037721
お久しぶりです。トピ主です携帯からの書き込み
しょんぼり文鳥(トピ主)
2019年3月29日 16:00

今月初めに生い立ちの本が手元に戻りました。

赤ちゃんの私を母が抱っこしている絵が、表紙に色鉛筆で描かれた本です。
私が母のお腹の中にいるとわかって大喜びしてくれた父のこと。
出産の時の母と父の様子や、生れてからのちょっとした日常のこと。
父が入院した時の病室での出来事。
母はあまり当時の話をしてくれなかったのですが、この時は当時の手帳を見ながら、とても詳しく話をしてくれました。

作文用紙60枚ちょっとの中に、母と父の思い出が沢山詰まっていました。
何度読み返しても、涙が溢れて止まらなくなります。
本当に、戻って良かったです。

結局、何故先生が生い立ちの本をずっと持っていたのかは分からず仕舞いでした。
クラス会の後に先ずはメール、次に手紙を出して本を送って下さるようお願いしておりました。
1ヶ月程してからメールで返信があり、今回送って頂く事ができました。
ただ、メールの会話は何とも噛み合わず、何故お持ちだったのでしょうか?の問いに返信はありませんでした。

少し複雑な気持ちは残りますが、捨てられなかっただけまし。返って来ただけラッキーと考えるしかないですね。
おそらく、ふと思い出して話題にださなければ、先生がうっかり口を滑らせなければ、本が戻ることはなかったと思います。

気持ちを切り替えるのに、頂いた沢山のレスがとても力になりました。
私の分まで怒って頂いたり、心に寄り添う様にお話して下さったり、とても嬉しかったです。
改めて、心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

ユーザーID:0817037721
 
トピ主のみ(2)ほかのレスも表示

現在位置は
です