私の病気告白で別れを告げられました

レス221
(トピ主1
お気に入り805

恋愛・結婚・離婚

03050

レス

レス数221

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
151180 / 221
次へ 最後尾へ
  • 早くわかってよかった

    その程度の男性だったのですよ。
    ただ、婚活でリスクを最初にしらせていないのは
    まずかったかな。
    条件で選ぶものでしょう

    ユーザーID:8491444308

  • その男性はどんな調べ方したんだか

    私も20歳から33歳くらいまでバセドー病をわずらっていました。

    が、完治して今はもう薬も飲んでいませんよ。

    薬を飲まなくなってすでに20年。何の問題もありません。

    私は結婚は興味なかったので独身謳歌ですが、妊娠出産にも、そして子供にも影響の出る病気ではない。

    ご縁が無かったんですね。

    ユーザーID:1366025112

  • その方とはご縁がなかっただけです

    お二人の気持ちは理解できます。
    でも、相手の方に未練を持ち続けるのは即刻やめることです。

    あなたとの今後を真剣に考えていたからこその、相手が出した答えで、相手の気持ち、です。

    最初から病気や持病がある人を受け入れられる人も世の中にはいるけど。
    そうでない人も世の中にいます。
    私もそうです。
    できれば健康な人がいいです。
    病院に通うのは、花粉症や風邪をひいた時くらいのレベルの人がいいです。

    相手の持病を聞いて、自分の許容範囲ならばさほど気にならず一緒に人生を共にすることもできるでしょうけど。
    結婚生活は、死ぬまで毎日続く生活です。
    楽しいことや甘い生活が、毎日死ぬまで続く生活ではありません。
    アクシデントやトラブル、病気や怪我に直面することがでてきます。
    子供を作れば、育て上げるまでの夫婦の協力と努力とお金が必要です。

    二十年、三十年と共に生きてきて何かの原因で病気を患い、それが持病になって死ぬまでその持病と付き合っていくしかならなくなった時。
    それまで共に積み上げてきたお互いの時間がある分、相手を労り、思いやりを持つことができるでしょう。
    持病を持った相手を受け入れ、今まで通り穏やかに二人の生活が続くと思います。

    持病を受け入れてくれる相手が見つかるまで、あなたは自立した生活が継続できるよう頑張ったほうがいいと思います。
    あなたが出産できる年齢のうちは、恐らく結婚は難しいと思います。
    五十代以降になり、奥さんと死別や離婚した経験のある人で子供を望まない人が結婚できそうな感じがします。
    あなたのように持病がある女性は、中高年以降、晩年に良縁に結び付く人も多くいるみたいですよ。
    頑張ってください。
    自分の人生を大切に生きて。

    ユーザーID:2789375895

  • 主治医は?

    インターネットにはいろいろな情報が溢れています。

    バセドウは個人差も大きいです。本来きちんと治療して改善してきているなら結婚に影響するとは思えません。

    トピ主さんは、その方と担当の医師を訪問して説明を受けるべきでした。
    素人が調べても、トピ主さんの病状はわかりません。

    医師として不誠実な方だと感じます。すなわち、持病=受け入れられない、だからです。
    自分が永久に健康だと思う以外にはこの段取りは誠実とは言えません。

    縁が無かったのだと思います。
    愚かな男性だと思います。

    ユーザーID:4575325414

  • 私もバセドウ病です

    もうトピ主さんよりかなり年上ですが、当時は病名自体があまり知られておらず、高校生のまだまだ夢いっぱいの時期に「子供が産めないかもしれない」と医者に告げられました。
    幸い発見が早く治療も早かったので、5年後には無事に薬もなくなり経過観察となりました。
    ただ、社会人なりたてまで付き合っていた人に「私はこういう状況なので結婚を考えているのだったら早めに考えて欲しい」と話したところ、「30くらいまでに結婚すればいいと思っている」と言われて別れました。
    その後知り合った旦那は、病気のことを話した時に「自分も今は男性不妊とかで出来ないかもしれないし、それは自然に任せたい、産めなかったら二人でのんびり暮らせばいい」と言う考えだったので結婚して即妊娠出産になりました。
    人生どう転がるか分からないと思います。

    うちの旦那のようにあるがままのトピ主さんを受け入れてくれる人がいると思います。
    趣味が合う人がおすすめかな?
    まだまだ若いし、結婚を意識した付き合いでなく、趣味の付き合いなどをお勧めしたいです。

    ユーザーID:2395848056

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 婚活だと難しい

    主人にこのトピの事を話してみました。

    すると、結婚だけは自分で相手を選べるものなので、
    スタート時点では、自分が納得し、
    一点の曇りもない物であってほしい、
    結婚後に病気になったり、本性が現れたり(!)するのは
    受け入れるし、2人で乗り越えるけど・・・とのこと。

    なので、条件ありきの婚活だったのでうまくいかなかっただけ、
    恋愛で、トピ主さんのご病気のことも包んでくださる方を見つけた方が早い、婚活だったら今回のようなことは繰り返すのでは?とのことでした。

    以前、浮気を繰り返すも、奥さまが一番、
    離婚は絶対しないと豪語する50代富裕層男性とお話したとき、
    結婚してから皺くちゃ婆になるのは良いけど、
    結婚時点から皺くちゃ婆は嫌だ!と・・・。
    結婚する時のキラキラ感とか真っさら感は一生覚えてるし、
    2人で過ごしてきた、というのが実感できるからねぇ、
    と言っていたのを思い出しました。
    今回、主人が行っていた事と似ており、
    男性ってそうなのかな、と思いました。
    ま、女性も同じかな。

    病気は変えられない、
    相手に「○○してくれてもいいのに」と求めることなく、
    次へ行きましょ、次。

    ただねぇ、私はお相手の肩を持つかな。
    転職活動中であることは言ってたのに、
    病気のことは言ってなかったなんて、
    「病気を隠して結婚して、専業主婦になって、全部こちら持ちになるのかな?転職活動中っていうのも本当?」と不信感を持たれても仕方ないと思いますが・・・。

    ユーザーID:2864297332

  • 老婆心ながら・・・・・

    今後、トピ主様が、最優先にすべき事は・・・・・

    一刻も早く、就職して、社会人として立派に働いている実績を作る事です。


    就活と婚活の両方を同時進行で行うのは、現実的でありません。

    また、トピ主様の病気と無職である事との因果関係を疑われて・・・・・

    必要以上にハンデとなるのは確実です。


    今回の破談も、その可能性が大だと思います。



    今後の出会いの場では・・・・・

    事前に病状を申告する必要がある事については・・・・・

    皆様からのレスの通りなので、ご理解頂けたと思います。

    ユーザーID:3608897067

  • そこまでのオトコだったってことで

    たしかにトピ主さんも悪いかもね。
    恋愛結婚ならともかく、婚活で出会ったんでしょ?
    なら最初に言っておくべきだったかも。

    ただ、私が気に入らないのは、彼が半泣きの状態で別れを告げてきたということ。
    何故、お前が泣く?
    意味が分からん。ナルシシストなのか?
    それとも、3ヶ月にかけたお金と時間が勿体無くて泣けるってこと?
    どっちにしてもないわ〜

    私もバセですけどね。
    いつも思うけど 、世間の皆様はなんか誤解してるよね、すごい病気だって。
    確かに数値安定しないし、副作用もあるけど、私普通に働いてるのに。
    言わない限り私が病気だなんて誰も気付かないのに。
    辛いのは、今まで病気が消費していてくれたカロリーを自分でなんとかしなきゃ、ってことくらいなんだけど(笑)
    それでも世間はバセドウ病を重病人扱いしたいみたいね。
    妊娠だって、薬の調整で可能なのにね。

    じゃあ、もう仕方ないから、次は最初から言っちゃいましょう。
    で、後腐れなくいい人見つけて幸せになりましょう。
    今回のことは勉強だったと割り切って、気持ち切り替えて、次行きましょう!
    闘病生活(?)も、お互いがんばろうね!

    ユーザーID:3591364253

  • 彼は器が小さい?

    トピ主さんにお断りを入れた彼の事を器が小さい、
    信用できない等叩くレスがありますがそうでしょうか?

    叩いている人はお付き合いして3カ月の相手に重大な
    後出し(病気や借金)をされても受け入れられるのですか?
    しかも婚活で知り合った相手ですよ
    結婚において健康は重大事項です

    職場や趣味の場で自然に知り合ったのなら病気のことは
    おいおい伝えればいいし、好きな気持ちが最初にあれば
    病も乗り越えられると思いますが、婚活で知り合った相手に
    それを求めるのは酷だと思います

    ユーザーID:9782941178

  • トピ主の相手が重病を隠して結婚してもいいのかな

    >自分の病気で別れる形になったのだから、もしかしたらこの気持ちは厚かましいのかもしれません。


    それは、立場を逆にしてみればわかるよ。

    トピ主が健康で、彼が「持病(バセドウ 病)」を患っているのに黙って結婚したら、どう思う?

    ユーザーID:3890570806

  • バセドウ病ってそんな一大事な病気なの?

    妊娠出産にも影響はないと思いますよ。
    バセドウ病や投薬が理由で妊娠できない出産できないなんてことは無いと思いますが。
    唯一の懸念は目が出ることですがそれも治りますし。
    そんな深刻な病ではないですよね。

    それに、出産を機になる人がとても多い。
    産後にバセドウ病になったら離婚でもするのか??
    結婚した後ならいいのか?

    なんかその彼だと腰痛持ちってだけで別れを切り出されそうですね。
    個人的にはバセドウ病より腰痛持ちやPMS持ちの方が
    一緒に暮らすのは大変だと思いますが。
    薬さえ効いちゃえば健康体そのものなのがバセドウ病なのに。
    バセドウ病をなんだと思ったんでしょうね、彼。
    眼球飛び出し画像ばかり見過ぎたとか??

    まぁ、でも婚活だからなぁ。そんな人もいるでしょうね。
    個人的にはバセドウ病くらいで引く人はやめたほうが良いと思います。
    バセドウ病って妊娠出産もできるし運動も出来るし問題ないと思いますけどね。
    なににそんな引いたんだろう?

    ここのレスでも私は無理という人もいるけど、結婚ってそんなものなのかな?
    風邪に毛が生えたようなレベルの病気でチェンジするようなものなのかな??

    ユーザーID:0592655736

  • 別れて正解

    人生は何が起こるか、死ぬ最期の瞬間まで分かりません。今、心身ともに健康な人が、生涯そうである保証もなければ、病を持つ人が必ずしも、目も当てられないような不幸せな日常を送る訳でもないように、先行きの分からない未来を伴に生きようというのが結婚ならば、彼はそれにあまり向いていないというだけのこと。

    自分には無理だと言ってくれただけ、誠実だと思いますよ。

    相手が貴女だったからとか、お持ちの病気だったからとか、そういうことでもないように思います。まだ起きてもいない事実に怯えて、不安ばかり募るようでは、誰と結婚しても同じなのです。

    ところで貴女は、彼にどんな未来を示しましたか?病気であっても、貴女が彼に何を与えられるか、彼をどうやって幸せにするのか、それをイメージできるように付き合って来ましたか?

    幸せの鍵は何だかその辺にもあるように思います。結婚は誰かを幸せにするためにするものだと私個人は思っています。

    子宮の病気持ちで晩婚晩産、やっと生まれた子どもが病気持ち、旦那の病気で簡単に出来ない富士登山をいつか家族でするのがわが家の目標です。いつになりますかねー。離婚スレスレの大喧嘩もしつつ、そこそこ幸せにやってますよ。

    このご経験を糧に、幸せな未来へ歩まれますように。

    ユーザーID:7523069556

  • どちらも悪くない

    最初に言うべきとの意見もありますが、遺伝や感染する病気でもないのに、今後長く付き合っていくことになるかまだわからない段階で病気の事を話すのは誰でも抵抗あるのではないかと思います。

    彼の方も自分の考えをハッキリ伝えてくれてそのところは誠実だったと思いますよ。

    30なんてまだ若い!
    気を取り直して次に行きましょう。
     

    ユーザーID:4660247000

  • まだまだ諦めるのは早すぎる

    トピ主さん、卑屈になり過ぎです。

    それより、彼氏のことはちゃんとフォローしてあげましょう。
    誠実だけど、気の小さい人なんだと思います。家族の手前もあって、断らざるを得ない、って考えたんでしょう。
    でも、ネットで調べたくらいじゃ、病気の一般論、しかも上っ面しかわかりません。
    一般向けの医療情報はリスクを強調するものなので、それだけ読めば、不安が煽られるに決まっています。
    実態は症例毎に違うので、一番よく分かっているトピ主さん自身が、必要なら主治医を交えて、実際のリスクはどのようなものなのかをきちんと説明してあげねばなりません。

    トピ主さん、まだ諦める必要はないですよ!
    病気のない人なんていません。日本人の二人に一人は癌になるんですよ。
    病気があるから、なんて言っていたら、誰も結婚できなくなります。

    結婚前に小さなことで揉めて、別れるのなんのなんて話になるのは、どのカップルも一度や二度は必ずあることです。
    みんな通ってきた道です。
    臆せず、彼氏と話を続けましょう。ご縁があるならきっと道は開けます。

    ユーザーID:9950909805

  • 逆ならよくあること

    男性が病気ならよくあることですね。
    結婚ともなれば生命保険に入れるかなどありますから。

    ユーザーID:7956746532

  • 一病息災

    子供3人を育てあげた年寄りです。子供が小さい時に、妻に健康上の秘密があることがわかりました。トピ主さん同様に注意していれば生活に問題のないことです。その時妻には、結婚する前に教えてほしかったと文句を言ったのですが、無視されました。すでにかわいい子供が3人もいるので、そのままになりました。

    その後子供を育てあげ、すでに彼らは独立しています。妻はその間病気もほとんどせず頑張りました。一方、私はヘルニアの腰痛で子供を抱くことができなかったり、扁桃腺を腫らしてよく高熱を出したりしました。生活上大きい問題にならない病気を抱えて健康に気を使う方が息災で居られる例証です。

    結婚前に妻に打ち明けられていたら私はどうしたでしょうか?多分、迷ったでしょう。でも、自分は子供のころからよく扁桃腺を腫らして高熱を出していたので、断るようなことはできなかったでしょう。

    ユーザーID:3472340777

  • それが別れの原因になるなんて

    甲状腺疾患も診療している医師です。
    甲状腺疾患は10人に1人が持つといわれているほど頻度の高い疾患です。
    けれども、多くの方が内服などでうまく病気と付き合いながら生活を送られています。
    妊娠・出産に関しては、胎児への影響もあるため、より慎重に治療を継続する必要はあるものの、それでもご家庭や子供さんをもつ方をたくさん知っているので、これが別れの原因となりうるのかと私は驚きでした。

    彼氏さんが病気のことを自分なりに調べて…とのことなので、もしかしたらネット上にある信憑性の低い情報に戸惑ってのことかもしれません。
    でもそうであったとしても、彼氏さんが不安に思うことをあなたに確認すべきではなかったのかなと思います。
    患者であるあなたの方が、出どころ不明のネット情報よりは詳しいはずですから。

    ユーザーID:3014733275

  • トピ主さん、どんまい。

    婚活だと、条件ありきだから、最初から病気を言わなきゃいけないんですね…。

    私は、お見合いパーティーなるものの経験ありますが、備考欄に病気の欄なんてないですよね?わざわざ、書いたら、誰も寄ってこないのでは?病気なんですって最初からアピールするんでしょうか?

    上手くいったとして一回目のデートなのか…。

    お見合いなど他の場合も最初から言ったら会ってくれないと思います。

    病気を言えと言ってもタイミングがあると思うのですが…。

    それに病気といっても大なり小なりだし、言うべきか言わざるべきかとも思います。例えば、喘息も一生ものですが、軽かったら発作なければ普通に生活できますが、言うべきなのか。
    なかなか難しい問題だと思います。私は一概にトピ主さんを責められないです。

    トピ主さんの気持ちは分かるからです。3ヶ月が遅いと言うけど、3ヶ月なら、受け入れてくれる異性も中にはいるのでは?最初は確かに条件から入りますが、ある程度、気持ちが固まってきてるだろうし、あとは受け入れてくれるか、受け入れられないかって話です。

    私は、タイミングが遅いとは思わないけど、条件ありの婚活だと駄目なんですね…。

    だとすると、かなり厳しいものですね。

    病人には、条件ありきの恋愛は厳しいんですね…。

    ユーザーID:1947952854

  • 勝手ですね

    病気そのものがNGだったか,3ヶ月も話してくれなかったことがNGだったか,わかりませんが、どんな基準で女性を選ぼうが彼の自由でしょ。もちろん、トピ主様がどんな基準で男性を選ぼうが自由です。
    男性を選ぶ時、条件付けるでしょ。婚活どころか恋愛においてさえ。割り勘男性はダメ,家計を管理する夫はダメ,年収○○円以下はダメ,などなど。それと同じ。

    トピ主様へ
    病気のことはお気の毒です。今は辛いと思います。思い切り泣いてもいいと思います。月並みな表現ですが、時が経てば少しずつ気持ちが落ち着いてくると思います。落ち着いたら、また活動して下さい。あなたが幸せをつかめることを願います。

    ユーザーID:9714076505

  • ずっと服薬し続ける・・・結婚前からだとちょっと。

    バセドー病か・・・
    ずっと薬でコントロールする病気ですねえ。
    婚活なら・・・
    私も断ると思うよ。
    恋愛なら・・・
    支えるでしょうね。

    本当にすきになってくれる人を探しましょう。
    今回はご縁がなかった。

    ユーザーID:3094240756

  • 縁がなかった

    悲しいですね。
    泣きながら告げると言うことは、彼も相当悩んだ末の結論なんだと思います。

    婚活関係の出会いとは言え、条件なんか簡単に変わる不確実なもの。不測の事態にどれだけお互いに協力し合い、支え合っていけるかと言う覚悟があるかが大事だと思います。

    彼には、あなたとの結婚にまだそこまでの覚悟がなかったんだと思います。
    彼が悪いという訳ではなく、ただ縁がなかっただけのように感じます。

    でも、せっかくお互い少しは結婚考えるまでに至ったのだから、彼にご自分の気持ちを伝え、悔いのないよう話されて良いと思います。

    それでも彼の気持ちが変わらなかったら、縁がなかっただけです。
    決して持病があるからとご自分を卑下したりしないで下さいね。
    応援しています。

    ユーザーID:4300185000

  • お相手に対して誠実では無かった。

    恋愛だと何でも有りです。
    が、この場合は婚活でしょ?
    だったら、ちゃんと先に言うべきことだと思います。

    こんな大切なことを後から言うなんて、誠実さのかけらも無いじゃないですか。
    なので、私は彼が責められる訳が理解できません。
    受け入れられて当然だなんて傲慢です。

    彼の意志は尊重されるべきだと思います。

    ユーザーID:9795869812

  • 私は真逆

    転職するより何より健康状態は言わないと家計にも将来の子供にも影響するでしょう。トピ主さんはわざと隠したのに相手を責めてはだめよ。
    もし、お相手が器が小さかったら主催者側に報告して、トピ主さんが出入り禁止になるぐらいのクレームを入れていたと思う。

    さて、私は持病ありですが公言した上でもお見合い話は来ますよ。
    周囲の友人や上司からの紹介をお願いするかしかないと思います。

    中には特殊性質というか病弱な女性を好む人もいるので、その場合はお断り。

    子供については徹底的に調べてますし、データも相手に見せることも可能です。

    3ヶ月って相手にとっても重要な期間。もしかしたら今年中に入籍して来年にはパパになれてたかもしれないでしょ。

    相手が転勤になったらトピ主さんどうするつもりだったの?
    婚活の場に行くなら覚悟すること!

    ユーザーID:0374499095

  • 結婚、出産には問題なし

    妻が同じ病で治療してました。今は完治しています。「病気と知っていたら自分も結婚しなかった」という意見が多いのが不思議です。薬を飲んでいれば日常生活に支障はないし、出産も大丈夫です。妻も妊娠した時、主治医に確認しましたが、服薬中の薬はその面の副作用はないとのことでした。それに多くの場合、時間が経てば完治します。相手の方は良く調べなかったのでしょうね。以前にも、婚約中の相手(男性)が色覚異常っていうことで、騒いでいた方がいましたが、日常生活には全く問題なく、ごく一部の仕事に就けないくらいで、ほとんどの仕事はOKです。私も大手金融機関に勤務してます。本当によく知らないで差別する人って、そっちの病気の方が怖いくらいです。

    ユーザーID:3888609489

  • あのね

    ここで偉そうに彼を非難している人たちだって、自分の結婚相手は誰でもいいわけではないですよね。人それぞれ理想や好みなどがあって、それを基にして相手を選びますよね。そして、彼にも女性を選ぶ彼なりの基準があり、その基準を満たしてなかったからトピ主を断った、ただそれだけです。バセドウ病が重いものか軽いものかは関係ありません。

    彼を非難している人たちだって、相手を選別する時に、他人から見たら「えっ、そんな下らない理由で断るの?器ちっちゃい」と思われているかもしれないです。

    ユーザーID:1688694888

  • 人生はそういうふうにはできていない

    はじめに病気の件を伝えるべき、という意見もわかりますがいきなり初対面の人に言えなかったよね。それに病気があるけど「自分のこと好きになってもらえたらな」って希望もあったでしょうし。
    お気持ちわかりますよ。元気出して。

    面倒事を避けられるだけ避けて生きようとする人が一定数います。
    思うに彼はそのタイプだったのでしょう。
    慰めになるかわからないけど、そういう人はこれからの人生で自分が避けた物事を何度も思い出すような彼の考えるところの別の、面倒事にあいます。
    確実に、です。そして今度は自力では回避できなかったりします。
    たぶん宇宙の法則か何かなのだろうと思います。
    その時になって彼が「持病のある伴侶」というのがいかにとるに足りないハードルであったかということに思い至ればいいのですが、そこはどうかな…

    このことで、ヤケになったりせずに人生を大切に生きて下さいね。
    たくさんの人があなたのことを大切に思っていますよ。
    忘れないでね。

    ユーザーID:8048397265

  • 婚活で最初に言わなかったのは確かにまずかった

    でも、一部のレスにあるように、バセドウ病自体がそれほど
    将来を悲観しなければならないほどの病気なのかな?と疑問です。
    だって中には「ええ!?」って思うほど主さんの将来はこの病気の
    せいでお先真っ暗的な書き方している人もいるし。
    そっちの方がびっくりしましたよ。

    今回のことは、やっぱり婚活だからね、最初に言っておけばよかった
    ですね。言うタイミングを逸してしまった件は、もし多少の打算が
    主さんにあったとしても、そしてイメージの悪さは確かだとしても、
    人としてありえないというほどのこととは思いませんでした。
    このくらいの失敗は誰でもやっちゃいがちだと思うんですよね。

    繰り返すけど、婚活だし、その彼は当事者だから「最初に言って
    くれなかったなんて」と思われてしまってもそれは仕方ないと思います。
    私も「自分が」その立場になったらやっぱりもやっとするだろうし。
    病気そのものよりも、後出し感がきっとひっかかるかな。

    今回は悲しい思いをしちゃったけど、ここで相談して気持ちも整理できて
    きたのではないですか? 次からは、きちんと最初から打ち明ければ
    いいんですよ。ただ、きっと転職活動中と持病、ふたつも言うのは、、と
    いう気持ちがちらっとあって今回のことにつながったと思うので、
    まずは転職してご自分の社会人としての地位を安定させておくのが
    いいかもですね。

    大丈夫。運命の人に巡り合う前に何人かと恋をするなんていくらでもある
    ことです。いつかそう思うかもしれないですよ? あの時彼が別れを告げて
    くれたから、今この彼と幸せになれたんだって。
    がんばってくださいね。

    ユーザーID:8000497307

  • 病名ではないでしょう

    婚活という場で、持病を黙っていたのが問題なのでしょう。

    始めに言ったら断られてお付き合いすらされないと思ったから黙っていたのでしょう?
    そうではないと言うのであれば、次回から始めに提示するべきだと思います。
    婚活ならね。

    繰り返します。
    恋愛じゃない
    婚活ですよ

    条件ありきの婚活です。

    パセが重病じゃないとか、そういう問題じゃないと思うんです。

    婚活の場で、重大なこと(健康であるかないかは、婚活では重要です)
    を黙っていたこと。
    それが問題だと思います。

    彼の時間を奪っていたことに自覚ありますか?

    彼の器が小さいとかおっしゃっている方がいますが、そうでしょうか。
    婚活の場であるならば、抱えている問題については提示するべきでしょう。
    それが健康であろうと借金だろうと、毒親持ちだろうと。
    理由がなんであろうと、世間一般にはマイナスだろうと思われる問題につ
    いては提示すべき。
    提示した結果、それらを受け入れられる方がコンタクトを取ってくるのが
    婚活でしょう。
    後だしジャンケンで問題を提示し、それを断られて逆ギレはないです。
    (トピ主様は逆ギレしているわけではありませんが。)

    婚活の3ヶ月って・・・。
    貴重な時間ですよ。
    しかもお相手は結婚を考えるくらいトピ主様を想っていたのに。
    彼の条件は「健康」だったのでしょうね。
    だから無職は気にならないと。
    そんな彼の時間を奪った自覚はするべきだと想います。

    どうぞ婚活の場では次回は提示するようにしてください。
    恋愛であるなら、お互いゆっくりで様子を見ながらお話されるの
    がいいと思います。

    ユーザーID:0540334662

  • 病める時も健やかなる時も・・・というではありませんか

    健やかなるときも、病めるときも、
    喜びのときも、悲しみのときも、
    富めるときも、貧しいときも、
    これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、
    その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?

    結婚式の誓いの言葉です。
    彼は条件に当てはまらない人間です。

    身も蓋もありませんが、人間の致死率は100%です。
    結婚後に病気になることもあるし、
    事故で体が動けなくなる時もあります。

    人生良い時ばかりではありません。
    だからこそ、支え合って暮らせる相手を探すのですよ。

    頑張って婚活を続けてください。
    運命の人を見つけて幸せになってくださいね。

    ユーザーID:0090161565

  • 彼が理解出来ない。

    私もバセドウ病になり、今は薬を飲まないで良いほどに完治?しました。
    通院三年くらいですかね。
    なので、重大な病気でもないし、
    >調べれば調べるほど受け入れられない
    意味が分かりません。
    調べれば調べるほど、そこまでの病気ではないことは
    分かると思うのですけど。

    そんな人は優しくないですよ。
    それくらいでと思うし、自分は持病が一つもないのか?
    と思う。
    私がそのときに付き合ってくれた彼は、
    それでも受け入れてくれたし、
    残念ながら他の価値観の違いで別れましたが、
    次の彼もバセドウ病のことでは、別れませんでした。

    要するに、一つの病気も許さないというか、
    健常者、何の病気もない健康者以外認めない
    人間ってだけじゃないでしょうか?

    あまり、人間的には成長していない人ですね。
    痛みを知らないというか浅い。

    表面上の優しさだったのです。

    こういった病気もリトマス試験紙になります。

    後々に、別れて良かった人だとは思いますね。

    ちなみに、私も婚活ですが、
    受け入れてくれなかった人はいませんでした。
    婚活とはいえ、付き合いが決まってから
    私は言っておりました。

    だから、トピ主さんを攻める人もどうかと思います。
    重大な病気では事前に言わないといけないと思いますが
    決して重大な病気ではなく、
    女性は罹患率多いですし。
    トピ主さんのバセドウ病歴は確かに長いですが…
    彼の器の小ささと本当には愛していなかったのだと思いました。

    ユーザーID:6333466869

先頭へ 前へ
151180 / 221
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧