お酒を飲まない人生

レス76
(トピ主6
お気に入り275

生活・身近な話題

シマリス

私は若い頃は、それなりにお酒を飲んでいました。
といっても、1日にビール1缶(350cc)程度です。

40代半ばで病気をしたのをきっかけに、
全くお酒を飲まなくなりました。

今は、炭酸水やノンアルコールビールで、
1日の疲れをシュワっと癒しています。

お酒を飲まないと、なんて人生は快適なんでしょう。
お酒を飲むとだるくなるし、
眠くなって何もする気が無くなります。

お酒が飲みたい、という気持ちは人生を狂わせます。
飲酒運転、浮気、怠惰、忘れ物などなど。
人間は弱いので、お酒の誘惑を断つには、
完全に断酒するのが一番です。

お酒を止めた皆様、こんなに人生が良くなったと
いうエピソードを聞かせてください!

ユーザーID:7947132598

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 完全な断酒ではありませんが

    以前はどちらかと言えば「飲兵衛」の方だったと思います。多いときは缶ビールなら2缶か3缶。飲みに行けば、大ジョッキを数杯は軽く行けました。まあ、だいたい毎日飲んでいました。

    5年ほど前に痛風を患い半年ほど断酒しました。その後、断酒自体は解禁したんですが、「飲みたい」という気持ち自体が湧かなくなり、家では飲まなくなってしまい、お酒も買わなくなり、家からお酒がなくなりました。今は外で月に1回から3回飲む程度です。

    いやー・・いい事ずくめですね。

    1.勉強時間が確保できます
    英字新聞やNHKのラジオ講座が続くようになりました。英語力は格段にアップしています。

    2.仕事も量をこなせます
    酔っ払っている時間が激減しているので、その分仕事ができます。

    3.「痔」が治った
    年に数回はあったんですが、断酒の後は一度もなりません。アルコールで体が痛んでいたんでしょうか。

    4.二日酔いにならなくなった
    飲酒量が減ったので、逆にアルコール受け入れ容量が増えたのか、飲んでも二日酔いにならず、スッキリ目覚めることが出来ます。

    いい事たくさんですね。
    ただ、その後、代わりにコーヒーをがぶ飲みするようになって、コーヒー中毒っぽくなってしまったので、それはそれで抜くのが大変でした。

    ユーザーID:6473247345

  • うちの夫もそうです。

    お酒のない人生は苦しいけど
    明るい人生が開けました。

    シマリスさんの場合はある病気がきっかけですが
    夫はアルコール依存症でここ9年間は一滴も飲んでいません。
    私もそれに合わせて飲みません。

    アルコールは危険です。
    少し間違うと依存症になります。

    アルコール依存から
    5年以上一滴も飲まない成功率はわずか
    5パーセントだそうです。

    ユーザーID:7833935255

  • 完全に断酒ではないですが

    特別な会社の行事やお祝いの席以外では全く飲まなくなりました。
    その結果、体重が減った、貯金額が増えたはありますね。
    元々量は飲めない体質なので、今の状態が最適です。

    ユーザーID:5497465290

  • うーん・・・

    悩ましいです。

    私はダイエットのために飲酒をやめて5年になります。

    やめてしばらくしたら、本当に飲めない体質に変わり、
    トピ主様同様、飲むと体調が悪く、飲まないと体調がいい、
    ここまでは一緒です。

    でも、人生で、毎日仕事終わりに、しっぽりと
    晩酌する喜びがなくなり、
    人生の大きな楽しみを失ったなあ、と
    さびしくも思っています。

    悩ましいです。

    ユーザーID:2014509935

  • 同じく

    私も主様と同じです。
    昔からあまりお酒は得意な方ではなく、若い時は無理して飲んでたとこがありましたが、許容量をオーバーすると、気持ち悪くなり、ひどい頭痛、最終的には吐いたり記憶をなくしたり…。
    冷静に考えると飲んでも飲まなくても感情的にはほとんど変わらないみたいであまり飲酒の意味ないなと。
    家では全く飲まないし、飲み会も前は会費が勿体ないからと飲んでましたが、今はソフトドリンクだけです。
    体に合わないのでしょうね。3杯がどう頑張っても楽しく飲める限界です。
    お酒好きな方を羨ましいとも思わないし、寧ろ欲することなく良かったと思ってます。

    ユーザーID:5654270481

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 体質によるところが大きい

    お酒を断って人生が好転し、良かったですね。
    おそらくトピ主さんの身体にお酒は合わなかったんだと思いますよ。

    アルコールに強い耐性のある体質の人は、ビールひと缶飲んだくらいで怠くなったり眠くなったりしませんし、飲むことでなんとも気持ちよくリラックスしたり、気持ちが明るくなったり、もちろん醜態をさらすこともありません。

    でも強い人はつい飲み過ぎてアルコール依存症になったりもするので、性格的にそうならないように節制できたら理想。
    それができる人だけが飲めばいいですよね、やっぱりお酒は。
    でもそこが難しいから、世の中で悲しい事件や事故が起きたりする。。

    お酒をやめた素敵なエピソードのレスじゃなくてごめんなさい。
    でもよそに迷惑をかけない癒しや楽しみでお酒を飲む人もいるからねー。。

    ユーザーID:5121832127

  • 私もです

    アラフィフです。

    私も20代の頃は毎日500の缶ビール2〜3本飲んでいました。

    ある時自分は飲める(強い)から飲んでいるだけであってお酒が好きな訳ではない事に気付き。
    一切飲まなくなって10年以上経ちます。

    止めてから飲みたいと思った事一度もないのでやはりお酒が好きではなかったのだなと感じています。

    お酒止めて良かった事は特にありませんが、お酒が好きな事を自慢げに話している人見ると余りみっとも良いものではないな〜と分かりました。

    ユーザーID:3226992869

  • 残念ですね

    お酒は薬にも毒にもなるものです。

    お酒によって快適な人生が送れる人も多いのにトピ主さんはそうじゃなかったようですね。

    でも仕方ないですね。
    体質的に合わないのでしょう。
    お酒による失敗はあっても人生を狂わされたことなどない私は残念に思いますが。

    ユーザーID:3141189476

  • 良かったですね

    糖尿の方や腎臓悪い方はお酒飲まない方がいいので、トピ主さんが何の病気かわかりませんが、禁酒できて良かったですね。

    職場の飲み会でもノンアルコールですか?うらやましいです。私はつまみとお酒があれば1日の疲れを癒せるので、お酒を飲んでしまいます。トピ主さんは健康的な生活ですね。

    ユーザーID:1798518813

  • う〜ん…、

    私は呑み過ぎてぶっ倒れて以来、2年程一滴も飲んでませんが、
    まぁ、主様の想うことはとても理解できます。

    飲まない生活はとても良いことだらけだと思います。
    飲んで無駄に過ごす時間は無くなり、やりたい事をやることができます。
    お酒に消えて行ったお金が手元に残るようになります。
    思考がはっきりとしてきます。
    味覚が戻って来て食事が美味しくなります。
    世界に色が付いてみえます。
    など感覚が敏感になります。

    良いことづくめだと思いますが、それはあくまで個人的な見解であって、皆に”断酒すべき”とは言いません。

    あと失礼ながら”ノンアルコールビール”を飲んでいるのなら”完全に断酒”とは言い切れません。
    確かに物理的にアルコールは断ってますが、精神的には”依存”し、断酒になってません。

    因みにアルコール依存症を罹患するに”飲酒量”は関係有りません。
    主様のように”習慣的に飲む”状態では”アルコール依存症”の可能性もあります。
    現に主様は”ビールの代わり”に飲んでいるのでしょ?

    また断酒のエピソードが聞きたいのなら”AA”に行ってみたら良いです。
    貴重で良い話がたくさん聞けますよ。

    また、お酒で元気を取り戻す人も居ることを忘れないようにしてください。
    節度をもってお酒を楽しんでいる人はたくさんいます。
    ”百薬の長”とも言われます。
    人生を狂わすのは極一部だと思います。
    ですので、一方的に飲酒を否定するのは好きではありません。

    現に主様はノンアルコール”ビール”で癒されてるではありませんか。

    因みに人間の脳と言うのは不思議なモノで、一度覚えた快楽は消えないのですよ。
    つまり、主様はノンアルコール飲料と思って飲んでいても脳では”ビール=アルコール”と言う反応が起きているんですね。
    ですので、先に書いた様に物理的には断酒できていても精神的には断酒できてないんです。

    ユーザーID:8317421115

  • ほんとに

    >お酒を飲むとだるくなるし、眠くなって何もする気が無くなります。

    ほんとにそうですよね。
    育児する人は妊娠、授乳をきっかけにお酒をやめますが、授乳しなくなっても、お酒を飲まなくなる人は多いです。
    何故なら、眠くなったら子供の世話が出来ないし、夜中もあまり深く眠りたくなくなるんですよね。
    男性は、小さな子供が居ても平気で飲んで平気で熟睡できるようですが。
    私は、自分が飲まなくなって良かったと思います。

    ユーザーID:3296075357

  • 完全ではないですが

    50代 海外住まいです。

    日本で働いていた頃から 大酒のみでした。
    この国に移住してからも 飲み続けていました。

    ここ2年ほど やめたい、やめたい、と
    思っていても なかなか実行できませんでしたが
    半年前から徐々に減らしていき
    最近では 一週間にビール一杯だけ、
    彼との夕食事時だけ、ということが続いています。

    「良かったこと」は

    1部屋がきれいになったというか、生活が整ってきたと実感できていること。
    2体が軽く感じられて フットワークが良くなったこと。
    3記憶力が衰えていたのが回復してきたことが嬉しいです。
    4酔っ払いのドカ食いがなくなったので 体重が減り安定しました。

    ユーザーID:3424026252

  • はぁ

    アラフィフです。
    週に3日はお酒を飲みます。
    お酒、大好きです!



    お酒を飲んでも

    人生は快適です。

    お酒を飲んでもだるくならないし、
    眠くはなりません。

    お酒が飲みたい、という気持ちは人生を狂わせます???


    いやぁ、狂いませんけど?


    飲酒運転なんてしません、浮気もしません、怠惰でもないし、忘れ物などしません。几帳面な性格ですから。元々。
    お酒の誘惑を断つ必要も感じません。
    健康診断の結果も良いですし。

    完全に断酒する必要も感じません。



    あなたは、断酒しなかったら
    飲酒運転だの、浮気だの、怠惰だの、
    とんでもない人生を送っていたのですね。
    やめて良かったです。


    でも、ご自分が断酒してよかったと思っても

    酒を飲んでる人間を全て見下すのはやめて欲しいです。



    ちなみに、私の知り合いで浮気をしている人が十人くらいいますが
    そのうち半数はお酒を一滴も飲みませんよ

    ユーザーID:9917313290

  • レスします

    私はあまり飲みませんが、お友達との飲み会は楽しくて好きですよ。お酒を飲まない人ってお酒を飲む人に対し過剰な反応をする方が多い気がします。ちょっと飲んだだけの人に対して依存症だと騒いだり、どうして飲むのやめないの?と説教してくる人もいます。トピ主様もご自身の決断に自信がお有りなようですがエスカレートなさらないでください。人それぞれですから。トピ文が少し押し付け気味な気がしましたので。

    ユーザーID:9170005308

  • 何事もほどほど

    んー 私は全く飲めませんので、飲める人がちょっと羨ましいです。
    我が家には料理酒くらいしかありません。

    お酒の席で飲めないのはつまらないです。

    たまに飲む
    ほどほどにする

    これですね。

    ユーザーID:6004910045

  • 呼びました?

    酒飲みが断酒した。
    私の事ですね〜。呼ばれたようなので、出てきました。

    私は病気ではないのですが、41歳の時に突然お酒が飲めなくなりました。
    アレルギーなどではなく、本当に「飲む気にならない」という感じです。
    原因はいまだに不明です。
    ですから断酒が苦しいといったことはないのですが、理由が分からずモヤモヤしています。

    それまでの酒の量・・・もう本当に驚かれます。
    炭酸が苦手なのでビールは飲まないのですが、それ以外なら全部飲みます。
    ワインなら1本(720ml)日本酒なら4合、これが1回の晩酌の量です。
    これがほぼ毎日、いや。。ほぼじゃなくて毎日か・・・。
    もうね、笑っちゃうどころから引かれます。
    友人と行くときは飲み会じゃなくてお茶会の気分で行きますよ
    (本気で飲むと割り勘が申し訳ないので)

    そして断酒後なんですが、やっぱり睡眠が違いますね。
    夜中に喉が渇いて起きることもないし、0時前には布団に入ってグ〜すか寝てます。
    睡眠の質が良いので朝日とともにお早うさん。
    二日酔いになることもなく、1日スッキリ過ごせるので時間を有効に使えるようになりました。
    睡眠の質が良いので、当然ながらお肌も綺麗になりイチゴ鼻も綺麗になりました。
    あとはお金が余ります(笑)
    一体いくらのお金が消えていたんでしょう・・・怖い・・・。

    これだけ飲んでいても、健康診断では一度も再検査になったことがないので
    なんだか勿体ない気もしますが、健康にはかえられません。

    お酒って、本当に判断力を鈍らせますよね。
    「飲んで気が大きくなる」これは本当だと思います。
    お酒をやめてよかったです。

    ユーザーID:6124972706

  • 声に効果あり

    飲めない酒は何もないほど、
    何でも飲める人でしたが、今は全然飲みません。
    老化防止の為に、お酒を止めました。

    頭がすっきりとして、仕事上の勉強もスムーズですし、
    声の質が良くなりました。

    声を使うボランティアも3つしています。
    歌声も、高音域が若い頃より楽に出ます。

    飲み会では、酔っ払いを冷静に観察して楽しんでいます。
    「昔は私もあーだった。」と。
    だから、のん兵衛の気持ちも分かるからこその面白さを今、楽しめていますよ。

    ユーザーID:4880182980

  • ワインの無い人生

    フランスの大学へ留学し、趣味のワイン講座でディプロムも取りました。
    それから、約35年、仏人夫と現在も海外在住ですが、今年6月から断酒しました。

    きっかけは、足の骨折と健康診断の結果です。
    3か月のギブス生活で、運動できないので、食欲も出ず、
    ワインも飲まないので、チーズ、パンという悪魔のループも無く、

    結果、糖質ダイエットと炭水化物カットのお蔭で、5か月で体重は54kgから46kgへ(身長は166cm)
    血液検査の結果も良好です。

    毎日、覚醒している感覚です。
    アルコールフリーのビール小瓶で、酔うような感覚です。

    思えば、この35年のワイン消費量、三ツ星レストランでの散財が黒歴史のようです。
    フランス各地のカーブを試飲した日々を思い出すと、それはそれで青春だったのかな、とも。

    今は、お酒を飲まない人生を大切にしています。

    ユーザーID:1373090035

  • 病気がきっかけ

    肝臓を悪くしました。

    以前はそんなに飲む方ではなかったけど飲む時は
    何も食べずに日本酒とか焼酎とかを飲んでました。

    食べても乾きもの程度でした。

    それが肝臓の機能障害を起こしたようでそれに
    気づかず[なんかお酒弱くなったな・・]って
    思いながらも飲んでました。

    回数を重ねるごとに飲める酒の量が減り、冷や汗を
    かいて、ふらつき吐くようになりました。

    歳のせいかと思いつつある日定期健康診断を見直したら
    備考欄のところに[肝機能障害]と書かれていました。

    うわぁー、気づいてなかった・・・

    2年前からだったのか、どうりでお酒飲めなくなったわけだ・・
    と体で気づいた、体感したわけです。

    お酒が飲めなくなったので飲みの付き合いが減りました。

    一緒に飲みながら話すって事が減り、誘うこともなくなりました。

    時間ができたのもありますが、飲む時にどうしてもカロリーオーバーや
    食べ過ぎ飲みすぎで翌日ダウンしてたのが無くなりました。

    飲み屋の友達の店にいくことが無くなり、寂しくもあります。

    まぁ、でも歳を取ったり、病気をしたら飲めなくなってくるもの
    なのでここは気分転換・方向転換して飲まなくても楽しめる
    生活を模索していこうと思います。

    今後は健康になるために食事に気をつけ、何か運動を取り入れたいと
    思っています。

    ついでに美容もできたらいいなぁ・・・。

    ちなみに私もコーヒーは昔からがぶ飲みで、抜くことは
    出来そうになりません。

    死ぬまでに出来るかすら自信持てません。

    ユーザーID:4947010811

  • 私も結構飲んでた

    毎日少なくて350缶2本。
    多いと500缶2本+350缶1本。
    その他月に数回の飲み会では飲み放題でガンガン飲むという感じ。

    このまま行ったらやばいかもと思ってる時期に妊娠したので、一切止めました。
    止めてから考えると、ほとんど依存症だったなと。
    お酒は強い方だったので記憶をなくしてやばいという感じはなかったですが、それでも当時感じていた以上にやばかったなって感じ。
    電車とかも泥酔状態で乗ったりしてたし、夜道をふらふらになって歩いてたりしてたし。

    今はもう10年経って、そういえばお酒っていうものがあったなあって感じで、全く飲みたいと思いません。
    私はビールが好きだったんですが、結局炭酸でプハーっと出来ればよかったみたい。炭酸水ブームが来てくれたことに心から感謝してます。

    お酒止めてよかったことというよりは、あの頃異常だったなと。
    やっと地に足を着けて生きてるって感じがします。

    ユーザーID:4725629641

  • 信じようと信じまいと

    断酒前は冗談でなく毎日一升。
    でも酒に強くて、そそうをしたことも他人様に迷惑をかけたことは一度もなし。むしろ飲み会では介抱役でした。仕事に遅刻したこともありません。
    なぜ飲んだか?飲まないと眠れなかったからです。飲むだけ飲むと意識を失って眠れた。あの時が至福でした。
    肝臓の数値は正常。ただ血圧は高めで定期的に通院していたため、かかりつけ医から「このまま飲んでいたらリミット越えた時に心臓・肝臓が一気にいくよ。あんた死にたいんですか!?」と警告続きでした。でも「眠れなくなるなら死んでもいいです」と飲み続けてました。
    これ、完全にアルコール依存症でしたね。
    仕事はもちろん、地域猫ボランティアとしても酒の臭いはふりまきつつバリバリ走り回っていましたが、ある夜、ワイン2本空けてから夜の餌やりと清掃にでかけたら、地域猫の最長老から『あんたが死んだら、ワシらは困るんだけど!』とド叱られました。
    で次の日にアルコール専門医に飛び込んで飲まなくなりました。
    ピンクの象ならぬ茶色の老猫でした。
    今は炭酸水でノドを潤しています。

    飲んでいた当時とくらべ、体はびっくりするほど楽です。
    眠りも薬で確保できています。
    地域猫の世話も変わらずきちんとしています。

    私を叱りつけた当のチャー爺さんは、その年に17歳の天寿をまっとうして安らかに眠ってしまいました。
    「ワシの仲間たちをきちんと世話せいよ!不幸な仲間を増やさんでよ!」と託して、自分はさっさといっちゃったんです。

    不妊手術を徹底し、新規の捨て猫がないようご近所さんと協力して観察・清掃と、不妊手術が大切だという宣伝を続けているので、この5年、地域の猫は殖えていません。
    近隣地域の猫ボラさんとの協力網も広めています。
    アルコールに費やしていた分、動物福祉とその勉強に使っています。
    断酒してよかったと思います。

    ユーザーID:7331606773

  • 人によるでしょ

    別に重度のアルコール依存症でもない限り、「飲むor飲まない」から飲むを選択してるにすぎません。
    楽しいし美味しいから。
    もちろん飲まない生活だって知っての上で選んでる事です。

    トピ主は意志が弱く、酒に飲まれてたのでしょう。
    それが他者に当てはまる訳ではありません。

    ユーザーID:5790881699

  • 酒を止めると・・・

    次に久々に飲む酒がさらにうまくなる!のがいいですね。


    しかし挙げている、酒による人生を狂わせる例が、ろくでなしの酒飲み
    の例ばかりじゃないですか・・・
    飲酒運転と浮気って、酒じゃなくてもはや人間性の問題のような・・・


    健康面に関しては、ほんとうに注意が必要ですよね。こればかりは
    体質がものをいいますから。

    嗜好品や娯楽の部類は、自分のそれに対する反応の仕方などを自覚して、
    距離の置き方や、ことによっては絶ってしまうといった判断と忍耐力
    などが必要ですよね。

    今もノンアルビールを楽しんでいらっしゃるので、改めての決意表明の
    ようにも受け取りました。
    うまく距離をとっていらっしゃると思います。
    これからも快適生活を!

    ユーザーID:7225023484

  • 酔わない人生

    レスくださった皆様、ありがとうございます。

    お酒をやめて健康を取り戻したり、
    仕事や勉強がはかどったりと
    やっぱり良いことが多いですよね。

    お酒って社会に深く溶け込んでいる習慣ですし、
    日本酒やワイン造りは伝統文化の面もある。

    そしてお酒を飲むことは、
    人間らしさと同義語にもされてきました。
    お酒を飲まないと、つまらない人扱いもされる。

    大人になって働くようになったら、
    お酒を飲むのは権利のように感じたことも。
    でも実は少しづつ健康や時間を蝕むものでしたね。

    最近のノンアルコールビールは
    本当に美味しくなったと感じます。
    ビールの味と爽快感さえあれば、酩酊状態は必要ない。
    気分さえ味わえれば十分なんです。

    ユーザーID:7947132598

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • そうだ!

    >つまり、主様はノンアルコール飲料と思って飲んでいても脳では”ビール=アルコール”と言う反応が起きているんですね。

    その通りです!。私も断酒以来、(一時的に)ノンアルビールを飲む機会が増えましたが、「体が飲酒したように反応」しますね。酔った雰囲気になり、多分、血圧が上がって、少し顔が紅潮しますね。効果は本物のビールほど続かずに、短時間で抜けてしまいますが、「体は騙されている」んですね。炭酸水を飲む機会も増えているんですが、こちらではそのような反応は起きません。明確に違います。なので、自分の中ではノンアルビールは「疑似飲酒」です。本物と違ってすぐ抜けてくれるので、勉強などに差し支えることがないため、これはこれでアリだと思っていますが。

    なお、断酒して最初の頃(1年か2年位)はよくノンアルビールのお世話になりましたが、最近はそれも減りましたね。時間が経てば、ノンアルビールも減るかもしれませんよ。


    なお、体重は一旦落ちて・・戻りました・・・残念。

    ユーザーID:9810406423

  • 飲めない人です。

    女性です。

    若かりし頃は周りがお酒で楽しむ中、飲めない自分が劣っているように感じ、毎回一口で気持ち悪くなるのに無理して飲む練習?しました。
    20代前半のある日、気持ち悪くなり倒れて朦朧とする意識の中で、連れの男性の方に車で一人暮らしの家に送って行ってもらいました。玄関先まで運んでいただいたのですが、その男性が紳士なで助かりました。
    ちなみに飲んだのはカクテル3分の1杯くらいです。
    アルコールを分解する酵素がないことが後でわかりました。

    それ以来、私は何があっても飲まないと決めて、早20年。
    たまにいただきもののパン、お菓子にブランデーとかが入っていて間違って口にすると具合が悪くなるのでそこは不便だなと思いますが(笑)
    お金はかからない、ご飯はおいしい、時間も有効化できる。

    私は良く人に、こんなに色々していて、いつ寝ているの?と言われることが多いですが、お酒を飲まない時間を有効利用できていたのだと今理解できました。

    今どきの若い子の方がドライで、お金の無駄遣いだからと酒もたばこもしない人が増えてきているみたいですね。

    ユーザーID:9130444614

  • 主様へ、

    余りにも極端な例を一般論的に語るのは止めましょうね。
    若い頃から飲んでいたのなら350CCのビールで主様が挙げたようなことは怒りません。
    ”人間は弱いので”との事ですが全ての人々がお酒の誘惑に弱いのではありません。

    ご自分が飲酒が原因でトラブルを起こし体を壊され、
    それでもお酒が辞められなかったからと言って全ての人をアルコール依存症が如く言うのはどうかと思います。

    主様はアルコールを断って幸せな人生を送るのは勝手ですが、
    それを他の人に押し付けるのは迷惑です。

    まぁ、お酒に酔ってホームから転落して数千、数万の人に迷惑をかけるのなら話は別ですが、
    お酒で自分がどうなろうと自己責任です。

    また、お酒は別名”百薬の長”と言われ、万能薬とも言われています。
    ですが、量や用法を間違うと猛毒にもなり得ます。

    主様のご病気がアルコールに起因するのかは不明ですが、お酒を止められてる以上は、
    ”害毒”としてのアルコール摂取だったのでしょう。

    それでも”ビールの味”が忘れられなくてノンアルコールビールにすがる。
    こういう状況では、主様は”アルコール”に”依存”していると言わざるを得ません。

    知人に依存症から脱却した人が居ますが、
    ”飲酒欲求を押さえるためにノンアルコールビールでスッキリさせている”
    と言ってます。
    主様と同じように断酒のメリットを力説してます。
    ただ、主様と違うのは”押し付けない”と言うコトです。

    と、主様の言い分を否定してみましたがどうですか?
    あまり良い気分ではないでしょ?

    主様が鼻高々に声高に謳ってらっしゃることって、
    ”ちゃんとお酒を嗜む人”にとっては、こういうコトなんですよ。

    因みにアルコール(お酒)と言う言葉をキャンブルやタバコに置き換えても同じですよ。
    主様を含めた少数派たる”失敗組”を一般論で語らない方が良いです。

    ユーザーID:8317421115

  • イギリスの医学誌に

    今年夏、イギリスの医学誌ランセットに「アルコールは時々摂取するだけでも有害」という論文が掲載されました。

    >お酒は薬にも毒にもなるものです

    どなたかがこう書いていました。
    昔は「酒は百薬の長」などと言いましたが現在は違います。
    特に日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多く、アルコールは体に負担となる方が多いのです。

    トピ主さんはお酒を飲まなくなって良かったですね。

    ユーザーID:0541454144

  • 病気の原因の心配が一つなくなる

    成人病その他の病気の原因に、必ず「飲酒」とあります。

    毎晩のようにお酒を飲んでも生涯元気な人もいれば、
    ちょっとしか飲まないのに体を壊す人もいます。

    酒を飲まなければ、「原因:飲酒」には当てはまりません。
    病気の原因の心配が一つないので、良いことと言えるかなと思います。

    ユーザーID:4913475717

  • 美味しく、愉しみたい。

    元々、飲める方じゃないけど。
    結婚前に友人別荘で、美味しく飲み
    『泊まり』の油断もあり、勧められたお酒が美味しく「いけるじゃん!」と思ったら
    体質的に、オーバー悲惨な状態に(涙)
    友人にも申し訳ない(涙)

    それ以降、外ではグラス1杯程度‥
    怖くて落ち着いて飲めないし、美味しく感じない。

    家でが落ち着き美味しく感じる。

    気が向いた日に。
    何れかの一種類だけ。
    ビール250cc
    ワイン200cc
    冷酒200cc
    酎ハイ200cc
    が、適量。
    多いと歩けない、洗い物が出来ないので(笑)

    依存症など極端に酒に溺れ、毎度毎度に他人に迷惑は流石に『禁酒&断酒』でしょうけど。

    夏の暑い日の酎ハイ。
    何かの記念日、嬉しい時の、カクテル、ワイン。
    美味しいお寿司、お肉などが、より美味しく感じる。
    息子たちが帰省しての夕食も
    彼らも同じく弱い‥ケド
    ヤッパリ少し呑んで、
    会話が弾み、皆んなで勧めあう時間を愉しみたい。

    ユーザーID:0425989022

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧