養育費 減額?

レス17
(トピ主1
お気に入り64

妊娠・出産・育児

たろいも

子供3人のシングルマザーです。子供はそれぞれ、高校生、中学生、小学校高学年です。

元夫はおそらく年収600万、私は200万円ほどです。

養育費は、月5万円です。元夫は再婚していて、奥様との間に2人お子さんがいます。奥様が2人目のお子さんを妊娠中、5万円からのさらなる減額を言い渡され、断固拒否してきたのですが、最近また月4万円に減額してほしいと言ってきました。

しかも養育費は高校卒業まで、1人卒業したら等分減額するという条件です。

正直言って元夫と連絡とるのもうんざりで、すごいストレスです。ただ、今でも少ないと感じる養育費で、親にも迷惑をかけているのにさらに減額だなんて、「ふざけないでよ」という感じです。また拒否していたら、元夫に「強欲だ」と言われました。強欲なのはどっちなんだか…。

皆様、どう思われますか。

ユーザーID:0987586207

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 養育費には基準となる算定表があります

    それに則れば、相手に扶養家族がいたとして6万円弱は貰える計算になります。
    ちなみに相手に扶養家族がいなければ8〜10万は貰えていたはず。
    年収が当時も600万ならですが。

    年収600万というのが推測に過ぎないので何とも言えませんが、もし前提条件が正しいのなら計算上は減額に応じる必要はないのかもしれません。

    ただ、算定表は裁判所の判断材料であり、裁判にもなっていない状態で算定表に従わなくてはならない法律はありません。
    もし、公正証書等でキッチリ取り決めをしていたのなら、離婚時に5万と決めたのなら5万です。
    また、元夫側に家族ができたら減額するという取り決めがなされていたら、それは従わなくてはなりません。
    離婚したいが為に、子供の権利を過小評価してしまった当時の自分を呪うしかありませんね。

    口約束なら応じる必要はありませんが、勝手に減額されてしまう恐れも内在していますよね。
    あまり追い込むとゼロになってしまう事も想定しなくてはいけません。
    なにしろ、キッチリ養育費を払っている人は3割に満たないのですから。
    貰えているだけマシっていう状態が実際のところでしょう。
    非常に残念なことではありますが、それが実態なんです。

    ユーザーID:8341302230

  • 少ないですね、、

    同じくシングルマザーです。

    「再婚後に子どもを設け、前妻との子への養育費の減額」
    というのは認められていますが。

    ポジショントークになりますが、これまでの子どもにも
    満足に出来ないのにどうしてさらに子どもを作るのか、と思ってしまいます。

    失礼ですが、600万で3人でも多いと思います。
    現奥様が高収入の方なのでしょうか。

    3人で4万なんて冗談じゃないです。
    塾代にもならないですよね?
    しかも高校で終わり?お子さんたちは大学進学は
    希望していないのですか?

    今春、大学に入学した子どもがいますが、
    昨年度の塾代や模試代、受験料だけで100万は超えました。
    学科が特殊なので少ない方です。
    (私立の中高一貫校なので+学費ですが、これは一般的では
    ないので入れていません)

    年が明けて春には入学金や授業料、、
    1人で5万でもふざけるな!と言いたいぐらい。
    「強欲」なんて、よく恥ずかしげもなく言えますね。
    子どもを何と思っているのでしょう。
    「無計画男」と言い返してください。

    それと、、
    ご主人もご主人ですが、トピ主さんももう少し収入を増やせませんか?

    当方、先述通り子どもは1人ですが、
    中学から私立だったため(中受を終え志望校に入学直後、離婚)
    フルタイム正業に在宅での副業も立ち上げ、とにかく働きました。

    元夫は年収1200万ほどありましたし、それなりの養育費の負担は
    してくれていましたが、それでも、です。

    私は離婚直後からフルタイムの傍ら、教室に通って技術を取得。
    寝る間も惜しんで勉強し、家計の足しにと始めましたが
    この副業が思いがけず順調で、今では大げさですが生きがいになっています。
    お金以外にも得るものは大きかったですよ。

    トピ主さんももうひと頑張り出来ませんか?

    ユーザーID:2007534772

  • 養育費5万は トピ主の年収400万のケース

    子供3人、夫婦仲もよく離婚は考えられないのですが
    想定はします(何のため?)。
    其のサイトですと、養育費5万・子供3人の場合、
    トピ主年収が400万の場合です。

    ところで私(妻)年収は
    高校生の子供がいる年齢で 約1千万。
    22歳の初年度でも手当(海外等)が多かった勤務先で500万越。

    シングルマザーとしてやっていく ご覚悟があったのなら
    200万は何とも心もとない年収だなあ と感じました、

    元夫に赤ちゃん、高校卒業があるのなら減額やむを得ないのですが、
    元が平均以下(トピ主年収200万の場合、6万)なので、そこを盾に、とも
    思いますが、トピ主が頑張って年収を元夫の600万近くまで 頑張ってみても
    いいのでは? とも思うのですが?

    何故 稼げない女性が養育費を当てにして離婚になったのか?
    また養育費は あくまで子供の養育費なのに自分の生活費に充てたりしていないか、そのあたりの事情が不明なので…
    強欲なのか どうか 不明です。

    ユーザーID:6027337887

  • 預けたらいいですよ、父親宅に

    同じような友人がいました。夏休みに1ヶ月ほど父親宅に宿題付きで兄弟全員を送り込んだそうです。筋腫の手術と療養があったので、いいタイミングだったみたいです。父にも育てる義務がありますからね。その月の養育費は辞退して。

    子供たちには礼儀正しくかつ、いつも通りしっかり食べて、参考書やら勉強に必要なもの、穴の開いた靴下の替えなども、遠慮なく買ってもらうように伝えてあったそうです。お手伝いもするようにと言い聞かせてね。

    結果的には、その月の父親宅の生活費のアップ分は、養育費の2倍以上だったそうです。もちろん、その後一度も減額要求は来なかったようです。あちらのお子さんとも仲良くなり、お父さんとも繋がって、お父さんの新しい奥さんとも繋がることで、ある意味家族愛ができたり、愛着が出たり、その上、食べ盛りの恐ろしい経費がわかったみたいですよ。いい作戦ですね。

    ユーザーID:3774766848

  • 養育費の算定表は?

    そもそも子ども3人で5万円って少ない気がしますが、養育費の算定表を参考にして決められたのでしょうか?
    残念ながら、再婚して子どもが産まれたなら養育費の減額請求は認められると思います。

    一度その4万円という金額が妥当かどうか、弁護士に相談したらいかがでしょうか?
    相手も年収上がってるかもしれないし、公正証書を作成してなければ養育費が増える可能性もあるのでは?(子ども5人・年収600万円では無理かもしれませんが…)

    感情論で話すのではなく、法に基づいた金額を決めた方がいいかと思います。

    ユーザーID:2076074742

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • トピ主です

    すみません、養育費は1人あたり5万円ではなく、3人で5万円です。わかりにくかったと思うので補足させてもらいました。

    ユーザーID:0987586207

  • 養育費の基準について誤解している

    養育費の額を決める基準は「いくらあれば足りるか」じゃありません。
    「出せるお金を頭割りしたときにいくらになるか」です。

    じゃあ、それで足りない時にはどうするかというと、
    親権を取った側が頑張って捻出するしかないんです。

    それが親権を持つということの意味で有り責任ですから。


    払う側が生活を切り詰めてでも養育費を多く出すという場合もありますが、
    厚意でするならともかく、それを強制はできません。

    厚意でしてくれるかどうかは、元夫さんとお子さんたちの
    関係が良好かどうかに左右されます。

    これまで面会をしてきたか、養育費に対する感謝の気持ちを伝えてきたか、
    そういう事です。

    ユーザーID:8960636288

  • 調停申し立てては?

    きちんと取り決めした方が良いですよ。

    ユーザーID:1422068091

  • 仕方ないんじゃないの?

    いやなら
    5万円払って旦那さんに子供を預けたら?
    それか、裁判起こすか

    旦那さんにしたら
    5人の子供全員に同じようにしたいだろうしさ

    離婚してシングルマザーになるってことは
    金銭的につらくなっても子供を引き取りたいってことでしょ?

    年収600万って月に手取り30万くらい?
    30万で親子4人って、裕福ではないと思います
    そこから4万払って26万。
    決して裕福ではないですよね

    ユーザーID:3455098144

  • 当然です

    再婚相手に子供が産まれたら減額は当然です。

    再婚相手の子供も元旦那の子供です、トピ主さんが親権を持つであろう子供の2人と合わせ4人の子供の父親になりつつある。そうなれば今まで2人分で一杯の養育費用を増えた人数分で割ると、トピ主さん達に渡る分は少なくなる。

    子供の事を考えたしっかりした元旦那だと思います。

    減額の金額が納得いかないならば、元旦那と算定表や第三者を交えて話し合って決めましょう。
    ない袖は振れないので減額を突っぱねるだけは止めましょう。

    ユーザーID:8733539964

  • 私なら

    減額を受け入れる代わりに子ども達の大きなイベント時(修学旅行や入学式)にかかる費用を折半させる。

    あと、子供たちももう大きいので家事を教えて夜にパートを増やすなりして年収200万円を300万円にアップさせるかな。

    高校生のお子さんもアルバイト出来る年齢だし、家計のために少しだけ助けてもらうのもありだと思います。

    ユーザーID:1646514216

  • 法律家を間に入れましょう

    養育費の算定表を見てきましたが、トピ主年収200万、元夫の年収600万であれば、養育費は8万〜10万になってますね。
    なんせ3人分ですから。
    私だったら減額どころか増額を要求します。
    行政書士か弁護士に相談すべきじゃないでしょうか。
    まあ、実際には増額には応じないとは思いますが、少なくとも減額なんて間の抜けた要求は撥ねつけられるでしょう。
    「強欲だ」と言われたことについても出来れば今後は録音しておいてください。
    子供3人分で5万しか払ってない身分でよくも新しく子供を作れたもんだ。

    養育費をいくつまで支払うかは親の学歴も影響してきます。元夫が大卒であれば、22歳まで支払うことを要求してもいいんじゃないでしょうか。

    当人同士で話し合っていても泥仕合です。
    対価を支払ってでも法律家を入れることをお勧めします。

    ユーザーID:0230078382

  • 算定表によれば

    今回のケースでは、養育費は8〜10万円程度になりそうです。

    しかし、義務者が再婚しており、扶養家族が増えていることを考慮すると、それ以下になることは間違いありません。

    法的に月額5万円や4万円が妥当なのかどうかは専門家(弁護士)に確認した方がよろしかろうと思われます。

    感情的になっても良いことはありません。
    互いの利害を調整するために法があるのですから。

    ユーザーID:9895792882

  • 減額は、当たり前

    なぜか掲示板では前妻さんを擁護し、「離婚時に決めた金額をはらうべき」との意見が多数となります。
    ですが、「父親は、全ての子を平等に養育する責務がある」ので、後妻さんとの間に子が産まれたら、トピ主が監護している養育費が減額する当たり前です。

    元ご主人が正式な手続きをすれば、減額が認められると思います。

    ユーザーID:2553988416

  • 自分の年収を上げるしかない

    下のお子さんが中学生になれば、手もかからなくなりますし。

    養育費、きちんと毎月払ってくれるだけマシかも。

    ユーザーID:0389572246

  • 算定表の誤解

    養育費算定表は、全ての子供が請求する側で暮らしていることを
    想定して作られています。

    このトピの場合、元夫さんが養わなければならない子どもは全部で5人。
    トピ主さんの元にいるのはそのうちの3人だけです。

    そうなると、ざっくりですが子ども5人の場合の養育費を算出して、
    その6割分がトピ主さんに払われるお金であると考えれば良いでしょう。

    養育費は、子どもの数が増えても総額はあまり変わらないようになっているはず。
    払う側にも生活というものが有りますので。
    事実、算定表を見ると、子ども2人と子ども3人で額は2万くらいしか変わりませんね。

    で、表7から8〜10万円となります。
    この額の6割だと4.8〜6万円ですから、5万円は妥当なところでしょう。

    ユーザーID:8960636288

  • ですね

    過去の比較からすれば、相手の家族が増えれば減額もやむを得ません。

    じゃあどうやってこれからの額を決めるのか?
    そりゃ今のお互いの年収と、扶養家族の数で決まるんですね。
    それで5万が正当な額であるなら、今までが少なかっただけの話で、減額する必要はないということでしょう。

    もっとも、実は元夫の収入が激減していた・・・なんて話になるとヤブヘビになる可能性もありますが。
    年収600万円の予測には根拠がありますか?

    ユーザーID:7469828231

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧