偶然それとも・・・

レス9
(トピ主0
お気に入り178

生活・身近な話題

小鳥

今年の庭の柿の実は鈴なりとは言えず数は少なかったが、例年にない大粒揃い。今年はブドウの巨峰に関心が高かったため、柿の実は放って置いた。
メジロ、スズメ、シジュウガラ、ヒヨドリたちが来て好きなようについばんでいた。追い払うこともせずに、鳥たちの為すがまま食べるがままにさせておいた。そのうち一つ減り二つ減り・・・。とうとう最後には二つになってしまっていました。
毎日のように小鳥たちは柿木にやって来ては柿の実をついばんでいます。ところが、不思議なことに気が付きました。我が家の甘柿はどれもこれも熟れて甘いはずです。これまで、お行儀悪く食い散らかしていた小鳥たちが最後に残った二つの柿の実に対して見せた行動とは・・・何と不思議なことか、二つのうちの一つだけに集中してついばむのみで、残りの一つには嘴を突こうとしません。数十羽の小鳥が、それも数種類の小鳥たちがすべて同じ行動をとっています。なんとも不思議な光景なのでここの所毎日のように残った二つの柿の状態を観察しています。
あたかも、一つの柿を大事に残しているかのようです。まるで小鳥たちが、協定でも結んでいるかのようで不思議です。最後に一つだけ残しておいて、いざという時のための蓄えにしておくのだと言わんばかりの行動に思えてきます。
小鳥たちって、こんなにも賢いものなのかとむしろ感心させられています。残った二つのうちの一つはとうとうきれいに跡形もなく食べられてしまいました。最後に一つの柿の実だけが小枝にしがみ付いている状態になりました。果たしてこの柿の実が、小鳥たちによってどのように処理されるものか、興味を抱きながら観察を続けようと思っている今日です。これが単なる偶然なのか、小鳥たちの頭の良さがなせる業なのか・・・毎日をボケーッと生きるのではなく、庭木とそれに群がり来る小鳥たちの姿を観察していると、何か新しい発見ができるかもしれませんね・・・

ユーザーID:0963581948

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も食べてみたい

    大変興味深いトピックです
    最後のひとつがずっと残されたままになるのか?はたまた?
    後々の結果を楽しみにお待ちします♪

    ユーザーID:7091329770

  • 匂いとかじゃないの?

    食べた方からは甘い香りがする。
    もう一つはまだ。とか。

    ユーザーID:5941538233

  • とても興味深いです!

    その後どうなったのか、ぜひ教えて下さい!
    楽しみにしています。

    ユーザーID:3559536244

  • 渋柿?

    恐らく我々人間では感知できない何かが原因ですね。

    鳥達の食欲をそそらない成分とかを発しているのだと思いますよ!

    渋柿とか、見た目では分からない何かですぞ!

    ユーザーID:2018896866

  • おぎょうぎが良いですね

    きっと深刻な飢饉に備えてるんですよね。
    おりこうさんたちですね。
    でも我が家にやってくるヒヨドリは、
    ナンテンの実を一粒残らず食べ尽くしてしまいます。
    赤い実がなくなった果柄は、さながら
    ブドウのデラウェアを食べ終えた残りのようです。

    ユーザーID:7230301694

  • ぜひその後を

    自然の摂理なのでしょうか。
    木守りということばを思い出しました。

    2つ残っていたら、他でもどうなのか、興味津津です。

    ユーザーID:3504314760

  • 話の腰を折ってしまうかもしれませんが

    鳥達がとまる事の出来る適当な枝が無かったから
    という理由かもしれませんね。

    ハチドリ以外はホバリングが出来ませんから。

    ユーザーID:3153766944

  • 鳥や動物は驚くほど正確に美味しくない実には手をつけません。

    これは私の経験則ですが、動物たちが手を付けずに残した実はだいたい美味しくないです。
    何で見た目だけでその判断ができるのか分かりませんが、渋かったり、甘くなかったりします。
    動物の目や鼻で見たり聞いたりできたら、実は色や香りが違うのかもしれませんね。

    ユーザーID:8062405598

  • うちの近所の青い鳥

    ベランダから、近所のビワの木がよく見えます。
    ビワの季節には、青い鳥が数羽やって来て、せっせとビワをついばみます。

    が、ついばんで気に入らないと、ビワの木の下に位置するトタン屋根に、殆ど食べずに捨てるのです。
    日々、ゴンッゴンッと勢い良く。
    貴族の宴のような贅沢さ。
    それも毎年。

    畑や山がある地域では無く、果樹のあるお宅も少ないのに、あの強気な贅沢魂。
    トピを拝読して、鳥も、種類やグループによって性格に差があるのかなぁ、と思いました。

    ユーザーID:4163577847

レス求!トピ一覧