理数系の方々へ伺います

レス25
(トピ主2
お気に入り40

趣味・教育・教養

十五

理数系の皆さん、何がお好きですか?
どんなお子さんでしたか?
どんなお仕事をされていますか?

私は文系の人間で、学生時代、算数、数学が苦手でした。
簿記、FPの資格は持っていますが計算が嫌いです。
動物の生態の本や植物の薬効の本は沢山読みましたが化学も苦手で薬学の大学には入れませんでした。(初歩的な薬のことは勉強し登録販売者の資格は持っています)文系人間で暗記が好きなので英語の資格も持っています。

我が子が算数大好きなので先取学習させています。(「勉強しなさい」と言わなくてもドリルや参考書を置いておくと自主的に取り組むんです)
我が子が関心がある物は親も把握したほうがいいと思い勉強しなおしています。
今現在、小学低学年の我が子は宇宙や動物の生態、発明等に関心を持っています。
数学が好きな人って世界の見え方がきっと違うと思うんです。人生の楽しみ方も文系と理数系で全然違うんだと思います。
「コズミックフロント」や「フランケンシュタインの誘惑」などの科学系の番組は観ています。「ニュートン」などの読みやすい科学雑誌も好きです。でも文系なので歴史や芸術のほうが好きです。
自分も理数系なら子供が好きそうな物を探せるのですがそうはいきません。
そういうわけでトピを立たせていただきました。いろいろ教えて下さい。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2496561345

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 夢にまで「数式」が現れる

    私、この年末で62歳(男)です。既に退職しましたが仕事柄「理数系」です。

    ・理数系の皆さん、何がお好きですか?

    「物理学」「数学」「地学」「生物」「医学」など科学全般です。

    ・どんなお子さんでしたか?

    「幼児期から 空を見上げることが好きだった」
    「鉄道ですと列車よりも線路が好きだった」
    「なぜ なぜ なぜ・・・と追究する性格でした」
    「なんでも分解して内部の構造を観察した」

    ・どんなお仕事をされていますか?

    「既に退職しましたが 元・日本電信電話公社職員で電気通信技術者、無線従事者 (第一級無線技術士など) で、電話局、無線局の建設、電気通信回線の運用、保守などに従事していました。電話線工事から通信衛星まで広く」

    在職中の仕事柄、電気・電子工学、数学、物理学は日常でしたから、退職した現在でも夢の中に数式が現れます。本日未明は半導体工学の夢を見ました。夢の中で問題解決したこと多くあります。

    私が子供時代は本は貴重で買うこともできませんでしたから、学校教科書だけでした。図書館は校則からして「休日 学区外に出ること禁止でしたから公共図書館へは行けなかった」

    数学は学生時代から好きでしたが成績は劣悪でした。数学の考え方が好きだったのです。

    物理学、化学、生物、地学が好きでしたが、化学だけは高校での授業がさっぱりわからなかった。中学までの化学の考え方はわかりやすかった。好きだから理解しているとは限らないです。

    子供向けの「図鑑」は在職中、新しい仕事に就くときに役にたちました。退職した現在でも学習図鑑などよく買います。図鑑は写真・図解が多く、特に子供向けの図鑑は博物館にある展示物の写真が豊富で、これは仕事でも活用できるんです。

    ユーザーID:7662209747

  • コンパスと定規の数学:手で考える幾何学の世界

    私はデザイナーで芸術や建築、歴史、哲学も本を読むのは
    大好きですが高校迄は理系でした。

    子供の頃からレゴとパズル、ルービックキューブや上記の
    「コンパスと定規で考える幾何学」は父が私が中1の頃に教えて
    くれました内容で製図用コンパスを買ってくれた事を今でも覚
    えています。是非、お子さんと一緒にやってみてください。

    オセロや碁が強くて大人としても負けた事がありませんが
    オセロ選手権全国10以内の友人の兄に惨敗しました。

    公文式は自分で学習出来るのでドリルが好きな子供には
    お勧めで中3の時には高校迄の数学は終わってました。

    昔は本で今の脳トレをしてました。無料アプリすると
    楽しいです。

    高校入学試験の順位は進学校で3番でしたが理系はやめて
    浪人して国立系の美大に行きました。

    高校から国語特に古文が大嫌いで大学院に留学して好きな
    映画やドラマを理解したいために英語脳になり英語圏で暮
    らしています。

    数学は思考力が養われると思います。

    ユーザーID:6149064780

  • 小学生なら理系文系にとらわれないでほしい

    私は若い時は技術畑業務をし、ある程度以上になると、技術+事務兼管理業務をしました。

    私の考えでは、小学生だと「算数」が好きだからといって、親が理数系の物事ばかり勧めない方が良いと思います。(ドリルを勝手にやるのは良いですが)

    本人が宇宙や動物や発明に関心があり、それが今後も続くなら、自分で図書館や本屋で自分の好みに沿った本などを探して、自分からのめり込んでいく行くでしょう。

    だから、理数系にのめり込んでしまう前に、親が違うモノ(文学や歴史や地理、芸術など)も見せたり知識を与えて、専門+一般教養のバランスを取るべきだと思います。

    >人生の楽しみ方も文系と理数系で全然違うんだと思います。
    世界の把握方法は多少違うのかもしれませんが、人生の楽しみ方は同じだと思います。

    もちろん、旅行などで「博物館へ行きたい」と言えば連れて行けば良いです。親の好みも入れて、お城や史跡や美術館などへも連れて行きましょう。

    「子供の科学」という月刊誌など、子供が欲しいという本があれば買いましょう。

    私が小学生の頃にもいろいろ本を読みましたが「ドリトル先生シリーズ」「少年向けSF小説」「科学者・発明家の伝記」など、やや理系的なものが多かったですね。

    小説家や芸術家の伝記は読んでもさほど面白くなかったですが、血肉になっています。ケストナーの少年少女向け小説は61才の今でも時々読み返します。

    ノーベル賞級の科学者になると、研究ばっかりで小説を読むヒマもないかもしれません。だからこそ子供のうちに小説をたくさん読んだり、歴史などにも触れておく必要があると思います。

    普通の技術者や科学者にも文系の知識は必要ですし、管理的業務は文系の知識がなければできません。

    子供の興味を伸ばすことは必要ですが、小中学校ではそればっかりでなく、理系文系全体の基礎知識、教養をつけることが大切だと思います。

    ユーザーID:8173614272

  • 母子で典型的な理系です

    私も中学生の息子も典型的な理系です。
    私は研究職に就いていましたが、今は専業主婦です。


    私について、
    ・読書が好きで、活字中毒
    ・音楽を聴くのがすき(特にクラッシックは心地よいです)

    息子について、
    ・ピアノがすき(作曲もはじめました)
    ・音楽を聴くのがすき(主にネットの曲)
    ・ゲームすき(攻撃力、守備力などを記憶してます)
    ・水泳や体育もすき(やりすぎて困ります)

    音楽は共通してますね(笑)

    本当に好きなら、子どもは他者にも分かるほどの明確な興味を示します。

    息子も音に対する興味を幼い頃からはっきりと示していてので、ピアノを習わせました。

    それと、読書が好きな理系の方はかなりたくさんいますよ。
    読み聞かせ、大切です。

    文系理系に拘らず、色々な経験をさせてあげてくださいね。

    ユーザーID:1329188458

  • 理系です

    理系です。

    >数学が好きな人って世界の見え方がきっと違うと思う
    そうかなあ・・・???
    数字のトリックにコロンと騙される人達を見ていると、統計は理解出来た方がいいと思いますが、統計は、文系でも必要な教科で、別に理系の専売特許じゃない。

    私は本を読むのが好きな子でした。主に小説です。
    英語も好きで得意ですよ。
    アメリカのドラマも、サスペンスは無理ですが、ラブコメ位なら英語のみで楽しめます。
    法律にも経済にも興味があります。

    理系・文系は、試験科目の便宜上分かれているだけで、別に世の中が理系と文系に別れて存在しているわけではありません。
    対極にあるわけでもありません。
    現に、文系の代表である「国語」が得意な生徒は数学も得意である確率が高いです。どちらも論理思考が必要ですから。


    理系科目の勉強で躓いて「文系しか選択の余地がなかった」タイプの文系さんは、理系を特別視し過ぎだと思います。

    理系!理系!と肩肘張らずに、お子さんは、図書館にでも連れていってあげれば、勝手に興味のある本を探してきますよ。

    ユーザーID:3221224538

  • 子供に任せれば?

    >自分も理数系なら子供が好きそうな物を探せるのですがそうはいきません。

    自分で選ばせれば?

    博物館や科学館、水族館に行けばミュージアムショップにイロイロありますよ。書籍もたとえ子供向けでなくても、欲しがるなら多少専門的でも与えても良いのでは?無理して親が親目線で選んで与えるだけが方法じゃないですよ。たとえ今は写真や絵を眺めるだけでも、子供はそれからいろいろ想像を膨らませるでしょう。それも大事。

    >参考書を置いておくと自主的に取り組むんです

    こういう子なら、いずれ読めるようになればどんどん読むのでは?

    大学の資料館なんかも良いのでは?例えば北大なら歴史ある理学部の旧校舎が博物館のように開放されています。学内のそれぞれの学部の研究や活動内容を紹介する形で様々な展示が無料で楽しめます。東海大なんかは海洋系で盛んじゃなかったっけ?大学系の資料館・博物館で楽しめれば、将来進学を考える際のヒントにもなるかも。工場見学ツアーなんかもありかも。

    最後に質問に答えておきます。とにかく何かイジッてました。当時はまだ"粗大ゴミ"という捨て方があり、捨てられている自転車を持ち帰っては使えそうな部品を集めて1台組みなおしたり。で、機械工学で卒業して今はメーカーでエンジニアです。

    決められた手順どおりやれば完成する玩具ではなく、「道具と材料」を与えるってのも私はオススメですけどね。自然科学系であればスマホを利用した顕微鏡キットや図鑑を持って近所の河川敷や農場、自然園でも楽しめるけどなぁ。私ならそれに加えてコーヒーを淹れる道具と1冊の本があれば一日過ごせる。

    ユーザーID:5733972337

  • 理科系に特化せず

    共通領域に注目するのが有益かと思う.トピ読んでると親子で指向性に解離があるように感じたから.

    両系統の接点を思いつくまま列挙すると:

    メタフィシーカ(形而上学)は物の存在を論ずる哲学、直訳すると「物理学に先立つ学」、そしてフィシーカは物理学で物が存在するとしてその物達の間で成立する原理を論ずる.前者は文系、後者は理系になってしまう.

    数学が抜きん出て得意だが法律学科に進んだ人は結構周りにはいますし、日本史(の成績は)学年一番で理科系や医学系(激戦学部になった現在は両方できないと入学困難と聞くが)に行く人も多くいました.

    暗記が得意だから文系というのも大きな錯誤だと思います.記述試験は論理力は問われます.数学、物理や化学は記号を使うので意識しなくても論理を使えるが、特に哲学のように日頃使うのと同じ言葉だけで勉強すると論理的であることの自制をついつい忘れがちになります.

    芸術系はプロとして創作活動をしていくには、理数系の能力がかなり問われるので断念したという知人もいます.

    記号論理学を哲学科で研究した人も、数学科でやった人もいます.
    私の大学の教養課程での哲学は記号論理学がテーマで前期はそれの基礎で、後期の授業予定ではゲーデルの定理の証明は難しいので、この定理が成立する具体例としてアインシュタインの特殊相対性理論を挙げ、特殊相対性理論が特殊相対性理論自身に矛盾があるのか否かを有限回の論理操作で証明することが可能か不可能かということを鑑賞するという趣旨だったと記憶してます.が、教授の闘病生活開始にて後期のは断念.

    私が若ければ挑戦してみたいのは、ライプニッツの微積分とモナド論研究.ライプニッツの論考に現象学を見ること、数学の多様体論と哲学の超越論的間主観性問題の発想の接点を自分で見出すこと.

    自然科学の優良啓蒙書は国内に乏しいと聞くので他レスを参照のこと(笑)

    ユーザーID:1413420082

  • 子供は自由奔放にさせていいのでは?

    頭がいい子なら自分の好きな方向に自然と目覚めていきますのでほっといていいのではないですか?理系文系とか言いますが、だいたい人生の目的としては両方備えていた方が後の人生が全うしやすくなるのではないでしょうか?

    コリコリの理系とか文系というのはちょっと嫌らしく敬遠します。お子さんが理系であるならば、文系の貴女が文系の素晴しさ、楽しさを教えてやってください。それから、芸術方面の教育も忘れないで。

    ユーザーID:7733226513

  • 似ているかも?

    数学科卒で、中学生に数学を教えています。

    うちの子が興味を持っていることが、トピ主さんのお子さんに似ています。
    算数は先取りして、算数・数学検定や思考力検定を受けています。
    あちこちの科学館・博物館・水族館・動物園に行きました。
    近場で実験教室があれば全て応募(申し込み人数が多く抽選になることが多い)
    しています。
    毎月ある星空観察会にも行っています。

    市の広報誌、イベント情報のHP、地域情報紙は
    子供が興味のありそうなことがないか欠かさずチェックしています。
    教育学部のある近所の大学でも、毎年小学生向けのイベント(算数教室など)を
    しているので利用させてもらってます。

    雑誌は福音館書店のたくさんのふしぎや、子供の科学を読んでいます。

    ユーザーID:2064624761

  • Eテレ

    トピ主さんは十分やっておられると思います。
    Eテレはいろいろ良い番組がありますから、興味のあるものを探すと良いです。

    土曜日夜7時からの、「地球ドラマチック」なら文系のテーマも理系のテーマもありますから、親子で楽しめると思います。

    ユーザーID:6929344246

  • なるようになる

    理系女子です。でも理”数”系ではありません。数学大嫌いで、自慢ではないけど代数で赤点取ったこともあります。
    どっちかというと文系科目が強く、国語(でも読解問題は裏の裏を読んでしまって失敗する。漢字大好き)、英語、歴史は常に5をもらってました。
    理系では化学と生物は好きですが3か4、物理学はからっきしダメです。
    勉強よりもスポーツに打ち込んでたので周りは体育教員になると思ってたようです。

    文系科目が強いのを生かして国立大学に入りました。
    色々紆余曲折を経て現在はアメリカの研究所にいます。正式な肩書は分析化学者です。
    今でも数学苦手ですが幸いなことに今では色々便利なプログラムがありまして難解な計算もちゃちゃっと算出してくれちゃったりします。
    今の仕事は好きですが、典型的理系思考はあまりしないので、特許関係の弁護士なんかが向いてたのかなとか思います。

    ぐだぐだと書きましたが、親御さんが色々心配しなくてもなるようになりますよ。
    うちの両親は地元の高卒で、教育には全く関心がありませんでした(女の子は勉強しなくたって、って感じ)。
    そして個人的には文系、理系とキッパリわけなくたって別にいいと思います。
    一応理系の私でも宇宙のこととかアインシュタインとかさっぱりです(汗)
    トピ主さんが頑張って子供が興味を持ちそうなものを探すのではなく、お子さんが興味を持ったものもを一緒に楽しみ、一緒に学べば良いと思います。

    ユーザーID:9064993018

  • 回答します。

    長男は工系です。学歴は修士(工学)、分野は振動解析です。

    好きなものはスポーツで、特にバレーボールです。代表選手も経験しています。自動車メーカに勤務、開発部門に所属しています。下級管理職です。

    三男は数系です。学歴は博士(数理科学)です。分野は解析系です。

    好きなものはスポーツと"お金"です。サッカーと駅伝は選手として活躍しました。メガバンクに勤務、クオンツ職です。下級管理職です。

    三人の息子のたちには、小学生の頃から、雑誌"数学セミナー"や"数理科学"を見せました。読ませるのではなく見せたのです。次男は数式ではなく図に興味を持ち、洋画を専攻しました。

    意外に思われるかも知れませんが、数学は"お金"に繋がる分野です。三男はファンドマネージャ兼数学者のJames Simonsに憧れ、数学を専攻しました。

    お子さんの将来が楽しみです。数理系に強い子どもの話を聞いたり読んだりすること、私は好きです。応援しています。

    ユーザーID:9704943010

  • まだわからない

    算数や中学数学が好きだからって理系とは限りませんよ。
    高校数学が得意ってことになったら、いよいよ理系です。

    今は科学ものに限らず、歴史ものや芸術関係、
    なんでもとりあえずお勧めしてみたらいかがですか?

    何がほんとに好きなのかは、いろんなことを見聞き、経験しないとわかりませんから。

    ユーザーID:2954274174

  • 勘違いしている

    理系は理科科目や数学が好きで、文系は歴史や本が好き?

    それは、大きく勘違いしてます。

    研究や開発に携わる人(トピ主言うところの理系)に必要なスキルは、

    真理の追究、または解決してない事案を探し、解決する事です。

    歴史や文学にも通じる考えです。

    文系=単純作業しか出来ない/しない人 そうトピ主が考えているように感じられ、不快です。

    ユーザーID:1064213503

  • 子供の興味を延ばしてあげては?

    理系といっても生物系です。現在食品会社で製造系の管理職をしています。

    母が動物嫌いでしたので犬猫は飼えませんでしたが、鳥、虫、魚、両生類は家で飼っていました。全部世話は自分でしていました。(鳥は母もぎりぎりOKで世話してくれました)

    オタマジャクシを飼っていたのですが、ある夜、餌やりの後水槽に蓋をするのを忘れ、朝になったら玄関を子ガエルだらけにして母を叫ばせたこともあります。(カエルはちゃんと回収し、川へ放しました)庭にカマキリの卵鞘を見つけると、羽化するのをじっと観察しているような子でした。子供用の図鑑は愛読書でした。

    算数・数学は得意ではありませんでしたが、結び目が次々に解けていく解法の美しさに惹かれ、勉強は良くしていたと思います。大学の同級生は似たような経歴を持っている人が多かったように思います。小学校のいきもの係経験者も多かったです。

    小さいころからの興味の方向性をそのまま伸ばしてあげるような教育をしてほしいと思います。また、読書の習慣は大切だと思います。別に理系ノンフィクションである必要はなく文学でも良いのです。理系の人はあまりに興味が一点集中していて理系バカと言われることがあります。基礎教養を身につけるためにも読書の習慣は必要だと思います。

    ユーザーID:1963264771

  • 子供の自主性に任せる。

    生粋の理系なら、放って置いても日々の選択肢の中から見つけ出すと思います。
    ですが無理に理系に進ませると、本当の理系さんの中で挫折したり付いていけなくなるので無理は禁物です。子供の自主性に任せるのが良いと思います。

    どちらかというと理系の人にはバランスを取って、本を読ませる・文学、芸術や音楽をお稽古させるようにした方が良いかもしれません。

    どんな子だったか? と言われると、生粋の理系の子であった夫は、子供の頃から電気屋さんのゴミのような部品を貰ってきて遊びに使う、気晴らしにプログラミングをする、受験勉強などしなくても日々の遊びが勉強になって博士まで・・・って感じのようです。
    私の周りの生粋の人は、仕事はやはり理系の技術者や大学の教授です。
    私も昔、プログラマーでした。私は親が生粋の理系だったので自然に理系に進んだように思います。ですが大学や仕事で皆さん生粋の人が多く居て、自分には頭や能力の限界を感じ無理だと思う事が多かったです。
    自然に任せればよかったと思うところです。

    ユーザーID:4906904513

  • 文系から理系

    子供の頃からなんでも好きでした。本も外で遊ぶのも、暇さえあればせっせと何かしらやってました。

    環境に恵まれ、市立図書館や博物館、美術館などが近くにあり、自然といろんなことを学んでいたみたいです。

    しかし女子は文学系、というのが当たり前だった昭和。私もその方向で進学していきました。

    でもある時気付いちゃったのです。自然科学に興味がある事を。そういえば女の子なのに男の子たちに混ざって昆虫採集も平気でしてました。

    今は海外の大学で(只今 Sabbatical中)自然科学を教えています。海外ですがね。

    お子さんが小さいうちは、何でもやらせるのがいいと思います。偏っても、ね。また理数系でも読解能力がないと、またコミュ力も必要です。普通に育ててあげるのが一番だと思いますが。

    ユーザーID:4270215005

  • 拝読いたしました

    トピ主です。皆様のレスを拝読いたしました。
    質問への詳しいご回答、ご教示ありがとうございます。たいへん勉強になります。
    「数学が好きな人って世界の見え方がきっと違うと思う」と書きましたが、「知能の高い人は世界の見え方、人生の楽しみ方が全然違う」に訂正します。

    ネットで子供が好きそうな本やおもちゃは検索できますが、近所に大きな図書館や書店がないので子供自身に好きな物を実際に手に取って探させることが難しいんです。ネットの使い方をを教えるとのめり込みそうで怖いのでPCは触らせていません。
    ちなみに私の子供は女子です。最近は人体に関心を持っています。私は子供の頃、他の子と遊ぶのを苦痛に感じる性分で本が友達だったのですが、努力することや考えることが苦手で教科書がつまらなくて全然勉強しなかったんです。(授業中にこっそり本を読んだり物語を書いたりしていました。)
    最近、やりなおし算数・数学と入試対策の応用問題の本を読んで「実は学校の勉強って真面目に取り組めば楽しかったんじゃないか?」と思うようになりました。生まれ持っての能力や環境もありますが、「脳を発達させるべき時期に脳を使わない」のは人生を棒に振ることだと今更気付きました。


    話が大幅に変わってしまいましたが、引き続き「子供の頃、こんな物が好きだった」という物などあれば教えて下さい。ご指摘通り、子供のほうが成長に伴い自分で好きな物をどんどん見つけていくと思いますが、小さいうちはそれができません。よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:2496561345

  • こればかりはわからない

    自分の子供をみてもそう思う。


    私は子供の教育は妻まかせだったので、ほとんど見ていない。

    うちの子供は中学受験の進学塾で、国語の成績が上位一桁に入ったこともあり、完全に文系だと思っていた。

    中学に入学したときは、数学の授業は成績順にクラス分けするようで、数学は最下位のクラスだったようだ。

    入学後、生物に興味を持ち、理系に進んだ。数学も、何とかそれなりに頑張って、大学、大学院と進んで、現在はその分野の研究員になっている。

    この前、子供の中学一年の時のレポートが出てきた。

    朝顔の栽培を観察したもので、テーマ自体はごくありふれたものだ。

    しかし、彼の朝顔は実(種)ができなかった。そこで、「なぜ実ができないのだろう?」と疑問に持って、自分でいろいろ調べて、レポートにまとめたものだ。

    内容は、大学生か大学院生が書くレベルのものに仕上がっていた。

    子供が、何に興味を持つかは、親にもわからない。

    ユーザーID:1082692165

  • 本人の好きにさせる

    好きな事興味がある事は自分で探しに行きますから、親がわざわざ探して与えなくても大丈夫です。
    工学部卒でエンジニアをしている子供と工学部在学中の子供がいます。
    親の方からしたことは特に事にありません。
    科学館や博物館や資料館へ行きたがったので何度も一緒に行きました。
    小学校時代から理数が得意で高校時代は数学と物理が得意でした。
    2歳上の長男のする事を真似したり一緒になってやりたがる次男でしたから
    次男はその影響はあったのかも知れません。

    ユーザーID:9138975988

  • 私は主として体を使う職人でしたが

    数理や哲学関連のことで頭をつかっててよかったと思ってます.
    リペアメントの職人は仕事の殆どを指先(勿論、息を整えて姿勢を保ち体全体を使うのですが)を使うことで終始します.
    仕事をしてるうちに体も脳の一つであり脳も体の一つという体感が芽生えます.お勉強、学問としては目が出ない私でしたが、頭を使ってたおかげで、なんとか職人として完璧とは言えないまでも全うできたと思ってます.それから趣味としての50年近くの楽器の稽古にも良い影響があったと確信します.

    これはスポーツでも同じだと思います.

    文系理系問わず、やってて楽しい頭の使い方はとても大事ですね.

    ユーザーID:1413420082

  • 主さんへおすすめの本

    子供向けでないけど面白い本

    (1)寺田寅彦全集、その中の第四巻に、「スパーク」「雑感」が掲載されている。

    (2)寅彦の師、夏目漱石の「文学論」の序文。本文はちんぷんかんぷんだが、序文はすこぶる面白い。漱石がなぜ「文学」を研究するようになったかの経緯が述べられている。

    (3)山本周五郎の評論集「小説の効用」の中の「小説の芸術性」。
    「小説には限るまい。画でも音楽でも、芸術性とは独自性と新しい発見をそなえているかどうか、ということではないだろうか。」と述べている。

    この「独自性」と「新規性」は自然科学の分野でも共通する考え方です。

    (4)現在の語部(かたりべ)、養老孟司先生の著書。『「自分」の壁』『文系の壁』『運のつき』など。特に『運のつき』が面白いです。

    これらは、わたしが還暦過ぎに読んだ本です。

    人間は、いつでも変われます。

    ユーザーID:1082692165

  • 文系なりのアプローチをすればいい。

    >「数学が好きな人って世界の見え方がきっと違うと思う」と書きましたが、「知能の高い人は世界の見え方、人生の楽しみ方が全然違う」に訂正します。

    真実がそうなら、理数系が好きそうなものを探す必要はないと思います。数学より知識がというなら、理数系だけ伸ばしてもだめじゃないですか?文系からの視点も合わせて持った方が良いと思います。

    例えばエンジニア。デザインをする時に専門的な知識が必要ですけどじゃあそれを商品化する場合、人間はどんなデザインに惹かれるのか、海外で売るときバックグラウンドは売り上げにどう作用するか。

    理数系ばっかりに固執していたらそういう所を考えられないのでは?

    ちなみに我が子は理数系ですけれど、幼稚園の頃から社会情勢、世界情勢、政治、歴史などは色々と会話してきました。星座に興味を持った時はギリシャ神話を紹介したらかなりはまりました。車と経済の歴史の図鑑を読んでいた時には文化の歴史にも興味が出ました。

    別に理数系に固執しなくても知識のドアはどこにでもあると思います。

    あと理数的な遊びとしては、ルービックキューブやチェス、将棋、レゴですかね。
    でも発明に興味があるなら何か作ってもらえば?例えばキッチンで使いにくいものを便利にして、みたいに。

    他人が作ったおもちゃをあてがうのって安易すぎます。まさに文系の考えですね。

    それとインターネットを禁止してるのがもったいない。今じゃ動画サイトでハーバード大の講義も聞けるのに。

    ユーザーID:4319220450

  • ありがとうございます

    皆様、教えて下さってありがとうございます。
    子供の自由に任せていいんですね。
    難しく考えていたので、下さったレスを拝読して気持ちが楽になりました。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:2496561345

  • インターネットの利用について

    これには、賛否両論があると思う。

    私見だが、わたしは幼少期のインターネット利用は賛成しかねる。
    なんでも、すぐわかるということは、ものごとを深く考えないようになる、という恐れがある。
    子供は、端末の操作なんか、すぐに習得できる。その辺は、大人より数段優れている。

    まず、実物を見て、考えることが大事だと思う。

    ある程度、自然や、ものごとの仕組みや、社会の仕組みがわかったあとでも遅くはない。

    ユーザーID:1082692165

レス求!トピ一覧