部活の指導方法

レス9
(トピ主0
お気に入り16

妊娠・出産・育児

うみ

私の子供の通う中学校では子供が言う事を聞かないと先生が脅し文句のように「部活をさせない」と言うそうです。学校に規約はなく子供も部活を盾に先生が言う事を聞かせようとするのが嫌だと反抗がひどくなってます。先日、友達が同じように反抗して部活を辞めると言い出した時に子供にどう思ったか尋ねたら「先生がおかしいと思ったけど口答えしたら試合に出れなくなる」と泣いていました。我が子が決してお利口さんではないので今まで黙って見てきましたが子供を従わせるために部活動を持ち出すのは当たり前なのでしょうか?

ユーザーID:2977473536

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これだけでは何ともいえません

    タイトルが「部活の指導方法」となっていますが、
    トピ文末は「子供を従わせるために部活動を持ち出すのは」となっているので、
    放課後の部活動の中での指導のことなのか、
    それとも放課後前での正課時間のことなのか、
    どちらか分からないです。

    それと「子供が言う事を聞かないと先生が脅し文句のように〜」とのことですが、
    実際お子さんが先生に言われたことは、いつの時間の、どんなことでしょうか?
    「子供が言う事を聞かない」“事”が、
    子供が絶対聞かなければいけないことなのか、
    それとも理不尽なことなのか、
    それが分からないことには「先生が脅し文句のように」言うのが
    善なのか悪なのか判断できません。

    元号が平成になった頃、
    学校の週休2日制が1か月に1回、隔週、と進んでいきました。
    週休2日制になる前は、「学習指導要領 中学校編」の中の「特別活動」に
    「クラブ活動」の項目がありました。
    週休2日制が進んで、五教科・実技科目の授業時間数の確保が難しくなったため、
    「クラブ活動」を「部活動」と読み替えてもよい、という措置がとられました。
    そのため、「部活動は生徒全員加入」という時期もありました。
    しかし、現在は部活動指導が教師の負担となる・教師が指導できないのに担当させられることが問題となり、学習指導要領から「クラブ活動」の文字は消えました。
    ゆえに、部活動に無理に参加する必要はなくなりました。

    だから、日頃の学習への取り組みが出来ていない・規則を守った生活ができないのであれば、
    「部活動をしている場合ではない」→「部活をさせない」指導をされても
    致し方ないと思います。
    「学校に規約はなく」と言っても「日課」くらいはありますよね?
    校則が文章化されていなくても、「きまり」はあるはずです。
    でないと学校の統制ができません。

    ユーザーID:2379353478

  • 何が理由?

    部活動で、子供たちがどんなことをしたとき、どんな指導に従わないときに部活動やめさせるような言動があるのですか。

    逆に、こちらはスポーツ少年団で、チームメイトに暴力して嘘ついて反省してないような子をキャプテンのまま、反省してないどうしようもない親を保護者会長のままいさせているどうしようもない監督です。詳しくは書けませんが、犯罪のレベルてす。
    スポーツ少年団は、任意の団体で学校外活動だからと学校は話を聞くだけで何も活動制限させるとかありません。

    中学の部活動ならば、学校活動なので、教育委員会に数名の保護者で相談してはどうですか?

    ユーザーID:2393358986

  • 「言うことを聞かない」ってどんなこと?

    「部活動を持ち出して子どもを従わせる」先生は担任ですか?
    この件を検討するには、具体的にどの先生がどのような場面で言っているのかが重要だと思います。

    現在高校生の我が子達が公立中学に通っていたころの話です。
    子どもたちが参加していた運動部の顧問の先生は「学業優先が当たり前。生活態度や授業態度、テストの得点や提出物などの状況があまりにもひどい場合には、部活に参加させない、優秀な選手でも試合にも出さない」という考えでした。

    あまりにもひどい態度の生徒は、問題があった時間のホームルーム担任や教科担任が部活動の顧問に連絡し、顧問が対処するということもあったようです。

    素行がすこぶる悪い生徒はそもそも部活動には参加しませんから、このような指導はできませんけどね。

    まぁ、アメとムチですよね。やるべきことをやってから楽しみなさい、ということでしょう。
    保護者としては納得していましたけれど、主様は納得できないのですね?
    なぜでしょう。

    このような指導は、部活動を続けたくない生徒には全く効果がないでしょうし、トピにある友達のように部活を辞めるとまで言いだした生徒がいた場合、本当に部活を辞めるか、先生の言うことを聞くよう行動改善するか、生徒自身にどちらかを選択させなければ指導の筋が通りません。生徒が部活を辞める選択をした場合、その後の指導を先生自身が考えているかどうかが重要ですね。
    そういう意味では、安易にできる指導方法ではないとは思います。

    どのような生徒にもどのような場面でも同じように「部活をさせない」と言うような先生なら、指導能力が不足している可能性もあります。
    先生の言動があまりにも教育的でないと感じる場合には、言い方には気をつける必要があると思いますが、懇談などの機会に保護者から事情を確認しても良いのではないかと思います。

    ユーザーID:1284644007

  • そもそも、なぜ注意を受けたのか

    私が通っていた学校では、ルール、規則違反をした場合は
    部活停止でした。
    そういう意味で「させない」と言ってるのではないかな。

    それよりも子供側に落ち度があるから注意をされたのですよ。
    子供がいったい何をしでかしたのか
    子供にはどういった反省点が必要なのか
    こちらの方が大事ですよね。
    子供がそれを分からなければ同じことをずっと繰り返してしまうのでは?

    ユーザーID:1135017046

  • 何を従わせようとしているか

     何を従わせようとして先生が「部活をさせない」としているかが問題だと思います。

     我が子の中学では、夏休みの宿題がおわっていない子供たちは、みんなが体育館で練習している間、体育館の壇上に会議用の長机を持って来て、宿題をさせています。「宿題をやらなかったら、部活に参加させない」という事です。

     他にも、基準点に達しなかったら(赤点だったら)補習に行かないと、部活に参加させてもらえません。部活も良いけど、中学生なんだから勉強もしっかりしようね、という意味ですので、保護者からは好評です。親がやいやい言っても手を付けないけど、「部活したいから」子供たちはそれなりに勉強していますから。

     学校と部活で決めたルールに違反した服装で来たら、練習させない、というのもあったと思います。

     なんか理由が良く解らないような、おかしな事に従えっていうなら、おかしいと思いますが。100メートル先であろうと、先輩が見えたら、挨拶して通り過ぎるまで直立不動とか、私が学生の時にはあったけど、こういうのは今どきおかしいだろうなとは思います。(ぼーっと歩かなくなったけど。)

     

    ユーザーID:0960605914

  • ん??

     そもそも部活動って、法律で定められた教員の「職務」には入ってないんだよね〜。

    ユーザーID:3534937289

  • どういう内容?

    言うことを聞かない内容によりますよね。
    学業>部活なのは当たり前なので、学校の課題が未提出なら部活停止で当然だと思います。
    基本的なことが出来てないのに、楽しい部活だけはやりたいっていうのはなしだと思います。

    ユーザーID:7266071947

  • 具体例がないと何とも・・・

    学校のことをきちんとやってこその放課後の部活だと思うので、「言う事を聞かない」というのがどういうことなのかで話は違ってくるんじゃないですか?

    「言う事を聞かない」ことが、「宿題をやらない」「授業中の居眠り」「生活面でのルールに反すること」等とかなら、それが出来ないうちは部活動に参加させないはアリだと思います。

    「言う事を聞かない」ことが、「先生の肩を揉め」とかそういう理不尽なことなら先生がおかしいけど。

    ユーザーID:7347783968

  • 当たり前では?

    あなたがモンペのように感じました。
    学生の本分は学校生活や勉強です。もし、決まりが守れなかったり、勉強が疎かになったら、付属の部活をやる資格はないのでは?
    私だったら、まずわが子の生活や学習をこの機会に見直します。

    ユーザーID:3762989896

レス求!トピ一覧