勉強が嫌い。成績にも興味がない中学生

レス17
(トピ主1
お気に入り63

趣味・教育・教養

モモコ

中学3年男子の母です。

勉強が嫌いで、小学生の頃から宿題させるのも一苦労の子でした。
小学校の先生からは、テストの点数は悪いわけではないので、そのうちやる気になれば変わるかも…と言われてきましたが、中学3年の今も相変わらずです。

中学1年時、本人同意で個別の塾に入れましたが、塾の宿題をやる事と塾に行く事を説得しているうちに塾の時間が過ぎ、遅刻欠席が続く日々に私自身が疲れ、やめました。その後勉強指導の為に実家の父を呼びましたが、やる気の無さに父もお手上げでした。
その時は少しテストの点数が上がり、本人も喜びましたが、続きませんでした。

本人には嫌いな勉強はしないという強い意志があり、性格上、命令や声かけは通用しません。今は、将来の事や何故今勉強が必要なのか等々話して聞かせ、後は本人がどう考えるか信じて待つばかりです。
彼自身の考えは話してくれません。

ただ、字を書くという行為そのものと暗記が大嫌いとだけ教えてくれました。
確かに理系科目より暗記中心の文系科目を嫌い、ほぼテスト勉強ゼロで当日を迎える事もあります。理系科目は比較的高得点も取ります。

高校進学は、幸いにスポーツで推薦入学がきまりました。でも、サボってきた暗記科目でも評定が上がるように今月末の期末テストは頑張ってほしいと、担任の先生からも言われ、目標点数も設定してもらいました。

普通にテスト勉強すれば難なく取れる点数ですが、先生にそこまで言ってもらっても頑張ろうとしない本人に、これ以上何をどう伝えたらいいのか困り果てています。
勉強が出来る子や頑張ってる子をリスペクトする気持ちはあるようですが、自分も頑張ろうとは思わないようです。

同じようなお子様をお持ちの方、きっかけがあり、本人に気持ちの変化が起こった経験などありましたら、どうかご教示ください。

長文失礼しました。

ユーザーID:0546931994

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やる意味が分からないから「やらない」

    そこまで徹底的に嫌いなら、
    もういいんじゃないですか?

    自分で困らないと気づけない。
    やる意味が分からないから、結果「やらない」。

    今まではやらなくても困ってないから
    生活に支障がないからやらなかっただけです。

    例えば、テストで満点を取らないと
    家から追い出され、食べるものにも困るという
    状況に陥れば、泣きながらでも勉強するでしょう。
    そういうもんでしょ。

    年齢的にもそういうことは実際には出来ませんが、
    今の子は恵まれすぎてて、
    しかも、ちょっと叩かれたり怒られたりすると
    すぐに虐待だなんだと騒がれて守れられていれば
    自分が天下なのだと誤解し、どんどん増長します。

    そうやってせっぱつまって困る状況になってから
    トピ主さんたちみたいな親は
    ようやく気づくんです。そして、人に助けを求めるんです。

    でも、遅いんだ。それじゃ。

    中3では、意識がもう出来上がってしまっている。
    勉強しなくても、ちょっとその場で怒られるだけで
    後は何もペナルティが無いと、覚えてしまっている。

    自分の希望する学校が受けられない。
    または、落ちてしまった。
    どうしても行きたかったのに。

    と、そこまでにならないと
    やる気にならないでしょうね。

    それもまた、
    お子さんの勉強になるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2711216364

  • どうして

    ・なぜ宿題をしなくてはならないのか。

    ・なぜ勉強をしなくてはならないのか。

    と、子供さんから尋ねられた場合

    トピ主さんは、なんと答えますか。

    子供さんが「そっかー!」と
    存分に納得できる答えが
    出せますか。

    相手に求めるばかりな印象です。

    やらない、困った、ああ、どうして?!と
    焦りや嘆きが子供さんに伝わり
    余計に距離が出来ているのではないでしょうか。

    ピンポイントに 
    「できていること」
    「あなたのすごいところ」など、長所を
    とことん 褒めてあげるだけで十分だと思います。

    先日テレビで
    ニトリの社長さんが
    子供の頃の成績は
    「オール1だった」
    「とんちで乗り切った」と
    笑顔で話されていましたよ。

    ユーザーID:1133558706

  • そこまで言っておられるのなら、それ以上は必要なし

    結局今の努力が自分の人生の行く末を決めるわけですから

    後々後悔するもしないも、本人自身の問題です。

    それが運命というものです。

    ユーザーID:4472039142

  • 生活感を磨く

    息子さんは、生活(衣食住・情報)に困ったことがないのでは
    ありませんか。勿論、それはご両親がサポートして来られた
    からでしょう。

    生活のサポートが完全である為に、常日頃の生活に不自由が
    無いのではありませんか。
    近年の子供さんは、家のお手伝いが出来ないと言うか、家で
    お手伝いを頼まなければならないと言う場面もないのです。

    江戸時代であれば、既に大人扱いされたでしょうね。戦後の
    時代もそうでした。人々は、家族は生活を第一に考え、自ら
    も将来の生業を考えるのが当たり前でした。

    現代は、自らの生活と自らの未来の生活を関連付けて考える
    ことが難しくなりました。
    勉強が嫌いなら、早めにいろいろな職場を一緒に観て回って、
    職業観を養っては如何ですか。

    そうした中でどんな仕事を生業とするかを考えさせるのです。
    自分がやりたいと考える職業があれば、その為にどんな勉強
    が必要かを一緒にお話しになられてはと思います。

    他者と同じ道を歩む必要はありません。一度社会を体験させ
    れば、学業の大切さに気付くのではありませんか。

    ポイントは、本人が好きな事、得意な事に向かわせる事です。
    このレスは、沢山の選択肢の中の一つに過ぎません。

    ユーザーID:4800933361

  • 成績に興味がないのに、点が上がれば喜ぶの?

    甘いですね。

    「嫌いな勉強はしないという"強い意志"」
    イヤイヤ。そういうのは"強い意志"とは表現しません。
    ただ「我」が強いだけですよ。


    そもそも勉強は誰だって嫌いなんですよ。
    好きな科目だけの勉強でよいなら皆そうしていたいんです。
    成績がよい子の殆どは「勉強は嫌いだが我慢して頑張っている」「歯を食いしばって努力して成績をあげている」のですよ。
    苦しいこと、辛いこと、しんどいこと。
    それから逃げずに向き合っている子は結果を出しますが、逃げてサボる子は結果は出せない。成績は下がるだけです。

    本当に成績に興味がない子は点数も気にしません。
    点数が上がって喜んだなら、成績にも興味があるはず。
    興味がないふりをしているだけだと思いますよ。


    ちなみに
    勉強を、やっても出来ない、頑張っても結果を出せない子もいます。
    だからやりたくないと思うお子さんがいるのです。
    頑張っても点数がとれないことを恐れて、あえてやらないとか。


    トピックの情報だけで判断はできませんので、
    お子さんの様子をもっと細かく観察して判断してください。

    ユーザーID:9152853887

  • ぶたもおだてりゃ木に登る

     おばちゃんです。学歴は高校卒です。勉強が大嫌いで進学は望まず就職しました。人生で勉強をしたのは、たったの2年。

     一つは小学校6年生。担任が変わりベテランの男性のS教師でした。それまでは勉強はしない、嫌な授業は仮病でさぼりました。ところがS教師は私が休むと必ず自宅へ見舞いに来ました。帰る時には慌てて敷いた布団に寝ている私に「明日は必ず来いよ」と言って帰りました。さすがにもうサボれず毎日登校しました。頑張ると褒めてくれました。褒められたくて毎日予習をしました。すると成績が上がりますます。やる気が出て来ました。

     もう一つは高校3年生。1・2年生は適当にやっていたので成績はそこそこ。ところが3年生の就職相談の時、担任に金融機関に入りたいのならクラスの5番以内と言われました。私の勉強モードに火がつきました。毎日猛勉強で一学期は5番でした。そして二学期の就職の会議で銀行の学校推薦を受けました。無事就職試験に受かりました。就職先に良い結果を伝えたくてその後も頑張りました。

     頑張るには目標とご褒美が必要です。子育ても褒めたり目標を持たせたりしました。でも一番効いたのは大学のキャンパス巡りです。大学の構内を散策し学食でランチをしました。素晴らしい環境にびっくりし憧れました。自分もその仲間に入りたいと言いました。言われなくても勉強をするようになりました。結果、超有名大学ではありませんが希望の大学に入学し学生生活を堪能しました。

     子供達はによき友を得、希望の職業につけられたと感謝されています。口ではなく目で見せ経験をさせるのが一番と思います。

     

    ユーザーID:0640131705

  • 身をもって思い知るしかない。

    息子さん自身が自分で身をもって感じたり、思い知らなければ変わらないと思いますよ。

    高校に進学すれば、そのような状況になるのではないでしょうか。

    高校は義務教育ではありませんから、成績を取らないと進級や卒業が出来ませんし、また、進級や卒業には影響がなかったとしても、今は昔と違い、スポーツ推薦でも学業で一定の成績を求める指導者が多くなっていますから、部活に参加出来なくなるという可能性もあります。

    そうなった時に、基礎学力の差を感じることにもなると思いますから、苦手な科目ややりたくないことはして来なかった自分を後悔するか否かが、鍵になるのではないでしょうか。

    また、高校卒業後の進路をどのように考えているか分かりませんが、どんな形でも推薦での進学を視野に入れていたり、就職するにしても、やはり成績は偏りなく、満遍なく修めておくことは必要だと思いますし、小中学校時代のように、自分の好きなことだけをしていても何とかなるということはないはずです。

    さらに、今はアスリートも身体能力だけが問われるのではなく、自分で効果的なトレーニングや栄養摂取の方法などを考えたり、メンタル面を高めるために幅の広い読書をしたりと、そのような努力をしている人が多いですし、高校生だって全国レベルで活躍したり、卒業後にプロに進む人はそういうことをしていますよね。

    当然、運動という面でも自分が苦手とする練習もしているはずですし、そういったことを努力して克服することで、より高いレベルの選手になれるという面もあるでしょう。

    運動と勉強の両方の面で何年か後に後悔しないようにと、後悔することがあっても自分以外の誰のせいでもないということを、一度両親揃って膝を突き合わせて話をして、様子を見てみたらいかがですか。

    命令や声かけではなく、親として大人として、真剣に話してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7852382265

  • ありがとうございます。

    レスを下さった皆様、たくさんの貴重なご意見をありがとうございます。
    皆様のご意見を読み、自分と息子の関係を客観的に見るとてもいい機会になりました。

    彼が「生活に支障がないこと、困ったことがないこと」に胡座をかき、生活の不自由の無さに甘えているのは確かです。

    それは私が、後々後悔しないようにと、ついつい何でも先回りして整えてしまっていた結果だと思います。
    小さい頃から「自分で出来る事は自分で。」と観察して見守ってきたと自負していましたが、私の勝手な考えや都合で、手を貸してきた事も多々ありました。
    その都度の様々な事情の中で、何が正解で何を優先させるべきだったのか……
    難しいですね。
    私の方も我慢が足りなかったのだと思います。

    宿題や勉強をする理由は、私だけでなく色々な方からも経験に基づいて話していただき、本人はその時は理解するものの、いざとなると「面倒くさい」方が勝つようです。
    今まで「面倒くさい」事をしなくても何とかなってきたからですね。

    逆にスポーツの世界では、甘えが許されず、自分が頑張らないと生き残っていけない厳しい環境なので、頑張って続けてこれたのだと思いました。
    勉強をする意味も、今の自分が未来の自分に繋がっている事を実感して初めて理解するのでしょうね。

    まずは職業観を養う経験をするのもいいですね。進学先が決まっているのでその道に進みますが、折に触れて、その先の未来を自分で考えられるような経験もさせたいですし、積極的に話をしてみようと思います。

    まずは、今頑張ってる事を褒めて、彼の内にある自ら学ぶ力を信じたいと思います。

    幸い、進学先では厳しい環境に入るので、人との関わりの中で経験を通して学ぶ事がたくさんあると期待し、母は遠くからエールを送ろうと思います。

    ユーザーID:0546931994

  • 程度問題になると思うんだけど1

    書字能力がちと変わってて、書字だけで非常に消耗してしまう子はいますね。
    普通の子は「書いて覚える」はずが、書くことで手一杯になって内容が全く入ってこないタイプ。書くことが苦痛でしかない。
    ウチの息子(今は中学生)がそのタイプで、特に小学校では漢字書き取り宿題とかどうにもダメで。
    いや、毎日ノート一頁ミッチリ書き取りやれとか出てたら私も考えたんですが、
    そんな宿題出す小学校じゃなかったもんで、単純に繰り返して書く漢字練習は「一日一文字三マス」のみ。
    そんくらい気にならないだろうと思ってたらそれすら本人物凄く嫌だったらしい。
    で、学年上がってそれが「一日五マス」になったんですが、その五マスやりかけていきなり何か叫びながら部屋を飛び出してった。
    ビックリして追いかけたら玄関の隅で丸まってしゃがんで動かなくなってた。

    ちと視覚優位で漢字は書かなくても見りゃ覚えるんです。
    漢字辞書見るのが趣味だからどんどん覚えて、小学校在学中に漢検準一級取りました。
    でも書き取り練習みたいなのは物凄く憎んで拒否してる(もう中学だからいいんだけど別に)。
    トピ文の「強い意志をもって」拒否する様子よく分かる。普通にやった方が絶対楽なのに、物凄いエネルギー使って拒否するよね。
    あ、漢字書き取り五マスはお目こぼしにして貰いました(漢検の証書を押し立てて)。

    で、単純暗記も(ものによるけど)憎んでる。
    激しかったのは歴史の年号覚え拒否(まあ歴史上の人名覚えるのも嫌うけど)。
    私が「アンタ地理分野は世界の国名地名とかチビんときから凄い勢いで覚えてたじゃんよ、歴史分野を差別するな」つったら
    「地名国名は実際に行ったり取引したりするときに物凄く使うだろう、古い年号を暗記しても何の意味も無い絶対覚えん」
    というので、

    ユーザーID:7196437433

  • 程度問題だと思うんだけど2


    「そうか、1945年8月6日や8月9日を皆が覚えてその日その時間にサイレンが鳴って黙祷するのも意味が無いのか、
    2011年3月11日を皆が覚えてるのも意味が無いのか!
    人を悼むのは命日だけじゃなくていつでも思い出して悼めばいいさ。
    でもな、それでも何かが起きた年月日、誰かが生まれたり死んだりした年月日を覚えておくのは、せめてそれだけでも覚えておこうっていう、人が人を大切にする心の表れなんだよ、
    それを意味が無いとか言うなバカヤロウ!
    最低ラインでヒトに起きた大きな事を覚えてますよってことで年号覚えるんだよ年号は入り口なんだよ。詳しいことは更にそっから理解するんだよ、
    年号覚えるのが意味ないなら、アンタの生年月日を覚えていてくれる家族やジジババの気持ちも意味が無いんだな。
    じゃあみんなアンタの誕生日覚えてやらない!何の祝いもないぞその日。
    ふと気がついたときに「息子よ生まれてきてくれてありがとう」って思うからそれでいいだろ」
    ってまくし立てた。そしたら黙った。
    今は相変わらず年号憎んでるけどまあ覚えてる(抜けも多いけどね)。

    点と直線の定義さえ与えられたら後は全部理詰めで解ける(はずだ)というような、根本的なところで暗記を必要としない(はずの)幾何が好きなんだよねー。
    円周角の定理とか三平方の定理とか暗記するのはあくまで「便利だから便宜的に」で、その気になればその場で導き出せるじゃん?というのがいいのね。

    ユーザーID:7196437433

  • 程度問題だと思うんだけど3

    だから最初から最後まで全部が恣意的な、言語(外国語)を覚えるのが嫌い。
    「言語ってのは徹頭徹尾人間が作った約束事だからそりゃ演繹が効かずに腹が立つんだろうけど、
    『あなたとわかり合いたい』と、相手を思って尊重する気持ちがあるなら、そういう約束事を覚える努力もできるんじゃないのか?
    日本人以外も大切だと思うなら、分かり合いたいなら、暗記する努力もしろよ」
    とかまくしたてたら黙ったけどね。
    今でも英語の連語覚えるのを凄く憎んでて、覚えながら「前置詞を世の中から抹殺すべき」って大演説してるけど。

    ウチのは物凄く怒り狂っても、大嫌いな暗記物も書字も結局は折り合いつけて覚えるんで、何とかなってんですよね。
    でも、本当にどうしようもなくて拒絶するしかない子もいて、そういう子はタブレットとかで書字の必要の無い環境を作って支援することも必要になる。
    折り合うか折り合わないか、拒否感の強さの程度問題なんだよね。

    息子さんも、スポーツの基礎努力は人並み以上にできるんだね。「勉強の暗記なんかはそれと同じ事だよ」…つってもダメなモノはだめなのね?

    書字での自主学習がどうにも成立しないようなら、タブレット学習なんかの支援も考えてみてもいいかもしれない。
    ウチの息子程度で何とか折り合いがつきそうなメがあるなら、私みたいにメタクタをまくし立ててみるかなあ。
    本人が理屈っぽいので、こっちが本気で根本的な所から話を始めたら無視はできない…ようです、ウチの場合は。

    ユーザーID:7196437433

  • アプローチの仕方を変えてみれば?

    字を書くのが嫌いなのですね。ならば書かない勉強方法を採ればよいのです。
    そして理系は得意とのこと。
    ならば文系科目も理系的に取り組むこと。

    例えば歴史。
    年号を覚えて事柄の前後を判断するのではなく、事柄の要因と結果で歴史の流れを掴みます。
    年号を覚えるのは数学の公式を覚えるように、本当に大切な要所だけ。
    理数系が好き、というのは丸暗記せずともエレメントだけを覚えれば他の答えも導き出せるからです。
    ロジカルな流れが見えないことはその場で忘れます。

    英単語も文字の羅列を呪文のように覚えるのではなくて、どういう言葉が組み合わせっているのか、どんな言葉と同じ派生元を持っているのかとか。

    遠回りのように思うかもしれませんが、写真のような記憶脳に恵まれていない理数系好きには
    結局この方が効率が良いのです。


    そして、文字を書くのが嫌いなら、口頭で。
    文字に書くより発音した方が記憶に残りやすいですし、人に説明をするのは最良の勉強ですから、一石二鳥です。

    お母様にはお子さんの相手をする忍耐がありますか?

    ならば、試験範囲のことをどんどんお子さんに質問して的確な答えを引き出していきましょう。
    勿論、そのためには親がその事柄についてチキンと理解していないと的確な質問もツッコミもできません。
    答えが出ないようなら、その部分について教科書を読んだり検索をしたりした後、得た答えを報告させます。
    そうやって、質問に答えさせ、弱い部分は突っ込んでさらに質問をし、それに答えるようにしていけば
    机に向かわなくとも、文字を書かなくとも勉強はできます。

    英単語だって書きたくなければ口頭で綴りを言えばよいのです。

    うちは、小中学校時代、この勉強法でした。
    高校では質問者、回答者を本人が一人二役でするようになりました。
    成績は常にトップクラスでした。

    ユーザーID:8127837878

  • 一応、先輩づらしていいのかな

    文面からはおそらく一族そろって高学歴で、自分も家族も自然とやっていた勉強を子供がしようとしないので戸惑っている、という印象を受けました。
    私は上に女子、下に男子がおり、上下とも筋金入りの勉強嫌いでした。

    上は徹底的に腹を割って話し合うという戦術で、高校生の今はガリ勉になってしまいました。小学校のころから説教と衝突は功を奏しないと察し、徹底的に観察、理解に努めました。中学生のころは何の問題が解けて何が解けないか全部把握するぐらい観察していました。と言って勉強させてやる魔法も、難問を解けるようにしてやれる魔法もありません。家で解けないもんは、テストでも解けません。ただ「あなたが何をして何をしなかったかは知ってるよ」ということはいつも娘に分からせていました。テストの点数を見ても、別に驚きません。テキストの解き具合からの予想通りです。だから点数を見てショックを受けて頭に血が上って怒鳴りつけることもありません。本人は悪い点数で叱られると思っているのに「テストを受ける前からその点数だと分かっていたわ」と私が平然としているので子供はだんだん心を開き、何が苦手か、何が怖いのかさらけ出してきます。それを受け止め、じゃあどうしたらいい?と一緒に考えていきました。

    私であれば「字を書くことと暗記が嫌い」と言われればそれに飛びついてさらに詳しく聞かせてくれるようあらゆる手を尽くして聞き出します。それがスタートです。男子は女子よりも干渉を嫌うし特に口が重いのは分かります。男子ということを思えばそれを教えてくれただけでもすごいし、私も息子の理解には娘ほどは重くならないよう気を使います。でも根っこは同じで、子供は親に自分を正しく理解されたいし、レベルアップへ導いてほしいと願っています。もう中3、まだ中3。義務教育の間はあがいてみてはいかがですか。多分、息子さんのこと、まだ何もご存じないと思います。

    ユーザーID:3041524465

  • 軽いディスレクシアかも

    >ただ、字を書くという行為そのものと暗記が大嫌いとだけ
    教えてくれました。

    私もスポーツ推薦高校へ行き漢字や古文が苦手で数学
    が得意だったので理系クラスへ行きましたが高校1半ばで
    怪我がひどくスポーツをやめてリハビリしながら真剣に
    将来生業として座って出来る技術職に就くために勉強しました。

    子供の頃の国語のテストを大人になって見るとディスレク
    レシア見たいな左右逆さまのカタカナとか書いてました。

    日本語はすごく難しい言語です。英語の方が数学好きな
    らば文法や品詞覚えたら音声言語だから英語の方が勉強
    すれば出来るようになると思います。

    航空や船舶のパイロット、コンピューター関連業、
    データサイエンス統計学、プロダクトデザイナー、
    土木や建築設計、ドローン遠隔測量士、石油工学、
    地質学、MRIや放射線技師、料理人、大工、CADカー
    モデラー、カメラマン他

    どれも文系よりも体力と理系が得意な人が有利な
    職業です。

    習字や絵を描いたり漫画や雑誌や好きな本を読む
    ようにすると自然に直るんですけどね。

    やっぱり嫌がってしないかなぁー。

    本当は嫌いなものが以外に才能あったりするのです。

    ユーザーID:1688142258

  • スポーツが飛び切り上手いのですね

    > 高校進学は、幸いにスポーツで推薦入学がきまりました。

    ということは、スポーツが得意というどころか一芸入学で全国大会に出るというレベルですか? もしそうだとすると、そのレベルの選手はインテリゲンツは相当高いはずです.でも勉強のモチベーションは低いということなんですね.

    私は中学時入学時は定期試験の成績は上位だったが、実力テストが伸び悩み、どんどん音楽(楽器の稽古)にハマっていった.皆目勉強にも手付けずで学年下位.でも、音楽家の少なからずは数学が得意、稀であるが数学者でもある方が居るということ.大学レベルの数式が多い作曲技法の本を読んでるうち憧れで数学の勉強だけは開始、高校では音楽と数学にハマり応用数学という観点から物理も得意化.最終的にはお勉強が優秀という延長にはなりませんでしたが、ごく普通レベルの私立大学文系に入学でき卒後は一職人として生計を立て、現在老後生活してます.音楽だけはやめられません.

    このような手がかりがあれば良いですね.

    スポーツは、人体に関する自然科学(スポーツ医学・生理学)や人文科学(哲学特に身体論など)と関わることを伝えることで興味のとっかかりになればいいですね.

    ユーザーID:3882137845

  • 同じ中3男子の母です

    >>高校進学は、幸いにスポーツで推薦入学がきまりました

    もう決まっているのなら
    嫌いな勉強をさせるのは無理じゃないかなー

    入学後厳しい生活が待っているとしても
    想像できないだろうしね。

    ですが、スポーツ推薦も素晴らしいと思います。
    そのスポーツが好きな子は沢山いても
    誰もが選ばれる訳では無いんですから。

    ただ周りはこれからが受験本番、追い込みモード
    私立の受験が始まれば、不合格で不安定になる子も出てくる。
    同級生のそんな雰囲気を理解して
    配慮できる子であってほしいと思います。

    ユーザーID:6184817275

  • 一生懸命勉強したら、

    如何なるインセンティブが息子さんを待っているのでしょうか。インセンティブが彼にとって興味あるものなら、彼は努力するでしょう。

    三男は幼児の頃から、金に興味を持っていました。金があれば、好きな菓子や玩具を好きなだけ買えます。如何したら、金を一杯手に入れられるか、彼の答えはプロのスポーツ選手になることでした。サッカーには力を入れました。

    高校生のころ、クオンツとかファンドマネージャーという言葉を知りました。彼らはサッカーや野球選手以上に稼ぎます。和製James Simonsになるためには、如何すべきか考えました。彼の答えは数学で学位を取得することでした。博士(数理科学)を取得しました。

    リーマン・ブラザーズの破綻で彼の夢は消えましたが、メガバンクでクオンツ職に就いています。全うなサラリーマンになりました。

    "勉強が嫌い。成績にも興味がない中学生"でも、金は好きでしょう。一流のスポーツ選手になるのは大変な努力を要しますが、勉強は誰でもそこそこ出来ます。スポーツで大金を得るのは至難の技、勉強でそれを得るのは遥に容易です。

    息子さんに衝撃を与えるようなインセンティブはありませんか。人間は何時でも変われるものです。

    ユーザーID:9185435097

レス求!トピ一覧