自閉症児が遊んでるところへ介入

レス38
(トピ主5
お気に入り79

妊娠・出産・育児

マニー

自閉症の4才の子がいます。
ひとりで遊んでるときにどう介入したらいいか、介入しないのが良いのか、ずっとわからずにいます。

たとえばシルバニアファミリーでお人形を家に入れて「こんにちはー」とか、すわらせながら「座ってー。いただきまーす」なんてしてるのですが、私はどうしたら一緒に遊んでもらえるでしょうか?

娘と同じことを言ってみても、他のお人形を参加させたりしてみても、スルーされます。嫌がらないけど反応しないかんじで、ひとりで遊んでいたいようです。
娘の世界はそっとしておこうと思って、私はわりこんだりしないのですが、するといつもいつまでもひとりで遊んでいるのです。

コミュニケーションがとれなくてなんとなく寂しいし、私は見てるだけで良いのかな、と長いあいだ分からずにいます。

歌や身体を使った親子遊びはします。
そのときは楽しんでくれます。

ユーザーID:5682669573

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 全部に入りこまなくても良いでしょ?

    自閉症じゃなくても1人で遊びたい時はあると思いますよ
    誰かが参加すると思い通りにはなりませんから
    それで寂しいって、チョット違うんじゃないですか?
    トピ主さん自身、子供の頃、1人の空想の世界で楽しいってことないの?
    変ってるのはトピ主さんの方だと思うけど

    ユーザーID:4021866642

  • ペアレントトレーニングを療育で受けていました

    現在息子は小学生ですが、

    就学前は母としてのストレスがすごくて、
    どうしたらいいかすごくわからない、辛いと強く訴えていたら、
    療育先で発達障害児のための病院内のペアレントトレーニング先を教えてもらいました。
    指導してくださったのは、心理士さんで、たくさんのおもちゃがある部屋で子供を遊ばせながら私と話をしてくれるやり方で、介入がおどろくほど上手でした。
    こんな子相手でも関わる方法があるんだということを見せてくれました。

    こういうのは強く訴えないと紹介してもらえないようです。

    ユーザーID:8346871720

  • いきなりいかずに

    いきなり「こんにちは」などと参加しないで、「お母さんも一緒に遊んでいい?」と聞いてから参加すれば?
    お子さんにしたら自分の中で完成している世界があるので、そこにいきなりトピ主さんが入って来たら娘さんは困惑すると思います。
    娘さんには娘さんなりのルールがあるのでしょう。
    一緒に遊びたいのならば娘さんにどうやったら一緒に遊べるか教えてもらってください。

    それから「介入」は辞書には「事件や争いごとなどに割り込むこと」とあります。
    良い意味では使わない言葉ですね。

    ユーザーID:7197168265

  • お子さんのことを第一に

    お子さんのことで
    心痛めているのは伝わってくるのですが、

    >私はどうしたら一緒に遊んでもらえるでしょうか?
    この言葉はちょっと、どうかなと思いました。

    大人なんだから、
    そういう感情を持つのは止めませんか?
    なんとなく、
    お子さんがこれで大丈夫だろうかとか
    そういう気持ちなら良いかと思うのですが…

    あなたが遊んでほしくて
    どうするのだろうと思います。

    他で親子で遊べているのなら、
    そのシルバニア遊びは、一人で遊びたいのだから、
    気が済むまで一人で遊ばせたほうが
    いいんじゃないですかね…。

    ユーザーID:9894691819

  • レスします

    そのままにさせておく時間って言うのもあっていいと思いますよ。
    うちの子は自閉症ではないですが、結構一人遊びが好きで、ほっとくと割と長いこと一人で楽しんでます。
    トピ主さんも一人で何かに没頭する時ってありますよね?
    それが人より長いってことだと思います。

    他の遊びも出来るようですし、食べるのも忘れて遊んでると言うんでなければ、一人で楽しませておいて大丈夫だと思います。
    まだ4歳ですしね。
    そのうちもう少し周りにも目が行くようになると思いますよ。

    トピ主さんはさみしいかもですが、そうやって集中して楽しめるってことは、その場に安心してるってことだと思うんです。ママがそばにいてくれるからこそだと思いますよ。

    ユーザーID:7506596023

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 基本的に一人遊びが好き。

    4才自閉症の男児がいます。
    コミュニケーション、本当に難しいですよね。

    うちも一人遊びが好きで、今はプラレールの車両の連結部分を付けたり外したりするのに特にハマっています。
    集中している様子が分かるので基本的にはそっと見ており、難しいことが出来たときなどに「すごいねー全部つながったね」などと声をかけたりしています。
    するとそのうち、できたら見せに来るようになります。
    このときが積極的に関わるチャンスだと思っています。

    シルバニアでいくと、
    時々様子を見ながら「あら、みんなでピクニックしてるのねー楽しそうね」とか、そのぐらいの距離をおいた声かけからしてみてはどうですか?
    いきなりガッツリ入られると、自分の世界が壊されると思うかもしれません。

    うちも身体を使ったやや激しい遊びを一緒にするのが大好きです。
    歌や身体を使った遊びが一緒にできるのなら、それでいいではありませんか。
    娘さんにとって、シルバニアは一人でやりたい遊びなのかもしれません。
    何がなんでも全部が全部の遊びに関わらなくて良いと思いますよ。
    またこれは一般論ですが、子どもが遊びに集中しているときはそっとしておくと良いという専門家もいます。

    それから少し気になったのがトピ主さんの使った「スルー」という言葉です。
    自閉症についての勉強はしていますか?
    トピ主さんの声かけに「言葉として」返事をしないだけであって、心の中や行動としては何か反応しているかもしれませんよ。
    アウトプットの形が健常者とは異なるのです。

    ユーザーID:3391867134

  • ちょっとちがう

    トピ主です。
    書き込みありがとうございます。
    療育先のママさんの中には、子どものひとり遊びは放置してママ自身は好きなことしてるという方もいました。それで良いのか、そうしてみようと思い、子どもの遊びに働きかけるのをやめた期間もありましたが、やはり寂しいのです。同じ部屋にいながら、ずっとソロ活動ですよ。自閉児の親御さん、どうなんでしょうか。
    寂しくないという方がもしいたら、達観されてる印象ですが、教えていただきたいです。

    自閉症児のひとり遊びが定形児のと違うところは、頑として受け入れてくれない傾向があるところ、それがずっと続くところなんです。
    誰だってひとりで遊びたい時はあるでしょ、ではないのですよ。

    イヤならイヤと反応もしない。
    まあイヤそうではないのですが。
    だから長いこと悩んでいます。

    ユーザーID:5682669573

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 干渉しません

    うちには8歳と6歳の自閉症男児2人います。
    達観してるわけではないですが、一人遊びの時は放置です笑
    2人ともそれぞれの世界観ありますし。
    長男はまだ3歳の頃は特に表情がなく、色々わかりにくかったですが、集団に入ることによって表情が出てきて遊び方が変わってきたように思います。
    ソロ活動の何が悪いのかやっぱりわたしにはわかりません。
    下の子は自閉症でも、表情があるし応答性はやや低いけど、嫌な時は嫌だと言ってましたね。
    うちは、3人でいてもソロ活動みんなしてるか兄弟喧嘩が始まるかのどちらかですよ。

    ユーザーID:1330913257

  • 2回目です

    「自閉症児の親御さん」と呼び掛けがありましたので再レスです。

    私、全然寂しくないですよ。
    なぜなら、それが「息子の好む遊び方」だからです。
    息子が楽しく心地よく快適に過ごせる環境を整えてあげること、これが自閉症児の親の役割だと思っています。
    一緒に遊ぶことが役割ではありません。

    もちろん社会性や協調性を身に付けるためにも、時には複数人で活動する必要があります。
    でもそれは外の世界で十分に頑張っているのだから、家で強要するのは、家という寛げるべき場所で更に苦痛を増やすことになるのではないかと思っています。
    うちは絵本の読み聞かせも嫌がるし歌を歌えば口を塞がれます。
    でも身体を使った遊びやかくれんぼ、シャボン玉など、親である私と一緒にしたいと息子から誘ってくれる遊びもあるので、それはそれで良いと考えています。

    なんなら、息子が一人で遊んでいる間に、家事や料理、自分のやりたいこと(録りためたドラマを観たり本を読んだりネイルをしたり)が済ませられるので、少し助かっているぐらいです。
    だってそれ以外の時間はなにかと手がかかるので。

    トピ主さんの「寂しい」という独り善がりな考え方をやめませんか?
    それはトピ主さんの勝手で一方的な思いで、お子さんには押し付けになりますよね。
    そんなに寂しいなら、もう一人、一緒に遊んでくれる定型のお子さんつくられたらどうでしょう?

    ユーザーID:3391867134

  • すみません、追記です

    自閉症児の母です。

    トピ文とトピ主レス、両方拝見しての印象ですが、
    トピ主さんがお子さんを自閉症児として完全に受け入れていないように思いました。
    「頑として受け入れてくれない」とありますが、それこそが自閉症の特性ですよね。
    それを逆に「頑として受け入れてもらおう」とするのはなぜですか?
    定型児に近付けたいのですか?

    もちろん私も、毎日色々と思い悩み試行錯誤しながら育児をしています。
    友人の子の成長を見ながら「ああ、普通の子だったら、ここで笑うんだなあ」「2才でこんなにしゃべるんだなあ」「もしうちの子が定型だったら、育児が楽しい!という瞬間が何度もあったのかなあ」なんて思います。

    診断が確定してから一年、知的遅滞ありの自閉症児を産んだのは自分の宿命として、仕事をやめ、生活習慣や友人付き合いも変化し、完全に受け入れ体制になるまでに時間もかかりました。
    これからはこの子が自立できるまでをサポートするのが自分の仕事だと思って生きていきます。
    腹を括って頑張っています。

    ユーザーID:3391867134

  • そこまで言うなら、トレーニング先を探すしかない

    >自閉症児のひとり遊びが定形児のと違うところは、頑として受け入れてくれない傾向があるところ、それがずっと続くところなんです。
    >誰だってひとりで遊びたい時はあるでしょ、ではないのですよ。
    そりゃそうですよ、そうじゃないなら、障害じゃないのですから。
    自閉症はそういうものだと分かっているのに、自分が寂しいから関わりたいという
    子どもではなく母親の不満なんですよね?
    だったら本気でトレーニング先を探してください
    普通の方法では入れる訳がありません、プロに教えてもらわないなら諦めないと。

    発達障害は目に見えるものではないから、色々複雑なのでしょうけど
    生まれつき歩行困難な娘と手をつないで歩きたいと言い出す母親がいたら
    そこまで子供に無理させなくても・・・という人と
    そこまで一緒に歩きたいなら、訓練して、器具付けて、夢を実現しましょう
    と言う人が居ると思いますよ。
    トピ主さんが後者なら、黙って普通の生活を送っていては、夢は叶わないと思う
    もっと覚悟も努力もいると思う

    そして、本当にアドバイスが欲しいなら、今やってる事は書かないとね
    レスで療育に入ってるらしいなぁと分かるけど、既にトレーニングを受けているのかすら分からないので

    ユーザーID:4021866642

  • 成人近い自閉娘の母ですが

    私はトピ主さんのお気持ちよく分かりますよ。
    娘を育てていて、寂しいと思うことは数えきれないくらいありました。
    厳しいレスもありましたが、トピ主さん、お気になさらないように。

    お人形遊びについては子供にもよるのでしょうが、私はスルーされても一緒にしましたし、それはいい方向に進んだと思います。
    娘には兄弟もいましたので、そちらの相手をしている時や、私が家事をしている間はどうしても娘は一人遊びになりますので、そんなに長い時間は出来ていませんが。

    どうやったら娘が反応するか、お人形を使って色々やってみました。
    すると、だんだんこうすると喜ぶんだなと分かってきましたし、それをやってほしいと娘なりに伝えてくるようになりました。
    まあ、普通のお人形遊びとは違うかな。
    でも、スルーよりは少し進歩したかなと。

    トピ主さんも娘さんが嫌がっていないなら、一緒にやっていいんじゃないかなと私は思います。

    十数年後の今の娘は、
    私の事が大好きだと伝えてくれますし、悩みがあれば相談してきます。
    少ないですが友達もできて、今日も電車で一緒に遊びに行っています。
    障害枠ですが一般企業で仕事もして、お給料を頂いています。
    コミュニケーションは今でもうまくないですし本人も悩んでいますが、真面目に働き、しっかり挨拶し、敬語で話すので職場の人にはそれなりに可愛がられているようです。
    心配していた二次障害にもなっていません。先の事はわかりませんが。

    ここまで色々ありましたけどね。
    一番キツかったのは娘が中学の時かな。
    本人が自分の障害に悩んで悩んで・・・胸が痛みました。

    でも今やっと平和な日々が来て本当に幸せです。
    まだまだ先は長いですけどね。

    トピ主さん、お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:4565358925

  • うちも一人で遊ぶ

    うちは10歳、5歳の息子2人がいますが、下は特に一人で遊びたいようです。今は指人形が50体くらいあるので、それで遊んでいます。

    たまに兄が邪魔すると「お兄ちゃん来ないで」というくらいです。

    一応、診断も受けています。

    上の時は診断もしてないですが、とにかく集中してやる子だったのであまり一緒に遊んでいなかったですね。出来上がったプラレールとかを走らせてただけですね。

    下は、たまに一緒に遊んでと言われるので「どうやるの?」と聞くと、「こうやって」と指人形同士を戦わせてます。

    主さんは、寂しいのかもしれませんが、別々な事やってもいいじゃないですか、そばで洗濯物畳んだりとか、好きな事していたらいいのにって思います。

    主さんが逆に一人が苦手なのでは?

    私も結婚する前は一人は漠然と寂しかったですね。

    でも結婚して、子供がいると一人が自由すぎて満喫しちゃいます。でも幼稚園から帰ってくると、抱っこしたりスキンシップを少しすると、お互いまた自由行動に戻りますね。

    まあ、主さんも何か集中していると、子供が何か興味を示してくるかもですね。

    とにかく干渉しない事に慣れましょう。

    ユーザーID:2167515857

  • 自閉症の僕が跳びはねる理由

    トピさん、トピさんはもしかしたらあまり自閉症の勉強はされていないのでしょうか。

    自閉症の僕が跳びはねる理由 東田直樹さんの本をぜひ読んでください。

    スルーしているようにみえるかもしれないけどそうじゃないかもしれません。

    娘さんの心の中はきっと違いますよ。

    ユーザーID:5134349423

  • お尋ねしていいですか

    すみれさん
    個別にすみません。
    自閉症について勉強という点についてなのですけど、皆さんはどのように勉強されてるのでしょうか?
    図書館で片端から自閉症についての本を読んでます。20〜30冊読んでます。療育との関わりは3年目です。
    それでも、わからないこと沢山です。
    自閉症についての一般的な知識は頭にはいっても、目の前の子どもの意味不明な言動を理解するのは、とても難しいです。
    皆さんも同じなのでしょうか。
    周りの自閉症児ママは、余裕に見えるのです。
    上にお子さんがいるか、初めての子かは、あまり関係なさそうです。

    スルーという書き方をしたのは、娘の反応がないからです。チラ見もしないし手で振り払いもしない、私が隣にいないかのように無視です。何か感じてるのなら、何か反応しても良いのにと思いますが、違うのでしょうか。

     また、介入という書き方についてどなたかから一言ありましたが、療育で使われてる言葉なんです。子どもの行動に介入するという使われ方です。会話ではわかりませんがテキストに書かれてます。

    この前療育の先生から、一緒に遊ぶ方法がわからないから教える必要あると言われました。定型児と違ってなかなか自然に身に付かない、遊び方をわかった上でひとりで遊びたいならそれはそれ、とのことです。

    ユーザーID:5682669573

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ABA

    >イヤならイヤと反応もしない。

    外界への反応が乏しいということですね。

    ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)という療育法があります。
    家庭でやる本などもあります。

    これで色々気づかせていくことができます。
    肯定の頷き、否定の首振り、指さし、色の名前、上下、左右、これで徹底して教えました。

    民間でやっているところも多くでてきました。

    お住まいの地域で探されると良いと思います。

    ユーザーID:8346871720

  • 言葉を理解しようとするの?

    ドナ・ウイリアムズさんの著作は読みましたか?

    お母さんも相手の感情を読み取るのが苦手なのかな?
    言葉にしたり、文字にしてもらわないとわかりにくいのでしょうか?

    普通の子でも言葉と、気持ちは一致しませんから、過去の行動やら手足の緊張感などから、察しますよね。

    まだ、4才で、お子さんの行動は整理されてきていませんから、お母さんには情報収集の時期です。
    まだ、結果は手に出来ない試行錯誤の時期ですから、焦らないでくださいね。

    自閉症児でも、その子どもの独特の感情表現がありますよね。

    以前、私が見かけた子どもは

    浅い池の中で水面と遊んでいました。

    表情もなく、ゆっくり、ゆっくり、体を動かして、声もださない。

    でも、全身で水と会話していて、すごく幸せそうでした。

    お父さんらしき人は、岸から、やきもきと「危ない」とかなんとか叫んでました。きれいではない池なので、自分が入ってしまうのはいやだったようです。が、その子どもはまったく関心を払ってませんでした。

    あんなに幸福そうに遊んでいるのになんでお父さんは判ってあげないんだろう。
    安全だけ見守ってあげれば良いのに。

    と、とてもふしぎでした。

    お母さんが寂しいと思うのはそれは、それで大事な気持ちです。
    それと、自閉症児を理解することは切り離すほうがいいですよ。

    お母さんの寂しい気持ちは、お子さんの遊びに介入することでは無くなりません。
    自分の寂しい気持ちの解決はたとえば、自閉症児の親の会などでで解消してください。
    お互いに解決できない悩み事を「つらく思っている。」「そうよね、それはつらうよね」と受け止めてもらう。
    残念ながら、子どもは親の悩みを受け止める器ではないので、そこを勘違いしない。

    ユーザーID:5938452145

  • お返事です

    ご質問いただきましたすみれです。

    勉強についてですが、
    図書館で20〜30冊の本を読まれたとのこと。
    私は購入派なので同じように書籍をたくさん読んでいます。
    ただ、書籍を読んでいて感じるのは、多くの書籍が学術的なものや教科書的なものが多く、家庭での個別のケースに対してはあまり実践的でないということです。
    トピ主さんもおっしゃるように、確かに一般的な知識は身に付きますし、とても大切だと思います。
    私は一般的な知識だけでは息子と接するに際して不足だと感じ、たくさんのケーススタディを見聞きするようにしています。
    その中の全てが当てはまるわけではありませんので、息子と近い特性を持つケースについてじっくり考え、息子に応用するにはどうすべきかと活かすようにしています。

    具体的には、テレビのドキュメンタリー、情報番組は欠かさずチェックし、ドラマや映画、エッセイ漫画は演出度を加味しながら参考までに見ています。
    やはりテレビやネットの情報は常に更新されているので新たに学ぶことも多いです。
    書籍は発行年が古いものも多いですので。
    今週からNHKで発達障害キャンペーンがあっているのはご存知ですか?
    また、それだけの本をお読みでしたらご存知かもしれませんが、佐々木正美先生の「自閉症の人が見ている世界」DVDはとても良いですよね。

    トピ文やレスを拝見しとても真面目な方なんだろうと感じました。
    それだけに正面からぶつかってしまい、なかなか思い通りに効果の見られない娘さんに苛立ちを覚えているのでしょうか。
    「スルー」「意味不明な言動」といった冷たい言葉が、同じ自閉症児の親として胸に刺さります。

    続きます

    ユーザーID:3391867134

  • 一緒に遊ばなくていい

    自閉症児じゃなくたって、幼児期以降は親とはそんなに遊びませんよ。
    お友達と遊ぶ時期ですが、それがないのが自閉症児で、そこに寂しさを覚えるなら理解できますが。

    他人との遊び方を教えなきゃいけないとしたら、コミュニケーションの問題があるからですが、本人が望んでいないとしたら、それは遊びではなくて訓練でしかないのでは。
    コミュニケーションの取り方は療育でされているでしょうから、遊び方を改めて健常者の世界に合わせる意味がわかりません。
    そういう遊び方が自閉症の特長で、それが生活に支障がないのに変える必要性はないですよね。

    自閉症についての勉強は素晴らしいと思いますが、目の前の子供の症状が全てです。
    理解できないのは当然で、自閉症スペクトラムというぐらいなので、一人一人同じ症状の子はいないので、勉強しても、やっぱりその子その子ですよ。
    むしろ勉強した自閉症の特長から、自分が自閉症の世界からその子の世界を見られるようになるのが一番の学び。

    達観して見えるのは、理解できなくても、この子はこういう子だって親はわかってるから、他人から見るとそう見えるのでは。
    無理に子供を変えようとか、こうじゃないって思っているうちは、達観して見えるわけないですもんね。

    自閉症って、世界の見え方が他の人と違うだけで、我々が勝手にそっちの世界をおかしいと言ってるだけだと思います。
    そう考えて自閉症児に接すると、お子さんの言動への見方が変わると思いますよ。

    ユーザーID:3552321023

  • 人それぞれの関わり合いがあるんじゃないかな?

    知的障害を伴わない自閉症スペクトラム児の親です。
    一人遊びが好きなお子さんが多いと思いますが、息子は乳幼児の頃は一人遊びを全くしてくれない子でした。
    常に相手を欲しがって、つきっきりで大変でした。
    (母親じゃなくてもいいんですけどね。多分、私が母親って幼稚園に入ってから理解したんじゃないかな。)

    下の定型発達の子が一人遊びの時間があって、なんて楽なんだ!と思っていたのを思い出します。
    自閉症の子は極端なんですよね。
    その一人遊びが出来ない子も成長と共に一人の世界に入る事も増えて来ました。
    大学生の今は話し掛けても反応がない事も多いです。
    本人に聞いた所、本当に聞こえてなかったり、そういう気分じゃなかったり色々あるみたいです。

    なのでトピ主さんのお子さんも成長と共に変わってくる可能性もあるし、お子さんにはお子さんなりの理由があるだろうし、様子を見ながらトピ主さん親子らしい関わり合いが出来てくるんじゃないかしら。

    歌や体を使った遊びが一緒に出来るんならそれを大いに楽しめばいい。
    シルバニアにも、ミュージカルのように参入してみるとか。(笑)
    人形遊びをする子は結構いるようで、それで保育園とかで見た人間関係を再現して学ぶ子もいるようです。

    ちょっと間違った解釈をしていたら、遊びを通して教えてあげるといいみたい。
    人形遊びに参入出来なくても、その様子を見て、実生活で教える必要のある事がわかるかもしれない。
    のんびりトピ主さんらしい関わりかたを見つけていって下さい。

    すみれさんが書かれたように、本だけじゃなく、色んな方面から見るといいと思います。
    親の会とかも参考になる関わり合いとか知ることが出来て良かったです。

    ユーザーID:9046172328

  • お返事の続きです

    お待たせしました。


    娘さんは、本当はお母さんと遊びたいけど、誘えない、どうしたら一緒に遊べるかアイデアが浮かばないのかもしれません。
    また、自閉症児の中には人をモノとしか捉えられない子もいます。
    これはドラマ化もされて有名な漫画「光とともに」に詳しいです。
    娘さんとお会いできないので、私にはどのタイプかは分かりません。
    一番分かるのはトピ主さんですよね。

    娘さんご本人の特性をよく見極めて、試行錯誤を重ねるしかありません。
    特性上、どうしても出来ないこともあると思います。
    それが「人と一緒にごっこ遊びをすること」かもしれません。

    私は前に挙げた以外にも、セミナーや講話にも出来るだけ参加しています。
    中にはペアレントメンターや先輩保護者の実体験のお話を聞けるものもあります。
    また有り難いのは、療育の同じグループのお母さん方との懇談会です。
    〇〇に困ってるのよね、と持ちかけると、じゃあ△△してみたら?□□は試した?など、それぞれが様々なアイデアを出してくれたりします。
    発達障害児との生活は、アイデアと経験、試行錯誤の繰り返しだと実感します。
    最終的な目標が一致している同じく発達障害児の親たちと話すこともとても有益です。

    きっと一番困っているのはトピ主さんではなく、娘さんです。
    娘さんの気持ちと特性を汲んであげることはできませんか?

    ユーザーID:3391867134

  • トピ主です

    皆さんありがとうございます。

    私の書き方がおかしかったのですが、私が寂しいのは娘が私と遊んでくれないからではなくて、娘に話しかけて無視される時です。何らかの反応が見られればと思いますが、ないものですから。

    すみれさん、個別にお聞きしたことにお返事くださってありがとうございます。
    まだお子さんは小さいと思われますが、お子さんの自閉症を受け入れていらっしゃるようですね。私の至らなさを感じます。

    完全に受け入れてないとのご推察、その通りだと思います。
    話しかけたら何かしら反応してほしいのです。でも、それは当たり前の気持ちだと思ってます。自閉症なんだから無理もない、と割り切れないですね。
    定型児に近づけたいと思っているんじゃありませんが、娘の世界を広げてあげられて娘が一層人生を充実させられるならと、通園療育とは別に、専門家の指導のもと家庭療育をしています。家庭療育の会は、健常児に近づけよう考えてる会なので、その会員である私は、ある程度「定型児に近づけよう」と考えてるといえるかもしれません。

    これって、佐々木正美先生のお考えとは逆ですよね。
    私は佐々木先生の、子どもの心に寄り添う考え方がとても好きです。
    教えていただいたDVDは観たことがありません。ありがとうございます。


    いくらさん
    成人近い娘さんがいらっしゃるのですね。
    お人形遊びを根気強く一緒にされたとのこと。私も私なりに、娘に合うやり方を模索しながら、一緒に遊べるように働きかけてみます。
    中学生のときが一番おつらかったのですね。
    ここまで色々あったという、その色々を、できることなら聞かせていただきたい気もちです。コメントありがとうございました。

    ユーザーID:7640909499

  • トピ主です2

    おひとりずつへのレスではなくてごめんなさい。

    いじめはいけないさん

    >表情もなく、ゆっくり、ゆっくり、体を動かして、声もださない。
    でも、全身で水と会話していて、すごく幸せそうでした。

     表情もなく、ゆっくりと動き、声を出さない。
    この姿を私が見たら、幸せそうだとは思わないでしょう。
    ああしてるのが好きなんだろうな、でも不可解、と思うでしょう。
    どうして、幸せそうだと思ったんですか?

     ドナさんの本は、有名なのに、まだ読んだことがありません。
    もうすぐ読むつもりです。


    すみれさん

    >「スルー」「意味不明な言動」といった冷たい言葉が、同じ自閉症児の親として胸に刺さります。

     そうでしたか・・すみません。
    冷たい気もちで「スルー」「意味不明な言動」と書いたんじゃなく、それ以上に適当な言葉が思いつかなかったんです。

    ケーススタディ、ほかの自閉症児の状態と大人の接し方の具体例ですよね。私もそういうお話、お母さん方の手記、は好んで読んでいます。


     皆さんの優しいコメントを読んで、問題は、私が受け入れてないことに尽きるんだろうと思いました。
     療育先のお母さんと、「こういうことに困ってて・・」「こうしてみたら?」「うちはこうしたよ」のようなやり取り、よく聞くことなんですが、私はそういうのを求めてるんじゃなくて、なんだかもっとこう、前段階の、子どもを可愛く思えないことがあるっていう問題なのです。たとえばトピ本文のような時。

     娘は可愛いし大事ですけど、他人に娘のことを「かわいい」と言えるほどじゃないし、「子育て楽しい」なんて思えません(他人の前で子どものことをかわいいって言えるなんてスゴイ・・、自閉症児の子育てが楽しいって、どういうこと!?何をどうすればそんなこと言えるまでに思えるの?と疑問です)。
     

     私には何が足りないんでしょうか。

    ユーザーID:7640909499

  • うちもスルータイプです。

    全く私を介入させませんが、同じ空間にいなくてはいけません。
    寂しいようです。いること、が大事らしい。
    あと少しで4歳、自閉の女の子です。
    シルバニアやお人形で遊びますが、周りの人とのやりとりを再現して集中して何かを発散したり、理解したりしている時が多いです。あまりに真剣なので好きなようにやらせています。本人は終わるとすっきりしています。
    そもそも、うちの自閉さんは変化が嫌いなので、求めてないのに介入されたら、本人にしたら、それはちょっとした大事件です。
    私は近くで編み物をしたり雑誌を読んだり園関係の事を済ませたりしていますが、家事ができなくてちょっとストレスでもあります。でも、フリーな時間を持てると思って自分のことを楽しんでいます。家族から見ると何もしない母親ですが、何もしないことが、うちのこには必要です。私に執着して大変だった時期もあります。
    一緒に遊べればなー、と思ったこともありますが、相手が思い通りにならないとパニック、人間を使った一人遊びになるだけなので介入はしません。大きくなったとき、他人にそれを要求したら大変なことになるので。
    医師によっては人と遊ぶ楽しさを!!と親の頑張りを求める先生もいますが、無理にこちらを向かせるより、本人のやりたいことをやりたいだけやらせた方が、たくさんのことを学べるように見えます。一人遊びをやりつくして飽きると、たまに一緒に遊ぼう、となるのでその時には存分に遊んで、一緒に遊びたい気持ちを見逃さないように積み重ねています。
    以前は園児向けの発達障害の本を参考にしていましたが、最近は小学生から大人になってからについて書いた物や、実例が多い物のほうが参考になります。
    今だけ見ると、どうしたらいいか悩みますが、ずっと先を見て今どうするか考えるとやりやすいです。

    ユーザーID:7644666325

  • 2度目ですが、

    1度書いたのですが、どうも違うような気がして、また書きます。
    うちはこうしてます、と書きましたが、主さんは、もしかしたら自分の気持ちが満たされない事が悩みなのではないかな?と思いました。
    自閉さんにも個性が様々あるので違う部分も多いと思いますが。
    うちのこは、最初私を母親と認識していませんでした。ひたすらパニック、癇癪、不眠、変化が苦手で私は腕1本動かすことが出来ない、そんな赤ちゃん時代でした。
    定型さんが示すような笑顔やつたない言葉での親子の会話などありません。1歳の子を見ると、親子が笑顔でやり取りしていて、心の底からびっくりします。やったことないですもん。そんな育児なんて。何度見ても驚愕です。私のことは常に無視、というか見えていなかったと思います。
    赤ちゃんのころはやっぱり満たされないし伝わらないしやりとりはないし寂しいというか、本当に孤独で不安で悲惨でした。どうしようもない気持ちで胸いっぱい。
    たまたま医療機関で働いていて知識があったので、産まれてすぐから発達障害の育児に切り替えることが出来て、理解して早くに辛い時期を乗り越えることができたのかもしれません。
    それでも私は母親の愛着障害です。こどもから適切な愛情を受けなかったことによるものです。そんな病気があるかは知りませんが、医師に指摘されました。
    今は、最初からマイノリティーな育児をしてるんだし、愛情のやりとりもマイノリティーでオッケー、と決めてこどもから出てくるものに一つ一つ対応してゆっくりやっていけばいいか、と思っています。
    育児なんだけど、親なんだけど、こどもに合わせるしかない。それがうちの自閉さんです。
    園の懇談会や職場の育児話は全く理解出来ません。宇宙人の話を聞いているように感じます。

    ユーザーID:7644666325

  • レスします。

    自閉スペクトラム傾向のある当事者です。


    なんだかもっとこう、前段階の、
    子どもを可愛く思えないことがあるっていう
    問題なのです。たとえばトピ本文のような時。>

    一人で熱心に人形遊びしてるなんて
    かわいい娘さんだなぁと思いましたが、
    トピ主さんは無視されているようで悲しいのですね。
    ちなみにですけど、そういうことがあった時、
    怒ったり、激昂したりしたことはありますか?
    私も他人からの問いかけに反応するのが
    苦手なのですが、怒られるとますます反応できなくなります。


    娘は可愛いし大事ですけど、
    他人に娘のことを「かわいい」と言えるほどじゃないし、
    「子育て楽しい」なんて思えません
    (他人の前で子どものことをかわいいって言えるなんて
    スゴイ・・、自閉症児の子育てが楽しいって、
    どういうこと!?
    何をどうすればそんなこと言えるまでに思えるの?と疑問です)。>

    お子さんと距離を取ったほうがいいかもしれませんね。
    今トピ主さんは働いてますか?
    お子さんと離れられる時間はありますか?
    トピ主さんの世界がお子さんばかりになるとしんどいですよね。

    寄り添おう寄り添おう
    理解しようとして、近くにいすぎて、
    お子さんの大切が分からなくなっているのかも。

    療育先以外に相談相手はいますか?
    トピ主さんの肉親はお子さんのことを可愛がってくれてますか?
    ご主人の話がありませんが、
    ご主人は協力してくれてますか?

    ユーザーID:7149435928

  • 人それぞれだけど

    あくまでもうちの長男の場合ですが、3歳頃まではホントに無反応な子でした。言葉もなかったので、何考えてるかもわからず。
    ビデオをじーっと見てたり、まれに癇癪起こしたり。
    それが保育園に通うようになって急に変わりました。
    定型の子に揉まれて感情表現も豊富になり、いまではモンスターです笑
    たまに話しかけても無視はまだまだありますが、しつこく聞けば答えるようになりました。
    家庭ではそんなに療育的なことはしたことなく、たまたまですがうちの子は定型の子と触れ合う方が良かったようです。
    やはり、子供同士のふれあいで成長できることって自閉症でもあるんじゃないかなと思います。
    定型の子に近づいてほしい気持ちはたぶん持っている親も多いと思いますよ。
    私も色々期待しすぎてイライラはしょっちゅうです。

    ユーザーID:1330913257

  • 再びお返事です

    家庭療育をされるなど、とても頑張っておられるのですね。

    トピ主さんの「反応して欲しい」というお気持ち、自閉症児の親も人間ですから、それは当たり前の感情でよくわかります。
    一方通行なようで寂しく虚しいですよね。
    うちの息子は反応しないことがほとんどなくなってきたので、日常的にそのようなお気持ちを抱えるトピ主さんのことを想像しか出来ませんが、子育て楽しい!と言えないのは全く同じです。
    本当に、この子を出産するまで想像もしていなかった苦労の繰り返しです。

    NHKで「自閉症の君が教えてくれたこと」が再放送されましたね。
    東田直樹さんの著書は、トピ主さんはとっくにお読みになったとは思いますが、改めて、東田さんのお陰で、私たち親は自閉症児の心の中が少し垣間見ることができます。
    本当に本当に有り難いことです。
    東田さんに直接お礼が言いたいぐらいです。
    「どうか僕たちのことで悩まないでください
    自分がつらいのは我慢できます
    しかし自分がいることで
    周りを不幸にしていることには耐えられないのです」
    うちの子もこんな気持ちなのだろうかと考えさせられます。
    そして、いつもお母様が冷静に寄り添っておられる姿も印象的です。

    基本的に息子が自閉症であることを受け入れている私も、時々東田さんの著書や録画した前述の番組を見返して、反省し気持ちを落ち着かせリセットする毎日です。

    トピ主さんは、何かが足りないというより、満たされない状態なのではと思いました。
    熱心に療育など取り組まれていますが、今すぐに効果が現れず将来的なはっきりした成果が見えないものは、心理的に負担になります。
    あまり楽観的になるのも良くないですが、一度、肩の力を抜いてみてはどうでしょう?
    私は「とりあえず(自分が辛かった)受験戦争からは離脱できる!」と前向きに考えたりもしています。

    ご主人とは気持ちや目標を共有できていますか?

    ユーザーID:3391867134

  • 主様ご自身のお気持ちを、誰かに相談をした事はありますか?

    元々の性格か、お子様の自閉症がきっかけか等…原因は不明ですが、本文・レスから主様ご自身の心が疲れている様に感じます。

    主様は
    >他人に娘のことを「かわいい」と言えるほどじゃない
    >子どもを可愛く思えないことがある
    事を旦那様や医師等に相談した事はありますか?

    他人に胸を張って可愛いと言えない心境なのに…
    一生懸命勉強し、頑張って関わっているのに…
    何故、娘は完全「スルー」?

    自分の努力が全く報われない
    何で?何でなの?
    私は努力したんだから少しは反応してよ!
    等と、報われなさ・孤独に苛まれている印象です。

    >周りの自閉症児ママは、余裕に見える
    のは、どこかで「まぁ良いか」と思えるか、思えないかの違いの様に私は思います。

    >20〜30冊読んでます
    主様の場合は、その勉強法を一旦止める事をお勧めします。
    発達関係は個人差が大きく、私達専門職が国内外の専門書・学術文献を読んでも、答えを見いだせない、ケースに当てはまらない、アドバイス等が理想的過ぎて全く役に立たない事が多々あります。

    そう言う時、どうすると思いますか?
    私の場合は原点回帰、そのお子様を観察させて頂き、お子様から学ばせて頂き、オリジナル、クリエイティブな方法を模索が多いです。多角的に診る・考える力、他の人にはない発想・想像力、言語を介さないコミュニケーション能力、短期だけではなく長期目標から逆算し今必要な事を考えられるか等が、この仕事の適性を決め、20年経った今でも目の前のお子様から学ぶことが沢山有ると私は感じます。
    ただ保護者の方が、療育のプロになるべきだと思いません。プロにはプロの、保護者には保護者の役割有、両者には明確な線引きが必要だと考えています。

    ユーザーID:3794058933

  • 横から失礼します

    療育末端関係者様のレスを拝見し、横から失礼します。

    さすが現場を長年経験されているだけあり、子どもたちだかけでなく保護者のこともよく観察・分析された上で実態をよくご存知で、保護者の一人として頭が下がります。

    私の息子は今年度から療育センター分園に通園しはじめ、半年が過ぎました。
    それでやっと、療育末端関係者様のおっしゃる「まあ良いか」と思える心境に達しました。
    なぜなら同じようなタイプの子とその保護者や、発達障害とひとくくりに言っても様々な特性をもつ子たちに出会い、仲間もとい同志が、身近な地域にこんなにたくさんいることを知ったからです。
    それまではやはりどこかで報われなさや孤独感を感じていたと思います。
    友人たちはもちろん、私の親兄弟にも、状況は話してありますが、「やはりなかなか共有できない」という思いがありました。
    特性や接し方が理解出来ず間違ったやり方しか出来ないのに、息子(孫)と接したがる母とやり合うこともありました。

    実はこんな達観派(?)の私も、ひとり親家族で仕事をもっているため、家庭療育など家での手厚いケアが出来ておらず、焦りのような気持ちがありました。
    プロにはプロの、保護者には保護者の役割、両者には明確な線引きが必要とのお言葉、少し肩の力が抜けました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3391867134

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧