現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

35歳からのピアノ 携帯からの書き込み

2018年11月16日 3:12

子供の頃に8年間ピアノを習っていたのにピアノか全く弾けないのが悔しくてピアノが嫌いになり中三の前にはピアノを辞めました。

それなのに、今年の6月に突発的にピアノをやりたくなり電子ピアノを買い練習を始めましたが、案の定、指が動かなくて弾けないです。

子供の頃にやっていたことは
バーナムでの指練習、ソルフェージュ、好きな曲として、バイエル併用のドラクエやFF6。
現在はバーナムとリトルピシュナ、トンプソン1、簡単なクラシックです

仕事や家の都合で練習出来るのが4.5日で長い時は三時間くらいは格闘します。

どんどん、クラシックやピアノを好きになるとピアノが弾けない自分に呆れてしまいます。

私は指使い、潜り、指パターンが苦手です

これらを克服するのにオススメの教本はありますか?
また今の段階でトロイメライを目標にするにはレベル高いですかね?

ピアノの理解度は遅いほうだと思います


ご教示頂ければ幸いです。

ユーザーID:4003108320  


お気に入り登録数:22
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:4本

タイトル 投稿者 更新時間
こんなやりかたはいかが
くろねこ
2018年11月20日 11:02

かなりのピアノ経験があるのに、悩みがあるのですね。
私は68歳で3年前に電子ピアノを買ってきて独習で気ままに練習しています。
基礎は「大人のためのピアノレッスン」を取り寄せ、10か月でどうにか
最後までやりました。

問題はそれからですよね・・
私の場合は次のようにしましたが、あくまでも私流ということで。
電子ピアノには「名曲50選」の楽譜が付いていて、演奏も入っていました。
譜面を眺めつつ、自分が知っている曲の中で、音符が少ない曲を選び、
指運びは鍵盤を出しているネット画像で、何度も見ました。

最初はフラットの沢山ある「月り光」を数か月かけ、ゆったりした1ページ
のみを練習し、フラット、シャープ、黒鍵のアレルギーを取ることにしました。
この経験をするとフラットの2つや3つは抵抗なく挑戦できました。

一応、基礎としてバイエル、リトルピシュナ、ハノンなどの教本は合間を見て
やりましたが、たしかに面白くない・・
音大を受験したり発表会に出るわけでもないので、数ページやって保留です。

あとは、譜面やネット画像を見て「これなら弾けそう」と思える曲を練習し
現在引っかかりながらも最後まで弾けるのは、バッハの平均律プレリュード、
乙女の祈り、トロイメライ、エリーゼのために、ジムノペディ1番その他です。
今はベートーベンの月光の1楽章をやっています。

3年目で、たいした基礎もない68歳のオヤジがこの程度出来るのだから、
30歳代で基礎もあるスレ主さんなら、ショパンなど色々と挑戦できると
思います。

私の先生は、鍵盤付きのネット画像です。
練習時間は1時間を過ぎると、脳が疲れるのかミスが多くなりますね・・
もっと若いころからピアノをやればよかったと、思っています。

ユーザーID:0027657332
Dearくろねこ様携帯からの書き込み
(トピ主)
2018年11月20日 23:52

アドバイスありがとうございます

独学で勉強をされているのは素晴らしいです!
頭が下がります

最初にフラット曲に挑戦してアレルギーを克服ですか!
それは良いアイデアですね。
どーもフラットやシャープにたいしては
かなりの拒絶反応があるので
早速、チャレンジしてみます!

三年目でトロイメライやエリーゼが弾けるなんて本当に沢山練習したのですね!
私もくろねこ様のように沢山練習しますね。
ありがとうございます

ユーザーID:4003108320
独学では解消しません
今回匿名で
2018年11月26日 12:49

ピアノを教えています。柩さんのような方のレッスンを2年半くらいしていました。
最初にとても弾き方に癖があり、ピアノが弾ける友人から「あなたの弾き方変」とずっと言われてきて、一度レッスンをやめているので悩んだ挙句駆け込んでいらっしゃった方です。

柩さんの弾き方を見せていただくと、改善方法がわかるかもしれません。
独学で何とかするのは多分無理、な理由をお伝えすると、子どもの頃間違った弾き方を覚えてしまっているかもしれないので、そこを直さないまま上乗せのような形で教本など使っても効果が現れないんです。
バーナムは何巻ですか?テンポを上げて弾けているか、スタッカートレガートの課題はできているか、誰がチェックするのでしょうか。
ちなみに私はバーナムとリトルピシュナの並行使用はしません。練習曲は目的がわからないままやっても苦行なだけですから。

教えてもらうというより、課題を一緒に見つけてもらって、助言してもらう、第三者の目と耳を得るという意味でのレッスン受講が一番早道です。

独学で動画を使っている方のいうことはあてになりません。その方が出来るのは正しい判断ができるからかもしれず、柩さんにはできないだろうと思います。厳しくてすみませんが、これは私が先生だから言うんじゃなくて、独習でできる方はセンスや勘がよい人で普通の人じゃないからです。
8年習って「全然弾けなかった」方が勘がいいとは思えません。本当に厳しくてすみませんが、柩さんの投稿から弾けるようになりたいという気持ちが伝わってくるので、つい熱くなってしまいました。

ユーザーID:9639357932
二つの場合を比較してしまいます
pax
2018年12月3日 17:18

1)全くの初心者の35歳 
2)子供のとき手ほどきを受けてブランクがある35歳 

私の経験からはいえるのは:
未知の可能性を含んでるのは前者(当たり前ですけどね).
ウエルナリッシュドの教育を受けていれば非常に効率がいいが、それの正反対、要するに良くない癖だけが残る状況での再スタートは苦行、ということです.

ピアノではないが私という実例を挙げて説明します:
私は幼少にある管楽器を習い始めて20歳代にはコンクール課題曲も結構楽に演奏し発表会でも演奏したり、結構初見もできたつもり.他チョットした演奏アルバイトもした経験がある者ですが、日課練習もしてるつもり吹けてるつもりが、いつのまにかどんどん演奏できなくなる.
これはいかんと思い30歳に、別の高名な師匠に指示するも、最初のレッスンで「曲を練習してるのであって楽器の練習をしてないツケが...要は日課練習は日課練習用の吹き方、○○という曲は○○という曲の吹き方をしてるだけ、だから応用ができない.これからは厳しい練習の毎日かもしれないがそれでもやる気はあるか」と指摘.その後の20年間は無味簡素な苦しいレッスンの継続.5年目からは「まだ応用力がない.さっき基礎練習でやったのと同じことをこの曲でもやりなさい.このレベルは自分自身で解決する課題.私は手伝えない」の毎回.
全くの初心者として入門すればましだったということを婉曲して仰りました.一言で言えば私の才能のなさと、根気強さが大きく乖離していたということです.

その後、高齢になってから師事した別のお師匠からは「長年スタートをきってなかったようだね」と指摘され目から鱗.心機一転頑張って少しずつ薄皮を剥ぐようにできるかなという感じ.若い時バリバリ演奏してたのとは全く異なる、少しだが爽やかな感じでできる.やめないでよかったと感じてます.

ユーザーID:5730283018
 
現在位置は
です