現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

風疹のワクチン接種問題について。 携帯からの書き込み

コールドブラッド
2018年11月17日 19:33

私は、五十代半ばの独身男性です。おそらく生涯独身でしょう。
八十代後半の老父と同居中です。

人口二万人の地方小都市に居住。
隣近所は高齢者世帯ばかりで、妊婦や妙齢の女性はおりません。

この掲示板は女性の利用が多いだろうと考え、投稿しました。
この状況下で、我ら父子は高額な風疹ワクチン接種を受けるべきでしょうか?
おそらく我々二人は、風疹に対する免疫を持っていないと思われます。

付記1。居住自治体には、このような場合のワクチン接種について費用助成はありません。
付記2。現時点で老父は肺炎予防接種とインフルエンザワクチン接種済み。
私はインフルエンザワクチン接種済みです。

ユーザーID:1181937827  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:5本
トピ主のみ(5)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。(補足)携帯からの書き込み
コールドブラッド(トピ主)
2018年11月18日 15:40

トピ主、コールドブラッドです。

わたしには姉妹はおりません。実母は既に他界して、男所帯です。
幼少期におたふくかぜとはしかに罹患した記憶はありますが、風疹にはかかっていないようです。風疹のワクチン接種を受けた経験はありません。

なぜ風疹が気になるのか?
昨今の報道によると風疹は首都圏で流行しており、その感染力はインフルエンザより強いとのこと。
わたしは仕事の都合上、二、三ヶ月に一度のペースで上京し、ときには宿泊します。既に来月初旬、上京と宿泊の予定が入っております。

妊婦が風疹に感染すると、その胎児に悪影響を及ぼすとか。
都会で風疹に感染し地元で発症した場合、症状に気がつかないままスーパーに買い物にでかけるかもしれません。
買い物客には、当然女性客が大勢おります。

私は気にしすぎでしょうか。

ユーザーID:1181937827
トピ主、コールドブラッドです。携帯からの書き込み
コールドブラッド(トピ主)
2018年11月20日 16:48

現時点で、ラル様の投稿まで拝見しました。ありがとうございます。

地元のローカル紙で、風疹大流行の記事が一面に掲載されました。

わたしの周辺では「風疹、何それ?」という方々ばかりでしたので、やはりこちらに投稿してよかったと思います。
わたしは故小松左京氏の「復活の日」や映画「コンティジョン」などの作品により、感染症の脅威をそれなりに想像し理解しているつもりです。

背中を押してもらいました。老父の介護の都合があるため、連休明けにわたしはワクチン接種をします。

蛇足。
「菌」と「ウィルス」は、まったく異なる存在です。風疹は、ウィルスによる感染症です。レスによると、両者を混同する方がいらっしゃるようですが。

ユーザーID:1181937827
トピ主、コールドブラッドです。携帯からの書き込み
コールドブラッド(トピ主)
2018年11月23日 16:31

現時点で、remon様のレスまで拝読しました。投稿ありがとうございます。

前回レスのとおり、自分自身は風疹ワクチンを接種するつもりです。

ちなみに老父の足腰は不自由ですが、頭脳は明晰で認知症と無縁です。その老父と昨日話し合ったのですが、「俺はどうでもいい。でもお前はやるべき」との意見でした。
皆さんのアドバイスに従い、老父の接種については主治医の判断を仰ぐこととします。

ユーザーID:1181937827
トピ主、コールドブラッドです。携帯からの書き込み
コールドブラッド(トピ主)
2018年11月26日 18:49

蜜柑様の投稿まで拝見しました。ありがとうございます。

病院に行き、ワクチン接種を済ませました。

母子手帳についての指摘がありました。
老朽化した我が家を三年前に改築したとき、大量に物品を処分しました。手帳を探しましたが、発見できませんでした。
おそらく処分してしまったのでしょう。

ワクチン接種とそれによる抗体発生の時間差は懸念材料ですが、万全ではないかもしれませんけど個人でやれる範囲の対策はやったつもりです。
来月初旬予定の、一泊二日東京出張に落ち着いて取り組めそうです。

ちなみに老父は地元の介護ディサービスと通院(高血圧治療)以外に、他人と接触する機会はほとんどありません。老父の風疹感染リスクは低いと考え、ワクチン接種を見送ることとしました。

ユーザーID:1181937827
トピ主、コールドブラッドです。携帯からの書き込み
コールドブラッド(トピ主)
2018年12月19日 23:57

報道によると国は様々な対策を進めるようです。具体的には要注意世代の男性については、抗体検査やワクチン接種の無料化が実施されるとのこと。自分は早まりましたかね。(笑)

合衆国の当局は、自国の妊婦に対して日本への渡航自粛を勧告したと聞きました。
一方では外国人観光客3000万人到達との報道があり、他方では外国人の新在留制度創設もあり、入国審査時の検疫は大丈夫ですかね?感染症の輸入は勘弁してほしい。

笑いは免疫力を高めるとか。お笑い番組を楽しみ、早寝早起き、腹八分など、こつこつ健康増進を心がけるようにします。

ユーザーID:1181937827
 
トピ主のみ(5)ほかのレスも表示

現在位置は
です