現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ありがとう、さようなら (駄)

だつえば
2018年11月18日 5:57

夫の名義で自分が生まれる前に建てられた中古住宅を購入し、週末の住まいとしていました。
水道局からの連絡で、わずかながら漏水していることがわかり、お世話になっている水道屋さんに見てもらったところ、見た目では漏水箇所はわからず、設備が古いことから、そこを直しても、また別な不具合がでるから、水道設備の交換が望ましいと言われ、夫と相談して建て替えることになりました。
この家の北側は広い舗装道路で近くの小学校の通学路です。広い割には交通量は少ないです。
小学校を作る際に、区画整理が行われて、この家の北側にあった一連の家は代替地を提供されて立ち退いたのだと思います。
台所と浴室はこの道路に面して設置されています。
その前からなのか、急に道路に面したからなのかはわかりませんが、家とこの道の路石との30cmもない隙間に柑橘系の木が植えられています。
鋭く、太い棘のある木です。
おそらく厄払いを兼ねた泥棒避けかと思います。
なぜなら、購入したときにはどう見ても手入れされているようには見えない木で、なぜ始末してしまわないのか不思議なほどだったからです。
特別なことはしませんでしたが、少しでも緑に囲まれた生活をしたいため、その狭い隙間の瓦礫を取り除き、土を入れ替え、少しずつ植栽を配置しました。
そうするうちに、その木(みかんの木と呼びましょう。)もめきめき元気になり、家を購入後、5年位したところで白く大きめの花が2,3個つきました。
そして、それを皮切りに毎年花を付け、8年目くらいには実がなりました。夏みかんのような黄色い、手のひらほどの果実でした。
このときには何人かのご近所の方から、「長年見てきたけど、実がなったのは初めて見た。」と言われました。
それから、不作の年もありましたが、毎年、実を付け、ダンボールに6箱くらい収穫できる年もありました。(つづく)

ユーザーID:7245807683  


お気に入り登録数:68
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
追加トピの前ですが・・・
恋次郎
2018年11月18日 18:38

白い花は、ミカンの花にしては少し大きめで、五弁の大の字の形ではありませんか?

多分『橘』だと思います。京都御所には『右近の橘、左近の桜』として、植えられておりますが、文化勲章のデザインの元に成った花としても、知られています。

ユーザーID:3074012633
トピの続きです。
だつえば(トピ主)
2018年11月20日 15:34

昨年はかなり下の方に一つだけなっていたのを収穫する前におそらく通りすがりの方が取って行かれたようで珍しく収穫ゼロでしたが、今年は文字通り、たわわに実っています。
樹高も、当初2メートルほどだったのが、今は2階の窓を超す勢いです。
さすがに脚立でも剪定が難しくなったので、今年は初めてネットで探した植木屋さんに剪定してもらいました。
通学路に面しているため、棘のある枝が道行く人に危ないからです。
建替のための取り壊しは来年3月に予定しています。
何を残して、何を捨てるか。
夫も私も、この木は移植する心づもりでした。
しかしネットで検索すると、ある程度の大きさの植木の場合、植え替える半年ぐらい前にきつい刈り込みと根切りを行い、養生してから新しい土地に植える必要があると書いてあります。
それでも、なんとかなるかと3,4件、問い合わせをしましたが、枯れても覚悟の上、だめもとで、と押しても、もらえた回答の全てが、十中八九、枯れる、とのことでした。数十万円の費用がかかること、取り壊しと木の掘り出しとの順番の難しさから、現在ではほぼ移植を諦めている状況です。
これまでこの家とその家に住む人を護ってきてくれたみかんの木。
人間の勝手で瓦礫と一緒に処分されてしまう。
今、実っているみかんは取り壊し直前、2月の末に、少し早めですが、収穫するつもりです。
その種を、せめてもの償いに、移植予定だった畑に埋めてみます。
さようなら、みかんの木。
ありがとう。

ユーザーID:7245807683
ちょっと待った〜!携帯からの書き込み
菖蒲
2018年11月20日 18:47

枝を挿し木にして、根付かせることはできませんか?
お世話になった木なのですから、残せる可能性を探してみましょうよ。
剪定してくれた人に相談してみてくださいね。

ユーザーID:2934651324
上手くいくかわかりませんが携帯からの書き込み
紅玉
2018年11月20日 20:38

挿し木、接ぎ木、取り木はできませんか?

元の木は可哀想ですが枝を取って根を付けたら命は繋げます。

植木屋さんで出来ないかしら。

本や、ネットでもやり方は載っています。

ホームセンターに発根の薬を売っています。

ユーザーID:9158402063
恋次郎さん、
だつえば(トピ主)
2018年11月21日 19:21

残念ながら違うと思われます。
Wikiも読んでみましたが、この「みかんの木」の主幹にも布団針のような太い棘があるのです。Wikiには「若い枝に」と書いてあり、橘の写真を検索してみたところ、どれもすべすべの木肌でした。
由緒ある植物なのに、絶滅危惧の最高(最悪)レベルに指定されているのですね。
ちなみに、右近、左近、の左右は、殿中から見た左右であることをつい先日知りました。

ユーザーID:7245807683
挿し木は
ひらり
2018年11月21日 21:13

トゲがあるというのであれば、柚の系統かもしれませんね。

愛着があるというのなら、挿し木はどうでしょうか。
園芸店で手に入れる柑橘系の植木もほとんどが挿し木のような気がします。

挿し木ではありませんが、我が家では両親が亡くなり実家を処分する際に
庭にあった温州みかんを移植しました。
数年して成長し今ではたわわに実らせています。

何やら亡き両親からの贈り物と感じています。

ユーザーID:9359179063
ありがとうございます。
だつえば(トピ主)
2018年11月26日 20:34

菖蒲さん、紅玉さん、ひらりさん、
園芸は自己流で、枯れなければ「家風」に合ったものとしてそのまま
育つがままにしていたので、接木、挿し木というアプローチがあることに全く考えが及びませんでした。
ただ、柑橘系の挿し木は成功率が5%程度とのこと。20本試して1本成功するかどうか、というところですね。
接木はもうすこし成功率が高そうなので台木にする2年生のカラタチを2株購入しました。専用のテープ、ハサミ、接着殺菌剤も買いました。
挿し木は育種用ポットがあるので、可能な限りやってみます。
どちらにしても、ぎりぎり2月末に行った方が良さそうなので、それまで、水やりに気をつけて見守ります。

ユーザーID:7245807683
接ぎ木と挿し木上手くいくといいですね!携帯からの書き込み
紅玉
2018年11月27日 18:46

接ぎ木と挿し木を実行なさるとのご報告、ありがとございます。

当方は北国なのですが、サンルームでレモンと柚子を育てています。

トピ主さんのみかんの木を思う優しい心に切なくなり思わずレスをしました。

やむを得ない事情とはいえ、トピ主さんの愛情とお世話に応えてたわわに実をつけたみかんの木を切るのは辛く悲しいですよね。


でも、きっとトピ主さんの心はみかんの木に伝わっていますよ。

上手く接ぎ木と挿し木が活着する事を祈ります!

ユーザーID:9158402063
更地になりました。
だつえば(トピ主)
2019年3月30日 18:56

先週、取り壊しが始まり、更地になりました。
その前の週に、枝を採取したのですが、季節柄、伸びそうな芽が少なく、やっと、2本を接木に、4本を挿し木にしました。
現在、挿し木の内2本ほどはなんとなく若芽が出てきそうな様子なので、少し期待しています。
台木にしたカラタチの枝も挿し木にしました。
本当は成功率が高いはずの、接木ですが、残した葉は干からび、あやうい状態。
メネデールを与えながら気長に世話をします。

ユーザーID:7245807683
ご無沙汰しております
だつえば(トピ主)
2019年6月22日 16:34

前回のご報告から3ヶ月、接木は失敗に終わりました。
台木の橘から新芽がでて、成長し、接いだ方は枯れてしまいました。
その後、橘として育てていますが、先日チェックしたところ、高さが20センチもない橘にアゲハの幼虫が3匹も群がっていて、丸裸。
イモちゃんたちには大きなみかんの木に引っ越して頂きました。
挿し木は、新芽がでてきました。枯れてしまったのは一本だけなので、現時点では挿し木の成功率は80%。
このまま順調にいっても移植は夏が過ぎてからかなあと思っています。
そして、種の方も3本ほど発芽しています。
がんばります。

ユーザーID:7245807683
私も
匿名
2019年6月23日 21:42

狭小地住まいなので、植木を撤去せざるおえなくなりました。
写真を撮った後庭木をほぼ撤去しますが、沈丁花は挿し木にして延命を狙っています。(沈丁花は移植が難しいそう)
7月に入ったら挿し木の予定です。ルートン購入しました。

人間の都合で申し訳ないけど、命つながるといいですね。
うちはちょっとしたリフォームですが、主さんの新しいお家も楽しみですね。
思い出の植物とよりよい生活となりますように。

ユーザーID:6443811004
鉢上げをしようかと思います。
だつえば(トピ主)
2019年6月28日 10:28

匿名様
沈丁花の様子はいかがでしょうか。
本来の寿命は人間より長いものも多いのに、人間の都合で断たれ、
捨てられるというのは、気持ちが入ってしまうとつらいですよね。
日々、植物が季節と共に変わって行く様子を見ていると、
元気をもらえるような気がします。
夏過ぎに、と思っていた鉢上げですが、本格的な夏前にやってしまおうか、と思い、用土と鉢を注文しました。
挿し木をしている方のブログで、結構根が張っている様子の写真があったので、我が家の挿し木たちも、そろそろいいのかもしれない、と思った次第です。
真夏の暑さが心配なので、鉢上げしても秋口まではこれまで通り、窓辺に並べておく予定です。

ユーザーID:7245807683
おぉ!上手くいきましたね!携帯からの書き込み
紅玉
2019年6月28日 19:08

鉢あげまで進んたんですね。

トピ主さんの気持ちが通じたんですね。

良かった!

ユーザーID:9158402063
トピ主です。締めさせていただきます。
だつえば(トピ主)
2019年8月5日 11:50

紅玉さん、あのときは予定だけで、まだ鉢上げしていませんでした。
翌週、鉢上げしたところ、根は10cmくらいあり、ひげ根もそこそこ張っていました。
元の土をなるべく落とさないように「かんきつ用の土」を入れたスリット鉢に植え替えました。
もとのミカンが4鉢、橘からの挿し木が2鉢です。
あれから梅雨も明け、どの鉢も急成長はありませんが、元気に見えます。
先週末には、ミカンの方にさっそくアゲハの幼虫が3匹、乗っかっていたのをみつけました。
申し訳ないですが、3匹には、すでに大きくなった実生のミカンの木の方へ引越ししてもらいました。
皆様の画面向こうからの応援もあり、ミカンの木の意地(?)もあり、なんとか大事に育てて行きたいと思います。
このトピは締めます。
皆様、お元気で。
ありがとうございました。

ユーザーID:7245807683
 
現在位置は
です