物を増やし続ける母

レス14
お気に入り98

匿名

ひと

40代・既婚で2人の子供がいます。
夫は婿養子ではありませんが、私の母と同居をしています。

70代になる母はとにかく物が多く、今でも増やし続けています。
私から見るとほぼ8割は使用していないと思います。
2部屋所有しているのでその中に納まっているから良いという考えのようですが、もし母に万が一のことがあった時にその後困るのは私です。
今は生前整理とか残される人が困らないように終活を・・という考え方が浸透してきているのに、母は「死んだら捨ててくれればいいから」と言うのみです。

以前、テレビで観た遺品整理ですが、その一つ一つを「捨てる」「リサイクルする」「引き継ぐ」等々、数名の遺品整理のプロの方々が仕分けをしていました。
これを本人がしてくれていたら、残された人達も苦労しないのに・・と思いました。

・連続テレビ小説を15年くらい欠かさず録画したDVD
・バザーで買った大量の食器(使っているのは1割にも満たない)
・30年くらい前の大量の洋服
・雑誌・書籍・大量の切り抜き
・通販で衝動買いした家電の数々(1・2回使用してお蔵入り)

これらは明らかに不要品です。見ない・使わない物ばかりです。
今まで3回ほど真剣に「物を減らして欲しい」と伝えていますが「死んだら捨ててくれればいい」との返答ばかりです。
そしてまた通販で物を増やしていくのです。

決して汚部屋ではないのですが、あの数々の物を見ると圧迫感と共に溜息しか出ません。
まだ健康で身体の動くうちに自分で処分をしてもらいたいのですが、そもそも個人の所有物を処分してと言っている私が間違っているのかと憂鬱になります。

同じような悩みをお持ちの方、また解決された方がいましたらご意見いただけると助かります。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8197513962

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
  • どれだけ残酷な事か分かりませんか?

    あなたはお母様に「死ぬための準備をしろ」と言っています。
    それがどれだけ残酷な事か分かりませんか?

    確かにお母様はあなたよりも先に亡くなる可能性が高いです。
    でもね、お母様は今この時も生きているのです。
    その要らない荷物たちも「いつか要るかも」と思っています。

    『今は生前整理とか残される人が困らないように終活を・・と
    いう考え方が浸透してきている』確かにそうですが
    それをお母様にも無理やり浸透させようとしてはいけません。

    私の母親も大量の荷物を残して亡くなりました。
    もう何十袋と言うゴミを出していますがまだまだ片付きません。

    業者に頼んで処分するお金は残してくれましたので
    最悪はそうしようと思いながら細々と片付けています。

    私も出来れば終活して身軽になってから亡くなって欲しかったと
    心の底から主様以上に思いますよ!

    でもそれは生きている人が自分で決める事で
    人に押し付けられて決める事ではないのです。

    ユーザーID:1213315953

  • 70万くらい要るよ

    最近分別リサイクル規制が厳しくなったから、
    遺品整理業者の料金が跳ね上がったそうで、
    特に特殊処理がなくても普通に不要品片づけ・処理で、
    2LDKで70万くらい要りますよ。
    まあ単純二部屋ならそこまではかからんでしょうが、多分これから高くはなっても安くはならなさそうな。

    死んだら捨てろと言われたら、
    「業者代70万くらいだからちゃんと分かるように、葬儀代とは別に70万取り分けといてね」
    って言ったらどうだろう。

    多分捨てることにそんなにかかるなんて思ってないと思うから、
    なんか考えるんじゃないかな。

    まあもし「分かった」って業者代確保しといてくれるなら、
    丸投げすりゃいんだから、
    それはそれでトピ主が気に病まなくても良くなっていいんじゃないかな。

    ユーザーID:1006631133

  • 「やって」ではダメ

    できるなら、とっくにやってると思います。
    「一緒に片付けよう」と持ちかけて
    やってくれれば大ラッキーです。

    物を溜め込んで捨てられない人って
    他人には理解できない何かがあるんです。
    もしかしたら精神的に病んでるかもしれないし。

    親族がアパートの2DKをゴミ屋敷にしていました。
    家の中は玄関まで物で一杯。
    床が見えていたのは畳半分くらいで、ぐるっと
    すり鉢状に物が積まれていて、
    溢れた物が廊下まではみ出していました。
    家族と同居することになり整理業者にお願いしました。
    壊れた家電、衣類、食器…トピ主さんのお母さんと同じ。
    ゴミではないけど、人から見ればゴミですよね。

    物を分別して処分してもらうのに約50万円。
    1週間近くかかりました。
    これでも、かなりおまけしてもらっての金額です。

    アパートは無事退居して家族の家に入りましたが
    すぐに物を買いあさって、今では、そこもゴミ部屋化してます。

    正直、諦めるしかないと思います。
    処分に多大な手間暇がかかるので、費用の用意と
    せめて重要な物はわかりやすいところに分けておくよう
    その2点だけは約束してもらいましょう。

    ユーザーID:5008995143

  • わかりますけど・・・

    今までためたものはなかなか捨てられないものですよね。
    他人にはゴミでも自分にとっては思い入れがあるので。

    今、処分するのも亡くなった後に処分するのも労力は変わらないです。
    どのみち、お年寄り一人で処分出来ないでしょうから、トピ主さんが頑張らないとならないでしょう。

    一括して処分出来ることを考えたら、亡くなった後の方が楽かもしれません。
    ご健在だと「これはまだ捨てられない!!これも取っておく」など、処分したくても簡単にはいきませんよ。
    幸いなことに汚部屋じゃないようですし。

    歳をとると楽しみが少なくなってくるんです。
    通販大好きっていう年配者が多いのも、これが楽しみの一つだからなんですよね。
    今まで購入した品々を処分しない代わりに、これから通販利用する時、本当に必要なものかどうか考えてもらうようにするのも手です。

    友人の母親は80歳ですが介護付き老人ホームに入居する際、部屋が8帖一間なため
    今まで捨てられなかったものほぼ全部処分しました。
    当然、自分の意志で処分を決めましたよ。
    記念写真や撮りためたビデオテープなども、もう見ないからと処分。
    思い出は心の中にあれば良いとのこと。
    押入れに大事に保管していても、結局あの世に持って行けませんから。

    安住出来る家に住んでいる限り、本人の意思がないと無理でしょうね。
    自ら決意するまでそっとしてあげた方がいいかと思います。

    ユーザーID:6790785545

  • 「大切なモノ」を聞いておく

    今私は遺品整理で悩んでいます。
    そうならないためにも、お母さんが元気なうちに、一緒に向き合うことが大切だと思います。

    辰巳渚さんの「幸せの生前整理」という本がおすすめです。
    生前整理を考えるタイミングや、親をその気にさせる言葉など、参考になるのではないでしょうか。

    モノが多いとつい「捨てる」にフォーカスしがちですが、お母さんに「大切なモノ」を聞いておくのもおすすめです。
    最悪何も捨てられずそのままお母さんが亡くなられた時、難しいのは「何を取っておくか」です。捨てるのは、お金と時間があればどうにでもなります。

    ユーザーID:0489191568

  • 共有部分はどうですか?

    お気持ちはわかりますが、取りあえず汚部屋ではない、自分の部屋の中で納まっている状態ならあまりうるさく言わない方がいいのではないでしょうか。

    ちなみに友人も似たような状態だったのですが、片づけてくれ、捨ててくれといってもなかなか説得力はないですよね。少なくともおさまっていて他に迷惑をかけていないのですから。
    いずれ迷惑がかかるというのは今一つ実感がわきませんよね。

    で、共有部分をリフォームするにあたって、リビングなどを本当にすっきり片付けたそうなんです。
    そこもそれなりに収まっていたのですが、リフォームするにあたりそれでも相当物を捨てたそうです。今は本当にすっきり暮らしているそうです。

    それを見て、お母様が徐々にいろいろと処分を始めたそうで、それでも決して捨てようと押し付けるのではなく、時々手伝ったりしているそうです。

    まずはご自身がすっきりとした状態で、お手本を見せるのが大事だと思います。

    ユーザーID:8083124951

  • 痛いほどよくわかります

    私の母は84歳です。
    2年前骨折を機に緊急同居。現在に至ります。
    トピ主様の使えるものはありませんか?
    お母様は頻繁にそれらのものをチェックしてますか。

    私の母は、タンスの引き出しが開かなくなるぐらい服をしまい込み、それらの勘定をしていたみたいです。だから、どの引き出しのどの辺りに何があるか逐一暗記していたみたいです。
    当然私は貰えませんから、母に任せるしかなかったのですが、実はいまだに全く片付いていません。
    さりげなく使えるものは頂戴してもいいのでは?

    また、買い物がお困りなら、トピ主様も使えるものを買ってもらう方向に誘導できれば一番いいんですけどね。
    大変ですね。
    支払い大丈夫なんですか?

    ユーザーID:1892558481

  • 私も解決して欲しい。。

    実の母娘でも難題でしょうね。

    私の対象者は、姑です。

    姑の単身生活の家に、長男夫の宿命で10数年前に完全同居しました。
    長い単身でかなりの汚宅でしたが、同居前に夫が片づけたはずなんです・・
    私たちの住居スペースとなる2階の納戸のような部屋には、姑の箪笥などが残っていました。

    同居後、リフォームで姑に10畳ほどの部屋が出来ました。
    箪笥の1部は引き取られましたが、昔の布団用箪笥は「自分の嫁入り道具なので親(姑実母)が生きている間は処分できない」と残されました。
    その姑実母も他界して10年経ちますが、そのままです。

    姑が引き取った箪笥の中の服は、カビだらけでしたが処分せずに箪笥の中に。
    以来開かずの箪笥のままです。

    姑の趣味が手芸なので、その材料もドンドン増えます。
    そのたびに、収納ケースも買い足します。
    ケースの前にまた物が置かれるので、開かずの収納ケースとなります。
    放置中に壊れたものもそのままです。
    また次が増えます。エンドレスです。

    姑の自室の掃き出し窓は、物で近寄ることも出来ません。
    出入口のある廊下は、物が高く積みあがっているので地震時は確実に塞がります。
    私たちも階下から玄関までの通路が、姑の物で通れなくなるでしょう。
    この家は災害時に助かる命はないと思います。

    時々、夫が姑の物を処分します。
    割れた植木鉢など使えない物です。
    勝手に捨てたと怒ってます。

    姑は80歳です。
    もし自室で倒れても、救急隊員が入れない部屋です。

    私は姑とは他人なので、片づけろとは言えません。
    それに、姑と対峙しようとすると過呼吸になります。

    ユーザーID:9827450650

  • トピ主の気持ちはわかるけど

    トピ主の気持ちはよくわかります。
    が、お母さんが自分のモノを捨てるのはムリ。

    お母さんの基準は
    「使えるものは捨てたらダメ」
    なのです。
    「使わないものは捨てる」はできないのです。

    でも、カビが生えていたり、壊れていたり、経年劣化で
    ボロボロで使えないものは捨てられるのです。

    お母さんと一緒に服から片づけたらどうでしょうか?
    全部一カ所に出すとさすがに捨てられるものがあると思います。
    片づけるときは、メンディングテープに何があるのか名前を書いて
    貼って下さいね。
    このとき、「整理して、同じものは 同じところに置こうね」
    と言って始めるのがいいと思います。

    姑は パンツを4カ所にしまっていました。
    総量を把握させて、同じものは同じところに片づけるようにさせました

    ユーザーID:6799283301

  • そもそもお年寄りには

    物を片付ける、あるいは捨てるパワーはありません。考えただけでも面倒なのでしょう。
    不思議と意味もなく物を増やすことはするのですけどね。

    だからあなたが母親にいくら口を酸っぱくして言っても無駄です。ここは一念発起してあなたが週末を潰してでも片付けなくてはなりません。
    量がまとまればリサイクルショップも引き取りにきてくれます。衣類、録画したDVDや切り抜きなど即廃棄です。年内を目途に家をスッキリさせて下さい。

    ユーザーID:2325420001

  • うちの母のことかと思いました

    私も物を増やし続ける母に年中モヤモヤしています。( 私も母と同居です)

    ちょうど今日も、デパートから母宛に荷物が届き、あーまた増える、
    とげんなりしたところです。

    トピ主さんのお母様とそっくりで、溜め込んだもののほとんどは一生
    使わないと思います。

    家中いたるところの収納の棚や引き出しなどが母の物で一杯です。
    どこにでも隙間を見つけると、そこに自分のものを詰め込みます。

    私が新婚当時使っていて、大切にしている食器棚だけは、綺麗だな、
    と安心していたら、ある日なんと!食器が見えないくらい、母の健康食品が
    詰め込まれていました! これじゃあ、食器棚として使えない!!と
    愕然としました。

    玄関先の大きな物入れは、ほとんどが母の昔の洋服で埋め尽くされ、それを
    母が開けてみることさえほとんどありません。それでも、いつか使うから、
    と言って片付けてくれません。

    肝心の収納したいものは、行き場がないので廊下に置いたりしています。

    母が溜め込んでいるものは、まともに使えない意味不明の物も多く、
    何十年も前に使っていたような靴下がぎっしり入った紙袋とかが
    ずらっと押入れの棚にあったりします。

    ずいぶん大きな箱があるな、と思っていたら、箱の中身はペットボトル
    一本とか……。

    余計な物をためておくということは、家の有効スペースを減らすことなので、
    土地と建物の値段から換算したら、結構な無駄遣いだと思うのですが。

    ユーザーID:6312333527

  • 遺産整理

    私も亡くなった両親の家の整理は時間が掛かりました。
    私の両親は離婚しており、私自身が一人っ子で2つの家を整理しました。
    特に亡くなった父はトピ主さんのお母様と同様に物を買ったり集めたりする事が好きな人だったので、家の中は勿論、庭も大きな石や灯籠、銅像などが沢山有り処分に困りました。
    家族のアルバムや高価な置物、宝石以外は残して、使えそうな家具や電化製品は欲しい知人とセカンドハンドショップへ、残りは全て処分しました。
    業者を使わずに軽トラックを借りて、自分と家族で何度もクリーンセンターに運びました。
    海外みたいにガレージセールとか出来れば良いのですが、日本ではなかなか難しいですね。
    トピ主さんのお母様が健康な今、整理をしてくれれば良いのですが難しそうですね。

    ユーザーID:5723001347

  • 本人に任せない

    在庫に何があるか把握して、似た様なものを買おうとしたらやめさせる。
    キャンセルしましょう。
    通販会社によるとは思いますが、私は親が注文したものをキャンセルしたことがあります。
    事情を話したら、今後、本人から注文があったら、
    娘の私に確認の連絡を入れますとおっしゃって下さった会社がありました。
    物をこれ以上増やさないのがひとつ。
    そして、壊れた物や劣化して使えない物を捨ててしまいましょう。
    本人に聞いてはダメです。
    ないと言われたら、壊れていたから捨てたと言えばいいのです。
    殆どどの物は覚えていません。ですから、買って増えるのです。
    使っていなさそうな物は、すぐに捨てるのではなく、
    本人が判らない所へ一定期間置いて、何か言ってこなければ捨てる。
    私はこの繰り返しをし、物を減らしました。
    本人に聞くと、壊れて使えない物でも、修理すると言い張るだけです。
    聞かずに私の部屋にしばらく置いておきましたが、
    何も文句を言わなかったので、その後、捨てました。
    一度も文句を言われたことはありません。

    70歳過ぎたら、家族から結構はっきり言われている人は多くいます。
    旅行へ行っても、お土産はいらないから、何も買ってこないでなどと。
    親の物を全部捨てて欲しいなどと、家族は言っていません。
    使っていないもの、壊れていて使えない物を捨ててと言っているだけです。
    不要な物をこれ以上増やさないでと。

    ユーザーID:6420573752

  • トピ主です

    レスを頂いた皆様、貴重なご意見ありがとうございます。

    現段階で母に物を処分してもらうのは難しそうですね。
    母本人に遺品整理(生前整理の方がありがたいですが)の業者を決めて見積もりを取ってもらうように機会があったら話をしようと思います。

    また死ぬ準備をしろと言っている・・とのご意見がありましたが、字数の関係で書ききれなかった事情を追加させていただきたいと思います。

    終活に何より拘りをみせているのは母本人です。
    離婚をしており、実家も遠く、自分のお墓を気にしだしたのが5年ほど前です。
    永代供養の樹木葬の手続きをしたそうです。
    互助会に加入し、自分の葬儀場も決めています。
    終活セミナーがあると友達を誘って何度も参加しています。
    「還暦を過ぎたら、いかに迷惑を掛けないで死ぬか、それが大事」
    と友人知人に終活の大事さを説明しています。
    終活に勤しむ自分を「自立した高齢者」と誇らしげにしているようにも見えます。

    なのに、なぜあの大量の物は放置なの?と思うわけなのです。
    正直、母の終活は手続きさえ済ませてしまえばそれで終わるのでしょう。
    でもご意見の中にもあったように、片付けは延々と続くと思われるのです。
    私からすると、一番大変な部分は丸投げされるような気持ちになるのです。

    また、母よりも夫よりも私が先に亡くなる可能性も0ではありません。
    私が先に亡くなった時、誰があの大量に荷物に責任を持てるのかと考えてしまいます。夫にも実家があり両親がいます。
    同居を始めたのは20年前です。
    全員平等に歳をとっていく中で、娘だから何とかしてくれるだろうという考えはもう通用しないと思い始めています。
    私も自分の老後を考える年齢になってきていますので。

    ユーザーID:8197513962

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧