レトロミシンの下糸について

レス4
お気に入り6

ミシン初心者です

学ぶ

アンティークの手回しトイミシンが手元にあり、使ってみたいのですが下糸の設置がわかりません。
カバーなどはなく、台の下にむき出しの金具があるタイプです。どこに糸をかけるのか、どんな糸巻きを使えばいいかなど教えてください!

ユーザーID:1960116391

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
  • ボビンとボビンケースを購入する

    まずネットで "アンティークミシン 下糸 設置方法" とか "糸のかけ方”を検索してみましょう。

    動画が出てきます。

    今の水平釜と違って横に入れる方式なので、ボビン(今はプラスチックが主流ですが金属のもの)をボビンケースに入れケースに糸をひっかけ設置するはず・・・昔の記憶なのでちょっとあやふやですが動画を見るとわかると思います。

    ボビンとボビンケースはネット通販で アンティークミシン 消耗品 ボビン等で出てくると思います。

    アンティークミシンってどういうものかなと思って検索したら昭和ミシンと呼ばれるような懐かしいやつだったのですね。
    むかーし母親が持っていてそのミシン(完全足踏み式だったような)→電動の工業用ミシン→今のミシンと使いこなしてました。
    水平釜は私が成人の頃登場してました。

    ユーザーID:4076196533

  • 他の方のレスに加えてですが

    ボビンやボビンケースはミシンによって微妙にサイズが違うことがあります。
    私の若かりし時代にはそもそもアンティークミシンという言葉がなかったので、当時のミシンをそう呼ぶのだとすると、私は二つのサイズのボビン(およびボビンケース)を持っています。今も裁縫箱の底に眠っています。

    だからもしネットなどで買うなら、できればサイズや適応機種を調べてからにした方がいいと思います。まあ、わからなければ一か八かでチャレンジ!ですね。
    アンティークミシンが蘇りますように。

    ユーザーID:2492468068

  • レトロミシンと云うよりもアンティークのトイミシンですね?

    水平釜とかの懐かしい言葉と、ジグザグとコンビのロックミシン部が使える様に成り嬉しかったので私も考えてみました。

    もしかしてですが、下糸はいらないミシンなのかも知れません。
    上糸をかける順番が指示されていましたらその通りにかけて、お試し用の布を置いて、はずみ車を指示通りの方向へ回されて見ては如何でしょうか。

    ユーザーID:0863033166

  • 金属製のボビンケースとボビン

    先の方も指摘されておりますが、適合する金属製のボビンケースとボビンを使用しておりましたよ。
    かれこれ40年以上も前、母の古い、あれは1960年代製でしょうか。

    そのボビンケースの溝にに沿って糸を出してやるんですね。
    で、はめてボビンケースの細いレバーのようなものをパチンと倒して固定するのです。

    少女の頃、洋裁にハマってよく縫いました。
    それが今の職業につながるのですが…懐かしいです。

    私のものは足踏みミシンでしたが、重厚で頑丈で精密で、プラスチックの部分のない、クラシックカーのようなミシンでした。

    今思えば、人力だけであそこまで使えるってすごいですよね。

    場所を取るので処分しましたが、もったいない事しました。

    ユーザーID:9855536077

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧