子供なしの相続財産の行方

レス15
お気に入り80
トピ主のみ0

くく

ひと

40代の既婚子供なし主婦です。

30代の頃に家族(両親・兄弟姉妹)で何となくの相続的な会話から
両親が
「兄弟姉妹でケンカしないように、一切財産を残しません」
と言ってました。
私はその時、財産は皆いらないけど借金は残さないで、と軽く言いました。
そんなに財産なんて無いし、何を言っているのやら・・・ぐらいしか考えてませんでした。

それから40代後半になり何かの会話で私が、
「私達夫婦には子供がいないから、もしもの時はどこかに寄付をしようかな」と言いました。
両親は、私たちが生きていれば権利があるよと言い出し、
私が、「私たちに以前一切残さないって言ったから」と言うと
あれは冗談みたいなことを言ってきます。

遺言書を作成しようと思いますが、悩んでます。

ユーザーID:2898421612

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
  • ご両親から見たら他人に財産行くのは許せない

    >「私達夫婦には子供がいないから、もしもの時はどこかに寄付をしようかな」と言いました。
    > 両親は、私たちが生きていれば権利があるよと言い出し

    法律をご存じのようで何よりです。
    そりゃぁトピ主さんを育てたご両親ですから、トピ主さんの財産が例えばトピ主さんの旦那にいくとかいうことは絶対に許せないでしょうね。
    トピ主さんの旦那に行くってことは、自分が育てた子供が(本来なら親に財産を返すべきところ)赤の他人に金をタダでやるということですから。
    当然の気持ちだと思いますよ。
    子供の金は親の金ですよ。それで育ってきたんだから。

    ユーザーID:0296122732

  • 作るべき

    ご両親との話はともかく、子どもがいない夫婦の場合遺言がなければ財産は親と、親がいない場合はきょうだいと分けることになります。
    財産が持ち家しかない場合、権利のある親やきょうだいに請求されると家を売って遺産を分けるしかなく残された方が(特に妻が)住むところにも困ることもあります。
    ですので、お互いのために遺産はすべて配偶者にと遺言を作っておいた方が良いと思います。きょうだいは遺留分がありませんが親は遺留分があるので主さんの場合ちょっと不安かもしれません。

    ユーザーID:5011491706

  • 思考が謎です(呆れ)

    遺産が貰えないなら遺さない!という事ですか?

    親兄弟や甥や姪や親族に、死ぬまで誰にも迷惑をかけず頼ることもなく、老後の面倒も死後のことも全部お金で済ませ、それでも有り余るお金(資産)を準備できれば遺言を書けばいいと思ますよ。頑張って下さいね。

    ユーザーID:1886865989

  • 遺言書作りましたよ

    我が家も子無しです。
    財産はそんなに多くはないですが多くないからこそ、夫婦どちらか片方が先に亡くなった時にお互いの親族が遺産相続の権利を主張して住むところも無くなったら困るねという話になり、お互いを指定した公正証書遺言を作りました。

    でも、このことは夫婦だけの話にして親兄弟には内緒です。
    遺産は夫だけに行くようにしたよ。というと余計な波風が立ちますので。

    またこの先、兄弟が先に亡くなって姪甥に代襲相続の権利が発生するとなってくると手続きも煩雑になってきますし、子なしの場合、悩んでいる時間があったら遺言書を作ってしまった方がいいと思いますね。
    作るだけで安心です。

    ユーザーID:5142818414

  • 遺言書を作ったところで

    遺言書の効力と遺留分、
    調べたことありますか?

    ユーザーID:2870685437

  • 直系卑属以外は姪、甥まで

    法律ではタイトルの通り、順番通りに他界し直系尊属がおらず直系卑属がいる場合は、子、孫、ひ孫…と永遠に続くのですが、そうでない場合は、兄弟姉妹、姪甥までにしか相続されないはずです。

    私(子なし独身)には兄弟姉妹がいますが、みな、子どもがおりません。よって、姪甥もいません。
    大した財産は持っていないのですが、価値の高い土地を持っています。
    自分の意志がはっきりしている間に土地を売り、そのお金を持って、有料老人ホームに入所したいと考えております。
    その後、後見人さんをお願いしておこうと思っています。
    自分が判断をつかなくなってからでは、行政が入所の手配などはしてくれても、土地の売買等はしてくれません。そうなってしまった場合、結局、今問題の空き家になり、その後、土地は国のものになって、競売されるのがオチです。

    なので、一度、ファイナンシャルプランナーにご相談されて、その後、遺言書など作成を考えられてはいかがですか?

    ユーザーID:4696056148

  • 遺言は必要でしょう

    子供がいない夫婦間においては、何をさておき遺言は必要でしょう。
    それもすぐに。

    例えばあなたのご主人が亡くなると、
    妻に3分の2
    ご主人の親に3分の1
    これが法定相続です。
    遺言が無ければ、3分の1はご主人の親に行ってしまいます。

    遺言があれば、遺留分の6分の1は無理でも、取られてしまう金額は減らせます。
    また、ご主人のご両親が亡くなっていれば、兄弟姉妹には遺留分はありませんから、全額自分が相続できます。

    ご主人とあなたが亡くなる順番が逆でも同じです。

    今すぐ、パートナーに全額相続させるという遺言は必要でしょう。
    どちらかが事故などで急に亡くなる可能性はゼロではないのですから。

    遺言を作成する時に、夫婦が同時に亡くなった場合の事も想定しておけばいいのです。
    その場合は〇〇に全額寄付するとしておくのです。
    遺留分は諦めて下さい。
    遺族の権利ですから。
    ただ、あまりそういう事をすると、一族のお墓に入れて貰えず、無縁仏化する可能性も考慮しておいた方がいいでしょう。
    気にしないならそれでも構いませんよね。

    参考までにですが、ユニセフはそういった相続を伴う寄付をしたい場合、いろいろお手伝いをしてくれますよ。

    ユーザーID:6526572680

  • ぜひとも遺言書を

    「夫○○に全財産を・・」と書かないとね。
    何も遺言がない場合、親にも相続の権利があります。
    親が死亡している場合、トピ主の兄弟姉妹に。
    トピ主の兄弟姉妹も死亡している場合、甥姪に権利が発生します。

    子どもがいない夫婦はちゃんと意思表示しとかないと、会ったこともない甥姪に遺産を残すことになりかねない。

    ユーザーID:1610627214

  • 直系尊属には遺留分がありますもんね…

    なので遺言を書いたところで、親の法定相続分1/3×1/2の遺留分(つまり1/6)は仕方ないです。
    なので本気で寄付をしたいなら、生前にするしかないかもです。

    察するに、主さんご夫婦はすごーく稼いでらっしゃるのかな?
    もしくは旦那様が資産家?
    それでご両親は老後資金が不安??

    なんだかなーと思う主さんの気持ちわかります。
    ただ、夫婦は2人同時に死ぬことはあまりありません。
    どのみち、ご両親に相続が発生したとても、主さんの財産に関してだけですので、不安ならなるべく多くの財産を旦那様名義にしておけばよろしいかと思いますよ。

    それでもし旦那様が先に亡くなったとしても、子供がいないなら、旦那様名義の財産の1/3は旦那様のご両親にいきますから、結果的にトピ主のご両親の取り分はまあまあ減らせます。

    でもまあ、本来は歳の順であれば、ご両親が先に亡くなられるかと思うので、そこまで考えなくても、とは思います。
    腹の虫が収まらないなら、機会をとらえて
    「子供の遺産を期待するなんて情けないこと冗談でも言わないで!」
    と言ってみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:8417645144

  • 遺言と生命保険

    子供がいない場合、
    親に、3分の1の権利があり、
    遺言あっても、親には、遺留分が6分の1あります。
    親が、亡くなってる場合、
    兄弟に4分の1、兄弟が先に亡くなってる場合、
    代襲で、甥姪まで権利はありますが、
    兄弟、甥姪には、遺留分がないので、
    遺言があれば、有効です。

    銀行が死亡を知れば、故人の口座は凍結され、
    基本的には、相続人全員の同意がいります。
    夫婦の片方が残ってる場合、
    残った方からすれば、義家族を相手に、
    そういう話しするのは、揉めないと思っても、
    話すタイミングとか、やりにくいと思います。
    揉めて同意がもらえないと、
    その間、お金出せないかも?

    まじめに遺産分割すると、
    預貯金だけでなく、持ち家も遺産分割の対象なんで、
    もし、マイホーム購入して間がなく、
    貯金が少ない時期に、ローン名義人がなくなると、
    せっかく団信で、ローンがチャラになっても、
    遺産分割として、
    親とかに、金銭で払うことになると、
    預貯金が足りず、家を手放すことになるかも知れません。

    遺言があり、遺言執行者がいれば、
    遺言執行者の権限で、できることもあり、
    相続人は、不満あっても、
    妨害できません。

    あと、生命保険は、受取人の固有財産だから、
    基本、遺産分割の対象になりません。
    受取人が単独で手続きできるので、
    他の相続人の同意はいりません。
    多く残したい人に、多く残す手段の1つです。

    ユーザーID:2985574441

  • 夫婦二人一緒に事故に遭ったとして・・・

    実際あるんですよね。
    そういうお話。
    子どもが亡くなってるから悲嘆に暮れて財産どころじゃないかなと思いきや。

    たとえば新婚旅行で事故に遭って夫婦で亡くなった話。
    どちらが先に息を引き取ったかでずいぶん話が違ってくるんですよ。
    二人とも即死で同時死亡と認定された時なんて生命保険だったら、貯金だったら、これがいちいち扱いが違うんですよ・・・ああ面倒。

    だけど自分の子どもが配偶者より一分一秒でも長く生きていたことが証明されれば、自分の子どもが配偶者のほとんどの財産を相続からの自分たちが子どもの財産のほとんどを相続となりますから。
    そのことを必死で証明しようとする親。

    あるいは生命保険をかけてすぐの自殺は保険金が出ないのですが、靴を脱いでそろえてビルから飛び降りてるのに転落だと主張を続ける親。

    人ってお金を目にしたら本当に醜いです。


    ところでトピ主さん主婦って事ですが、夫がご両親より先に亡くなるような事がなければ遺言書かかなくてはとかそんなに目くじら立てるほどの財産が親に行くって無いんじゃないですか?
    万が一ご主人に先立たれたときに考えれば良いんじゃないですか?
    それとも若い頃バリバリ働いてたくさん貯金お持ちなの?


    しかし別に自分が亡くなった後親がうはうはと遺産を受け取るかもと悔しく思うって私は別に無いかなあ。
    だって他に受け取ってもらいたい人が居ないならどうでも良いから。

    ユーザーID:5250929120

  • 作りたければ作っていいと思うけど、何を悩むの?

    我が家も子供がいません。
    夫婦ともに40歳代です。

    子供がいない夫婦の片方が死んだ場合の財産のことはご存じありませんか。
    あなたのご主人が亡くなるとします。
    ご主人の親が1人でも生きていれば、あなたの取り分は3分の2、
    残りがご主人の親に。
    ご主人の親が鬼籍でご主人の兄弟姉妹が生きていれば、あなたに4分の3、
    ご主人のご兄弟に4分の1がいきます。
    ご主人の兄弟姉妹が鬼籍だったら、あなたに4分の3、ご主人側の甥姪に残りが。
    ご主人の兄弟姉妹も甥姪もいない場合は国庫に行きます。
    この場合、あなたのご両親には遺産をもらう資格がありません。
    あなたが死んだ場合にあなたのご両親に資格が発生します。

    親が遺産を残す残さないに限らず、遺言書を作るのはいいことだと思います。
    公証役場で作るなら尚良し。

    ただ何を悩んでいらっしゃるのかが全く分かりません。
    そこをお書きにならないとレスする方も何をどう言ったらいいのか。

    ユーザーID:3711968178

  • 親より兄弟のため

    私も公正証書遺言を作りました。

    私が亡くなったら、遺産は全て夫にいきます。
    親には遺留分がありますが、ないよりはマシ。

    夫と私が亡くなったら(予備的遺言)、親兄弟にいきます。
    うちの親はお金がなく、精神的にも子供に頼るタイプの人達。
    正直親はどうでもいいんですが、私が亡くなったら兄弟に負担がいくので、兄弟のために遺産を残すようにしました。

    遺言がある(ない)せいで、遺族が揉めるかもしれない。
    大金貰ったら、金銭感覚が狂うかもしれない。
    離婚を誘発するかもしれない。
    親が認知症になって手続きできないかもしれない。
    …色々考えましたよ(笑)

    遺言を作ったことは親兄弟には伝えてますが、内容は口外してません。
    どういう思いで遺言を作ったか等を付言事項に書いてます。

    60〜70代になったら、また公正証書遺言を作り直すつもりです。

    ユーザーID:1241308520

  • 配偶者の老後

    私は、配偶者が既に亡くなっているなら、
    血縁で、相続すればいいと思いますが、
    配偶者の片方が残っているなら、
    不仲とか、特殊な事情を除き、
    配偶者がすべて、相続というのが、基本であってもいいと思ってます。

    まあ、実子なら、二次相続での相続税とか状況しだいで、
    分割しても、残った親の老後は、考えてくれるでしょうけど、
    自分の親兄弟は、残った配偶者から見れば、義家族で、
    場合によっては、疎遠だったりするかも知れません。

    私は、27歳、結婚して、かれこれ、もう、25年、
    もうすぐ、親といた年数より、旦那といる年数の方が長くなりますし、
    私の財産は、すべて結婚後のものだから、
    その財産を作るために貢献したのは、
    私と旦那であり、親でも、兄弟でもありません。

    なので、その財産作りに貢献した配偶者がいるのに、
    親、兄弟に相続は納得できません。
    親は、まだしも、兄弟は、該当する場合、
    半血(異父母兄弟)に権利が発生することがありますが、
    下手すれば、故人すら、疎遠以前に、存在を知らなかった人に
    権利が発生します。

    一方、親の財産に、
    私は、何の貢献もしてないので、
    親の遺産に興味はありません。

    ユーザーID:2985574441

  • 公証役場にて

    アラカン、子なし夫婦です。

    公正証書遺言書を作りました。
    詳細は他の方々のレスにあるので割愛しますが、公証人さんは「直系尊属の方は普通、『欲しい』なんて言わないものですよ」とおっしゃいました。
    私ども夫婦も「そうですよね」と笑って返しました。

    老親の年齢が違うでしょうから一概には言えないと思いますが・・・当方は80代半ばです。

    ユーザーID:1085882888

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧