心洗われた言葉はありますか

レス6
(トピ主0
お気に入り27

生活・身近な話題

サドル

私は実父から、幼少の時から、「誰のお陰で暮らしているんだ、18歳までしか面倒見ないからな、俺に似ないお前は橋の下で拾ってきた。」など言われて育ちました。もちろん、父を憎み、負の感情を持ちながら生きています。

でも、夫と出会い、子供が生まれた時、夫が言うのです。「子どもは親の勝手で生まれてくる。だから、子どもにはこの世に生まれてきてよかったと思えるよう育てていかなければいけない。」と言うのです。

やはり毒親の影響で、子育ては心の葛藤と隣り合わせですが、夫のこの言葉が育児の全てだと思います。まさに開眼させられました。みなさんも、人生、開眼させられた言葉、ありますか。是非お聞かせください。

ユーザーID:8598584875

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 義母が言いました

    私が若かった頃、嫁ぎ先で同居していた頃のことです。

    その頃私はトイレ掃除を3日に1回とサボり気味でした。

    ある日、私がトイレに入っている時に階下から義母が私を呼びました。慌てて出ると、義母が

    「あら別荘にいたところ、ごめんごめん」
    と言ったのです。

    それ以来、私は別荘(=トイレ)はキレイで快適な空間でないとなとハッとして、毎日掃除するようになりました。

    ありがとう、おかあさん。

    ユーザーID:9773013332

  • 父からの贈り物、相田みつをさんの詩集

    >「子どもは親の勝手で生まれてくる。
    >だから、子どもにはこの世に生まれてきてよかった
    >と思えるよう育てていかなければいけない。」

     私は上記の旦那様の言葉、当然だと思っていました。
     それも自分の子供にだけでなくて、
     愛犬や愛鳥など一緒に暮らす全ての動物にも、
     その親から預かった命、その分幸せにする義務があるって。
     疑いもなく同じように考えて接していました。

    >人生、開眼させられた言葉、ありますか。

     改めて考えてみるとコレ!という言葉はないのですが、
     結婚する際に父が渡してくれた『相田みつをさんの詩集』。
     ここに全てが凝縮されていると感じます。
     残念ながら最愛の父は既に亡くなってしまったのですが、
     父の言葉としてこの本にとても励まされています。
     

    ユーザーID:7859838678

  • 娘のピアノの先生

    この業界、誰がなんと言おうが金だよ

    元ミュージシャンの先生の言葉です。
    苦労して音大を出て、数々のステージをこなし、コンクールも作曲もなさる先生。
    話は本当に面白い先生。
    震災の次の日も教室を開けてくれた先生。
    本気でプロになれと言ってくださった先生。
    私はパートで悩むたびにこの言葉を思い出し、力をもらっています。
    先生、いつまでもお元気で!

    ユーザーID:0526137862

  • 父から聞いた亡き母の言葉

    私は割と教育熱心な親の元で育ちました。
    小学生の頃は多くの習い事をさせられましたし、
    中学生の頃はテストの成績や順位などにも厳しく指示されました。

    ところが高校生の頃、母親が変わったのです。
    私に対して何も口を挟まなくなったのです。
    口やかましく管理されることがなくなると、逆に不安になるものなんですね。
    それまでは「どう親の目を盗んで勉強をサボるか」という姿勢だったのが、
    「自分で自主性を持ってやらないと大変なことになる」という姿勢に私自身も変わりました。

    その後大学受験で補欠合格を蹴って浪人を決めたり、
    大学生活は一人暮らしをして送ると言ったり、
    進路に関しては結構我儘を言いましたがいつも母親が取りなしてくれました。

    その数年後母親が病床に伏し半年ほどでこの世を去った時、
    父親から聞かされた言葉に心を揺さぶられました。

    おまえが言うことを聞かず反抗的な態度を取って俺が腹を立てていた時、
    お母さんは言ったんだ。
    「親は港でいればいいんだと思う」
    「子供が好きなように広い世界に出て行くのを見守って、
    帰って来た時に温かく迎えてあげればいいんじゃないの」
    お母さんがそう言ったからお前の我儘も許したんだ、と。

    父づてに聞いた母の言葉はそのまま私の子育ての指針となり、
    二人の子供を送り出し見守り続ける港となっています。

    ユーザーID:0681251089

  • レスありがとうございます

    ピーナッツ樣
    義理のお母様のトイレを別荘とは受け取り方によって嫌味ととるか、
    お上品な言い方ととるか。ピーナッツ様はポジティブな方ですね。素敵です。

    さくら様
    夫の言葉は確かに当たり前なことだと思います。実は自分の中で思っていたと思います。
    でも虐げられていた家庭環境の中、そういう当たり前の愛というものがわからなく
    なっていたのかもしれません。当たり前をあえて言葉にすることの大切さに気づか
    されました。

    しろたん様
    音楽業界はお金、確かにお金、な部分もありますが、努力と苦労されたからこそ
    言える言葉でもあるのでしょう。

    瑠璃様
    実体験からのお話、ジーンと来ました。親は港であればいい、未経験の
    子育てをしながら思春期の荒波を親子で乗り越え、そのような考えに至るのですね。
    お母様の悟りに私も開眼させられました。

    皆様、開眼される言葉、なんてそんなに出逢うことではないと
    思いますが、素敵なお話をシェアしてくださってありがとうございました!

    ユーザーID:3291922229

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • よかったね

    そんなパートナーにめぐり合えてよかったですね。そしてこれまでお疲れさまでした。

    これから、これまで貰えなかったものを、家族に与え与えられる人生を頑張ってくださいね。ひと言でいえないほど大変なことだとは思いますけども。

    誰にでも、出来うる限り
    「この世に生まれてよかったと思えるように、この時まで生きてきた甲斐があったと思えるように」
    丁寧に大切に接して、でも人力は限りがあるからせめて家族だけでも、ひとつひとつ、努力しないといけませんね。自戒をこめてそう思います。
    自分自身も含めて大切にね。

    私の心洗われた言葉は、そんな家族の素敵なエピソードはくっついていないです。
    大人になって仕事上の関係で知り合った先生から
    「数学と文学は美しさを求める学問だ」
    のようなことを言われ、学問に対して何かしら開眼したような思いをしただけです。
    学校にいたときに、そういう開眼する言葉に出会えていたら人生の舵取りが変わったかもしれません。
    だけど、誰しも出会う時に出会うべき言葉に出会うもので、選べるものはないのでしょうから、仕方がないですね。

    ユーザーID:0843333285

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧