国際結婚2年目 旦那との仲

レス27
(トピ主1
お気に入り54

恋愛・結婚・離婚

Y

ヨーロッパのある都市に住んでいます。
留学中知り合った現地人と結婚し2年目、子なし、こちらでの生活は8年目です。

夫は大学で同じクラスだった人で、卒業と同時に結婚しました。
共働きで、経済的には裕福ではありませんが不満はありません。
すごく優しいし愛情も感じています。人としても尊敬しています。

本題です。
結婚をした頃から少しずつ気持ちのバランスが崩れてきている自分がいます。
結婚が原因というよりは、卒業し現地で働き始めたり、仲が良かった日本人の友達がどんどん帰国してしまったり、いろんな要因が重なっているんだと思います。
30歳ということもあり、ホルモンバランスも不安定になっているのかもしれません。

ストレスを、すべて夫にぶつけてしまいます。見境なく当たってしまいます。
頭ではいけないとわかっていても、一人になった時に毎回嫌悪感に苛まれても、何度も同じことを繰り返してしまいます。
夫は最初は優しくなだめてくれていましたが、最近はさすがに疲れているのが見受けられます。
やめたいのに夫を前にすると制御できなくなってしまいます。家の外では私は普通に明るい人、と思われていると思います。

話し合いも何度もしており、その度に一旦落ち着くのですが、またすぐに同じようになってしまいます。一番強く感じる感覚は孤独感です。
ヒステリックになると、誰もわかってくれない!という気持ちが溢れてきます。
ここ最近は特にひどいです。

日本にいる両親とは仲はいいですが最低限の連絡しかしません。
夫の両親との仲もいいです。
現地人友達はいますが深い話はしません。

アロマオイル、スポーツ、食べ物に気をつける、など実践してみていますがこれで方向性は合っているのだろうか…
夫と仲良くしたいです。
どんな原因と改善方法が考えられるのでしょうか…
国際結婚の方、そうでない方、いろんな方から意見を頂けたら幸いです。

ユーザーID:2522721244

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 疲れている

    長い外国生活で脳が疲れているのですよ。
    生活そのものの中で、わずかな緊張を強いられ、限界まで疲れているのだと
    思います。

    本当は一時帰国して、日本でのんびり暮らすのがよいと思います。

    できないのであれば、電話で両親とよく話してはどうですか?
    気の置けない友人と話すのもよいかと思います。

    知り合いの外国人と結婚した人は、演歌を大きな声で歌って発散したと言って
    いましたよ。
    演歌に興味がなくても、試してみる価値はありそうです。

    日本人としての性質が根っからあるのだと思います。
    それをうまくなだめる方法を。

    現地の大使館でコミュニティサークルや仲間を紹介してくれませんか?

    連絡をしてみてください。

    ユーザーID:2533705917

  • わがまますぎる、離婚されるよ

    ヨーロッパのどこの国か知らないけど離婚は難しいことではなく、ご主人からの申請で簡単にできるでしょう。

    そうなる前に一度帰国したらどうですか。
    心につかえているものが取れるかもしれませんよ。

    ユーザーID:0459604960

  • 疲れているのかも

    30年近く前の私とまさに同じです。

    もしかして、何か不満に思っていることがあるのかも。
    私はありました。

    仕事は楽しく頑張りがいのある職場でしたが、ゆえにというか、現地人のお局にいじわるをされていました。気にしていないつもりでいても、やっぱりストレスになっていた。

    夫は現地人のため、外国人の私の疎外感というか、孤独感を今一つ実感できていませんでした。

    私の夫も、優しく愛情も感じ、人としても尊敬できる人でした。
    が、薄給でした。もちろん二人で生活するには問題ありませんでしたが、こんなに薄給で将来子供を持てるのかという不安を常に感じていました。
    夫は食べていけるなら、子供を持っても問題ないという考え方でしたが、私は子供に私立校などのチャンスも与えたいとおもっていました。


    こういったストレスを主さんと同じように夫にぶつけていました。
    ”誰もわかってくれない”
    正にそう思っていました。


    今は幸せです。
    上記のお局は、結局ご自身が精神系の病気に罹り、退職を余儀なくされました。
    私は順調に昇進しました。

    昇進し、昇給もした結果、夫の何倍も稼ぐようになり、ひとりで生きていく方が楽だと気付き、離婚しました。

    その後、別の人とお付き合いし、再婚しました。
    同じように優しくて、愛情のある、尊敬できる人です。
    現地の人ですが、留学も転勤経験もあり、私の疎外感や孤独感をわかってくれる人でした。そして、高収入でもあり、子供を持つ不安が解消されました。

    今は子供にも恵まれ、私立校に通い、習い事などもいろいろできます。


    もちろん、離婚をお勧めするわけではありません。
    が、何が不満なのか、何がストレスの原因になっているのか、自分で分析して、一つずつ取り除いていくべきかと思います。
    それは、ご主人はしてくれません。自分自身でするのです。


    幸せになられますよう。

    ユーザーID:8080199518

  • 二人で将来設計、そして日々の生活を楽しむ工夫。

    国際結婚で海外生活のゆえに、自分が大地にしっかり根を張って生きていないような感覚が主さんの心を不安定にしてるのかも。自分もヨーロッパの田舎で結婚し30年近く住んでるので、そう推測するのですが。
    生活も落ち着いてきて、無意識に「この先どうなるんだろう?」という不安が出てきたのかもしれませんね。夫さんと、二人の将来設計などについていろいろ話をしてみるといいと思います。
    真剣に、だけどできるだけポジティーフに夢を持って。
    国際結婚に限らず、結婚して他人だった人と一緒に生活を築いていくということ自体が、自由だった自分ひとりの人生のようにはいかなくなるわけで、自分の人生を、パートナーと方向性をしっかり確認しながら、日々の生活を楽しめるように意識してみるといいんじゃないかな。
    つらいことなども、本音で夫さんに話していいと思います。でも、自分の中でそれが爆発するまで待つのじゃなく、毎日の日課として今日の体験や感想を夫婦で話せるような習慣(食事時とか、コーヒータイムとか)を持つようにすると夫婦の絆も深まるよ。
    主さんにも収入があって経済的に自由が利くのなら、たまには一人、または夫婦二人でプチ贅沢(小旅行、レストランでの食事、質の良い生活用品購入など)をして、日常のストレスを発散することも生活習慣の中に取り入れるといいです。
    二人の生活を楽しめるように生活をオーガナイズしてみて!
    夫婦でも親子でも友人でもいいから、本音で話せる人を持つことは、海外で孤独を感じやすい私たちには特に必要だと思います。本音イコール自分の素直な気持ちです。いいことも悪いことも。ただ、相手もそれを素直な気持ちで耳を傾けられるように、その本音の伝え方、話し方は、自分で工夫する努力が必要です。
    肩肘張らないで自然体でいられる自分を目指して、ゆっくりと一歩一歩進むといいです。人生長いのだから!

    ユーザーID:4347459737

  • 甘えるのもいい加減にしろ!と言いたい。

    国際結婚約20年、、欧州在住。

    一番の理解者であり、味方になってくれてるはずのご主人を攻撃して何がいいの?
    ご主人を傷つけてるって自覚があるのでしょう?
    人は万能ではありません。
    いつかご主人の心のコップの水が溢れた時には、あなた終わりですよ。
    逃げられて背を向けられたら終わりですよ。
    あなたはもうそこには住めなくなってしまうのですよ。
    誰も守ってくれないヨーロッパで女性独りで生きて行くのは、どんなに大変な事かわかるでしょうに。

    友達が帰国して行くのが本当に寂しいのはよくわかりますよ
    私でも辛くて辛くて、息してる事がやっとだと思いながら生活してる時もあります。
    でもね、このまま年老いて行って、やっぱり最後は夫婦二人っきりになっていくのだと思うと
    少しでもいいかたちで、年を重ねて行きたいしその努力は必要だと思います。
    身近に夫婦仲の良い年配者はいらっしゃいませんか?
    そのような方に接していると心が和むし、自分を省みたり学ぶ事も多いと思います。

    あなたがもう今の状況を変えられないのなら、しばらく日本のご実家に静養に行くのも良いでしょう。
    とにかく、これ以上ご主人を追い詰めないようにしてください。
    夫婦は合わせ鏡です。
    あなたの心が荒れている時は、ご主人の心も荒んでいるのですよ
    苦しいのは、あなただけではありません。

    ユーザーID:2805656898

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 貴方の人間性

    人はストレスかかった時
    本性が出る

    国際結婚に限らず、
    自分の鬱憤を 優しく受け止めてくれる人に
    吐き出す行為ってやる思う。

    でも受け手は、最初は愛情から支えてくれるけど
    そのうち コップの水があふれてきて
    支える側が限界に来る

    貴方は馬鹿じゃないから
    自分にとって怒らせると損な相手
    (仕事場での上司)とかにはしない

    やつ当たっても 反撃してこない
    自分にデメリットがない相手を選んで
    八つ当たりしてる。

    たしかに 夫は 今は反撃してこない
    ただ 愛情も 情だけの付き合いになり
    そのうち 限界が来て 見限られる。

    貴方が今 危機感抱くのは
    今は反撃しない夫が
    限界が来て見捨てられるという危機感を感じたから
    これじゃヤバイ って考え始めただけ

    いつも自分優先
    自分の損得で動いてる

    離婚になるのは時間の問題
    修復しようにも
    長年にわたる夫への精神虐待は
    簡単には戻せない。

    離婚して 日本に帰るのが一番では?

    彼は今の貴方の性格知ってたら
    けっこんはしなかったのでは?

    ユーザーID:2258994196

  • ゆっくりと

    ゆっくり里帰りして日本で親や友達と話す。それで新たな気持ちでまた夫と向き合えるかもしれません。

    ユーザーID:1275882537

  • 毒嫁ですね

    >結婚が原因というよりは、卒業し現地で働き始めたり、仲が良かった日本人の友達がどんどん帰国してしまったり、いろんな要因が重なっているんだと思います。
    >30歳ということもあり、ホルモンバランスも不安定になっているのかもしれません。

    原因を外に求めちゃダメですよ。
    結婚を決意したからには、熟慮と覚悟があったはず。その初心を思い出し、方向性を取り戻せば、万事塞翁が馬です!

    ユーザーID:5404231146

  • 私の場合ですが

    国際結婚、海外在住者です。
    私は子供が産まれた頃、孤独感をよく感じました。
    15年海外にいて、一番その時が日本にいる家族が恋しかったり、孤独を感じましたね。

    トピ主さんはお子さんがまだいらっしゃらないとの事ですが、もっと外に出かける機会を増やし、新たに友達を作る、趣味を作ったり、旦那様がいてもなくても、何かに没頭する時間を作る。
    確かにホルモンバランスも原因とは思います。

    私も生理前は特にPMSで主人に当たったりしてしまいます。
    カフェインを控えたり、Workoutして汗をかいたりして発散すると、PMS症状が気のせいか収まる気がします。
    私の場合はパターンがあるので、生理前は主人と距離を置くようにしてます。

    トピ主さんはPMSが原因ではありませんか?
    あとは孤独感を感じたら、旦那様に当たるのでなく素直に伝えてみるとか、他の事に目を向ける様にする事でしょうかね。

    ユーザーID:0653966353

  • ヒステリックになる前は何をされていますか?

    私も欧州の方と国際結婚です。
    似たように夫に八つ当たりした時期ありました。
    トピ主さんと違い原因がはっきりしていたので、
    それを取り除いた生活にしたら徐々に改善されていきました。
    私から離婚も何度も口にしましたが彼は絶対に了承せず、
    ただ改善することだけを目的に辛い時も傍にいてくれました。
    彼の協力と理解があったからこそ今があると思います。

    幸いトピ主さんの彼も同じような方のよう。
    ただ彼もどこまで我慢できるかは何とも言えないので、
    自己嫌悪になり苦悩するトピ主さんのお気持ち分かります。

    トピ主さんがおかしくなる際に思い起こしてみて、
    何かその前の行動に共通点はありませんか?
    解決する為にはやはり原因を取り除くことが大切だから。
    もし仕事なら思い切って止めてみる。
    人間関係ならば思い切って距離を置いてみる。
    とにかく自分を休ませてあげるのが必要なんだと思います。

    きっと無意識の内に無理が溜まっているんでしょうね。
    外で頑張って笑顔で過ごしているんですよね。
    その分、自分が出せる彼に甘えてしまっている。

    もし少しでも第三者の助けを必要と感じるならば、
    カウンセラーや医師などを訪れることも役に立つかもしれません。
    でも無理せず自然と気が向いたらでいいと思う。

    今を乗り越えたら彼との関係はさらに強くなるし、
    自分も自然体になれとても楽になりますよ。
    私は少なくともそうでした。
    無理しないでね、自分を守ってあげて下さいね。
    今が永遠に続くことはありません、必ず変われますよ。

    ユーザーID:1175715576

  • とても良くわかります

    トピ主さんと少し状況は違いますが、とても共感したのでレスさせてください。

    私も仕事の都合でとある国(途上国です)に単身赴任(夫も別の国で一人暮らしです)しています。仕事は順調になり始めたものの、周りに日本人がほぼおらず、なにかにつけて孤独な気持ちになり、こちらで心を許せる人がいないためか、精神的に不安定になります。とても恵まれた環境であるとわかっていながらも、自分がネガティブな思考になることを止められず、自己嫌悪になります。


    主さんは、現在暮らしていらっしゃる国に8年ほどいらっしゃるようですが
    やはり親しい方々が帰国されたり、外国人のご主人にはどうしても伝えきれない
    本当に小さな文化の違いなど、孤独に感じることが多いのではないでしょうか。
    インターネットが普及したものの、やはり直接心許せる友人と直接他愛のない話をできるというのはとても心慰められるものだと思います。


    (自分に言い聞かせる意味でも)自分を責めず、今感じている自分の感情を否定しないで、自分に優しくできるといいですよね。

    私は主さんの投稿で、一人じゃないんだ、ととても励まされました。ありがとうございました。

    ユーザーID:6673111482

  • わかります

    ほぼ同じ条件で欧米で暮らしている31歳です。
    お気持ちすごくよく分かります。
    私も現地の友達はいますが、同じく深い話まではしないので、唯一何でも話せる夫にすべてぶつけてしまうことがありました。
    今ようやくそういったこともほとんどしなくなり、心が安定したところです。

    夫にヒステリックに当たってしまった後、疲労した夫の顔を見て「夫を失いたくないならやってはいけない」と気づきました。

    そこから、当たり前のことをよく噛みしめて理解することで冷静な思考に戻った感じです。
    「日本にいる友人達にだって生活が変わって孤独に戦っている人もいる」
    「外国人妻を支える夫も私以上に苦労している」
    「私は私でよく頑張っているじゃないか、自分を誉めてもいいんだ。」
    などですね。
    今までにも頭では分かっていても、夫を失うかもしれない危機感がなく、真に理解できていませんでした。

    あと、やはり人と深い話をしないと溜まっていくのですよね。
    日本にいる友人達とライン電話などで思いっきり話すとすごく心は軽くなります。
    現地の友人でも実家が遠方の方や、移民してきた方だと共感が得られて、それだけで穏やかになれました。

    一番ひどかった時には夫からカウンセリングを勧められました。
    主治医に相談したら軽いうつ状態が見られるとのことで、薬を処方していただき、カウンセリングを始める前に改善が見られたので一旦保留にしてもらいました。
    医療的なアプローチも効果的かもしれません。

    まだ私も完璧に元気ハツラツとは言えませんが、着実に改善はしています。
    Yさんも卒業に結婚に就職と忙しい日々で心の疲れが溜まっているのでしょう。
    気持ちを吐き出して、ホッとできますように。

    ユーザーID:2975761842

  • ホームシック

    「1日日本漬け」の日を作ったら如何でしょうか?

    何かで見ましたが…肉じゃがを近所の方を招待して食べて頂いたり、ティーセレモニーを紹介したり、楽しそうにしている在外日本人を見ました。

    今は、ネットで何でも買えて取り寄せ出来ます。

    緑茶、抹茶なども日本独特で清々しい味が珍しいでしょ?

    何でもない、普通の日本人が食べたり、飲んだりしているものが良いと思います。

    袋入りラーメンだって、味付け卵、晒しネギのトッピングで美味しく出来ますよね?

    ユーザーID:6613785496

  • わかる

    深い話のできる日本人がいないことが辛くてしょうがないんだと思いますよ。
    そういうもんです、わかる気がします。
    現地人とはいくら仲良くなってもなかなか深い話とまではいかないよね。

    >日本にいる両親とは仲はいいですが最低限の連絡しかしません。
    >現地人友達はいますが深い話はしません。

    これね。これが積もり積もって爆発しちゃってるんじゃないかな。
    海外に住むと必ずぶつかる事かと思います。
    かと言って無理に日本人の友達を探しても、合う人とは限らない。
    日本にいる時よりも圧倒的に出会いの幅は少ないですしね。

    30歳でホルモンバランスは関係ないと思いますよ。それを言うなら40代になってからでしょ。更年期。
    ただ、母国語で、日本人の感覚で深い話ができない日常が強いストレスとなって、自律神経を乱しているんだと思う。

    なんとかそこで気の合う日本人を見つけるか、あるいは日本に帰国した友達であっても、昔からの友人であっても、たまには電話で深い話ができる状況を作り出していくしかないんじゃない。

    私は学生時代の親友(日本在住)とメールのやりとりはよくしますよ。
    結構深い話のできる間柄で、助かってます。
    あと母親とも月に一度は国際電話であれこれ話します。
    それでもってるようなところ、ありますから。

    そこで心を穏やかにして、最愛のご主人に向き合ってあげて下さい。

    ユーザーID:2420282260

  • 旅に出る

    ご主人と短くても良いので、どこかへ旅行なさっては?

    普段の生活から離れて小さい冒険を重ねると、夫婦の絆が強まります。良い気分転換ですよ。
    旅先で素直になって、ご主人に自分の不安定さをしっかり伝えてみてください。

    何をしても無理ならば、早めにカウンセラーに会って専門家からアドバイスを受けるのが良いでしょう。

    ユーザーID:5324227890

  • 自分との仲が問題でしょう。

    トピ主さんは旦那との仲を問題にされていますが、一番の問題は自分との仲でしょう。  一番簡単な解決方法は、子供を作られることです。   当たり前のことに、子供は半分は自分ですから、子供と旨く行けば問題の半分は解決したことになります。  先ずは、一歩一歩解決することで、それが出来れば二歩・三歩と解説の歩幅を伸ばしていって下さい。  当然、寂しさや孤独感は何時の間にかなくんっている筈です。

    ユーザーID:5923098629

  • 孤高の人になるか、色んな人に役割を分担

    国際結婚7年、欧州移住5年ですが、孤独感、わかります。
    私も他国に留学就職していた経験がありますが、やはり結婚となると孤独感は違います。
    現地の生活に終わりがなく、日本に戻らない可能性が少ないからだと思います。

    そして現状、旦那さんが、夫という役割以外に両親であり兄弟、親友、近所の人、と本来なら別々の人が担っていたはずの役目を負っているせいだと思います。
    少しずつ各所で出来ていたガス抜きが出来ず、身近で唯一側にいる旦那さんに出てしまうのでしょうね。
    あまりに近すぎて、本当の家族相手のように錯覚して遠慮がなくなって切れてしまうのだと思います。が、所詮枯れは他人で、彼には自国の家族や友人がいて安定しているので、そのうち受け止め切れなくなると思います。

    改善策は、ガス抜きの相手を分散する事です。
    一番は同じような国際結婚の日本人を見つけて、思いっきり日本語で話す事でしょうか。
    そのうち子供が生まれると、益々簡単に日本に本帰国は出来なくなりますが、代わりに一種の覚悟が付き、子供を介した人間関係も出てきてまた変わると思います。
    何より、仕事と子育てで忙しくなりますし。

    ユーザーID:4902439530

  • 自分のことが分かっていないの

    海外で大学を卒業し、結婚もして頑張ってきたんですね。まだまだお若くて、これからが楽しみですよ。今回のことは最初の試練ですね。ご主人とこの先何年も連れ添いたいと思うなら、できるだけ早く今の状態をやめないと。それにはご自分についてきちんと知ることが必要かと思います。

    学生時代と違い、社会人として海外で暮らすということは、家族も友人もいない生活を自ら選択したわけです。つまり、誰もわかってくれない状況はある意味当然の結果なんです。それを自らの選択として受け入れる覚悟がまだないようですね。

    周囲のお友達がどんどん帰国して取り残された気分になるのも分かります。孤独感と将来への漠然とした不安がどんどん増殖し、自分でもどうしようもなくなってヒステリー状態に陥るんでしょう。

    30年近く海外で暮らし、この年齢になって気付いたのは、近しい家族や友人がいないから「不安や恐れ」「被害者意識」「他人との比較」に惑わされやすいこと。そうした負の感情にからめとられるとにっちもさっちもいかなくなり、家庭を壊す結果になりやすいこと。

    ご主人もお若いでしょうから、この状態があまり続くと結婚している意味がないと考え始めるかもしれません。あなたは彼の子供ではないので、一方通行の愛情は、いつか枯渇します。そうなってしまったらもう元には戻れません。だから今できることから始めましょう。

    ホルモンが原因だと思うなら、今すぐ婦人科へ。それから、お金がかかると思わずにカウンセリングにも行ってください。ここでケチっちゃいけません。自分に合うカウンセラーが見つかるまであきらめないで。誰かに聞いてもらうだけで気持ちが楽になりますよ。

    あと、感情移入できる本や映画の助けを借りて、時には一人で大泣きしてみましょう。これ案外効果あるのでお勧めです。

    少しずつ本当の笑顔を取り戻してくださいね。

    ユーザーID:6159363784

  • なんとなく、理解できます。

    私は国際結婚をして日本で暮らしているので、Yさんより環境はずっとゆるいと思われますけど、家では夫の国の言葉で話しているので、時々頭が疲れます。

    Yさんは、一日中外国語を使っているわけですからねー。頭も心も疲れますって。
    アウェイで生活するうちに、じわじわとボディブローのように疲れが溜まってきたのでしょうね。

    ただ、そんな感じで帰国しても、問題の核は解決しないのかもしれません。
    ご主人に問題があるってわけでもないですしね。ここで離れてしまうと、心まで離れてしまいそうで心配です。

    そこで、もう、笑われそうな対処方法かもですが、犬か猫を飼ってみてください。
    癒されます。それなりの義務も発生するので忙しくなりますし、そこからググッと煮詰まった心がちょっと溶けていくかもしれません。

    元気になる必要はないけど、ニュートラルな本来のご自分に戻れると良いですね。
    応援しています。

    ユーザーID:4043967801

  • トピ主です

    レスをくださった方々、トピを読んでくださった方々の目に止まれば幸いです。
    レスを読ませていただきました。
    気持ちをここで吐き出せたこと、皆様からコメントをいただいたこと、こんなにも救われるとは思っていませんでした。
    厳しいご意見は、主人が私に言いたくても言えないだろうことを代弁しているようで、ものすごく突き刺さりました。
    それに、共感を示してくださる方々のおかげで、一人じゃないんだ、と気持ちが楽になりました。
    昔そうだった、という方のコメントは、出口を見失っている私に希望をもたせてくれました。
    とにかく、「どうしたらいいかわからない」から「こうしてみよう、ああしてみよう」になりました。
    こういった場に何かを投稿するというのは初めてのことでしたが、勇気を出して投稿してみてよかったです。
    本当にありがとうございました。
    そして、いつも発言小町の投稿を読んで勉強させていただいていた私としては、このトピがわずかでもいつか誰かの励ましになれば幸いです。

    ユーザーID:2522721244

  • 心の奥底をよくみてみて

    ホルモンとかアロマとか、そういう話じゃないと思います。
    深層心理的に、「こいつのために私は苦労させられてる」という感情があるんだと思います。

    私の親しい友人がそうでした。
    日本ではないアジア某国からきて、この国(欧州)に住んでます。
    彼女にしてみれば、結婚したからこの国にいるのであって、そうでなければここにはいない。
    母国も決してパラダイスじゃない、というのは分かってるものの、それでもこの国では基本的に孤独だし、いちいち不便だし、無力感を感じる。要するに自分のホームじゃないのです。

    それで彼女は夫にぶつけまくりました。
    分かってほしい、という気持ちもあったと思います。でも根本的には、「私がこれだけ苦しんでるのに、お前にこの苦労はない、不公平だ!」という怒りだったと言います。

    彼の方は、数年の間は我慢して彼女の思いを受け止めようとしてきましたが、ついに先日、出て行ってしまいました。
    今、離婚の協議中です。彼女はしたくないのですが、彼の方がもう無理だと。

    私自身はこの国が好きで来て、幸い20年以上過ぎた今も水に合ってると感じるので、外国人であることがストレスにならないのですが、結婚してなきゃこの国にはいないという人だと、どこかで相手に対して「アンフェアだ」と感じるみたいです。

    子供が生まれたらもっとひどくなります。
    いっそう身動きできなくなるうえ、日本にいる自分の親にはなかなか会わせられないのに夫の家族ばっかりいい目をみてるとか、子供はどんどん社会化してその国の人間となっていくので疎外感を感じるとか、それこそ、アンフェアだと思い出したらキリがないことだらけになります。

    自分が所詮はよそ者であること、アウェイにいること自体を楽しめないと、外国暮らしはきついです。
    主さんももう一度、自分の本当の気持ちを見直した方がいいと思います。

    ユーザーID:9641095008

  • 私の35年前と同じです。

    昔を思い出しました。
    彼氏が大学生でした。

    私は友達もいなく言葉もろくにできず
    欲求不満で当時の彼氏、今の主人をヒステリックに
    叩いたり攻撃ばかりしてました。

    今思うと夫は非常に寛容でした。
    相手にもよります。
    ドイツ語を大学市民講座で習い始め
    そのなかで優等生になり楽しく友達もでき。

    一番の解決は妊娠し子供ができたこと。
    それから世界が変わりました、明るくなったのです。
    まだ学生の主人でしたが学年トップの成績で卒業しました。

    頑張ってください。
    人それぞれです。
    あんまりヒステリック期間が長すぎると
    離れていっちゃうかも。

    ユーザーID:8132381767

  • 自分の本当の気持ちは?

    欧州在住10年超。そこそこ日本人がいる街に住んでいます。

    知り合っても帰国や引っ越しなどで別れは付き物ですよね。それはあきらめて受け入れました。全員が永住予定で外国に来たのではないし、日本にいても30代にもなると結婚や転職で遠く離れてしまう人もいますから。

    トピ主さんの文章を読んで気になったことがあります。トピ主さんにはあてはまらないかもしれませんが…

    トピ主さんは今の生活にとくに不満はない。現地で就職するだけの力があり、ご主人も素晴らしい人。贅沢しなければそれなりの暮らしができる経済状況。日本の家族とも仲良し(連絡回数が少ないとのが引っかかるが)、義理の家族とも仲良し。それなのにヒステリーの発作を起こす。かなりのストレスなのでは?

    私がこちらで知り合う日本人女性には、こういう人が少なくないと感じています。結婚して時間が経つと、いろんな粗が見えてくる。第三者にはずっと前から見えているのだけど…

    「素晴らしい」とはとても言えない人と結婚したり(浪費癖、浮気癖、DV、アルコール依存など結婚前から見えているし周囲の人が忠告もしている)、義理の家族が自分を歓迎していないと気づいて落ち込んだり…

    誤解をおそれずに言うと、日本人は「私はいい人、あなたもいい人」の呪縛が強いのかしらと感じることがあります。結婚前から感じていたはずの違和感を「私が気にしなければいい(我慢すればいい)」と飲み込むものの、やっぱり飲み込んでしまえない問題。相手の良いところを友達にのろけるばかりで欠点は見て見ぬ降りをしていたが、いつか我慢できなくなってしまう。

    この人たちに共通するのは「この部分は嫌いだな」と認識することすら避けていることです。必ずしも相手に伝える必要はない。自分が「嫌だ、嫌いだ」と認識することさえ拒んでいるみたい。でも、そんな無理は長続きしないから、いつか爆発しますよね。

    ユーザーID:5024865381

  • 参考になるかわかりませんが

    在米20年、こちらで知り合った米国人の女性と結婚して14年、子供が2人います。日本で大学院を出た後こちらに研究者としてきました。独身時代は国籍を問わず多くの友人がいて孤独と思ったことはありませんでした。そこで出会った日本人は駐在員が多く、こちらで永住してひと旗あげようというか心積もりの私とは考え方が合わず親しくなる人はいませんでした。30代半ば結婚するとほぼ同時期に今の職場のある田舎へ移りました。若い頃のようには友人を作れませんでしたが、妻もいるし、孤独感とは無縁でした。子供ができて、地域社会との関わりが多くなり、子供の学校でのボランティアもしたりして、地域社会に根を下ろした暮らしをするようになり、充実しています。

    ユーザーID:0888765014

  • 本当は今の国で暮らしたくないのでは。

    私は日本を離れて30年ほどになります。トピ主さんと同じように留学して知り合った夫と結婚して、夫の国にも住んでいたことがありますが、今は別の国に住んでいます。

    30歳でホルモンバランスは狂いません。通常は女性として一番安定した時期です。心の問題ですね。他の方も何人かおっしゃっていますが、トピ主さん、ご自分の本心を隠して生きていませんか?留学していたということは、今いる国はそれほど嫌いではないでしょうし、ご主人もそのご家族も本当に良い方なんでしょうね。経済的にも大丈夫。でも、本当は、色々不満があるんじゃないですか。

    トピ主さん、本当にその国で子育てして、この先20年、30年暮らしていきたいですか? 本当は日本が恋しくなってきてませんか? 学生として外国で暮らすのと、結婚して社会人になって暮らすのでは大きな違いがあります。これからの生活が待っているのは現実です。そして、もしかしたらもう日本に住む事はないかもしれません。それに気づき始めてきたんじゃないですか。

    子供が出来たら、その子が18になるまでは、その国から離れられなくなります。もしご主人と離婚することがあっても、その国で一人で子育てできそうですか? あと欧州人は、愛がなくなればすぐに離婚になりますから、日本のように情だけで結婚生活を続けることはあり得ません。あなたが離婚したくなくても、それでおしまいです。

    一度ご自身の本心にじっくり向き合ってください。

    ユーザーID:4493919038

  • 自分自身の世界を開拓しよう

    国際結婚ではよくある現象です。

    おそらく、トピ主さんの世界がひどく狭くなって、ご主人中心の小さい空間に閉じこもってしまい、ご主人に精神的に依存している状況なのかと想像します。

    まだ新婚さんなので、世界が御夫婦中心に回っているのは不思議はありませんが、それに限界が出てきたのでしょう。

    一番良いのは、御夫婦の生活空間を越えて、トピ主さん自身の世界や社交関係、興味の対象を開拓することです。大学を卒業して社会人になると、新しい友好関係を築くのは難しくなりますが、趣味の集まり、興味のある分野の勉強会、ボランティアなど、色々と積極的に参加してみたらいかがでしょうか。

    トピ主さんは現地の大学を卒業していらっしゃるなら、言葉は障害にはならないでしょう。

    そういった気力も無いということなら、軽いうつ、ホームシックによる適応障害等の問題がないか、精神科医に相談してみるのも良いとおもいます。

    また、心理カウンセラーを利用して、心の中の鬱憤をぶちまけてみるのも方法です。

    何であれ、ご主人以外にもトピ主さんの気持ちを繋げる対象、心を広げる対象が色々出てくれば、ご主人を鬱憤発散の対象にする必要も無くなるし、ご主人にもっと優しく接することも可能になるかと思います。

    ユーザーID:7368256165

  • 私と同じ

    何年か前の私と同じ状況で驚きました。

    私は自覚症状がなかったものの、鬱状態と判断されたため薬を呑み始め
    同じことをぐるぐる考えて旦那に八つ当たりしたりすることがなくなりました。

    病気なのですから自分の意志でコントロールできないことがあります。

    私の無知で日本と違う気候で鬱になりやすい(特に冬場の日光不足で)ということを知らず憂鬱だからますます家にこもって日光も浴びずという生活をしていました。
    薬を呑み始めてやっと自分の本来の性格で物事に立ち向かえるようになりました。

    医療機関に相談されることを私はお勧めします。
    どうぞお大事になさってください。
    旦那様と幸せな人生をおくられますようにお祈りしています。

    ユーザーID:0519563891

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧