父が他界した後、残された母が心配です

レス13
(トピ主2
お気に入り23

家族・友人・人間関係

のの

先月、父が癌闘病の末に亡くなりました。
母は父の棺に花を添える時、私も連れていってほしいと大号泣しました。

子供は私しかおらず、来年には結婚する予定です。
そうなると実家には母が一人になります。
祖父母は既に他界、母の兄弟たちも片道3時間かかるところに住んでいて、遠いです。
私の職場は実家から10分のところで、
結婚後は実家から40分程度のところに住む予定なので
結婚してもちょくちょく顔は出せるとは思います。

とはいっても、こんな広い家で母は一人。
寂しくて仕方ないでしょう。
先日、四十九日が終わりましたが、同じことを何回も私に話したり、
私の話をちゃんと聞いていなかったり、
なんというか心ここに在らずというか…
仕事もしていないので、気がまぎれることがあまりなく、
ずっと父の身の回りの世話を頑張ってきたので、父が亡くなって燃え尽き症候群的な感じもあります。

私はどのように母を元気づけていけば良いでしょうか?
結婚してもしばらく実家にいようかなと思ったり…
アドバイスをお願いします。

ユーザーID:5223071079

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長い目で考える

    お悔やみ申し上げます。

    トピ主さんのお気持ちはわかりますが、
    夫婦ってのはいずれどちらかが先に旅だち
    どちらかが一人になるものです。

    残された方は大変でも
    時間とともに 受け入れ その環境に慣れないといけない

    同情も過ぎると、
    トピ主さんの人生が壊れます。

    母が可哀想だといって
    自分の結婚後の家庭よりも実家優先にしたり

    母を引き取って同居したりすれば
    結婚生活は長く続かない。

    ある程度線引きして、
    母は辛いだろうが 乗り切って進んで貰うしかない

    もし母が可哀想だといって
    結婚後も実家で過ごしたりして
    離婚になったとする。

    母は良いでしょう
    貴方がいれば残りの余生
    安心して暮らしていける。

    でも貴方は?
    母なき後 ひとりぼっちになったら
    どうするの?

    一人っ子の貴方は天涯孤独になる可能性が高い。
    (年取って入院手術の保証人など困るかと)

    だからこそ、
    貴方は結婚して 自分の家庭をしっかり持たないとダメ

    家庭を最優先した上で
    できる親孝行だけする。

    いずれ貴方が結婚して
    子供が出来れば
    母は、孫を会うのが楽しみになるでしょう

    突き放すには酷だけど
    一線引かないと
    母を助けるため 貴方の人生が潰れる

    貴方はちゃんと家庭を持って家庭優先しても
    親孝行はできる。

    母が満足させるために貴方が人生潰して支えるか

    母が多少不満足はあっても
    別居でも時折支えたり声かけたりして
    親孝行しながら
    貴方は自分の人生も手に入れるべきかと

    ユーザーID:8584487482

  • 一緒には暮らせないのですか?

    もしくはもう少し近いところに新居を考えられないのかなぁ、、。
    心配ですね。なんか、お母様お一人にしない方がいいような気がします。

    私は親の立場ですが、普通は来年結婚する娘がいたら、表向きだけでも元気にふるまうと思うんです。私は大丈夫よ、と言ったり、何とか一人でやってくわ、と言ったり娘に心配かけないようにしますが、、今のお母様は普通の精神状態じゃないので、う〜ん、よからぬことも考えてしまいますね。

    毎日電話を入れ声をきくとか、行ける時は顔を出すとか、落ち着くまでは頑張るしかないですね。それで、少しずつ会う間隔をあけていく、そうこうしてるうちにお母様がなにか好きな趣味やや仲間などができればいいと思います。理想ですけど。

    お母様の年齢はまだ55前後ぐらいですか?
    余り年がいってなければ、これからもう一度新しい人生があるんですけどね。
    時間をかけて前に進めるといいですね。
    大変でしょうけど頑張ってください。

    ユーザーID:8791487535

  • そおっとしておく

    娘とはいっても結婚後の家族は夫でしょう。

    お母様は孤独でしょうが、孤独に慣れる耐性を身につけなければいけないですよね。
    今お考えになっている「新居から顔を出す」という方法がいいと思います。今はそっとしておく時期だとは思いますよ。

    ユーザーID:8810549982

  • 結婚生活を大切に

    大変でしたね。
    しばらくすれば落ち着きます。
    本当に大変だと思いますけど、ご自分を見失わないで下さい。
    新家庭を大切に。

    ユーザーID:7207856468

  • アドバイスが違って来る

    主さん、お父様のご逝去、ご愁傷様です。

    さて、主さんの年齢、性別、職種、お相手の情報、お母様の年齢、それらが判らないと何ともアドバイスしがたく、内容も違ってくると思います。

    ただ、今はお母様にも心を整理する時間が必要なのです。お父様の死、それに伴う生活の変化、なかなか受け止められないのでしょう。

    私も、母を癌で亡くしました。
    母の一周忌が終わって、同居の父親に結婚する相手に会ってもらい、半年後に結婚(入籍)と同時に家を出ました。
    母の死後知り合った相手なのもあり、葬儀から結婚まで一年半の時間をかけたのは、父に心の準備をしてもらう為の時間でもありました。
    父は結婚自体は大変喜んでくれ、寂しくとも、前向きに一人暮らししてくれてました。

    主さんもご結婚が決まっているのであれば、いずれはお子さんが出来、お母様に孫を抱かせる事も出来るかも知れません。先々の希望があるのは、お母様にとっても後々救いになると思います。

    お母様が心配なのはわかります。
    でも、四十九日や納骨、新盆、一周忌、弔いの機会を経て、気持ちも少しずつ落ち着いて来ると思います。
    哀しみは、良くも悪くも薄れて行きます、涙に暮れる日々はそう長くは続けられないのです。
    ただ、お母様にはお母様なりのペースがあるので、急かさず、優しい気持ちで、寄り添うだけで良いと思います。時間が解決します。

    主さんはご自分の事をしっかりこなし、結婚準備も相手の方と協力してやっていれば、主さんの前向きな行動にお母様も知らず知らず、つられて前向きになるきっかけを得るかも知れません。

    亡くなられたお父様の為に、幸せになって下さい。

    ユーザーID:1899787734

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 誰もが通る道

    お母さんは大切な人生の連れ合いが亡くなった直後で
    まだ心が元のようには回復してないのですね

    うちの両親は決して仲は良くなかったですが、母は
    父が突然死して1年ほどは喪失感が酷かったそうです

    父が亡くなってから15年くらいしてからぽそっと
    そう言われました

    父が亡くなった直後、子供の私に連絡し、すぐ父の
    友人を大勢呼びつけたり、葬儀屋さんと金額でかなり
    シビアに話したり、テキパキ進行したり、死後半年で
    写真を全て破棄していたのでその告白に心底驚きました

    はた目からは冷めた夫婦関係だと思っていたから

    そんな母でも1年も喪失感に苛まれたそうです

    葬儀で夫のために大泣きしれていたのでしたらもっと
    気持ちの上で親密で大切に思われてたのですから1か月
    半くらいでは普段と違う感じで当然だと思います

    義母も夫に先立たれてから5年くらいたちますが、凄く
    元気です(気持ち的に。体はかなり弱ってる)

    月命日に毎月お花をお墓に備えに行くほど仲の良い
    夫婦でした

    うちの親せきだけに限らず夫に先立たれて、子供も
    すでに巣立って近くに居ない一人暮らしというのは誰でも
    通る道だと思います

    今はまだ亡くなった直後で気持ちの立て直しは難しい時期

    しばらく様子を見ましょう

    1周忌、3周忌を終えてもなお今のような状態が続くのなら
    お母さんと一緒に住んであげれば良いと思います
    勿論ご主人の了承を取った上ですが

    お母さんの事を心配されるのはとても親孝行で良い娘さんだと
    思います。

    でも結婚するのならこれからは旦那さんになる方との結婚
    生活をまずは大事にしてください。

    お母さんは次のステージに入ったのです。

    今からは自由な自分の時間が始まったのです

    おひとり様の人生を楽しめるかは自分次第

    主さんは娘として母の話を聞いてあげたり、楽しめるよう
    アドバイスしてあげてくださいね

    ユーザーID:3153480131

  • まずは、ののさんの幸せ優先でいい

    優しい娘さんで、きっと仲の良い家族だったんでしょうね。

    お母さんにとって、お父さんの不幸と、一人ぼっちになる寂しさは、人生最大のピンチでとてもほっておけない気持ちでいっぱいになるでしょう。

    ですが、お母さん世代は、こういう鬱に打ち勝って、最高の幸せを手に入れられる年齢でもあります。

    お母さん世代の方が、悟りの境地というか、いろんなものが見えてくると、今まで生きてきた意味も分かると思います。

    まずののさんが幸せになって、お母さんが子育てのご褒美、娘の成長と娘の幸せを喜べる人になる幸せの連鎖です。

    ののさんは、お母さんの犠牲になって、気を使いすぎたり、悩んでいてはだめです。

    お母さんは、、お母さんの力で、きっと立ち直れるでしょう。

    お母さんの友達とか、お母さん世代の人に、いいアイデアをもらいましょう。
    子供に頼らなくなったほうが、これからの時代は楽だし、そういう先輩も多いですから。

    ユーザーID:6937901149

  • トピ主です。

    レス頂いた皆様、ありがとうございます。
    一緒に暮らすことも考えましたが、母は嫌がりました。
    また実家から10分程度のところにアパートを借りて住もうかと話もしましたが、
    彼氏の通勤時間が片道1時間半〜2時間になってしまうので
    それは悪いなと思ってしまいます。母もそれは気の毒だと言っています。

    母は私の結婚のことより、
    まだ残っている相続やその他手続きのことが気になっているようです。
    父は75歳で他界し、母は60歳なのでまだ若いと言えば若いんですけどね。。

    ユーザーID:5223071079

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • マメに顔出して様子見

    まだ亡くなって二か月も経ってないんです。
    落ち込んで当然。ぼんやりして当然です。しばらくはマメに顔を出して様子見です。

    お母さんの性格によるのですが、ものすごく悲しんで落ち込んでいた母親が段々夫の居ない状況に対応し、初めて手に入れる自由に返って活き活きしてくるというパターンも山ほどあるんです。女は強いですからね。

    多分お母さんはまだまだお若いはず。新居にお招きしてあげたらいいじゃないですか。片道40分なら丁度いい距離ですよ。送りついでに途中でご飯食べたり。

    世話する相手が居なくなって寂しい気持ちはあるのですが、同時に世話しなくて良くなったことで手に入るものもあります。

    片道40分で行けるのですから、心配なのは分かるけど今のこの状況で急いで何かを決めない方がいいと思いますよ。


    早く元気にさせようとしても元気になるものではありません。
    無理に引っ張り出す必要はありませんが、お母さんに合わせつつマメに電話してみたり、結婚式の準備の相談をしてみたり、一人になって困ったことがあるなら相談に乗ったりしてるうちにぼちぼちペースを掴んでいかれると思いますよ。

    ユーザーID:0029753708

  • トピ主です。

    レスを頂いた皆様、ありがとうございます。

    私30代前半、母60歳、彼30代半ばも私も共に公務員です。
    父75歳にも生前、彼を会わせて紹介しており、
    彼にプロポーズされたと報告した翌日に父は旅立ちました。

    先日、四十九日法要を終えたところですし
    仕事の面でも家庭の面でもずっと父を支えてきた母ですので
    以前のように元気な母になるには、まだまだ時間がかかると思います。

    ユーザーID:5223071079

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • あくまで、「ほどほど」に

    職場が近いのであれば、帰りにでも毎日顔を出し、様子伺いを兼ねて5分や10分、おしゃべりをする程度は構わないでしょう。

    あるいはご主人が出張や友人とのお付き合いで不在の日は少し長く滞在するとか。

    しかし、寂しいだろう、可哀想だからとそれを超えて入れ込まないように気を付ける必要はあると思います。まだいいでしょうと引き留められても、また明日来るから今日は帰るねと、線引きはちゃんとする。

    根本的には、お母様がご自身で解決するしかないのです。

    あと注意すべきは、お母様への孝行は良いのですが、それを過度に新家庭に持ち込まないようにする事です。ご主人が尋ねる事に答える分には構いませんが。

    私がうんざりしたのは、夫が姑と関わる事ではなく、聞いてもいないのに私に姑の話ばかりすることでした。それも健康状態などではなく、服や化粧の趣味など「それ私が知ったところで関係なくない?」と言うような内容ばかり。

    夫「今日はお義母さんどうだった」
    妻「普段と変わりなく元気だったわ」
    夫「そうか、よろしく伝えてくれな」
    妻「ありがとう。気にかけてくれて嬉しいわ」

    これで終わればいいのです。母はこれが好きなのとか、母がこう言っててねとか、延々と喋るのはね。仲良し母娘はいいけれど、それと夫婦関係は別なので。

    ユーザーID:5157957129

  • 2度目です

    主さんがプロポーズされた事を報告した翌日…お父様はほっと安心して、逝かれたのかも知れませんね。

    世帯主の死は、配偶者であるお母様には、気持ちの上ではもちろん、相続の手続きの面でも大変だと思います。
    期限がある手続きから順にこなさなくてはなりませんよね。でも、やる事がある方が良い事もあります。

    私の場合は、相続等の手続きを一つ一つこなすうち、故人に本当に最期の最期にしてあげられる唯一の事だと実感しました。遺された者の務めなのだと取り組むうち、一つ片付く度に、少しずつ心の整理も出来る様になりました。

    お母様は、まだお若いです。そのうち、落ち着いて来て、気力も戻って来ると思います。
    お母様は、一人暮らしになっても馴れた家を選んだのですね。すでに、お母様はお母様なりに、しっかり前を見はじめていると思います。
    例え同居でなくとも、主さんの存在があればこそ、お母様も大丈夫だと思いますよ。

    私も、新居は実家から約1時間の所でしたが、1.2週間位の頻度で顔を出して、話し相手になったり、家事サポートをしたり、時には、夫も伴い一緒に夕飯を食べたり、それとなく父の様子を見てました。
    一人暮らしは寂しい事もあったと思いますが、適度に会う位の方が、お互いの負担にならない点では良かったと思います。
    主さんの新居予定地も実家から40分程なら、帰ろうと思えばすぐ行けるのだし、丁度良いのではと思います。

    やはり、主さんは主さんで、お母様のサポートをしつつ、ご自分の結婚と、お相手との今後を第一に考えて幸せになる事が、お父様にとっての何よりのご供養になる気がします。お母様も、きっと大丈夫ですよ。

    ユーザーID:1899787734

  • 心配無く

    トピ主さんは心優しい親孝行な娘さんですね。お母様は60歳との事。まだまだ若いです。大丈夫ですよ。少し時が経てば立ち直ります。好きな男性も出来るかも知れません。
    妻に先立たれた男性は早死にする例が多いですが、逆の場合女性は却って長生きする事が通例の様です。
    心配せずに自分の事と将来の旦那の事を第一に考えるべきでしょう。それがお母様の望む事でも有ると確信されます。

    ユーザーID:2352551331

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧