• ホーム
  • 男女
  • 彼36歳、私32歳、子作りへ意見の違いに結婚を悩んでます。

彼36歳、私32歳、子作りへ意見の違いに結婚を悩んでます。

レス37
(トピ主0
お気に入り105

恋愛・結婚・離婚

yu

付き合って6年目の記念日に籍を入れることになっています。
同棲自体はじめて5年とても仲は良く、信頼しあっていますが、唯一子供の事で引っかかっている事があります。
私も彼も子供は大好きで、子供ができたら なんて話もしたり、望んでいるのは一緒なのですが、、

わたしは来年で33歳になります、年齢も年齢なので子作り自体はすぐにでもしたいと思っていました。
ただ彼は、お金の事を不安視し、『もうちょっと先』『もうちょっと収入があがってから』などと考えています。

お互いにアパレル業でボーナス抜きに月の収入のみで言えば二人合わせて月50万と多くないですが、『もうちょっと収入があがってから』という、いつになるか不明確な内容に、ほしい時に出来るわけではないのにと苛立ちを覚え始めています。

彼が子供が好きだからの発言というのもわかってます。
子供には不自由させたくないとよく言っていたので、自分の収入を気にしているのもわかります。

ただそれはわたしと付き合った時もそうでした。
同棲も両親へのあいさつも結婚も、すべて自分が今親御さんにとって納得の行く立場に今あるか?安心してもらえるか?かなどにこだわり、結婚もようやく決意してくれました。まじめ?誠実?なのかなんなのか、、
そのため、子供の件も、またか、、また私は待たされるのか、、と。

先日もそんな話になりわたしの年齢わかってる?っと聞いても、
友人の例を出して、『大丈夫、○○の奥さん36歳で今子供できたよ』などと言う発言に先日怒りが爆発し、彼は黙って頷いていましたが、伝わっているのか、あきれてるのかはわかりません。

金銭面が大切なのも十分わかりますが、もう少し気持ちをわかってもらいたいです。
あんまり言うと彼も嫌気がさしますよね、でもイライラがわき上がります。どうしていくべきなのでしょう、、

ユーザーID:4167093550

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 精子、卵子の老化

     医療従事者です。もし遅くして授からないとなると不妊治療になります。経て妊娠となると
     本当に多額の費用が掛かります。

     でもお金をかけたから妊娠できるわけではありません。
     その時の心の状態もつらいです。

     毎月ためいきと涙を何度流したことか。。。。
     私は看護師でかつ不妊治療経験者です。
     何歳で妊娠したなんて言って安心してるようでは正直大丈夫ですか?

     夫婦の体の状態、不妊治療施設のレベル、によって全く変わってきます。
     早ければ早いほど妊娠がしやすいのです。

     ここ何年か精子、卵子の老化について報道されるようになってきました。
     
     もう少し子供が欲しいなら時期について知識を増やされるといいと思います
     私は全く知りませんでしたから、、、、
     知っていたらと思いました。

     焦らず急いでください。


     

    ユーザーID:7382041830

  • トピ主は間違ってない

    私は29歳で結婚、32歳から子作り開始。
    36歳出産です。この間は原因不明の不妊でした。
    トピ主は間違ってないです。
    一刻も早く子作りするべきです。

    経済的に不安なら一人っ子にすればいい。

    我が家は一人っ子で目一杯愛情もお金もかけてうまくやってます。

    ユーザーID:1770405491

  • 客観的なデータを見せれば?

    奥さんが言うだけなら、信憑性が無い、というか、男性は本気にしないそうです。

    ここは、女性、男性それぞれの、年齢別妊娠確率表、グラフなど、専門家のデータを検索し、
    また、不妊治療にかかる金額や、その年齢別成功率のデータと共に、
    プリントアウトし、夫の目の前に広げてやればいかがかと。
    先延ばしにすると、もし不妊治療しなければならなくなった時、お金がかかる可能性が高くなります。
    一般データとして、子作りを2年頑張っても出来ない夫婦の割合は、20組中1組。不妊治療しても出来ない夫婦の割合は、40組に1組。これが、高齢だともっと確率が上がります!

    知り合いも大丈夫だったから自分も大丈夫、なんて、根拠のない楽観視ですよね。トピ主さんの御心配もごもっとも。

    ユーザーID:4420216120

  • 明確に数値で伝えよう

    トピ主さんの年齢での妊娠する確率は1ヶ月で15〜20%です。

    20代では25%なのが、年齢が上がるに従って
    30代前半では15〜20%
    30代後半では10%
    40歳で5%

    と、どんどん減ります。
    彼氏にこの数値をみせてはいかがですか?

    漠然と「年とともに妊娠しにくくなる」と伝えるので「○○さんは」などと言うのでしょう。

    そりゃ、50歳で妊娠する人だっていますよ。
    だからといって、トピ主がそうだとは限らない。
    だったら平均値で考えるのが妥当。
    それに、年齢が上がるほど不妊になる確率も上がります。

    それからもう一つ。

    「お金が貯まってから妊娠することが正しいかどうか」です。

    いいですか?
    【いつ妊娠しても、子どもを産んでから大学卒業までは22,3年】かかります。

    これは今妊娠しても、10年後に妊娠しても変わらないってことなんです。

    お金が貯まってからという考え方は一見正しいようですが、貯まってからでも貯まる前でも、子どもにかかる金額は同じなんですよ。

    さらに言えば、【年齢が上がってから妊娠するほど、老後破産の確率があがる】ということ。
    これもデータで証明されていますので、検索してみては?

    これらを考え合わせれば、妊娠しようと思うのは30歳を過ぎたら少しでも早いほうがいいんですよ。

    ユーザーID:7940139991

  • 色々ずれてる気がする

    月収50万の世帯が子供持てないなら、少子化はもっと進行してたでしょう。
    高齢出産のリスクを数字を示して説明した方がいいと思います。

    ユーザーID:7729807946

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 明確に数値で、の続き

    先ほど、妊娠率と年齢の関係の数値を書きましたが、流産率も年齢にかかわります。

    30〜34歳の流産率は10%ですが、35〜39歳の流産率は20%以上です。
    倍以上になるってことです。

    つまり、妊娠率は年齢とともに下がるけど、流産率は年齢とともに上がるんです。
    それだけではありません、死産数や新生児死亡数も年齢が上がるほど高くなります。
    そして、妊婦死亡率も30歳を過ぎると年齢とともに上がるのです。

    妊娠適齢期と呼ばれる「妊娠しやすく、流産や死産しにくい」という年齢の幅は「22歳〜32歳」で、これは昔から変わらないデータです。

    現在32歳ということですから、この後はどんどん「妊娠適齢期」から遠ざかるんです。

    このように明確に数値で彼に伝えれば彼もわかるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1849191580

  • いろいろな手当も

    子育てを支援するいろいろな手当があります。
    そのことを男に説明してみては?

    男の脳は先々を考えてしまう脳です。
    ですが、あなたのいうとおりで、子どもは授かるもの・・・。
    チャンスを逃したら、授からなくなります。

    心配性をやめればよいだけなんです。
    なんとかなる・・・大丈夫と、彼が安心するような言葉を
    呪文のように唱えましょう。

    十分は収入なんて、いつになったら十分だと思えるのでしょう。
    今でも十分だと思いますよ。

    子どものためにも、若い父親がいい!と言ってみては?
    一緒にキャッチボールのできる父親でいてとか。

    その男は運動をしているのかな?基礎体力は?
    仕事ばかりで身体を動かしてない?
    太陽の光を浴びてない?
    頭ばかりを使っている?

    そういった生活を改善するのもよいかと思います。

    ユーザーID:7892186354

  • 出来ない場合

    簡単ですよ。

    『子供が欲しい』がギリギリ叶えられそうな相手だから期待するのです。
    なので【 彼と居ても叶えられない場合の覚悟が出来るかどうか 】、を考えるのです。

    −−−−

    ・主さんがする事は、自身が出来る身体かを今すぐ調べる事、彼が出来ない身体だと分かった場合どうするか想像する。
    ・彼がする事は、今すぐ妊娠できる身体か調べてもらう。

    彼も主さんも問題なし・彼だけ問題あり・主さんだけ問題あり、が判明します。
    両者問題なしだとしても男性の年齢による子供への影響という問題があります。

    子供が欲しいなら女性の高齢だけを考えるのでなく、男性の高齢が妊娠にどう影響するか主さんも彼も勉強する必要があります。


    トピ文に主さんの考えや彼の考えが書かれてますよね。
    そこで質問が2つ。
    A:子供に対してもっと怒らず本気の気持ちを伝えた事はありますか?主さんは本気だったとして、その時の彼は本気で真剣に受け答えしてくれてましたか?
    B:彼が本気で真剣に主さんに気持ちを吐露した事ありますか?

    真剣に話し合った結果のトピ文ならなんとなく主さんと彼は縁が無いのだと思います。
    私は縁も相性の1つとしてみるので、合わない相手にすがって受身のような姿勢はしません。自分で後悔が少ない時間の使い方を意識します。


    主さん、彼が良いんですか?
    本気で彼を手放したくない、他の女性に取られたくない、って思えてますか?
    彼が子供が出来ない身体と判明しても受け入れられますか?

    もうすでに互いに出来るかどうか調べてて出来る身体だと分かってるなら上に書いた一部は無視して下さい。

    その年齢なら自分の人生の優先順位を本気で考えた方が良いと思います。
    勉強も足りてないので一緒に病院に言って調べてもらう時、医者に説明してもらうのも手ですよ。

    ユーザーID:9416286878

  • このトピを見せて説得しましょう

    私もトピ主さんと同じ気持ちでした。
    31で無事出産しましたが、30で妊活中の時、3ヶ月で妊娠しなければ、病院へ行こうと思っていました。
    少しでも早い方がいいので。

    確かにある程度はお金は必要です。
    でも、年齢制限もあるのに後回しにしていたら、お金が貯まっても出来ない状況だったら意味ないと思いませんか?
    若くして出来ちゃった婚の人でも生活しているので、共働きならやっていけると思います。
    周りで子供2、3人いるのに転職を繰り返してる人もちゃんと生活出来ています。

    旦那さんの年齢が分かりませんが、あまり遅いと逆に定年も近づいて来ますよ。
    私の旦那は妊娠中36だったので、37歳の時のこです。二十歳になる時57です。
    二人目も欲しいと思っていますが、急がないと40になってしまうので、それまでには欲しいと思っています。

    それから旦那さんは産まれたらゴールだと思っているかもしれませんが、結婚と同じで産まれたらスタートなのです。
    高齢で育てるのは大変ですよ。
    是非、産まれてからのことも考えるように伝えてください。
    36〜40で無事に産まれたとして、色々体力的にこたえると思います。

    ユーザーID:7897293949

  • 子育て支援の確認と高齢出産後の自分を想像する

    子供が生まれたら、子供の扶養控除を受けられるので所得税が減ります。次に子供手当が貰えます。自治体サイトで確認する必要はありますが子供の医療費は無料となっています。更にここ数年で、教育費無料等子育てに対する支援は大きく改善しています。まず、その辺りのサイトを二人で確認してみたらいかがでしょうか。逆に収入が増えたことで自治体からの手当が減額されますから、そこも含めてよく確認しましょう。
    また、勤務先にもよりますが、勤務先には教育(育児・子供)手当の支給等がありませんか。

    次に高齢になればなるほど育児は体力的に大変になると思います。
    今出産してもご主人は40歳前後で幼稚園や保育園の運動会で参加します。20代から30代前半のパパの中で頑張ることになります。実際、友人が40歳の時に生まれた子供が幼稚園で父親の頭が剥げてきていることをからかわれて以来、髪関係(養毛・白髪染め)に結構金をかけています。

    最後に、トピ主さんの彼に成人した時、大学を卒業した時の年齢を想像(退職年齢・写真写り等)させて出産を考えた方がいいかと思います。

    ユーザーID:0048400357

  • 彼は自分のペースを乱されたくない人なのでは

    彼はまじめさとか誠実さとかとは関係なく、自分のペースを乱されたくない人なのでしょう。

    彼と結婚したいなら、トピ主さんは子供にこだわらず彼のペースを大事にすることです。
    まあ、トピ主さんがそこまで悟りを開いて彼優先にしても、それで彼が子供を作りたい気分になったときに子供に恵まれなかったら彼が豹変する可能性はないとは言えませんが。

    なので、彼と結婚するのなら、子供ができなかったとしてもそれはそれで仕方がない、という合意がお互いに必要なのではないかと思います。
    今ですらお金がないからしばらく子供を作れないっていうなら、不妊治療なんてできるわけもないですからね。
    ひょっとしたら、彼は、子供は好きだけれど自分の子供が絶対にほしいというわけでもない、のかもしれませんし。

    ユーザーID:8751428242

  • 厳しい違いですね

    仮にあなたの意見を通してすぐに子作りし、出産に至ったとして、本当にあなたはやりくりしていけるんですか。
    それでも彼にとったら納得する家庭生活を送れそうもないってことですよね。

    確かに2人合わせて月50万でも子供は育てていけますが、人によってその辺の感覚は様々で、それで余裕と思う人と、いやいや余裕はないと思う人といる。彼は後者なわけでしょ。

    それをあなたが押し切って、生活に我慢が生じたら、子供が出来てもギクシャクするかもしれませんよ。夫婦がギクシャクしている家庭での子育てなんて大変です。
    「夫の金遣いが納得できません」なんて悩みが生じるかも。
    でもまあ、、あなたの「年齢があがったら子供ができにくくなる」という不安もわからないではない。

    >もう少し気持ちをわかってもらいたい

    これは彼も同じことを思っているでしょう。
    子供ができてカツカツの生活なんて嫌だ、わかって欲しいって。
    話し合うしかないですよね。お互いの結婚生活のビジョンが違う、これは大きいです。

    ユーザーID:1837623617

  • 若い方が

    実は共稼ぎ育児のスタートは若ければ若いほどラクですよ。

    トピ主さんはもうすでに33歳なんですよね。彼氏さんのいう「もう少し経済力をー」って、20代の人の言う台詞です。
    女性は30後半になると毎年毎年体力が落ちます。
    産後、3ヶ月後であっても1年後であっても、母親が復職するならば、少しでも若い方がいいです。
    一人目を若いうちに産んでおく事で、二人目もそれだけ若いうちに産めるので断然楽になります。
    ちなみに男性も体力落ちます。
    あと3年待ったとしたら彼氏さんは39歳、そこから妊娠を考えたら出産は早くて40歳の時。子供が10歳の元気な盛りの時は彼氏さん50歳。孫がいてもおかしくない歳です。今までのエンドレスな体力が壁にぶつかり下り坂から転げ落ち始める年齢です。

    この先2ー3年の年収にとらわれず、10年、20年先の自分達の経済力を支える全ての要素(復職後の勤続年数であったり中年になった自分達の体力、両実家の親たちの年齢等)を考えた方がいいでしょう。

    出産は待てば待つほどマイナス。なぜって育児は体力勝負の世界ですから。トピ主さんは復職時の体力も大切なポイント。若い方が断然有利。
    彼氏さんはコミットメントフォビアか何かで、よく言えば石橋を叩いて渡る慎重派、簡単に言えば自分に責任が増える事から逃げたい人なんだと思います。
    5年も待たせて、まだまだもっと待たせる気でいるとはよほど覚悟ができない様子。子供が大好きっていうのは、あなたを繋ぎとめておくための台詞なんでは?
    こういう人に合わせて付き合って、自分の女性として与えられたチャンスを逃さないようにね。
    本当に子供が欲しければ、36歳までに2人くらい産んどいたほうがいいですよ。

    5年も一緒にいてまだ子供を持つ覚悟ができないアラフォー男性、子供が欲しい女性なら考え直すべき相手かと思います。

    ユーザーID:2320755360

  • 苦労するよ

    決断出来ないタイプの男は一々後手後手になるのよね。

    ユーザーID:7467996724

  • 何のための同棲ですか?

    収入に不安があるのなら双方実家で貯金に励めばよかったのではありませんか?

    トピ主は先を見越して行動しなかったことを反省すべきかと。

    その彼との結婚は無いと思います。収入がクリアされたら、今度はまた別の理由で結婚を先延ばしにするだけと思います。

    ユーザーID:2056015162

  • まず

    いますぐ2人でBridal cheskいってください。
    男性不妊もあります。
    みなさん思っているよりよっぽど高い確率です。
    多分彼は根拠もなく自分は大丈夫っておもっていますよ。
    その彼の言い分はとてもあぶない考え方です。
    あともうちょっと。。。って
    2人で50万くらいあるんですよね。
    じゃあいつになったらいいの?

    このタイプの人は男女限らずその時になれば
    今度は別のことでもうちょっと、っていいます。
    きめられないひとなのです。
    期限をきめていかないと主様が後悔します。
    残念ながら30代では20代に比べて男女ともに妊娠しにくくなっているのです。
    こどもが欲しいならいますぐ治療はじめてもよいくらい(いいすぎかもしれませんが)です。

    現実をみるために婦人科受診をふたりでして、現実を専門科からはなしてもらうことを進めます。

    ユーザーID:0953462218

  • 理屈で押す

    男性も女性も出産年齢が高くなればなるほど

    不妊や障害児の確率が急増します。

    ネットで検索すれば簡単に分かりますし、その数値に驚愕するはずです。

    早ければ早いほどいい、と理屈で攻めてみたらいかがでしょう。

    ユーザーID:0092411622

  • 具体的に提示する

    妊活本、不妊治療本、どちらでもいいですが、年齢による妊娠率、不妊だった場合の治療法、金額など、具体的に見せて、トピ主さんの不安を直視してもらいましょう。
    男性は、妊娠関係への具体的な知識が圧倒的に不足しているので、なんとかなると思っている人が多いです。そして、自分に不妊原因がある可能性なんて、露ほども想定していない。

    仮に、一人目を知人みたいに36歳で産んで、じゃあ第二子は何歳で考えるのか、きっと何も考えてないと思いますよ。

    子供のことは、本当に大切なことなので、ある程度擦り合わせて先に進むことをおすすめします。

    ユーザーID:3382551252

  • 引き伸ばし癖

    ただの臆病者かもしれませんね、真面目で誠実なら5年もずるずる同棲なんてしませんから。それこそ、まともな親なら無礼者と罵るでしょう。

    高齢出産は35歳に引き上げられましたが、それは医療が進んだだけ。
    女性の生殖機能が進化したからじゃないですよ。

    本来なら、依然として30歳からが高齢出産だろうと私は思います。
    出産適齢期は20代に入ってからピークは20代なかばです。
    26歳からの交際スタートなら、彼はトピ主さんの大事な出産のピーク時期と、その余波が残っている数年を無駄に奪ったことになりますね。

    お金は大事でいるものですが、そればかりに拘っていたら機を逃します。
    赤ん坊ができて数年などあまりお金はかかりません。
    トピ主さんが未就学の間は専業でいたいと言えば話は別ですがね。

    ○○の奥さん36歳で子供ができても、トピ主さんは36歳ではできないかもしれません。人それぞれ体は違うのです。
    悪い予測ですいませんが、引き延ばしているうちにどちらかが病気になるかもしれません。時間は戻せませんよ。

    それと、彼だってもう30なかばです。
    今すぐつくっても第一子大学卒業は還暦目前、そこから老後資金を貯めるのはかなり大変です。第二子をつくる余裕はありませんよ?
    慎重な彼なのでしょうが、人生設計が甘いとも言えますね。

    ユーザーID:8419991690

  • 彼に

    高齢出産のリスクが書いてある本を買って読んでもらっては?

    ユーザーID:3607860495

  • 予算案

    大体でも良いので子供を一人育てるのにはどのくらいのお金がかかって、、、というのを算出してみて、今後のお二人の収入や社会保障などと照らし合わせて「ほら、このくらい稼いでいれば大丈夫だよ」というふうにプレゼンできたら、ちょっと考え方が変わるかもしれません。
    算出してみたこと、ありますか?
    とっても大事なことだと思います。それに、実際してみるとギョッとしてしまうと思います。

    私もトピ主さんと同世代で子供はまだいませんができるだけ早く欲しいという願望はあります。
    ただ、この「気持ち自体」を旦那さんに理解してもらうことはたぶん無理です。
    私の主人も「あそこの奥さんはいくつで子供産んだから大丈夫だよ」と高齢出産のことを甘く見ています。
    子供を授かって無事に出産するって、本当に奇跡なんだよ、という話をしてもいまいちピンときていないようです。
    男性にはかなり理解しがたいものなのかな、、、

    ユーザーID:5905920565

  • 「自分だけは」傷つくのがイヤ

    残念ながら、トピ主の彼氏はそういう人ですね。

    アナタのことが最優先ではない。
    常に最優先は「自分」。「自分だけは」傷つきたくない、守りたい。

    >○○の奥さん36歳で今子供できたよ

    この台詞に全てが集約されています。
    わかりますか?

    今子どもを作ることを決断して、将来家計が厳しくなったら、頑張らなければいけないのは、「自分」。それはイヤ。アナタと子どものために必死に頑張りたくはない。

    収入が上がってから結婚しても、その後何があるかわからないのが結婚生活。
    それを、夫婦2人で、子どもがいれば収入面では夫中心で、「トラブルがあっても」踏ん張っていく必要がある。

    そんな可能性は想像したくないし、そんな責任は負いたくない。
    私は男ですが、そんな男は(少なくとも日本には)いっぱいいる。

    結局、仕事でもプライベートでも、「腹を括って現実に対峙できない男」はダメです。

    アパレル業ですよね?浮沈の激しい業界、この先に保障などあるわけもない。
    だったら、妻と子どもをどうするのか、腹を括るのは「自分」。
    何かあっても「オレが踏ん張ってみせる」と腹を括れるのか。

    子どもを産まない男は、往々にして「腹を括れない」「すぐに逃げ出す」。
    子どもという現実を背負うことの多い女性は、「現実を前にして踏ん張るしかない」。

    子どもを背負うということは、結婚どころの重みではない。
    彼はそれをわかっていて、腹を括れない。いや、括りたくない。

    もう一度、踏み絵を踏ませて、それでもダメなら別れたほうがいいでしょう。
    彼の実家からも守ってくれないし、いざというとき逃げ出す人ですよ。

    ユーザーID:0072870471

  • 現実をつきつける

    「50歳で出産した人もいるよ」とか言い出しそうな人ですね。

    女性男性共に高齢によるリスクは高まっていきます。

    不妊や生まれてくる子供自身に現れるかもしれない諸々。

    それらを客観的なデータとして彼に見せ、さらに二人で病院へ行って卵子や精子の状態も調べましょう。

    最近は男性の精子の数の減少・運動率の低下も増え、問題となっています。

    不妊治療にいくらかかるか、妊娠できる可能性と年齢の問題などもあります。

    現実を目の当たりにすれば目が覚めるかもしれませんし、覚めないようなら、あなたも彼にしがみつかないほうがいいかもしれません。

    男性は確かに何歳になっても、相手の女性が若ければ子供はできます(問題がないとは限りませんが)。
    女性は現実問題として、高齢に伴い産めなくなります。
    お金で解決できる問題ではありません。
    実際に不妊が原因で離婚になるのも現実です。
    彼に付き合うなら、最悪子供が持てないかもしれないことも考慮しましょう。
    あなたが産めなくなってから、「やっぱり子供が欲しいから離婚してほしい、自分は若い女性と再婚したて子供が持ちたい」と言い出す可能性があることも頭に入れておきましょう。

    子供を持つ持たないはあなた自身の人生を左右します。
    こればかりは加齢に伴い取り返しのつかなくなる問題です。
    子供は彼以外の男性とも作れます。
    最悪、子供は持てなくても彼と人生を共にすることに価値を置くか。
    別の男性との間でもいいから、実子を産みたいか。
    極論ですが、子供に関しては後悔先経たずです。
    よくよく考え、覚悟しましょう。

    ユーザーID:9786732170

  • 男性の定年

    子供が在学中に大黒柱が定年で収入が激減すると、家計が厳しいよ。
    子供が大好きなら、一人っ子を大事に育てるのか、それとも複数欲しいのか。どちらにせよ、彼の年齢も結構ギリギリ。
    子供にお金で不自由させたくないなら、バリバリ現役で働けるうちに育ててあげなきゃ。
    遅く産まれて、高校大学の教育費マックス時期に両実家の介護(病院・施設)や葬式の時期が重なると、それも大変。

    避妊していたのに「妊娠しちゃった」という出来やすい夫婦もいる。
    トピ主達は5年も同棲していたのなら、子供ができにくい可能性も無くはない。
    避妊を辞めたら、直ぐに妊娠するかもしれないけど、しないかもしれない。
    健康な女性が望めばいつでも妊娠できるなら、不妊治療なんて存在しない。

    ユーザーID:9889122647

  • 早い方がいいですよー。

    1人目を20代前半、2人目を30代前半で生みました。
    ここまで離すつもりはなかったけど、流産したり、婦人科での検査である数値が当時の実年齢29.検査結果での年齢40代前半と出て不妊治療したらきょうだいの年齢が離れました。
    早い方がいいと思いますよ。
    お金のことなら、私立の良家のお子さんが通うような学校に通わせるとか、習い事を沢山するとかじゃないなら、お金が嫌になるくらい出始めるのは中学生以降です。
    塾や講習代が掛かるし、バイキングなどある飲食店やレジャー施設の料金が大人料金になったりするから。
    小学校卒業までの12年間で、かなり溜まると思いますよ。

    ユーザーID:7111239605

  • お金さえあればいいという問題でもない

    年取ってからの育児はきついよ。

    ユーザーID:9177730389

  • 煮え切らないタイプ?

    良く言えば「とても慎重に物事考える人」なのでしょうけど
    妊娠や出産に関しては余りにも慎重になられ過ぎても
    女としてはイライラしますし焦りますよね。

    「天からの授かり物だから〜」レベルの考えなら話は別ですが

    2人共に本気で子供を望んでるなら
    今のご年齢を考えれば早いに越したことは何1つないですね。

    第一子ならば子供としても若い父母の方が良いですしね〜

    他の方のご意見通り、甘く(軽く)考えてるご様子の相手にはデータをキチンと突き付けて
    腹括らせれば良いと思います。

    同じく他社様の言う通り支援制度もありますから。


    最後に、妊娠の事は別として
    今後の長い結婚生活の中でもトピ主様は
    旦那さんにイライラする事が多いと思いますけれど…

    そこもヨクヨク考えてみた方が良いかも

    ユーザーID:5905450321

  • 先延ばししない

    子供好きなんですよね。子供一人持ったら絶対もう一人欲しくなりますよ!子供ってめっちゃ可愛いですもん!
    でもね、33歳ってもう既に微妙な年齢ですよ。すぐ出来る人もいれば、何年もかかる人もいる。二人目不妊になってしまうひともいる。
    私も33歳で結婚して、最優先は子供でした。早いほどいいのは間違いないです。ずいぶん自分勝手な彼氏だと思いますよ。貴方のことは何も考えてないですね。自分の都合ばっかり。下手したら、お金はあるけど子供のいない人生が待ってますよ。

    ユーザーID:4428836766

  • 具体的な数字とグラフを見せる

    年齢とともに変わる妊娠率、流産率など具体的な数字とグラフを提示してください。
    ピークである20代は過ぎたこと、それでも今が一番若く今動くことが最善であること、後になればなるほどリスクが上がる根拠がわかりやすく見て伝わるように。
    それでもデモデモダッテの先送りをするようだったら、その彼はダメです。石橋を叩きすぎて壊すタイプか、先送りをすると根拠なく良いことがあると思ってる愚か者です。
    切り捨てる覚悟しても良いと思います。

    ユーザーID:7220656917

  • 出産は命がけです

    トピ拝見していて、非常に腹立たしくなりました、トピ主さんのパートナーに。
    「大丈夫、36歳でも〜」のくだり、わが娘のパートナーだったら、結婚どころの話ではないですよ。そんな人に大事な娘を任せられないです。
    昨今は女性の生活様式の変化から、晩婚・高齢出産は当たり前のようになっていますが、生活が変わったからと言っても、人間の肉体そのものが強化されたワケじゃありません。昔も今も、出産は女性にとって命懸けなんです。当然にある程度若いに越したことはないのです。
    それを軽々しく「大丈夫〜」と言ってのけるあたり、色々な意味で女性への理解をしようとしない方だと思うのです。
    結婚決意までの経緯も、よく言えば慎重なのでしょうが、私から言わせると優柔不断普段の体裁ばかり気にする格好つけ男にしか見えません。

    ユーザーID:9607539150

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧