海外在住、クリスマスをリタイアしたい

レス50
お気に入り210

在外日本人妻

口コミ

キリスト教圏ではクリスマスは1年で一番特別な時期な訳ですが、それだけに気合の入り方が半端ありません。

日本のお正月と比較されがちですが、個人的には親戚全員へのプレゼントの準備や部屋のデコレーション、料理の数、たぶんお正月以上だと思っています。

私ももう20回以上このクリスマスをこなしてるわけですが、最近はもう「クリスマス=疲れる」というイメージで全く楽しめてません。
11月あたりになると、だんだん気持ちが落ち込んでくるレベルです。
年々親戚が増えていること(夫の兄弟が子沢山で、更に孫が毎年どんどん生まれてます)、自分の子供が育ちあがったことから(大卒就職で今年他都市に引っ越し)、もうクリスマスはリタイアしたい気分です。昔は子供の為という気持ちが強かったのですが。

それでも周囲の主婦たちは「確かに負担けど、音楽を聴けばワクワクするし、雰囲気は楽しくて好き」と言ってるのは、やはり子供の頃からその楽しい思い出があったり、自分の家族との交流があるからだと思います。
それがない私にはもうクリスマスへのモチベーションがゼロです…。

とは言え夫や子供のためにも親戚付き合いは大切だし、なんだかんだで笑顔で参加せざるおえないんですけどね。
私のような気分の海外小町の方はいらっしゃいますか…。

ユーザーID:6301527623

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数50

レスする
  • はい、同じ気持ちです。

    トピ主さん、私はイタリアの隣国に20年住んでいますが、全く同じ気持ちです。

    夫の家族が大人数なので用意しなくてはならないプレゼントの数はものすごいです。10月からプレゼントを考え、注文したり買いに行ったり...。費用も毎年莫大です。これさえなければ年末に日本に帰れるのにと毎年思っています。

    クリスマスの家族パーティーも1週間前ぐらいからお菓子をいくつも作り始め、前日当日はプロの料理人かと思うほど台所に立っています。クタクタになったところに盛大にパーティー...。

    子供はもう大きくなって、前みたいに楽しみにしているほどではないですが、夫や子供は親戚とお酒を飲んで踊ったり語ったりを心から楽しみにしています。今年も仕方なく付き合いますが、本当に来年からクリスマスは病気になりたいぐらいです。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:1783182014

  • 旅行に行く

    クリスマスの時期は留守にすれば良いのです。

    毎年旅行で留守という実績があれば
    だんだん巻き込まれなくなります。

    その時期に日本へ帰国も良いでしょう。

    ユーザーID:4788220056

  • クリスマス、クルシミマス

    分かります! 色々な状況が似ています、あげたいって思えるプレゼントがあった時は嬉しいですけど、無理矢理全員にプレゼントを義務的に買うのはキツイです。子供の頃のやりたくない宿題の様です。 現地の方でも極度に嫌がっている人結構多いと思います。ブルークリスマスのミーティングありますよ。

    ユーザーID:6088058190

  • お金で解決

    手料理が一番という日本的な感覚ではなく、おもてなしの心があればいいと思います。
    うちは数年前からホテルのレストランの個室を借りて親戚たちを招待し、ホテルのクリスマスディナーを食べ、その後、みんなで観劇しています。お金はかかりますが、楽だし、みんなゴージャスなイベントをありがとう!と感謝してくれているので、今後もこのスタイルを続けていく予定です。

    ユーザーID:6973643360

  • クリスマス嫌です。。。

    子供が出来る前までは、そこまで嫌というわけでなかったのですが、今小さい子供がおり、ものすご〜く自宅でのんびりどこにも行かずに過ごしたいです。。。
    お婆さん宅でのパーティーと、姑の家でのパーティーへ泊りがけ一週間強制参加の身です。。。どちらか一箇所だけにしたいと意見を述べたら、姑から怒りの長文の説教メールが来て今年から険悪な関係なのです。。。
    トピ主さんは、20年も頑張ってこられたんですね〜。なかなか抜けたくても抜けられないクリスマスですよね。。。今年はちょっと無理と言っても絶対に不参加は許さないと言われまして。。。
    クリスマスが近づくと国際結婚を後悔してしまう今日この頃です。。。

    ユーザーID:5160832117

  • 同感です

    在米二十年。妻が米国人です。クリスマスのプレゼントに関してはトピ主に同感です。
    トピ主さんのところとちょっと事情が違うのは、妻がクリスマスにプレゼントを皆の為に選ぶのが大好きな人ということです。
    子供へのプレゼントも親戚へのプレゼントも妻が皆選んで用意します。私は、妻にあげるぶんを用意すれば良いので、かなり楽です。

    ユーザーID:1240004691

  • 同感です。

    10年選手です。
    早々にクリスマスアレルギーを発症しました。
    家族のドラマが毎年家族のクリスマスパーティーで起こります。
    やれ、そっちのプレゼントの方が云々、いきなり来ておいて自分のプレゼントがないだのなんだの。

    2年目から仮病。
    3年目から夫もギブアップです。
    ここ数年夫のみパーティーに参加していましたが、10年前と変わらぬ有り様に今年からまたドロンします。

    わかります、ハロインからの怒濤のクリスマス攻撃。職場の女性もイライラし出し、うんざりです。もう緑と赤は見たくない。ツリーも勘弁っていうくらい嫌気で吐き気が起こります。

    お互い切り抜けましょうね。

    ユーザーID:7374760504

  • そうでしょうね!

    海外在住30年を超える私は係累がいないのでトピ主まのような大変さはありませんが、状況をお察し申し上げます。 町にはクリスマスギフト用に薬にも立たないグッズが溢れて、義理で贈る為用なのが見え見えで白けることしばし。 貰った方も普段使わないブランドの化粧品の小瓶などは肌荒れの心配があって使うわけにも行かず迷惑なのですよね。 可愛いのはラッピングだけ。 素材が悪くて一回洗うと駄目になってしまう衣類とか。 産業昂進にはなっているのでしょうけれど。 私もパートナーの生前、クリスマスは彼の娘宅に招かれました。 といってもそこは人があふれかえっており、近くの貧相なB& Bを手配されました。 その厚意は有難いものの、我が家にいれば完全暖房で悠々と過ごせるものを大きいだけで暖房が悪く水周りの悪い娘宅は寒くて心地が悪い。 自分の家ではないので勝手にお茶を飲む事もはばかられるし疲れたからといってゴロリと横になるわけに行かず。 数回辛抱した後、丁重に辞退いたしました。 嫌なばあさんだと思われようとも自分が大事です。 という訳で私は義理から脱走してしまいましたが、トピ主様は大変ですね! 税金だと思って?我慢されるほかなさそうですが・・・。 お疲れ様でございます。

    ユーザーID:4653063743

  • レスします

    私はヨーロッパに住んでいたのですが
    クリスマスはそういう集いから一切隔離され
    毎年一人でした。
    招待を受けたと思ったら、ドタキャンされて本当に落ち込んだこともあります。
    今は日本で住んでいた国の伝統菓子を細々と焼いているので
    そういう縁の中にいらっしゃる方を羨ましくも思ってしまいます。


    トピ主さんだけでも、旅行に行くことはできませんか?
    雪景色の綺麗な所とか、
    北国にお住まいなら南の方に行ってみるとか。
    やっている宿もあると思いますよ。

    ユーザーID:0509780755

  • 欧州のクリスマス

    ドイツからの発信です。

    ここではクリスマスの家中の飾り付けは12月1日には終わってないといけません。(窓はピカピカに、カーテンは洗い終わっています)
    その日から毎週日曜日にキャンドルに火をつけ、4つ目のキャンドルが灯る頃はクリスマスが到来です。その間、多種類のクッキーやシュトーレンを焼いたり、子供が小さいうちは12月1日から毎日開けて楽しむカレンダーを用意したり(お菓子や小さなおもちゃを入れます)、12月6日には靴の中にお菓子が入っていたり、学校のバザーでケーキを焼いたりと終わりがありません。クリスマスのお祝いも1日では終わらずイヴから始まって、第一、第二、第三クリスマスとの名の下でご馳走が毎日並びます。子供にとっては本当に楽しみな月なのですが、それを用意する大人は大変です。私はその上、義両親や義祖父母に喜んでもらおうと、子供が披露するクリスマスプログラムを用意し、詩を暗唱したり歌や踊りや楽器を一生懸命練習させてました。私は恵まれていて専業主婦をやらせてもらっているので難なくこなせましたが、共働きの奥様たちには相当の負担だと思います。


    今までは子供達が小さかったので本当に大変でしたが、そろそろ巣立っていく歳になり楽になりました。皆で集まる時はそれぞれが担当してワイワイと料理をしてくれ、第二、第三クリスマスは大きい娘や主人の妹に招待されてますし、大人同士のプレゼント交換はしない、子供は現金がいいというので買い物も無くなりました。そうやって段々と楽になっていく中、チョッピリ寂しい思いもあります。義両親が亡くなって子供が巣立ったら旅行にでも行ってしまおうと思ってます。

    今から考えるとやはり子供のキラキラした眼が見たいために頑張ってました。あの時は二度と帰ってこないのでやってよかったですし、今度は孫に囲まれて娘や息子によんでもらうのを楽しみにすることにします。

    ユーザーID:1703751705

  • 私もそろそろ憂鬱になってきました

    海外在住20年のものです。

    11月も末になって来てすどーんと気持ちが落ちて来ました。

    クリスマスプレゼント買って、クリスマスフード用意して、おもてなしして、一日中お相手して25日はほんと
    長〜ーーーいです。

    私も日本育ちですので自身はいたって普通のクリスマスを送って来ました。

    それに比べて海外(英語圏)こちらでは1番の盛り上がりの季節です。主人や子どもはこちら育ちですので、
    何の違和感もなくこの流れで楽しそうです。

    義務感のみで乗り切って26日からのクリスマスセールを楽しみにしつつ毎年頑張ってます。
    がそろそろ静かなクリスマスを過ごしたいです。

    でも子供が大きくなるまでは逃れられないですよね!

    せめて親戚だけならいいのに、親戚の親戚や親戚の友人やら一体誰みたいな人来ますもんね〜。

    もう少しだけ頑張ります。

    ユーザーID:4803475973

  • 分かります〜!

    お気持ちよくわかります〜!! とはいえ、我が家でクリスマスというのはほとんどなく、お邪魔する側なのでターキーを焼いたりっていうのは あまりなかったのですが、それでもブラックフライデーから プレゼントを買うリストにかなりのストレスです。

    大体 なぜ一人あたり1つじゃダメなの〜!!??って思いません?孫がいるならトピ主さん 大量のプレゼントですよね、ラッピング代もバカになりません。

    年齢的には定年に近いのでしょうから、夫婦で「クルージングにいく」など逃げるのが一番かと思いますが。。。子供や孫たちにはチェックかギフトカードで。

    ユーザーID:5118907993

  • 全身全霊でクリスマス…

    アメリカ在住です。
    お気持ちよくわかります…。
    プレゼントが1人1個じゃなく、相手の欲しいものリストを見ながら他の人とも相談して「じゃあ私はこれとこれを買うね」というやりとり×親戚の人数分。
    壮大なデコレーション。
    数十人呼ぶパーティの料理の支度と片付け。
    クリスマスの夜に高熱を出して寝込んだことも。

    クリスマスへの気合の入れ方は日本人の想像のはるか上を行きますよね。
    今週から24時間クリスマス関連しか放送しないTVチャンネルとラジオを夫が流しています。

    親戚が集まるパーティには参加しています。
    ですが、姪甥がどんどん増えてきたので、夫とその姉妹兄弟で話し合い「今後は甥姪へのギフトはお互い無しということで」と決めました。
    なので近年私達一家が用意するのは、夫婦・夫の両親(姉妹兄弟夫婦で割り勘して1つ贈る)・夫の姉妹兄弟夫婦(割り勘して1つ贈る)・親しい友人の分のみに減りました。

    少子化という言葉も知らないくらいにどんどん親戚が増えますよね…。
    ご主人やその兄弟で同じく疲労していそうなメンバーがいれば、最初はそこで話し合ってみて、ゆくゆくは「プレゼントは子供の代まで、孫はなし」や「個人でなく一家に1個のプレゼント」などと減らせるようにしてみてはいかがでしょうか。

    料理は大人全員で分担しています。
    これも負担が多くなりがちな義母を味方に話をつけ、2人で大人全員に仕事を振っています。
    11月後半の段階から「お義父さんのローストチキンをメインディッシュに食べたいなぁ」「お義兄さん、何かお酒のつまみになりそうな前菜がほしいな」「スイーティ(夫)のシュリンプカクテルがないと始まらないわ!」など褒めちぎって一人1、2品作ってもらっています。

    トピ主さんの負担が少しでも減りますように。
    お互いお疲れ様です。

    ユーザーID:5994003030

  • ここにいまーす!

    とは言っても、まだ在住6年目のひよっこです。。。

    義実家のでの軟禁、プレゼント交換の嵐(あげるのももらうのも負担…… 頂くもののことにケチをつけたくはないのですが…… )、美味しくないクリスマス料理(しかも丸3日続く…… )、などなど。
    11月末のこの時期、12月の影がちらつき始めるとテンション急下降が始まります。

    ユーザーID:3476848375

  • 共感!& 知ってもらいたいこと

    消費税20%!光熱費もバカにならないのに連日連夜ギラギラ大通りには等間隔で
    また各ロータリーこの時期だけは凝った装飾で、ついチラ見運転
    危ないし、年が明けたら全部ゴミ(廃棄)だから、、毎年変えるので

    その分発生する費用もっと他の事に活用したらいいのに..と、しみじみ思う
    そもそも移民大国で多国籍出身者&宗教それぞれ違うのに??です

    本音は、身内の集まりも事前準備が色々あって じつに面倒くさいと思ってます
    そんなにクリスマスの為に心血注いでバンバン無駄遣いしたくないです、本当に

    ちなみに、日本からの来客を「おもてなし」しない訳にはいかないと思うと気が重い
    先方の打診が丸々世話してもらう気でこっちに来たい..と分かれば
    こちら側が全負担しなければ成らない旅行プランを受け入れるのは無理だし!

    逆に、日本へ行って先方のお宅に泊めてもらえる訳では無いなら、なおさらお互い様
    先方は受入れ不可だけど、こっち側はOKしないから不和決定..な感じ、本当ヤメてほしい!

    ユーザーID:0365874665

  • 家族で協力して乗り切る

    プレゼントは数が多いと大変ですが、料理は家族で協力して作れますよ。
    主人の実家は義父がクリスマス料理を作っていました。
    我が家も私が大変で嫌なので今は主人が買い物から料理までします。主人の仕事はとても忙しいですが、休みの日に買い物を済ませて作ります。 私は絶対無理だと言いましたが最後は死にそうに疲れてでも作っていました。 実際食事の時は疲れきっていて楽しめないので、私は来年はもっと手を抜こうと言っています。

    我が家は毎年ケーキは美味しい有名店の物を買いますし、前菜等も子供達が良いと思う物をお店で買ってきて貰います。冷凍品もクリスマス用の物が沢山あり充実しています。手作りよりお金はかかるかもしれませんが、苦しむより良いと思います。
    お子さんたちが離れて暮らしているのなら、一日早く帰ってきて手伝うとか、ご主人にメインを作ってもらうとか頼めませんか。
    子供でもケーキ作れますよ。

    こうなったのは、私が日本の実家に12月中旬から1ヵ月帰らなくてはならなくなった事があり、一人で一時帰国したからです。私がいなくてクリスマスはどうなるだろうと思いましたが、それなりに家族で協力して楽しんでいました。
    ちなみに私の実家は父が亡くなってから母はお正月料理は一切作らず、旅行に行っていました。 本当にあの大変さから解放されたという感じでした。

    家族に頼めないと思うなら、病気にでもなったつもりで覚悟を決めて手を抜きましょう。
    そうは言っても皆楽しみにしていると思うのなら、作るしかないと思います。

    いずれにしろ良いクリスマスを! 


     

    ユーザーID:5238828012

  • 遅い!!!

    11月末にためいきついているようだから、疲れるんです。
    プレゼントは、11月末には買い終えていないと。
    この時期なら、クリスマス用商品は出揃っていて品物も豊富、「この色はもうない」「このサイズはもうない」ということもなし、壊れたり破れたり汚れたりしている物もなし。プレゼント用ラッピングも問題なくそろっている。
    何よりお客が少なくて、陳列がまだきれいで、店員も時間があるので、ストレスが少なく買い物できます。

    やらないといけないものなのだから、いかにストレスを減らすかを考えないと。

    でも私もウンザリだけどね・・・。

    ユーザーID:7935139155

  • 大変ですね・・・

    日本から出た事がないので、興味深いです。

    >クリスマスが大変・・と云う方は、長男・本家に嫁いだと云う事でしょうか。
    >誰か分からない人も大勢来る・・は、何もしないお気楽な人も大勢いると云う事なんでしょうね。

    “大変”に当たった方はお気の毒です、料理はデリバリじゃダメなんでしょうか。

    ユーザーID:2910998474

  • お呼びじゃないけど

    私はクリスマス好きです。というか、クリスマスが無かったらヨーロッパの暗い冬を乗り越えられません。本家の出なので、私が子供の頃の盆と正月の人寄せに比べると全く楽勝です。

    ユーザーID:6888874174

  • Halloweenぐらいからの疲労感が半端ないです

    わかります…私は国際結婚ではないですが海外在住です。なのに、何故クリスマスが、といいますと、日本にいた頃より家族でプレゼントを交換する習慣があり、それぞれに選んで日本に送付しなくてはなりません。あとは誕生日が重なったり、こちらでお呼ばれしたりと、ものすごい数のプレゼント。しかも、私は買い物が大の苦手でして…
    10月も中ごろになるとすごいプレッシャーです。ハロウィーンがきて(子供のコスチューム手配)、サンクスギビングの準備と家の飾りつけ、明けてすぐショッピングの嵐、クリスマス準備に、子供の学校行事、年賀状に大掃除にお正月の御節。ヘロヘロになりますね。
    師走なんて名前はよして、母走としたいくらいですよ。

    毎年、前倒し、前倒し、と思いますが結局詰まって最後はヘロヘロ。
    とはいっても、子供は楽しんでいるし、私もヘロヘロになりながらも楽しんでいるので、ま、体力で乗り切ります。

    ユーザーID:5866985666

  • 同じ

    私も20年以上やってます。

    同じ同じ。年々人数が増えているところも同じ。
    私も義務感だけです。義務といいつつ、ここ数年はちょぼちょぼさぼっていますがね。

    ある年は持ち寄りの料理も作り、さあ、会場の義妹宅に行こうか、というところで遠雷の音が。我が家の犬は雷を病的に怖がるので、「可哀想だから、私は犬と留守番するねー」と、夫と子供だけ行かせました。
    極楽でしたよー。

    毎年といかなくても、数年に一回さぼると、気が楽になりますよ。
    自宅が会場の年は逃げられないですけどね。

    ユーザーID:3638680922

  • 場所は日本ですが…

    かつて住んでいた町には、カトリック系の外国人が多く住み
    彼らと親しく交流していました。

    そして私も12月になると憂鬱になっていました。

    彼らは、12月に入ると、1人息子のために
    クリスマスプレゼントを購入し次々に訪れてくれました。
    (イブまでは隠しておきます)
    それはとてもうれしいことでしたが…

    問題は私も当然、彼らの子どもたちに
    プレゼントを用意しなければいけなかったことです。
    子どもたちは一家族に2〜3人いるのが普通でしたから
    20個程度は用意したでしょうか。
    11月末になるとリストを作成し
    週末ごとにそれぞれの年齢に見合ったプレゼントを探し回っていました。

    当時、私はシングルマザーだったので
    貴重な、しかも年末の週末を費やすのは正直辛かったです。

    でも、彼らにとっては一年で一番の祝日ですし
    息子も喜んでいたので、何とか頑張っていました。

    トピ主さんもしんどいでしょうけれど
    どうかクリスマス休暇のあとに、のんびり一人でリラックスしてくださいね。

    ユーザーID:9276124955

  • 分かりますが、観念しましょう

    私も、30年やってます。若い頃は招かれていた方なので、年数に入れてません。招かれるのも、鬱陶しかったですが、やっと終わったと思ったら、今度は、我が家がやることに!

    仕事を理由に、結構、手抜きしてはいますが、、、数年で、退職するので、、、それからが受難だと思います。

    こういう、習慣というのは、抜け出すのは難しいでしょうね。病気で倒れますか?それも面倒。仕事でリタイアしたら、夫と相談してクリスマスから新年まで、旅行にでも出てしまおうか、、、と考えています。

    ユーザーID:1698883283

  • はい、ここにも!

    在米20年ですが、10月の終わり頃から憂鬱になってきます。ハロウィンはまあおいといても11月の感謝祭、1カ月後のクリスマス。できることならどちらもパスしたいところです。

    感謝祭とクリスマスは毎回義実家に行きますが、朝早くから手の込んだ料理を用意するのが面倒。前の晩から仕込みますからね。一度ゆっくりとクリスマスモーニングを楽しんでみたい。
    義実家ではとにかく全体的にだらだらとし過ぎて楽しくないです。義父が孫が小さかった頃のホームビデオを持ち出して食後に鑑賞するのが定番になってしまって、最初の年は懐かしく思いよかったんですが、2年目3年目・・・と何年も全く同じビデオを流されて見飽きてしまうとわが子の映像ですら苦痛でしかありません。作り笑いで楽しんでる風を装っているのは私だけではないと思う。

    プレゼントも大きな悩みですよね。子供や姪甥が大きくなった今、近年はギフト券だけを渡してます。親戚からもギフト券。お互いギフト券交換ですよ。箱に入ってラッピングされたプレゼントより見栄えはしないけど、実用的で結果的にはそれがベストだと思って割り切ってます。

    すみません、この場を借りて愚痴をぶちまけてしまいました。
    苦痛にならない範囲で、自分たち核家族だけでお祝いできたらなと思ってしまいます。近居の義父母健在のうちは無理だと思いますけどね。

    ユーザーID:4015757200

  • シークレットサンタ制に

    イギリスからです。 我が家は夫の実家にお邪魔するので、料理の心配はないのですが、義母は料理が得意でないので、クリスマスディナーは美味しくないです。おまけに、作ってもらったからと、料理しなかった女子が洗い物をするのですが、料理下手な人のキッチンってすごい量の洗い物があるんですよね。
    プレゼントは数年前からシークレットサンタ制になり、くじで相手を決めて、1人が自分の当てた相手にだけ用意します。なので、私はシークレットサンタの相手と娘とお世話になってるおばさんの3人分しか用意しません。夫婦間もなしです。夫の友達家族とのプレゼント交換も今年からなしになり、15人以上のプレゼントを用意していた頃が懐かしいです。シークレットサンタ制を導入したのは、家族の中に失業者が出たためと、自然保護や大企業に利用されている感が強まったためだと思います。
    主様もご主人を説得して、プレゼントルールなどを提案してもらってはいかがでしょう。そうそう、ずっと以前から独身の義理おばはプレゼント交換には参加してませんでした。買い物嫌い、ミニマリストということでした。

    ユーザーID:7420590018

  • 周囲を見てたら大変そうです

    在米14年目です。うちはラッキーなことに義実家とは飛行機で4時間と離れており、主人が出身地(義実家がある)の極寒が嫌いなので、クリスマスに義実家に行く事はないので、そこはラッキーかなと。あと、義家族(甥姪含め)へのプレゼントは全て夫が責任持って考え、送っているので私は何も関与せず楽なのでありがたいです。

    ただ、面倒くさいのは夫に送るプレゼントです。それも1つでなくソックス用などで最低でも2、3個は考えなきゃいけないのがめちゃくちゃ面倒です(しなかったらガッカリされる)。

    ユーザーID:9180505978

  • もう何十年も前に断ち切りました

    これは夫の協力が必要だったのでそれが望めないかたにはちょっと無理かもしれません。

    私の夫の親たちはクリスチャンだったのですが、夫本人は宗教にそれほど興味はないです。私は育ったのが日本でクリスチャンどころかまったくの無宗教人間です。ある年に親戚や友人たちに「私達はクリスチャンではないのでクリスマスは遠慮させてもらう。その代わり毎年この季節にはみんなの健康と幸福を願うことにする」と知らせを出してそれで終わりでした。みんなからは「あっ、そうなの」ですみましたよ。あっけないものです。

    ただ毎年この季節には手書きのカードをみんなに送っています。

    ユーザーID:0601652210

  • 嫁の立場ですが、

    日本の実家の母は働く母で、お正月は休みたい本音をよく聞いていましたし、加国に嫁ぎ、専業主婦で優雅に振り舞う義理母にはクリスマスはここぞと言う彼女の腕の振るいどころ。
    私は嫁で受身の立場ですが、ホリデーと言われるくらいの価値も分かるし、なんとなく心浮かれる気持ちも自分にはありますが。 義理母を見ていて同じことはしたくないです。
    幸いと言おうか家族は小さい方でプレゼントを贈る人数は少ないですが 数は沢山しないといけませんし。頂いて助かるプレゼントもありますが、いかにも義理プレゼントと言うようなのが、お金を大事に使ってねと言いたくなってしまいます。この国ではギフトレシートと言って、金額が載らないレシートを購入時に発行してもらい、受け取った人が気に入らない、サイズが合わないなどがあれば、そのレシートでお店の他の物と交換してもらえるシステムがあるのに、義理母はレシートを付けてくれた事はありませんし。

    当日午前は義理母家族でプレゼント交換。午後は義理叔母家族もジョインし、義理母ほぼ一人で用意した夕食後、義理母が全て用意したプチプレゼントをゲーム感覚のくじ引きで取り合い。 義理母が呼ばれたパーティで凄く盛り上がって楽しかったことを、家族で実践したいようです。 プレゼントを用意してくれる、気持ちもありがたいですが、いつも彼女が選ぶプレゼント、毎年デザインは違っても使用用途は同じ物なんです。 折角だったら義母の負担を減らすのと、プレゼントのマンネリ化を防ぐ意味で”プレゼントは持ちよりにしてみたら”と 提案しましたが、頑なに拒みます。 そこまで言われると、彼女の押しつけで楽しまされてると感じてしまいます。
    私は嫌いとまで言わなくても、同じ事はしたくないです。 

    つづく

    ユーザーID:1959226452

  • 長文失礼します。

    つづき

    あるお友達のご家族では、イベント毎に担当のお家が順番で回って来るそうです。義母宅、義姉宅、自分宅と。休憩できる時もあって良いなと思いました。
    主さん宅は大きなご家族なようですし、交代制にするのも有りだし。
    ターキーは主さん、他のお料理を持ち寄りにするなど出来ないですか? 


    日本人と他の国の人達と比べて イベントの楽しみ方が大きく違うと感じる事は多いですね、確かに。
    日本人はイベントと言うと、あれこれ用意しなきゃいけないと義務のようにとらえる所が大きい。 他の国の人達は用意も含めて楽しもうとする所。 大人であってもプレゼントオープンなど無邪気に楽しもうとするし。

    母と言う立場の人は全てを自分がしなきゃと言う責任感が大きいのでしょうか?
    そうであれば、主さん宅なりのやり方をみつけて仕切られるのも良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:1959226452

  • 想像していたよりも大変なんですね

    トピもレスも読みました。
    私は日本在住ですけど、実姉は海外在住で現地の人と結婚しています。
    日本に帰国する気持ちは無いそうです、亡くなった後も在住国の墓地に埋葬されたいようです。

    それでも「クリスマスシーズンだけは例外、日本に帰りたくなる」と姉は言います。
    「兎に角、疲れる。お金も時間も体力も平常心も無くなる」
    「日本よりも此方にいる年月の方が、少しだけ長くなったけど馴染めない」
    「私にはクリスマスを受け付けない遺伝子が有ると思うぐらい無理」

    多少の表現の違いはあるものの、これを毎年、毎年。
    もう30年近く、この時期になると姉から聞かされます。
    (もしくはメールや手紙で愚痴)

    内心「毎年、延々と話す時間があるから、言うほど大変じゃあ無いに決まってる」
    そう思っていましたが、本当に大変で疲れる時期なんですね。
    義兄の「杏も一度、我が家でクリスマスと新年を過ごしなさい」のお誘い。
    社交辞令と捉えて丁重にお断りしていて良かったです。

    今年、次に姉から愚痴が来たら優しくします。
    皆さんのレスを読み反省できたし、姉の苦労が少しは分かった気がします。
    トピ主さん、皆さん、有難うございました。

    ユーザーID:1879024378

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧