砂の城

レス6
(トピ主0
お気に入り37

恋愛・結婚・離婚

トピ主

「砂の城」は、少女マンガ雑誌'りぼん'に1977年から連載されていた一条ゆかり先生の作品です。
私はアラフィフの主婦ですが、子供心になんて悲しい作品だろうと思っていました。

今ふと思い出して手に取ってみました。
大人になって読むと、これを子供が読む雑誌に載せていたあの頃はある意味凄いなと思いました。

そして今だから分かるナタリーやフランシスたちのそれぞれの心情。
ナタリーには、幸せになって欲しかったな…。

ユーザーID:6254248438

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    アラフィフです。
    小学校の頃、りぼんを初めて買った時に、砂の城連載1回目でした。
    今考えても、すごく大人っぽい漫画でした。
    一時のナタリーの幸せを願いながら、あの最後。

    ユーザーID:2528362537

  • 大好きでした

    アラフィフです。

    砂の城大好きでした。
    りぼんが出るの待ち遠しくて真っ先に読んでいました。
    トピ主さんはコミック持っていらっしゃるのですね。すごい。
    私は当時の漫画はほとんど処分してしまいました(泣)

    最後フランシスの「雨は嫌いなんだ」で終わるのですよね?
    小学3年だったと思いますが「え〜っこんな終わり方しちゃうの?」と切なくなった思い出があります。

    私は物心ついた頃から髪の長い男性が好きで、一条ゆかりさんの描く男性はまさに理想の男性でした。
    フランシスもですが特に「星降る夜に聞かせてよ」のローリエが大好きで大好きで。
    大きくなったら絶対にローリエのような人と結婚する!と思っていました(笑)
    髪が長くなければ男じゃない、なんて事も思っていましたね。

    以来40年以上ず〜っとロン毛のミュージシャンばかりファンになって来ました。
    付き合った人もバンドマンばかりでしたが、最終的に結婚した主人は…

    今もこよなく愛しているのは二十歳の頃ローリエに似たルックスに一目惚れして以来ファンのミュージシャンの方です。

    10代〜20代はバンドにハマリまくっていた私ですが、フランシスとローリエはその原点と言えます。

    ユーザーID:3466173736

  • 懐かしい

    母と姉と親子姉妹で読んでいました。
    ナタリーにイライラしてました。母は、ナタリーの身内が悪いと憤慨していました。
    皆が幸せになって欲しかった。

    ユーザーID:9193492992

  • フェランー!

    フランシスに片思いしてたフェランが切ないです…

    ユーザーID:9046175490

  • 第二部がありますよ

    ミルクティーさんのいうラストは第一部のラストです。
    その後、第二部があり、フランシスが大学生?になってからの話があります。

    さらに暗い内容になっていきますが、是非読んでみて下さい。

    ナタリー、いらつく女性でしたが、一条ゆかりさんは当時、「主人公が自分の嫌いなタイプでも描けるのがプロだ」と自分に挑戦?して作ったキャラクターがナタリーだったそうです。

    内容的には、「砂の城」以前から、性的描写や近親恋愛物が多く、色々雑誌的に不味い箇所は指摘されたり、直しをさせられるなどあったようですが、結構押しきったりしていたようですね。
    「砂の城」の時にはもうベテラン、売れっ子になっていたので、割と好きに描かせてもらっていたようです。

    ユーザーID:2427508464

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 切な過ぎるお話

    こんにちは。
    多分トピ主さんと同世代だと思います。

    ワタシもりぼんの連載で読みました。
    小学生だったので最終回の内容が分らなくて・・・。何度も読み返したのを憶えております。
    あのストーリーを少女達が読むりぼんに掲載するなんて。恐るべし集英社って感じでしたね。

    幸せなお姫様のナタリーが不幸になっていく過程がなんとも切なすぎて。
    でもナタリーは友人や周りの人々に恵まれているんですよね〜
    それを当たり前と思っているナタリー
    やっぱりお嬢様だなあ、と子供ながらに思いながら読んでました。

    個人的にはフランシスが優しすぎて、思い込みの激しすぎるココ(でしたっけ?黒髪クルクルのお嬢ちゃま)をあそこまで追いつめたのだと思っています。

    余談ですが・・・
    多分砂の城の前だと思うのですが『デザイナー』という作品があって
    私はこちらも好きですね。
    こちらの方が激しくて愛憎たっぷりです(笑)

    一条ゆかり先生はお若い時の方がシリアスなストーリーが多くて昔の作品を読みたくなりますね。
    絵の感じも好きかも。男も女もカッコ良くてそしてリッチ!!

    ユーザーID:4898996527

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧