現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

限界なのに、決断できません。

コロ
2018年12月1日 20:55

トピを開いてくださり、ありがとうございます。

私 30代後半 フルタイム勤務
夫 40代前半
子ども 小学生2人(男子)
夫両親と敷地内同居です。

夫は、元々人付き合いが苦手なタイプでしたが、子どもたちのクラブチーム(団体競技)の関わりが始まるようになってから、あからさまに嫌がるようになりました。男の子2人ですし、父親が参加して欲しいと再三お願いしても、渋々参加したり、参加した日は機嫌が悪かったりで、かなり気を使っていました。もちろん母のお手伝いもあり、私も土日なく参加しています。
夏頃より、仕事も忙しくなり、土日もクラブチームの手伝いをしなくてはならない空気(実際は月2回くらいしか参加してません)を感じ、イライラを私にぶつけてくるようになりました。元々、甘えることが苦手で、怒りをぶつけることが唯一の甘えのようです。本人はもちろん自覚しておりませんが。
物に当たる、大きく音を出して威圧するなどあり、夫両親に相談したところ、「今は余裕がないんだろう、我慢してやってほしい。クラブチームの参加はやめさせてやってほしい」と言われました。

私はもう、夫に笑顔で話せませんし、話そうとする気持ちもなくなっています。子どもたちはそれでもパパのことを慕っています。
私が我慢すればいいのでしょうか。みんな、こんな風に我慢しているのでしょうか。
私の気持ちは伝え、もう限界だ、威圧するのをやめてほしい、相手のことを考えて欲しい、家族に思いやりを持って欲しいと話しましたが聞く耳持ちません。
「余裕がない、爆発しないとはいえない」と、私が折れるのを待っているようです。私はもう歩み寄れないことを伝えているのですが、なぜ分かってもらえないのかも、客観的に分からなくなってきました。
それでも離婚に踏み切れないのは、子どもたちのためだけではないような気もします。
何か、ご意見頂けたら嬉しいです。

ユーザーID:8008482881  


お気に入り登録数:906
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:11本
トピ主のみ(11)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月2日 20:06

見ず知らずの私の悩みに返答くださり、ありがとうございます。誰に相談したらよいか分からず、義両親に相談してしまうくらいなので、みなさまのご意見何度も読み返しています。
夫の気持ちが分かる、なぜ分かってあげないのか、それこそ思いやりがないというご意見ばかりで、正直驚いています。
夫と私は職場は違いますが、同じ職種で働いています。役職などは違いますが、それほど違わないと思っていました。むしろ同じように働いていて、その上家事や育児もほとんど私、休みの日くらい子どもたちのこと気にならないの?という気持ちでした。
夫の性格も理解しているつもりでしたので、苦手なことも分かっていました。毎週行けなんて言っていないし、時々、試合を応援にきてほしいとか、イベントに参加してほしいとか、またどなたかが言われていたように子どもたちの成長を一緒に見たかっただけです。
父の参加は義務ではないですが、たまたま参加出来ない父が多く、男手が足りない状況というのもあります。
こういう夫ですので、それ以外のことでも我慢しながら生活しています。仕事で余裕をなくし、家族に対する興味もなくなっているなら、何のために一緒にいるのか、分からなくなってきてしまいました。
私には分からないストレスがあったのかな?
今まで頑張ってくれてたんだ、という視点がなかったな、と今ぐるぐる考えています。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月4日 20:10

たくさんの方のご意見をありがたく読ませていただいております。まとめてのお礼となりますこと、お許しください。本当にありがとうございます。

周りのパパたちが自然にチームに溶け込み、子どもたちと関わっていたのが、羨ましかったのだと思います。私自身、数年前に転居してきて、友人も皆無の中、入ったチームでした。スポーツの面白さ、ママ達と関われたこと、さらに一緒に頑張る子どもたちがどんどん可愛く思えてしまい、体はしんどいですが、楽しくなっていきました。
夫とは、正反対の性格だったことすら、私の中から抜け落ちてしまっていたのだな、とみなさんからのコメントを読みながら思い返していました。
元々は夫もやっていたスポーツだったので、応援してくれるだろうと思っていましたが、当初からそんなに前向きではありませんでした。それなのに、資格講習会や合宿にまで連れて行ってしまった私は鬼のようですね……、今振り返ると夫の頑張りを認めてあげなくてはならなかった、と反省しています。
その一方で、頑張っている母が、さらにできない夫を認めてあげなくてはならない構図?(うまく説明できませんが)に、納得いかないところもなくはないですが、そこはそのような夫を選んだ私の責任として、大目に見るしかないのかと、思いました。
みなさまのコメントを拝読し、世の中の妻と呼ばれる先輩方は、なんて理想的なんだろうと思いました。嫌味に聞こえたら申し訳ありませんが、嫌味ではないです。そう思えるまで、色々な葛藤があったとだと推察できますし、私にもこの葛藤は必要だったと思います。
このような短い文章で、言葉にできなかった私の思いをすくい上げてくださり、言葉掛けをしてくださった方、お会いすることはなくても感謝しています。
かれこれ1ヶ月くらいの冷戦中ですが、勇気を出して、夫に話してみます。
ありがとうございました。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月8日 19:20

引き続き、ご意見ありがとうございます。
みなさまのお言葉を受けて、私なりに反省し、夫に謝りました。面と向かって言おうと思うと言えず、情けないながらLINEで謝ったのですが、既読スルーとなりました。
何を考えているのか不明です。
ぽつりぽつりと、時々話しかけてくることがあるくらいですが、どんな気持ちでいるのか分かりません。
先日、体調を崩して寝ていたのですが、声掛けなし、黙って栄養ドリンクなどを置いていきました。
元々無口な人ではありますが、もう私から歩み寄るのも疲れました。

子どもたちは、私たちの不穏な空気に気付きながら、兄弟で一致団結しています。長男は「喧嘩をしても、仲直りすることでより仲が深まる」という作文を書いていました。子どもの方がよく分かっています。

愚痴になってしまいました。すみません。
ありがとうございます。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月10日 21:34

それでは、さん
もう、私のトピを見てる人なんていないかも、どこに私の思いをこぼしたらいいのかわからないような気持ちを吐露していました。
思いがけず弱った心に、やさしい気持ち、沁みました。ありがとうございます。
そうですね、私も自分の気持ちを伝えるのが苦手です。それでも、以前は夫には素直に気持ちを表現出来ていました。夫がイライラすると別人のようにこわく、話せなくなります。
昨日も、何とかしたくて話しかけてみましたが、逆効果でした。おっしゃるように、お互い自分は悪くないということを相手に認めさせたく、それを諦められない。未熟なのでしょうが、簡単に捨てられないプライドのようです。
もっと長い目で、見ていけたら、とやさしい気持ちをいただきました。
ありがとうございます。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月11日 18:08

地方中年男さん、
まさに、そのようなことを夫から言われました。随分上から目線だ、と。イライラするからそれ以上話すな、と言われ、私にはその自覚がなかったのですが、客観的に見てそうなのでしょう。全くそうではないと言い切る自信もありません。

仕事も家事も育児も全部ちゃんとやりたいと頑張っている自負が、いつの間にか、ストレスとなり、夫へのダメ出しになったのでしょうか。なぜこうなってしまったのか、私自身分かりません。
夫も子どもたちも、そんなことは求めていないのでしょうが、私はきっと、きちんとすることで、いい妻、いい母としての合格点をもらいたかったのかもしれません。……誰に?自分自身の中に住む、もう1人の私にでしょうか。
夫はもう爆発してしまったのかもしれません。もう離婚でもいい、面倒だ、考えるのも嫌だ、と言われました。

もう、私にできることは、ないのかもしれませんね。
自分でもどうしたらよいか、分かりません。。。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2018年12月16日 22:34

みなさま、厳しいご意見も、寄り添ってくださる言葉も、今の私にはとてもありがたく拝見しております。何度も読み返しては、自分の行動を振り返っています。
反省したり、いやいや私だって頑張ってるのになんでって気持ちがムクムク湧いてきたりの繰り返しです。
ちょうど本日、来年に向けてのコーチなどを決める会議がありました。父親コーチが足りないという話題になり、OBのパパが残留してくれることになりました。現役パパが役を担わず、卒業したパパがやらねばならない現状に胸が痛みます。その後、そのことについて夫には何も触れずに過ごしましたが、目を合わせることができません。
質問にありましたが、クラブチームに子どもたちを誘ったのは私です。夫がしていたスポーツだったことや、何かスポーツをやらせたい気持ちでした。それでも、子どもたちがやりたくなければ、毎週続けることはできないし、最終的に子どもたちの意思で入りました。無理やり入れたということはないと記憶しています。
なので、揉めに揉めて、クラブチームをやめることになったら、きっと子どもたちは悲しい思いになることは、想像できます。
大してうまくなりはしないけれど、お友達と切磋琢磨する時間や、イベント、様々な年代の方とのふれあいは、本人たちにとって大きな経験だと思います。
それを守るには、夫を頼らず、私だけが我慢することを強いられること、クラブチームを続けるために離婚、というより、そのことに理解を示してくれない夫へ、人として根本的な理解ができないのだと思います。

あまりにこじれすぎて、夫はこのテーマで話し合うことを拒否しています。
私の中にもまだ整理出来ていない気持ちがあります。私自身も、疲れているのだと思います。意識的に休み、こころを解放しながら、自分の気持ちに向き合いたいと思います。

コメントくださり、本当に救われています。ありがとうございます。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2019年1月17日 11:40

みなさま、コメントありがとうございます。
だいぶ時間が経ってしまいましたが、状況は変わらず平行線です。
自分にも非があることは承知していますが、コメントを見るとつらくなり、返信できませんでした。すみません。
年末に地元へ戻り、笑顔をなくした私を見て、家族や親友が心配し、もう戻ってきていい、と言ってくれましたが、日により波があり、決断できません。何が正解なのか分かりません。
この相談内容ですと、クラブチームのことに焦点を置いていますが、もちろんこうなったことに関して、クラブチームのことだけではありません。継続した夫婦関係の中で、お互いすれ違っていったのでしょうが、紐解くことさえ、もう出来ません。
夫へ、普通に話しかけることができません。今までどのように関わっていたかも、分からなくなりました。色々正論振りかざさず、ただ笑顔で楽しく生活していたらよかったのに、私にはそれができない人間のようです。どなたかのコメントにあり、深く納得してしまいました。
私が夫へ求めているのは、自発的な思いやりや興味です。それほど高度なことを求めているとは思っていませんが、それさえも我慢しなくてはならないなら、家族って何なのでしょう。
答えの出ない難問に、いつまで苦しめばいいのか、、、私も病んでいることは自覚しております。
コメントいただき、本当に感謝しております。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2019年1月27日 21:41

引き続きコメントいただき、ありがとうございます。
ここでみなさまからご意見いただき、あまりにもクラブチームを無理にやらせるべきではないという意見が多く、無理に誘っても不機嫌になるだけということもあり、今年に入ってからは一切誘うことなく過ごしています。というよりあまり会話をしていないのですが。ただ、クラブチームが負担になっていただろうことを謝り、もう参加を強制しないということを伝えました。
クラブチームをやめた方がいいというご意見ありましたが、やめたらきっと、夫も当てつけのように感じるでしょうし、何よりこれまで頑張ってきた子どもたちに申し訳ないです。

確かに私は疲れすぎています。
休む時間がありません。性格的に真面目で、休んでいることが悪いことのように思う時があるほどで、これは私の悪い癖だと思います。このトピを立てるまで、私は自分が疲れていることにも気付いておらず、休んでいる夫に余計にイライラしたのだと思います。
まずは、私の心を取り戻すべく、意識的にしたいことをしようとしていますが、様々な日常の中とても難しいです。
そして、コメントにありました通り、ここまで頑なになってしまった私の心は、もはや自分から歩み寄るなんてことはできず、夫からの働きかけがなくては自分が惨めに感じてしまいます。夫からの歩み寄りなんて、ないということ、私が1番分かっていますが、これが一生続くのか、と思うと、未来が暗く感じます。
まっつん様、ご主人ととてもうまく関わっていらっしゃるようにお見受けしました。頭ではみなさんの言うこと、とても理解できるのですが、理不尽な状況に置かれた時、ふとイラッとした時、孤独を感じる時、そんな時はどのように自分を慰めているのでしょうか。
地元を離れた私にとって、夫は唯一の理解者のはずでした。夫を諦めなければならない私は、孤独です。
もしよろしければ、教えてください。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2019年2月7日 8:33

たくさんのコメント、ありがとうございます。
まっつん様、返信ありがとうございます。

みなさまのコメントを胸に、夫へ手紙を書きました。私が不満に思っていたこと、この間考えていたこと、私が反省すべき点、夫を追い詰めていたことなど、謝りました。手紙にしたのは、話しかけても拒否されるか、キレて話にならないからです。
夫は、私の手紙を受け取るやいなや、読まずにビリビリに破り、私に投げつけました。「言いたいことがあるなら、言えばいい。手紙にするという行動が、どうせキレるのだろうという不信が見えて、腹が立つ」のだそうです。
喧嘩が長引き、家に帰るのがストレスだった、もう離れたいと言われ、離婚、と悟りました。
もう無理なのだろうと思います。
みなさまのご意見も、理解はできます。正論です。ですが、それなら、私の意見も聞いてもらいたい。そうでなければ、対等に生活していけないと思ってしまうのは、私がまだ未熟だからなのでしょう。
もう、私が出来ることはないように思います。
今の夫は、私が知っている夫ではないように思えてしまいます。もう気持ちが離れ、他にいい人でもいるのではないかという考えが、頭から離れません。

私が参っているのか、自己分析ももうできません。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2019年2月10日 10:35

みなさま、コメントありがとうございます。
全て書ききれないのですが、双方の両親を巻き込んでしまった結果、やっと2人で話すことができました。
私が想像していた以上に仕事に対するストレスがあったようでした。元々人の気持ちを汲んで行動するなんて、したくない人ですが、仕事では立場もあり、とても無理をしているようでした。
人の気持ちを考えるなんて、社会で生活しているんだから、当たり前!と私の価値観では思うのですが、みなさまのコメントが蘇り、夫と私は違う人間で、私の価値観で測っていけないと、自制しながら話を聞いていました。
ストレスがあったとしても、威圧したり、手紙を破るような行動は、とても傷付くこと、仕事の負担を心配してはいても、私自身もそれほど余裕があるわけではないこと、伝えました。
言葉を多く尽くす人ではないので、汲むのが難しいのですが、分かってもらえたのではないかと思います。
まだぎこちないですし、元に戻れるかわからない、というところですが、少しずつ家族の形を取り戻していけたらと思います。

ユーザーID:8008482881
トピ主です。
コロ(トピ主)
2019年2月10日 10:38

まっつん様、ご主人ととても似ているところが多く、勉強になりました。冷静なご意見、推測、ほぼ当たっており、大変驚いています。ありがとうございます。
夫も、姑に溺愛されていますが、夫の欲しい愛情ではなかったように思います。夫父からは、ほとんど愛された記憶がないようで、関わりもないため、父親の愛情を知らずに父親になってしまっていることも大きいのだと思います。私も姉妹で育ったため、男の子にとっての父親がどのようなものなのか、はっきりと分かりません。ですが、明らかに父親の存在が、2人の子どもたちにとって人生を左右する存在なのだということは、子どもたちを見ていても、夫を見ていても、感じます。
クラブチームのことに固執したのは、分かりやすく父親として関われる機会だと感じたからだと思います。常日頃から、父親は絶対的な存在だと、子どもたちには説いてきましたが、大きくなるにつれ、それだけでは伝わらなくなってくるのではないか、とひとりで焦っていたのかもしれませんね。
とはいえ、クラブチームへの参加は強要しないこととし、夫へも伝えました。夫は、それでも参加した方がいいのではないか、休んでいることへの後ろめたさを感じているようで、それは私の責任と感じています。
休みたい時に休めて、参加できそうな時にお願いできるように、上手く立ち回らなければならなかった。私自身の余裕を持つため、私は頑張らないことを頑張らねばならないと思います。とても難しいです。
正面からぶつかってしまうタイプの人間は、そのことにも気付けておらず、本当に情けない限りです。

ユーザーID:8008482881
 
トピ主のみ(11)ほかのレスも表示

現在位置は
です