子どものおこづかいの格差について

レス32
(トピ主1
お気に入り99

家族・友人・人間関係

寒がりな熊子

アラフィフの熊子と申します。
それくらいのことも相談しなければわからないのか、とのお叱りを覚悟で質問させてください。

私どもには、長女(大学2年)、長男(高3)の2人の子どもがおります。
長女は2年前に国立に合格し、自宅から通学しております。
講義のない時はアルバイトをして、交際費や衣服や化粧品などそちらで賄っています。
なので必要なもの以外(医療費やコンタクトレンズ代など)特にお小遣いという形では渡しておりませんでした。

もちろん、長男も同じようにするつもりでおりました。
ところがスポーツ推薦で私立大学に進むことが決まりました。
そして部活で多忙なため、寮生活になり、アルバイトはほぼできないことを知りました。
つまり生活費はもちろんですが、お小遣いも毎月渡すことになります。

なるべく平等に接していきたいと思っておりましたので、長女が不満に思うのではないかと危惧しております。
主人にもそのことで相談しましたが、特に何かをするつもりはなく、このまま静観する構えのようです。でも本当にそれで問題はないのでしょうか?

一番心配しているのは、これが原因できょうだい仲が悪くなることです。
もし私が長女の立場なら、「長男ばかりにお金をかけた」と考えたかもしれません。

このように、きょうだい間で格差がでてしまうことはうちだけではないと思われますが、みなさまはそのことについてどう対処されていたのでしょう。

親御さま、またお子さんのお立場からでも構わないのでアドバイスをいただけないでしょうか?
何卒よろしく御願いいたします。

ユーザーID:8469308667

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です 有難うございます

    このようなトピをあげていただいたばかりか、早速沢山のレスをいただいて驚いております。みなさま、本当に有難うございます。
    ひとつひとつ、なるほどと納得しながら拝見させていただきました。

    私が杞憂する理由の中に、親戚が遺産相続で揉めまして裁判沙汰になったことがあります。
    それを見て、母が
    「兄弟で裁判なんて、それほど親不孝なことはない。うちはなにがあっても揉めてくれるな。」と、それはそれは何度も念押しされました。
    母が亡くなってからも、幸いにも子どものころより仲良く付き合っております。
    そして同時時に、「親の采配ひとつでも子ども同士の関係は変わることがある」と肝に銘じて、親として言動に気をつけるようにしていました。
    みなさまからのレスをみて、相手の気持ちを確かめながら決めていくことが大事なのだな、と再認識いたしました。

    ただ、「家族会議」というのは我が家の場合は向いていないような気がします。
    相手が目の前にいると、なかなか本音をだし辛いのではないかと。
    まずは娘の気持ちを聞き、だいたいの方向性が決めてから息子とも話し合おうかと思いました。
    息子は先輩から色々話を聞いた際に、相当なお金がかかると知って驚愕していましたので、このような話も理解できるのではないかと思っています。

    ひるあんどんさまの
    >少なくとも、差を設けたまま知らぬふり(バレなければこれ幸い)で通すのは下の下の更に下の策です。
    には、スッキリしました(笑)
    主人は、他の人気持ちを推し量ることが苦手なタイプなのです。
    主人の親戚関係の際にも、主人の言うことを鵜呑みにして失敗してきたのを思い出しました。

    「私がしっかりしなければ!」と、気持ちを引き締めて対処しようと思います。
    みなさまのレスを拝見して、とても心強い気持ちになれました。
    本当に有難うございました。

    ユーザーID:8469308667

レス求!トピ一覧