現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

1円でも損はしたくないらしい(遺産)

ハリー
2018年12月3日 9:07

情けない話を聞いていただきたくトピをたてました。お目汚し失礼します。

ずっと同居をしていた父方の祖母が15年ほど前に亡くなりました。
祖母は特に財産もなく、お葬式の費用もすべて父が出しました(お香典は頂かなかったので全て父が支払い)。
ただ祖母は生前、お葬式の費用を両親に預けていると父の妹たち(3人)に話していたようです。
死後それを聞きましたが、初耳で預かっていないと話をしても叔母たちは納得せず。
結果、叔母たちの家探しが始まりました。1か月ほど叔母たちは滞在し、押し入れの中、タンスなどあらゆるところを探しました(扉は締まっているのでわかりませんが)。出てきたのか出てこなかったのかわかりません。ただ祖母のカバンや財布はなくなっていました。

生命保険を兄弟4人でわけることに。その際、1円たりとも損をしたくないと言われました。端数はすべて叔母たちが1円ずつわけました。あまりのあさましい姿にあきれ果て、それ以来、もう絶縁しておりますので、生きているのかどうかもわかりません。ちなみに祖母だけでなく祖父も同居しておりましたが、生活費は1円ももらったことはない(両親談)し、私は一人っ子ですが、おこづかいももらったことがありません。

長くなりすみません。今回、金融機関より祖母の預金があると連絡がありました。もう期限のようです。このままおいておくべきか。
叔母3人に連絡をして預金が見つかったことを言うべきか。このまま放置すれば国庫に入るようです。もうそれでもいいかなあと思っております。必死で家探しする3人のおばたち。1円も損をしたくないと言った叔母たち。うちの両親には感謝することは何もないと言い放ったおばたち。父が建てた家で何十年と住んで(叔母たちはうちからお嫁に行きました)、我が物顔で出入りし、持ち帰る人たち。関わりたくないのです。

ユーザーID:3501692072  


お気に入り登録数:246
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:3本
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
ありがとうございます。
ハリー(トピ主)
2018年12月4日 16:34

ご意見をありがとうございます。
金額は教えてもらっていない(請求手続きをしてからみたいです)そうです。

私が口出しの件ですが、父はもうすぐ80歳です。
叔母たちは60〜70代だと思います。
一人は生きています(道で会ったことがります)。
あとの2人はどうなのかわかりません。

父はもう存分に人間の嫌な部分を見てきています。
お金の件も情けない話過ぎて、父の気持ちとしては国庫です。
でも血眼で現金などを探していたであろう叔母たち3人も相続人ですので、父の独断では決めかねるので、一人娘の私に相談をしてきました。
両親ともに叔母たち3人とはかかわりたくないのです。

土地も含めてすべて両親が建てた家ですので、相続ではありません。

やはり弁護士さんに相談するしかないでしょうか。
父はやや認知症気味でもありますので、私(新幹線の距離在住)が1度帰って、一緒に弁護士さんにご相談すべきなんでしょうね。

血縁よりも(私は兄弟はいませんので、両親のみですが)お金が大事なのが私には信じられません。
母方の祖父母がなくなった際、旧家でしたが、全くもめませんでした。
誰一人として、預金や家、財産なんて言わなかったので。
なかったのかもしれませんが。
誰が受け取ったのかどうかも知りません。母もそんな話をしなかったし。
母方は兄弟合わせて7人いますが、みんな仲良くて、みんなでご飯を食べに行くとみんな多めにお金を出すので余るほどでした。

ちなみに、昔から叔母たちはいつも春夏冬休みは1週間から3週間滞在しましたが、手土産程度で、何もお金を出したことがありません。
母も長男の家だから特に出してほしいとは思っていなかったと思います。
旅行も全部我が家もちでしたねえ。考えたら家族全員(ご主人のぞいて)でよく長期で滞在するなんて厚かましいですね。

ユーザーID:3501692072
追伸
ハリー(トピ主)
2018年12月4日 17:49

あさましい姿について

一周忌の際に叔母その1が「兄さんが全部おばあちゃんのお金をどろぼうした!」と。お坊様はじめ、親戚一同が父を擁護してくださいました。泥棒も何も本当にありかを知らない(叔母たちが全員帰った後に本当にないのか探したけどなかった)。あの姿を見るとぞっとしました。叔母その2が「兄さんがお金を独り占めした!」とわめき、叔母その3は「おじいちゃんのお金も兄さんがとった」と言いました。祖父、会社を倒産させたし無一文でした。年金のことかと思います。戦争に行ったので多分その分年金が高かったと思いますが、どこで何に使ったのか、知りません。あのあさましい姿を見て私たちは固まってしまいました。

残されたお金がどこにもないのはおかしい!って。こっちも知りたい。病院代葬式代すべて父が払ったし。あればそこから使いたい。お墓も全部父が作ったし。
うちは毎年のお年玉、入学祝、私の成人のお祝い以外もらっていないです。
それはほかの孫たちも同じかと思います。ただ誕生日だけは県内に住む「従妹の誕生日なので、お祝いとケーキを買って渡しに行ってくる」と祖父母が私にわざわざいって出かけたのは覚えています。私にはくれないのになあって子供心に思いましたが、もらう癖はついてなかったので。

祖母が亡くなるまでは関係は良好だったと思いますよ。保証人をはじめ、いとこたちの見合い相手探しからすべてやっていましたから。困ったことがあれば泣きついてきたことも数知れず。いとこが補導されたときも迎えに行ってあげたし。

ただ母と祖母は嫁姑ですので、気に食わなかったことも多々あったかと思います。母は地方の出身でしたので、方言があったのも気に食わなかった(実際に母の悪口はよく言っていた)みたい。

悲しいですね。血縁よりもお金が大事なんて。ただただ悲しいです。

ユーザーID:3501692072
弁護士さんに相談します
ハリー(トピ主)
2018年12月7日 19:25

無知な私にいろいろとアドバイスをありがとうございます。

週末に実家へ帰れそうなので、弁護士さんにご相談するのが1番かと父と話しました。
叔母たちの住所ももうわからない(年賀状も処分。しかし県内の叔母だけは家を知っている)ので、それも含めてご相談してみます。

いったいいくらあるのか。弁護士費用もその預金から出せたらいいのですが。とにかく2度と会いたくない叔母たちです。

父が申しておりましたが、叔母その2の夫が、兄弟相手に遺産をめぐる裁判をおこしたことがあるそうです。本家の取り分が多いということで。
ですので、そういうのに慣れているのかもしれません。

やっと忘れていた叔母たちをまた存在を思い出してしまい、胸がつぶれそうです。うちはすべて放棄でいいです。何もいりません。その叔母たちのご主人も士業や大企業の役職があったはず。お金には困っていないと思うが。なぜこんなにも強欲だったのか思い出すだけで情けない思いです。

ユーザーID:3501692072
 
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

現在位置は
です