• ホーム
  • 口コミ
  • ドイツへの海外移住について(身勝手でしょうか?)

ドイツへの海外移住について(身勝手でしょうか?)

レス78
(トピ主5
お気に入り247

旅行・国内外の地域情報

こなつ

レス

レス数78

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どこの国も同じですよ・・・

    日本で雇用安定性がないのと同じ、
    こちらはもっとその辺りの判断はシビアですよ。
    たとえ引き抜かれた社員でも実際に不要となればクビ。
    いくらトピ主さんが優秀で成果を出していても、
    企業の方針など変化があれば職を失います。

    それにドイツ語がほぼ話せないのは致命傷でしょう…
    駐在で一年いるのとはわけが違う。
    期間限定と実際の生活は全く異なるものです。
    こちらでは一生外国人をいう目と暮らしていくんですよ。
    いくらオープンになった世の中でも差別はありますから。

    不躾なことを言って申し訳ないのですが、
    単純にトピを読ませていただいて、
    海外に行けば何とかなると楽天的な印象を受けました。
    単身ならまだしも、ご家族もいらっしゃるんだから良く検討すべきです。

    ユーザーID:0913901845

  • 既に調べ済みかもしれませんが、、、

    所得税は高いと思います。私は、フランスで給料を貰っていますが、税率は45%程度になります。給料が良ければ良い程、税率が高くなるので、要注意です。手取りが10Kだと、恐らく、高い税率の下の方になり、一番損をするレベルではないでしょうか?

    それから、もう一点、定年が67歳ですが、その年齢になると、得てして日本に帰りたいと、だれしもが、思うようです。私自身、既に家も買い、何十年もこちらに住んでおりますが、日本には住まいを確保しています。たまに帰りたいと思った時に何時でも使える様に、維持は大変ですが、家族全員が日本人と言う事は、その可能性が有ります。

    これからトピ様は、未だ時間がありますから、しっかり貯めて、何時でも日本で住居を確保出来る様にするか、、、或は、親御さんの家ががあるなら、問題は無いかもしれません。

    お子さんの教育に関しては、私は、全く問題は無いと思います。

    税金問題を含む、給与が十分であるなら、私なら移住します。何処に居ても同じという基本姿勢です。良い条件で働けるなら、先進国であれば何処でも行くと考えています。

    ユーザーID:4767645499

  • ドイツ語、話せない?

    現地の日本人社会でしか交流できませんね?
    ご本人が、やる気満々なら大丈夫じゃないですか?

    家の父は6ヶ国語を読み書き、会話出来ましたが…結局は、老後は日本でした。
    奥様、お子さんは打ち解けるのが早いですから問題はないですね。

    ユーザーID:9588303695

  • 条件は結構揃ってるように見えますね

    家は売っていくのか賃貸するのか・・・向こうでいきなり家買うわけじゃないでしょうから様子見ても良さそうですね。

    あなたの条件は整ってるように思います。
    のでよくよくご家族と相談して前向きになれるよう説得?懐柔されてはいかがでしょうか。

    個人的には健全な経済成長を遂げているドイツは魅力ある気がします。

    ユーザーID:0264577568

  • 身勝手だと思う。

    私は英語圏のとても住みやすい街で駐在妻やってます。
    選べるならずっと日本に住んでいたかったです。
    任期が決まってないので長くなるかもしれません。
    40代子供なし。意思疎通できる程度の英語力で日々楽しく生活してますがゴールがあるから楽しいと思えるんです。
    身体にガタがきそうな50代には日本で生活してるだろうな、そのころには英語も堪能になり私も英語可パートなら多少稼げるかも。
    夫も(話せないとこからスタート)海外経験あり英語可で会社が傾いてもなんとか日本で転職もできるかもと思いを馳せて過ごしてます。
    トピ主さんの例は駐在で住んだ事があるのとは全然わけが違う。
    妻目線でデメリットしかありません。
    給料増なんて単なる物価の差では?
    ドイツで失業した後の転職の大変さはさらに大きいですよね。
    奥様との結婚時海外永住(駐在が長くなるとかのレベルではなく現地採用&永住)なんて話出てました?
    奥様かわいそうに、、の一言しかないです。

    ユーザーID:2057896082

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • オススメしません

    ドイツ在住者です。
    どの地方かは存じませんけれど、職場では英語が通じるでしょうが普段の生活は?
    奥様は? 40も過ぎてから簡単にドイツ語は身につきません。
    現地在住の駐在妻、日本人と群れ、狭いコミュニティーで息苦しさを感じることになるでしょう。
    インターへ行っても、子供達は国別で群れ、ドイツ語が殆ど話せない子供ばかり。
    リスクが大きすぎます。

    どう考えてもオススメできません。

    ユーザーID:9177013758

  • 家族は迷惑では?

     家族は迷惑では?
    離婚になっても知りませんよ。

    ユーザーID:5408942665

  • 娘さんの問題

    娘さんの将来がどうなるのかが一番の問題です。言語はたぶんドイツ語と英語の両方が堪能にならなければならないと思います。これが解決できれば移住は賛成です。
    私の会社はドイツに子会社があり現地駐在員は英語で仕事をしています。ご存知でしょうがドイツ人は9割以上が英語に堪能で英語ができれば十分生活ができます。私は現地駐在の経験はありませんが英語のテレビ会議とE-mailで仕事をしていました。
    私個人は山歩きが好きでフランスやスイスのアルプスに比較的簡単に出掛けられるので移住したいです。移住には家族の趣味に関しても相談するのが重要でしょう。

    ユーザーID:0922236041

  • 大学までを視野に入れて計画を

    きちんと考えてらっしゃる方だと思います。ですが、奥様が教育面について心配なさるのも理解できます。海外生活26年の立場からアドバイスさせてください。

    まだ11歳。ピンとこないでしょうが大学を視野に入れて考えましょう。

    大学は日本、ドイツ、英語圏? それによって、高校までの教育方針が決まります。

    インターの場合。まず学費が年間400万円以上でしょう。最初の2年間サポートがあれども残り高校卒業まで払い続ける必要があります。インター卒業となると大学は英語圏。アメリカの場合、学費は州立/私立とも留学生の場合は大差なく、寮費や生活費も含め年間「最低でも」600万円以上。毎年学費も値上がりしています。

    インターを出て、日本の大学にAOで入学を狙うか、東大/早稲田 等の外国人専用の学部(英語)か、またはICU等であれば学費が抑えられます。

    ドイツの教育は最近だいぶマシになったと聞きますが、若くして将来の道が決められてしまう印象があります。

    インターにしろ、現地校にしろ、11歳で学習言語が変わるというのは、お嬢さんにとっては大変なことだと思います。英語/ドイツ語を「話せる」のと「学習言語として使える」というのは違います。親の想像以上に苦労なさると思います。

    一番楽なのは現地の日本人学校に行かれることです。

    トピ主さんは高学歴でいらっしゃると思いますのできっとお嬢様も優秀なお子さんでしょう。駐在家族を何組も見てきましたが、ごく稀に簡単にフィットインするお子さんもいらっしゃいます。トピ主さんのお嬢さんもそうなればいいですね。

    ユーザーID:7179651644

  • 疑問

    日本の会社が閉鎖及び子会社か、とありますが、なぜドイツの会社なら安全なのですか?
    あと日本の自宅は残して置いた方良いでしょう。いざ帰国の場合に移住出来ますから。。。

    ユーザーID:4191830443

  • うーん・・・

    難しいですよねえ、ご家族で1年ドイツに住んだことがあるのに二の足を踏んでいるんですから・・・

    海外て本当に合う合わないがあるんですよ。私は米国に20年、東アジアに5年程すんでいましたが、東アジアで身体を壊しました。風邪薬など今までアレルギーなんて一切なかったのに様々な薬に反応するようになってしまいました。あの暑さと常に物凄い蒸れた空気のせいで。

    奥様40歳ならまだまだ若いですが・・・あまり興味のない国に、しかも永住というかトピ主の定年まで?あと25年くらい?住むとなるとさすがに困惑というか嫌というか・・理解はできます、奥様のお気持ち。

    トピ主のキャリアを考えたらドイツ行は悪い話じゃなさそうですよね。でも来年あたりから経済は悪くなると言われてます。今は出すと言っている様々なベネフィットも将来カットされる可能性もゼロではないですよね、現地雇用だと??海外の会社はすぐにクビにしますよ、そりゃあもう冷酷に。

    ご家族の事、会社の将来、自分の40代からのキャリア・・・天秤にかけて奥様と話し合いされるしかないですよね。

    ちなみに、うちの主人(日本人)にも直属のボス(マレー系フランス人)からスペイン行(定年まで)を打診されましたが、私は断固拒否。主人がスペインに行くなら私1人で日本に帰るわ〜(子供はいないので)と言ってこのまま定年まで米国にいることとなりました。



    私個人としてはヨーロッパは旅行では最高にいい国々ですが、何年も何十年も住むというのは会社が余程インセンティブをつけてくれない限り難しいと思っています。

    ユーザーID:5067742105

  • トピ主家族の気持ちの方がわかります。

    年収は桁間違いですよね?
    100kユーロでないなら、日本残留して転職するのみ。

    問題は離職率と昇給の可能性。
    ドイツの企業事情がわからないのですが、終身雇用並みの安定はあるのでしょうか?
    渡欧しちゃうと、いざとなれば共働きという手段が使いにくいですよね。
    これもリスク。
    ここら辺を考えて、ご家族で話し合った方が良いと思います。

    家は賃貸に出しては如何ですか?
    トピ主親世代の介護もありますし、娘さんはいずれ帰国するかもしれません。
    10年くらいは様子を見た方が良いのでは?

    ドイツに駐在の1年も含めて数年住んでいて言葉が出来ないなら、今後も苦労するかもしれません。
    娘さんが中学卒業までは、トピ主の単身赴任でも良いと思います。
    冒険心も大切。
    思い切りも大切だけど、家族が出来たなら、辛くてもしがみつくことも必要。
    頑張れ、お父さん。

    ユーザーID:1189100149

  • 引退前にトピ主さんにもしものことがあった場合はどうするの?

    奥さんとお嬢さんのビザがどうなるのか、いつまでドイツに滞在できるのかなどは、もう調査済みですか?

    失礼ながら、お亡くなりになった場合は保険金で後の処理ができますが、万が一、ドイツで寝たきりになどなった場合の生活をどうするのかなども検討済みでしょうか。

    さらに、大人二人はどうにかなるとして、問題はお嬢さんの教育ですよね。

    インターナショナル(IB校)に入るのであれば、決して悪くない選択だと思います。
    しかしトピ主さんにもしものことがあった場合、日本に帰国したときに日本のIB校に入学できる環境かどうか。

    あるいは日本の中学に入学するとして、遅れた数学や理科・社会の教育をどうするか。

    日本の高校入学となると帰国子女枠を使えますが、そういう学校に入学できるだけの学力をつけることができるのか。


    ・・・このあたりは、奥さまがもう気付いておられると思いますが、ご家族で慎重に検討なさいますように。

    ユーザーID:9362528702

  • 離婚ですね

    まあ子供さんのこと考えると海外で経験値を積むのはアリだと思いますが
    奥さんが嫌がっているならやめたほうがいいです。

    ただ個人としてかなえたい目標のためにドイツにいくのであれば
    離婚しておひとりでいく(または単身赴任)のが
    よいのではないかと。

    何もかもは一度に手に入らないのです

    ユーザーID:2595184623

  • 娘さんの年齢がネックですね

    教育的に、今から国を変えるのはきついと思います。
    小学校高学年ですよね。勉強が難しくなる大事な時期です。
    ここでへたに海外に行ったら、学力が下がってしまいます。
    はじめからドイツで教育を受けていたのならいいのですが
    今からでは厳しいのではないでしょうか。

    あなただけ単身でというわけにはいかないのでしょうか。

    ユーザーID:0940432112

  • 家族の幸せを一番に考えてください

    在米小町で米系企業で働いています。日本と比べ職場環境や収入は良く働き易いので、ドイツの事は無知ですが似てるのかなと想像します。
    ただ年収がたった10Kユーロしか上がらないのに海外転職するメリットってあるんでしょうか・・・?
    ドイツの物価や税金・医療費・教育費・保険料がどの程度が分かりませんが、日本以上に激安だとは思えないので。

    日本企業の後ろ盾があった駐在員の1年間はお客さんとして訪問している長期出張のようなもの。現地採用で永住するのとでは全然違いますよ。


    奥様はともかく一番苦労するのはお嬢様ではないでしょうか。生まれてから日本で育ってアイデンティは日本人なのに、11歳という微妙な時期に会話もままならない気の乗らない国に永住前提で連れて行くのは余りにも酷なような。トピ主さんが独身なら自由にすればいいと思いますが、奥様・お嬢様が乗り気でないのならただの我儘、押しつけにしか見えません。

    私の友人でトピ主さんのようなご主人を持つ人が居ます。奥さんの不安を押し切ってご主人の希望で米国へ移動。その後更なるステップアップで転職・欧州に移動。日本を離れて10年程経った後、友人とお子さんはご主人に見切りをつけてさっさと帰国しました。


    家族の幸せを一番に考えてくださいね。

    ユーザーID:1624522320

  • ちょっと見通しが甘いかな

    日本からドイツ企業への転職で移住しました。

    提示された契約内容、業種にもよりますがちょっと見通しが甘い印象です。

    一般的試用期間6月、最初の雇用契約は2年期限が一般的です。
    2年後の雇用は保証されていません。
    また、都市にもよりますが、住居費は結構かかります。
    月収10k、扶養家族が居る点を考慮して税金返還を見込んでも実質手取りは7割以下でしょう(手取り額面月収は6割以下)。
    定期昇給は原則無し。昇給は交渉して得るのが一般的です。
    その状態で、生活費、お嬢さんの学費、大丈夫ですか?

    さらに、駐在時と同様には行かない点、十分考慮されていますか?
    現地採用となった場合、”お客さん”待遇はありません。
    一従業員として、結果を出すことが求められます。

    1,2年の滞在で良い思い出だけを作り、現地就職した方も数名いらっしゃいます。
    明確な目標を持って移住した方を除き、皆さん日本に戻られました。
    一番多かったのが、2年後に契約を更新してもらえないパターンでした。
    また、ご家族の方が精神的に不安定となり、離婚してご本人のみがドイツに残るというケースもありました。

    奥様は英語が堪能でしょうか?
    お嬢さんの学校で問題が有った際、奥様は英語で正式にクレームをつけ、交渉をすることができますか?
    加えて、移住を希望される本人がドイツ語を習得していないのは問題だと思います。
    期限付きであれば、英語で生活可能です。

    が、現地採用として移住するなら、日常生活レベルのドイツ語は最低でも試用期間の6月以内に習得必須です。
    仕事しながらだと、6月以内でも結構きついですよ。

    客観的に状況を判断した上で、ご家族と相談されることをお勧めします。

    ユーザーID:4339489243

  • うちもドイツだけど

    ドイツはどちらの都市ですか。
    ドイツは都市によって、生活費に相当な差があります。
    うちは夫がミュンヘンで働いていますが(理系研究者です)、ミュンヘンは住居難で、小さめのアパートでも普通に1500から2000ユーロします。家族向けだともっとするかも。
    しかも、なかなか見つからない。ドイツ人でさえ物件探しに苦労しています。
    そのため、夫の同僚(ドイツ人)も家族は田舎に残し、ウィークデーはルームシェアやワンルームに住み、ウィークエンドだけ家族の元に帰るという人がたくさんいます。うちもそうです。
    (ただ、ベルリンはそこまで住宅難ではないと聞いています。)
    インター校の学費も高いし、年に1度は里帰りされるとなると、その費用もかかります。お子さんはインター校ということは大学はドイツ以外ですよね。となるとそのための資金も貯めないといけません。

    トピ主さんの文章を読んだ限り行きたがっているのはトピ主さんだけという印象を受けました。特に気になったのはお子さんのこと。
    インター校とおっしゃっていますが、子供さんがそこに適応するまで、どれだけ努力を強いられることか。

    友人の日本人で駐在で来て中学からインターに子供を入れている方がおいでですが、いきなり英語だけの勉強についていけず、子供さんは相当に苦労されています。
    父親の都合で友達と引き離され、分からない英語で学校の授業を受けねばならず、しかも一歩、外にでるとそこはドイツ語の世界。
    お子さんにそこまでの負担を強いるのです。少なくともお子さん自身が納得してドイツに来るようにしないと、適応する努力も出来ないと思います。

    駐在で来るのと、現地で根を下ろして暮らすのは、まるで違いますよ。
    どうしてもドイツと思われるならまずは単身赴任するのもありかも。
    資金計画、家族の状況など総合的に考えるべきかと思います。

    ユーザーID:5147736738

  • 日本人学校はどうですか。

    私は基本的に冒険には賛成派で、駐在で期間限定なら『良い経験になりますよ』とお勧めするのですが、永住前提だと結構きついと思いますよ。。特に、奥様もお子さんも1年駐在で住んでいたのにも関わらず、もう一度相住んでみようという気にはならないのですよね? ドイツ生活がそれほど楽しい経験ではなかったのかもしれませんね。

    他の方もおっしゃるように、まずお子さんが最終的にどの国で大学に行きたいのかを確かめてみてください。まだ11歳ですが、ばくぜんとは考えていると思いますよ。それが日本の大学なら、英語インター+補習校か日本人学校しか選択がなくなります。インターは高額です。おそらく年間2万ユーロ近くかかります。会社負担が無くなっても、続けて通わせられますか? 現実的な面からまず考えてみてください。

    私の知っている限り、日本人家族で欧州で育てお子さんは、皆最終的には日本の大学、もしくは日本で就職してしまっています。多分お子さんが、一番体感するからでしょうね、現地人と自分たちとの違いを。人種間の問題は色々ありますから。

    ご家族で話し合って、良い結論が出るといいですね。

    ユーザーID:5522551687

  • 悩みどころですね・・・

    う〜ん、レスも賛否両論ありますね。

    トピ文を読む限りではメーカー系にお勤めでしょうか。
    ドイツは企業自体の損切りも早いですし、人事関係は結構ドライだと思いますが、日本も
    雇用に関しては今後どんどんシビアになっていくので、トピ主さんのやる気さえあれば、
    機会は十分得られると思います。

    我が家はドイツ駐在経験があり(私は帯同妻の立場ですが、自分自身も海外駐在員として
    働いた経験あり)トピ主さんのチャレンジを前向きにとらえてもいいんじゃないか、と
    思ってトピ拝読したんですけど、ネックはやはりご家族のお気持ちかと・・・。

    うちの場合帯同家族(私と子供)が海外生活にあまり抵抗のないタイプですが、そうでは
    ないご家族だとやはり負担の大きさは計り知れないものがあると思います。

    トピ主さんご自身、ご家族も、現時点でドイツ語が十分でないとしても、現地で学ぶ
    機会はいくらでもありますし、住む場所によってはご近所でも英語ちゃんと通じます。
    (現に我が家のご近所さんとは英語で意思疎通が出来、大変良くして頂きました)

    お嬢さんもインターに通うことになると思うので、スクールバスが走っている、もしくは
    車で送り迎え出来る場所になりますし、あ、あと車は貸与(支給)無しですか?
    車がないとドイツでは厳しいかと思います。我が家は夫と私、2台使用してました。

    あと、医療保険も、種類があって、privatというものだと順番が早く回って来る等扱い
    が違います。(現在は事情が変わってる可能性もありますが)
    保険等も会社でそうしてくれるのか、確認が必要かもしれません。

    基本先進国ですし、近隣の欧州の町も楽しめますし、住みやすいところだと思います
    けれどね。

    ご家族を説得できるよう、頑張ってください。あと会社への厚生関係の交渉も。

    ユーザーID:3326707449

  • 私ならついていかない

    夫と結婚する時に言いました。
    「万が一海外に転勤になっても私はついていかない。
    旅行で行くならともかく、そこで暮らすのは無理だから。」
    それなら離婚だと言われたら離婚を選んだでしょうね。
    だって、無理についていっても夫に負担をかけるだけですもん。
    過去、海外にちょっと住んだ時本当につらかったので。
    奥様も嫌がっているのだから一人で行かれては?
    奥様だってお子さん1人だし自分が働けば日本でなんとかなると思ってると思いますよ。
    別居したからってなんでしょうか。
    トピ主さんはトピ主さんの好きにすればいいです。
    奥様や子供を巻き込むのはやめて下さい。

    ユーザーID:4545612078

  • トピ主です。

    みなさんコメントありがとうございました。いくつかポイントがあると思ってます

    雇用の安定と将来性
    2024年までは良好。昇給あり。長期的なポジションアップも練られてます。配置換えはあったがリストラは過去に無いと聞いてます。

    娘の年齢
    多少のロスはあるでしょう。一方、最も重視してる点は、将来、自立した大人になってもらう事です。その点では回り道だけど、言語の学習踏まえて貴重な機会と考えてます

    ドイツ語
    私はある程度出来ます。以前の滞在時は期間限定なので家族は積極性に学んでません。と言っても日常会話程度は出来ます

    老後
    私に何かあれば日本で加入済みの収入保障保険で対応可能。生涯賃金は、ドイツの方が2倍弱高いと予測しているので、リタイア後、マンション等を買う事は可能


    賃貸がベストと思いますが、ローンの契約上、賃貸には出せません

    単身赴任の可能性
    税控除が変わるので、手取りが20パーセント減。かつ二重生活になるため貯蓄が難しくなります。駐在では無いので赴任手当などありませんので無理です

    前回は駐在と書きましたが、細かく書けば留学です。会社のサポートはありません。周りは全員ドイツ人の研究所でした。狭いコミュニティではなく現地に溶け込んでいました。
    給与は100Kの間違いでした。ちなみに、全ての待遇を知り合いの外国人に見せて相談しましたが、99%の人がyesというべきオファー内容と言ってました。

    色々書きましたが、究極的には今の生活を続けるリスクをどの程度と考えるかだと思います。
    未来が無いのに、今の生活をやり過ごすのは無策ですし。一方、今の生活を続けるリスクは、ずっとリスクのままで結果オーライの可能性もあります。勤務先や業界の具体的な話が出来ないので、コメントが難しいかもしれません。高度専門職なので国内に絞らず探してました。海外に行けばオッケーとは考えてはいません。

    ユーザーID:6048222469

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • お子さんが気の毒

    キャリアについては他の方からたくさんのレスがつきそうなので、私はお子さんの教育について。

    以前1年しかドイツに滞在していないということは、日本人学校に行っていたのかしら。仮にインターに在学していたとしても、1年じゃ勉強についていくには全く足りないでしょう。すでに11歳になっているお子さんを、これからインターに入れるのは本当に大変です。仮に学校が受け入れてくれたとしても、お嬢さんは死ぬもの狂いで勉強しないとついていけません。

    今11歳なら移住する頃には少なくとも12歳。インターはミドルイヤーからはかなり勉強が大変になるので、おそらく、学年を2つぐらい落とさないと入学を許可されないと思います。お嬢さんは日本人で、日本に帰って大学進学、あるいは就職したいと本人が希望することも十分ありうるので、日本語のケアも必要です。

    お嬢さんが自ら、インターで頑張りたいと考えているのでなければ、11歳、12歳でのこのような環境の変化は本当に酷ですよ。1年間の語学留学とか、交換留学とは全く違うのです。本人に固い意思とやる気がなければ乗り越えられません。トピ主さんはすごく甘いと思います。

    また、学費ですが、年収10Kユーロでインターの学費を出せますか。3年目からはどうしますか。

    外国生活が楽しかったのは、たくさんの手当パッケージがついた駐在だったからでは。しかも超短期。奥様も、駐在時には駐妻さんたちと楽しく過ごせたかもしれませんが、今度はそううまくは行かないかもしれません。生活ぶりも格差を感じるかもしれません。奥様と娘さんが反対している移住はうまくいきません。悦に入っているのはトピ主さんだけなら、本当にやめておくべきだと思います。

    ユーザーID:7704112686

  • 就労Visa、毎回、更新できるかヒヤヒヤするかも…

    以前、独で現地採用され就労していました。
    今は分かりませんが、当時はNon-EUが現地採用されても幾ら条件が整っていても、就労Visaの申請が却下される事が多かったです。

    私は正規留学し取得した独の国家資格有、同業独人の失業者はいない+私が採用されたポストに独人及びEU出身者の応募はなかったと採用側が証明し、独での就労が許可されました。Visaを取りに在日独大使館に行ったら、駐在以外で就労許可が降りるのは凄く珍しいと言われました。

    私の場合、雇用契約がPermanentでも、就労Visaは1年毎に更新の必要がありました。
    外国人局の方は外国人の私に本当に親身になって手続きの仕方等、色々教えてくれましたが、労働局の方は周辺も含め穏やか・和やかとは言い難い雰囲気で、私はそこに行く時、書類に不備がないが何度も何度も確認し、面接で間違えた事を言わない様に慎重に言葉を選び、無事に更新されます様にと祈る・合格発表を待つような気持でした。

    毎年更新だと、長期的な予定が立て難いです。
    就労Visaが更新できなければ、期限が切れた後、直ぐに帰国しなければいけないと言われていたので、更新できなかった場合に備え仮住まい感覚で生活していた部分があります。
    Visa数回更新後に留学中に知り合い交際していた独人と法律婚し、ようやく家具を買ったり落ち着いて生活出来る様になりました。

    もし主様も毎年Visa更新が必要なら、学齢期のお子様がいらっしゃる状態で長期的に考えられないのは非常に厳しいと思います。
    インター校ですが…11歳なら、欧州の多くの国で現時点で既に中学生です。
    日本の様に授業を聞く、教わった事を暗記するスタイルではなく、色々な場面で自分の思考を言語化する事を求められるので、お嬢様の言語能力や性格によっては非常に辛いと思います。
    主様だけ先に行き、後から呼び寄せた方が無難だと思います。

    ユーザーID:6334963973

  • トピ主です

    みなさんコメントありがとうございます。
    適切な情報かどうかはご勘弁ください。

    都市
    Baden-Wurttembergの地方都市です(シュトゥットガルトではありません)

    前回の滞在
    駐在では無いため、役所や病院など大変な面もありましたが、最終的には妻も娘も帰りたくないと言ってました。現地では非常に充実した楽しい思い出ばかりですが、5年前なので現実感が無いと思います。前回との決定的な違いは期間限定か半永住か、だと思ってます。

    契約
    最初に書いてますが、パーマネントです。もちろん試用期間6ヶ月はありますが。雇用契約書は現在作成中ですので注意して見ます。


    娘は当然嫌だと示していますが、もし決まったら、その時は頑張ると話しているため少し心強いです。

    学校
    インターを基準に考えていますが、現地校も両方見てから決めたいと思ってました。
    (個人的には現地校→ドイツ大学が友人関係や言語の面で娘への負担が少ないかと思ってますが、現地校は勉強が厳しいのでどうでしょうかね)
    ちなみにインターは年間15K。会社補助が無くなっても支払いは可能です。子供へのサポートや言語教育が手厚いのでその点でインターは魅力的と思ってます。ただし、大学をどうするかは難しいですね、全くイメージしてなかったので。

    現地住居
    会社が暫定的に住めるflatを用意してます(6ヶ月間家賃なし)。その間にゆっくり探すつもりです。

    会社
    ドイツ系のグローバル会社。日本資本ではありません。

    ユーザーID:6048222469

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 移民になるのですね

    海外移住は、広すぎる言葉だと思います。
    トピ主さんは、言葉の通じない国に家族で移民したいのですね。
    その昔、多くの日本人家族がブラジルに移民したように。
    駐在と移民は、全然違いますよ。意識も、適用される制度も規則も。
    しかも、駐在経験はたったの1年。まあ研修(お勉強)ですね。

    独身だったらいいのですが、家族がいると、大きな覚悟が必要だと思いますよ。

    日本は二重国籍を認めていないので、いつか日本人をやめてドイツ人になるかどうかを悩む時がくると思います。

    ユーザーID:4101620096

  • 配偶者と親としてのサポートは?

    レス拝見しました。

    トピ主さんの状況とお気持ちはわかりました。ただ、事細かに「ご自分の」仕事や給与は書いているんですがお嬢様へのサポートをどうするのか、が書かれていませんね。
    自立した大人になって欲しい、とははて、どういう教育を与えるおつもりでしょうか?
    インターで高校まで行き、大学は英語圏に行かせるつもりなんでしょうか。あるいはドイツで移民として就職?まさか胸をエヘンと張って「娘の自主性に任せます」とか口走らないですよね?外国人として行きていくことになる以上、それ相応の心構えは必要でしょう。
    そこはもう11歳であるなら考えるべきところですよね。日本でも将来の先取りと言うべき中学受験となると遅めスタートの年齢です(中受などしないおつもりでしょうが)。
    知り合いで、現在アジア圏に住んでいてそこのインターに通学している方がいますけど、兄弟でも馴染める子と馴染めない子がいて、馴染めない子のサポートが大変らしいです。駐在は4〜5年なんですが、もしかしたらお子さんだけ日本に先に返すかも、と言ってましたね。英語堪能なお子さんだったんですけどね。

    奥様もそこが心配なんだと思いますよね
    ドイツに行って、「俺は仕事でお前は家と娘担当」とお嬢様の教育に関して丸投げされたらたまったもんじゃない。
    むしろ対外的な交渉は全て俺に任せとけ、妻は日々の暮らしを整えるだけでいい、くらい言ってもらえたら別ですけど。
    私なら「それならば」と思うかも。

    自分のことだけではなく、父親として夫として何をすべきなのかを考えていただけるといいと思います。

    ユーザーID:0658039386

  • ドイツ在住です。

    トピ文を読む限り条件等は揃っているように感じます。

    その上で1番重要なのはご家族の気持ち(とくに奥様)ではないでしょうか。奥様はなんとおっしゃっていますか?また、お仕事は?
    家族で協力しながら生活していく必要があるので、100%納得していないとあとで揉めることになりそうです。

    ご存知とは思いますが、個人的に感じるドイツ生活の大変な部分を書き出しておきます。

    気候ー1年の半分は寒く、暗い。気分が落ちます。
    言語ー生涯住むとなれば、習得が必須です。
    貯金ードイツ人らしい生活をすれば問題はないですが、日本人としてやりたいことも多いです。(日本食、日本への帰国、インターへの通学等)

    もちろんメリットもあります。教育的には日本にいるより国際的な人材を育てられると思います。

    ユーザーID:4898558330

  • 介護は?子供の将来の希望は?

    トピ主さんと奥様のご両親の介護は、問題ないですか?

    うちは、夫が海外(英語圏先進国)に、駐在員として赴任中です。
    妻(私)子は、子供の大学進学の観点から、先に日本に帰国しました。
    子供が将来(仕事)の日本暮らしを希望したためです。

    一人暮らしの義母がケガをして手術が必要になった際、手術の同意書へのサインができず(医師の話を聞いて病院でサインが必要)、私は同じ日本国内とはいえ、飛行機の距離で、子供の学校もあるし、困りました。
    1日遅れで、近県に住む義母のきょうだいに連絡が付き、なんとかなったのですが、こういう時に、身内が少ないと困るなと思いました。

    ご両親のことを任せられる人、日本国内にいますか?

    ユーザーID:1485893514

  • 給与に関してですが、、、

    私も研究職なので、何となく察しはつきます。月給10Kと思っていたのですが、年収100Kと言う事ですか?それとも、私の想像を超えた高給で、月100Kと言う事ですか?年収100Kだと、税引後か税引き前か良く調べられた方が良いと思います。

    私は、税務上、独身扱いになるので、最も税率か高く、損なのですが、ネットで100kとなる迄、長い道のりでした。年の内、自分の収入にはならない期間が5ヶ月以上有ると言うのは、結構、きついです。

    税引後、ネットの収入が100K保証されているなら、ご家族で移住されても問題ないと思います。
    それでも、裕福層の下の方と思える金額です。

    お子さんに関しては、私は、自分の経験も含めて、とても良いと思います。独立心、自立性に関しては、日本にいるより、遥かに成長すると思います。但し、折角、両親ともに日本人なので、日本語を含む日本的な所は、保持出来る様にした方が良いかな。私は、少なくとも、その辺り、相当器用に育ちました。

    後は、奥様です。いつでも、日本に一時的に帰国し、のんびり出来る手立てを作っておく必要は、トピ様にとってもマイナスではないとおもいます。

    私は、高校、大学を日本で、大学院、就職はフランス、やはり、子供に取っては、住みやすい方を選ぶ事になります。親は既に日本で悠々自適の生活になりましたが、親曰く、案の定、私は生まれた国に帰ってきました。

    これからの世の中、何処で暮らしても、暮らせる手段が有れば同じです。私は大いに応援したいです。

    ユーザーID:4767645499

  • 要するに。

    欧州在 30年を越す者です。

    最初のレスでは、ドイツ語がほぼ話せない、となっているのに、次のレスでは、日常会話が出来る、となっていますね。
    私はドイツではありませんが、ドイツ語を日常的に使う生活をもう何十年もしていますが、ドイツ語がほぼ話せないのと、
    日常会話が出来る、の差はかなりあると思いますけど。。。

    駐在と現地採用が違う、となれば、いや、留学していたから現地には溶け込める、とおっしゃる。
    留学と働くのは話が全然違いますよ。生活だって全く違います。

    要するに貴方は、皆さんが何を言っても、ドイツへ行く事のメリットのみしか見えていないわけですね。
    いいでしょう。働くのは貴方です。ドイツでの仕事も魅力的でしょう。
    でも、貴方は一人ではないんですよ。ご家族はどうでしょう?

    40歳を過ぎてからのドイツ語の勉強は相当大変でしょう。
    お嬢さんも11歳と言う事であれば、日本でもう仲の良いお友達がいる事でしょう。それを全てなくして
    新しい国の新しい学校に入るのは、相当厳しいです。ちょっと回り道なんてものじゃないと思いますよ。
    言語の面で貴重な体験、なんておっしゃってますが、日本語をキープしながらドイツ語を学ぶのは
    とても大変で、その努力はお嬢さんがしなければならないんです。
    語学なんて、住んでるだけで何もしないで、出来るようになんてなりませんよ。

    ご家族が賛成なら良いと思います。
    でも、ご家族が行きたくないのなら、お一人で行くか、止めるかのどちらかしかないと思います。
    海外で、ましてや、現地採用で生活して行くのには、本人は勿論、ご家族も相当な覚悟が必要です。

    貴方のやりたい事、イコール、ご家族のやりたい事ではありません。
    特にお嬢さんの事をもっとよく考えて差し上げるべきと思います。
    海外での生活は甘くありません。ご家族とよく話し合って下さい。

    ユーザーID:8988695124

  • 身勝手すぎ

    そんなに行きたきゃ一人で行け。
    自分の都合を家族に押し付けるな。

    ユーザーID:6541113268

  • トピ主がオファーを受けるのと家族帯同は別問題

    >全ての待遇を知り合いの外国人に見せて相談しましたが、99%の人がyesというべきオファー内容と言ってました。

    私もトピ主あてのオファーをみせられて相談されたら、良い条件だし受けてみたら、と言うと思います。実際良い条件だと思います。でも、家族帯同を考えている、と言われたら、じゃあ奥様とお嬢様に相談したら、としか言わないでしょう。それは問題が違うからです。トピ主一人で意思決定できる問題と、家族として意思決定しなくてはならない問題を混同してはいけません。それは問題のすり替えです。

    たとえ他人100人に聞いて100人ともYesと言ったとしても、奥様とお嬢様がNoなら、家族として一緒に行くことはできません。トピ主がトピ主家のリーダーであることは間違いないでしょうが、家族はリーダーの言うことに盲従する必要はないのです。

    どうしてもオファーを受けたいなら、説得工作に失敗しているようなので、単身赴任を納得してもらうことです。海外生活は向き不向きもありますし、お嬢さんの年齢も微妙です。彼女の意思を確認した形跡もないですし、ちょっと暴走気味に見えます。

    ユーザーID:3228990955

  • トピ主さんは、賛成してもらいたいのですね。

    あなたの前のめりな姿勢が伝わってきます。確かにエキサイティングですよね。

    この移住を最終的に決定するのは、トピ主さんご家族ですから、私は娘さんの教育についてだけ助言を差し上げます。私は子供二人に多言語教育を施しましたし、たくさんの家庭も見てきました。そのことから言えるのは、11歳(こちらでは中学生になります)から外国語で教育を受けて、その言語が本当に体に馴染むまで、5−6年はかかるということです。娘さんが最終的に現地の同年齢の子供たちのレベルになるには、本当にそれぐらいかかります。3歳から現地に住んでいても家庭の言語が日本語だと、中学生になっても現地語に苦労している子供はかなりの数存在します。それが現実です。英語ならまだ習得しやすいですが、ドイツ語となると文法を完璧にするだけで何年かかることか。トピ主さんの娘さんが現地校に通うとなると、その曖昧な言語能力でエッセイを書き、数学の文章問題を解き、生物、化学などの単語を覚えて試験に臨まなければなりません。それは膨大な量の学習です。小学校低学年で始めるのとは訳が違います。娘さんにそれだけの学習を強いるのでしたら、トピ主さんご夫婦は彼女のサポート全力で行う必要があります。そうでないと、娘さんはとても辛い学生時代を送ることになります。

    あと、100kというのは手取りですか? 100kで子供をインターにやって、日本食を購入して一年に一度は日本に家族で帰国となると、あまりゆとりはありませんよ。おそらく貯金もほとんでできないのでは。

    以前の滞在でご家族が『帰りたくない』と言っていたのは、旅行でハワイに行って『まだ帰りたくない』というのと同じ意味だと思いますが。期間限定なら人間は楽しめるものです。

    私は10代から海外で教育を受け働き、30年になります。トピ主さんのようなご家庭はたくさん見てきました。
    移住で一番大変なのは子供です。

    ユーザーID:5522551687

  • 留学なら「貴重な機会」かもしれないけど、永住ですよね??

    私も娘さんのことが心配です。

    中学校から使用言語が変わるのは一番厳しいと思います。
    外国語での勉強は簡単についていけないし、日本語も初等教育が終わりこれから充実していく時期に勉強する機会を失ってしまうし。

    私は英語圏に住んでいて、同じようなお子さんに何人かあった事がありますが、みんな勉強は本当に苦労しています。
    英語の成績はどうしても平均以下になるため大学受験も文系は難しく、理数系も最近は非英語圏の移民が多いという理由で英語の評価が重要になっています(理数系で大学に入っても語学面で授業についていけない生徒が多くなってきたため)。
    かと行ってもう日本の日本人としての進学や就職は望めないし。

    「貴重な機会」「海外経験が将来の糧になる」のは日本に帰る予定のある短期留学の場合で、ほぼ永住予定なら「語学の不自由な移民」で終わってしまいかねません。しかも日本語も不自由になりますしね。
    もちろん特別に語学が得意な子もいるので、トピ主さんのお子さんが運良くそのタイプなら問題ないかもしれませんが、それをあてにして引っ越すのはあまりに酷だと思います。
    もし日本人学校があるなら、そちらにいく方がいいですよ。
    日本人としての進学・就職の幅が広がると思います。

    トピ主さんは金額的な損得ばかり考えてますが、家族や子供にとって何が幸せか、ちゃんと考えてあげてくださいね。
    給料がアップするぶん、自分の老後以前にちゃんとお子さんの教育に投資してください。

    ユーザーID:3825280279

  • せめてデュッセルドルフだったら‥‥

    これまでドイツ ― ベルリン、ミュンヘン、シュトゥットガルト、NRW州(デュッセルドルフ、ケルン、ボン、ドルトムントなどがある州) に大学来30年ほど住んでいる者です。

    ご存じのようにデュッセルドルフには沢山の日本人が住んでいます。日本人学校も高校まであって(中学.高校は現地のギムナジウムに組み込まれている)、日常の生活も買い物もImmermannstrの様に殆どの事が日本語で済ませられる。子供さんは将来、ヨーロッパの大学に進むか日本の大学を選ぶか、どちらへも進める資格、可能性も得れます。
    また将来の老後の事ですが、現地にはドイツの医療保険機関と協力関係を結んでいる永住者組のための老後や介護を支える日本人会もあります。

    現実的には、まずご家族でデュッセルドルフにお住まいを構えて、最初は少なくとも日本語の通じる環境でそれぞれに頑張ってもらって、トピ主さん主さんはStuttgart方面へ「出張」と言う形なら‥‥実現出来ない事はないと思います。

    実際に私達家族の友人夫婦がこの10年の間、親の介護の為にBW州に戻って、夫は仕事がある時はNRW州のビジネスホテルに泊まり込んでBWーNRW間を通っています。(その為のドイツ.アウトバーン!)

    ドイツ資本の会社の場合、最大の長所は有給が(6週間)堂々と使えて、年間ですれば家族と過ごせる、旅行できる時間は日本よりもあることでしょうね。

    皆さん娘さんが可愛そう‥‥などとのレスもありますが、これからの日本‥‥日本国内に住んでいたとしても、将来の保証なぞどこにもありません。大学そして就職など‥‥いずれ外国人との競争社会になるのは避けられないと思います。

    ユーザーID:6476610079

  • 聞く耳もってる?

    2度目のレスです。
    トピ主さんのレスを読みました。

    もうご自分のなかでは決まっていて、他のこと(子供のことを含めて)は「どうにでもなる!」っていう勢いで、ここで書かれている皆さんの言葉も耳に入ってない、という印象を受けました。(そんなことはない、と仰るでしょうけれど)。
    あと、頭の中がやっぱり日本企業仕様ということ。
    自分の都合の良いように楽観的に解釈するのではなく、もっとシビアに見るべき(特に雇用と諸経費)です、、、が、舞い上がっちゃってるから、無理かなぁ。


    皆さんのコメントで共通しているのは、ご家族の気持ちをないがしろにしないように、ということです。
    私なら、まず自分だけドイツに渡り、1−2年様子を見る。
    そのうえで家族を呼ぶか、単身赴任を続けるか、日本に帰るか家族で話し合って決める、というように段階的に考えます。
    移住してすぐは自分も仕事に慣れるのにいっぱいいっぱいなのに、そこに家族の問題が入ってくると、かなり大変ですよ。


    決めるのはトピ主さんですが、家族を尊重してあげてくださいね。
    自分の夢を家族に押し付けないように祈っています。

    ユーザーID:5147736738

  • 気候・教育・相性

    フライブルク近郊に住んでいます。昔は違う州の日本人駐在員の多い都市に住んでいました。
    中学生の娘がいます。ずっと現地校です。
    ご存知だと思いますが、ドイツは5年生から学校が分かれます。
    ギムナージウム、レアルシューレ、ハウプトシューレ・・。
    大学に行こうと思うとギムナージウムの卒業試験に合格しなければなりません。
    特殊な学部でなければ、それが大学入試のかわりです。
    ギムナージウムは成績が悪いとドロップアウト、その後退学と、日本と違って卒業すること自体が大変です。
    ドイツ語ができなくて、11歳から現地校に通って、大学に行こうとすることはかなりの苦労が伴うと思います。

    教育方針の違い。ドイツではクラスの皆で協力して何かをやり遂げるというような教育はありません。
    個人主義です。お行儀もよくありません。礼節は関係ありません。
    自分の言いたいことは主張しますが、人の意見はあまり聞いていません。
    娘は日本の中学を短期体験し、クラスの一体感や先生とのやり取りなどうらやましいと言います。


    天気の悪い国です。太平洋側の天気の良い地域に育った私は冬はかなり気分が落ち込みます。
    日本の優しい自然は、こちらに住むようになってから素晴らしいものだと気づきました。

    日本食を料理することは田舎では難しいです。
    ともかく野菜の種類が少ないです。魚はお店で売っている段階で臭います。
    日本の食生活はヨーロッパでも健康だと言われていますが、
    その通りだと思います。
    日本帰国時はドイツにいる時よりもいろいろ栄養がとれるなあと毎回思います。

    歳をとっていく両親が心配です。

    ドイツでの利点も沢山あります。この辺りは自然が豊かでのんびりしています。
    今回はドイツに住んでいる私からの日本のうらやましい面を書いてみました。

    ユーザーID:3445223765

  • 無謀だと思います

    お隣の国で、40年住んでます。日本から来るいろんな方達を、見てきましたが、30歳過ぎで来る方は、言語も身に付かず、それが理由で数年で帰国するケースがほとんどです。特にご家族での場合は、もっと帰国が早くなる傾向があります。
    私は、既にリタイアしていますが、現役の時の所帯年収は、平均的に150Kでした。社会保険と所得税等を除くと、手取り100Kに近い金額でした。
    家族3人で、余裕がある暮らしかというと、普通の平均的な家族の暮らし程度で、倹約をいつも心掛けていました。

    こちら生まれの息子は、こちらの大学院を終了して、日本で就職し生活しています。

    お嬢様の場合は、11歳、既に思春期のはじめですね。自我が確立しているこの時期に、住む国を変えるというのはいかがなものでしょうか。
    私の息子は、彼自身で住みたい国を大人になって選びました。

    言語が、ネイティブ並みに身につくのは、10歳までです。
    ネイティブ並みに身に付かないと、将来高等教育は受けられません。
    それには、ご家庭でご両親もある程度、現地語を現地の平均的な人並みに身に付けていることが前提です。

    今は、ご自身の事より、奥様とお嬢様の事を、お二人の幸せを考えることが大切です。

    ユーザーID:7325239519

  • 行きたいんでしょ

    行きたいんでしょ、そうレスに書いてあります。
    だったら行ったら良いですよ、あなただけでも。
    1年だったらそりゃ帰りたくないくらい楽しいでしょう。でも家族は今度は永住ってことで悩んでいるんですよ。
    というか、転職活動する時にこのことって話しなかったんですかね。海外移住もありえるよ、とか。
    家族からオッケー出てから海外も視野に入れて転職活動したら良かったのに。
    結局トピ主さんがドイツの楽しい思い出を忘れられないだけって感じがするなー。
    そりゃお子さんは行くとなったら頑張る、と言うしかないよね。だって親に養ってもらっている身だもの。
    でも相当不安だと思うよー。
    なんか、稼ぎ頭は俺なんだから俺様の言うこと聞け!って感じで嫌だなー
    なんども言うけど、なんで転職活動する時に海外も考えてるよって最初に言わなかったのかな。

    ユーザーID:2378728514

  • Go for it!

    何故ここで相談するのか不思議ではありますが、良い条件であるのなら行くべきでしょう。
    大事なのは家族と離れて暮らしてはいけない事、行くのであれば奥さん娘さんと常に協力し合って心を通わすこと(今以上に!)
    大変な事も多々あるでしょうが、頑張って家族で乗り越えて下さい。(良い事もたくさんあると思います)

    ユーザーID:9049114440

  • ドイツをお勧めします

    ドイツに住んでいました。今は米国に住んでいます。海外に住んで、たまに日本に帰ると痛感させられるのは、日本は(会社も人も)どんどん貧しくなっているという事と、外国語教育が遅れていると感じます。この10年くらいは暗いニュースばかり。少子高齢化でこれからますます日本は大変になってくると思います。日本の大学を卒業しても、海外で良い仕事を見つけることが出来るのは、ほんの少数の人だけでしょう。日本国内でも見つけるのは大変です。研究職なら、ドイツのほうが良いように思います。日本では大学も企業も研究に大きなお金を使える体力が無くなっているようですから。仮に数年後ドイツでの仕事を失っても、ヨーロッパ、北米等でも見つけやすくなるかもしれません。娘さんの教育もインターからドイツの大学に入ることが出来れば、学費も心配しなくて良いでしょう。ドイツの大学は概してレベルが高く、理系であれば世界中の会社等で仕事が見つかる可能性が高いです。100kという年収はドイツ人にとっても高い収入だと思いますが、半分近くは税金にとられるので、覚悟しておいてください。その代わり、医療費や老後の心配は(ドイツで永住する場合は)心配する必要がないでしょう。娘さんのインターの学費は税金で控除されるかもしれませんので調べておいたほうが良いです。

    ユーザーID:6107364311

  • 身勝手ですね

    二度目です。

    他の方も指摘されていますが、記載内容に不整合がありますね。

    契約書作成段階で、2024年まで雇用が安定とは不思議です。
    ドイツは労働者の権利が強く保護されていますので、本採用となれば契約有効期間は安泰です。
    その分、試用期間で終了というケースも多いです。

    ご一家で移住されるなら、無期限契約が提示されていなければ「雇用の安定」は確保されていないと考えるべきかと。

    トピ主様単身でドイツへ行かれるなら、試してみたら良いんじゃないというオファーだと思います。
    ですが、ご一家で移住となると、娘の将来よりも自分の希望を最優先する身勝手な父親、という印象です。
    それ以前に、年齢、経験を考えて、契約期間が無期限でなければ、ちょっとどうなのかな。と思います。

    奥様とお嬢様が、無理ならいつでも日本に戻って生活できる。
    そのような準備をされてなら、ご家族揃っての移住を実行してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4339489243

  • 現地校

    レス2まで読みました。

    現地校も検討しているとは驚きました。ドイツの学校制度にはあまり詳しくありませんが、11歳か12歳ならもう、将来の進路によってコース選びが終わるころですよね。ドイツ語ほぼゼロで渡独するお嬢さんは、どのコースに行かせるつもりですか。大学進学コースは希望すれば入れるんですか。でも、卒業できますか。

    もしお嬢さんも連れて移住するなら、進学先はインター一択だと思います。インターなら英語での学習がメインなので、もしお嬢さんがどこかの時点で日本に帰ることを選択した場合でも、英語を学習言語にしておけば無駄にはなりません。

    インターでIBDPを修了するのも大変ですし、最後の試験で高スコアをマークするのは言わずもがなですよ。前のレスにも書きましたが、ちゃんとしたインターなら、お嬢さんのような生徒を、最初から年齢相当の学年には入れないと思います。お嬢さんのためにならないから。

    通わせたいインターの心当たりがあるなら、移住を決める前に、きちんと問い合わせてください。11歳で学習言語をゼロに戻すのに、大学のことなんて考えていないなんて驚きます。お嬢さんがこれから置かれる状況は、研究者が英語で論文書いたり研究するのと違いますよ。全ての科目を英語で学び、議論し、レポートを書かなければならないのです。そこの違い、わかってますか。日本の学校みたいに受け身で授業を聞いて、試験がよければOKな授業スタイルでもありません。

    移住を決める前に、もっと色々リサーチしてください。11歳でドイツ現地校なんて言っている時点で、自分のことしか頭にないのがよくわかります。

    ユーザーID:7704112686

  • どうかな

    批判が殆どですけど、私は長期的に考えればそんなに悪くないと思いますが。
    私も隣の国に住んでます。
    ドイツとは違いも色々あるでしょうが、欧州は住みやすいと感じています。
    人口密度も低いですし、大学には本当に勉強したい人だけ行きますし。
    日本みたいに嫌々とかなんとなく、で行く訳ではないですから目的意識が高いですよ。
    まずは1年ぐらい皆んな一緒にドイツで頑張ってみたらどうですか?
    その間、日本の家は残しておく。
    一年経ってどうしても駄目だったらご家族には帰国してもらう。
    財力的にそれぐらいの余力が無ければ最初から止めた方が良いかと。

    ユーザーID:2565458485

  • お嬢様の進学だけではなく、就職も考慮した方が良いですよ。

    >現地校→ドイツ大学
    を望むならギムナジウム、アビトゥーアを目指さなければなりませんが…
    お嬢様の年齢なら既にギムナジウムは始まっているので、独語ゼロでは大変だと思います。その上、外国語の授業もありますよ。言語が得意な生徒は、外国語として2言語くらい学んでいます。私の夫はギムナジウムで英語、仏語、大学で西語とラテン語(欧州にはラテン語必修の学部が幾つもあります)を学びました。
    日本・独語だけでも大変ですが、外国語が加わっても主様ご夫婦でサポート出来そうですか?

    >インターは魅力的
    教育言語=英語ですよね?
    IB?GCSE?等、何歳で何を受験するのか、学校の受験対策について確認をお勧めします。

    進学だけではなく、就職も考慮した方が良いと思います。
    ご存じの様に、英国はEU離脱に向け動いています。
    予定通り離脱しEU市民のフリームーブメントが終了した場合、その後も学生の【留学】は可能だと思いますが、外国人料金(英国人の約3倍)になると思います。
    今でも就労Visaは発給数が厳しく制限され激戦、特殊技能で就職内定してもVisaが貰えない状態、英国をEUの拠点にしていた企業は他国移転・縮小が進んでいるので、お嬢様が大学卒業後に英国で就労するのはかなり難しいと私は予想します。
    米国等、他の英語圏も移民問題の関係でVisaを得るのが難しくなっています。

    そして成人後も日本国籍のままなら主様の家族として滞在ではなく、お嬢様ご自身の在留資格・許可が必要になると思います。例え永住権を取得しても規定以上の期間、国外にいると失効になる国は多いので、大学で独を離れた後に独に戻る事が出来るのか確かめる事をお勧めします。

    各国、国際・国内情勢によって割と簡単+頻回に移民法は変わり、今は厳しくなる一方なので最新情報を収集して、お嬢様が路頭に迷わない様にプランB,Cも用意してください。

    ユーザーID:6334963973

  • 一言だけ

    私はチャレンジしても良いと思いますが、一つだけ。

    「終身雇用」的な期待はしない方が良いです。
    「外資だから」と言うわけではなく今の世の中、どこの企業でも同じ。
    「過去にリストラしたことないから」将来しないというのは非常に安易で危険な考え方です。
    企業買収でも受ければ社風も制度もころっと変わります。

    そのリスクは想定すべきです。

    ユーザーID:0264577568

  • タイミングが悪い

    私も仕事仕事の人間なので、魅力的なオファーを断りたくないという気持ちはよくわかります。

    でも、正直、遅すぎます。

    家族全員で永住覚悟でドイツに行くなら、子供がもっと小さいうちでないと。
    あとせめて5年早ければ、、、英語もドイツ語もなんとかなったかもしれません。

    家族をもっている以上、こういうことにはタイミングというものがあるんですよ。
    子供を国際人に、というのは、とってつけたような理由にしか聞こえません。
    日本育ちでも国際的に活躍してる人はゴマンといるし、逆に外国で教育を受ければ皆国際的かいったら、まったくそんなことはないでしょう?
    学力中途半端な移民の子になるリスク、かなり大きいですよ。

    それでもどうしても家族を連れて行きたいなら、
    1年間一緒にがんばってみて、もし難しければ妻子は日本に帰ってよい、という条件でしょう。
    そのために日本の拠点も残しておく必要があります。
    それだって、お嬢さんとしては日本の教育を1年棒に振るわけです。
    最初の1年、お嬢さんのサポートを自ら万全にするのはもちろんですよ。あなたも新しい仕事で大変でしょうが、妻に丸投げでは話になりません。第一、奥さんもドイツ語が話せないなら子供も同然で、あなたは奥さんのドイツ定住化も支援していかなければなりません。

    実際、想像以上に大変だと思いますよ。

    ユーザーID:1181117426

  • 家族の気持ちに向き合ってください(特に奥様の)1/2。

    夫が日本の会社を退職し、以前駐在で3年滞在していた国の会社に就職しました。現地ローカルの会社の現地採用。欧州、ドイツ隣国。年齢は2人とも40代です。

    同じ国、同じ街に住んでいますが、私自身、見える景色、感じ方がこんなに違うとは思いませんでした。3年滞在していたといっても駐在員としてではやっぱりお客様。お気楽な立場だったんだなぁ〜と今になってしみじみ思います。

    無期限滞在となり、自分自身の足場を作ろう、働こうと市の職安に行きましたが、この国の職業訓練を受けていない人、EU市民ではない人には門戸すら開かれていいない現実を前に、どなたかがレスで書いていましたが、自分はここでは「言葉の不自由な移民」以外の何者でもないのか、という事実に愕然。

    語学学校で一緒だった移民や難民の人たちは、口コミやスーパーの掲示板などにチラシを張って各家庭の清掃の仕事を得たりしていますが、日本でそこそこキャリアを積んできたという変なプライドが邪魔をしてそれもできず。今自分にできることをほそぼそとはやっていますが、これから少なくとも25年近くこれでいいのか、と思うと今でも自分の足場が定まらず、焦り、不安、そして孤独な気持ちになる日々です。

    また、賃金もうちも年間100kユーロ強なのですが、税金、社会保険、健康保険を払うと手取りは半額強になってしまいます。駐在員時代の社会保障は日本の会社にいた時と同じだったので、現地の制度に組み込まれ、手取りになるとこんなになっちゃうのか〜と愕然。日本への一時帰国なども考えると決して余裕のある額ではありません(ちなみに両親の健康問題があり、今年は3回一時帰国しています。40代はだんだんそういうこともでてくる年代ですよね)。

    ユーザーID:9445549838

  • 家族の気持ちに向き合ってください(特に奥様の)2/2。

    また、日本の周りの反応も、駐在員のころはうらやましいという感じでしたが、無期限滞在の話をした時の反応は、ほとんどの人が「ゆきは、それでいいの?」でした(そりゃ、そうだよなと思います)。

    私自身、このときの決断に一点の曇りもないし、日本でくすぶっていた夫が水をえた魚のように活き活きと働いているのが喜びでもあり誇りでもあるので、いくら「ゆきは、それでいいの?」と言われても、「うん」と自信を持って言えますが、自分自身の気持ちが納得せず、夫に引きずられて来ていたら、その言葉にすごく揺れただろうなあと思います。

    ただ、私がこの決断に後悔がないと言えるのは、うちには子どもがいなかったから。子どもがいたら無期限滞在の決断はできなかったなあと思います。

    もし子どもが男の子で、小学生低学年までだったら違うかもしれませんが、女の子で11歳だったらないなぁと思います。学校の勉強もさることながら、おしゃべりが主体になってくるこの年齢の友達関係が大変そうです(男の子だったらサッカーがうまい、とかでなじめちゃうところもあると思いますが)。

    どなたかも書いていましたが、ここでは21歳になったら子どもは自分の力で滞在許可をとらないと国に滞在できません(ドイツのことはわからないので事前に確認してください)。両親が外国人、でも自分自身はこの国で生まれてずっと教育を受けてきたという人も多いですが、両親がEU出身ではない人は、自分の将来やキャリアを築くのが大変そうです。就職は、同等の実力だったら自国人、EU人が優先されるので。(博士課程の知人もいますが大変そうです)。

    ユーザーID:9445549838

  • 家族の気持ちに向き合ってください(特に奥様の)。最後に

    また、visaですが、会社としての契約はpermanentとあっても、ここでは国としての労働許可証の更新は永住権を得るまでは一年ごとなので、いくらその人を会社が求めていても国が認めなければ更新できず、即刻帰国です。また、position closeと言って、部署ごと閉鎖になってチーム全員解雇ということもしばしばあります(現地の大企業に勤めていたイギリス人の知人は、これにあって帰国しました)。

    ちなみに夫にこのトピックの話をしました。

    始めは「いいんじゃないの〜」と前向きな感じでしたが、11歳の女の子がいて、家も買っているんだって、と話をしたら「う〜ん。そりゃドイツでの就職は魅力的だけど、家族がいてこそだからなあ。どんなにしぶしぶでも奥さんと子どもが首を縦に振らなかったら、自分だったら日本国内で転職先を探すかな」と言っていました。また「もしみんなで納得してドイツに行ったとしても、家族が無理だったらすぐに日本に帰るかな」とも。

    娘さんもすごく不安だと思いますが、その娘さんの不安な気持ちをケアして、異国で生活していくキーパーソンは奥様です。奥様は娘さん以上にとっても不安だと思います。どうか条件ではなく、奥様の気持ちにしっかり向かい合って、奥様の話を聞いてあげてください。

    正解はありません。主さんの家族にとってベストな方向に進むといいですね。

    (くどいようですが、「主さんにとって」だけではなく「(主さんも含めた)家族にとって」ですよ!)

    ユーザーID:9445549838

  • インターや現地校は受け入れてくれますか?

    うちの子が通うインターは、11歳だと年齢相当の英語力がなければ、受け入れてもらえません。
    英語力のない子を受け入れてくれる学校は、数年の思い出作り(と言ってもなかなか苛酷)のための学校です。
    転校を前提に、英語の基礎作りをする学校と捉えることもできますが、それだと大学入試に間に合うか、大いに疑問です。

    あと、ドイツは外国人が現地校に通うハードルは低いですか?
    私が以前住んでいた国は、良い学校に通うには、家賃の高い学区に住む必要があって、現地の人でさえウェイティングリストがありました。
    その前に住んでいた国は、そもそも現地校は外国人の受け入れ人数に上限がある上、試験(授業についていけるか)が課されてました。

    永住だと力まずに、一つの案として日本人学校から日本の大学への進学も視野に入れてらっしゃるなら良いと思います。11歳で教育言語を変えることは重い決断です。

    ユーザーID:1544789946

  • お子さんの教育

    もう大昔になりますが、ドイツでゲーテの夏季講習を受けました。
    そこの上級クラスに、日本人の高校生のお嬢さんがいらっしゃいました。お父様の仕事で来られて、その時点で何年在住なのか聞いていませんが、ブラッシュアップの為の受講とのことでした。印象に残っているのは「周りの子たちは、『アビトゥーア、アビトゥーアって、目の色変えて殺気立っているんですよね。」という話でした。
    ドイツで育った子たちでも、必死に頑張らなければならない試験を、今からドイツ語を本格的に勉強する娘さんが太刀打ちできるのかは未知数です。

    私は在米なのですが、親御さんの仕事で海外を渡り歩く生活で子供が振り回されるのを避ける為、日本で寮のある学校を選ばれるケースを見てきました。
    高校からが多いのですが、中学から受け入れるところもあるようです。
    ドイツ行きの決心が固いなら、まずお子さんをインターに入れて(現地校は考えない方が良いです)みて、高校からは状況によっては日本の学校に入るというオプションも考えてみては?

    ユーザーID:3681928882

  • 成功の鍵はご家族のメンタルケアです

    ドイツ在住歴の長い主婦です。

    トピ主もドイツに住んだことがあるのでご存知かもしれませんが、ドイツは何かと税金が多い国です。年収はいい方だと思いますが、Baden-Wurttemberg 地方での主さんの1ヶ月の手取りは大体5,5Kユーロくらいだと思います。地方都市なので住居費は大都市に比べ断然安いとは思いますが、それでも娘さんのインター費は安くはないですね。現地校だとドイツはタダですよ。2年間会社で補助のある間にインターへ通い、ドイツ語に慣れてきたら現地校に移るのもアリですね。物価はそれほど高くないので、良い暮らしはできると思います。私は日本食は高くなりますがデュッセルドルフから取り寄せ、刺身や魚はオランダから取り寄せてますので日本食には不自由しておりません。

    1番の心配は奥様と子供さんのメンタルケアですね。やはり本人達が嫌がっているのを無理矢理連れてくるのであれば、遅かれ早かれ絶対うまくいかないと思います。その確率は主さんが述べた日本の雇用不安定要素などをはるかに超えるものなので、仕事は上手くいっても家族がバラバラになる事を覚悟したほうがいいと思います。駐在員として来ておられるご家族達は、期間限定なので近隣諸国を旅行したりして楽しんでおられますが、やはり永住となると話は別です。私の主人はドイツ人なので永住覚悟ですが、やはり日本が恋しくなりますよ。一昔前に比べると、ネットがあるので不自由しなくなりましたが。

    とにかく、労働条件よりも何よりも、主さんがご家族を説得できるかどうかにかかっていますね。。奥様とメリット、ディメリットを書き出したり、まず3年頑張ってみてダメなら戻るという逃げ道を作っておいたほうが賛同しやすいと思います。応援しています。

    ユーザーID:4621891895

  • 家族とのドイツ生活をもっと具体的にシミュレーションしよう!

    家族と共に永住を視野に入れてるのならば、もっと具体的にいろんなことを調べて、奥さんとあらゆる角度から生活のシミュレーションをすべきです。

    1)現在ドイツに定住する外国人には、ドイツ語学校での学習と、検定試験への合格が義務付けられているはずです。駐在員とその家族にはこの義務がないのですが。ご存知でしょうか?ご家族にドイツ語学習の意欲がかなりないと、長期滞在や永住は無理でしょう。私は30年住んでいてドイツ人から褒められるほど自然なドイツ語が話せますが、それでも自分の思うように全てを話せてるわけではなく、とてもストレスフルです。言語が違えば思考回路も変える必要があるし、語彙力表現力ともドイツで生まれ育った人のようにはいかないからです。役所関係のドイツ語もまた特別で、いまだに人の助けが必要なことが多いです。そういう不完全燃焼状態でも、気にせず前向きに生きられる性格じゃないと難しいです。

    2)私自身ドイツ人と結婚し二人の娘(ギムナジウム12年生と9年生)がいます。ご存知の通りドイツの学校教育はシビアで、5年生(11歳)から成績により進学先が分けられてしまいます。研究職の主さんの娘さんだからおそらくギムナジウムをお考えでしょうが、学力以前の問題として語学力で「中卒就職が目標の学校」に入れられる可能性もありです。そこで頑張りどんどん成績を伸ばし1,2年後にギムナジウムへ転校する難民の子供たちもたまにいますが。ドイツ生まれの子供にとってもギムナジウムの学習内容は難しく、毎年多くの子が落第し同じ学年をやり直したり、レアルシューレへの転校をしてます。
    娘を将来自立した人間にという希望はよくわかりますが、娘さんの忍耐力、家族の生活結束力、環境(友人、住、職)などの幸運、すべてがある程度揃わないと、主さんの意欲だけでは無理でしょう。

    ユーザーID:2405738651

  • 娘さんの学校について

    主さんが本気でドイツ永住を考えてらっしゃるなら、オファーの返事までに時間があまりないかもしれませんが、それでも短期間の間に多くの現地情報を集めてできる限りのシミュレーションを奥さんとされることは可能・・・というか必然事項だと思います。この過程を疎かにしたままドイツ行きを決行されると、後々大変なことになる可能性は大きいです。

    娘さんの学校について少し補足します。ご参考になれば。
    最近はドイツの子供たちの多くが、初めからギムナジウムでなくレアルシューレに入学し、10年生で卒業後はギムナジウムに転入したりBOS,VOSといわれる2年制の学校へ入り、アヴィトゥーアを目指し大学生になる・・・という選択をしてます。なぜならレアルシューレの方が学習が楽だからです。余裕のある子供時代を送らせたいと願う親の気持ちもあります。主さんの娘さんも、とりあえずこのレアルシューレを目指すとよいかもです。

    私立のシュタイナー学校の選択もありです。この学校では8年生まで点数評価やテストがありません。娘さんも8年生14歳まで語学力をつける時間が持てます。手仕事や芸術作業を通して各教科を学ぶし、子供たちもかなり個性的なので、日本からの転入生も受け入れられやすい環境だと思います。ただし各シュタイナー学校により違いが多々あるので、もし移住先の近くに通えそうな学校があれば、実際の内容を事前に調べてみてください。

    以前の滞在時に親しくなったドイツ人家族がいらっしゃいますか?今回移住した時に、いろいろ親身になってくれそうなドイツ人が知り合いにいれば、かなり助けになります。全て自分たちでしなければならない状況だと、かなりの体力気力、精神力が必要です。

    ユーザーID:2405738651

  • 現地校は厳しいと思う

    ドイツに限らず、海外移住には必ず大小の問題がつきまとうものですが、家族全員乗り気だというならそれもありだと思うんですよね。でも今の状況で移住を強行したら、何か問題が発生した時奥様・娘さんとトピ主さんの間に溝ができませんか?

    トピ主さんはドイツの現地校から大学に進ませるのが娘さんにとって負担が少ない道だとお考えのようですが、私はむしろ逆だと思います。インターもそれなりに大変でしょうが、英語はまだ娘さんも馴染みがあるでしょうし、何よりドイツ語よりも簡単です。外国人家庭や外国人に理解ある家庭のお子さんが多いでしょうから、友人関係も築きやすいものと推測します。そしてこれが最も重要なポイントですが、インターは11歳の時点で進路がわかれていません。

    対してドイツ現地校は・・・11歳と言えばすでに小学校を終えて、各々進路に沿った学校で学んでいる年齢です。ここでドイツ語ができない子がギムナジウムに入り込むのは至難の業だと思います。仮に娘さんを留年させて小学校から通わせたとしても、1〜2年でドイツ育ちの子を凌ぐドイツ語を習得させるのは無理があると思います。

    また進路の決まる4年生のプレッシャーは相当なものです。ギムナジウムに入っても、最初の1〜2年は落ちこぼれないようにとこれまたプレッシャーが大きい。実際ついていけずに転校する子が多いのも最初の2年だそうです。現地の子でさえそんな感じです。そういう一番微妙で難しい時期に娘さんを現地校に放り込むのは、本人がどうしても挑戦したいと強く希望しているならまだしも、そうでない(むしろ嫌がってる)場合相当な負担になると思います。

    娘さんの将来はこれから決まるのです。最近よく教育移住の話を耳にしますが、ドイツへの移住はタイミングを間違うと子供の将来の可能性を潰しかねないと思います。移住されるなら、その点しっかり考慮してあげてください。

    ユーザーID:6703833993

  • いいと思う

    ネガティブな投稿が多いですが、私は応援します。私がある国に移民したのは、子供の教育環境を考えてです。条件的にはとぴ主さんの方が比べ物にならない程いいと思います。チャレンジしてみないと分からない、ダメなら日本に戻ろうと言う気持ちでしたがどうにかなりました。結果的にはよかったと思います。自国に帰れない方々もいる事を考えると、仕事を選ばなければ日本に戻ってもどうにかなるという選択肢があるのは、まだ恵まれています。

    どんな国にも問題は有ります。日本には日本の良さもあります。でも外から日本を見て、これからあまり良い未来が想像できません。正直言って、ビックリさせられるようなニュースが多すぎです。また、これからは英語が話せないと厳しいと思います。女の子がキャリアを持って自立して行ける教育環境は大切で、ここでは当り前です。お陰で娘たちは、今後何があっても、どこの国でもやっていけると思います。

    英語が話せて、高度専門性のあるキャリアがあると有利でしょうね。娘さんドイツの大学が無理なら、留学はどうですか? 娘は非英語圏の大学に留学しましたが、授業が英語だったので問題ありませんでした。日本に帰った友達は、有名大学に帰国子女で入っています。勿論本人の努力次第だと思います。友人のお子さん達は、ドイツの現地校よりインターが良いと、そちらに通いました。それぞれドイツの大学(院は北欧)と日本の大学に進学されました。

    移民するからには、最悪の事態になったらゼロから死に物狂いでやり直す位の覚悟は必要だと思います。でもかけがえのない経験をすることもできますよ。

    ユーザーID:2040804219

  • う〜ん

    仮に最悪の状況(トピ主の良く使うリスクでもいい)になった際のプランも
    考えていますか?

    奥さんや娘さんがドイツの暮らしに馴染めなかったら。
    トピ主や奥さんのご両親の介護問題等。
    娘さんの将来設計。

    いずれもドイツに行くか行かないか…で終わる問題では無いという事です。

    どうしても妻や娘が日本に帰りたいと言ったら?
    金銭面に無理だから、帰らせませんか?
    精神的な病になりかねませんよね…
    その場合にトピ主が再度日本に雇用を求める事ができるのか
    自分の仕事を優先し、家族を犠牲にする事を望むのか。
    それが貴方のリスクヘッジなのか。

    このように自問する事を止めちゃいけませんよね。

    トピックやレスを読むだけではトピ主の全てを理解はできませんが
    どうしてもドイツに行きたい理由を探してるだけに感じます。

    ハッキリ言って独身ならいいんです。自己完結できるから。
    家族がいるのだから、最終的にドイツ移住が決まっても
    「決めたのだからそれは無理」と否定せず、自分のデメリットだとしても
    家族を思える人間であってほしいですね。

    ユーザーID:2177540786

  • まずは単身赴任

    うちは長くアメリカ生活をしていて、数年前に日本に帰ってきました。
    娘は高校生で、ドイツへの大学進学を希望しています。その過程でドイツからの短期留学生を受け入れてきました。

    娘さんの教育、ということに絞って申し上げるならば、高校卒業まではお嬢さんは日本にいる方が、よい進学先を確保できると思います。うちの娘は英語は問題ないですし、ドイツ語を勉強してる高校生が少ないため、その点でも高く評価してもらえます。日本に住んでいれば。
    ドイツは圧倒的に、進学先の決定が早い。レスもついていますが、11歳ならすでに将来の進学先に向けて猛勉強を始める時期です。移住は精神的にも勉学面でも本当に大変で、お嬢さんはこの先数年、実力に見合った成績を得られなくなります。どんなに優秀な学生さんでも、言語の習得と、学業の成功を同時に手にいれることはできません。必死に勉強しても、日本でとっていたような成績が取れるようになるまで3年はかかります。そのころにはお嬢さんは‘底辺の成績の生徒‘という評価になってしまいます。少なくとも成績を基準にドイツの大学に入るのは厳しくなります。スコア的にはそのまま日本の成績を続けさせてあげる方が、どこに進学するにしても絶対的に有利なはず。
    とはいえ、将来の教育に関して、ドイツでさせてあげたいということには賛成します。ですのでここは、まずは単身赴任なさっては?
    貯金が出来ないといいますが、奥様にも少しは働いていただきましょう。40代ということは失礼ながらご両親の介護も視野に入ってくる年代のはず。一家で移り住んでから、ご両親のケアはどうするんでしょうか。別に住むメリットもあるんです。それに、将来的に娘さんがドイツに進学希望の場合、トピ主さんと同居出来るのは、うらやましいなと思います。

    後先考えずに‘いい経験‘とだけ言って高校生の子供を帯同してくる駐在員もいますがね、可哀そうです。

    ユーザーID:3351313925

  • 応援します!

    人生短いです。トビ主さんがぜひやってみたい、と思うなら、なんとか奥さんを説得してやってみるべきだと思います。幸いお子さんもまだ小さいですから、現地に対応もできると思います。現地校と日本語補習校で平行してやっていけると思います。事前にその土地での日本人のグループなどを調べておけば奥さんも少しは安心するでしょう。 

    私も40歳で、何かするならこれが最後のチャンス、と、家族で国を移動しました。若い頃の柔軟性と違って最初は大変でしたが、あっという間に10年経ちました。長男も今は大学生で、今度一年間日本へ留学するのを楽しみにしています。

    頑張って下さい。

    ユーザーID:9112762117

  • トピ主です(最後)

    様々なコメントありがとうございます。色々な意見があるということは正解は無く、どの少なくとも選択肢であっても納得して決断することが大事ですね。
    特に現地ドイツに住んでいる方々、現地採用された方々の意見は参考になりました。
    結論(契約書へのサイン)は12月末までと言われています。

    考えられるシミュレーションは全てしています(貯蓄、老後、親の介護など)。今のところ、行く/行かないは50%です。

    娘の滞在許可
    21歳で滞在許可を得るというのは気付きませんでした。
    娘との関係性(大学や就職)がどうなるのかも気にしないとですねー想像するのは難しいですが…

    VISA
    Blue Cardを取得予定ですので、毎年更新ではありません。

    娘の学校
    ギムナジウムは正直難しいと考え直しています。まだインター(英語)の方が難易度は低いと感じてます。それでも大変ですが。
    入学に際して英語習熟度や入学試験はありません。待ちも無し(学校へ確認済み)
    現地日本人会に連絡して、学校やインターの情報は貰ってます。
    日本人学校は周囲にありませんし、高等部など存在しませんので論外です。長期間滞在を前提にしているのにデメリットしか感じませんね
    またインターを卒業してもドイツの大学に入学することは可能です。

    現地のドイツ人
    同じ会社の同じ部署に既に働いている友人(ドイツ人およびインド人)が居ます。その人から会社の内情や将来性も聞いています。
    何かあれば助けてくれると思います。

    給与
    初年度は100K税引前、手取りは65Kのはずです(会社に確認済み)。

    単身赴任
    メリットは一切無いので考えていません。

    色々意見を頂きありがとうございました。
    最初に書きましたが、きっかけは現在の職場の不安定さ(数年後の見通しが暗い)です。
    結局、そこをどう見積もるかによりますが、頂いた意見を参考に考えて結論を出します。

    ユーザーID:6048222469

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 海外のインター校で教師をしています

    主人がドイツ人でしたのでドイツ語を勉強し、海外のドイツ学院でも教えていました。

    ドイツ移住に当たっては、この欄でも賛否両論がいろいろあるため、トピ主さんもご家族もだいぶ迷っていらっしゃることでしょう。

    ことわざも、

    渡る世間は鬼ばかり
    渡る世間に鬼はない

    と「相反する」ことを言いますが、結局どちらも正しいですよね。

    (1)トピ主さんのドイツでのお仕事、だいぶ楽観的に考えていらっしゃるようですが、もしかするとうまくいかなくなることもあるかもしれないとは考えないのでしょうか。数年でクビということもなきにしもあらずです。もちろん定年退職まで案外うまくいくかもしれません。その成功確率は50%でしょう。

    (2)お嬢さんの教育問題
    これも、本人の言語習得能力次第です。今までうちの子を含めてさまざまなお子さんを見てきましたが、11歳から新言語教育を受けて、めげずに頑張れた子がいる反面、うまくいかなかった子もいました。これまた成功確率50%と考えてよろしいです。

    (3)奥さんの立場
    移民として、新しい国で腹を据えて家族を支えて頑張れるか、この適応能力もはっきり言って、奥さん本人次第だと言えます。その人の性格によります。

    もう、お分かりですよね。今回の重大な決断をするにあたって、ほかの皆さんもおっしゃっているように、ご家族で徹底的に納得行くまで話し合うこと、解決策はこれに尽きると思います。ご家族のそれぞれが「やってみよう」なのか、「いや、お父さんだけとりあえずやってみる」なのか、いや、やっぱり「やめよう」なのか、とことん話し合うべきです。
    尚、ドイツは現在難民問題で揺れ動いており、難民に対する風当たりが強く、日本人だからと言って優遇されたり、学校でやさしくされたりということはないと思ったほうがよいです。

    ユーザーID:3586229879

  • 日本語

    フライブルク近郊田舎住まい。2度目のレスです。
    日本語の維持も大変です。
    特に漢字。目にしませんから覚えてもザルの水です。
    それから各科目で出てくる生活で使わない言葉。
    この先、娘さんが日本の大学へ行って、日本で就職する場合を考えると
    おろそかにはできません。
    家庭では日本語だから大丈夫、は通用しません!!
    日本語で各科目ができなければなりません。

    今日も朝、暗いうちから氷点下の中を娘は登校です。

    ユーザーID:3445223765

  • 一言だけ

    主人の転勤に散々付き合ったうえ、現在離婚を決心している妻です。

    >単身赴任
    メリットは一切無いので考えていません。

    すみませんが・・・金銭面以外で、帯同のメリットが、奥さんお子さんにありますか?メリットがないとおっしゃいますが、自分の身勝手に奥さん子供を付き合わせようとしているんだ、お願いする立場なんだ、と・・そこはわきまえられる方がいいですよ。

    海外赴任に帯同されるご家族にとっては、トピ主さん以上に我慢を重ねてついていくんです。海外赴任でバラバラになる家族は多いです。まして海外移住となれば猶のこと。思いやりのない態度を取るよりも、‘お願いする立場なんだ‘という自覚、そして家族への感謝がないと。家族と言えど、自分の思うとおりに動くコマじゃないんです。

    トピ主さんが単身赴任を考えていなくても、奥さんがそれを選択する可能性があることは、大人として当然お分かりなんですよね?

    ユーザーID:3351313925

  • いく気満々ですね…

    メリットデメリットが経済面だけで語られているのが気になります。

    お子さんには選択権がないですし、親に与えられた環境で頑張るしかないですし、結局は自分の努力次第で人生変わっていくわけですが、でもそれでも、中学から言葉が出きない状態で海外にいくデメリットはしっかり理解していくべきだと思いいます。

    永住だから日本の教育を受ける必要がないという認識のようですが、それも100%ではないですし、トピ主さんの思いだけですよね。
    奥さんとお子さんは一生日本に帰れない現実に絶望してませんか?

    日本人である限り、日本で生活するオプションは残してあげるべきかと思います。特に初等教育を日本で過ごしたお子さんには。

    収入が増えて、それを何に還元する予定なのでしょうか。
    家?旅行?日常的な贅沢?

    個人的なステップアップなら、収入は家族に還元して単身赴任を考える余地はあると思うのですが。メリットが一切ないというのはあんまりじゃないですかね。
    奥さんとお子さんには説得力ゼロですね。

    ユーザーID:3825280279

  • 日本人であるという事実は変わらない。

    トピ主さんも奥様も、違う言語を不足なく操るまでには大変長い道のりが待っているでしょう。でも周囲は大人ですから、ある程度の教育レベルの人間であれば、本音を出さずに皆お二人に接してくれるはずです。唯一お嬢様だけが、感情をむき出しにする、精神的に未完成の子供達の群れに放り込まれる訳です。お嬢様は、ヨーロッパのルーツのないただの日本人です。外見をからかわれたり、日本語訛りを笑われたりしながらこれから学生生活を送るのです。精神面でのフォローを忘れないでください。それから、バイリンガル、トライリンガル教育は茨の道です。子供一人の力では無理です。親子で一緒に頑張らないと、年齢相応の実力は身につきません。『インターナショナル』と耳に心地よい言葉に囚われて、日本語教育をおろそかにしないようにしてください。お嬢様は日本人なのです。ドイツで滞在許可が出ても、外国人であることに変わりはありません。そのお嬢様のために、『日本帰国』『日本で大学進学』というオプションは残しておいてあげないといけません。

    ドイツで暮らしたい、娘もドイツの大学に行ける、というのはあくまであなたの希望です。娘さんは別の人格なのですから、彼女が日本に戻って大学に行きたいというのなら、それを妨害することはないようにしてください。

    あと、手取り650Kで15Kのインターは、ちょっと無謀ですね(苦笑)。勿論、お子様の教育費用は貯金から、というのなら別ですが。これから中学〜大学まではかなりの出費になりますよ。ヨーロッパは日本のように学生アルバイトというのはほとんどできませんから、大学卒業まで学費・生活費・お小遣いは必要になると思います。欧州でインターに行かせると、英国の大学を希望することが多いです。英国での学費生活費は、年間最低250万です。ご参考まで。

    ユーザーID:5522551687

  • 無責任では無いと思います

    トピ様を自分勝手だとか、娘や妻の事を考えていないと一方的に非難する意見も有りますね。勿論、家族の意向は聞く必要は有るでしょうが、一家の生活を経済面で担っている者の仕事に関する事ですから、そこ迄勝手だと非難するのは如何なものかと思います。

    私が生まれたのは海外で、それでも日本語を両親同様に話したいと思ったし、将来、日本に行った時に、外国人にはなりたくないと思いました。其れは、子供が夫々自分の考えで切り開いて行く事です。

    妻に関しては、勿論、主婦をされている方々は、今の安泰な生活を乱されるのを良しとしない意見が多いと思います。しかし、自分が仕事をしていて、それがどうしても捨てられない、という事情以外は、夫の保証する経済面が少なくとも今と同等に保たれるなら、夫の意向を尊重する必要もあると思います。

    日本は国際的になったと良く言われますが、このトピに対する女性陣(私も女性ですが)の批判的な反応を見て、成る程、これは、男性に取ってはきつい世の中だなと思いました。

    男も、女も新しい道への積極性が本当にないなぁ、、、現状に留まる事、安定している事、それが何より幸せで、それを家族に提供するのが、主人たる者の責任だと言うのは、凄く勝手な理論だと思えます。

    家族夫々の意見は聞くべき、しかし、新しい環境への夫々の努力と言うのも、夫々の責任です。そういう環境に置かれた自分の立場を、自分で良くして行こうとする努力が、妻にも子供にも求められて当然であり、それが、新しい世界を開くのです。

    私は、トピ様を大いに応援します。

    ユーザーID:4767645499

  • 私の場合

    夫が30代で海外駐在、40代で現地企業に転職しました。その後リストラされ、再就職したと思ったら将来寝たきりが不可避の脳神経系の病気が判明しました。
    自分の意思で選択できたのは最初の転職だけ、後はそうするしかないの連続で、夜逃げの様に引っ越したり、私も現地で就職。

    不幸中の幸いは、子供達が成績優秀で大きな奨学金を得て大学進学できたこと、私の親の遺産が多少あり使わなくとも心の支えになったこと、私が語学が得意だったことです。それでも綱渡りだった数年間は本当に辛かったし、これらのどれか一つでも欠けていたら破綻していたと思います。

    時間を戻せるなら、安全策は子供が幼少のうちに妻子だけ帰国するか、もっと早期に自分も現地で就職するかでしたね。どちらも夫は聞く耳持たないという態度でした。リスクヘッジは大切だと思います。

    ユーザーID:0971530652

  • 経済的なメリットがありますか?

    ドイツに移住するのに、年収が100Kユーロ(手取り65K)ということでしたよね。経済的にメリットがあるということですが、それは、お子さんが現地のドイツ学校に行くと決めたときのみでしょう。しかし、11歳のお嬢さんのドイツ教育はあきらめたんですよね。

    そうすると、考えてもみてください。年間400万円はかかるといわれるインターナショナルスクールの授業料、毎年どうやって工面するのですか。現地企業が援助するのは最初の2年間だけということですよね。それでは、3年目以降はどうするのでしょうか。

    やはり、この計画は無理、無謀といわざるを得ません。はっきり言って、何もかも遅すぎた、タイミングが合わなかった、その一言に尽きます。経済的なメリットさえもまったくありませんから。

    どなたかがおっしゃった「お子さんと奥さんの絶望感が伝わってきた」を読み、共感しました。まったくその通りです。心を打たれました。いじめなどの理由で、どうしても日本を出たい、日本に帰りたくないというお子さんなら「頑張りなさい!」と私も言いたいです。しかしながら、トピ主さんの場合は悲壮感しか漂ってきません。

    近年、ヨーロッパで最終学歴を終えた優秀な日本人学生がぞくぞくと日本に帰って就職しているようです。ご存知ですか。どうやら、この世界的な不景気のせいで、せっかくイギリスやドイツで学んで学位をとっても日本国籍を持つものには、なかなか就職のチャンスが開けないようです。驚いています。過酷な現実です。

    ユーザーID:3586229879

  • 納得させると、後の騙された感が強い

    トピ主さんが思うメリットデメリットはご自身のものメインじゃないですか?
    少なくとも奥様とお子さんの気持ちに関することはスルーなように感じるのですが・・・
    お子様は親の選択についていくしかできないとしても、1年間の留学と永住では奥様の気持ちが違いますよね
    彼女の気持ちのよりどころを考えたりはしませんか?

    単身赴任はデメリットのみだと断言されていますが、奥様とお子様にとってはそうではない可能性もありますよね
    経済面でしかデメリットを考えてらっしゃらないような気がして、その論法でお二人に話されているとしたら、今納得して貰ったとしても「騙された」感が強まるだけな気がします
    数年限定の駐在でも「これでは無理」と奥様だけ帰国されてしまう、というご家族が身近にいました
    それがきっかけで離婚に至った友人もいます
    数年限定で且つ経済的に恵まれていても、です
    (友人自身が「帰国後はマンションが買える!」と意気揚々としていたのです)

    結婚生活は経済面のメリットだけでは続けていけませんよね、それは家族での生活も同じじゃないですか?
    単身赴任の選択から始めるのもアリかもしれません
    トピ主さんにとってはデメリットだらけでしょうけどね

    ユーザーID:5980660501

  • トピ主です

    最後の返信とするつもりでしたが、適当なコメントを書く人が多いためあえて最後に書きます。

    何度も書いてますが、単身赴任すると税率が変わるため手取り収入が減ります。
    日本とドイツの二重生活になるために、むしろ現実的には借金生活になる可能性もあると思っています。
    以上が経済的なデメリットです。
    このドイツ移住は、そもそも私の夢とかそういう類の話ではありません。現在の職業雇用上の問題が先だと何度も書いています。
    それでも上記の経済デメリットを受け入れて、単身赴任する/させる奇特な家族はいないものと思います。
    またインター費ですが、400万円という情報から来たのか…勘違いも甚だしいです。(以前のコメントを見てください)

    娘も妻も私も全員、出来ることならずっと一緒に生活したいと思ってます。それでも今の置かれている雇用環境と将来性を考慮して選択肢を検討している訳です。
    人生は決断の連続です。客観的にメリット/デメリットを書き出して、それぞれ重みも考えながら、総合してドイツに行く/行かないは家族で納得して決めると書いています。
    そもそも行く気満々だったら、このような掲示板に相談してないでしょう。そこをはき違えてコメントしている方が多いです。
    一つ伝え忘れている点ですが、健康診断は受け直してます(脳MRI、胃・大腸カメラ等)。万が一を考えてです。いずれにせよ健康は全ての土台ですので。

    ユーザーID:6048222469

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です

    投稿時点で「8:2で反対:賛成だろうな」と思っていましたが、ネガティブな意見を書かれている方でも、
    1冷静に話し合って決めた方がいい、という建設的な意見を述べてくださる方と、2個人的な経験談のみに基づき、やや感情論に走っている方の二種類があるように思います。
    私の知らなかった情報や抜け落ちていた視点も気づかしてくれたことに大変感謝しています。
    一方「子供に選択肢は無いのだ!」「65K(苦笑)」「悲壮感しかない」という、押し付けがましいイメージや断定的な意見あるいは冷笑は、的外れなものばかりで参考にならず残念でした。 貴重な時間を費やして頂いたことは有り難いですが、上記のようなコメントは家族も観ていますが不快感を感じています。
    (家族は、少なくとも私が難しい決断を迫られていることを知っているので)

    ユーザーID:6048222469

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 行った方がいいです

    元専業主婦で、夫の海外赴任を経て、いまは、トピ主さまより多いの年収を
    得ている身としては、行った方がいいと思いもいます。

    私の場合、夫と一緒に海外赴任したことが始まりでした。
    色々助けてくれた夫には感謝しています。

    トピ主さまも、行ったほうがいいです。娘さんも、いつまで日本的雇用システムの
    中にいられるかわかりません。

    全てを楽しみにしてこその人生です。

    ユーザーID:3704784247

  • 行くべき。

    ドイツ人配偶者と日本で生活しています。
    ドイツ移住ということで、興味深く拝見してました。

    レスされた方の多くが、お嬢さんの教育について心配しておられましたが、そこまで心配しなくてもなるようになるし、生きていけるさと私は思います。

    一流の教育とかお子さんにベストの教育って、なんなんでしょうか?
    お子さんによりより教育環境を与えてあげたいという親心は理解できますが、与えられた環境で最善を尽くすことも、お嬢さんの人生にとっては同様に大切なことではないのでしょうかね。

    トピ主さんは今まさに人生の大きな選択を迫られていて、それを理解し支えてあげられるご家族ならトピ主さんも百人力かなと思います。

    もしトピ主さんがここでご家族を想い、またリスクを回避しようと転職先をお断りしても、一生悔いが残ると思います。だったら、「ご家族の誰かに不都合なことが起きたら帰国もあり」と開き直り、まずは移住してみても良いかもしれません。

    トピ主さんとご家族にとって納得のいく決断ができますように。

    ユーザーID:9045553919

  • じゃあ行けばいいじゃん

    ここでレスしている人たちは、トピ主さんからのお尋ねに真剣に答えているのにね。
    ちょっとした言葉遣いの揚げ足をとって、
    答えてくれた人、情報をくれた人たちへのお礼もそこそこに、自分の正当性ばかりを主張なさるトピ主さん。

    それだけ全部調べ尽くして、家族全員が納得できるまで十分に話し合いを重ね、なおかつご自分とご家族の決断に自信があるのなら、思うようになさったらいいのですよ。

    トピ主さんが移住後どのような状況になろうとも(それは大成功かもしれないし大失敗かもしれない)私たちの誰にも何の影響もないことです。幸運に幸運が重なって、結果として大成功になるかもしれませんが、ちょっとした躓きがあるだけで大失敗に終わりそう。そう感じる人は、余計なことかもしれないと思いつつ、トピ主さんが気づいていなかった時のために念のために書いてくれているのでしょう?

    聞く耳を持たないのなら、トピを立てる必要はなかった。

    大人げのある人なら、知っていた情報だとしても礼儀としてお礼は言います。それはドイツでも同じだと思いますが。


    私も欧州在住ですが、自分が希望して移住してきたのに、それでもこの国になじめなくて精神のバランスを崩す人、嫌々ついてきた結果、家庭生活が成り立たなくなる人など、不幸なケースを見てきました。たぶん、トピ主さんが思っているより多いだろうと思います。そういうケースを見てしまうと、不幸な家庭をひとつでも減らすために、そりゃ、何か言いたくなっちゃいますよ。あまり脅かすようなことは書きたくありませんが、家族にもう会えなくなってしまった人も少なくありませんから。

    ユーザーID:4823881241

  • トピ主様ご一家を応援

    西欧在住(永住)20年の者です。住んでいるのは国際機関や多国籍企業が集中する都会で(ドイツではない)世界から優秀な人材とその家族が集まっています。

    私の感想は「迷う所」さんとほぼ同じです。最新レスでトピ主様の奥様、お嬢様もこれをお読みだということで、応援の意味でレスすることにしました。

    まず、お嬢様が普通のドイツ人のように現地校に入りドイツの大学に進学する、というのは多くの方が指摘されているように、かなり困難と思います。もちろん可能かもしれませんが。でも、インターナショナルか、あればヨーロピアン・スクールに入れば、なんとかなります(このあたりは既にリサーチなさっているようですが)。

    私のまわりにもそういう家族が沢山います。また、ご存知とは思いますが、大学教育も大陸側の非英語圏で英語で学位が取れるプログラムが増えています。11、12歳で当地に来て、学習言語が母語と異なっても、自分は何人?ってアイデンティティーで悩んでいるなんて話はめったに聞きません。この辺は家庭教育が鍵でしょう。

    私の周りのヨーロッパ圏外から西欧に移住してきた人は皆、生活の質が向上したといいます。仕事、家族との時間、余暇、コミュニティー活動、市民の成熟度・・・ 例えば友人のアメリカ人一家は、本国の政治や銃犯罪、医療制度などを考えて、欧州永住を決めました。

    他にも、世界と日本の将来を真剣にお考えになっているトピ主様に、西欧に住む利点をあえてご説明する必要はないでしょう。だからこそ現在ヨーロッパは移民危機に陥っているのです。皆ここに住みたいから。移民が増えて、外国人差別が高まって、日本人も・・・という心配は、私の知る限りありません。

    ユーザーID:4570968759

  • ご家族がトピ主さんの考えに賛成なら問題なし

    「トピ主さんは永住に前向き、ご家族は不安が多い」という相談だったと思うのですが、違いましたか。

    意見が欲しいと書いてあったので、主にお子さんを心配した点を書いたのですが、かなり感情的に受け止められたようですね。失礼しました。
    しかも、お子さんにもこのまま読ませたのでしょうか(お子さんの将来の不安点も書いてあるのに?)

    「妻や娘はデメリットが先立つようです。」という点について心配したのですが、そのご家族もこの余計な心配に不快感を感じると言うことは、たぶんご本人たちはドイツ永住にそれなりにポジティブなイメージを持ってるということでしょうか??

    もしご家族がドイツ永住やインターに前向きならたぶん大丈夫だと思いますよ。
    正直、永住になっても帰国になっても、目的や経済状態がどうであれ、家族全員が永住を希望し前向きであれば、大概は納得できる人生になると思います。

    トピ主さんとご家族にとって後悔のない決断になりますように。

    ユーザーID:3825280279

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧