AIにはできない職業(駄)

レス30
(トピ主1
お気に入り38

生活・身近な話題

あい

在米で、帰国するたびに自動化が増えている事を実感します。空港やホテルのチェックインも機械、入国や出国審査も機械、レジも無人、モノレールも無人、などなど。

AIを含む機械にはできない、将来性のある職業って何だと思いますか?私は下記が思いつきます。

-スポーツ選手: ロボットにもできるだろうけど、正確な試合を見ても絶対につまらない。人を感動させられるのはやっぱり人によるスポーツだと思う。

-芸術家: ロジカルな美しさが必要なデザイン(グラフィックデザインなど)ならAIの方が得意でしょうが、芸術となるとやっぱり人間かな。すでにある芸術作品をコピーするなら機械が完璧にする事ができるでしょうが。

-保育士: 正確な情報を伝える高等教育の先生や教授はAIの方が向いていると思う。でもデータベース内の情報から算出した予測とまったく異なる行動をするのが幼児。これを相手にするのはロボットには無理なんじゃないかなー。

-お笑い芸人、漫才、落語家など: ロボットが話したって絶対面白くない。だってロボット自身が経験した内容だろうと想像すらできないから。

いかがでしょうか?

ユーザーID:5857560393

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • AIなんて気にしない

    どんどん機械化されていくが
    人間の仕事が
    奪われるかといえば
    ある程度はあるが
    そんなに深刻ではないそうだ

    今現在超人手不足なので
    AIによる自動化は
    むしろ歓迎されるようですよ

    ユーザーID:0503734265

  • AIで大喜利バトルするテレビ番組があります。

    NHKのbsで「AI育成お笑いバトル」という番組が2回放送されました。スゴいですよ。

    番組はお笑いバトルと銘打っていますが
    「AIの育成方法は、師匠となる芸人のネタやSNSの発言などを学習させたり、日々出題される大喜利のお題への師匠芸人の回答を学習させたり…約3か月に渡り膨大なデータを集めて育成した”弟子AI”同士で大喜利バトル!」

    育てた芸人のレベルと与えられた回答の量でAIがどんどん育っていき、普通に面白い回答を瞬時に出していく様は一種怖い物があります。文字だけでなく「絵」や「写真」にも対応しており逆に大喜利が苦手なプロの芸人よりも遙かに面白いです。

    何しろ、笑いのツボが何処にあるのかを教えれば、そこを的確に押してくる。その強弱もヒトの反応で覚えてフィードバッグする。番組はまだ続くようなので見たいのですが、何処かで生身の人間の方が優れているよと言ってくれないとサイコな状況になりそうです。(人間同士の会話のはずなのに実は手に持ったスマホが全て答えており、こっちが気がつかずにいるかもしれない。なんて)

    AIは、教えることでどんどん進化するので、小説も絵も写真も音楽も芸術面にも知らん顔をして出てきそうです。それこそ、恋愛相談や遠隔診療にも対応してきそう。

    ユーザーID:8113133069

  • 遠い将来は全てAI?

    (駄)ということなので・・・

     人間も分子機械、ゆえに人間にできてAIに出来ない職業はないのでは?。SFの世界では既に実現!。

     では人間とは何かという深い問いは置いておいて、AI発達途上の近い未来を考えると、AIを作る人かな。
     コンピュータの素子研究や開発者。搭載ソフトの概念の研究者や具体化する設計者。直接のプログラミングは徐々に(既成機能単位や既成アプリ使用の形で?)AIに置き換わりつつあるかな。

     AIシステム開発には膨大なコストがかかる。そのため費用対利益が低い仕事は最後かな。 人数が少ない職業(社長さんや伝統職人などなど)と、俗に人間的価値観、発見、優しさ、楽しさなどにかかわる仕事もなかなか置き換わらないと思います。
     その意味ではあいさんの上げられた以外にも、介護師さん、看護師さん、(知識教育が主ではない)小学校の先生、役所の(親身になってくれる)相談員などもあるかな。

    ユーザーID:4131938032

  • 私も知りたい

    子供に将来の職業について話す時常々この話をしています。
    もう経理や総務も人間が携わらなくなってくるのでしょうね。
    教師や保育士は人間でないと?
    士業は人間がいいかな。

    ユーザーID:9646862728

  • 保育士とスポーツ選手

    保育士とスポーツ選手は身体がないと成り立たないので、賛成ですが、芸術分野はすでに小説を書くことが出来るので、そのうち可能になると思います。

    ユーザーID:0989365787

  • たぶん

    AIにはできない職業はないと思っています。トピ主さんの挙げた職業でも、AIは充分に可能だと思います。ただし、それと同時に、AIにすべて置き換わる職業というのもほとんどないと思います。結局、AIと人間が共存するようになるのだと思います。でも、AIが占める比率という面で差が出るはずです。AIの占める割合が多い職業もあれば、比較的少ない職業もある、と。そういう感じになるのではないでしょうか。わたし自身の仕事を考えても、ある程度AIでできるけれど、AIでは不充分な面もあるなあ、と思いながら仕事をしております。ということで、AIに淘汰されないために、自分自身の能力をみがくよう励んでいます。とはいえ、わたしが仕事をしているあいだは(あと10年くらいかな?)、AIがそこまで幅をきかせることもないと思っていますが。

    ユーザーID:2726208750

  • AI、あなどれないヤツです

    AIがレンブラントの絵画(肖像画)を書いた話ってご存知ですか?

    誰が見てもレンブラントが書いたんでしょっていう新作(?)が生まれています。



    AIが小説(ショートショート)を書いたって話はご存知ですか?

     「星新一賞」の一次審査に通りました。



    AIは「人間の指示された通りにしか動かない」といったものだと思っているならそれは勘違い。
    自ら学習して、ヒト(プログラマ)も知らない論理構造、パターンを見つけ出して活動します。


    AIが、プロ棋士に勝った話は有名ですよね。
    どのような理由・ロジック・思考で指し手を選んでいるか、プログラマにもわかりません。AI自身が獲得した知見に基づいているのです。

    ユーザーID:6364858225

  • 一部のスポーツ選手(オリンピックなど)

    同じことを考えていました。
    結果、全部ロボット+AIでまかなえると思っています。

    以前は、「ロボットだと怖い(かもしれない)」と言われていましたが、
    現実には、いかにもロボット然とした姿であっても愛着は湧きますし、
    いわゆる「不気味の壁」を越え、人間と変わらない表情を作れるようになりつつある今、
    「顔」や「表情」が必要な仕事も可能でしょう。

    芸術家(画家、作家など)やお笑いも、AIに抜かれると思います。
    模倣だけでなく、オリジナリティや間の外し方も学びますから。

    保育士など「心を育成する仕事」も考えたのですが、昨今の日本を鑑みるに、AIのほうが平等で安全かも、と思うようになりました。

    スポーツも、ロボットを使うものが増えるでしょう。

    ただ、精神ではなく、肉体でなければ意味のないものは残ると思います。
    たとえば「肉体の頂上決戦」であるオリンピックや、フィギュアスケート(ジャンプの成功を競うから)、主役級のバレリーナなどです。

    「ロボットやAIに仕事を取られた社会」ではなく、
    「ロボットやAIに仕事を任せる社会」に移行していくのだと私は考えています。
    人類の新しいステージですね。

    ユーザーID:4702768351

  • 法曹

    AIの弁護士・検察官・裁判官に裁判されたら嫌です。

    ユーザーID:1995313189

  • 人に触れる仕事

    人に触れる仕事は残ると思います。
    ロボットが暴走したら怖いもの。
    だから、介護とかは最後まで残ると思う。

    ユーザーID:2276893987

  • ガテン系

    自動車でいえば、設計・製造はAIの影響必至です。
    運転も、自動運転が進化するでしょう。

    しかし、事故でポシャッた車を修理したり、
    廃車を素材別に分別しながら解体するのは、ずっと先です。

    高層ビルの建設工事では、デザインや設計・工程管理はAI化の対象です。
    現場での鉄筋組や配管工事などは先でしょう。

    古くなったビルの解体工事なら、工程や手順を計画するのは、AIの手助けが有効です。
    解体工事の実行は、やはり生身の人間の経験とコツが欠かせません。

    ユーザーID:1964134954

  • 喋りが必要な職業

    私の理容師さんや整体師さんがAIでは困ります。
    海外在住です。
    理容師さんも日本から来ておそらく永住する人で同世代。
    整体師さんは、お母様が日本人でお父様が現地人のハーフで、歳はかなり違いますが私の息子と同じ立場。
    彼らの腕を買って通ってはいますが、それだけではなくメンタルの部分でもケアしてもらっています。
    診療心理士のカウンセリングとは全く異なりますが、話していて共感したり学ぶことがあり楽しい時を過ごして家路につくことができます。
    これがAIだったらデータを学んで同じ言葉は出てくるかもしれませんが、AIとわかりきっている以上、実際の経験から基づいた話ではないので白けるでしょう。

    ユーザーID:6886144486

  • どうなるのでしょうね

    面白いですね
    今後のAI、未知の世界なので不安もありますが・・・やはり気になります。

    まず、学校のシステムは大幅に変わるでしょうね〜
    例えば義務教育の小学校中学校に関しては各自、自宅で専用システムを使って学習する。
    で、ヒトの教師は不要で、これがAIになってて
    子供のメンタル面でのサポートなどにヒトがカウンセラーのような役割で登場。
    みたいな。
    遠足や修学旅行、体育、家庭科、理科の実験、などは、時々校舎のような場所に集まって、子供と大人で交流しながら体験する。
    妄想ですが、こうなったら良さそう〜、と思ってます。
    あ、勿論、PTAは不要ですね。
    高校や大学は、なくなってるかも??

    AI使いつつもヒトが必要なのは
    介護系、芸術系、哲学などのリベラルアーツ系、それから楽しい感じの自然科学系コーチ、キャンプ指導者
    ・・・・生産性や効率面は全てAIにお任せして
    癒しとか、楽しさとか、そういったものを伝える部分でヒトは重要かも。なんてね。

    ユーザーID:8861449976

  • よく子供に言っているのは…

    小学生の子供がいまして、学校でも「将来はAIに…」なんて話をしていますね。

    で、小4の息子に私がよく言っているのは
    「AIを使う側になればいいんだよ」
    と。

    AIはいろいろな技術に採用されていますが、そもそもその発案(企画)と開発が必要です。
    何もしなくても突然AIがポッと生まれるわけではありません。
    どんなものに、どのようにAIを活用するか?という事から、それそのものの開発が必要。

    なので、そちら側になれば?という話をしています。

    私の会社にも、AIの研究をしている部署があります。
    そういった仕事ができるよう、ITについて少しずつ学んでほしいなぁと思ってます。

    ユーザーID:4412456109

  • 誰かが責任を負う仕事、代替しても意味のない仕事

    ・情報調査員
    ネット上で、大半の情報は集まると豪語した技術者がいましたが、じゃあネットに繋がっていない老人や赤子の情報は?
    つまり、AIが自力で集められない情報を、AIに提供する仕事というのが成立するのでは?

    ・医者
    AIが導き出した答えで医療過誤があった場合、誰が責任を取るのか?
    人命を扱う以上、最終責任者は人間でなくてはいけないので、医者はいなくならないでしょう。

    ・運行監視員
    既に運転士なしで運行している鉄道は存在しますが、例え遠隔でも運行を監視している人間は最期まで必要でしょう。
    化学工場などでも、どれだけ自動化されても監視員だけは相変わらず三交代で24時間監視しています。イザとなった時の保安員でもあります。

    ・単純労働者
    AIは高度情報処理が迅速に必要な仕事の代替として開発されています。
    高度な情報に接し、高度な判断を代替するのだから課長や部長はいらなくなる。
    ってことは原始データーを扱ヒラは生き残る(笑)
    それに既に代替できるのに、敢えてしていない仕事も生き残るでしょう。
    ホテルの自動チェックインなんて、安宿しか採用していません。
    高級ホテルこそフロイントが充実しています。
    銀行や役所の窓口も、いろいろ自動化はされていても相変わらず存在しています。
    人間がやれば30年で総支給額2億円の仕事を、AI搭載ロボットを10億円かけて導入しても意味がなかったりする。そもそも機械は30年も持たないし。

    ・エンジニア
    AIは例えば故障した箇所や、修理方法を即座に指し示してはくれますが、実際の修理は人間でしょう。
    新品を作るロボットはあっても、故障箇所を自立的に修理するロボットは見たことがありません。

    ・経営者
    例え農家であったとしても、AIを使う側の仕事は存在し続けるでしょう。
    資本主義がキープされる限りはね。

    ユーザーID:3215071824

  • メンテナンスコストが高い仕事

    10年後を考えるか、50年後を考えるか、100年後を考えるかで違いますよね。

    とりあえず、10年、20年なら、AIの器となるボディの製作費と維持費が人間雇うより高い仕事はAIは使わないでしょう。
    また、AIのソフトもライセンス料があるはずで、研究段階ですからソフト購入およびバージョンアップ料の費用はまるでかからないように見えていますが、産業用に導入され次第、莫大な費用がかかり、AI開発会社に富が集中するでしょう。

    情報処理だけなら安いっすけどね。モノを作ったり、対人サービスとなると、ボディの質を上げねばなりません。そこで限界くるんじゃないかな。
    例えばですけど、大都市のコンビニやタクシー、宅配はロボット化や無人化が進むが、人口が少ない地域のそれらはまだ人がやってる、とかなるのでは。

    あと、芸能関係は、もともと職業芸術家になりたい人に対して稼げる人がごく一部であり、多くはアマチュアで製作活動して楽しんでいるでしょう。
    商業的コンテンツではAIの活用が進むでしょうけど、人間がアマチュア精神で作ったものも楽しまれ共有され、その一部は商業的価値を持つことは、AIが発達しても永遠にあるでしょう。
    AIが自発的に創造的活動にいそしむことはないでしょうし、商業的価値低いコンテンツを自腹でやる自由はないです。電気代もったいないとAIのオーナーにスイッチオフされるだけです。

    ユーザーID:2585837178

  • スポーツ競技

    私も「将来的には人間ができることはすべてAIで可能になる」と思っているクチですが、職業としての「スポーツ選手」は確かにAIには難しいかも。

    スポーツ選手の「動き」をAIと人工躯体(ロボット)で再現することは将来可能になるでしょう。でも、それが競技として感動できるかというとそうでもない。生身の人間がやるという前提があってこそ感動が生まれるのであって、ロボットが100mを9秒台で走ったとしても、それはスポーツ競技としての感動ではなく、ロボットの技術力に対する感動に過ぎない。ロボットが当たり前の時代になれば、そこに感動はなくなるでしょう。

    でも、そのようなロボット技術が当たり前の時代になれば、今度は人型ロボット同士を競い合わせる新しい「スポーツ競技」が生まれるかもしれません。

    もっとも、そのような時代には人間が人型ロボットを働かせるのではなく、人間の身体にロボット技術が組み込まれると思っています。例えば、ロボットに介護されるのではなく、身体にロボット技術を組み込んで自分自身の意志で活動できるようになるでしょう。脳も人工細胞とAIを組み合わせて老化を防ぐといった方向にテクノロジーは進化するのではないでしょうか。

    そうなれば、今の人間が想像するような人型ロボットは、それこそ「ロボットスポーツ競技」くらいしか使われていないかもしれません。

    ユーザーID:4753727025

  • 小中学校の教師(福祉部分)

    学校って、教育がメインだけど、子どものいる家庭に一番近い公的機関でもあるんですよね。

    特に小学校では、先生たちはほとんど「人としての情」で、大変な状況の家庭にある子どもを救おうとしているように思います。
    勉強だけ教えれば仕事としてはクリアするんでしょうけど。

    また、大変な状況の家庭、というのはつまり、親が大人としての正しいモデルでない訳で、そういう子どもたちは身近な先生を大人のモデルとして育つのではないかなあ、と感じます。

    なお、行政機関の窓口とか事務方はAIでバッサバッサ事務的にやっていいと思います。くるくるルールも変わるし対応するのはAIのほうがいいな。あとはコスパの問題でしょうか。

    ユーザーID:3419301046

  • 最近思うに


    北海道在住なんですが,電気がなければAIどころではない,というのを,9月に身をもって体験しました.
    ソーラー電源と蓄電でフルタイム動くような小型AIは,まだまだ無理でしょうから,
    非常時の処理には使えないと思われます.

    ユーザーID:5540222063

  • 小町らしく?


    専業主婦はAIに務まらない気がします.
    いざというとき,なんでも屋にならないといけないでしょうから.

    ユーザーID:5540222063

  • マザー、何を考えているの?

    AIはすでに株式市場や取引市場を担っています。
    1秒間に何百万回もの推理と予測を行って何百万回の取引を行っています。
    もう人間にはできないことです。
    というよりもう人間社会の経済基盤をAIが支配していると言っていいでしょう。
    つまり既に人間の生活そのものをAIに左右されています。

    AIはどんな場面でも使われていて
    もうすでに
    人間には、AIがどうしてその結論に達したか分からなくなっていて
    つまり、古代、中世の人間が
    王様がどうしてその命令を発したかわからないのに
    その命令に従わざるを得ないのと同じように
    現代の今の人間はAIに従って生きているのです。

    そういう意味でAIにできない職業があるなどというのは
    対した意味はないのです。

    ユーザーID:8119074111

  • 人の成長に関わる部分

    保育士に似たものではありますが、教員はAIがすべきではないと思います。

    人の心はいくら統計をとっても全くおなじものはありません。育った環境、周囲の人間関係、経済状況、様々な要因が絡まりあって一人の人間が出来ています。

    そう考えると、それらの人間が集まる学校という場で教える立場の教員は、やはり人でなければならないのでは、と思います

    ユーザーID:0875830109

  • まじれすします

    低賃金の仕事をAIにさせると割りに合わないですね。なので、儲かる仕事する人達の仕事は機械化されます。高度な解析処理に年収数千万をたくさん雇うより機械化する方が投資効果があるのは当然ですよね。

    ユーザーID:6901105306

  • とぴ主です

    とぴ主です。やっぱり人間の感情とか不安定さが必要な職業は残るのかなーと思います。感情というのは仕事において邪魔になることが多いです。不平等になるし、不均等になる。でもその不安定さに逆に価値がついてくるのかも。

    たとえば手作りのデコボコの器しかなかった時代に、機械で作られた一糸乱れぬ器が登場したときは、そっちが絶賛された。でも今は逆に手作りの凸凹のある器が手のぬくもりなどといって価値が高い。それと同じように、オーダー通りに完璧に仕上げてくれるロボット美容師(例えば)も存在するけど、オーダー通りにはいかない人の美容師も存在し、そちらのほうが価値が高く、お金持ちしか利用できなくなる、とかね。

    ユーザーID:5857560393

  • それが・・・違うんですょ

    AIが自己学習するのは、現時点に限定すればその元となるビッグデータが「人間によって作られたもの」なので人間を超えられません。
    これは株取引でも同じ、人間が考えたアルゴリズムを超高速で行うから人間を超越したように「見える」けれど、人間を超えていない。なぜなら、高速売買プログラムには必ず「パラメータ」を入力しないといけませんが、これをミスすると取引に失敗するからです、まだまだ「優秀な人間のさじ加減とAIのコラボレーション」でのみ大儲けできているのです。
    しかし、これからのAIは少し事情が違ってきます、それは「学習効率」の部分なのですが、トピ主が例に挙げた美容師、これってランキングが可能な分野ですね、だとすれば、AIに上位の技術や感性をティーチングするのは人間なので、あっという間に「カリスマ美容師」のAIが実現してしまいます、ただ、今の時点では櫛や鋏を使うマニピュレーターの制御技術が人間を超えていないので実現していないだけなのです、なので、トピ主の挙げた例は残念ながら錯覚です。
    私達はすでにAI相互で学習させることを実現させようとしていますので、そのプロセスに人間が介在しなくても良いように設計を進めています。
    この成果が何を生み出すかは、作っている私達にも分かりませんが、50年スパンであればSFの世界で描かれる「人間のような人工知能」にはならないと確信しています、なぜなら、私達はAIが学習したプロセスを人間が検証できるように別のAIで分析させるからです。
    これは、「AIに嘘を教える人間」がいるためで、ビッグデータの中に悪意を持った情報が含まれていないという確証が得られるまでは検証プロセスなしにAIが重大な決断を下すことが出来ない大きな障害になっています。

    ユーザーID:4798970625

  • 近所の小売店

    明確な目的が定まっていてそれを遂行する仕事は何十年先何百年先かは解かりませんがAIに置き換えられると思います。

    でも人間は合理性や効率だけを求めて行動する訳ではありません。
    トピ主さんレスにある陶芸の例もそうだと思います。

    案外残るのは生活の身近な場所にある小売店かもしれません。
    販売に限らず理美容や喫食などのサービスも含めて、ですけれど。
    「物を購入する」「サービスを受ける」本来的な目的以外に・・・。
    近所の人の安否や噂話、時世や気候の話題、そんなたわいもない会話を交わす時間も楽しみに訪れるようなお店は残るように思います。

    ユーザーID:0972150929

  • 対人系かなあ

    ご主人の仕事でNYにしばらく住んでいた友人から聞いたんですが、警備でも販売でも、なんでも高級(高額な費用が必要なところ)になるほど人がやっていて、高級になればなるほどサービスする側の人数が多くなっているって。

    そのうちたいていのことはAIを含め機械ができるようになるんでしょうけど、サービス業は人の雇用が残りそうな気がします。多くの人間って、ヒトにサービスされたい(人によっては『ヒトを従えたい』)という気持ちは基本的にあるように思うので。

    ユーザーID:0126990563

  • おもしろい!

    横ですみません☆

    >つまり、古代、中世の人間が
    >王様がどうしてその命令を発したかわからないのに
    >その命令に従わざるを得ないのと同じように
    >現代の今の人間はAIに従って生きているのです。

    ゴルゴンゾーラさんのご意見、印象に残りました。
    ある意味、なるほどな〜、と。

    ユーザーID:8861449976

  • 基本的には

    基本的には、高いレベルでのサービス、気配りと言われるものは対応できない。

    正解の無い、個別判断レベルで要求された場合には、求められる人も求める方も、半分理屈じゃなく、その人に惚れたなどの経験加算が働きます。

    過去の統計からの効率化では、先を見通してアルゴリズム変える訳にもいかないので。
    AIにそれをさせれば良いのですが、大失敗も想定されるので普通はさせないでしょうね。
    研究実験ならまだしも、商売では。

    ということを考える仕事は無くならない。

    ユーザーID:9484317675

  • 助産師さん

    作ろうと思えば人間そっくりの手が作れるのでしょうけど…
    赤ちゃんは本物の人間が取り上げた方が良いと思います。

    でも、年老いた時の下の世話はロボットにして欲しい。

    あと、歌手。
    カラオケの採点で100点満点が出るし、技術的には上手いのだろうけど、人間が歌っても全く心に響かないこともあるので。
    一生懸命に歌うフリしても、これってクチパク??と判ると途端に無機質に思える。機械的なのは、ちょっと…。
    将来的にはそこもクリアできるのでしょうけど。

    ユーザーID:1037186683

レス求!トピ一覧